世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

調理済みコーンフラワーの世界市場規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(白、黄、青)、用途別(家庭用、業務用)、流通チャネル別(オフライン、オンライン)、地域別、競合別セグメント、2018-2028年


Precooked Corn Flour Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (White, Yellow, Blue), By Application (Residential, Commercial), By Distribution Channel (Offline, Online), By Region, By Competition, 2018-2028

調理済みトウモロコシ粉の世界市場は2022年に24億7000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は4.3%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界の調理済みとうもろこし粉市場は、消費者の嗜好の変... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

 

サマリー

調理済みトウモロコシ粉の世界市場は2022年に24億7000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は4.3%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界の調理済みとうもろこし粉市場は、消費者の嗜好の変化と便利で汎用性の高い食品への需要の増加により、近年大幅な成長と変貌を遂げている。調理済みトウモロコシ粉は、多くの伝統料理や現代料理の主食材料であり、世界の食品産業における貴重な商品となっている。この市場概観では、業界のダイナミクスに影響を与える主要トレンドと要因について掘り下げる。
まず、世界の調理済みトウモロコシ粉市場の成長は、グルテンフリーおよび非遺伝子組み換え食品の人気上昇に起因している。消費者の健康志向が高まり、小麦ベースの小麦粉の代替品を求めるようになるにつれ、調理済みトウモロコシ粉は天然のグルテンフリー特性を持つため、好ましい選択肢として浮上してきた。さらに、便利で調理時間が短いため、忙しいライフスタイルには魅力的な選択肢となっている。第二に、調理済みとうもろこし粉の消費と生産にお ける地域差が、市場ダイナミクスに重要な役割を果た している。とうもろこしが主食であるラテンアメリカとアフリカの国々は、主要な生産者と消費者である。対照的に、北米とヨーロッパ市場では、伝統的な用途からスナック、コーティング、焼き菓子へと多様化するにつれて、トウモロコシ粉の需要が伸びている。世界の調理済みトウモロコシ粉市場は、食品産業が食生活のニーズや料理トレンドの変化に対応しながら革新を続けているため、さらなる拡大が見込まれている。
結論として、世界の調理済みトウモロコシ粉市場は、グルテンフリーで便利な食品への需要に牽引され、ダイナミックな成長を遂げている。消費と生産における地域差は、市場に複雑さをもたらしている。業界が進化する消費者の嗜好に適応し続けるにつれて、世界の調理済みトウモロコシ粉市場は継続的な拡大と多様化の態勢を整えている。
市場牽引要因
健康とウェルネスのトレンド
世界の調理済みトウモロコシ粉市場を牽引する要因の一つは、消費者の間で健康とウェルネスが重視されるようになっていることである。より健康的な食生活を求める人が増えるにつれ、グルテンフリーや非遺伝子組み換え食品への需要が高まっている。調理済みトウモロコシ粉は、天然のグルテンを含まず、小麦粉の代用として様々なレシピに使用できるため、こうしたトレンドに合致している。グルテン過敏症やセリアック病の人、あるいは単にグルテンフリーを好む人にも対応できる。このような健康志向のアプローチは、消費者が食品に含まれる遺伝子組み換え作物に対する意識を高めていることから、非遺伝子組み換えという側面にも及んでいる。調理済みトウモロコシ粉に遺伝子組み換え作物が含まれていないことは、健康志向の消費者にとって重要なセールスポイントである。
利便性と汎用性
調理済みとうもろこし粉の利便性と多用途性は、市場成長の主要な推進力である。この製品は、様々な料理用途に素早く簡単なソリューションを提供する。調理時間も最小限で済むため、多忙なライフスタイルにも適している。アレパス、トルティーヤ、タマーレスといった伝統的な料理から、コーティング、スープ、焼き菓子といった現代的な用途まで、調理済みトウモロコシ粉の多用途性は幅広い消費者にアピールしている。コーンフラワーは多くの世界料理で主食として使われており、その適応性の高さから、世界の食品産業にとって貴重な存在となっている。
文化的関連性と地域需要
調理済みトウモロコシ粉の消費と生産における地域差は、市場の形成に重要な役割を果たす。ラテンアメリカやアフリカの一部などでは、とうもろこしは文化的、歴史的に重要な意味を持つ主食です。その結果、これらの地域は調理済みとうもろこし粉の主要な生産者であり消費者でもある。ラテンアメリカ諸国では、コロンビアやベネズエラのアレパスやメキシコのトルティーヤのような伝統料理に広く使われており、その需要は常に高いままである。さらに、これらの地域では、近代的な料理トレンドに適応するため、トウモロコシをベースにした製品の市場は拡大を続けている。逆に、北米とヨーロッパでは、調理済みトウモロコシ粉の消費が従来の用途を超えて大きく伸びている。この小麦粉は、スナック製品、揚げ物用コーティング剤、グルテンフリーの製パンに使用されることが増えており、新しく革新的な食の選択肢を求める消費者がその原動力となっている。
食品業界の革新
世界の食品業界は、進化する消費者の嗜好や食生活のニーズに対応するため、絶えず技術革新を行っている。調理済みとうもろこし粉は、その適応性と汎用性により、このような状況の中でその地位を確立しています。食品メーカーやレストランは、グルテンフリーや非遺伝子組み換えの選択肢を求める需要の高まりに応えるため、様々な製品や料理に調理済みトウモロコシ粉を取り入れています。この技術革新は市場を拡大するだけでなく、料理界の創造性を促す。グルテンフリーのパスタからとうもろこしベースのスナックまで、調理済みとうもろこし粉の多用途性は食品業界の専門家の関心を呼び起こし、より幅広い製品の提供につながっている。
世界貿易とサプライチェーンの効率化
グローバルサプライチェーンは、調理済みトウモロコシ粉市場の成長において極めて重要な役割を果たしている。輸送と流通網の改善により、国境を越えたトウモロコシ粉製品の移動が容易になりました。その結果、世界各地の消費者がこれらの製品を容易に入手できるようになり、需要が増加している。さらに、国際貿易協定やパートナーシップにより、とうもろこし粉原料の移動がスムーズになり、安定供給とコスト効率の良い生産が可能になりました。このような市場のグローバル化は業界の成長に寄与し、消費者が多種多様なコーンベースの製品を楽しめることを保証している。
結論として、世界の調理済みトウモロコシ粉市場は、健康とウェルネスのトレンド、利便性と汎用性、文化的関連性、食品業界のイノベーション、世界的な貿易とサプライチェーンの効率化など、いくつかの主要な推進要因の影響を受けている。消費者がより健康的で、より便利で、文化的に多様な食の選択肢を求める中、これらのドライバーは総体的に市場の成長に寄与しており、今後も市場の将来を形成していくと思われる。
市場の主要課題
環境への懸念
世界の調理済みトウモロコシ粉市場にとって最も差し迫った課題のひとつは、環境への影響である。トウモロコシの栽培には大量の水が必要で、土壌の劣化や浸食の影響を受けやすい。さらに、トウモロコシ栽培における農薬や肥料の使用は、水質汚染や地域の生態系への害につながる可能性がある。消費者の環境意識が高まるにつれ、持続可能で環境に優しい慣行を採用するよう、業界に対する圧力が高まっている。これには、責任ある農法、効率的な水の使用、トウモロコシ生産における化学物質の投入削減の提唱が含まれる。持続可能な農業に対するこうした要求に応えるには、多くの場合、多大な投資と既存の農法の変更が必要となるため、困難が伴う。
価格変動
