世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ノンアルコールカボチャ市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(オーガニック、従来型)、パッケージ別(ボトル、缶、カートン、パウチ)、流通チャネル別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンライン、その他)、地域別、競合別セグメント、2018年~2028年


Non-Alcoholic Squash Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (Organic, Conventional), By Packaging (Bottles, Cans, Cartons, Pouches), By Distribution Channel (Hypermarket/Supermarket, Convenience Stores, Specialty Stores, Online, Others), By Region, By Competition, 2018-2028

ノンアルコール・スカッシュの世界市場は2022年に39億米ドルとなり、2028年までの年平均成長率は5.03%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。ノンアルコール・スカッシュ市場は、飲料業界の急成長分野であ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
184 英語

 

サマリー

ノンアルコール・スカッシュの世界市場は2022年に39億米ドルとなり、2028年までの年平均成長率は5.03%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。ノンアルコール・スカッシュ市場は、飲料業界の急成長分野である。スカッシュは濃縮シロップで、水で薄めて爽やかな飲み物にする。通常、果汁、砂糖、水から作られ、レモン、ライム、オレンジ、ベリー類など様々な材料で味付けすることができる。ノンアルコール・スカッシュ市場は、健康的な飲料の人気の高まり、利便性の高い製品への需要の高まり、家庭での飲用傾向の高まりなど、多くの要因によって牽引されている。さらに、ノンアルコール・スカッシュがさまざまなフレーバーや形態で入手可能になりつつあることも、市場の成長に寄与している。
市場の拡大は、特に若者の間で、便利で健康的な飲料に対する需要が高まっていることと関連づけることができる。予測期間中、種類別ではオーガニック・セグメントが従来型セグメントよりも急成長すると予測される。予測期間中、コンビニエンスストア用途のカテゴリーが最も速い速度で発展すると予測される。米国、カナダ、メキシコのような先進国からの旺盛な需要により、2022年のノンアルコール・スカッシュの世界市場シェアの大部分は北米が占めており、予測期間中も成長が続くと予測される。
ノンアルコール・スカッシュは果実成分を濃縮したシロップである。一般的にノンアルコールで、発酵させていない。現在、様々な企業が砂糖不使用のスカッシュを提供している。スカッシュの品質を高めるために、ジンジャー・エキスやハーブ・エキスも加えられている。カクテルは一般的に、スカッシュをアルコール飲料と混ぜて作られる。ノンアルコールのカボチャは、保存料が添加されているため保存性が高い。スカッシュにはビタミンが豊富な天然成分が含まれており、ノンアルコール・スカッシュ市場を直接後押しするエアレーション飲料と比較して健康的であると考えられている。
主な市場促進要因
健康的な製品に対する需要の高まり
健康とウェルネスのトレンドは、ノンアルコール・スカッシュ市場を含む食品・飲料業界の原動力となっている。消費者は健康志向を強めており、栄養価が高く低カロリーの飲料を求めるようになっている。ノンアルコール・スカッシュは、爽やかな風味を提供しながらも、希釈して糖分やカロリーをコントロールできるため、その条件に合致している。
消費者はまた、人工香料や保存料を使用しない、ナチュラルでクリーンなラベルの製品を求めている。多くのノンアルコール・スクワッシュ・ブランドは、本物の果実エキスを使用し、人工添加物を使用しない製品を提供することで、この需要に応えている。このような健康志向の高まりは、ノンアルコール・スカッシュの消費者層を拡大しただけでなく、フレーバーや原材料の革新をも促している。
さらに、砂糖の消費と健康への影響に対する関心の高まりが、ノンアルコール・スカッシュの無糖・減糖タイプの開発を促した。これらの製品は、砂糖の過剰摂取による罪悪感を感じることなくフルーツスカッシュの味を楽しみたい消費者に応えるものである。その結果、健康とウェルネスのトレンドが引き続きノンアルコール・スカッシュ市場の成長を後押ししている。
利便性と多用途性
ノンアルコール・スカッシュは高い利便性と汎用性を備えているため、忙しいライフスタイルを送る消費者に人気のある選択肢となっている。冷蔵なしで長期間保存できるため、家庭でのストックも容易である。必要なときに水で薄めれば、さっぱりとした飲み物になるため、日常的な飲用だけでなく、ゲストをもてなすときにも実用的な選択肢となる。
ノンアルコール・スカッシュの多用途性は、単なる飲料としての用途にとどまらない。様々なカクテルやモクテルなどのベースとなり、ミクソロジストやホーム・バーテンダーに無限の可能性を提供する。この適応性の高さは、特に独創的な飲料の提供が強く求められる接客業や外食産業において、その魅力を高めている。
さらに、ノンアルコール・カボチャは、マリネやサラダ・ドレッシングからデザートに至るまで、様々な料理用途の風味増強剤としてよく使われる。料理や飲料にフルーツの風味を加えることができるため、シェフや家庭料理人の間で人気がある。ノンアルコール・スカッシュの利便性と多用途性により、世界中の多くのキッチンやバーの定番となっている。
ノンアルコール飲料への関心の高まり
世界的なアルコール消費削減の流れは、ノンアルコール・スカッシュを含むノンアルコール代替飲料への関心を高めている。多くの消費者は、健康への懸念、社会的責任、アルコールの悪影響を避けたいという願望から、アルコール飲料に代わるものを積極的に求めている。
ノンアルコール・スカッシュは、アルコールを含まない飲み物を楽しみたい人に、風味豊かで満足感のある選択肢を提供する。指名ドライバー、妊婦、アスリート、アルコール飲料から解放されたい人など、幅広い層を対象としている。ノンアルコール飲料の市場が成長し続ける中、ノンアルコール・スカッシュは消費者の嗜好の変化から恩恵を受ける立場にある。
さらに、「シラフ・キュリアス」や「マインドフル・ドリンキング」運動の台頭により、ノンアルコール飲料への注目が高まっている。こうした動きは、節度を持ち、意識的にアルコール摂取を選択することを奨励し、ノンアルコール・スカッシュや類似製品の需要をさらに押し上げる。
風味の革新と多様化
フレーバーの革新と多様化は、ノンアルコール・スカッシュ市場の成長を促進する上で極めて重要な役割を果たしている。メーカーは消費者の味覚をとらえ、消費者の嗜好の変化に対応するため、常に新しいエキゾチックなフレーバーを導入している。こうしたフレーバー開発へのダイナミックなアプローチは、市場に興奮と斬新さをもたらし、消費者の新たな選択肢の探求を促している。
ノンアルコール・スカッシュ製品に幅広いフルーツ・フレーバーを利用できるようになったことで、その魅力はさらに広がっている。オレンジ、レモン、カシスといった定番のものから、パッションフルーツ、エルダーフラワー、ザクロといったエキゾチックなものまで、消費者はさまざまな選択肢から選ぶことができる。このような多様性は、さまざまな嗜好や場面に対応し、ノンアルコール・スカッシュをさまざまな場面に適したものにしている。
フルーツフレーバーに加え、ノンアルコール・スカッシュ・ブランドはハーブや植物性の注入も試みており、機能的効果を求める健康志向の消費者にアピールするユニークな組み合わせを発表している。例えば、ミントやラベンダーなどのハーブを配合した製品は、リラックス効果やストレス解消効果のある飲料として販売され、フレーバー・ポートフォリオに健康志向の側面を加えている。
