世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

北米の非乳製品ヨーグルト市場の2030年までの予測 - 地域別分析 - 供給源別(アーモンド、大豆、ココナッツ、オート麦、その他)、タイプ別(フレーバー、プレーン)、性状別(オーガニック、従来型)、流通チャネル別(スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン小売、その他)


North America Non-Dairy Yogurt Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - by Source (Almond, Soy, Coconut, Oat, and Others), Type (Flavored and Plain), Nature (Organic and Conventional), and Distribution Channel (Supermarkets and Hypermarkets, Convenience Stores, Online Retail, and Others)

北米の非乳製品ヨーグルト市場は、2022年には7億1,855万米ドルと評価され、2030年には17億8,605万米ドルに達すると予測され、2022年から2030年までの年平均成長率は12.1%と推定される。 環境問題への関心の高... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月4日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
85 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

北米の非乳製品ヨーグルト市場は、2022年には7億1,855万米ドルと評価され、2030年には17億8,605万米ドルに達すると予測され、2022年から2030年までの年平均成長率は12.1%と推定される。

環境問題への関心の高まりによる菜食主義の傾向の高まりが北米の非乳製品ヨーグルト市場を後押し

ビーガン人口はここ数年で大幅に増加している。Veganuary(1月いっぱい菜食主義になることを世界中の個人に奨励する非営利団体)によると、2022年には62万人以上がVeganuaryキャンペーンに登録し、登録者数は過去3年間で200%増加した。

以下の図は、2016年から2022年までの「Veganuaryキャンペーン」の全世界の参加者数を示している:

図1.2016年から2022年までのVeganuaryキャンペーンの登録者数

出典ヴィーガニュアリー2022キャンペーンレビュー

畜産業は、人為起源の温室効果ガス排出総量に大きく寄与している産業のひとつである。国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の畜産業は年間7.1ギガトンの二酸化炭素を排出しており、人為的な温室効果ガス排出量の14.5%を占めている。酪農部門は畜産業全体の排出量の30%を占めている。

次の図は、食品1キログラムあたりの年間温室効果ガス排出量を示している:

図2.食品1kg当たりの年間温室効果ガス排出量(GHG)

出典Poore & Nemecek, 2018

上の図からわかるように、牛肉(牛群)、牛肉(乳牛群)、羊肉・羊肉製品の温室効果ガス排出量が最も多い。多くの研究が、菜食主義にシフトすることで二酸化炭素排出量を大幅に削減できることを示している。さらに、国連、PETA、Good Food Institute、その他多くの団体が、菜食主義は地球を気候危機から救うのに役立つと考えている。畜産業が環境に及ぼす有害な影響に対する消費者の意識は高まっている。植物由来の乳製品の消費は、二酸化炭素排出量を最小限に抑え、水やその他の天然資源を節約し、環境への影響を全体的に軽減するのに役立つ。そのため、消費者は植物由来の乳製品や肉製品への切り替えを急速に進めている。そのため、持続可能性と環境への関心の高まりから、菜食主義への切り替えが進んでいる。

北米の非乳製品ヨーグルト市場概要

北米は、乳製品に代わるより健康的なものを選ぶ個人の増加により、非乳製品ヨーグルト市場にとって最も重要な地域の一つである。可処分所得の増加、ライフスタイルの変化、食事パターンの変化により、米国やカナダなどの北米諸国では、非乳製品ヨーグルト、チーズ、バター、牛乳などの乳製品代替品の需要が増加している。健康志向の消費者の増加、環境問題への関心の高まり、植物ベースの食生活の傾向の高まりにより、植物ベースのヨーグルトはこの地域で人気が高まっている。植物性ヨーグルトの高い栄養価が、ここ数年、特に若年層の間で北米での需要を促進している。さらに、この市場で事業を展開する主要企業は、製品革新などの戦略的イニシアチブを常に取っており、これらの製品の生産を開拓している。例えば、2022年3月、米国のAYO Foods LLC社は、様々なフレーバーのプレーンアーモンドミルクヨーグルトを開発することで、新しい植物性ヨーグルトシリーズを発売した。