世界の調理済みトウモロコシ粉市場は、トウモロコシ価格の変動による価格変動の影響を受けやすい。トウモロコシ価格は、天候、収穫量、世界市場の需要など、様々な要因に影響される。このような変動は、製造業者や消費者に困難をもたらし、生産コストの予測や計画を困難にします。その結果、生産者は価格設定を調整する必要が生じ、消費者の行動に影響を与え、市場全体に影響を及ぼす可能性がある。価格変動はまた、サプライ・チェーンを混乱させ、潜在的な供給不足や価格高騰につながる可能性もあり、生産者と消費者の双方にとって市場をうまく立ち回ることが難しくなる。
市場競争
調理済みトウモロコシ粉市場は、代替原料や代替製品との激しい競争に直面している。とうもろこし粉はグルテンフリーで多用途に使えるといった独自の利点を持つ一方で、小麦、米、片栗粉など他の様々な粉や穀物と競合している。さらに、キヌア、アーモンド、ココナッツ粉などの代替穀物や粉の人気が高まっていることも、競争環境に拍車をかけている。このような競争は、メーカーやサプライヤーにとって、継続的な技術革新、製品の差別化、競争力のある価格設定の維持が課題となっている。市場で成功するためには、企業は消費者の嗜好の変化に対応し、際立つ方法を見つけなければならない。
規制遵守と表示
世界の食品業界は、複雑な規制と表示要件の網の目にさらされている。これらの規制を満たすことは、調理済みトウモロコシ粉市場にとって、特にアレルゲン表示と遺伝子組み換えの有無に関して特に難しい。正確なアレルゲン表示は、コーンアレルギーの蔓延とグルテンの交差汚染の懸念から極めて重要である。さらに、とうもろこし粉の非遺伝子組み換えのステータスは重要なセールスポイントになり得るが、遺伝子組み換えが蔓延している世界では、このステータスを検証し確保することは困難である。特に表示義務の厳しい地域では、こうした規制を遵守することは、製造業者にとってコスト高で複雑なものとなり、業界に新たな試練をもたらすことになる。
消費者教育と意識向上
グルテンフリーや非遺伝子組み換え製品に対する需要が高まる一方で、調理済みトウモロコシ粉の利点や用途について消費者を啓蒙することには課題が残る。多くの消費者はトウモロコシ粉の多用途性に馴染みがなく、食生活にどのように取り入れたらよいのかわからないかもしれない。このような認識不足は市場の成長を制限しかねない。さらに、とうもろこし粉の栄養成分、調理方法、潜在的なアレルゲン性リスクに関する明確で正確な情報が必要である。消費者が教育リソースと透明性のある製品情報に確実にアクセスできるようにすることは、メーカーと業界にとって継続的な課題である。
結論として、世界の調理済みとうもろこし粉市場は、とうもろこし栽培に関する環境問題、価格変動、熾烈な市場競争、規制遵守と表示の問題、消費者教育と意識の必要性など、いくつかの重大な課題に直面している。これらの課題に対処するには、農家、メーカー、規制機関、消費者擁護団体など、業界のすべての利害関係者が積極的に取り組む必要がある。これらの課題にうまく対処することは、世界の調理済みトウモロコシ粉市場の長期的な成長と持続可能性を確保する上で極めて重要である。
主要市場動向
健康ブーム
健康志向の世界的トレンドは調理済みトウモロコシ粉市場に大きな影響を与えている。消費者はグルテンフリーや非遺伝子組み換えなど、より健康的な代替食品を求めるようになっている。調理済みとうもろこし粉は、本来グルテンフリーであるため、セリアック病の患者や健康上の理由からグルテンフリーの食事療法を行っている人々に適しており、このトレンドに自然に適合している。とうもろこし粉に遺伝子組み換え作物(GMO)が含まれていないことも、健康志向の消費者にとって魅力的な特徴だ。その結果、メーカーはマーケティング活動で調理済みトウモロコシ粉の健康上の利点をアピールするようになってきており、健康意識の高まりとともにこの傾向は続くと予想される。
料理用途の多様化
調理済みとうもろこし粉は、伝統的な用途を超え、現在では幅広い料理用途に利用されています。とうもろこし粉は長い間、アレパス、トルティーヤ、タマーレスといったラテンアメリカ料理の主食として使われてきたが、今では世界中で革新的な方法で使われている。業界の主要トレンドのひとつは、調理済みトウモロコシ粉のスナック製品、焼き菓子、揚げ物用コーティングへの拡大である。例えば、ケーキやクッキーのようなグルテンフリーのベーキングに利用され、小麦ベースの小麦粉に代わる有効な選択肢を提供している。調理済みとうもろこし粉の多用途性により、多様で風味豊かな製品への需要に応えようとする食品メーカーにとって、とうもろこし粉は貴重な武器となる。
クリーンラベルと透明性
クリーンラベルと製品の透明性を求める傾向は、食品業界における消費者の選択に影響を与えている。調理済みトウモロコシ粉メーカーは、製品に関する明確で詳細な情報を提供することで対応している。これには、アレルゲン表示、非遺伝子組み換え認証、オーガニック・オプションなどが含まれる。さらに、栄養情報、原材料の調達先、製造方法の提供も重視されるようになっている。消費者の関心は、食品に使用されている原材料の出所や品質を知ることに高まっている。こうした透明性への期待に応えることは業界にとって難題であるが、消費者の信頼と購買決定に影響を与える重要な傾向である。
簡便食品に対する需要の高まり
多忙なライフスタイルや勤務形態の変化により、便利ですぐに食べられる、または調理が簡単な食品に対する世界的な需要が高まっている。調理済みとうもろこし粉は、短時間で簡単に調理できる食材であるため、この傾向に適している。下ごしらえも調理時間も最小限で済むため、家庭の料理人にも外食業者にも便利な選択肢となる。消費者が厨房での時間節約を求め続ける中、調理済みとうもろこし粉は好まれる選択肢になりつつある。この傾向は、スーパーマーケットやレストランで広く販売されているコーンベースのラップや既製品のコーントルティーヤのような製品の人気が高まっていることからも明らかである。
エスニック料理とグローバリゼーション
エスニック料理の人気と食文化のグローバル化の進展が、世界各地での調理済みトウモロコシ粉の台頭に寄与している。消費者は、様々な文化圏の料理を探求し、楽しむことにますます寛容になっており、とうもろこしベースの製品は、多くの国際的な料理に共通するものである。この傾向は、とうもろこしを使った料理と文化的な結びつきが確立している地域でも、消費者が国際的な味を体験したがっている地域でも、調理済みとうもろこし粉の需要増加につながっている。レストランや食品メーカーがこのトレンドに適応するにつれ、調理済みトウモロコシ粉の市場は拡大と多様化を続けている。
結論として、世界の調理済みトウモロコシ粉市場は、消費者の嗜好の変化と食文化の進化を反映した最近のトレンドによって形成されている。こうしたトレンドには、健康とウェルネスへの注目、料理用途の多様化、クリーンラベルと透明性への要求、簡便食品への関心の高まり、グローバル化した世界におけるエスニック料理の人気などが含まれる。業界がこうしたトレンドに適応し、革新を続けているため、世界の調理済みトウモロコシ粉市場は継続的な成長と拡大を遂げる可能性が高い。
セグメント別インサイト
用途別洞察
世界の調理済みとうもろこし粉市場は、このセグメント特有のニーズに応える様々な要因によって、商業セクターからの需要が顕著に急増している。レストラン、ベーカリー、フードサービスプロバイダなどの商業施設では、多用途で便利な食材として調理済みトウモロコシ粉を利用するケースが増えている。このような需要の高まりは、調理を合理化し、多様な料理オプションを提供し、幅広い顧客層の食生活の嗜好を満たすという製品の能力に起因している。
業務用分野で調理済みトウモロコシ粉の人気が高まっている重要な理由の一つは、調理工程が迅速で簡単なことである。調理済みとうもろこし粉は、最小限の準備と調理時間で済むため、ペースの速いレストランの厨房やベーカリーにとって理想的な選択肢となる。シェフやフードサービスの専門家は、コーントルティーヤやププサといった伝統的なラテンアメリカ料理から、グルテンフリーのモダンな焼き菓子や揚げ物のコーティングまで、幅広い料理を作ることができます。この多用途性は、メニューの充実を図るだけでなく、グルテン不耐症やセリアック病、非遺伝子組換え原料への嗜好など、食事制限のある人々を含む多様な顧客の需要に応えるのに役立つ。商業部門が効率、品質、消費者の食事嗜好への対応を優先し続ける中、調理済みトウモロコシ粉の需要はさらに高まり、世界市場の成長に貢献すると予想される。
流通チャネルの洞察
