世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

天然食品香料・着色料市場:色タイプ別(カラメル、カロテノイド、アントシアニン、クルクミン、アナトー、その他)、フレーバータイプ別(天然エキス、アロマケミカル、エッセンシャルオイル)、用途別(飲料、ベーカリー、菓子、乳製品・冷凍食品、肉製品、その他)、地域別、競合予測・機会:2018-2028F


Natural Food Flavors and Colors Market By Color Type (Caramel, Carotenoids, Anthocyanins, Curcumin, Annatto, and Others), By Flavor Type (Natural Extracts, Aroma Chemicals, and Essential Oils), By Application (Beverages, Bakery, Confectionery, Dairy & Frozen, Meat Products and Others), By Region, By Competition Forecast & Opportunities, 2018-2028F

2022年に50億2,000万米ドルと評価された世界の天然食品香料・着色料市場は、2028年までの年平均成長率(CAGR)が5.1%と予想され、予測期間中に大きく成長する見通しである。食品業界におけるこのダイナミックで... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
178 英語

 

サマリー

2022年に50億2,000万米ドルと評価された世界の天然食品香料・着色料市場は、2028年までの年平均成長率(CAGR)が5.1%と予想され、予測期間中に大きく成長する見通しである。食品業界におけるこのダイナミックで進化するセクターは、消費者の嗜好の変化、より健康的な食生活の重視の高まり、人工添加物の健康と環境への悪影響に対する意識の高まりによって牽引されている。

消費者は、透明でクリーンなラベルの製品をますます求めるようになっている。これに対応するため、食品メーカーは合成香料や合成着色料を、果物、野菜、ハーブ、スパイスを原料とする天然代替品に置き換えつつある。さらに、健康志向の高まりは、天然食品香料・着色料に対する需要の高まりを生み出している。天然素材は合成化学物質や添加物を含まないため、より健康的な選択肢として認識されている。

植物性食品や菜食主義者の人気が急上昇していることも、天然香料や天然着色料の需要に寄与している。こうした消費者は、倫理的かつ食生活の選択に沿った製品を好む。さらに、クリーンイーティング運動は、加工を最小限に抑えた丸ごとの食品の消費を強調しており、天然食品香料・着色料は、そうした製品の視覚的・感覚的魅力を高めるのに役立っている。メーカー各社は、独特の風味と鮮やかな色彩を作り出すために、天然原料の調達において常に革新を続けており、その結果、食品開発者の選択肢の幅が広がっている。

この傾向の背景にある主な要因は、より健康的で自然な食品・飲料を求める消費者の需要の高まりである。消費者の健康志向が高まるにつれて、人工添加物を含まない製品を求めるようになり、天然の代替品に割高な価格を支払うことを厭わなくなっている。さらに、各国の規制機関は天然香料や天然着色料の使用を奨励する一方で、合成添加物に対してはより厳しい規制を課している。このためメーカー各社は、こうした規制を遵守するために天然素材への移行を促している。さらに、食品・飲料業界の大手企業は、消費者の嗜好に合わせ、競争上の優位性を得るために、天然香料と天然着色料を製品処方に取り入れる傾向を強めている。