クリーブランド・クリニックのデータによると、2019年にはアメリカ人の36%が乳糖不耐症であった。これは、北米のアメリカ人が植物性製品の摂取を好み、ヨーグルトのような非乳製品への需要を加速させていることを示している。米国農務省(USDA)、国連食糧農業機関(FAO)、米国食品医薬品局(USFDA)などの様々な政府機関は、乳糖不耐症や栄養不足に関連する症状や疾患の増加により、毎日の食事における乳製品を含まない製品の摂取を促進し、非乳製品ヨーグルト市場の動向を強化している。さらに、フレキシタリアン人口の増加が植物性乳製品の需要を押し上げる主な要因であり、同地域の市場成長を促進すると予想される。

北米の非乳製品ヨーグルト市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)

北米の非乳製品ヨーグルト市場のセグメンテーション

北米の非乳製品ヨーグルト市場は、供給源、タイプ、性質、流通チャネルに基づいてセグメント化される。

ソースに基づき、北米の非乳製品ヨーグルト市場はアーモンド、大豆、ココナッツ、オート麦、その他に区分される。2022年にはココナッツセグメントが最大のシェアを占めている。

タイプ別では、北米の非乳製品ヨーグルト市場はフレーバーとプレーンに二分される。フレーバーセグメントは2022年に大きなシェアを占めた。

性質に基づき、北米の非乳製品ヨーグルト市場はオーガニックと従来型に二分される。2022年には従来型セグメントがより大きなシェアを占めている。

流通チャネルに基づき、北米の非乳製品ヨーグルト市場はスーパーマーケット&ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン小売、その他に区分される。スーパーマーケット&ハイパーマーケット部門が2022年に最大のシェアを占めた。

国別に見ると、北米の非乳製品ヨーグルト市場は米国、カナダ、メキシコに分類される。2022年の北米非乳製品ヨーグルト市場は米国が支配的であった。

Hain Celestial Group Inc、Danone SA、Springfield Creamery Inc、Lyrical Foods Inc、Valio Ltd、Oatly、Group AB、Daiya Foods Inc、Forager Project LLC、Harmless Harvest Incは、北米の非乳製品ヨーグルト市場で事業を展開している大手企業の一部である。