主な市場課題
砂糖と健康への懸念
ノンアルコール・スカッシュ市場が直面する主な課題の1つは、砂糖の消費と健康への影響に対する懸念の高まりである。従来のノンアルコール・スカッシュ製品の多くには高濃度の砂糖が含まれており、肥満、糖尿病、歯の問題など、さまざまな健康問題を引き起こす可能性がある。消費者の健康志向が高まるにつれ、低糖分や無糖分の代替品を積極的に求めるようになっており、メーカーにとっては難題となっている。
この懸念に対処するため、一部のノンアルコール・スカッシュ・ブランドは、減糖または無糖の製品を発売している。しかし、味と食感を損なうことなくこれらの製品を調合するのは、複雑な仕事である。糖分を減らしながら甘味と風味の適切なバランスを実現するには、多大な研究開発努力が必要で、コストがかかることもある。
さらに、食品や飲料の糖分摂取量を減らすことを目的とした規制の変更や政府の取り組みが、ノンアルコール・スカッシュ・メーカーに課題をもたらすこともある。より厳しい糖分規制を遵守するためには、既存製品の改良が必要となる場合があり、味や消費者の受容性に影響を与える可能性がある。
より健康的な代替品との競争
ノンアルコール・スカッシュ市場は、天然フルーツジュース、フレーバーウォーター、機能性飲料など、より健康的な代替飲料との厳しい競争に直面している。こうした代替飲料は、より自然で栄養価の高い選択肢として販売されることが多く、健康志向の消費者を従来のスカッシュ製品から引き離すことができる。
例えばフルーツジュースは、より直接的で加工度の低いフルーツの風味源として認識されるという利点がある。栄養価の高さを求める消費者は100%フルーツジュースを選ぶかもしれず、砂糖や香料が添加されたカボチャ製品に比べ、健康的な選択肢として位置づけられることが多い。
フレーバー・ウォーターは、特に本物のフルーツやハーブ、植物を練り込んだもので、多くのカボチャ製品に見られるような糖分の添加がなく、すっきりとした味わいが人気を集めている。こうした代替品は、市場シェアを維持しようとするスカッシュメーカーにとって課題となりうる。
プロバイオティクス飲料や抗酸化物質が豊富なエリキシル飲料などの機能性飲料は、特定の健康効果を提供し、ノンアルコール・スカッシュの幅広い魅力に勝るかもしれない。消費者が機能性成分とその潜在的な効能をより認識するようになれば、従来のスカッシュ製品よりもこうした選択肢を選ぶようになるかもしれない。
季節性と需要の変動
ノンアルコール・スカッシュ市場には季節性があり、年間を通じて需要が変動することが多い。この季節性は、天候パターン、祝日、消費者の嗜好など様々な要因に起因する。こうした変動に対応するための生産、在庫、流通の管理は重要な課題となっている。
清涼飲料の需要がピークに達する夏の間は、ノンアルコール・スカッシュの売上が増加する傾向にある。逆に、消費者が温かい飲み物を選んだり、野外での集まりが減ったりする寒い季節には、売上が減少することもある。メーカーは慎重に需要を予測し、過剰在庫や欠品を避けるために生産スケジュールを調整しなければならない。
季節性という課題は、消費者の嗜好やトレンドの変化によって、さらに複雑化する。例えば、健康志向の強い消費者は、夏の間、糖分の多い飲料の摂取を控え、従来のスカッシュ製品の売上に影響を与えるかもしれない。このような需要の変動は、生産とサプライチェーンのリソースを圧迫する可能性がある。
さらに、COVID-19の大流行のような世界的な出来事は、消費者の行動を混乱させ、ノンアルコール・スカッシュの需要に影響を与える可能性がある。予期せぬ市場の変化に素早く適応する能力は、市場プレーヤーが競争力を維持するために不可欠である。
ブランドの差別化とイノベーション
競争の激しい市場では、ノンアルコール・スカッシュ・ブランドにとって、他のブランドとの差別化を図り、継続的にイノベーションを起こすことは難しいことです。消費者の嗜好やトレンドは常に進化しており、ブランドは変化する嗜好や需要に対応するために研究開発に投資する必要がある。
忠実な顧客ベースを維持し、新しい消費者を惹きつけるためには、ブランドの差別化が不可欠です。ユニークで記憶に残るフレーバー、パッケージ、ブランディングを開発するには、コストと時間がかかる。ブランドはまた、その独自性を消費者に効果的に伝える方法も考えなければならない。
ノンアルコール・スカッシュ製品の革新には、新しい原料、フレーバー、フォーマットを試すことがよく含まれる。しかし、革新的な製品を投入することは、消費者の共感を得られるとは限らないため、リスクを伴うこともある。市場調査や消費者テストは欠かせないが、製品開発コストがかさむこともある。
さらに、ノンアルコール・スカッシュ市場自体の競争も激しい。老舗ブランドと新参ブランドが競合し、小売店のプライベートブランド商品も市場シェアに影響を与えかねない。ブランドは、知名度と顧客エンゲージメントを維持するために、マーケティングと広告に継続的に投資しなければならない。
主要市場動向
マーケティングとブランド戦略
効果的なマーケティングとブランド戦略は、ノンアルコール・スカッシュ市場での成功に欠かせない原動力である。自社の価値提案を効果的に伝え、消費者と結びつき、強いブランドイメージを構築できるブランドは、この競争の中で成功する可能性が高い。
マーケティングを成功させる重要な側面の一つは、ノンアルコール・スカッシュの自然で高級な品質を強調することである。ブランドはしばしば、本物の果実エキスや純粋な原料の使用を強調し、消費者に信憑性と品質を伝えている。このような自然性の強調は、クリーンラベル製品を求める健康志向の消費者の共感を呼ぶ。
さらに、ストーリーテリングとエモーショナル・ブランディングは、ノンアルコール・スカッシュ・ブランドを差別化する上で極めて重要になっている。ノスタルジーを呼び起こしたり、製品にまつわるユニークで記憶に残る体験を創造できるブランドは、消費者との強いつながりを築く傾向がある。例えば、スカッシュを家族の伝統や子供の頃の味として位置づけ、温かさや安らぎを感じさせるブランドもある。
さらに、デジタル・マーケティングとeコマースは、ノンアルコール・スカッシュ製品のリーチを広げる上で重要な役割を果たしている。ブランドは、ソーシャルメディア、インフルエンサー、オンライン・マーケットプレイスを活用して、より多くの人々とつながり、製品へのアクセスを容易にしている。
持続可能で環境に優しいパッケージ
環境問題や持続可能性への関心の高まりから、消費者の嗜好は環境にやさしい製品へとシフトしている。その中でパッケージは重要な役割を担っており、ノンアルコール・スカッシュ市場もこの傾向から外れることはない。多くの消費者は、持続可能な包装材料や包装方法を使用した製品を求めるようになっている。
ノンアルコール・スカッシュブランドは、リサイクル可能なボトルやリサイクル素材を使ったパッケージなど、環境に優しいパッケージング・ソリューションを採用することで対応している。一部のブランドは、濃縮タイプのスカッシュを導入することで、輸送に伴う環境フットプリントを削減している。
さらに、持続可能性の重視は原材料の調達にも及んでいる。消費者は、ノンアルコール・スカッシュの生産に使用される果実の原産地や、倫理的で持続可能な農法が採用されているかどうかを知りたがるようになっている。透明性を提供し、こうした価値観に沿うことができるブランドは、市場で競争力を獲得する可能性が高い。
プレミアム化と職人技
ノンアルコール・スカッシュのプレミアム化は、市場で顕著なトレンドとなっている。消費者は、ユニークなフレーバーと体験を提供する高品質で職人的な製品に対して、より高い対価を支払うことを望んでいる。このプレミアム化へのシフトが、職人的でクラフト的なノンアルコール・スカッシュ・ブランドの出現につながっている。
職人的なスカッシュ・ブランドは、高級食材の使用と伝統的な製法を優先することが多い。高品質な果物や植物を地元で調達し、風味と信憑性を保つために少量生産にこだわっている。こうした品質とクラフトマンシップへのこだわりは、より洗練された飲み心地を求める消費者の共感を呼んでいる。
パッケージやプレゼンテーションも、プレミアム化において重要な役割を果たしている。職人気質のスカッシュ・ブランドは、高級感を伝えるために、エレガントなガラス瓶や洗練されたラベルを使用することが多い。このアプローチは、プレミアムで審美的に美しい製品を求める消費者の欲求と一致している。