とはいえ、天然香料や天然着色料は合成香料や合成着色料よりも高価である可能性があり、競争力のある価格設定を維持しようと努力するメーカーにとって課題となり得ることは注目に値する。さらに、天候、収穫量、地理的な制約などの要因により、天然原料を安定的かつ持続的に調達することは困難な場合がある。さらに、天然着色料は合成着色料に比べて、特に光、熱、酸性などの要因にさらされたときの安定性が低く、特定の製品や用途への適用が制限される場合がある。
主な市場促進要因
健康とウェルネスに対する意識の高まり
世界の天然食品香料・着色料市場を牽引する主な要因の1つは、世界中の消費者の間で健康とウェルネスに対する意識が高まっていることである。より多くの人々が食生活の選択と食品が健康に与える影響を意識するようになるにつれて、天然でより健康的な代替品への志向が強くなっている。
消費者は、本物の果物、野菜、ハーブ、スパイスに由来する風味や色など、天然素材を使った食品や飲料をますます求めるようになっている。この嗜好は、しばしば健康上の懸念と結びつけられる合成添加物、人工甘味料、化学染料を避けたいという願望と一致している。
食品表示の透明性を求めるクリーン・ラベル運動が勢いを増している。消費者は食品に何が入っているかを知りたがり、シンプルで原材料がわかりやすい製品を選ぶ傾向がある。その結果、食品・飲料メーカーは、このクリーン・ラベルのトレンドに対応するため、合成添加物を天然香料や天然着色料に置き換える必要に迫られている。
天然香料や天然着色料には、固有の健康効果がある場合が多い。例えば、ベリー類に含まれるアントシアニンには抗酸化作用があり、ウコンには抗炎症作用がある。こうした天然由来の化合物は、色や風味を与えるだけでなく、製品の栄養プロファイルにも貢献する。
合成添加物は、人によってはアレルゲン関連のリスクを引き起こす可能性がある。天然香料や天然着色料を使用することで、食品メーカーはアレルゲンに関連する問題のリスクを軽減し、アレルギーや過敏症を持つ消費者のニーズに応えることができる。
有機および非遺伝子組み換え製品に対する需要の高まり
有機および非遺伝子組み換え(non-GMO)製品に対する需要の高まりも、天然食品香料・着色料市場の重要な推進要因である。
有機食品と飲料は、その健康上の利点と環境の持続可能性が認められて人気を博している。有機認証には天然香料と天然着色料の使用が義務付けられていることが多く、こうした原料の需要をさらに押し上げている。
消費者は、食品に含まれる遺伝子組み換え生物の存在をより気にするようになっている。この需要に応えるため、食品メーカーは非遺伝子組み換えプロジェクト認証を選ぶようになっており、これには製品の完全性を維持するための天然香料や着色料の使用が含まれることが多い。
多くの消費者は環境に配慮し、持続可能で環境に優しい製品を好む。天然香料や天然着色料は、再生可能で環境に配慮したサプライヤーから調達されることが多く、こうした価値観に合致している。
食品・飲料製品におけるイノベーション
革新は世界の天然食品香料・着色料市場を支える原動力であり、メーカーは魅力的でユニークな製品を生み出す方法を絶えず模索している。競争の激しい市場では、食品・飲料メーカーは自社製品を差別化する方法を常に模索している。天然香料と天然着色料は、特徴的で視覚に訴える製品を作り出す幅広い可能性を提供し、ブランドが棚で目立つのを助ける。
食品・飲料メーカーは、品質、風味、色彩に対する消費者の期待に応えるクリーンラベル製品を生み出すために、研究開発に投資している。これには、望ましい官能特性を達成するために、様々な天然素材を試すことも含まれる。
フードツーリズムの台頭とユニークな食事体験への欲求に伴い、消費者は食品に新しく刺激的な風味と色を求めるようになっている。この傾向は、エキゾチックな果実、スパイス、植物性食品を使用して斬新な風味や色彩を作り出すなど、製品開発におけるイノベーションを促している。
より健康的なスナックへの世界的なシフトは、メーカーに自然で栄養価の高いスナックの開発を促している。天然フレーバーと天然着色料は、健康志向の消費者の共感を得られる魅力的で健康的なスナックの選択肢を生み出す上で重要な役割を果たしている。
主な市場課題
規制の複雑さとコンプライアンス
世界の天然食品香料・着色料市場は、より健康的でクリーンラベルの天然素材を求める消費者の嗜好に後押しされ、ダイナミックかつ急速に発展している業界である。この市場は成長とイノベーションの大きな機会を提供する一方で、業界関係者が対処しなければならないいくつかの課題にも直面している。
天然食品香料・着色料市場における最も重要な課題のひとつは、複雑で進化しつつある規制の状況を乗り切ることである。食品添加物、香料、着色料を取り巻く規制は、国や地域によって大きく異なる場合がある。さらに、「天然」の定義や天然と表示する基準も異なるため、製造業者と消費者の双方に混乱が生じている。天然食品成分に関する規制要件を満たすには、時間とコストがかかる。
天然食品香料および天然着色料に関する規制の世界的な調和を推進することで、メーカーのコンプライアンス努力を合理化することができる。業界関係者と規制機関が協力することで、天然成分の一貫した定義と基準を確立することができる。
メーカーは表示の透明性を優先し、香料と着色料における「天然」の意味について消費者を教育すべきである。製品ラベルに明確で正確な情報を提供することで、消費者や規制機関との信頼関係を築くことができる。
規制の変化を先取りし、原材料の徹底的な試験と文書化を行うことで、メーカーは進化するコンプライアンス要件により効果的に適応することができる。
調達とサプライチェーンの課題
香料や着色料の天然原料の調達は、気候変動、作物の変動性、特定の植物原料の限られた入手可能性などの要因により、困難な場合があります。さらに、COVID-19の大流行時に見られたようなサプライチェーンの混乱は、天然成分の調達と流通における脆弱性を浮き彫りにしている。天然食品香料と天然着色料の一貫した信頼できる供給を確保することは、製造業者にとって重大な課題である。
メーカーは、天然原料の調達先を多様化することで、サプライチェーンのリスクを軽減することができる。これには、複数のサプライヤーや地域と協力し、単一の供給源への依存を減らすことが含まれる。
植物原料の持続可能な農法や収穫方法を奨励することは、長期的な利用可能性の確保に役立つ。持続可能な農業を促進するためにサプライヤーと協力することは有益である。
緊急時対応計画を策定し、サプライチェーンに弾力性を持たせることは、メーカーが不測の事態に対応するのに役立つ。これには、安全在庫の維持、代替物流ルートの確立、サプライチェーン可視化のためのテクノロジーへの投資などが含まれる。
クリーンラベルに対する消費者の需要
クリーン・ラベル製品に対する需要の高まりは、天然食品香料・着色料市場にとってチャンスであると同時に課題でもある。消費者は、成分リストが短く、成分が容易に認識できる製品を求めており、"ナチュラル "または "クリーン "と表示された製品を好んでいる。このような消費者の嗜好を満たしながら、鮮やかで安定した天然着色料と香料を提供することは、メーカーにとって微妙なバランスのとり方である。
メーカーは、原材料の調達と加工方法の透明性に重点を置くべきである。ナチュラル・フレーバーやナチュラル・カラーを作り出すために使用されるソースやプロセスを明確に伝えることは、クリーン・ラベル製品を求める消費者との信頼構築に役立つ。
コールドプレス、水蒸気蒸留、無溶媒法などの革新的な抽出技術に投資することで、クリーンラベルの要件を満たしながら原料の自然さを保つことができる。
光、熱、pH変化などの要因に強く、長期間安定した天然色素の開発は不可欠である。高度なカプセル化技術やマイクロカプセル化を活用することで、色の安定性を高めることができる。
主な市場動向
クリーンラベル製品に対する需要の高まり
天然食品香料・着色料市場の主要トレンドは、クリーンラベル製品に対する需要の急増である。クリーン・ラベルとは、原材料を最小限に抑え、わかりやすく、認識しやすい食品・飲料製品のことである。消費者は食品に何が入っているかをより意識するようになり、人工添加物、保存料、合成香料や合成着色料を含まない製品を求めるようになっている。
この需要に応えるため、食品メーカーは植物由来の天然香料や天然着色料に注目している。例えば、ビーツエキス、ウコン、スピルリナなどの天然色素は、合成着色料の代わりに使用されている。フルーツ、ハーブ、スパイス由来の天然フレーバーは、人工調味料に取って代わりつつある。このトレンドは、健康志向だけでなく、食品の透明性と信頼性を求める広範な欲求を反映している。
規制当局もこの傾向に注目している。より厳格な表示要件を実施し、より包括的な成分表を求めるようになり、食品・飲料業界における天然香料と天然着色料の使用をさらに後押ししている。
植物由来および植物成分
天然食品香料・着色料市場におけるもう一つの重要な傾向は、植物性・植物原料への関心の高まりである。消費者はベジタリアン、ビーガン、フレキシタリアンの食生活を採用する傾向が強まっており、これが植物由来の香料や着色料の需要を押し上げている。
果物、野菜、ハーブ、スパイスのような植物由来の原料は、幅広い天然着色料と風味を作り出すために使用されている。例えば、ビーツは鮮やかな赤色を作り出すために使われ、抹茶は自然な緑色を与える。バジル、ミント、カルダモンなどのハーブやスパイスは、さまざまな食品にユニークで本格的な風味を加えるために利用されている。
さらに、植物エキスやエッセンシャルオイルも天然香料として人気を集めている。これらは個性的で複雑な風味を提供するだけでなく、潜在的な健康効果をもたらし、機能性食品という広範なトレンドに合致している。
よりクリーンで持続可能な調達
持続可能性は、天然食品香料・着色料市場を含む多くの産業における推進力である。消費者は、食品の選択が環境に与える影響にますます関心を寄せている。このため、業界内ではよりクリーンで持続可能な調達慣行が推進されている。
食品会社は、二酸化炭素排出量を削減し、サプライ・チェーン全体で持続可能性を促進する方法を模索している。これには、倫理的で環境に優しい慣行に取り組んでいるサプライヤーから天然香料や着色料を調達することも含まれる。例えば、地元の農家と提携し、透明性のある持続可能な原料供給を確保している企業もある。
環境への配慮に加え、原料調達における社会的責任と公正取引慣行への注目も高まっている。天然香料や天然着色料の生産に携わる農家や労働者の倫理的かつ公正な扱いは、今や食品メーカーにとって重要な検討事項となっている。
持続可能なパッケージングもまた、このトレンドの一部である。企業は、廃棄物を最小限に抑え、製品の環境への影響を全体的に軽減するために、環境に優しいパッケージング・ソリューションを求めている。
さらに、原材料のあらゆる部分を活用することで、食品廃棄物を削減する方向にシフトしている。例えば、果物の皮、果肉、副産物を天然香料や天然着色料に利用することは、廃棄物を最小限に抑えるだけでなく、資源の利用を最大化する。
セグメント別の洞察
カラータイプの洞察
カラメル色素は、その汎用性、幅広い用途、天然素材に対する消費者の嗜好性により、世界の天然食品香料・着色料市場で大きなシェアを占めている。
炭水化物の制御された熱処理から得られるカラメル色素は、食品・飲料業界の定番となっている。その豊かで土のような色合いは、薄い黄色から濃い茶色までさまざまで、さまざまな製品に魅力的な色を与えるのに理想的な選択肢となっている。
カラメル色は驚くほど汎用性が高く、食品および飲料の幅広い用途に適している。炭酸飲料、焼き菓子、ソース、菓子、乳製品、さらにはペットフードなどの製品によく使われている。この多用途性により、食品メーカーはカラメル色を利用して、さまざまな製品の視覚的魅力を高めることができる。
ナチュラルでクリーンなラベルの製品を求める消費者が増えている中、カラメル色素は、主に炭水化物などの天然資源に由来するという利点がある。カラメル色素は、よりクリーンで透明性の高い成分表を求める傾向に合致しており、健康志向の消費者にアピールできる。
カラメル色素は魅力的な色合いを与えるだけでなく、風味の向上にも貢献する。カラメル化の度合いによって、ほのかなロースト風味やほのかなビター風味を与えることができ、コーヒー、ソフトドリンク、ベーカリー製品など、さまざまな食品や飲料の風味を引き立てる。
カラメル色素は、さまざまなpH条件や温度範囲で安定することで知られている。この安定性は、食品・飲料製品の保存期間中の色と品質の保持に貢献する。メーカー各社は、流通や保管期間を通じて製品の視覚的な魅力を維持するために、カラメル色素を利用しています。
カラメル色素は食品・飲料業界で使用されてきた長い歴史があり、消費者は安全で受け入れやすい成分としてよく知っている。コーラ飲料のような代表的な製品に広く使用されていることで、市場での地位は確固たるものとなり、消費者の信頼も醸成されている。
アプリケーションの洞察
