世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

食用カトラリーの世界市場規模、シェア、動向、機会、予測、製品別(スプーン、スポーク、フォーク、その他)、素材別(とうもろこし、小麦ふすま、米ぬか、その他)、エンドユーザー別(外食店舗、レストラン&カフェ、クイックサービスレストラン、その他)、販売チャネル別(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、オンライン、百貨店、その他(直販など))細分化地域別, 競争相手別 , 2018-2028


Edible Cutlery Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Product (Spoon, Spork, Fork, Others), By Material (Corn, Wheat Bran, Rice Bran, Others), By End User (Food Service Outlets, Restaurants & Cafes, Quick Service Restaurants, Others), By Sales Channel (Hypermarkets/Supermarkets, Online, Departmental Stores, Others (Direct Sales, etc.)) By Region, By Competition , 2018-2028

食用カトラリーの世界市場は、2022年に2,980万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは8.67%で、予測期間中に力強い成長を予測される。世界の食用カトラリーは、増え続ける使い捨てプラスチック廃棄物の問題と闘い... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
180 英語

 

サマリー

食用カトラリーの世界市場は、2022年に2,980万米ドルと評価され、2028年までのCAGRは8.67%で、予測期間中に力強い成長を予測される。世界の食用カトラリーは、増え続ける使い捨てプラスチック廃棄物の問題と闘い、環境に優しい食習慣を促進するための持続可能で革新的なソリューションである。これらの食器類は、米、小麦、雑穀、ソルガムきび、その他の天然穀物などの食用材料から作られている。機能的であるだけでなく、食べられるようにデザインされており、環境に配慮したユニークな食体験を提供する。
食べられるカトラリーというコンセプトは、その数々の利点から人気を博した。第一に、使い捨てのプラスチック製食器が不要になるため、プラスチック汚染が大幅に削減される。第二に、食用カトラリーは生分解性であるため、環境に足跡を残さない持続可能な代替品となる。さらに、多くの場合グルテンフリーで、さまざまな食嗜好に適しているため、幅広い消費者が利用しやすい。
世界の食用カトラリー・メーカーは、さまざまな味や形状の製品ラインナップを拡充し、食卓をより楽しいものにしている。風味豊かなものから甘いものまで、これらの食器はさまざまな料理や料理を引き立てることができる。環境問題に対する意識が高まり続ける中、食用カトラリーは世界の食品業界において、より持続可能で環境に配慮した未来に向けた有望な一歩となる。
主な市場牽引要因
環境問題とプラスチック汚染
食用カトラリーの台頭を支える主な要因の一つは、環境問題、特にプラスチック汚染に対する懸念の高まりである。使い捨て食器を含む使い捨てプラスチック製品は、重大な環境問題になっている。これらの製品は分解するのに何百年もかかるため、埋立地が溢れかえり、風景が散乱することになる。さらに、プラスチックはしばしば海に流れ込み、海洋生物や生態系に害を及ぼしている。
食用カトラリーは、この問題に対する有効な解決策を提供する。プラスチック汚染に対する意識が高まるにつれ、消費者、企業、政府はより持続可能な代替品を求めている。食用カトラリーは、使い捨てのプラスチック食器が不要になるだけでなく、自然に生分解され、環境に永続的な影響を与えないため、罪悪感のない選択肢となる。このような環境意識は、食用カトラリーに対する世界的な需要の大きな原動力となっている。
持続可能な実践と企業の責任
世界中の企業が、持続可能性を中核的価値とし、自社製品のセールスポイントとすることの重要性を認識している。環境に優しい慣行や素材を取り入れることは、企業の社会的責任の重要な側面となっています。食用カトラリーはこのトレンドに完璧に合致しており、企業は環境フットプリントの削減へのコミットメントを示すことができます。
多くのレストラン、カフェテリア、ケータリングサービスが、持続可能な食体験を促進するため、食用カトラリーを業務に取り入れ始めている。食用カトラリーを選ぶことで、企業は持続可能性への献身をアピールし、環境意識の高い消費者を惹きつけ、市場での競争力を得ることができる。このような持続可能性を重視した企業慣行へのシフトは、食用カトラリーの世界的な普及を後押しする強力な原動力となっている。
消費者の嗜好と食生活の変化
食用カトラリーの人気が高まっているもう一つの原動力は、消費者の嗜好と食生活の選択肢の変化である。近年、より健康的で意識的な食生活へと大きくシフトしている。健康への懸念や倫理的配慮から、オーガニック、植物性、グルテンフリーの食生活を選ぶ人が増えている。
食用カトラリー・メーカーはこの傾向を認識し、さまざまな食の嗜好に対応するさまざまな食用器具を提供することで対応してきた。多くの食用カトラリー製品はグルテンフリーで、天然の非遺伝子組み換え原材料から作られているため、幅広い消費者に適している。多様な食事の選択肢や健康志向のライフスタイルに対応できることから、食用カトラリーは世界中の消費者にとって汎用性が高く、包括的な選択肢となっている。
さらに、食用カトラリーのユニークな風味や食感は、食卓での体験を豊かにし、斬新さや料理の探求心を重視する消費者にアピールする。消費者が従来の使い捨て食器に代わるものを求める中、食用カトラリーは刺激的で持続可能な選択肢を提供する。
規制支援と政府の取り組み:
世界中の政府や規制機関は、プラスチック汚染の問題に取り組み、持続可能な慣行を促進するための措置を講じている。このような支援は、食用カトラリーの世界的な普及を後押ししている。
使い捨て食器を含む使い捨てプラスチックの使用禁止や制限を実施している地域もあり、企業や個人に環境に優しい代替品を求めるよう促している。さらに、各国政府は持続可能な素材の研究開発を推進し、包装や食卓用製品の技術革新を奨励している。
