世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

紙ストローの世界市場規模、シェア、動向、機会、予測、製品別(印刷、非印刷)、素材別(バージン紙、再生紙)、エンドユーザー別(外食、施設、家庭)、地域別、競合別セグメント 、2018-2028年


Paper Straw Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Product (Printed, Non-Printed), By Material (Virgin Paper, Recycled Paper), By End User (Foodservice, Institutional, Household), By Region, By Competition , 2018-2028

ペーパーストローの世界市場は2022年に13.8億米ドルと評価され、2028年までのCAGRは20.87%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。紙ストローの世界市場は、環境意識の高まりとプラスチック製ストローに代... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

 

サマリー

ペーパーストローの世界市場は2022年に13.8億米ドルと評価され、2028年までのCAGRは20.87%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。紙ストローの世界市場は、環境意識の高まりとプラスチック製ストローに代わる持続可能なストローを求める動きにより、近年大きな成長を遂げている。プラスチック汚染や海洋生態系への悪影響に対する懸念が高まった結果、こうした環境に優しいストローが人気を集めている。
紙製ストロー市場の拡大には、いくつかの重要な要因が寄与している。第一に、各国における使い捨てプラスチックに対する厳しい規制や禁止措置が、企業や消費者に代替品を求めるよう促し、紙製ストローの需要を押し上げている。さらに、接客業や外食産業がより持続可能な選択肢として紙ストローを採用し、市場の成長をさらに後押ししている。
紙製ストローの製造技術の革新により、耐久性と機能性が向上し、グチャグチャになったり崩壊したりする懸念に対処している。メーカーはまた、消費者のさまざまな嗜好に対応するため、さまざまなデザインやカスタマイズオプションを導入している。
企業や消費者が持続可能性をますます優先するようになっているため、市場の成長軌道は今後も続くと予想される。しかし、プラスチック製ストローとのコスト競争力や、紙製ストローのリサイクルインフラをより強固なものにする必要性などの課題に対処しなければならない。とはいえ、世界の紙製ストロー市場は、消費者の環境意識の高い選択とプラスチック製品の持続可能な代替品への大きな動きの中で、有望なセグメントであり続けている。
主な市場牽引要因
環境問題への懸念と規制圧力
ペーパーストロー採用急増の最も大きな原動力の一つは、環境問題に対する意識の高まりと、使い捨てプラスチックに対する規制圧力の高まりである。プラスチック汚染は世界的な危機となっており、プラスチックストローを含むプラスチックは水路を詰まらせ、海洋生物に害を及ぼし、生態系に長期的な脅威をもたらしている。世界各国の政府は、ストローを含むプラスチック製品の使用禁止や制限を実施することで、この危機に対応している。こうした規制措置により、企業や消費者は環境に優しい代替品を求めざるを得なくなり、紙製ストローが有力な解決策として浮上してきた。
例えば、欧州連合(EU)は2021年7月、使い捨てプラスチック指令の一環として、使い捨てプラスチック製ストローの禁止を実施した。様々な国、州、自治体でも同様の禁止や規制が制定されており、紙製ストローに対する市場の強い需要が生まれている。このような規制の後押しは今後も続き、場合によっては拡大し、紙ストロー市場の成長をさらに後押しすると予想される。
企業の持続可能性への取り組み
大手企業やブランドは、紙ストローの採用を推進する上で極めて重要な役割を果たしている。多くの企業が、持続可能で環境に優しい目標に沿った実践の重要性を認識している。企業の社会的責任(CSR)イニシアチブの一環として、多くの外食・飲料企業がプラスチック廃棄物の削減と、紙製ストローを含むより持続可能な包装オプションへの移行を約束しています。
スターバックス、マクドナルド、コカ・コーラなどの有名企業は、プラスチック製ストローを段階的に廃止し、紙製の代替品に切り替えることを約束している。これらのコミットメントは、持続可能性へのコミットメントを示すだけでなく、世界中の他の企業の模範となっている。そうすることで、これらの大企業が生み出す需要増に対応するため、紙製ストローの生産規模を拡大するよう、サプライヤーやメーカーを間接的に後押ししている。
持続可能性に対する消費者の嗜好
消費者の嗜好は、持続可能で環境に優しい製品へと大きくシフトしている。自分の選択が環境に与える影響をより強く意識し、自分の価値観に合った製品を積極的に求める層が世界的に増えている。プラスチック汚染とその影響に対する認識が広まるにつれ、消費者は紙ストローのような代替品を積極的に選ぶようになった。
環境に優しい」消費者の傾向は、飲食を含む様々な業界において、環境に優しい製品に対する需要の高まりにつながっている。消費者は、持続可能性への取り組みを示す施設を好むことが多く、レストラン、カフェ、バーでの紙製ストローの使用は、そうした取り組みの象徴となっている。このような消費者主導の需要は、紙ストローの使用量を増加させただけでなく、環境意識の高い顧客を惹きつけるため、企業が環境に優しい選択をアピールすることで、ブランディングやマーケティングの機会も生み出している。
ペーパーストローの技術とデザインの進歩
紙ストローメーカーは、技術とデザインにおいて大きな進歩を遂げ、紙ストローの初期の限界のいくつかに対処してきました。過去には、紙ストローを特定の飲料に使用すると、べちゃべちゃになったり、早く潰れたりするという批判があった。しかし、メーカーはこうした懸念に応え、改良された紙ストロー製品を開発してきた。
その進歩には、耐久性を高める食品用コーティングの使用も含まれ、紙ストローが崩壊することなく長時間の使用に耐えることを可能にしている。メーカー各社はまた、さまざまな種類の飲料に対応できるよう、さまざまなサイズとデザインを導入し、紙ストローが幅広い用途に適していることを保証している。これらの技術革新は、紙ストローの機能性を向上させただけでなく、プラスチックに代わる信頼性と持続可能性を求める企業にとって、紙ストローをより魅力的なものにした。
結論として、世界の紙製ストロー市場は、環境問題、規制措置、企業の持続可能性への取り組み、消費者の嗜好の変化、技術とデザインの進歩に牽引され、大きな成長を遂げている。世界がプラスチック汚染に取り組み続け、より持続可能な実践の必要性が高まる中、紙ストロー市場は、使い捨てプラスチックストローの長年の問題に対する実用的で環境に優しい解決策を提供し、成長する態勢を整えている。この成長を維持するためには、企業やメーカーが技術革新を続け、生産能力を拡大し、持続可能な代替品への需要の高まりに応えていく必要がある。
主な市場課題
プラスチック製ストローとのコスト競争力
紙ストロー市場が直面する主な課題の一つは、従来のプラスチック製ストローとのコスト競争力である。紙製ストローは一般的に環境に優しいが、プラスチック製ストローよりも製造コストが高い傾向にある。このコスト差は、紙製ストローへの切り替えを検討している企業、特に中小企業にとって大きな障壁となり得る。
プラスチック製ストローは、その製造コストの低さから何十年もの間、業界標準となっており、利益率の厳しい企業にとっては魅力的な選択肢となっている。多くの企業は、紙製ストローのコスト上昇を吸収したり、値上げを通じて顧客に転嫁したりすることを躊躇しており、競争力に悪影響を及ぼすことを恐れている。