世界の天然食品用香料・着色料市場では、ベーカリー用途分野が大きなシェアを占めているが、この優位性はいくつかの重要な要因によるものである。天然食品香料・着色料はベーカリー産業において不可欠な成分であり、さまざまな焼き菓子の味、外観、全体的な感覚を向上させる。ベーカリー用途がこの市場を大きく牽引している理由は以下の通りである:
ベーカリー業界では、ナチュラルでクリーンなラベルの製品を好む消費者が増えている。消費者は焼き菓子の原材料の品質と原産地にますます関心を寄せている。天然食品香料と天然食品着色料は、合成添加物ではなく、果物、野菜、スパイスなど本物の食品源に由来するため、こうした嗜好に合致する。
天然着色料は、視覚に訴える焼き菓子を作るために不可欠である。ベーカリー分野では、カップケーキの鮮やかなフロスティングから焼きたてのパンの黄金色の色合いまで、商品のプレゼンテーションにおいて色が重要な役割を果たします。ビーツ、ウコン、スピルリナなどの原料から作られる天然着色料は、合成色素に頼らずに魅力的な美観を実現することを可能にする。
天然食品香料は、ベーカリー製品の味と香りを高めるために使用される。ケーキの濃厚なバニラエッセンスからペストリーのフルーティーな香りに至るまで、これらの天然香料は全体的な風味プロファイルに貢献し、焼き菓子をより美味しく、消費者を満足させる。
ベーカリー業界も健康とウェルネスのトレンドと無縁ではない。消費者は、人工添加物が少なく、砂糖や合成着色料のレベルが低い焼き菓子を求めている。天然食品香料と天然着色料は、ベーカリーが製品の品質を維持しながらこうした健康志向の要求に応えることを可能にし、理想的な解決策を提供する。
消費者の成分表示に対する目が厳しくなるにつれ、ベーカリー業界はクリーン・ラベル運動を受け入れている。天然食品香料と天然着色料は、クリーンで透明性があり、消費者が容易に認識できるものとして認識され、それを使用する製品とブランドに対する信頼構築に役立っている。
多くの地域の規制機関は、食品添加物の基準やガイドラインを設定することで、天然素材に対する消費者の需要に応えている。こうした当局による天然香料と天然着色料の承認と認知は、ベーカリー分野での使用をさらに後押ししている。
地域別の洞察
アジア太平洋地域は、世界の天然食品香料・着色料市場において圧倒的な存在感を示し、大きなシェアを占めている。アジア太平洋地域は、料理の伝統の豊かなタペストリーを誇り、大胆で多様な風味で知られる様々な料理がある。この地域における天然食品香料と着色料の需要は、本格的で風味豊かな食品に対する根強い感謝の念が原動力となっている。スパイス、ハーブ、植物エキスなどの天然素材の使用は、アジア料理における長年の伝統である。
アジア太平洋地域では、健康志向の高まりと、自然食品やオーガニック製品に対する嗜好の高まりが見られる。消費者は、人工添加物や合成香料・合成着色料を使用しない、クリーンなラベルの食品や飲料を積極的に求めている。このような健康的な食習慣へのシフトが、食品・飲料業界における天然代替品への需要に拍車をかけている。
アジア太平洋地域には、中国やインドといった世界で最も人口の多い国々がある。この地域では中流階級の人口が増加し、可処分所得が増加し、ライフスタイルが変化しているため、食品・飲料セクターが拡大している。消費者が多様な味覚を探求し、斬新な食体験を求めるにつれて、天然香料と天然着色料の需要が急増している。
天然食品香料と天然着色料は、アジアの多くの国々で文化的に重要な意味を持っている。例えば、サフランはインド料理で珍重される天然着色料であり、パンダンの葉は東南アジアのデザートに独特の緑色を与える。こうした文化的に重要な食材は、伝統に深く根ざした天然香料や天然着色料の需要を牽引している。
アジア太平洋地域は健康とウェルネスのトレンドの最前線にあり、消費者は機能性食品と飲料をますます求めるようになっている。果物、野菜、ハーブに由来する天然食品香料と天然着色料は、より健康的な選択肢と見なされ、潜在的な健康効果を求めて販売される製品にしばしば取り入れられている。
アジア太平洋地域の多くの国は食品の主要輸出国である。世界の消費者がよりクリーンでナチュラルな原材料を求める中、アジアの食品メーカーは、国際的な品質・安全基準を満たすために天然香料や天然着色料を使用することで対応してきた。これにより、世界市場におけるアジア太平洋地域の足跡が拡大した。
アジア太平洋地域の各国政府は、香料や着色料を含む食品添加物に関する規制と安全基準を導入している。こうした規制の遵守が天然成分の使用を促し、食品の安全性に対する消費者の信頼を育んでいる。
主要市場プレイヤー
インターナショナル・フレーバー&フレグランス社
シンライズAG
Roha Dyechem Pvt.
ナチュレックスS.A.
アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド・カンパニー
GNTインターナショナルB.V.
カルセック
ケリーグループ
ロイヤルDSM N.V.
ジボダンSA
レポートの範囲
本レポートでは、天然食品用香料・着色料の世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 天然食品用香料と着色料の世界市場、色タイプ別
o キャラメル
o カロテノイド
o アントシアニン
o クルクミン
o アナトー
o その他
- 天然食品香料と着色料の世界市場、フレーバータイプ別
o 天然エキス
o アロマケミカル
o エッセンシャルオイル
- 天然食品香料と着色料の世界市場:用途別
o 飲料
o ベーカリー
o 製菓
o 乳製品と冷凍食品
o 肉製品
o その他
- 天然食品香料と着色料の世界市場、地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 韓国
 オーストラリア
ヨーロッパ
 ドイツ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 スペイン
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
中東・アフリカ
 サウジアラビア
 アラブ首長国連邦
 南アフリカ
 トルコ
競争状況
企業プロフィール:世界の天然食品香料・着色料市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、所与の市場データを用いた世界の天然食品香料・着色料市場レポートにおいて、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場プレイヤー(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.顧客の声分析
4.1.ブランド認知度
4.2.購買決定要因
4.3.認知の源泉
5.世界の天然食品香料と着色料の市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.カラータイプ別市場シェア分析(カラメル、カロテノイド、アントシアニン、クルクミン、アナトー、その他)
5.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析(天然エキス、アロマケミカル、エッセンシャルオイル)
5.2.3.用途別市場シェア分析(飲料、ベーカリー、菓子、乳製品・冷凍食品、肉製品、その他)
5.2.4.地域別市場シェア分析
5.2.4.1.北米市場シェア分析
5.2.4.2.南米市場シェア分析
5.2.4.3.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.4.4.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.4.5.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.5.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.天然食品香料と着色料の世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.カラータイプ別マッピングと機会評価
5.3.2.フレーバータイプ別マッピングと機会評価
5.3.3.用途別マッピングと機会評価
5.3.4.地域別市場マッピングと機会評価
6.北米の天然食品香料と着色料の市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
6.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
6.2.3.用途別市場シェア分析
6.2.4.国別市場シェア分析
6.2.4.1.米国天然食品香料・着色料の市場展望
6.2.4.1.1.市場規模と予測
6.2.4.1.1.1.金額ベース
6.2.4.1.2.市場シェアと予測
6.2.4.1.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
6.2.4.1.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
6.2.4.1.2.3.用途別市場シェア分析
6.2.4.2.カナダの天然食品香料・着色料の市場展望
6.2.4.2.1.市場規模・予測
6.2.4.2.1.1.金額ベース
6.2.4.2.2.市場シェアと予測
6.2.4.2.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
6.2.4.2.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
6.2.4.2.2.3.用途別市場シェア分析
6.2.4.3.メキシコ天然食品香料・着色料の市場展望
6.2.4.3.1.市場規模・予測
6.2.4.3.1.1.金額ベース
6.2.4.3.2.市場シェアと予測
6.2.4.3.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
6.2.4.3.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
6.2.4.3.2.3.用途別市場シェア分析
7.欧州天然食品香料・着色料の市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
7.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
7.2.3.用途別市場シェア分析
7.2.4.国別市場シェア分析
7.2.4.1.フランス天然食品香料・着色料の市場展望
7.2.4.1.1.市場規模と予測
7.2.4.1.1.1.金額ベース
7.2.4.1.2.市場シェアと予測
7.2.4.1.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
7.2.4.1.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
7.2.4.1.2.3.用途別市場シェア分析
7.2.4.2.ドイツの天然食品香料・着色料の市場展望
7.2.4.2.1.市場規模・予測
7.2.4.2.1.1.金額ベース
7.2.4.2.2.市場シェアと予測
7.2.4.2.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
7.2.4.2.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
7.2.4.2.2.3.用途別市場シェア分析
7.2.4.3.スペインの天然食品香料・着色料の市場展望
7.2.4.3.1.市場規模・予測
7.2.4.3.1.1.金額ベース
7.2.4.3.2.市場シェアと予測
7.2.4.3.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
7.2.4.3.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
7.2.4.3.2.3.用途別市場シェア分析
7.2.4.4.イタリアの天然食品香料・着色料の市場展望
7.2.4.4.1.市場規模・予測
7.2.4.4.1.1.金額ベース
7.2.4.4.2.市場シェアと予測
7.2.4.4.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
7.2.4.4.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
7.2.4.4.2.3.用途別市場シェア分析
7.2.4.5.イギリスの天然食品香料・着色料の市場展望
7.2.4.5.1.市場規模・予測
7.2.4.5.1.1.金額ベース
7.2.4.5.2.市場シェアと予測
7.2.4.5.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