伝統的なフルーツフレーバーに加え、職人技を駆使したスカッシュブランドは、しばしばユニークな限定商品を試み、特別な味覚体験を求める通好みの消費者に応えている。こうした商品には、希少なフルーツや季節の食材、特別なコラボ商品が使われることもある。
セグメント別インサイト
タイプ別インサイト
有機ノンアルコール・カボチャは、農薬や除草剤を一切使用せずに栽培されたカボチャの一種である。有機カボチャの需要は、低カロリー・低炭水化物、ビタミンA・C、便通を整える食物繊維などの高い栄養価を含む健康上の利点により増加している。従来のノンアルコール・カボチャは、発酵させずアルコールも含まないカボチャの一種です。他の種類のカボチャよりも糖分やカロリーが低く、健康的な選択肢となる。
流通チャネルの洞察
ハイパーマーケットとスーパーマーケットは、2022年の世界のノンアルコール・スカッシュ市場において最大のアプリケーション・セグメントであり、全体の収益の55%以上を占めている。同セグメントは予測期間中も優位性を維持するとみられる。ノンアルコール・スカッシュはあらゆる年齢層に人気のある食品であり、特に米国、カナダ、ドイツなどの西側諸国では、ビールや他のアルコール飲料に代わる健康的な食品として若者の間で人気を博している。
地域別インサイト
2022年の収益シェアでは、北米が世界市場を支配した。この成長は、消費者の健康意識の高まりとフィットネス志向のライフスタイルが、ノンアルコール・スカッシュのような栄養価の高い食品を含む健康的な食生活の採用へと消費者を導いたことに起因している。アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国々の経済状況の改善と相まって消費者の可処分所得水準が上昇しているため、予測期間中に大きな成長を記録すると予測され、今後10年間の業界拡大を後押しする。さらに、人口の増加とともに都市化が急速に進んでいるため、消費者のレジャー活動への支出が増加しており、この要因が予測期間中の業界拡大を後押しするとみられる。
主要市場プレイヤー
ネクター・インポート社
アンペレグリノs.p.a
ロビンソンズ
キサン
ブリットビック
ハムダード
ペプシコ
エバーグリーン・ジュース
コカ・コーラ社
パーレ・アグロ
レポートの範囲
本レポートでは、ノンアルコールスカッシュの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- ノンアルコールカボチャ市場、タイプ別
oオーガニック
o 従来型
- ノンアルコールカボチャ市場:包装別
o ボトル
o 缶
o カートン
o パウチ
- ノンアルコールカボチャ市場:流通チャネル別
o ハイパーマーケット/スーパーマーケット
o コンビニエンスストア
o 専門店
o オンライン
o その他
- ノンアルコールカボチャ市場、地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o 中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 エジプト
競合状況
企業プロフィール:世界のノンアルコールスカッシュ市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、所定の市場データを使用した非アルコール性スカッシュの世界市場レポートにおいて、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.ブランド認知度
4.2.購買決定に影響を与える要因
4.3.直面する課題
5.ノンアルコールカボチャの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.タイプ別市場シェア分析(有機栽培、慣行栽培)
5.2.2.パッケージ別市場シェア分析(ボトル、缶、カートン、パウチ)
5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、コンビニエンスストア、専門店、オンライン、その他)
5.2.4.地域別市場シェア分析
5.2.4.1.北米市場シェア分析
5.2.4.2.南米市場シェア分析
5.2.4.3.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.4.4.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.4.5.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.5.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.ノンアルコールカボチャの世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.タイプ別市場マッピングと機会評価
5.3.2.パッケージ別市場マッピングと機会評価
5.3.3.流通チャネル別市場マッピングと機会評価
5.3.4.地域チャネル別市場マッピングと機会評価
6.北米のノンアルコールカボチャ市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.2.包装別市場シェア分析
6.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.3.北米国別分析
6.3.1.米国のノンアルコールカボチャ市場の展望
6.3.1.1.市場規模・予測
6.3.1.1.1.金額ベース
6.3.1.2.市場シェアと予測
6.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.3.1.2.2.包装別市場シェア分析
6.3.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.3.2.カナダのノンアルコールカボチャ市場の展望
6.3.2.1.市場規模・予測
6.3.2.1.1.金額ベース
6.3.2.2.市場シェアと予測
6.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.3.2.2.2.包装別市場シェア分析
6.3.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.3.3.メキシコのノンアルコールカボチャ市場の展望
6.3.3.1.市場規模・予測
6.3.3.1.1.金額ベース
6.3.3.2.市場シェアと予測
6.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.3.3.2.2.包装別市場シェア分析
6.3.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.欧州ノンアルコールカボチャ市場展望
7.1.市場規模・予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.2.包装別市場シェア分析
7.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.ヨーロッパ国別分析
7.3.1.ドイツのノンアルコールスカッシュ市場展望
7.3.1.1.市場規模と予測
7.3.1.1.1.金額ベース
7.3.1.2.市場シェアと予測
7.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.1.2.2.包装別市場シェア分析
7.3.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.2.イギリスのノンアルコールスカッシュ市場展望
7.3.2.1.市場規模・予測
7.3.2.1.1.金額ベース
7.3.2.2.市場シェアと予測
7.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.2.2.2.包装別市場シェア分析
7.3.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.3.イタリアのノンアルコールカボチャ市場の展望