この課題に対処するため、ペーパーストロー市場のメーカーは、製造工程の革新や規模の経済を通じて、製造コストを削減する方法を見つける必要がある。さらに、プラスチック製ストローが環境に与える影響に対する消費者の意識が高まれば、紙製ストローの代替品であれば多少高くても受け入れるようになるかもしれない。
ぬめりと耐久性の問題
紙製ストローのデザインと耐久性は大幅に改善されたとはいえ、長時間水分にさらされるとヨレヨレになりやすく、機能性が低下する。この問題は、ソフトドリンクやアイスコーヒーのような冷たい飲み物の場合に特に問題となり、紙ストローが壊れて構造的な完全性を失う原因となります。
紙製ストローの耐久性と性能は、消費者の満足度と採用に影響する重要な要素である。顧客は、飲み物が崩壊することなく、最後まで耐えられるストローを期待している。紙製ストローがグチャグチャだったり、弱かったりすると、ネガティブなユーザー体験につながり、顧客がプラスチック製の代替品に戻る可能性がある。
紙ストロー市場のメーカーは、製品の耐湿性と耐久性を高めるための研究開発に投資し続ける必要がある。濡れた状態での紙ストローの性能を向上させるコーティングや処理を開発することは、この課題に効果的に対処するために不可欠である。
廃棄物管理とリサイクルインフラ
世界の紙ストロー市場は、プラスチック製ストローよりも環境に優しいという認識に依存している。しかし、紙ストローの持続可能性は、効果的な廃棄物管理とリサイクルインフラにかかっている。紙ストローが適切に廃棄されなかったり、リサイクル施設が不足していたりすると、やはり環境問題の一因となる可能性がある。
紙製ストローは生分解性で堆肥化も可能なため、生分解性のないプラスチック製ストローに比べ、環境にとってより良い選択となる。しかし、廃棄物削減の可能性を最大限に引き出すには、堆肥化施設や効率的なリサイクルシステムが広く普及している必要がある。そのようなインフラがなければ、紙ストローはメタン排出の原因となる埋立地に置かれ、貴重なスペースを占有することになりかねない。
ここでの課題は2つある。第一に、紙ストローを責任を持って処理するために、コンポストやリサイクル施設を含む廃棄物管理インフラへの投資を拡大する必要がある。第二に、消費者と企業がこうした廃棄物転換の取り組みに参加するための教育とインセンティブが必要である。政府の政策や規制は、こうした取り組みを推進する上で重要な役割を果たすことができる。
サプライチェーンの脆弱性と調達問題
世界の紙ストロー市場は、増大する需要を満たすために、主に紙パルプを中心とした原材料の安定供給に依存している。しかし、この業界は、紙パルプの入手可能性やコストの変動など、サプライチェーンの混乱に対して脆弱である。こうした混乱は、自然災害、サプライチェーンの中断、紙市場の変動など、さまざまな要因によって生じる可能性がある。
さらに、持続可能で責任を持って伐採された紙パルプを調達することも課題となり得る。森林伐採や生態系への影響をめぐる環境問題への懸念から、持続可能な原料への需要が高まっている。責任ある調達慣行を守りつつ、そのような原料の安定供給を確保することは、論理的に複雑であり、生産コストを上昇させる可能性がある。
紙わら市場のメーカーは、紙パルプの調達先を多様化し、潜在的な混乱を緩和するための緊急時対応計画に投資することで、安全で弾力性のあるサプライチェーンの確立に取り組まなければならない。さらに、責任ある調達と持続可能な森林施業を推進する努力は、環境に優しい製品を求める消費者の需要を満たしながら、こうした課題に対処するのに役立つ。
結論として、世界の紙わら市場は、コスト競争力、耐久性の問題、廃棄物管理とリサイクルのインフラ、サプライチェーンの脆弱性に関連する大きな課題に直面している。これらの課題を克服するには、技術革新、消費者教育、政府の支援、業界の協力の組み合わせが必要である。このような障害にもかかわらず、持続可能性が引き続き重視され、プラスチック廃棄物の削減が急務であることから、紙ストロー市場は環境に優しい代替品への幅広いシフトにおいて重要な役割を担っている。
主な市場動向
カスタマイズとブランド化の機会
ペーパーストロー市場では、カスタマイズとブランディングが不可欠なトレンドとなっている。特に食品・飲料業界では、紙ストローをブランディングやメッセージのキャンバスとして利用する企業が増えている。カスタマイズされたペーパーストローにより、企業はブランドの認知度を高め、環境に優しい価値を促進し、ユニークな顧客体験を創造することができる。
カスタマイズされたペーパーストローには、企業のブランディング戦略に沿った様々な色、柄、デザインがあります。例えば、カフェであればロゴ入りのストローを、レストランであれば内装に合わせたストローを選ぶことができる。こうしたブランディングは、競合他社との差別化を図るだけでなく、企業の持続可能性へのコミットメントを伝え、環境意識の高い消費者を惹きつける。
カスタマイズされたペーパーストローの需要が高まるにつれ、メーカー各社は季節のテーマや販促メッセージ、さらには生分解性インクの印刷など、幅広いデザインオプションの提供を拡大している。この傾向は、ビジネスに付加価値を与えるだけでなく、ペーパーストローを使うことの美的魅力全体にも貢献している。
新しい市場と用途への拡大
ペーパーストローの採用は、もはや伝統的な外食産業だけにとどまりません。新しい市場や用途に拡大する傾向が強まっている。レストラン、カフェ、バーが紙製ストローの主要ユーザーであることに変わりはないが、他のセクターも紙製ストローの利用を模索しており、新たな成長機会を生み出している。
例えば、ホテルやリゾートを含むホスピタリティ業界では、客室内の飲料アメニティやプールサイドのバー、イベントのケータリングに紙ストローを採用するケースが増えている。また、航空会社も持続可能性への取り組みの一環として紙ストローへの移行を進めている。
ホスピタリティ分野以外では、小売業でも紙ストローが普及しており、缶飲料やペットボトル飲料などの冷たい飲料の包装に使用されている。小売業が紙製ストローに移行している背景には、環境に優しい包装を求める消費者の要望と、サプライチェーンにおける使い捨てプラスチックの削減の要望がある。
さらに、イベントやお祭りでは、環境に配慮したイベント慣行に沿うため、飲料サービスのオプションに紙ストローを取り入れている。このような市場と用途の多様化は、今後数年間のペーパーストロー市場の成長を促進すると予想される。
生分解性素材と堆肥化可能素材
ペーパーストロー市場の大きなトレンドは、生分解性素材と堆肥化可能素材の使用である。紙ストローはもともと生分解性であるが、メーカーは生分解性や堆肥化性を高める素材を追加することで、環境面での信頼性を高めることにますます注力している。
一部の紙ストローメーカーは、生分解性のコーティング剤や添加剤を組み込んだストローを開発し、耐湿性を高め、自然環境下でより早く分解されるようにしています。このようなストローは、厳しい環境基準を満たした堆肥化可能なストローとして認定されます。
堆肥化可能な紙製ストローは、有機廃棄物と一緒に処分できるため、堆肥化のインフラが整っている地域で人気を博しています。これらのストローは、土壌を豊かにし、農業の持続可能性を支える貴重な堆肥に分解できる、クローズド・ループのソリューションを提供する。
消費者の環境意識が高まるにつれ、生分解性で堆肥化可能な紙製ストローの需要は高まるだろう。この傾向は、廃棄物を減らし、使い捨て製品が環境に与える影響を最小限に抑えるという、より広範な取り組みと一致している。
材料科学と生産技術の革新
材料科学と生産技術の革新が紙ストロー市場を形成している。メーカーは、環境に優しい特性を維持しながら、ペーパーストローの性能を高める方法を絶えず模索しています。これらの技術革新は、耐久性、耐湿性、全体的な使用感などの問題に対処することを目的としている。
注目すべきイノベーションには、竹や麦わらパルプのような持続可能な素材から作られたペーパーストローの開発がある。これらの代替素材は、ユニークな質感と自然な美しさを提供し、よりオーガニックで環境に配慮した選択肢を求める消費者に応える。
紙ストローのコーティングや処理の進歩も、湿気に関する課題の克服に役立っている。食品用コーティング剤の新処方により、紙製ストローは弾力性が増し、冷たい飲料や凍った飲料に使用しても水っぽくなりにくくなっている。