調理済みトウモロコシ粉の世界市場は、デジタル時代におけるショッピング習慣や消費者の嗜好の変化を反映して、オンライン・セグメントからの需要が大幅に急増している。Eコマース・プラットフォームやオンライン食料品ショッピングの人気が高まるにつれ、消費者は調理済みトウモロコシ粉を含む幅広い食品を購入するためにインターネットを利用するようになっている。
オンライン・セグメントの需要増加の主な原動力のひとつは、利便性である。オンライン・ショッピングは、消費者が自宅にいながらにして商品を閲覧、比較、購入できる柔軟性を提供する。調理済みとうもろこし粉は、その利便性と多用途性から、この傾向に合致している。消費者は様々なブランドや種類の調理済みトウモロコシ粉をオンラインで簡単に見つけて購入することができ、従来の店舗での買い物に伴う時間と労力を節約することができる。
オンライン需要を促進するもう一つの重要な要因は、多種多様な専門商品やニッチ商品が手に入ることである。Eコマース・プラットフォームは、小規模または特殊な生産者にプラットフォームを提供することが多く、消費者はユニークで入手困難な品種の調理済みトウモロコシ粉を手に入れることができる。このような幅広い品揃えは、オーガニックの選択肢や特定の地域の品種を求める消費者など、多様な消費者の嗜好に応えるものである。オンライン・セグメントが成長し続けるにつれ、調理済みトウモロコシ粉の需要はさらに増加すると予想され、世界市場全体の拡大に大きく貢献する。

地域別の洞察
アジア太平洋地域は、世界の調理済みトウモロコシ粉市場における需要の重要な牽引役として浮上している。この需要の急増は、食生活の嗜好の変化、グルテンフリーや非遺伝子組み換え製品に対する意識の高まり、調理済みトウモロコシ粉の多用途性など、様々な要因によるものである。
この需要の大きな原動力の一つは、多くのアジア諸国における豊かな料理の多様性と伝統である。調理済みとうもろこし粉は、とうもろこしベースの食材に頼る伝統的な料理に適応し、グルテンフリーの代替品を提供する。例えば、東南アジアでは、ベトナムのバインセオ(bánh xèo)やフィリピンのビビンカ(bibingka)などのレシピにトウモロコシ粉がよく使われている。さらに、グルテンフリーや非遺伝子組み換え製品への嗜好の高まりは、とうもろこし粉の自然な特性と一致している。アジア太平洋地域で健康志向の食生活に対する意識が高まるにつれ、調理済みトウモロコシ粉のような製品に対する需要も高まっている。
さらに、調理済みとうもろこし粉の汎用性の高さは、食品メーカーにとって魅力的であり、人気の高まりに貢献している。グルテンフリーの焼き菓子の製造から揚げ物のコーティングまで、さまざまな用途に使用できるため、この地域の食品メーカーは、進化する消費者の嗜好に対応するため、提供する製品を多様化することができる。その結果、アジア太平洋地域は世界の調理済みトウモロコシ粉市場の需要を引き続き牽引し、業界の拡大において極めて重要な役割を果たすと予想される。
主要市場プレイヤー
ゴヤフーズ社
ガーネックLLC
ボブズ・レッド・ミル
ライフラインフーズLLC
アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社
ハリネラ・デル・バレ
ゴールドマイン・ナチュラル・フーズ
モリノ・ペイラ
アルコー・グループ
エンプレス・ポーラー社
レポートの範囲
本レポートでは、調理済みコーンフラワーの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 調理済みコーンフラワー市場、タイプ別
o ホワイト
黄色

- 調理済みトウモロコシ粉市場:用途別
o 家庭用
o 商業用
- 調理済みコーンフラワー市場:流通経路別
o オフライン
オンライン
- 調理済みコーンフラワー市場:地域別
アジア太平洋
 中国
 日本
 インド
 ベトナム
 韓国
北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
ヨーロッパ
 フランス
 ドイツ
 スペイン
 イタリア
 イギリス
中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 クウェート
 エジプト
o 南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
競争状況
企業プロフィール:世界の調理済みトウモロコシ粉市場に参入している主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、与えられた市場データを用いて、世界の調理済みトウモロコシ粉市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.購買決定要因
4.2.情報源
5.調理済みコーンフラワーの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.タイプ別市場シェア分析(白、黄、青)
5.2.2.用途別市場シェア分析(住宅用、商業用)
5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析(オフライン、オンライン)
5.2.4.地域別市場シェア分析
5.2.4.1.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.4.2.北米市場シェア分析
5.2.4.3.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.4.4.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.4.5.南米市場シェア分析
5.2.5.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.トウモロコシ粉の世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.タイプ別市場マッピングと機会評価
5.3.2.用途別市場マッピングと機会評価
5.3.3.流通チャネル別市場マッピングと機会評価
5.3.4.地域別市場マッピングと機会評価
6.アジア太平洋地域の調理済みコーンフラワー市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.2.用途別市場シェア分析
6.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.4.国別市場シェア分析
6.2.4.1.中国の調理済みコーンフラワー市場展望
6.2.4.1.1.市場規模と予測
6.2.4.1.1.1.金額ベース
6.2.4.1.2.市場シェアと予測
6.2.4.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.4.1.2.2.用途別市場シェア分析
6.2.4.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.4.2.日本の調理済みコーンフラワー市場展望
6.2.4.2.1.市場規模・予測
6.2.4.2.1.1.金額ベース
6.2.4.2.2.市場シェアと予測
6.2.4.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.4.2.2.2.用途別市場シェア分析
6.2.4.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.4.3.インドの調理済みコーンフラワー市場展望
6.2.4.3.1.市場規模・予測
6.2.4.3.1.1.金額ベース
6.2.4.3.2.市場シェアと予測
6.2.4.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.4.3.2.2.用途別市場シェア分析
6.2.4.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.4.4.ベトナムの調理済みコーンフラワー市場展望
6.2.4.4.1.市場規模・予測
6.2.4.4.1.1.金額ベース
6.2.4.4.2.市場シェアと予測
6.2.4.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.4.4.2.2.用途別市場シェア分析
6.2.4.4.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.4.5.韓国の調理済みコーンフラワー市場展望