ページTOPに戻る


目次

目次
1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
2.2 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.北米の非乳製品ヨーグルト市場展望
4.1 概要
4.2 ポーターのファイブフォース分析
4.2.1 供給者の交渉力
4.2.2 バイヤーの交渉力
4.2.3 新規参入の脅威
4.2.4 競争上のライバル
4.2.5 代替品の脅威
4.3 エコシステム分析
4.3.1 原材料サプライヤー
4.3.2 製造プロセス
4.3.3 パッケージング
4.3.4 流通チャネル
5.北米の非乳製品ヨーグルト市場:主要産業ダイナミクス
5.1 市場促進要因
5.1.1 乳糖不耐症の増加
5.1.2 メーカーによる戦略的開発イニシアティブ
5.2 市場の阻害要因
5.2.1 原材料価格の上昇
5.3 市場機会
5.3.1 オーガニック製品の採用増加
5.4 今後の動向
5.4.1 環境問題への関心の高まりによる菜食主義の傾向の高まり
5.5 推進要因と抑制要因の影響分析
6.北米の非乳製品ヨーグルト市場-北米市場分析
6.1 北米の非乳製品ヨーグルト市場収益(百万米ドル)、2022年~2030年
6.2 北米の非乳製品ヨーグルト市場の予測と分析
7.北米の非乳製品ヨーグルト市場分析-供給源
7.1 アーモンド
7.1.1 概要
7.1.2 アーモンドの市場収益と2030年までの予測(百万米ドル)
7.2 大豆
7.2.1 概要
7.2.2 大豆の市場収益と2030年までの予測(百万米ドル)
7.3 ココナッツ
7.3.1 概要
7.3.2 ココナッツの市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
7.4 オート麦
7.4.1 概要
7.4.2 オート麦の市場収益と2030年までの予測(百万米ドル)
7.5 その他
7.5.1 概要
7.5.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.北米の非乳製品ヨーグルト市場分析:タイプ別
8.1 フレーバー
8.1.1 概要
8.1.2 フレーバー市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.2 プレーン
8.2.1 概要
8.2.2 プレーンの市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
9.北米の非乳製品ヨーグルト市場分析-性別
9.1 オーガニック
9.1.1 概要
9.1.2 オーガニック市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.2 従来型
9.2.1 概要
9.2.2 従来型市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
10.北米の非乳製品ヨーグルト市場分析:流通チャネル
10.1 スーパーマーケットとハイパーマーケット
10.1.1 概要
10.1.2 スーパーマーケットとハイパーマーケットの市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.2 コンビニエンスストア
10.2.1 概要
10.2.2 コンビニエンスストア市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
10.3 オンライン小売
10.3.1 概要
10.3.2 オンライン小売市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
10.4 その他
10.4.1 概要
10.4.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
11.北米の非乳製品ヨーグルト市場 -国別分析
11.1 北米の非乳製品ヨーグルト市場
11.1.1 北米の非乳製品ヨーグルト市場収入と予測・分析-国別
11.1.1.1 北米の非乳製品ヨーグルト市場の国別内訳
11.1.1.2 米国の非乳製品ヨーグルト市場の収益と2030年までの予測(US$ Mn)
11.1.1.2.1 米国乳製品抜きヨーグルト市場の供給源別内訳
11.1.1.2.2 米国の非乳製品ヨーグルト市場のタイプ別内訳
11.1.1.2.3 アメリカの非乳製品ヨーグルト市場の性質別内訳
11.1.1.2.4 米国の非乳製品ヨーグルト市場の流通経路別内訳
11.1.1.3 カナダの非乳製品ヨーグルト市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
11.1.1.3.1 カナダの非乳製品ヨーグルト市場の供給源別内訳
11.1.1.3.2 カナダの非乳製品ヨーグルト市場のタイプ別内訳
11.1.1.3.3 カナダの非乳製品ヨーグルト市場の性質別内訳
11.1.1.3.4 カナダの非乳製品ヨーグルト市場の流通経路別内訳
11.1.1.4 メキシコの非乳製品ヨーグルト市場の2030年までの収益と予測(US$ Mn)
11.1.1.4.1 メキシコの非乳製品ヨーグルト市場の供給源別内訳
11.1.1.4.2 メキシコの非乳製品ヨーグルト市場のタイプ別内訳
11.1.1.4.3 メキシコの非乳製品ヨーグルト市場の性状別内訳
11.1.1.4.4 メキシコの非乳製品ヨーグルト市場の流通経路別内訳
12.産業展望
12.1 概要
12.2 新製品開発
12.3 パートナーシップ
13.企業プロフィール
13.1 ヘイン・セレスティアル・グループ
13.1.1 主要事実
13.1.2 事業内容
13.1.3 製品とサービス
13.1.4 財務概要
13.1.5 SWOT分析
13.1.6 主要な開発
13.2 ダノンSA
13.2.1 主要事実
13.2.2 事業内容
13.2.3 製品およびサービス
13.2.4 財務概要
13.2.5 SWOT分析
13.2.6 主要開発
13.3 スプリングフィールド・クリーマリー社
13.3.1 主要事実
13.3.2 事業内容
13.3.3 製品およびサービス
13.3.4 財務概要
13.3.5 SWOT分析
13.3.6 主要な開発
13.4 リリカルフーズ社
13.4.1 主要事実
13.4.2 事業内容
13.4.3 製品およびサービス
13.4.4 財務概要
13.4.5 SWOT分析
13.4.6 主要開発
13.5 ヴァリオ社
13.5.1 主要事実
13.5.2 事業内容
13.5.3 製品とサービス
13.5.4 財務概要
13.5.5 SWOT分析
13.5.6 主要開発
13.6 オートリー・グループAB
13.6.1 主要事実
13.6.2 事業内容
13.6.3 製品とサービス
13.6.4 財務概要
13.6.5 SWOT分析
13.6.6 主要な開発
13.7 ダイエー食品
13.7.1 主要事実
13.7.2 事業内容
13.7.3 製品およびサービス
13.7.4 財務概要
13.7.5 SWOT分析
13.7.6 主要開発
13.8 フォージャー・プロジェクトLLC
13.8.1 主要事実
13.8.2 事業内容
13.8.3 製品とサービス
13.8.4 財務概要
13.8.5 SWOT分析
13.8.6 主要な開発
13.9 ハーベスト・インク
13.9.1 主要事実
13.9.2 事業内容
13.9.3 製品およびサービス
13.9.4 財務概要
13.9.5 SWOT分析
13.9.6 主要開発
14.付録