さらに、生産技術の向上により、ペーパーストロー製造の効率と生産量が増加している。これにより、需要の増加に対応できるだけでなく、プラスチック製ストローと比較して製造コストを低く抑えることができる。
技術革新がペーパーストロー市場を牽引し続ける中、消費者は、様々な用途で優れた性能を発揮し、さらに環境に優しいストローなど、より幅広い選択肢を期待できる。
結論として、世界の紙ストロー市場は、カスタマイズやブランディングの機会、新しい市場や用途への拡大、生分解性や堆肥化可能な素材の使用、材料科学や生産技術における継続的な技術革新を重視する傾向が顕著である。こうした傾向は、業界の持続可能性への取り組みと、環境に優しい代替品を求める消費者の嗜好への対応を反映している。企業も消費者も環境への配慮を優先し続ける中、ペーパーストロー市場は今後も持続的な成長と進化を遂げるでしょう。
セグメント別インサイト
製品別洞察
印刷紙ストロー分野は、世界の紙ストロー市場の中で現在最も急成長している分野である。この傾向は、紙ストローにカスタマイズされたブランディングやメッセージに対する企業の関心の高まりによる。印刷されたペーパーストローは、企業にとって、持続可能性へのコミットメントを促進しながら、ロゴ、スローガン、販促メッセージをアピールするユニークで人目を引く方法を提供する。その結果、メーカー各社は幅広いデザインオプションを含む製品を拡大しており、このようなパーソナライズされたブランド入りペーパーストローへの需要の高まりが、ペーパーストロー市場のこの特定分野の急成長を引き続き促進すると予想される。
エンドユーザーの洞察
フードサービス部門は、世界のペーパーストロー市場で圧倒的なシェアを占めている。持続可能性と使い捨てプラスチックの削減が重視される中、レストラン、カフェ、バー、ファーストフードチェーンはプラスチック製ストローに代わる持続可能な代替品として紙製ストローを広く採用している。消費者の環境問題に対する意識の高まりとプラスチック製ストローに対する規制が相まって、外食産業における需要はさらに高まっている。その結果、紙製ストローは環境に優しい慣行を目指す企業にとって定番の選択肢となり、外食産業が紙製ストロー世界市場の成長の主な原動力となっている。
地域別洞察
北米は世界の紙ストロー市場の支配的な地域である。この優位性は、強固な環境意識、厳しい規制、持続可能性への強いコミットメントによるものである。この地域で紙ストローが広く採用されているのは、消費者と企業の両方がプラスチック製ストローに代わる環境に優しいものを求めているからであり、様々な州や都市が使い捨てプラスチックの禁止を実施している。さらに、北米の企業は紙製ストローを早くから採用し、食品・飲料業界全体で容易に利用できるようにしている。持続可能性への前向きなアプローチにより、北米はペーパーストロー市場の採用と成長をリードし続けている。
主要市場プレイヤー
UFlex社
ロリカップUSA社
Soton Daily Necessities Co.
トランセンド・パッケージング社
ティピ・ストロー
福菱グローバル股份有限公司
裕通エコ技術(蘇淇)有限公司
ホフマスターグループ
フタマキ
フォーカステクノロジー株式会社
レポートの範囲
本レポートでは、紙ストローの世界市場を以下のカテゴリーに分類しています:
- 紙ストロー市場、製品別
o 印刷物
非印刷
- 紙ストロー市場、材料別
o バージンペーパー
o 再生紙
- 紙ストロー市場:エンドユーザー別
o フードサービス
o 施設
o 家庭用
- 紙ストロー市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o 中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 エジプト
競合状況
企業プロフィール:世界の紙ストロー市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界の紙ストロー市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.購買決定要因
4.2.直面する課題
5.紙ストローの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.製品別市場シェア分析(印刷、非印刷)
5.2.2.素材別市場シェア分析(バージン紙、再生紙)
5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析(フードサービス、施設、家庭)
5.2.4.地域別市場シェア分析
5.2.4.1.北米市場シェア分析
5.2.4.2.南米市場シェア分析
5.2.4.3.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.4.4.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.4.5.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.5.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.紙ストローの世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.製品別市場マッピングと機会評価
5.3.2.素材別市場マッピングと機会評価
5.3.3.エンドユーザー別市場マッピングと機会評価
5.3.4.地域別市場マッピングと機会評価
6.北米の紙ストロー市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.製品別市場シェア分析
6.2.2.素材別市場シェア分析
6.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.3.北米国別分析
6.3.1.米国の紙ストロー市場の展望
6.3.1.1.市場規模と予測
6.3.1.1.1.金額ベース
6.3.1.2.市場シェアと予測
6.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
6.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
6.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.3.2.カナダの紙ストロー市場の展望
6.3.2.1.市場規模と予測
6.3.2.1.1.金額ベース
6.3.2.2.市場シェアと予測
6.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
6.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
6.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.3.3.メキシコの紙ストロー市場の展望
6.3.3.1.市場規模と予測
6.3.3.1.1.金額ベース
6.3.3.2.市場シェアと予測
6.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
6.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
6.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.欧州紙ストロー市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.製品別市場シェア分析
7.2.2.素材別市場シェア分析
7.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.ヨーロッパ国別分析
7.3.1.ドイツの紙ストロー市場の展望
7.3.1.1.市場規模と予測
7.3.1.1.1.金額ベース
7.3.1.2.市場シェアと予測
7.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.2.イギリスの紙ストロー市場の展望