7.3.3.1.市場規模・予測
7.3.3.1.1.金額ベース
7.3.3.2.市場シェアと予測
7.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.3.2.2.包装別市場シェア分析
7.3.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.4.フランスのノンアルコールカボチャ市場の展望
7.3.4.1.市場規模・予測
7.3.4.1.1.金額ベース
7.3.4.2.市場シェアと予測
7.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.4.2.2.包装別市場シェア分析
7.3.4.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.5.スペインのノンアルコールカボチャ市場展望
7.3.5.1.市場規模・予測
7.3.5.1.1.金額ベース
7.3.5.2.市場シェアと予測
7.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.5.2.2.包装別市場シェア分析
7.3.5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.アジア太平洋地域のノンアルコールカボチャ市場展望
8.1.市場規模・予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.2.包装別市場シェア分析
8.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国のノンアルコールカボチャ市場の展望
8.3.1.1.市場規模と予測
8.3.1.1.1.金額ベース
8.3.1.2.市場シェアと予測
8.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.1.2.2.包装別市場シェア分析
8.3.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.2.インドのノンアルコールスカッシュ市場展望
8.3.2.1.市場規模・予測
8.3.2.1.1.金額ベース
8.3.2.2.市場シェアと予測
8.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.2.2.2.包装別市場シェア分析
8.3.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.3.日本のノンアルコールカボチャ市場展望
8.3.3.1.市場規模・予測
8.3.3.1.1.金額ベース
8.3.3.2.市場シェアと予測
8.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.3.2.2.包装別市場シェア分析
8.3.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.4.韓国のノンアルコールスカッシュ市場展望
8.3.4.1.市場規模と予測
8.3.4.1.1.金額ベース
8.3.4.2.市場シェアと予測
8.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.4.2.2.包装別市場シェア分析
8.3.4.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.5.オーストラリアのノンアルコールカボチャ市場の展望
8.3.5.1.市場規模・予測
8.3.5.1.1.金額ベース
8.3.5.2.市場シェアと予測
8.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.5.2.2.包装別市場シェア分析
8.3.5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.南米のノンアルコールカボチャ市場展望
9.1.市場規模・予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.2.包装別市場シェア分析
9.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.3.南米国別分析
9.3.1.ブラジルのノンアルコールカボチャ市場の展望
9.3.1.1.市場規模と予測
9.3.1.1.1.金額ベース
9.3.1.2.市場シェアと予測
9.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.3.1.2.2.包装別市場シェア分析
9.3.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.3.2.アルゼンチンのノンアルコールカボチャ市場の展望
9.3.2.1.市場規模・予測
9.3.2.1.1.金額ベース
9.3.2.2.市場シェアと予測
9.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.3.2.2.2.包装別市場シェア分析
9.3.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.3.3.コロンビアのノンアルコールカボチャ市場の展望
9.3.3.1.市場規模&予測
9.3.3.1.1.金額ベース
9.3.3.2.市場シェアと予測
9.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.3.3.2.2.包装別市場シェア分析
9.3.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.中東・アフリカのノンアルコールカボチャ市場展望
10.1.市場規模・予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.2.包装別市場シェア分析
10.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.3.MEA:国別分析
10.3.1.南アフリカのノンアルコールスカッシュ市場展望
10.3.1.1.市場規模&予測
10.3.1.1.1.金額ベース
10.3.1.2.市場シェアと予測
10.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.3.1.2.2.包装別市場シェア分析
10.3.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.3.2.サウジアラビアのノンアルコールカボチャ市場の展望
10.3.2.1.市場規模・予測
10.3.2.1.1.金額ベース
10.3.2.2.市場シェアと予測
10.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.3.2.2.2.包装別市場シェア分析
10.3.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.3.3.UAEのノンアルコールカボチャ市場の展望
10.3.3.1.市場規模・予測
10.3.3.1.1.金額ベース
10.3.3.2.市場シェアと予測
10.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.3.3.2.2.包装別市場シェア分析
10.3.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.推進要因
11.2.課題
12.市場動向
13.SWOT分析
13.1.強み
13.2.弱み
13.3.機会
13.4.脅威
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.ネクターインポート社
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品とサービス
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.アンペレグリノ社