食用カトラリーは、プラスチック廃棄物に対する実用的で持続可能な解決策を提供することで、こうした政府の取り組みや規制に合致している。政府や規制機関の支援は、企業が環境に優しい慣行を採用するための潜在的なインセンティブとともに、食用カトラリー産業の成長にとって有利な環境を作り出している。
結論として、世界の食用カトラリー市場は、環境問題への関心、企業の持続可能性への取り組み、消費者の嗜好の進化、政府の支援などが組み合わさって推進されている。こうした原動力が勢いを増し続ける中、食用カトラリーはプラスチック汚染の解決策の不可欠な一部となり、世界中で持続可能な食習慣の象徴となる準備が整っている。機能性と環境への優しさの両方を提供するその能力は、従来の使い捨て食器に代わる有望な選択肢として位置付けられ、外食産業にとってより環境に優しく責任ある未来を形作る。
主な市場課題
コストと手頃な価格
食用カトラリーの最も顕著な課題のひとつは、そのコストと手頃な価格である。食用カトラリーの製造は、従来の使い捨てプラスチック製器具の製造よりも高くつく可能性がある。高品質の天然素材を調達し、それを食べられる形に加工し、安全基準と衛生基準を確実に遵守するためのコストは相当なものになる。その結果、食用カトラリー製品の価格は、プラスチック製製品よりも高くなる傾向がある。
特に、消費者や企業が高価な食器への投資をためらうような、価格に敏感な市場では、このコスト格差が課題となる。この課題を克服するために、食用カトラリーメーカーは費用対効果の高い製造方法を模索し、生産規模を拡大し、政府や非営利団体と協力して食用カトラリーの使用に助成金やインセンティブを与える可能性もある。製造コストの削減は、食用カトラリーをより幅広い消費者や企業にとって魅力的な選択肢にすることができる。
賞味期限と保管
食用カトラリーが直面するもう一つの課題は、その保存可能期間と保管の必要性である。劣化することなく長期保存が可能な従来の使い捨て器具とは異なり、食用カトラリーはその有機的な性質上、保存期間が限られている。原材料や加工方法によっては、食用カトラリーは時間の経過とともに古くなったり、構造的な完全性が失われたりすることがある。
この制限は、製造業者、流通業者、消費者にとって問題となる。その結果、製品が腐敗したり、廃棄物が出たり、物流上の課題が増えたりする可能性がある。この課題に対処するため、食用カトラリーメーカーは、持続可能性と安全基準を維持しながら製品の保存期間を延ばすための研究開発に投資する必要がある。また、パッケージングや保管方法を改善することで、賞味期限や保管に関する問題を軽減することができる。
味と食感のばらつき
食用カトラリーの味や食感は、使用される原材料や製造工程によって大きく異なることがある。食用刃物の独特の風味や食感を高く評価する消費者がいる一方で、食用刃物をあまり好まなかったり、特定の料理と相性が悪かったりする消費者もいる。このように味や食感にばらつきがあることは、広く普及させるための課題となりうる。
メーカーは、食べて楽しい食用カトラリーと、様々な料理を引き立てる汎用性のある食用カトラリーのバランスを取る必要がある。味と食感に一貫性を持たせることは、消費者にポジティブな食体験を保証する上で極めて重要である。さらに、グルテンフリーやビーガンといった食事制限や嗜好への対応は、多様な顧客層に対応するために不可欠である。
この課題を克服するために、食用カトラリー企業は製品開発に投資してレシピを改良し、全体的な味と食感の一貫性を向上させることができる。消費者の味覚テストを実施し、フィードバックを得ることは、消費者の期待や嗜好を満たすよう製品を調整するのに役立つ。
規模拡大とサプライチェーン・ロジスティクス
食用カトラリーの生産規模を拡大し、効率的なサプライチェーン・ロジスティクスを確立することは、手ごわい課題となりうる。持続可能な食卓ソリューションに対する需要の高まりに応えるには、生産施設、設備、流通ネットワークに多額の投資を行う必要がある。食用カトラリーをより身近で手頃なものにするためには、規模の経済を実現することが極めて重要である。
さらに、食用カトラリーのサプライチェーンには、天然素材の調達から製造、包装、流通に至るまで、さまざまな段階がある。環境への影響を最小限に抑えながら、シームレスで持続可能なサプライチェーンを確保することは、複雑なことである。
こうした課題に対処するためには、サプライヤー、流通業者、物流パートナーとの協力が不可欠である。メーカーはまた、原材料の安定供給を確保するために、地元で原材料を調達したり、農家と提携したりして、垂直統合を模索することもできる。効率的な輸送と流通システムは、食用刃物の生産に伴う二酸化炭素排出量を削減するのに役立つ。
結論として、世界の食用カトラリーはプラスチック汚染に対する有望な解決策を提供し、持続可能な食習慣を促進する一方で、コスト、保存可能期間、味と食感のばらつき、規模に関する大きな課題に直面している。これらの課題に対処するには、技術革新、協力、研究開発への投資が必要となる。従来の使い捨て食器に代わる環境に優しい食用カトラリーの可能性を最大限に実現し、より環境に優しく持続可能な未来に貢献するためには、こうした障害を克服することが極めて重要である。
主な市場動向
持続可能性と環境意識の高い消費
持続可能性は世界の消費者意識の最前線にあり、この傾向は食用カトラリーの需要を牽引している。消費者は、使い捨て食器を含む使い捨てプラスチック製品が環境に与える影響を懸念するようになっている。その結果、日常生活において持続可能な選択をしたいという欲求が高まっている。
食用カトラリーは、このトレンドに完全に合致している。食用カトラリーは、プラスチック廃棄物を減らし、環境への影響を最小限に抑える、環境に優しい代替品と考えられている。食用カトラリーのメーカーは、多くの場合、米、小麦、粟などの自然で再生可能な原材料を調達して製品を作っている。これらの食器は生分解性があり、廃棄時には土壌の栄養源となることさえある。人々が環境に優しい食事の選択肢を求める中、食用カトラリーは責任ある消費と環境への責務の象徴となりつつある。
さらに、企業はサステナビリティの取り組みに食用カトラリーを取り入れている。レストラン、ケータリングサービス、イベント主催者などは、プラスチック廃棄物の削減や持続可能な食習慣の推進に取り組む一環として、食べられる食器を提供することを選択している。環境問題への関心が高まるにつれ、この傾向は今後も強まることが予想される。
風味とカスタマイズ