7.3.2.1.市場規模と予測
7.3.2.1.1.金額ベース
7.3.2.2.市場シェアと予測
7.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.3.イタリアの紙ストロー市場の展望
7.3.3.1.市場規模と予測
7.3.3.1.1.金額ベース
7.3.3.2.市場シェアと予測
7.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.4.フランスの紙ストロー市場の展望
7.3.4.1.市場規模と予測
7.3.4.1.1.金額ベース
7.3.4.2.市場シェアと予測
7.3.4.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.4.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.4.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.5.スペインの紙ストロー市場の展望
7.3.5.1.市場規模と予測
7.3.5.1.1.金額ベース
7.3.5.2.市場シェアと予測
7.3.5.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.5.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.アジア太平洋紙ストロー市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.製品別市場シェア分析
8.2.2.素材別市場シェア分析
8.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国の紙ストロー市場の展望
8.3.1.1.市場規模と予測
8.3.1.1.1.金額ベース
8.3.1.2.市場シェアと予測
8.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.2.インドの紙ストロー市場の展望
8.3.2.1.市場規模と予測
8.3.2.1.1.金額ベース
8.3.2.2.市場シェアと予測
8.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.3.日本の紙ストロー市場の展望
8.3.3.1.市場規模と予測
8.3.3.1.1.金額ベース
8.3.3.2.市場シェアと予測
8.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.4.韓国の紙ストロー市場の展望
8.3.4.1.市場規模と予測
8.3.4.1.1.金額ベース
8.3.4.2.市場シェアと予測
8.3.4.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.4.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.4.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.5.オーストラリアの紙ストロー市場の展望
8.3.5.1.市場規模と予測
8.3.5.1.1.金額ベース
8.3.5.2.市場シェアと予測
8.3.5.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.5.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.南米の紙ストロー市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.製品別市場シェア分析
9.2.2.素材別市場シェア分析
9.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.3.南アメリカ国別分析
9.3.1.ブラジルの紙ストロー市場の展望
9.3.1.1.市場規模と予測
9.3.1.1.1.金額ベース
9.3.1.2.市場シェアと予測
9.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
9.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
9.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.3.2.アルゼンチン紙ストロー市場の展望
9.3.2.1.市場規模&予測
9.3.2.1.1.金額ベース
9.3.2.2.市場シェアと予測
9.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
9.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
9.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.3.3.コロンビアの紙ストロー市場の展望
9.3.3.1.市場規模&予測
9.3.3.1.1.金額ベース
9.3.3.2.市場シェアと予測
9.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
9.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
9.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.中東・アフリカ紙ストロー市場展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.製品別市場シェア分析
10.2.2.素材別市場シェア分析
10.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.MEA:国別分析
10.3.1.南アフリカの紙ストロー市場の展望
10.3.1.1.市場規模と予測
10.3.1.1.1.金額ベース
10.3.1.2.市場シェアと予測
10.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.2.サウジアラビアの紙ストロー市場の展望
10.3.2.1.市場規模・予測
10.3.2.1.1.金額ベース
10.3.2.2.市場シェアと予測
10.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.3.UAE紙ストロー市場の展望
10.3.3.1.市場規模と予測
10.3.3.1.1.金額ベース
10.3.3.2.市場シェアと予測
10.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.4.トルコの紙ストロー市場の展望
10.3.4.1.市場規模・予測
10.3.4.1.1.金額ベース
10.3.4.2.市場シェアと予測
10.3.4.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.4.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.4.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.5.エジプトの紙ストロー市場の展望
10.3.5.1.市場規模と予測
10.3.5.1.1.金額ベース
10.3.5.2.市場シェアと予測
10.3.5.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.5.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.ドライバー
11.2.課題
12.市場動向
13.SWOT分析
13.1.強み
13.2.弱み
13.3.機会
13.4.脅威
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.ユーフレックス・リミテッド