6.2.4.5.1.市場規模と予測
6.2.4.5.1.1.金額ベース
6.2.4.5.2.市場シェアと予測
6.2.4.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.4.5.2.2.用途別市場シェア分析
6.2.4.5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.北米の調理済みコーンフラワー市場展望
7.1.市場規模・予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.2.用途別市場シェア分析
7.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.4.国別市場シェア分析
7.2.4.1.米国の調理済みコーンフラワー市場展望
7.2.4.1.1.市場規模と予測
7.2.4.1.1.1.金額別
7.2.4.1.2.市場シェアと予測
7.2.4.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.4.1.2.2.用途別市場シェア分析
7.2.4.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.4.2.カナダの調理済みコーンフラワー市場展望
7.2.4.2.1.市場規模・予測
7.2.4.2.1.1.金額ベース
7.2.4.2.2.市場シェアと予測
7.2.4.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.4.2.2.2.用途別市場シェア分析
7.2.4.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.4.3.メキシコの調理済みコーンフラワー市場展望
7.2.4.3.1.市場規模・予測
7.2.4.3.1.1.金額ベース
7.2.4.3.2.市場シェアと予測
7.2.4.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.4.3.2.2.用途別市場シェア分析
7.2.4.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.欧州の調理済みコーンフラワー市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.2.用途別市場シェア分析
8.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.4.国別市場シェア分析
8.2.4.1.フランス調理済みコーンフラワー市場展望
8.2.4.1.1.市場規模と予測
8.2.4.1.1.1.金額ベース
8.2.4.1.2.市場シェアと予測
8.2.4.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.4.1.2.2.用途別市場シェア分析
8.2.4.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.4.2.ドイツの調理済みコーンフラワー市場展望
8.2.4.2.1.市場規模・予測
8.2.4.2.1.1.金額ベース
8.2.4.2.2.市場シェアと予測
8.2.4.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.4.2.2.2.用途別市場シェア分析
8.2.4.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.4.3.スペインの調理済みコーンフラワー市場展望
8.2.4.3.1.市場規模・予測
8.2.4.3.1.1.金額ベース
8.2.4.3.2.市場シェアと予測
8.2.4.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.4.3.2.2.用途別市場シェア分析
8.2.4.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.4.4.イタリアの調理済みコーンフラワー市場展望
8.2.4.4.1.市場規模・予測
8.2.4.4.1.1.金額ベース
8.2.4.4.2.市場シェアと予測
8.2.4.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.4.4.2.2.用途別市場シェア分析
8.2.4.4.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.4.5.イギリスの調理済みコーンフラワー市場展望
8.2.4.5.1.市場規模・予測
8.2.4.5.1.1.金額ベース
8.2.4.5.2.市場シェアと予測
8.2.4.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.4.5.2.2.用途別市場シェア分析
8.2.4.5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.中東・アフリカの調理済みコーンフラワー市場展望
9.1.市場規模と予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.4.国別市場シェア分析
9.2.4.1.南アフリカの調理済みコーンフラワー市場展望
9.2.4.1.1.市場規模と予測
9.2.4.1.1.1.金額ベース
9.2.4.1.2.市場シェアと予測
9.2.4.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.4.1.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.4.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.4.2.サウジアラビアの調理済みコーンフラワー市場展望
9.2.4.2.1.市場規模・予測
9.2.4.2.1.1.金額ベース
9.2.4.2.2.市場シェアと予測
9.2.4.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.4.2.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.4.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.4.3.UAE調理済みコーンフラワー市場の展望
9.2.4.3.1.市場規模・予測
9.2.4.3.1.1.金額ベース
9.2.4.3.2.市場シェアと予測
9.2.4.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.4.3.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.4.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.4.4.トルコの調理済みコーンフラワー市場展望
9.2.4.4.1.市場規模・予測
9.2.4.4.1.1.金額ベース
9.2.4.4.2.市場シェアと予測
9.2.4.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.4.4.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.4.4.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.4.5.クウェートの調理済みコーンフラワー市場展望
9.2.4.5.1.市場規模・予測
9.2.4.5.1.1.金額ベース
9.2.4.5.2.市場シェアと予測
9.2.4.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.4.5.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.4.5.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.4.6.エジプト調理済みコーンフラワー市場展望
9.2.4.6.1.市場規模・予測
9.2.4.6.1.1.金額ベース