7.2.4.5.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
7.2.4.5.2.3.用途別市場シェア分析
8.アジア太平洋地域の天然食品香料・着色料の市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
8.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
8.2.3.用途別市場シェア分析
8.2.4.国別
8.2.4.1.中国の天然食品香料と着色料の市場展望
8.2.4.1.1.市場規模と予測
8.2.4.1.1.1.金額ベース
8.2.4.1.2.市場シェアと予測
8.2.4.1.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
8.2.4.1.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
8.2.4.1.2.3.用途別市場シェア分析
8.2.4.2.日本の天然食品香料・着色料の市場展望
8.2.4.2.1.市場規模・予測
8.2.4.2.1.1.金額ベース
8.2.4.2.2.市場シェアと予測
8.2.4.2.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
8.2.4.2.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
8.2.4.2.2.3.用途別市場シェア分析
8.2.4.3.インドの天然食品香料・着色料の市場展望
8.2.4.3.1.市場規模・予測
8.2.4.3.1.1.金額ベース
8.2.4.3.2.市場シェアと予測
8.2.4.3.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
8.2.4.3.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
8.2.4.3.2.3.用途別市場シェア分析
8.2.4.4.オーストラリアの天然食品香料と着色料の市場展望
8.2.4.4.1.市場規模と予測
8.2.4.4.1.1.金額ベース
8.2.4.4.2.市場シェアと予測
8.2.4.4.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
8.2.4.4.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
8.2.4.4.2.3.用途別市場シェア分析
8.2.4.5.韓国の天然食品香料・着色料の市場展望
8.2.4.5.1.市場規模と予測
8.2.4.5.1.1.金額ベース
8.2.4.5.2.市場シェアと予測
8.2.4.5.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
8.2.4.5.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
8.2.4.5.2.3.用途別市場シェア分析
9.中東・アフリカ天然食品香料・着色料の市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
9.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
9.2.3.用途別市場シェア分析
9.2.4.国別
9.2.4.1.南アフリカの天然食品香料と着色料の市場展望
9.2.4.1.1.市場規模と予測
9.2.4.1.1.1.金額ベース
9.2.4.1.2.市場シェアと予測
9.2.4.1.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
9.2.4.1.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
9.2.4.1.2.3.用途別市場シェア分析
9.2.4.2.サウジアラビアの天然食品香料・着色料の市場展望
9.2.4.2.1.市場規模・予測
9.2.4.2.1.1.金額ベース
9.2.4.2.2.市場シェアと予測
9.2.4.2.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
9.2.4.2.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
9.2.4.2.2.3.用途別市場シェア分析
9.2.4.3.UAE天然食品香料・着色料の市場展望
9.2.4.3.1.市場規模・予測
9.2.4.3.1.1.金額ベース
9.2.4.3.2.市場シェアと予測
9.2.4.3.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
9.2.4.3.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
9.2.4.3.2.3.用途別市場シェア分析
9.2.4.4.トルコの天然食品香料・着色料の市場展望
9.2.4.4.1.市場規模・予測
9.2.4.4.1.1.金額ベース
9.2.4.4.2.市場シェアと予測
9.2.4.4.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
9.2.4.4.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
9.2.4.4.2.3.用途別市場シェア分析
10.南米の天然食品香料・着色料の市場展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
10.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
10.2.3.用途別市場シェア分析
10.2.4.国別
10.2.4.1.アルゼンチンの天然食品香料と着色料の市場展望
10.2.4.1.1.市場規模&予測
10.2.4.1.1.1.金額ベース
10.2.4.1.2.市場シェアと予測
10.2.4.1.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
10.2.4.1.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
10.2.4.1.2.3.用途別市場シェア分析
10.2.4.2.コロンビアの天然食品香料・着色料の市場展望
10.2.4.2.1.市場規模&予測
10.2.4.2.1.1.金額ベース
10.2.4.2.2.市場シェアと予測
10.2.4.2.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
10.2.4.2.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
10.2.4.2.2.3.用途別市場シェア分析
10.2.4.3.ブラジルの天然食品香料・着色料の市場展望
10.2.4.3.1.市場規模・予測
10.2.4.3.1.1.金額ベース
10.2.4.3.2.市場シェアと予測
10.2.4.3.2.1.カラータイプ別市場シェア分析
10.2.4.3.2.2.フレーバータイプ別市場シェア分析
10.2.4.3.2.3.用途別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.ドライバー
11.2.課題
12.COVID-19が世界の天然食品香料・着色料市場に与える影響
12.1.影響評価モデル
12.1.1.影響を受ける主要セグメント
12.1.2.影響を受ける主要地域
12.1.3.影響を受ける主要国
13.市場動向
14.ポーターの5つの力モデル
14.1.競争力
14.2.買い手の交渉力
14.3.供給者の交渉力
14.4.新規参入の脅威
14.5.代替品の脅威
15.SWOT分析
15.1.強み
15.2.弱み
15.3.機会
15.4.脅威
16.競争環境
16.1.企業プロフィール
16.1.1.International Flavours & Fragrances Inc.
16.1.1.1.会社概要
16.1.1.2.製品
16.1.1.3.財務(入手可能な限り)
16.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.1.5.最近の動向
16.1.1.6.主要経営陣
16.1.2.シンライズAG
16.1.2.1.会社概要
16.1.2.2.製品
16.1.2.3.財務(入手可能な限り)
16.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.2.5.最近の動向
16.1.2.6.主要経営陣
16.1.3.ロハ・ダイケム社
16.1.3.1.会社概要
16.1.3.2.製品
16.1.3.3.財務(入手可能な限り)
16.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.3.5.最近の動向
16.1.3.6.主要経営陣
16.1.4.ナチュレックスS.A.
16.1.4.1.会社概要
16.1.4.2.製品
16.1.4.3.財務(入手可能な限り)
16.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.4.5.最近の動向
16.1.4.6.主要経営陣
16.1.5.アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社
16.1.5.1.会社概要
16.1.5.2.製品
16.1.5.3.財務(入手可能な限り)
16.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.5.5.最近の動向
16.1.5.6.主要経営陣
16.1.6.GNTインターナショナルB.V.
16.1.6.1.会社概要
16.1.6.2.製品
16.1.6.3.財務(入手可能な限り)
16.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.6.5.最近の動向
16.1.6.6.主要経営陣
16.1.7.カルセック
16.1.7.1.会社概要
16.1.7.2.製品
16.1.7.3.財務(入手可能な限り)
16.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.7.5.最近の動向
16.1.7.6.主要経営陣
16.1.8.ケリーグループ
16.1.8.1.会社概要
16.1.8.2.製品
16.1.8.3.財務(入手可能な限り)
16.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.8.5.最近の動向
16.1.8.6.主要経営陣
16.1.9.ロイヤルDSM N.V.
16.1.9.1.会社概要
16.1.9.2.製品
16.1.9.3.財務(入手可能な限り)
16.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.9.5.最近の動向
16.1.9.6.主要経営陣
16.1.10.ジボダンSA
16.1.10.1.会社概要
16.1.10.2.製品
16.1.10.3.財務(入手可能な限り)
16.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
16.1.10.5.最近の動向
16.1.10.6.主要経営陣
17.戦略的提言/行動計画
17.1.重点分野
17.2.ターゲットカラータイプ
17.3.対象用途
18.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Global Natural Food Flavors and Colors Market, valued at USD 5.02 billion in 2022, is poised for significant growth in the forecast period, with an expected CAGR of 5.1% through 2028. This dynamic and evolving sector within the food industry is being driven by shifting consumer preferences, a growing emphasis on healthier dietary habits, and increased awareness of the adverse effects of artificial additives on health and the environment.