食用カトラリーはもはや機能的なだけでなく、それ自体が料理体験になりつつある。業界の顕著なトレンドは、食用器具の味と食感を高めることに焦点が当てられていることである。メーカー各社は、ユニークで楽しい食卓を演出するために、さまざまな素材や味を試している。
食用カトラリーには、香ばしいもの、甘いもの、スパイシーなものなど、さまざまなフレーバーが登場している。消費者は、料理を引き立てたり、食事にさらなる風味を加えたりする食器を選ぶことができる。例えば、コーヒーショップでは、コーヒーをかき混ぜるときに溶けてほのかな甘みを加えるチョコレート味のスプーンを提供するかもしれない。
カスタマイズも人気を集めている。食用カトラリーを注文する際に、特定の味や形をリクエストできるメーカーもある。この傾向は、斬新な味を求める食通にアピールするだけでなく、グルテンフリー、ビーガン、オーガニック・オプションなど、食生活の嗜好にも対応している。
消費者がより多様で刺激的な食体験を求める中、食用カトラリーの多用途性とカスタマイズ・オプションは、個人と企業の双方にとって流行の選択肢となっている。
技術の進歩とイノベーション
技術の進歩が食用カトラリー業界の技術革新を促進している。メーカーは最先端の技術を活用し、生産工程と製品の品質を向上させている。重要な技術革新のひとつに3Dプリンティングがあり、食用器具の精密で複雑なデザインを可能にしている。
3Dプリンティングによって、メーカーは、美観と機能性の両方を高める複雑な形状、模様、質感を持つ食用カトラリーを作ることができる。この技術はまた、マス・カスタマイゼーションの可能性を提供し、消費者が自分の好みに合わせてパーソナライズされた食用器具を注文できるようにする。
さらに、食用カトラリーメーカーは持続可能なパッケージの選択肢を模索している。廃棄物をさらに減らすために、食べられる包装材料を開発しているところもある。こうした技術革新は、様々な業界全体でプラスチックや使い捨て包装の廃棄物を削減するという、より広範なトレンドと一致している。
技術が進化し続けるにつれ、食用カトラリー市場でもさらに独創的で環境に優しいソリューションが登場し、その魅力と有用性がさらに拡大する可能性が高い。
市場の拡大と多様化
世界の食用カトラリー市場は急速に拡大しており、持続可能な食卓ソリューションに対する需要の高まりに対応するため、この業界に参入する企業が増えている。この傾向は競争の激化につながり、消費者にとって食用カトラリーの選択肢が広がっている。
市場が多様化するにつれ、食用カトラリーはより身近で手頃なものになりつつある。製造業者や供給業者の幅が広がったことで、消費者は価格帯、風味、包装サイズの面で選択肢が増えた。この多様化により、ニッチ市場や特殊製品にもチャンスが広がっている。
従来の使い捨て食器にとどまらず、食用カトラリーは、接客業、外食産業、さらには家庭の台所など、さまざまな分野で用途を見出している。もはや環境意識の高い消費者だけにとどまらず、利便性と持続可能性の両立を求める人々の主流となりつつある。
フォーク、スプーン、ナイフに加え、食用ストロー、スターラー、さらには食用プレートまで、各メーカーは製品ラインを拡大している。この傾向は、食卓でのプラスチック廃棄物を減らすための多用途で実用的なソリューションとして、食用カトラリーが受け入れられつつあることを反映している。
結論として、世界の食用カトラリー市場は、環境意識の高い消費者の需要に応えるべく進化しており、多様な嗜好に応える持続可能な代替品を提供している。技術が進歩し続け、業界が拡大するにつれて、食用カトラリーは持続可能な食卓の定番となり、一回の食事で世界をより環境に優しい場所にすることができる。
セグメント別インサイト
製品別洞察
スポーツ食用カトラリーは、世界の食用カトラリー市場で最も急成長しているセグメントとして浮上している。この革新的なトレンドは、持続可能性と利便性の原則をスポーツやアウトドア活動の世界と組み合わせたものである。アスリート、フィットネス愛好家、冒険を求める人々は、外出先での栄養補給のための実用的で環境に優しい選択肢として、食用カトラリーをますます受け入れている。
スポーツ用の食用カトラリーには、携帯性、廃棄物の削減、使用後に食器を消費する機能など、いくつかの利点があり、身体活動中に余分なエネルギー源を提供することができる。メーカー各社は、オーツ麦やキヌア、ナッツなど栄養価の高い原材料を使った、エネルギー補給用のスプーンやフォークなど、スポーツに特化した食用器具を開発することで、このニッチ市場に対応している。
健康、持続可能性、アウトドア・アドベンチャーへの関心が高まり続ける中、スポーツ用食用カトラリー分野は、環境への影響を最小限に抑えながら体に燃料を補給しようとするアスリートや冒険家に持続可能で便利なソリューションを提供し、成長すると予想される。
エンドユーザーの洞察
外食産業分野は、世界の食用カトラリー市場で最も急成長している分野として浮上している。レストラン、カフェ、ファーストフードチェーン、ケータリングサービスでは、従来の使い捨て食器に代わる持続可能で環境に配慮した食用カトラリーの採用が増えている。この傾向に拍車をかけているのが、プラスチック汚染に対する意識の高まりと、外食産業における環境負荷低減への取り組みである。
外食産業は、環境意識の高い消費者の需要に応えるため、食用カトラリーを業務に取り入れている。こうした店舗は環境に配慮した食事を提供するだけでなく、環境に優しい顧客を引き付けるマーケティングツールとして食用カトラリーを利用している。この傾向は、持続可能性と責任ある消費に向けた広範なシフトと一致している。
食用カトラリーを選択する外食店舗が増加していることから、市場はこの分野で力強い成長を遂げている。消費者がますます環境に優しい食事の選択肢を求めるようになるにつれて、食用カトラリーは実用性と持続可能性の両方を約束する外食産業の定番となりつつある。
地域別洞察
北米は世界の食用カトラリー市場において支配的な地域として際立っている。同地域の持続可能性と環境意識への強いコミットメントが、様々な分野での食用器具の大幅な採用を後押ししている。北米の消費者、企業、政府はプラスチック廃棄物問題への取り組みの最前線に立っており、食用カトラリーが好ましい選択肢となっている。さらに、盛んな外食産業と環境意識の文化が北米における食用カトラリーの成長を後押ししている。持続可能な食卓ソリューションに対する需要は依然として高いため、この市場における同地域のリーダーシップは今後も続くと予想される。
主要市場プレイヤー
ベトソンAB
Kindred Group PLC
ネットエントAB
フラッターエンターテインメント
クラウン・リゾーツ・リミテッド
Ladbrokes Betting & Gaming Ltd.