9.2.4.6.2.市場シェアと予測
9.2.4.6.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.4.6.2.2.用途別市場シェア分析
9.2.4.6.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.南米の調理済みコーンフラワー市場展望
10.1.市場規模と予測
10.1.1.価値別
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.2.用途別市場シェア分析
10.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.4.国別市場シェア分析
10.2.4.1.ブラジルの調理済みコーンフラワー市場展望
10.2.4.1.1.市場規模と予測
10.2.4.1.1.1.金額ベース
10.2.4.1.2.市場シェアと予測
10.2.4.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.4.1.2.2.用途別市場シェア分析
10.2.4.1.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.4.2.アルゼンチンの調理済みコーンフラワー市場展望
10.2.4.2.1.市場規模・予測
10.2.4.2.1.1.金額ベース
10.2.4.2.2.市場シェアと予測
10.2.4.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.4.2.2.2.用途別市場シェア分析
10.2.4.2.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.4.3.コロンビアの調理済みコーンフラワー市場展望
10.2.4.3.1.市場規模・予測
10.2.4.3.1.1.金額ベース
10.2.4.3.2.市場シェアと予測
10.2.4.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.4.3.2.2.用途別市場シェア分析
10.2.4.3.2.3.流通チャネル別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.推進要因
11.2.課題
12.COVID-19が世界の調理済みコーンフラワー市場に与える影響
12.1.影響評価モデル
12.1.1.影響を受ける主要セグメント
12.1.2.影響を受ける主要地域
12.1.3.影響を受ける主要国
13.市場動向
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.ゴヤフーズ
14.1.1.1.会社詳細
14.1.1.2.製品
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.ガーネックLLC
14.1.2.1.会社概要
14.1.2.2.製品
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.ボブズ・レッド・ミル
14.1.3.1.会社の詳細
14.1.3.2.製品
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.ライフラインフーズLLC
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.製品
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド社
14.1.5.1.会社概要
14.1.5.2.製品
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.ハリネラ・デル・バレ
14.1.6.1.会社概要
14.1.6.2.製品
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.ゴールドマイン・ナチュラル・フーズ
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.モリノ・ペイラ社
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.グルーマ、アーコール・グループ
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.製品
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.エンプレス・ポーラー社
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品
14.1.10.3.財務状況(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言/行動計画
15.1.重点分野
15.2.ターゲットタイプ
15.3.ターゲット流通チャネル
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Global Precooked Corn Flour Market has valued at USD 2.47 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 4.3% through 2028. The global precooked corn flour market has witnessed substantial growth and transformation in recent years, driven by shifting consumer preferences and increasing demand for convenient, versatile food products. Precooked corn flour is a staple ingredient in many traditional and contemporary cuisines, making it a valuable commodity in the global food industry. This market overview delves into key trends and factors influencing the industry's dynamics.
Firstly, the growth of the global precooked corn flour market can be attributed to the rising popularity of gluten-free and non-GMO food products. As consumers become more health-conscious and seek alternatives to wheat-based flours, precooked corn flour has emerged as a preferred choice due to its natural gluten-free properties. Furthermore, its convenience and quick cooking time make it an appealing option for busy lifestyles. Secondly, regional variations in the consumption and production of precooked corn flour play a vital role in market dynamics. Countries in Latin America and Africa, where corn is a dietary staple, are key producers and consumers. In contrast, the North American and European markets are experiencing growing demand for corn flour as it diversifies from traditional uses into snacks, coatings, and baked goods. The global precooked corn flour market is poised for further expansion as the food industry continues to innovate, catering to changing dietary needs and culinary trends.