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The North America non-dairy yogurt market was valued at US$ 718.55 million in 2022 and is expected to reach US$ 1,786.05 million by 2030; it is estimated to grow at a CAGR of 12.1% from 2022 to 2030.

Growing Trend of Veganism Due to Rising Environmental Concern Fuels the North America Non-Dairy Yogurt Market

The vegan population has grown significantly over the past few years. According to Veganuary (a nonprofit organization that encourages individuals worldwide to become vegan for the entire month of January), in 2022, more than 620,000 people registered for the Veganuary campaign, and the registrations increased by 200% in the last three years.

The following figure shows the number of participants across the world in the Veganuary Campaign from 2016 to 2022:

FIGURE 1. REGISTRATIONS FOR VEGANUARY CAMPAIGN FROM 2016 TO 2022

Source: Veganuary 2022 Campaign Review

The livestock industry is one of the significant contributors to the total anthropogenic greenhouse gas emissions. According to the Food and Agriculture Organization (FAO), the global livestock industry emits 7.1 gigatons of carbon dioxide per year, accounting for 14.5% of all human-caused greenhouse gas emissions. The dairy sector is responsible for 30% of the total livestock emissions.

The following figure shows annual greenhouse gas emissions per kilogram of food products:

FIGURE 2. ANNUAL GREENHOUSE GAS EMISSIONS (GHG) PER KILOGRAM OF FOOD PRODUCTS

Source: Poore & Nemecek, 2018

As can be seen from the figure above, beef (beef herd), beef (dairy herd), and lamb and mutton products have the highest greenhouse gas emission. Many studies have shown that shifting to a vegan diet can significantly lower carbon dioxide emissions. Moreover, the United Nations, PETA, Good Food Institute, and many organizations believe that veganism can help save the planet from the climate crisis. Awareness regarding the harmful effects of the livestock industry on environment is increasing among consumers. The consumption of plant-based dairy products helps minimize carbon footprints, save water and other natural resources, and reduce the overall environmental impacts. Therefore, consumers are rapidly switching to plant-based dairy and meat products. Therefore, people are increasingly switching to a vegan diet due to rising sustainability and environmental concerns.

North America Non-Dairy Yogurt Market Overview

North America is one of the most significant regions for the non-dairy yogurt market due to the increasing number of individuals opting for healthier alternatives to dairy products. Increased disposable income, changing lifestyles, and eating patterns have increased demand for dairy substitutes such as non-dairy yogurt, cheese, butter, and milk in North American countries such as the US and Canada. Due to the increasing number of health-conscious consumers, rising environmental concerns, and the growing trend of plant-based diets, plant-based yogurt is becoming more popular in the region. The high nutritional value of plant-based yogurt has fueled its demand in North America in the last few years, especially among young adults. Moreover, the key players operating in the market are constantly taking strategic initiatives such as product innovation, which has pioneered the production of these products. For instance, in March 2022, the US-based company AYO Foods LLC launched a new plant-based yogurt range by developing a plain almond milk yogurt in various flavors.