香港ジョッキークラブ
ウィン・リゾーツ・ホールディングス
ユニクレイブ・テクノロジーズ
アンリーズナブル・グループ
レポートの範囲
本レポートでは、食用カトラリーの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 食用カトラリーの世界市場:製品別
o スプーン
o スポーク
o フォーク
o その他
- 食用カトラリー市場:素材別
o トウモロコシ
o 小麦ふすま
o 米ぬか
その他
- 食用カトラリー市場:エンドユーザー別
o フードサービス店舗
o レストラン&カフェ
o クイックサービスレストラン
o その他
- 食用カトラリー市場:販売チャネル別
o ハイパーマーケット/スーパーマーケット
o オンライン
o 百貨店
o その他
- 食用カトラリー市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o 中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 エジプト
競合状況
企業プロフィール:食用カトラリーの世界市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、食用カトラリーの世界市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.購買決定要因
4.2.直面する課題
5.食用カトラリーの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.製品別市場シェア分析(スプーン、スポーク、フォーク、その他)
5.2.2.素材別市場シェア分析(とうもろこし、小麦ふすま、米ぬか、その他)
5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析(外食、レストラン&カフェ、クイックサービスレストラン、その他)
5.2.4.販売チャネル別市場シェア分析(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、オンライン、百貨店、その他(直販など)
5.2.5.地域別市場シェア分析
5.2.5.1.北米市場シェア分析
5.2.5.2.南米市場シェア分析
5.2.5.3.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.5.4.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.5.5.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.6.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.食用刃物の世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.製品別市場マッピングと機会評価
5.3.2.素材別市場マッピングと機会評価
5.3.3.エンドユーザー別市場マッピングと機会評価
5.3.4.販売チャネル別市場マッピングと機会評価
5.3.5.地域別市場マッピングと機会評価
6.北米の食用カトラリー市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.製品別市場シェア分析
6.2.2.素材別市場シェア分析
6.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
6.3.北米国別分析
6.3.1.米国の食用カトラリー市場の展望
6.3.1.1.市場規模と予測
6.3.1.1.1.金額ベース
6.3.1.2.市場シェアと予測
6.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
6.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
6.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.3.1.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
6.3.2.カナダの食用カトラリー市場展望
6.3.2.1.市場規模・予測
6.3.2.1.1.金額ベース
6.3.2.2.市場シェアと予測
6.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
6.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
6.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.3.2.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
6.3.3.メキシコの食用カトラリー市場展望
6.3.3.1.市場規模・予測
6.3.3.1.1.金額ベース
6.3.3.2.市場シェアと予測
6.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
6.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
6.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
6.3.3.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
7.欧州食用カトラリー市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.製品別市場シェア分析
7.2.2.素材別市場シェア分析
7.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
7.3.ヨーロッパ国別分析
7.3.1.ドイツの食用カトラリー市場の展望
7.3.1.1.市場規模と予測
7.3.1.1.1.金額ベース
7.3.1.2.市場シェアと予測
7.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.1.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
7.3.2.イギリスの食用カトラリー市場展望
7.3.2.1.市場規模・予測
7.3.2.1.1.金額ベース
7.3.2.2.市場シェアと予測
7.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.2.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
7.3.3.イタリアの食用カトラリー市場展望
7.3.3.1.市場規模と予測
7.3.3.1.1.金額ベース
7.3.3.2.市場シェアと予測
7.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.3.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
7.3.4.フランス食用カトラリー市場展望
7.3.4.1.市場規模・予測
7.3.4.1.1.金額ベース
7.3.4.2.市場シェアと予測
7.3.4.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.4.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.4.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.4.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
7.3.5.スペインの食用カトラリー市場展望
7.3.5.1.市場規模・予測
7.3.5.1.1.金額ベース
7.3.5.2.市場シェアと予測
7.3.5.2.1.製品別市場シェア分析
7.3.5.2.2.素材別市場シェア分析
7.3.5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
7.3.5.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
8.アジア太平洋地域の食用カトラリー市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.製品別市場シェア分析
8.2.2.素材別市場シェア分析
8.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国の食用カトラリー市場の展望
8.3.1.1.市場規模と予測
8.3.1.1.1.金額ベース
8.3.1.2.市場シェアと予測
8.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.1.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
8.3.2.インドの食用カトラリー市場展望
8.3.2.1.市場規模・予測
8.3.2.1.1.金額ベース
8.3.2.2.市場シェアと予測
8.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.2.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
8.3.3.日本の食用カトラリー市場展望
8.3.3.1.市場規模と予測
8.3.3.1.1.金額ベース
8.3.3.2.市場シェアと予測
8.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.3.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
8.3.4.韓国の食用カトラリー市場展望
8.3.4.1.市場規模と予測
8.3.4.1.1.金額ベース
8.3.4.2.市場シェアと予測
8.3.4.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.4.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.4.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.4.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
8.3.5.オーストラリアの食用カトラリー市場展望
8.3.5.1.市場規模と予測
8.3.5.1.1.金額ベース
8.3.5.2.市場シェアと予測
8.3.5.2.1.製品別市場シェア分析
8.3.5.2.2.素材別市場シェア分析
8.3.5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
8.3.5.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
9.南米の食用カトラリー市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.製品別市場シェア分析
9.2.2.素材別市場シェア分析
9.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
9.3.南米国別分析
9.3.1.ブラジルの食用カトラリー市場の展望
9.3.1.1.市場規模と予測
9.3.1.1.1.金額ベース
9.3.1.2.市場シェアと予測
9.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
9.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
9.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.3.1.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
9.3.2.アルゼンチンの食用カトラリー市場展望
9.3.2.1.市場規模・予測
9.3.2.1.1.金額ベース
9.3.2.2.市場シェアと予測
9.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
9.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
9.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.3.2.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
9.3.3.コロンビアの食用カトラリー市場展望
9.3.3.1.市場規模&予測
9.3.3.1.1.金額ベース
9.3.3.2.市場シェアと予測
9.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
9.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
9.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