14.1.2.1.会社概要
14.1.2.2.製品とサービス
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.ロビンソンズ
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品とサービス
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.キサン
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.製品とサービス
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.ブリットビック
14.1.5.1.会社概要
14.1.5.2.製品とサービス
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.ハムダード
14.1.6.1.会社概要
14.1.6.2.製品とサービス
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.ペプシコ
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品とサービス
14.1.7.3.財務状況(在庫状況による)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.エバーグリーン・ジュース
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品とサービス
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.コカ・コーラ社
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.製品とサービス
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.パーレ・アグロ
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品とサービス
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言
15.1.重点分野
15.2.ターゲット・タイプ
15.3.ターゲット流通チャネル
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Non-Alcoholic Squash Market was valued at USD 3.9 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 5.03% through 2028. The non-alcoholic squash market is a rapidly growing segment of the beverage industry. Squash is a concentrated syrup that is diluted with water to create a refreshing drink. It is typically made from fruit juice, sugar, and water, and can be flavored with a variety of ingredients, such as lemons, limes, oranges, and berries. The non-alcoholic squash market is driven by a number of factors, including the increasing popularity of healthy beverages, the rising demand for convenience products, and the growing trend of at-home consumption. Additionally, the increasing availability of non-alcoholic squash in a variety of flavors and formats is also contributing to the growth of the market.
The market expansion can be linked to the increased demand for convenient and healthful drinks, particularly among young people. During the forecast period, the organic segment is anticipated to grow more quickly than the conventional segment in terms of type. During the projected period, the convenience store application category is anticipated to develop at the fastest rate. Due to the strong demand from developed nations like the U.S., Canada, and Mexico, North America had the bulk of the market share for non-alcoholic squash globally in 2022, and it is anticipated that it will continue to grow during the forecasted period.
Non-alcoholic squash is concentrated syrup that is made up of fruit ingredients. They are generally non-alcoholic in nature and not fermented. Presently, various companies offers sugar free squash. Ginger extract and herbal extract are also added to enhance the quality of squash. Cocktails are generally made by mixing squash with alcoholic drinks. Non-alcoholic squash has good shelf life with added preservatives. Squash contains natural ingredients that are rich in vitamins and are considered healthy in comparison to aerated drinks which directly boost the non-alcoholic squash market.
Key Market Drivers
Rise in Demand for Healthy Products
The health and wellness trend has been a driving force in the food and beverage industry, including the non-alcoholic squash market. Consumers are becoming increasingly health-conscious, seeking beverages that align with their desire for nutritious and low-calorie options. Non-alcoholic squash fits the bill as it can be diluted to control sugar content and calories while offering refreshing flavors.