According to the data from Cleveland Clinic, in 2019, 36% of Americans were lactose intolerant. This showcases that North Americans prefer to consume plant-based products, accelerating the demand for non-dairy products such as yogurt. Various government agencies, such as the United States Department of Agriculture (USDA), Food and Agriculture Organization (FAO), and US Food and Drug Administration (USFDA), are promoting the intake of dairy-free products in daily diets, enhancing the non-dairy yogurt market trends due to increasing symptoms and diseases related to lactose intolerance and nutrition deficiency. Moreover, the rising flexitarian population is a major factor boosting the demand for plant-based dairy products and is expected to propel the market growth in the region.

North America Non-Dairy Yogurt Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

North America Non-Dairy Yogurt Market Segmentation

The North America non-dairy yogurt market is segmented based on source, type, nature, and distribution channel.

Based on source, the North America non-dairy yogurt market is segmented into almond, soy, coconut, oat, and others. The coconut segment held the largest share in 2022.

Based on type, the North America non-dairy yogurt market is bifurcated into flavored and plain. The flavored segment held a larger share in 2022.

Based on nature, the North America non-dairy yogurt market is bifurcated into organic and conventional. The conventional segment held a larger share in 2022.

Based on distribution channel, the North America non-dairy yogurt market is segmented into supermarkets & hypermarkets, convenience stores, online retail, and others. The supermarkets & hypermarkets segment held the largest share in 2022.

Based on country, the North America non-dairy yogurt market is categorized into US, Canada, and Mexico. The US dominated the North America non-dairy yogurt market in 2022.