9.3.3.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
10.中東・アフリカの食用カトラリー市場展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.製品別市場シェア分析
10.2.2.素材別市場シェア分析
10.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
10.3.MEA:国別分析
10.3.1.南アフリカの食用カトラリー市場の展望
10.3.1.1.市場規模と予測
10.3.1.1.1.金額ベース
10.3.1.2.市場シェアと予測
10.3.1.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.1.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.1.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.1.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
10.3.2.サウジアラビアの食用カトラリー市場展望
10.3.2.1.市場規模・予測
10.3.2.1.1.金額ベース
10.3.2.2.市場シェアと予測
10.3.2.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.2.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.2.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.2.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
10.3.3.UAE食用カトラリー市場の展望
10.3.3.1.市場規模・予測
10.3.3.1.1.金額ベース
10.3.3.2.市場シェアと予測
10.3.3.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.3.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.3.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.3.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
10.3.4.トルコの食用カトラリー市場展望
10.3.4.1.市場規模・予測
10.3.4.1.1.金額ベース
10.3.4.2.市場シェアと予測
10.3.4.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.4.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.4.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.4.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
10.3.5.エジプトの食用カトラリー市場展望
10.3.5.1.市場規模・予測
10.3.5.1.1.金額ベース
10.3.5.2.市場シェアと予測
10.3.5.2.1.製品別市場シェア分析
10.3.5.2.2.素材別市場シェア分析
10.3.5.2.3.エンドユーザー別市場シェア分析
10.3.5.2.4.販売チャネル別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.促進要因
11.2.課題
12.市場動向
13.SWOT分析
13.1.強み
13.2.弱み
13.3.機会
13.4.脅威
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.ベトソンAB
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品とサービス
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.カインドレッドグループPLC
14.1.2.1.会社の詳細
14.1.2.2.製品とサービス
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.ネットエントAB
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品とサービス
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.フラッター・エンターテインメント
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.製品とサービス
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.クラウンリゾーツ社
14.1.5.1.会社の詳細
14.1.5.2.製品とサービス
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.ラドブロークス・ベッティング&ゲーミング社
14.1.6.1.会社詳細
14.1.6.2.製品とサービス
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.香港ジョッキークラブ
14.1.7.1.会社の詳細
14.1.7.2.製品とサービス
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.ウィン・リゾーツ・ホールディングス・エルエルシー
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品とサービス
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.ユニクレイブ・テクノロジーズ
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.製品とサービス
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.不合理なグループ
14.1.10.1.会社の詳細
14.1.10.2.製品とサービス
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言
15.1.重点分野
15.2.ターゲット製品
15.3.対象エンドユーザー
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Edible Cutlery Market was valued at USD 29.80 million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 8.67% through 2028. Global edible cutlery is a sustainable and innovative solution to combat the growing problem of single-use plastic waste and promote eco-friendly dining practices. These utensils are crafted from edible ingredients such as rice, wheat, millets, sorghum, and other natural grains. They are designed to be not only functional but also edible, offering a unique and environmentally conscious dining experience.
The concept of edible cutlery gained popularity due to its numerous advantages. Firstly, it significantly reduces plastic pollution by eliminating the need for disposable plastic utensils, which often end up in landfills and oceans, harming the environment and marine life. Secondly, edible cutlery is biodegradable, making it a sustainable alternative that leaves no lasting environmental footprint. Moreover, it is often gluten-free and suitable for various dietary preferences, making it accessible to a wide range of consumers.
Global edible cutlery manufacturers have been expanding their product lines to include a variety of flavors and shapes, enhancing the dining experience. From savory to sweet options, these utensils can complement different cuisines and dishes. As awareness of environmental issues continues to grow, edible cutlery represents a promising step towards a more sustainable and eco-conscious future in the global food industry.
Key Market Drivers
Environmental Concerns and Plastic Pollution
One of the primary drivers behind the rise of edible cutlery is growing concern over environmental issues, particularly plastic pollution. Single-use plastic products, including disposable utensils, have become a significant environmental problem. These items take hundreds of years to decompose, leading to overflowing landfills and littered landscapes. Moreover, plastics often find their way into oceans, harming marine life and ecosystems.
Edible cutlery offers a viable solution to this problem. As awareness of plastic pollution has increased, consumers, businesses, and governments have been seeking more sustainable alternatives. Edible cutlery provides a guilt-free option, as it not only eliminates the need for disposable plastic utensils but also biodegrades naturally, leaving no lasting environmental impact. This environmental consciousness is a significant driver behind the global demand for edible cutlery.
Sustainable Practices and Corporate Responsibility
Businesses worldwide are recognizing the importance of sustainability as a core value and a selling point for their products. Embracing eco-friendly practices and materials has become a crucial aspect of corporate social responsibility. Edible cutlery aligns perfectly with this trend, allowing companies to demonstrate their commitment to reducing their environmental footprint.