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品とサービス
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.ロリカップUSA社
14.1.2.1.会社概要
14.1.2.2.製品とサービス
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.株式会社そとん日用品
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品とサービス
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.トランセンド・パッケージング・リミテッド
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.製品とサービス
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.ティピ・ストロー
14.1.5.1.会社概要
14.1.5.2.製品とサービス
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.富陵グローバル
14.1.6.1.会社概要
14.1.6.2.製品とサービス
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.裕通エコテクノロジー(蘇淇)有限公司
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品とサービス
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.ホフマスターグループ
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品とサービス
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.フルタマキOyj
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.製品とサービス
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.株式会社フォーカス・テクノロジー(Y.W.
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品とサービス
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言
15.1.重点分野
15.2.ターゲット製品
15.3.対象エンドユーザー
会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Paper Straw Market was valued at USD 1.38 billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 20.87% through 2028. The global paper straw market has experienced substantial growth in recent years, driven by increasing environmental awareness and the push for sustainable alternatives to plastic straws. These eco-friendly straws have gained popularity as a result of growing concerns about plastic pollution and their adverse impact on marine ecosystems.
Several key factors have contributed to the expansion of the paper straw market. First, stringent regulations and bans on single-use plastics in various countries have prompted businesses and consumers to seek alternatives, boosting the demand for paper straws. Additionally, the hospitality and foodservice industries have adopted paper straws as a more sustainable option, further fueling market growth.
Innovations in paper straw manufacturing techniques have improved their durability and functionality, addressing concerns about soggy or disintegrating straws. Manufacturers have also introduced various designs and customization options to cater to different consumer preferences.
The market's growth trajectory is expected to continue as businesses and consumers increasingly prioritize sustainability. However, challenges such as cost competitiveness with plastic straws and the need for more robust recycling infrastructure for paper straws must be addressed. Nevertheless, the global paper straw market remains a promising segment within the larger movement towards eco-conscious consumer choices and sustainable alternatives to plastic products.
Key Market Drivers
Environmental Concerns and Regulatory Pressure
One of the most significant drivers behind the surge in paper straw adoption is the growing awareness of environmental issues and increasing regulatory pressure on single-use plastics. Plastic pollution has become a global crisis, with plastics, including plastic straws, clogging waterways, harming marine life, and posing long-term threats to ecosystems. Governments worldwide have been responding to this crisis by implementing bans and restrictions on plastic products, including straws. These regulatory measures have forced businesses and consumers to seek eco-friendly alternatives, with paper straws emerging as a viable solution.