The Hain Celestial Group Inc, Danone SA, Springfield Creamery Inc, Lyrical Foods Inc, Valio Ltd, Oatly, Group AB, Daiya Foods Inc, Forager Project LLC, and Harmless Harvest Inc are some of the leading companies operating in the North America non-dairy yogurt market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
2.2 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. North America Non-Dairy Yogurt Market Landscape
4.1 Overview
4.2 Porter's Five Forces Analysis
4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
4.2.2 Bargaining Power of Buyers
4.2.3 Threat of New Entrants
4.2.4 Competitive Rivalry
4.2.5 Threat of Substitutes
4.3 Ecosystem Analysis
4.3.1 Raw Material Suppliers
4.3.2 Manufacturing Process
4.3.3 Packaging
4.3.4 Distribution Channel
5. North America Non-Dairy Yogurt Market - Key Industry Dynamics
5.1 Market Drivers
5.1.1 Increasing Prevalence of Lactose Intolerance
5.1.2 Strategic Development Initiatives by Manufacturers
5.2 Market Restraints
5.2.1 Higher Prices of Raw Material
5.3 Market Opportunities
5.3.1 Rising Adoption of Organic Products
5.4 Future Trends
5.4.1 Growing Trend of Veganism Due to Rising Environmental Concern
5.5 Impact Analysis of Drivers and Restraints
6. North America Non-Dairy Yogurt Market - North America Market Analysis
6.1 North America Non-Dairy Yogurt Market Revenue (US$ Million), 2022 - 2030
6.2 North America Non-Dairy Yogurt Market Forecast and Analysis
7. North America Non-Dairy Yogurt Market Analysis - Source
7.1 Almond
7.1.1 Overview
7.1.2 Almond Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.2 Soy
7.2.1 Overview
7.2.2 Soy Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.3 Coconut
7.3.1 Overview
7.3.2 Coconut Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.4 Oat
7.4.1 Overview
7.4.2 Oat Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
7.5 Others
7.5.1 Overview
7.5.2 Others Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8. North America Non-Dairy Yogurt Market Analysis - Type
8.1 Flavored
8.1.1 Overview
8.1.2 Flavored Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
8.2 Plain
8.2.1 Overview
8.2.2 Plain Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)
9. North America Non-Dairy Yogurt Market Analysis - Nature
9.1 Organic
9.1.1 Overview
9.1.2 Organic Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
9.2 Conventional
9.2.1 Overview
9.2.2 Conventional Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
10. North America Non-Dairy Yogurt Market Analysis - Distribution Channel
10.1 Supermarkets and Hypermarkets
10.1.1 Overview
10.1.2 Supermarkets and Hypermarkets Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
10.2 Convenience Stores
10.2.1 Overview
10.2.2 Convenience Stores Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
10.3 Online Retail
10.3.1 Overview
10.3.2 Online Retail Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
10.4 Others
10.4.1 Overview
10.4.2 Others Market Revenue, and Forecast to 2030 (US$ Million)
11. North America Non-Dairy Yogurt Market -Country Analysis
11.1 North America Non-Dairy Yogurt Market
11.1.1 North America Non-Dairy Yogurt Market Revenue and Forecasts and Analysis - By Countries
11.1.1.1 North America Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Country
11.1.1.2 US Non-Dairy Yogurt Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
11.1.1.2.1 US Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Source
11.1.1.2.2 US Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Type
11.1.1.2.3 US Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Nature
11.1.1.2.4 US Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Distribution Channel
11.1.1.3 Canada Non-Dairy Yogurt Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
11.1.1.3.1 Canada Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Source
11.1.1.3.2 Canada Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Type
11.1.1.3.3 Canada Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Nature
11.1.1.3.4 Canada Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Distribution Channel
11.1.1.4 Mexico Non-Dairy Yogurt Market Revenue and Forecasts to 2030 (US$ Mn)
11.1.1.4.1 Mexico Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Source
11.1.1.4.2 Mexico Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Type
11.1.1.4.3 Mexico Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Nature
11.1.1.4.4 Mexico Non-Dairy Yogurt Market Breakdown by Distribution Channel
12. Industry Landscape
12.1 Overview
12.2 New Product Development
12.3 Partnerships
13. Company Profiles
13.1 The Hain Celestial Group Inc
13.1.1 Key Facts
13.1.2 Business Description
13.1.3 Products and Services
13.1.4 Financial Overview
13.1.5 SWOT Analysis
13.1.6 Key Developments
13.2 Danone SA
13.2.1 Key Facts
13.2.2 Business Description
13.2.3 Products and Services
13.2.4 Financial Overview
13.2.5 SWOT Analysis
13.2.6 Key Developments
13.3 Springfield Creamery Inc
13.3.1 Key Facts
13.3.2 Business Description
13.3.3 Products and Services
13.3.4 Financial Overview
13.3.5 SWOT Analysis
13.3.6 Key Developments
13.4 Lyrical Foods Inc
13.4.1 Key Facts
13.4.2 Business Description
13.4.3 Products and Services
13.4.4 Financial Overview
13.4.5 SWOT Analysis
13.4.6 Key Developments
13.5 Valio Ltd
13.5.1 Key Facts
13.5.2 Business Description
13.5.3 Products and Services
13.5.4 Financial Overview
13.5.5 SWOT Analysis
13.5.6 Key Developments
13.6 Oatly Group AB
13.6.1 Key Facts
13.6.2 Business Description
13.6.3 Products and Services
13.6.4 Financial Overview
13.6.5 SWOT Analysis
13.6.6 Key Developments
13.7 Daiya Foods Inc
13.7.1 Key Facts
13.7.2 Business Description
13.7.3 Products and Services
13.7.4 Financial Overview
13.7.5 SWOT Analysis
13.7.6 Key Developments
13.8 Forager Project LLC
13.8.1 Key Facts
13.8.2 Business Description
13.8.3 Products and Services
13.8.4 Financial Overview
13.8.5 SWOT Analysis
13.8.6 Key Developments
13.9 Harmless Harvest Inc
13.9.1 Key Facts
13.9.2 Business Description
13.9.3 Products and Services
13.9.4 Financial Overview
13.9.5 SWOT Analysis
13.9.6 Key Developments
14. Appendix

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(distribution channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る