Many restaurants, cafeterias, and catering services have started incorporating edible cutlery into their operations, promoting sustainable dining experiences. By choosing edible cutlery, businesses can showcase their dedication to sustainability, attracting environmentally conscious consumers and gaining a competitive edge in the market. This shift towards sustainability-driven corporate practices is a powerful driver pushing the global adoption of edible cutlery.
Changing Consumer Preferences and Dietary Choices
Another driver behind the growing popularity of edible cutlery is evolving consumer preferences and dietary choices. In recent years, there has been a significant shift towards healthier and more conscious eating habits. People are increasingly opting for organic, plant-based, and gluten-free diets, driven by health concerns and ethical considerations.
Edible cutlery manufacturers have recognized this trend and have responded by offering a variety of edible utensils that cater to different dietary preferences. Many edible cutlery products are gluten-free and made from natural, non-GMO ingredients, making them suitable for a broad range of consumers. The ability to align with diverse dietary choices and health-conscious lifestyles positions edible cutlery as a versatile and inclusive option for consumers worldwide.
Moreover, the unique flavors and textures of edible cutlery enhance the dining experience, appealing to those who value novelty and culinary exploration. As consumers seek alternatives to traditional disposable utensils, edible cutlery provides an exciting and sustainable choice.
Regulatory Support and Government Initiatives:
Governments and regulatory bodies worldwide are taking steps to address the issue of plastic pollution and promote sustainable practices. This support is instrumental in driving the global adoption of edible cutlery.
Some regions have implemented bans or restrictions on single-use plastics, including disposable utensils, encouraging businesses and individuals to seek eco-friendly alternatives. Additionally, governments are promoting research and development in the field of sustainable materials and encouraging innovation in packaging and dining products.
Edible cutlery aligns with these government initiatives and regulations by offering a practical and sustainable solution to plastic waste. The support of governments and regulatory bodies, along with potential incentives for businesses to adopt eco-friendly practices, creates a favorable environment for the growth of the edible cutlery industry.
In conclusion, the global edible cutlery market is being driven by a combination of environmental concerns, corporate sustainability efforts, evolving consumer preferences, and government support. As these drivers continue to gain momentum, edible cutlery is poised to become an integral part of the solution to plastic pollution and a symbol of sustainable dining practices worldwide. Its ability to offer both functionality and eco-friendliness positions it as a promising alternative to traditional disposable utensils, shaping a greener and more responsible future for the foodservice industry.
Key Market Challenges
Cost and Affordability
One of the most prominent challenges for edible cutlery is its cost and affordability. Producing edible cutlery can be more expensive than manufacturing traditional disposable plastic utensils. The cost of sourcing high-quality, natural ingredients, processing them into edible forms, and ensuring compliance with safety and hygiene standards can be substantial. As a result, edible cutlery products tend to be priced higher than their plastic counterparts.
This cost disparity poses a challenge, especially in price-sensitive markets where consumers and businesses may be hesitant to invest in more expensive utensils. To overcome this challenge, edible cutlery manufacturers need to explore cost-effective production methods, scale up production, and potentially collaborate with governments or non-profit organizations to subsidize or incentivize the use of edible cutlery. Reducing production costs can make edible cutlery a more attractive option for a broader range of consumers and businesses.
Shelf Life and Storage
Another challenge facing edible cutlery is its shelf life and storage requirements. Unlike traditional disposable utensils, which can be stored for extended periods without degradation, edible cutlery has a limited shelf life due to its organic nature. Depending on the ingredients and processing methods, edible cutlery can become stale or lose its structural integrity over time.
This limitation can be problematic for manufacturers, distributors, and consumers. It may result in product spoilage, waste, and increased logistical challenges. To address this challenge, edible cutlery manufacturers need to invest in research and development to extend the shelf life of their products while maintaining their sustainability and safety standards. Improved packaging and storage solutions can also help mitigate issues related to shelf life and storage.
Taste and Texture Variability
The taste and texture of edible cutlery can vary significantly depending on the ingredients and manufacturing processes used. While some consumers appreciate the unique flavors and textures of edible utensils, others may find them less appealing or incompatible with certain dishes. This variability in taste and texture can be a challenge for widespread adoption.
Manufacturers must strike a balance between creating edible cutlery that is enjoyable to eat and versatile enough to complement various cuisines. Consistency in taste and texture is crucial to ensure a positive dining experience for consumers. Additionally, addressing dietary restrictions and preferences, such as gluten-free or vegan options, is essential to cater to a diverse customer base.
To overcome this challenge, edible cutlery companies can invest in product development to refine their recipes and improve the overall taste and texture consistency. Conducting consumer taste tests and obtaining feedback can help tailor products to meet consumer expectations and preferences.
Scale and Supply Chain Logistics
Scaling up production and establishing efficient supply chain logistics for edible cutlery can be a formidable challenge. Meeting the growing demand for sustainable dining solutions requires significant investment in production facilities, equipment, and distribution networks. Achieving economies of scale is crucial to make edible cutlery more accessible and affordable.
Additionally, the supply chain for edible cutlery involves various stages, from sourcing natural ingredients to manufacturing, packaging, and distribution. Ensuring a seamless and sustainable supply chain while minimizing environmental impact can be complex.
Collaboration with suppliers, distributors, and logistics partners is essential to address these challenges. Manufacturers may also explore vertical integration by sourcing ingredients locally or partnering with farmers to ensure a steady supply of raw materials. Efficient transportation and distribution systems can help reduce the carbon footprint associated with edible cutlery production.
In conclusion, while global edible cutlery offers a promising solution to plastic pollution and promotes sustainable dining practices, it faces significant challenges related to cost, shelf life, taste and texture variability, and scale. Addressing these challenges will require innovation, collaboration, and investment in research and development. Overcoming these obstacles is crucial to realize the full potential of edible cutlery as an eco-friendly alternative to traditional disposable utensils and to contribute to a greener and more sustainable future.