For instance, the European Union implemented a ban on single-use plastic straws in July 2021 as part of its Single-Use Plastics Directive. Similar bans and restrictions have been enacted in various countries, states, and municipalities, creating a strong market demand for paper straws. This regulatory push is expected to continue and possibly expand, further boosting the paper straw market's growth.
Corporate Sustainability Initiatives
Leading corporations and brands have played a pivotal role in driving the adoption of paper straws. Many companies have recognized the importance of aligning their practices with sustainable and environmentally friendly goals. As part of their corporate social responsibility (CSR) initiatives, numerous foodservice and beverage companies have pledged to reduce their plastic waste and transition to more sustainable packaging options, including paper straws.
High-profile companies like Starbucks, McDonald's, and Coca-Cola have committed to phasing out plastic straws in favor of paper alternatives. These commitments not only demonstrate a commitment to sustainability but also set an example for other businesses across the globe. In doing so, they have indirectly encouraged suppliers and manufacturers to scale up production of paper straws to meet the increased demand generated by these large corporations.
Consumer Preference for Sustainability
Consumer preferences have shifted significantly towards sustainable and environmentally friendly products. A growing segment of the global population is more conscious of the environmental impact of their choices and is actively seeking products that align with their values. As awareness of plastic pollution and its consequences has spread, consumers have shown a willingness to choose alternatives like paper straws.
The "green" consumer trend has led to increased demand for eco-friendly products across various industries, including food and beverage. Consumers often prefer establishments that demonstrate a commitment to sustainability, and the use of paper straws in restaurants, cafes, and bars has become a symbol of such commitment. This consumer-driven demand has not only increased the use of paper straws but has also created opportunities for branding and marketing as businesses showcase their eco-friendly choices to attract environmentally conscious customers.
Advancements in Paper Straw Technology and Design
Paper straw manufacturers have made significant advancements in technology and design, addressing some of the early limitations of paper straws. In the past, paper straws were criticized for becoming soggy and collapsing prematurely when used with certain beverages. However, manufacturers have responded to these concerns by developing improved paper straw products.
These advancements include the use of food-grade coatings to enhance durability, allowing paper straws to withstand extended use without disintegration. Manufacturers have also introduced various sizes and designs to cater to different types of beverages, ensuring that paper straws are suitable for a wide range of applications. These innovations have not only improved the functionality of paper straws but have also made them more attractive to businesses looking for reliable and sustainable alternatives to plastic.
In conclusion, the global paper straw market has experienced significant growth driven by environmental concerns, regulatory measures, corporate sustainability initiatives, changing consumer preferences, and advancements in technology and design. As the world continues to grapple with plastic pollution and the need for more sustainable practices, the paper straw market is poised to thrive, offering a practical and eco-friendly solution to the longstanding problem of single-use plastic straws. To sustain this growth, businesses and manufacturers will need to continue innovating, expanding production capacity, and meeting the increasing demand for sustainable alternatives.
Key Market Challenges
Cost Competitiveness with Plastic Straws
One of the primary challenges facing the paper straw market is the cost competitiveness with traditional plastic straws. While paper straws are generally more eco-friendly, they tend to be more expensive to produce than plastic straws. This cost differential can be a significant barrier for businesses, especially smaller ones, looking to switch to paper straws.
Plastic straws have been the industry standard for decades due to their low production costs, making them an attractive option for businesses operating on tight profit margins. Many businesses are hesitant to absorb the higher cost of paper straws or pass it on to their customers through price increases, fearing that it may negatively impact their competitiveness.
To address this challenge, manufacturers in the paper straw market need to find ways to reduce production costs, possibly through innovations in manufacturing processes and economies of scale. Additionally, increased awareness among consumers about the environmental impact of plastic straws may lead them to accept a slightly higher cost for paper alternatives.
Soggy and Durability Issues
Although significant improvements have been made in the design and durability of paper straws, they are still prone to becoming soggy and less functional when exposed to moisture for an extended period. This issue is particularly problematic for cold beverages like soft drinks and iced coffee, which can cause paper straws to break down and lose their structural integrity.
The durability and performance of paper straws are critical factors influencing consumer satisfaction and adoption. Customers expect a straw that can withstand the entire duration of their drink without disintegrating. Soggy or weak paper straws can lead to a negative user experience, potentially driving customers back to plastic alternatives.
Manufacturers in the paper straw market need to continue investing in research and development to enhance the moisture resistance and durability of their products. Developing coatings or treatments that improve the performance of paper straws in wet conditions is essential to addressing this challenge effectively.
Waste Management and Recycling Infrastructure
The global paper straw market relies on the perception of being more environmentally friendly than plastic straws. However, the sustainability of paper straws depends on effective waste management and recycling infrastructure. If paper straws are not disposed of properly or if recycling facilities are lacking, they may still contribute to environmental issues.
Paper straws are biodegradable and compostable, making them a better choice for the environment compared to non-biodegradable plastic straws. However, to realize their full potential in reducing waste, there needs to be widespread access to composting facilities or efficient recycling systems. Without such infrastructure, paper straws might end up in landfills, where they can contribute to methane emissions and take up valuable space.
The challenge here is twofold. First, there needs to be greater investment in waste management infrastructure, including composting and recycling facilities, to handle the disposal of paper straws responsibly. Second, consumers and businesses need education and incentives to participate in these waste diversion efforts. Government policies and regulations can play a significant role in driving these initiatives.