Consumers are increasingly seeking products with transparent and clean labels. In response, food manufacturers are replacing synthetic flavors and colors with natural alternatives sourced from fruits, vegetables, herbs, and spices. Furthermore, the rising focus on health-consciousness has generated greater demand for natural food flavors and colors. Natural ingredients are perceived as healthier options, as they are devoid of synthetic chemicals and additives.

The surge in popularity of plant-based and vegan diets has contributed to the demand for natural flavors and colors. These consumers favor products that align with their ethical and dietary choices. Moreover, the clean eating movement emphasizes the consumption of whole, minimally processed foods, and natural food flavors and colors are instrumental in enhancing the visual and sensory appeal of such products. Manufacturers are consistently innovating in the sourcing of natural ingredients to create distinctive flavor profiles and vibrant colors, resulting in a wider range of options for food developers.

The primary driver behind this trend is the increasing consumer demand for healthier and more natural food and beverage options. As consumers become more health-conscious, they are seeking products free from artificial additives and are willing to pay a premium for natural alternatives. Additionally, regulatory bodies in various countries are encouraging the use of natural flavors and colors while imposing stricter regulations on synthetic additives. This has prompted manufacturers to transition to natural ingredients to comply with these regulations. Furthermore, major players in the food and beverage industry are increasingly incorporating natural flavors and colors into their product formulations to align with consumer preferences and gain a competitive advantage.