Consumers are also looking for products with natural and clean labels, free from artificial flavors and preservatives. Many non-alcoholic squash brands have responded to this demand by offering products made with real fruit extracts and no artificial additives. This focus on health and wellness has not only expanded the consumer base for non-alcoholic squash but has also encouraged innovation in flavors and ingredients.
Moreover, the rising concern about sugar consumption and its impact on health has prompted the development of sugar-free and reduced-sugar variants of non-alcoholic squash. These products cater to consumers who want to enjoy the taste of fruit squash without the guilt of excessive sugar intake. As a result, the health and wellness trend continues to fuel the growth of the non-alcoholic squash market.
Convenience and Versatility
Non-alcoholic squash offers a high level of convenience and versatility, making it a popular choice for consumers with busy lifestyles. It can be stored for extended periods without refrigeration, allowing for easy stocking at home. When needed, consumers can quickly dilute it with water to create a refreshing drink, making it a practical option for both everyday consumption and entertaining guests.
The versatility of non-alcoholic squash extends beyond its use as a simple beverage. It serves as a base for a wide range of cocktails and mocktails, providing mixologists and home bartenders with endless possibilities. This adaptability enhances its appeal, especially in the hospitality and foodservice sectors, where creative beverage offerings are highly sought after.
Additionally, non-alcoholic squash is often used as a flavor enhancer for various culinary applications, from marinades and salad dressings to desserts. Its ability to add a burst of fruit flavor to dishes and beverages has contributed to its popularity among chefs and home cooks alike. The convenience and versatility of non-alcoholic squash make it a staple in many kitchens and bars worldwide.
Growing Interest in Non-Alcoholic Beverages
The global trend toward reducing alcohol consumption has spurred interest in non-alcoholic alternatives, including non-alcoholic squash. Many consumers are actively seeking alternatives to alcoholic beverages, driven by concerns about health, social responsibility, and the desire to avoid the negative effects of alcohol.
Non-alcoholic squash provides a flavorful and satisfying option for individuals who want to enjoy a drink without the alcohol content. It caters to a broad audience, including designated drivers, pregnant women, athletes, and those simply looking for a break from alcoholic beverages. As the market for non-alcoholic beverages continues to grow, non-alcoholic squash stands to benefit from this shift in consumer preferences.
Moreover, the rise of the "sober-curious" and "mindful drinking" movements has brought increased attention to non-alcoholic options. These movements encourage moderation and conscious choices in alcohol consumption, further boosting the demand for non-alcoholic squash and similar products.
Flavor Innovation and Diversification
Flavor innovation and diversification play a pivotal role in driving the growth of the non-alcoholic squash market. Manufacturers are constantly introducing new and exotic flavors to capture consumers' taste buds and meet their evolving preferences. This dynamic approach to flavor development has created a sense of excitement and novelty in the market, encouraging consumers to explore new options.
The availability of a wide range of fruit flavors in non-alcoholic squash products has broadened its appeal. From classic favorites like orange, lemon, and blackcurrant to more exotic choices such as passion fruit, elderflower, and pomegranate, consumers have an array of options to choose from. This diversity caters to different tastes and occasions, making non-alcoholic squash suitable for a variety of settings.
In addition to fruit flavors, non-alcoholic squash brands are also experimenting with herbal and botanical infusions, introducing unique combinations that appeal to health-conscious consumers seeking functional benefits. For example, products infused with herbs like mint or lavender are marketed as relaxing and stress-relief beverages, adding a wellness aspect to the flavor portfolio.
Key Market Challenges
Sugar and Health Concerns
One of the primary challenges facing the non-alcoholic squash market is the growing concern about sugar consumption and its impact on health. Many traditional non-alcoholic squash products contain high levels of sugar, which can contribute to various health issues, including obesity, diabetes, and dental problems. As consumers become more health-conscious, they are actively seeking low-sugar or sugar-free alternatives, which can pose a challenge for manufacturers.
To address this concern, some non-alcoholic squash brands have introduced reduced-sugar or sugar-free variants. However, formulating these products without compromising on taste and texture can be a complex task. Achieving the right balance of sweetness and flavor while reducing sugar content requires significant research and development efforts, which can be costly.
Additionally, regulatory changes and government initiatives aimed at reducing sugar intake in food and beverages can pose challenges for non-alcoholic squash manufacturers. Compliance with stricter sugar content regulations may require reformulation of existing products, which can affect taste and consumer acceptance.
Competition from Healthier Alternatives
The non-alcoholic squash market faces stiff competition from an array of healthier beverage alternatives, including natural fruit juices, flavored water, and functional beverages. These alternatives often market themselves as more natural and nutritious options, which can lure health-conscious consumers away from traditional squash products.
Fruit juices, for example, offer the advantage of being perceived as a more direct and less processed source of fruit flavor. Consumers seeking nutritional benefits may opt for 100% fruit juices, which are often positioned as a healthier choice compared to squash products with added sugars and flavorings.
Flavored water, particularly infused with real fruit, herbs, or botanicals, has gained popularity for its refreshing taste without the added sugars found in many squash products. These alternatives can pose a challenge for squash manufacturers looking to maintain market share.
Functional beverages, such as probiotic drinks and antioxidant-rich elixirs, offer specific health benefits that may outshine the broader appeal of non-alcoholic squash. As consumers become more aware of functional ingredients and their potential benefits, they may choose these options over traditional squash products.