Supply Chain Vulnerabilities and Sourcing Issues
The global paper straw market relies on a steady supply of raw materials, primarily paper pulp, to meet the growing demand. However, the industry is vulnerable to disruptions in the supply chain, including fluctuations in the availability and cost of paper pulp. These disruptions can result from various factors, including natural disasters, supply chain interruptions, and fluctuations in the paper market.
Additionally, sourcing sustainable and responsibly harvested paper pulp can be a challenge. Environmental concerns surrounding deforestation and the impact on ecosystems have led to a growing demand for sustainably sourced materials. Ensuring a consistent supply of such materials while adhering to responsible sourcing practices can be logistically complex and may increase production costs.
Manufacturers in the paper straw market must work to establish secure and resilient supply chains by diversifying their sources of paper pulp and investing in contingency plans to mitigate potential disruptions. Additionally, efforts to promote responsible sourcing and sustainable forestry practices can help address these challenges while meeting consumer demand for eco-friendly products.
In conclusion, the global paper straw market faces significant challenges related to cost competitiveness, durability issues, waste management and recycling infrastructure, and supply chain vulnerabilities. Overcoming these challenges requires a combination of technological innovation, consumer education, government support, and industry collaboration. Despite these obstacles, the continued emphasis on sustainability and the urgent need to reduce plastic waste make the paper straw market a critical player in the broader shift towards eco-friendly alternatives.
Key Market Trends
Customization and Branding Opportunities
Customization and branding have become essential trends in the paper straw market. Businesses, especially in the food and beverage industry, are increasingly using paper straws as a canvas for branding and messaging. Customized paper straws allow companies to enhance their brand visibility, promote eco-friendly values, and create a unique customer experience.
These customized paper straws come in various colors, patterns, and designs that align with a company's branding strategy. For example, a café might use paper straws with its logo or a restaurant could choose straws that match its interior décor. Such branding not only differentiates businesses from their competitors but also conveys their commitment to sustainability, attracting environmentally conscious consumers.
As the demand for customized paper straws grows, manufacturers are expanding their offerings to include a wide range of design options, including seasonal themes, promotional messages, and even biodegradable ink printing. This trend not only adds value for businesses but also contributes to the overall aesthetic appeal of using paper straws.
Expansion into New Markets and Applications
The adoption of paper straws is no longer limited to traditional foodservice establishments. There is a growing trend of expanding into new markets and applications. While restaurants, cafes, and bars remain primary users of paper straws, other sectors are exploring their use, creating new growth opportunities.
For instance, the hospitality industry, including hotels and resorts, is increasingly adopting paper straws for in-room beverage amenities, poolside bars, and event catering. Airlines are also transitioning to paper straws as part of their sustainability initiatives.
Beyond the hospitality sector, paper straws are gaining traction in retail, where they are being used for packaging cold beverages, including canned and bottled drinks. The retail sector's move towards paper straws is driven by consumer demand for eco-friendly packaging and the desire to reduce single-use plastic in the supply chain.
Additionally, events and festivals are incorporating paper straws into their beverage service options to align with green event practices. This diversification of markets and applications is expected to fuel the growth of the paper straw market in the coming years.
Biodegradable and Compostable Materials
A significant trend in the paper straw market is the use of biodegradable and compostable materials. While paper straws are inherently biodegradable, manufacturers are increasingly focusing on improving their environmental credentials by incorporating additional materials that enhance biodegradability or composability.
Some paper straw manufacturers are developing straws that incorporate biodegradable coatings or additives to increase their resistance to moisture and ensure they break down more quickly in natural environments. These straws can be certified as compostable, meeting stringent environmental standards.
Compostable paper straws have gained popularity in regions with strong composting infrastructure, as they can be disposed of alongside organic waste. These straws offer a closed-loop solution, where they can be broken down into valuable compost that enriches soil and supports agricultural sustainability.
As consumers become more environmentally conscious, the demand for biodegradable and compostable paper straws is likely to grow. This trend aligns with broader efforts to reduce waste and minimize the environmental impact of single-use products.
Innovations in Material Science and Production Techniques
Innovations in material science and production techniques are shaping the paper straw market. Manufacturers are continually exploring ways to enhance the performance of paper straws while maintaining their eco-friendly attributes. These innovations aim to address issues such as durability, moisture resistance, and overall user experience.
Some of the notable innovations include the development of paper straws made from sustainable materials like bamboo or wheat straw pulp. These alternatives offer unique textures and natural aesthetics, catering to consumers looking for more organic and eco-conscious options.
Advancements in paper straw coatings and treatments are also helping to overcome challenges related to moisture. New formulations of food-grade coatings are making paper straws more resilient and less likely to become soggy, even when used with cold and frozen beverages.
Furthermore, improvements in production techniques are increasing the efficiency and output of paper straw manufacturing. This not only helps meet the growing demand but also keeps production costs competitive with plastic alternatives.
As innovation continues to drive the paper straw market, consumers can expect to see a broader range of options, including straws that perform exceptionally well across various applications and are even more environmentally friendly.
In conclusion, the global paper straw market is marked by trends that emphasize customization and branding opportunities, expansion into new markets and applications, the use of biodegradable and compostable materials, and ongoing innovations in material science and production techniques. These trends reflect the industry's commitment to sustainability and responsiveness to consumer preferences for eco-friendly alternatives. As businesses and consumers alike continue to prioritize environmental concerns, the paper straw market is poised for sustained growth and evolution in the years to come.