Nevertheless, it is worth noting that natural flavors and colors can be more expensive than their synthetic counterparts, which may pose challenges for manufacturers striving to maintain competitive pricing. Additionally, sourcing natural ingredients consistently and sustainably can be challenging due to factors such as weather conditions, crop yields, and geographical limitations. Furthermore, natural colors may exhibit less stability than synthetic options, particularly when exposed to factors like light, heat, or acidity, limiting their applicability in certain products and applications.
Key Market Drivers
Rising Health and Wellness Awareness
One of the primary drivers of the global natural food flavors and colors market is the growing awareness of health and wellness among consumers worldwide. As more people become conscious of their dietary choices and the impact of food on their well-being, there is a strong inclination toward natural and healthier alternatives.
Consumers are increasingly seeking food and beverage products made with natural ingredients, including flavors and colors derived from real fruits, vegetables, herbs, and spices. This preference aligns with the desire to avoid synthetic additives, artificial sweeteners, and chemical food dyes, which are often associated with health concerns.
The clean label movement, characterized by a demand for transparency in food labeling, has gained momentum. Consumers want to know what goes into their food and are more likely to choose products with simple, recognizable ingredients. As a result, food and beverage manufacturers are under pressure to replace synthetic additives with natural flavors and colors, catering to this clean label trend.
Natural flavors and colors often come with inherent health benefits. For example, anthocyanins found in berries can provide antioxidants, while turmeric offers anti-inflammatory properties. These naturally occurring compounds not only impart color and flavor but also contribute to the nutritional profile of the products.
Synthetic additives can pose allergen-related risks for some individuals. By using natural flavors and colors, food manufacturers can reduce the risk of allergen-related issues, catering to the needs of consumers with allergies and sensitivities.
Growing Demand for Organic and Non-GMO Products
The increasing demand for organic and non-genetically modified organism (non-GMO) products is another significant driver of the natural food flavors and colors market.
Organic foods and beverages have gained popularity due to their perceived health benefits and environmental sustainability. Organic certification often requires the use of natural flavors and colors, further fueling the demand for these ingredients.
Consumers are becoming more concerned about the presence of genetically modified organisms in their food. To meet this demand, food manufacturers are opting for non-GMO project verification, which often includes the use of natural flavors and colors to maintain product integrity.
Many consumers are environmentally conscious and prefer products that are sustainable and eco-friendly. Natural flavors and colors are often sourced from renewable and eco-conscious suppliers, aligning with these values.
Innovation in Food and Beverage Products
Innovation is a driving force behind the global natural food flavors and colors market, as manufacturers continually seek ways to create appealing and unique products. In a highly competitive market, food and beverage manufacturers are constantly looking for ways to differentiate their products. Natural flavors and colors offer a wide range of possibilities to create distinctive and visually appealing products, helping brands stand out on the shelves.
Food and beverage companies are investing in research and development to create clean-label products that meet consumers' expectations for quality, flavor, and color. This includes experimenting with various natural ingredients to achieve the desired sensory attributes.
With the rise of food tourism and the desire for unique dining experiences, consumers are seeking new and exciting flavors and colors in their food. This trend encourages innovation in product development, including the use of exotic fruits, spices, and botanicals to create novel flavor and color profiles.
The global shift towards healthier snacking options has prompted manufacturers to develop natural and nutritious snacks. Natural flavors and colors play a crucial role in creating appealing, healthier snack choices that resonate with health-conscious consumers.
Key Market Challenges
Regulatory Complexities and Compliance
The global natural food flavors and colors market is a dynamic and rapidly evolving industry driven by consumer preferences for healthier, clean-label, and natural ingredients. While this market offers significant opportunities for growth and innovation, it also faces several challenges that industry players must address.
One of the foremost challenges in the natural food flavors and colors market is navigating the complex and evolving regulatory landscape. Regulations surrounding food additives, flavorings, and colors can vary widely between countries and regions. Moreover, the definitions of "natural" and the criteria for labeling products as such differ, creating confusion for both manufacturers and consumers. Meeting regulatory requirements for natural food ingredients can be time-consuming and costly.
Advocating for greater harmonization of regulations on natural food flavors and colors globally can streamline compliance efforts for manufacturers. Collaboration between industry stakeholders and regulatory bodies can help establish consistent definitions and standards for natural ingredients.
Manufacturers should prioritize transparency in labeling and educate consumers about what "natural" means in the context of flavors and colors. Providing clear and accurate information on product labels can build trust with consumers and regulatory agencies.
Staying ahead of regulatory changes and conducting thorough testing and documentation of ingredients can help manufacturers adapt to evolving compliance requirements more effectively.
Sourcing and Supply Chain Challenges
Sourcing natural ingredients for flavors and colors can be challenging due to factors like climate change, crop variability, and limited availability of certain botanicals. Additionally, supply chain disruptions, as seen during the COVID-19 pandemic, have highlighted vulnerabilities in the sourcing and distribution of natural ingredients. Ensuring a consistent and reliable supply of natural food flavors and colors can be a significant challenge for manufacturers.
Manufacturers can mitigate supply chain risks by diversifying their sources of natural ingredients. This involves working with multiple suppliers and regions to reduce dependency on a single source.
Encouraging sustainable farming and harvesting practices for botanical ingredients can help ensure long-term availability. Collaborative efforts with suppliers to promote sustainable agriculture can be beneficial.
Developing contingency plans and building resilience into the supply chain can help manufacturers respond to unforeseen disruptions. This includes maintaining safety stock, establishing alternative logistics routes, and investing in technology for supply chain visibility.
Consumer Demand for Clean Labels
The increasing demand for clean-label products presents both an opportunity and a challenge for the natural food flavors and colors market. Consumers are seeking products with shorter ingredient lists and easily recognizable components, favoring those labeled as "natural" or "clean." Meeting these consumer preferences while delivering vibrant and stable natural colors and flavors can be a delicate balancing act for manufacturers.
Manufacturers should focus on transparency in ingredient sourcing and processing methods. Clearly communicating the sources and processes used to create natural flavors and colors can help build trust with consumers seeking clean-label products.
Investing in innovative extraction techniques, such as cold-pressing, steam distillation, and solvent-free methods, can help preserve the naturalness of ingredients while meeting clean-label requirements.
Developing natural colors that are stable over time and resistant to factors like light, heat, and pH changes is essential. Utilizing advanced encapsulation technologies and microencapsulation can enhance color stability.
Key Market Trends
Growing Demand for Clean Label Products
A major trend in the natural food flavors and colors market is the surging demand for clean label products. Clean label refers to food and beverage products that contain minimal, easily understandable, and recognizable ingredients. Consumers are becoming more conscious of what goes into their food and are seeking products that are free from artificial additives, preservatives, and synthetic flavors or colors.
To meet this demand, food manufacturers are turning to natural flavors and colors derived from plant-based sources. For example, natural colors like beetroot extract, turmeric, and spirulina are used to replace synthetic colorants. Natural flavors sourced from fruits, herbs, and spices are replacing artificial flavorings. This trend is not only about health consciousness but also reflects a broader desire for transparency and authenticity in food products.
Regulatory bodies are also taking note of this trend. They are implementing stricter labeling requirements and pushing for more comprehensive ingredient lists, which further incentivize the use of natural flavors and colors in the food and beverage industry.
Plant-Based and Botanical Ingredients
Another significant trend in the natural food flavors and colors market is the growing interest in plant-based and botanical ingredients. Consumers are increasingly adopting vegetarian, vegan, and flexitarian diets, which has driven the demand for flavors and colors sourced from plant materials.
Plant-based ingredients like fruits, vegetables, herbs, and spices are being used to create a wide range of natural food colors and flavors. For instance, beetroot is used to produce a vibrant red color, while matcha green tea imparts a natural green hue. Herbs and spices like basil, mint, and cardamom are utilized to add unique and authentic flavors to various food products.
Additionally, botanical extracts and essential oils are gaining popularity as natural flavoring agents. They not only provide distinctive and complex flavors but also offer potential health benefits, aligning with the broader trend of functional foods.
Cleaner and Sustainable Sourcing