Key Market Trends
Sustainability and Eco-Conscious Consumption
Sustainability is at the forefront of global consumer consciousness, and this trend is driving the demand for edible cutlery. Consumers are increasingly concerned about the environmental impact of single-use plastic products, including disposable utensils. As a result, there is a growing desire to make sustainable choices in everyday life.
Edible cutlery aligns perfectly with this trend. It is seen as a green alternative that reduces plastic waste and leaves a minimal environmental footprint. Manufacturers of edible cutlery often source natural and renewable ingredients, such as rice, wheat, or millets, to create their products. These utensils are biodegradable and can even serve as a source of nutrients for the soil when discarded. As people seek eco-friendly dining options, edible cutlery is becoming a symbol of responsible consumption and environmental stewardship.
Additionally, businesses are incorporating edible cutlery into their sustainability initiatives. Restaurants, catering services, and event organizers are choosing to offer edible utensils as part of their commitment to reducing plastic waste and promoting sustainable dining practices. This trend is expected to continue to grow as environmental concerns intensify.
Flavor and Customization
Edible cutlery is no longer just functional; it's also becoming a culinary experience in itself. A notable trend in the industry is the focus on enhancing the taste and texture of edible utensils. Manufacturers are experimenting with various ingredients and flavors to create unique and enjoyable dining experiences.
Edible cutlery now comes in an array of flavors, including savory, sweet, and spicy options. Consumers can choose utensils that complement their dishes or add an extra layer of flavor to their meals. For instance, a coffee shop might offer chocolate-flavored spoons that melt as you stir your coffee, adding a hint of sweetness.
Customization is also gaining traction. Some manufacturers allow customers to request specific flavors or shapes for their edible cutlery orders, making it a personalized dining experience. This trend not only appeals to food enthusiasts looking for novel flavors but also caters to dietary preferences, including gluten-free, vegan, or organic options.
As consumers seek more diverse and exciting dining experiences, edible cutlery's versatility and customization options make it a trendy choice for both individuals and businesses.
Technological Advancements and Innovation
Advances in technology are driving innovation in the edible cutlery industry. Manufacturers are leveraging cutting-edge techniques to improve the production process and the quality of their products. One significant innovation is 3D printing, which allows for precise and intricate designs in edible utensils.
3D printing enables manufacturers to create edible cutlery with complex shapes, patterns, and textures that enhance both aesthetics and functionality. This technology also offers the possibility of mass customization, allowing consumers to order personalized edible utensils tailored to their preferences.
Furthermore, edible cutlery companies are exploring sustainable packaging options. Some are developing edible packaging materials to reduce waste further. These innovations align with the broader trend of reducing plastic and single-use packaging waste across various industries.
As technology continues to evolve, it's likely that we will see even more creative and eco-friendly solutions in the edible cutlery market, further expanding its appeal and utility.
Market Expansion and Diversification
The global edible cutlery market is expanding rapidly, with more companies entering the industry to meet the growing demand for sustainable dining solutions. This trend is leading to increased competition and a wider range of edible cutlery options for consumers.
As the market diversifies, edible cutlery is becoming more accessible and affordable. With a broader range of manufacturers and suppliers, consumers have more choices in terms of price points, flavors, and packaging sizes. This diversification also opens up opportunities for niche markets and specialized products.
Beyond traditional disposable utensils, edible cutlery is finding applications in various sectors, including the hospitality industry, foodservice providers, and even home kitchens. It is no longer limited to eco-conscious consumers but is becoming a mainstream choice for those looking to combine convenience with sustainability.
In addition to forks, spoons, and knives, manufacturers are expanding their product lines to include edible straws, stirrers, and even edible plates. This trend reflects the growing acceptance of edible cutlery as a versatile and practical solution for reducing plastic waste throughout the dining experience.
In conclusion, the global edible cutlery market is evolving to meet the demands of environmentally conscious consumers, offering sustainable alternatives that cater to diverse tastes and preferences. As technology continues to advance and the industry expands, edible cutlery is well-positioned to become a staple in sustainable dining practices, making the world a greener and more eco-friendly place, one meal at a time.
Segmental Insights
Product Insights
Sport edible cutlery is emerging as the fastest-growing segment in the global edible cutlery market. This innovative trend combines the principles of sustainability and convenience with the world of sports and outdoor activities. Athletes, fitness enthusiasts, and adventure seekers are increasingly embracing edible cutlery as a practical and eco-friendly option for on-the-go nutrition.
Sport edible cutlery offers several advantages, including portability, reduced waste, and the ability to consume utensils after use, providing an extra source of energy during physical activities. Manufacturers are catering to this niche market by developing sport-specific edible utensils, such as energy-boosting spoons and forks made from nutritious ingredients like oats, quinoa, or nuts.
As the interest in health, sustainability, and outdoor adventures continues to grow, the sport edible cutlery segment is expected to thrive, offering a sustainable and convenient solution for athletes and adventurers looking to fuel their bodies while minimizing their environmental impact.
End User Insights
The food service outlets segment is emerging as the fastest-growing sector in the global edible cutlery market. Restaurants, cafes, fast-food chains, and catering services are increasingly adopting edible cutlery as a sustainable and eco-conscious alternative to traditional disposable utensils. This trend is fueled by a growing awareness of plastic pollution and a commitment to reducing environmental impact within the foodservice industry.
Food service outlets are integrating edible cutlery into their operations to meet the demand from environmentally conscious consumers. These establishments are not only providing a green dining experience but also using edible cutlery as a marketing tool to attract eco-friendly customers. This trend aligns with the broader shift towards sustainability and responsible consumption.
With a rising number of food service outlets opting for edible cutlery, the market is witnessing robust growth in this segment. As consumers increasingly seek eco-friendly dining options, edible cutlery is becoming a staple in the foodservice industry, promising both practicality and sustainability.