Segmental Insights
Product Insights
The printed paper straw segment is currently the fastest-growing segment within the global paper straw market. This trend is driven by businesses' increasing interest in customized branding and messaging on paper straws. Printed paper straws offer a unique and eye-catching way for companies to showcase their logos, slogans, and promotional messages while promoting their commitment to sustainability. As a result, manufacturers are expanding their offerings to include a wide range of design options, and this growing demand for personalized and branded paper straws is expected to continue to drive rapid growth in this particular segment of the paper straw market.
End User Insights
The foodservice sector stands as the dominating segment in the global paper straw market. With a strong emphasis on sustainability and the reduction of single-use plastics, restaurants, cafes, bars, and fast-food chains have widely adopted paper straws as a sustainable alternative to plastic ones. Consumers' growing awareness of environmental issues, coupled with regulatory restrictions on plastic straws, have further fueled the demand within the foodservice industry. As a result, paper straws have become a staple choice for businesses looking to align with eco-friendly practices, making the foodservice sector the primary driver of growth in the global paper straw market.
Regional Insights
North America emerges as the dominant region in the global paper straw market. This dominance is attributed to robust environmental awareness, stringent regulations, and a strong commitment to sustainability. The region's widespread adoption of paper straws is driven by both consumers and businesses seeking eco-friendly alternatives to plastic straws, with various states and cities implementing bans on single-use plastics. Furthermore, North American companies have been early adopters of paper straws, making them readily available across the food and beverage industry. With its forward-looking approach to sustainability, North America continues to lead in the adoption and growth of the paper straw market.
Key Market Players
UFlex Limited
Lollicup USA, Inc.
Soton Daily Necessities Co., Ltd.
Transcend Packaging Ltd
Tipi Straws
Fuling Global Inc.
YuTong Eco-Technology (SuQian) Co., Ltd
Hoffmaster Group Inc.
Huhtamaki Oyj
Y.W., Focus Technology Co., Ltd.
Report Scope:
In this report, the Global Paper Straw Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Paper Straw Market, By Product:
o Printed
o Non-Printed
• Paper Straw Market, By Material:
o Virgin Paper
o Recycled Paper
• Paper Straw Market, By End User:
o Foodservice
o Institutional
o Household
• Paper Straw Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Egypt
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies presents in the Global Paper Straw Market.
Available Customizations:
Global Paper Straw market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Factors Influencing Purchase Decisions
4.2. Challenges Faced
5. Global Paper Straw Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Market Share Analysis (Printed, Non-Printed)
5.2.2. By Material Market Share Analysis (Virgin Paper, Recycled Paper)
5.2.3. By End User Market Share Analysis (Foodservice, Institutional, Household)
5.2.4. By Regional Market Share Analysis
5.2.4.1. North America Market Share Analysis
5.2.4.2. South America Market Share Analysis
5.2.4.3. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.4.4. Europe Market Share Analysis
5.2.4.5. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.5. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Paper Straw Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Product Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Material Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By End User Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. North America Paper Straw Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Market Share Analysis
6.2.2. By Material Market Share Analysis
6.2.3. By End User Market Share Analysis
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Paper Straw Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
6.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
6.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
6.3.2. Canada Paper Straw Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
6.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
6.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
6.3.3. Mexico Paper Straw Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
6.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
6.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
7. Europe Paper Straw Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Product Market Share Analysis
7.2.2. By Material Market Share Analysis
7.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3. Europe: Country Analysis
7.3.1. Germany Paper Straw Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.2. United Kingdom Paper Straw Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.3. Italy Paper Straw Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecasty
7.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.4. France Paper Straw Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.4.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.4.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.5. Spain Paper Straw Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.5.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.5.2.3. By End User Market Share Analysis
8. Asia-Pacific Paper Straw Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Product Market Share Analysis
8.2.2. By Material Market Share Analysis
8.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Paper Straw Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.2. India Paper Straw Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.3. Japan Paper Straw Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.4. South Korea Paper Straw Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.4.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.4.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.5. Australia Paper Straw Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.5.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.5.2.3. By End User Market Share Analysis
9. South America Paper Straw Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Product Market Share Analysis
9.2.2. By Material Market Share Analysis
9.2.3. By End User Market Share Analysis
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Paper Straw Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
9.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
9.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
9.3.2. Argentina Paper Straw Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
9.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
9.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
9.3.3. Colombia Paper Straw Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
9.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
9.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
10. Middle East and Africa Paper Straw Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Product Market Share Analysis
10.2.2. By Material Market Share Analysis
10.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3. MEA: Country Analysis
10.3.1. South Africa Paper Straw Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.2. Saudi Arabia Paper Straw Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.3. UAE Paper Straw Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.4. Turkey Paper Straw Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.4.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.4.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.5. Egypt Paper Straw Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.5.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.5.2.3. By End User Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. SWOT Analysis
13.1. Strength
13.2. Weakness
13.3. Opportunity
13.4. Threat
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. UFlex Limited
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products & Services
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Lollicup USA, Inc.
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products & Services
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. Soton Daily Necessities Co., Ltd.
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products & Services
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. Transcend Packaging Ltd
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products & Services
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Tipi Straws
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products & Services
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. Fuling Global Inc.
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products & Services
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. YuTong Eco-Technology (SuQian) Co., Ltd
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products & Services
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Hoffmaster Group Inc.
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products & Services
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. Huhtamaki Oyj
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products & Services
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Y.W., Focus Technology Co., Ltd.
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products & Services
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Product
15.3. Target End User
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(material)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る