Seasonality and Fluctuating Demand
The non-alcoholic squash market often experiences seasonality, with demand fluctuating throughout the year. This seasonality can be attributed to various factors, including weather patterns, holidays, and consumer preferences. Managing production, inventory, and distribution to accommodate these fluctuations poses a significant challenge.
During the summer months, when the demand for refreshing beverages is at its peak, non-alcoholic squash sales tend to rise. Conversely, in colder seasons, when consumers may opt for hot beverages or have fewer outdoor gatherings, sales may decrease. Manufacturers must carefully forecast demand and adjust production schedules to avoid overstocking or shortages.
The challenge of seasonality is compounded by changing consumer preferences and trends. For example, health-conscious consumers may reduce their intake of sugary beverages during the summer, impacting sales of traditional squash products. This variability in demand can strain production and supply chain resources.
Moreover, global events, such as the COVID-19 pandemic, can disrupt consumer behavior and impact demand for non-alcoholic squash. The ability to adapt quickly to unforeseen market shifts is essential for market players to remain competitive.
Brand Differentiation and Innovation
In a competitive market, standing out from the crowd and continuously innovating can be challenging for non-alcoholic squash brands. Consumer preferences and trends are constantly evolving, requiring brands to invest in research and development to keep up with changing tastes and demands.
Brand differentiation is essential to maintain a loyal customer base and attract new consumers. Developing unique and memorable flavors, packaging, and branding can be costly and time-consuming. Brands must also consider how to communicate their distinctiveness effectively to consumers.
Innovation in non-alcoholic squash products often involves experimenting with new ingredients, flavors, and formats. However, introducing innovative products can be risky, as they may not always resonate with consumers. Market research and consumer testing are essential but can add to product development costs.
Moreover, competition within the non-alcoholic squash market itself is fierce. Established brands compete with newcomers, and private label products from retailers can also impact market share. Brands must continually invest in marketing and advertising to maintain visibility and customer engagement.
Key Market Trends
Marketing and Branding Strategies
Effective marketing and branding strategies are essential drivers of success in the non-alcoholic squash market. Brands that can effectively communicate their value proposition, connect with consumers, and build a strong brand image are more likely to thrive in this competitive landscape.
One key aspect of successful marketing is highlighting the natural and premium qualities of non-alcoholic squash. Brands often emphasize the use of real fruit extracts and pure ingredients to convey authenticity and quality to consumers. This emphasis on naturalness resonates with health-conscious consumers looking for clean-label products.
Additionally, storytelling and emotional branding have become crucial in differentiating non-alcoholic squash brands. Brands that can evoke nostalgia or create a unique and memorable experience around their products tend to build stronger connections with consumers. For example, some brands position their squash as a family tradition or a taste of childhood, invoking feelings of warmth and comfort.
Moreover, digital marketing and e-commerce have played a significant role in expanding the reach of non-alcoholic squash products. Brands have leveraged social media, influencers, and online marketplaces to connect with a wider audience and facilitate easy product access.
Sustainable and Eco-Friendly Packaging
The growing awareness of environmental issues and sustainability concerns has led to a shift in consumer preferences towards eco-friendly products. Packaging plays a significant role in this context, and the non-alcoholic squash market is not exempt from this trend. Many consumers now look for products that use sustainable packaging materials and practices.
Non-alcoholic squash brands have responded by adopting eco-friendly packaging solutions, such as recyclable bottles and packaging made from recycled materials. Some brands have even introduced concentrated forms of their products to reduce the environmental footprint associated with transportation, as concentrated squash requires less packaging and consumes less energy during shipping.
Furthermore, the emphasis on sustainability extends to the sourcing of ingredients. Consumers are increasingly interested in knowing the origins of the fruits used in non-alcoholic squash production and whether ethical and sustainable farming practices are employed. Brands that can provide transparency and align with these values are likely to gain a competitive edge in the market.
Premiumization and Artisanal Offerings
The premiumization of non-alcoholic squash has become a prominent trend in the market. Consumers are willing to pay more for high-quality, artisanal products that offer unique flavors and experiences. This shift towards premiumization has led to the emergence of artisanal and craft non-alcoholic squash brands.
Artisanal squash brands often prioritize the use of premium ingredients and traditional crafting methods. They source high-quality fruits and botanicals, often locally, and adhere to small-batch production processes that preserve flavor and authenticity. This commitment to quality and craftsmanship resonates with consumers seeking a more refined and sophisticated drinking experience.
Packaging and presentation play a significant role in premiumization as well. Artisanal squash brands often use elegant glass bottles and sophisticated labeling to convey a sense of luxury. This approach aligns with consumers' desire for a premium and aesthetically pleasing product.
In addition to traditional fruit flavors, artisanal squash brands often experiment with unique and limited-edition offerings, catering to connoisseurs looking for exclusive taste experiences. These products may feature rare fruits, seasonal ingredients, or special edition collaborations.
Segmental Insights
Type Insights
Organic Non-Alcoholic Squash is a type of squash that is grown without the use of any pesticides or herbicides. Demand for organic squash has increased due to its health benefits which include low calories & carbohydrates along with high nutritional value including vitamins A & C & fiber which helps regulate bowel movements. Conventional Non-Alcoholic Squash is a type of squash that is not fermented and does not contain alcohol. It is typically lower in sugar and calories than other types of squash, making it a healthier option.
Distribution Channel Insights
Hypermarkets and supermarkets were the largest application segment in the global non-alcoholic squash market in 2022, accounting for over 55% of the overall revenue. The segment is expected to continue its dominance over the forecast period. Non-alcoholic squash is a popular food among all age groups and has gained popularity as a healthy alternative to beer and other alcoholic drinks among young adults, especially in western countries like the U.S., Canada, Germany, etc.