Sustainability is a driving force in many industries, including the natural food flavors and colors market. Consumers are increasingly concerned about the environmental impact of their food choices. This has led to a push for cleaner and more sustainable sourcing practices within the industry.
Food companies are exploring ways to reduce their carbon footprint and promote sustainability throughout their supply chains. This includes sourcing natural flavors and colors from suppliers committed to ethical and environmentally friendly practices. For instance, some companies are partnering with local farmers to ensure a transparent and sustainable supply of raw materials.
In addition to environmental considerations, there is a growing focus on social responsibility and fair trade practices in ingredient sourcing. Ethical and fair treatment of farmers and workers involved in the production of natural flavors and colors are now critical considerations for food manufacturers.
Sustainable packaging is also a part of this trend. Companies are seeking eco-friendly packaging solutions to minimize waste and reduce the overall environmental impact of their products.
Furthermore, there is a shift toward reducing food waste by utilizing every part of the raw materials. For example, using fruit peels, pulp, and byproducts for natural flavors and colors not only minimizes waste but also maximizes resource utilization.
Segmental Insights
Color Type Insights
The caramel color type holds a significant share in the global natural food flavors and colors market, owing to its versatility, wide range of applications, and consumer preference for natural ingredients.
Caramel color, derived from the controlled heat treatment of carbohydrates, has become a staple in the food and beverage industry. Its rich, earthy hue can vary from light yellow to deep brown, making it an ideal choice for imparting appealing color to a wide variety of products.
Caramel color is incredibly versatile, making it suitable for a broad spectrum of food and beverage applications. It is commonly used in products such as carbonated beverages, baked goods, sauces, confectionery, dairy products, and even pet food. This versatility allows food manufacturers to utilize caramel color to enhance the visual appeal of a diverse range of products.
With consumers increasingly seeking natural and clean label products, caramel color enjoys an advantage as it is derived from natural sources, primarily carbohydrates. It aligns with the trend toward cleaner and more transparent ingredient lists, appealing to health-conscious consumers.
Caramel color not only imparts an attractive hue but can also contribute to flavor enhancement. Depending on the degree of caramelization, it can provide a subtle, roasted, or slightly bitter flavor note, which complements various food and beverage profiles, including coffee, soft drinks, and bakery products.
Caramel color is known for its stability in various pH conditions and temperature ranges. This stability contributes to the preservation of the color and quality of food and beverage products over their shelf life. Manufacturers rely on caramel color to maintain the visual appeal of their offerings throughout distribution and storage.
Caramel color has a long history of use in the food and beverage industry, and consumers are familiar with it as a safe and acceptable ingredient. Its widespread usage in iconic products like cola beverages has solidified its position in the market and fostered consumer trust.
Application Insights
The bakery application sector holds a substantial share in the global natural food flavors and colors market, and this dominance is attributed to several key factors. Natural food flavors and colors are integral components in the bakery industry, enhancing the taste, appearance, and overall sensory experience of a wide range of baked goods. Here's why bakery applications are a significant driver of this market:
The bakery industry has witnessed a growing consumer preference for natural and clean label products. Consumers are increasingly concerned about the quality and origin of ingredients in their baked goods. Natural food flavors and colors align with these preferences as they are derived from real food sources like fruits, vegetables, and spices, rather than synthetic additives.
Natural food colors are essential for creating visually appealing baked goods. In the bakery sector, colors play a crucial role in the presentation of products, from vibrant frosting on cupcakes to the golden-brown hue of freshly baked bread. Natural food colors, sourced from ingredients like beets, turmeric, and spirulina, allow bakers to achieve attractive aesthetics without relying on synthetic dyes.
Natural food flavors are used to enhance the taste and aroma of bakery products. From the rich vanilla essence in cakes to the fruity notes in pastries, these natural flavors contribute to the overall flavor profile, making baked goods more delectable and satisfying to consumers.
The bakery industry has not been immune to the health and wellness trend. Consumers are seeking baked goods with fewer artificial additives and lower levels of sugar and synthetic coloring. Natural food flavors and colors provide an ideal solution by allowing bakers to meet these health-conscious demands while maintaining product quality.
As consumers increasingly scrutinize ingredient labels, the bakery industry has embraced the clean label movement. Natural food flavors and colors are perceived as clean, transparent, and easily recognizable by consumers, which helps build trust in the products and brands that use them.
Regulatory bodies in many regions have responded to consumer demand for natural ingredients by setting standards and guidelines for food additives. The approval and recognition of natural flavors and colors by these authorities have further encouraged their use in the bakery sector.
Regional Insights
The Asia Pacific region has emerged as a dominant player in the global natural food flavors and colors market, holding a significant share, and several factors contribute to its prominent position in this thriving industry. The Asia Pacific region boasts a rich tapestry of culinary traditions, with a wide array of cuisines known for their bold and diverse flavors. The demand for natural food flavors and colors in this region is driven by a deep-rooted appreciation for authentic and flavorful foods. The use of natural ingredients, such as spices, herbs, and botanical extracts, is a longstanding tradition in Asian cuisines.
The Asia Pacific region has witnessed a surge in health consciousness and an increasing preference for natural and organic products. Consumers are actively seeking foods and beverages with clean labels, free from artificial additives and synthetic flavors and colors. This shift towards healthier eating habits has fueled the demand for natural alternatives in the food and beverage industry.
The Asia Pacific region is home to some of the world's most populous countries, such as China and India. The region's growing middle-class population, rising disposable incomes, and changing lifestyles have led to an expanding food and beverage sector. As consumers explore diverse tastes and seek novel food experiences, the demand for natural flavors and colors has soared.
Natural food flavors and colors are of cultural significance in many Asian countries. For example, saffron is a prized natural colorant in Indian cuisine, while pandan leaf imparts a distinct green hue to desserts in Southeast Asia. These culturally significant ingredients drive the demand for natural flavors and colors deeply rooted in tradition.
The Asia Pacific region has been at the forefront of health and wellness trends, with consumers increasingly looking for functional foods and beverages. Natural food flavors and colors derived from fruits, vegetables, and herbs are seen as healthier options and are often incorporated into products marketed for their potential health benefits.
Many countries in the Asia Pacific region are major exporters of food products. As global consumers demand cleaner and more natural ingredients, food manufacturers in Asia have responded by using natural flavors and colors to meet international quality and safety standards. This has expanded the region's footprint in the global market.
Governments in the Asia Pacific region have implemented regulations and safety standards for food additives, including flavors and colors. Compliance with these regulations has encouraged the use of natural ingredients and fostered consumer confidence in the safety of food products.
Key Market Players
International Flavours & Fragrances Inc.
Symrise AG
Roha Dyechem Pvt. Ltd.
Naturex S.A.
Archer Daniels Midland Company
GNT International B.V.
Kalsec Inc.
Kerry Group Plc.
Royal DSM N.V.
Givaudan SA
Report Scope:
In this report, the global Natural Food Flavors and Colors market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Global Natural Food Flavors and Colors Market, By Color Type:
o Caramel
o Carotenoids
o Anthocyanins
o Curcumin
o Annatto
o Others
• Global Natural Food Flavors and Colors Market, By Flavor Type:
o Natural Extracts
o Aroma Chemicals
o Essential Oils
• Global Natural Food Flavors and Colors Market, By Application:
o Beverages
o Bakery
o Confectionery
o Dairy & Frozen
o Meat Products
o Others
• Global Natural Food Flavors and Colors Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 South Korea
 Australia
o Europe
 Germany
 France
 United Kingdom
 Italy
 Spain
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 South Africa
 Turkey
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the global natural food flavors and colors market.
Available Customizations:
Global Natural Food Flavors and Colors Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer Analysis
4.1. Brand Awareness
4.2. Factors Influencing Purchase Decision
4.3. Sources of Awareness
5. Global Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Color Type Market Share Analysis (Caramel, Carotenoids, Anthocyanins, Curcumin, Annatto, and Others))
5.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis (Natural Extracts, Aroma Chemicals, and Essential Oils)
5.2.3. By Application Market Share Analysis (Beverages, Bakery, Confectionery, Dairy & Frozen, Meat Products and Others)
5.2.4. By Regional Market Share Analysis
5.2.4.1. North America Market Share Analysis
5.2.4.2. South America Market Share Analysis
5.2.4.3. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.4.4. Europe Market Share Analysis
5.2.4.5. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.5. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Natural Food Flavors and Colors Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Color Type Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Flavor Type Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Application Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. North America Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Color Type Market Share Analysis