In conclusion, the global precooked corn flour market is witnessing dynamic growth, driven by the demand for gluten-free and convenient food products. Regional variations in consumption and production add complexity to the market's landscape. As the industry continues to adapt to evolving consumer preferences, the global precooked corn flour market is poised for continued expansion and diversification.
Market Drivers
Health and Wellness Trends
One of the primary drivers of the global precooked corn flour market is the increasing emphasis on health and wellness among consumers. As more people seek healthier dietary choices, there has been a growing demand for gluten-free and non-GMO food products. Precooked corn flour aligns with these trends as it is naturally gluten-free and can be used as a substitute for wheat-based flours in various recipes. It caters to individuals with gluten sensitivities, celiac disease, or those who simply prefer gluten-free options. This health-conscious approach also extends to the non-GMO aspect, as consumers become more aware of genetically modified organisms in their food. The absence of GMOs in precooked corn flour is a significant selling point for health-conscious consumers.
Convenience and Versatility
The convenience and versatility of precooked corn flour are key drivers behind its market growth. This product offers a quick and easy solution for various culinary applications. It requires minimal cooking time, making it a popular choice for busy lifestyles. Whether it's used for preparing traditional dishes like arepas, tortillas, and tamales, or modern applications like coatings, soups, and baked goods, precooked corn flour's versatility appeals to a wide range of consumers. It is a staple ingredient in many world cuisines, and its adaptability makes it a valuable addition to the global food industry.
Cultural Relevance and Regional Demand
Regional variations in the consumption and production of precooked corn flour play a crucial role in shaping the market. In regions like Latin America and parts of Africa, corn is a dietary staple with deep cultural and historical significance. Consequently, these areas are key producers and consumers of precooked corn flour. Latin American countries use it extensively in traditional dishes like arepas in Colombia and Venezuela or tortillas in Mexico, and the demand remains consistently high. Furthermore, the market for corn-based products in these regions continues to expand as they adapt to modern culinary trends. Conversely, in North America and Europe, the consumption of precooked corn flour is experiencing significant growth beyond traditional applications. The flour is increasingly being used in snack products, coatings for fried foods, and gluten-free baking, driven by consumers seeking new and innovative food options.
Food Industry Innovation
The global food industry is continuously innovating to meet evolving consumer preferences and dietary needs. Precooked corn flour has found its place in this landscape due to its adaptability and versatility. Food manufacturers and restaurants are incorporating precooked corn flour into a variety of products and dishes to cater to the growing demand for gluten-free and non-GMO options. This innovation not only expands the market but also encourages creativity in the culinary world. From gluten-free pasta to corn-based snacks, the versatility of precooked corn flour has sparked the interest of food industry professionals, leading to a broader range of product offerings.