Regional Insights
North America dominated the global market in terms of revenue share in 2022. This growth can be attributed to increasing health consciousness and fitness-oriented lifestyle among consumers, which has led them towards adopting a healthy diet including nutritious food products such as non-alcoholic squash. Asia Pacific is projected to register significant growth over the forecast period owing to rising consumer disposable income levels coupled with improving economic conditions in countries like China and India will boost industry expansion over the next decade. In addition, rapid urbanization along with a growing population has resulted in increased spending on leisure activities by consumers; this factor is likely to drive industry expansion during the forecast period.
Key Market Players
Nectar Imports Ltd.
Anpellegrino s.p.a
Robinsons
Kissan
Britvic
Hamdard
Pepsico
Evergreen Juices
The Coca-Cola Company
Parle Agro
Report Scope:
In this report, the Global Non-Alcoholic Squash Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Non-Alcoholic Squash Market, By Type:
o Organic
o Conventional
• Non-Alcoholic Squash Market, By Packaging:
o Bottles
o Cans
o Cartons
o Pouches
• Non-Alcoholic Squash Market, By Distribution Channel:
o Hypermarket/Supermarket
o Convenience Stores
o Specialty Stores
o Online
o Others
• Non-Alcoholic Squash Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Egypt
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Non-Alcoholic Squash Market.
Available Customizations:
Global Non-Alcoholic Squash market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Brand Awareness
4.2. Factors Influencing Purchase Decisions
4.3. Challenges Faced
5. Global Non-Alcoholic Squash Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type Market Share Analysis (Organic, Conventional)
5.2.2. By Packaging Market Share Analysis (Bottles, Cans, Cartons, Pouches)
5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis (Hypermarket/Supermarket, Convenience Stores, Specialty Stores, Online, Others)
5.2.4. By Regional Market Share Analysis
5.2.4.1. North America Market Share Analysis
5.2.4.2. South America Market Share Analysis
5.2.4.3. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.4.4. Europe Market Share Analysis
5.2.4.5. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.5. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Non-Alcoholic Squash Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Packaging Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Distribution Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Region Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
6. North America Non-Alcoholic Squash Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.2. By Packaging Market Share Analysis
6.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Non-Alcoholic Squash Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
6.3.1.2.2. By Packaging Market Share Analysis
6.3.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.3.2. Canada Non-Alcoholic Squash Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
6.3.2.2.2. By Packaging Market Share Analysis
6.3.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.3.3. Mexico Non-Alcoholic Squash Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
6.3.3.2.2. By Packaging Market Share Analysis
6.3.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7. Europe Non-Alcoholic Squash Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.2. By Packaging Market Share Analysis
7.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3. Europe: Country Analysis
7.3.1. Germany Non-Alcoholic Squash Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.1.2.2. By Packaging Market Share Analysis
7.3.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.2. United Kingdom Non-Alcoholic Squash Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.2.2.2. By Packaging Market Share Analysis
7.3.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.3. Italy Non-Alcoholic Squash Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecasty
7.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.3.2.2. By Packaging Market Share Analysis
7.3.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.4. France Non-Alcoholic Squash Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.4.2.2. By Packaging Market Share Analysis
7.3.4.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.5. Spain Non-Alcoholic Squash Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.5.2.2. By Packaging Market Share Analysis
7.3.5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8. Asia-Pacific Non-Alcoholic Squash Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.2. By Packaging Market Share Analysis
8.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Non-Alcoholic Squash Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.1.2.2. By Packaging Market Share Analysis
8.3.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.2. India Non-Alcoholic Squash Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.2.2.2. By Packaging Market Share Analysis
8.3.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.3. Japan Non-Alcoholic Squash Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.3.2.2. By Packaging Market Share Analysis
8.3.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.4. South Korea Non-Alcoholic Squash Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.4.2.2. By Packaging Market Share Analysis
8.3.4.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.5. Australia Non-Alcoholic Squash Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.5.2.2. By Packaging Market Share Analysis
8.3.5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9. South America Non-Alcoholic Squash Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.2. By Packaging Market Share Analysis
9.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Non-Alcoholic Squash Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
9.3.1.2.2. By Packaging Market Share Analysis
9.3.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.3.2. Argentina Non-Alcoholic Squash Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
9.3.2.2.2. By Packaging Market Share Analysis
9.3.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.3.3. Colombia Non-Alcoholic Squash Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
9.3.3.2.2. By Packaging Market Share Analysis
9.3.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10. Middle East and Africa Non-Alcoholic Squash Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.2. By Packaging Market Share Analysis
10.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.3. MEA: Country Analysis
10.3.1. South Africa Non-Alcoholic Squash Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
10.3.1.2.2. By Packaging Market Share Analysis
10.3.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.3.2. Saudi Arabia Non-Alcoholic Squash Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
10.3.2.2.2. By Packaging Market Share Analysis
10.3.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.3.3. UAE Non-Alcoholic Squash Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
10.3.3.2.2. By Packaging Market Share Analysis
10.3.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. SWOT Analysis
13.1. Strength
13.2. Weakness
13.3. Opportunity
13.4. Threat
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. Nectar Imports Ltd.
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products & Services
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Anpellegrino s.p.a
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products & Services
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. Robinsons
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products & Services
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. Kissan
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products & Services
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Britvic
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products & Services
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. Hamdard
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products & Services
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. Pepsico
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products & Services
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Evergreen Juices
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products & Services
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. The Coca-Cola Company
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products & Services
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Parle Agro
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products & Services
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Type
15.3. Target Distribution Channel
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(distribution channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る