6.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
6.2.3. By Application Market Share Analysis
6.2.4. By Country Market Share Analysis
6.2.4.1. United States Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
6.2.4.1.1. Market Size & Forecast
6.2.4.1.1.1. By Value
6.2.4.1.2. Market Share & Forecast
6.2.4.1.2.1. By Color Type Market Share Analysis
6.2.4.1.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
6.2.4.1.2.3. By Application Market Share Analysis
6.2.4.2. Canada Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
6.2.4.2.1. Market Size & Forecast
6.2.4.2.1.1. By Value
6.2.4.2.2. Market Share & Forecast
6.2.4.2.2.1. By Color Type Market Share Analysis
6.2.4.2.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
6.2.4.2.2.3. By Application Market Share Analysis
6.2.4.3. Mexico Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
6.2.4.3.1. Market Size & Forecast
6.2.4.3.1.1. By Value
6.2.4.3.2. Market Share & Forecast
6.2.4.3.2.1. By Color Type Market Share Analysis
6.2.4.3.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
6.2.4.3.2.3. By Application Market Share Analysis
7. Europe Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Color Type Market Share Analysis
7.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
7.2.3. By Application Market Share Analysis
7.2.4. By Country Market Share Analysis
7.2.4.1. France Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
7.2.4.1.1. Market Size & Forecast
7.2.4.1.1.1. By Value
7.2.4.1.2. Market Share & Forecast
7.2.4.1.2.1. By Color Type Market Share Analysis
7.2.4.1.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
7.2.4.1.2.3. By Application Market Share Analysis
7.2.4.2. Germany Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
7.2.4.2.1. Market Size & Forecast
7.2.4.2.1.1. By Value
7.2.4.2.2. Market Share & Forecast
7.2.4.2.2.1. By Color Type Market Share Analysis
7.2.4.2.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
7.2.4.2.2.3. By Application Market Share Analysis
7.2.4.3. Spain Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
7.2.4.3.1. Market Size & Forecast
7.2.4.3.1.1. By Value
7.2.4.3.2. Market Share & Forecast
7.2.4.3.2.1. By Color Type Market Share Analysis
7.2.4.3.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
7.2.4.3.2.3. By Application Market Share Analysis
7.2.4.4. Italy Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
7.2.4.4.1. Market Size & Forecast
7.2.4.4.1.1. By Value
7.2.4.4.2. Market Share & Forecast
7.2.4.4.2.1. By Color Type Market Share Analysis
7.2.4.4.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
7.2.4.4.2.3. By Application Market Share Analysis
7.2.4.5. United Kingdom Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
7.2.4.5.1. Market Size & Forecast
7.2.4.5.1.1. By Value
7.2.4.5.2. Market Share & Forecast
7.2.4.5.2.1. By Color Type Market Share Analysis
7.2.4.5.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
7.2.4.5.2.3. By Application Market Share Analysis
8. Asia-Pacific Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Color Type Market Share Analysis
8.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
8.2.3. By Application Market Share Analysis
8.2.4. By Country
8.2.4.1. China Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
8.2.4.1.1. Market Size & Forecast
8.2.4.1.1.1. By Value
8.2.4.1.2. Market Share & Forecast
8.2.4.1.2.1. By Color Type Market Share Analysis
8.2.4.1.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
8.2.4.1.2.3. By Application Market Share Analysis
8.2.4.2. Japan Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
8.2.4.2.1. Market Size & Forecast
8.2.4.2.1.1. By Value
8.2.4.2.2. Market Share & Forecast
8.2.4.2.2.1. By Color Type Market Share Analysis
8.2.4.2.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
8.2.4.2.2.3. By Application Market Share Analysis
8.2.4.3. India Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
8.2.4.3.1. Market Size & Forecast
8.2.4.3.1.1. By Value
8.2.4.3.2. Market Share & Forecast
8.2.4.3.2.1. By Color Type Market Share Analysis
8.2.4.3.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
8.2.4.3.2.3. By Application Market Share Analysis
8.2.4.4. Australia Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
8.2.4.4.1. Market Size & Forecast
8.2.4.4.1.1. By Value
8.2.4.4.2. Market Share & Forecast
8.2.4.4.2.1. By Color Type Market Share Analysis
8.2.4.4.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
8.2.4.4.2.3. By Application Market Share Analysis
8.2.4.5. South Korea Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
8.2.4.5.1. Market Size & Forecast
8.2.4.5.1.1. By Value
8.2.4.5.2. Market Share & Forecast
8.2.4.5.2.1. By Color Type Market Share Analysis
8.2.4.5.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
8.2.4.5.2.3. By Application Market Share Analysis
9. Middle East & Africa Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Color Type Market Share Analysis
9.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
9.2.3. By Application Market Share Analysis
9.2.4. By Country
9.2.4.1. South Africa Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
9.2.4.1.1. Market Size & Forecast
9.2.4.1.1.1. By Value
9.2.4.1.2. Market Share & Forecast
9.2.4.1.2.1. By Color Type Market Share Analysis
9.2.4.1.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
9.2.4.1.2.3. By Application Market Share Analysis
9.2.4.2. Saudi Arabia Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
9.2.4.2.1. Market Size & Forecast
9.2.4.2.1.1. By Value
9.2.4.2.2. Market Share & Forecast
9.2.4.2.2.1. By Color Type Market Share Analysis
9.2.4.2.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
9.2.4.2.2.3. By Application Market Share Analysis
9.2.4.3. UAE Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
9.2.4.3.1. Market Size & Forecast
9.2.4.3.1.1. By Value
9.2.4.3.2. Market Share & Forecast
9.2.4.3.2.1. By Color Type Market Share Analysis
9.2.4.3.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
9.2.4.3.2.3. By Application Market Share Analysis
9.2.4.4. Turkey Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
9.2.4.4.1. Market Size & Forecast
9.2.4.4.1.1. By Value
9.2.4.4.2. Market Share & Forecast
9.2.4.4.2.1. By Color Type Market Share Analysis
9.2.4.4.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
9.2.4.4.2.3. By Application Market Share Analysis
10. South America Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Color Type Market Share Analysis
10.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
10.2.3. By Application Market Share Analysis
10.2.4. By Country
10.2.4.1. Argentina Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
10.2.4.1.1. Market Size & Forecast
10.2.4.1.1.1. By Value
10.2.4.1.2. Market Share & Forecast
10.2.4.1.2.1. By Color Type Market Share Analysis
10.2.4.1.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
10.2.4.1.2.3. By Application Market Share Analysis
10.2.4.2. Colombia Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
10.2.4.2.1. Market Size & Forecast
10.2.4.2.1.1. By Value
10.2.4.2.2. Market Share & Forecast
10.2.4.2.2.1. By Color Type Market Share Analysis
10.2.4.2.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
10.2.4.2.2.3. By Application Market Share Analysis
10.2.4.3. Brazil Natural Food Flavors and Colors Market Outlook
10.2.4.3.1. Market Size & Forecast
10.2.4.3.1.1. By Value
10.2.4.3.2. Market Share & Forecast
10.2.4.3.2.1. By Color Type Market Share Analysis
10.2.4.3.2.2. By Flavor Type Market Share Analysis
10.2.4.3.2.3. By Application Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Impact of COVID-19 on Global Natural Food Flavors and Colors Market
12.1. Impact Assessment Model
12.1.1. Key Segments Impacted
12.1.2. Key Regions Impacted
12.1.3. Key Countries Impacted
13. Market Trends & Developments
14. Porter’s Five Forces Model
14.1. Competitive Rivalry
14.2. Bargaining Power of Buyers
14.3. Bargaining Power of Suppliers
14.4. Threat of New Entrants
14.5. Threat of Substitutes
15. SWOT Analysis
15.1. Strengths
15.2. Weaknesses
15.3. Opportunities
15.4. Threats
16. Competitive Landscape
16.1. Company Profiles
16.1.1. International Flavours & Fragrances Inc.
16.1.1.1. Company Details
16.1.1.2. Products
16.1.1.3. Financials (As Per Availability)
16.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.1.5. Recent Developments
16.1.1.6. Key Management Personnel
16.1.2. Symrise AG
16.1.2.1. Company Details
16.1.2.2. Products
16.1.2.3. Financials (As Per Availability)
16.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.2.5. Recent Developments
16.1.2.6. Key Management Personnel
16.1.3. Roha Dyechem Pvt. Ltd.
16.1.3.1. Company Details
16.1.3.2. Products
16.1.3.3. Financials (As Per Availability)
16.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.3.5. Recent Developments
16.1.3.6. Key Management Personnel
16.1.4. Naturex S.A.
16.1.4.1. Company Details
16.1.4.2. Products
16.1.4.3. Financials (As Per Availability)
16.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.4.5. Recent Developments
16.1.4.6. Key Management Personnel
16.1.5. Archer Daniels Midland Company
16.1.5.1. Company Details
16.1.5.2. Products
16.1.5.3. Financials (As Per Availability)
16.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.5.5. Recent Developments
16.1.5.6. Key Management Personnel
16.1.6. GNT International B.V.
16.1.6.1. Company Details
16.1.6.2. Products
16.1.6.3. Financials (As Per Availability)
16.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.6.5. Recent Developments
16.1.6.6. Key Management Personnel
16.1.7. Kalsec Inc.
16.1.7.1. Company Details
16.1.7.2. Products
16.1.7.3. Financials (As Per Availability)
16.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.7.5. Recent Developments
16.1.7.6. Key Management Personnel
16.1.8. Kerry Group Plc.
16.1.8.1. Company Details
16.1.8.2. Products
16.1.8.3. Financials (As Per Availability)
16.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.8.5. Recent Developments
16.1.8.6. Key Management Personnel
16.1.9. Royal DSM N.V.
16.1.9.1. Company Details
16.1.9.2. Products
16.1.9.3. Financials (As Per Availability)
16.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.9.5. Recent Developments
16.1.9.6. Key Management Personnel
16.1.10. Givaudan SA
16.1.10.1. Company Details
16.1.10.2. Products
16.1.10.3. Financials (As Per Availability)
16.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
16.1.10.5. Recent Developments
16.1.10.6. Key Management Personnel
17. Strategic Recommendations/Action Plan
17.1. Key Focus Areas
17.2. Target Color Type
17.3. Target Application
18. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(その他)の最新刊レポート

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(dairy)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る