Global Trade and Supply Chain Efficiencies
The global supply chain has played a pivotal role in the growth of the precooked corn flour market. Improved transportation and distribution networks have facilitated the easy movement of corn flour products across borders. As a result, consumers in various parts of the world have easier access to these products, thereby increasing demand. Additionally, international trade agreements and partnerships have allowed for the smoother movement of corn flour ingredients, leading to a steady supply and cost-effective production. This globalization of the market has contributed to the industry's growth and ensures that consumers can enjoy a wide variety of corn-based products.
In conclusion, the global precooked corn flour market is influenced by several key drivers, including health and wellness trends, convenience and versatility, cultural relevance, food industry innovation, and the efficiency of global trade and supply chains. These drivers have collectively contributed to the market's growth and will likely continue to shape its future as consumers seek healthier, more convenient, and culturally diverse food options.
Key Market Challenges
Environmental Concerns
One of the most pressing challenges for the global precooked corn flour market is its environmental impact. Corn cultivation requires a substantial amount of water and is susceptible to soil degradation and erosion. Additionally, the use of pesticides and fertilizers in corn farming can lead to water pollution and harm to local ecosystems. As consumers become more eco-conscious, there is increasing pressure on the industry to adopt sustainable and environmentally friendly practices. This includes advocating for responsible farming methods, efficient water usage, and reduced chemical inputs in corn production. Meeting these demands for sustainable agriculture can be challenging, as it often requires significant investments and changes in established farming practices.
Price Volatility
The global precooked corn flour market is vulnerable to price volatility due to fluctuations in corn prices. Corn prices are influenced by various factors, including weather conditions, crop yields, and global market demand. This volatility can pose challenges for manufacturers and consumers, making it difficult to predict and plan for production costs. As a result, producers may need to adjust their pricing, which can impact consumer behavior and affect the overall market. Price volatility can also disrupt supply chains, leading to potential shortages and price spikes, making it challenging for both producers and consumers to navigate the market.
Market Competition
The precooked corn flour market faces fierce competition from alternative ingredients and products. While it offers unique benefits, such as being gluten-free and versatile, it competes with various other flours and grains like wheat, rice, and potato starch. Additionally, the growing popularity of alternative grains and flours, such as quinoa, almond, and coconut flours, adds to the competitive landscape. This competition challenges manufacturers and suppliers to continually innovate, differentiate their products, and maintain competitive pricing. To succeed in the market, companies must find ways to stand out and meet the evolving preferences of consumers.
Regulatory Compliance and Labeling
The global food industry is subject to a complex web of regulations and labeling requirements. Meeting these regulations is particularly challenging for the precooked corn flour market, especially with regards to allergen labeling and GMO status. Accurate allergen labeling is crucial due to the prevalence of corn allergies and gluten cross-contamination concerns. Moreover, the non-GMO status of corn flour can be a key selling point, but verifying and ensuring this status can be challenging in a world where genetic modification is widespread. Complying with these regulations, especially in regions with strict labeling requirements, can be costly and complex for manufacturers, adding a layer of challenge to the industry.
Consumer Education and Awareness
While the demand for gluten-free and non-GMO products is growing, there remains a challenge in educating consumers about the benefits and uses of precooked corn flour. Many consumers are unfamiliar with its versatility and may not know how to incorporate it into their diets. This lack of awareness can limit market growth. Moreover, there is a need for clear and accurate information about the nutritional content, preparation methods, and potential allergenic risks associated with corn flour. Ensuring that consumers have access to educational resources and transparent product information is an ongoing challenge for manufacturers and the industry.
In conclusion, the global precooked corn flour market faces several significant challenges, including environmental concerns related to corn cultivation, price volatility, fierce market competition, regulatory compliance and labeling issues, and the need for consumer education and awareness. Addressing these challenges requires proactive efforts from all stakeholders in the industry, including farmers, manufacturers, regulatory bodies, and consumer advocacy groups. Navigating these challenges successfully will be crucial in ensuring the long-term growth and sustainability of the global precooked corn flour market.
Key Market Trends
Health and Wellness Boom
The global trend toward health and wellness has significantly impacted the precooked corn flour market. Consumers are increasingly seeking healthier food alternatives, including gluten-free and non-GMO options. Precooked corn flour naturally fits into this trend, as it is inherently gluten-free, making it suitable for individuals with celiac disease and those who follow gluten-free diets for health reasons. The absence of genetically modified organisms (GMOs) in corn flour is another attractive feature for health-conscious consumers. As a result, manufacturers are increasingly promoting the health benefits of precooked corn flour in their marketing efforts, and this trend is expected to continue as health awareness grows.
Diversification of Culinary Applications
Precooked corn flour has evolved beyond its traditional uses and is now finding its way into a wide range of culinary applications. While it has long been a staple ingredient in Latin American dishes like arepas, tortillas, and tamales, it is now being used in innovative ways across the globe. One of the key trends in the industry is the expansion of precooked corn flour into snack products, baked goods, and coatings for fried foods. For example, it is being utilized in gluten-free baking for items like cakes and cookies, offering a viable alternative to wheat-based flours. The versatility of precooked corn flour makes it a valuable addition to food manufacturers' arsenals as they strive to meet the demand for diverse and flavorful products.
Clean Label and Transparency
The trend toward clean labels and product transparency is influencing consumer choices in the food industry. Precooked corn flour manufacturers are responding by providing clear and detailed information about their products. This includes allergen labeling, non-GMO certifications, and organic options. Additionally, there is an increased emphasis on providing nutritional information, ingredient sourcing, and production methods. Consumers are more interested in knowing the source and quality of the ingredients used in their food. Meeting these transparency expectations can be a challenge for the industry, but it is a critical trend that impacts consumer trust and purchasing decisions.