Regional Insights
North America stands out as the dominating region in the global edible cutlery market. The region's strong commitment to sustainability and environmental awareness has driven significant adoption of edible utensils across various sectors. North American consumers, businesses, and governments have been at the forefront of addressing plastic waste issues, making edible cutlery a preferred choice. Additionally, a thriving foodservice industry and a culture of eco-consciousness have propelled the growth of edible cutlery in North America. The region's leadership in this market is expected to continue as the demand for sustainable dining solutions remains high.
Key Market Players
Betsson AB
Kindred Group PLC
NetEnt AB
Flutter Entertainment plc
Crown Resorts Limited
Ladbrokes Betting & Gaming Ltd.
The Hong Kong Jockey Club
Wynn Resorts Holdings, LLC
UniCrave Technologies
Unreasonable Group
Report Scope:
In this report, the Global Edible Cutlery Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Edible Cutlery Market, By Product:
o Spoon
o Spork
o Fork
o Others
• Edible Cutlery Market, By Material:
o Corn
o Wheat Bran
o Rice Bran
o Others
• Edible Cutlery Market, By End User:
o Food Service Outlets
o Restaurants & Cafes
o Quick Service Restaurants
o Others
• Edible Cutlery Market, By Sales Channel:
o Hypermarkets/Supermarkets
o Online
o Departmental Stores
o Others
• Edible Cutlery Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Egypt
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies presents in the Global Edible Cutlery Market.
Available Customizations:
Global Edible Cutlery market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Factors Influencing Purchase Decisions
4.2. Challenges Faced
5. Global Edible Cutlery Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Market Share Analysis (Spoon, Spork, Fork, Others)
5.2.2. By Material Market Share Analysis (Corn, Wheat Bran, Rice Bran, Others)
5.2.3. By End User Market Share Analysis (Food Service Outlets, Restaurants & Cafes, Quick Service Restaurants, Others)
5.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis (Hypermarkets/Supermarkets, Online, Departmental Stores, Others (Direct Sales, etc.))
5.2.5. By Regional Market Share Analysis
5.2.5.1. North America Market Share Analysis
5.2.5.2. South America Market Share Analysis
5.2.5.3. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.5.4. Europe Market Share Analysis
5.2.5.5. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.6. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Edible Cutlery Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Product Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Material Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By End User Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Sales Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.5. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. North America Edible Cutlery Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Market Share Analysis
6.2.2. By Material Market Share Analysis
6.2.3. By End User Market Share Analysis
6.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Edible Cutlery Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
6.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
6.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
6.3.1.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
6.3.2. Canada Edible Cutlery Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
6.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
6.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
6.3.2.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
6.3.3. Mexico Edible Cutlery Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
6.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
6.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
6.3.3.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
7. Europe Edible Cutlery Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Product Market Share Analysis
7.2.2. By Material Market Share Analysis
7.2.3. By End User Market Share Analysis
7.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
7.3. Europe: Country Analysis
7.3.1. Germany Edible Cutlery Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.1.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
7.3.2. United Kingdom Edible Cutlery Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.2.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
7.3.3. Italy Edible Cutlery Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecasty
7.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.3.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
7.3.4. France Edible Cutlery Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.4.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.4.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.4.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
7.3.5. Spain Edible Cutlery Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Product Market Share Analysis
7.3.5.2.2. By Material Market Share Analysis
7.3.5.2.3. By End User Market Share Analysis
7.3.5.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
8. Asia-Pacific Edible Cutlery Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Product Market Share Analysis
8.2.2. By Material Market Share Analysis
8.2.3. By End User Market Share Analysis
8.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Edible Cutlery Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.1.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
8.3.2. India Edible Cutlery Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.2.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
8.3.3. Japan Edible Cutlery Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.3.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
8.3.4. South Korea Edible Cutlery Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.4.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.4.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.4.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
8.3.5. Australia Edible Cutlery Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Product Market Share Analysis
8.3.5.2.2. By Material Market Share Analysis
8.3.5.2.3. By End User Market Share Analysis
8.3.5.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
9. South America Edible Cutlery Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Product Market Share Analysis
9.2.2. By Material Market Share Analysis
9.2.3. By End User Market Share Analysis
9.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Edible Cutlery Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
9.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
9.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
9.3.1.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
9.3.2. Argentina Edible Cutlery Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
9.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
9.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
9.3.2.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
9.3.3. Colombia Edible Cutlery Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
9.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
9.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
9.3.3.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
10. Middle East and Africa Edible Cutlery Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Product Market Share Analysis
10.2.2. By Material Market Share Analysis
10.2.3. By End User Market Share Analysis
10.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
10.3. MEA: Country Analysis
10.3.1. South Africa Edible Cutlery Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.1.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.1.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.1.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
10.3.2. Saudi Arabia Edible Cutlery Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.2.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.2.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.2.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
10.3.3. UAE Edible Cutlery Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.3.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.3.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.3.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
10.3.4. Turkey Edible Cutlery Market Outlook
10.3.4.1. Market Size & Forecast
10.3.4.1.1. By Value
10.3.4.2. Market Share & Forecast
10.3.4.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.4.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.4.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.4.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
10.3.5. Egypt Edible Cutlery Market Outlook
10.3.5.1. Market Size & Forecast
10.3.5.1.1. By Value
10.3.5.2. Market Share & Forecast
10.3.5.2.1. By Product Market Share Analysis
10.3.5.2.2. By Material Market Share Analysis
10.3.5.2.3. By End User Market Share Analysis
10.3.5.2.4. By Sales Channel Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. SWOT Analysis
13.1. Strength
13.2. Weakness
13.3. Opportunity
13.4. Threat
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. Betsson AB
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products & Services
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Kindred Group PLC
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products & Services
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. NetEnt AB
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products & Services
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. Flutter Entertainment plc
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products & Services
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Crown Resorts Limited
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products & Services
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. Ladbrokes Betting & Gaming Ltd.
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products & Services
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. The Hong Kong Jockey Club
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products & Services
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Wynn Resorts Holdings, LLC
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products & Services
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. UniCrave Technologies
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products & Services
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Unreasonable Group
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products & Services
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Product
15.3. Target End User
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る