Rising Demand for Convenience Foods
The global demand for convenient, ready-to-eat, or easy-to-prepare foods has been on the rise, driven by busy lifestyles and changing work patterns. Precooked corn flour fits this trend as it is a quick and easy ingredient to work with. It requires minimal preparation and cooking time, making it a convenient choice for home cooks and foodservice providers alike. As consumers continue to seek time-saving solutions in their kitchen, precooked corn flour is becoming a preferred option. This trend is evident in the increasing popularity of products like corn-based wraps and pre-made corn tortillas, which are widely available in supermarkets and restaurants.
Ethnic Cuisine and Globalization
The popularity of ethnic cuisine and the growing globalization of food culture have contributed to the rise of precooked corn flour in different parts of the world. Consumers are increasingly open to exploring and enjoying dishes from various cultures, and corn-based products are a common thread in many international cuisines. This trend has led to an increase in demand for precooked corn flour, both in regions with established cultural ties to corn-based dishes and in areas where consumers are eager to experience international flavors. As restaurants and food manufacturers adapt to this trend, the market for precooked corn flour continues to expand and diversify.
In conclusion, the global precooked corn flour market is shaped by recent trends that reflect changing consumer preferences and evolving food culture. These trends include the focus on health and wellness, the diversification of culinary applications, the demand for clean label and transparency, the rising interest in convenience foods, and the popularity of ethnic cuisine in a globalized world. As the industry continues to adapt and innovate to meet these trends, the global precooked corn flour market is likely to experience continued growth and expansion.
Segmental Insights
Application Insights
The global precooked corn flour market is experiencing a notable surge in demand from the commercial sector, driven by various factors that cater to the unique needs of this segment. Commercial establishments, such as restaurants, bakeries, and foodservice providers, are increasingly turning to precooked corn flour as a versatile and convenient ingredient. This rising demand can be attributed to the product's ability to streamline food preparation, offer diverse culinary options, and meet the dietary preferences of a broad customer base.
One significant reason for the growing popularity of precooked corn flour in the commercial sector is its quick and easy cooking process. Precooked corn flour requires minimal preparation and cooking time, making it an ideal choice for high-paced restaurant kitchens and bakeries. It allows chefs and foodservice professionals to create a wide range of dishes, from traditional Latin American favorites like corn tortillas and pupusas to modern gluten-free baked goods and coatings for fried foods. This versatility not only enhances menu offerings but also helps meet the demands of a diverse clientele, including those with dietary restrictions such as gluten intolerance, celiac disease, or a preference for non-GMO ingredients. As the commercial sector continues to prioritize efficiency, quality, and meeting the dietary preferences of consumers, the demand for precooked corn flour is expected to rise further, contributing to the growth of the global market.
Distribution Channel Insights
The global market for precooked corn flour is witnessing a significant surge in demand from the online segment, reflecting the changing shopping habits and consumer preferences in the digital age. With the growing popularity of e-commerce platforms and online grocery shopping, consumers are increasingly turning to the internet to purchase a wide range of food products, including precooked corn flour.
One key driver behind the rising demand in the online segment is convenience. Online shopping offers consumers the flexibility to browse, compare, and purchase products from the comfort of their homes. Precooked corn flour, with its convenience and versatility, aligns well with this trend. Consumers can easily find and purchase various brands and types of precooked corn flour online, saving time and effort associated with traditional in-store shopping.
Another significant factor driving the online demand is the availability of a wide variety of specialty and niche products. E-commerce platforms often provide a platform for smaller or specialty producers, giving consumers access to unique and hard-to-find varieties of precooked corn flour. This wider product selection caters to diverse consumer preferences, including those seeking organic options or specific regional varieties. As the online segment continues to grow, the demand for precooked corn flour is expected to increase further, making it a key contributor to the overall expansion of the global market.

Regional Insights
The Asia Pacific region is emerging as a significant driver of demand in the global precooked corn flour market. This surge in demand is attributed to a variety of factors, including changing dietary preferences, a growing awareness of gluten-free and non-GMO products, and the versatile nature of precooked corn flour.
One major driver of this demand is the rich culinary diversity and tradition across many Asian countries. Precooked corn flour offers an adaptable and gluten-free alternative for traditional dishes that rely on corn-based ingredients. For instance, in Southeast Asia, corn flour is commonly used in recipes like bánh xèo in Vietnam and bibingka in the Philippines. Additionally, the increasing preference for gluten-free and non-GMO products aligns with the natural characteristics of corn flour. As awareness of health-conscious dietary choices grows in the Asia Pacific region, so does the demand for products like precooked corn flour.
Moreover, the versatile nature of precooked corn flour makes it appealing to food manufacturers, contributing to its growing popularity. It can be used in a variety of applications, from creating gluten-free baked goods to coatings for fried foods, allowing food producers in the region to diversify their product offerings to cater to evolving consumer tastes. As a result, the Asia Pacific region is expected to continue driving demand in the global precooked corn flour market, making it a pivotal player in the industry's expansion.
Key Market Players
Goya Foods, Inc.
Garnec, LLC
Bob's Red Mill
LifeLine Foods LLC
Archer Daniels Midland Company
Harinera Del Valle
Goldmine Natural Foods
Molino Peila SpA
Gruma, Arcor Group
Empresas Polar, Inc.
Report Scope:
In this report, the Global Precooked Corn Flour Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Precooked Corn Flour Market, By Type:
o White
o Yellow
o Blue
• Precooked Corn Flour Market, By Application:
o Residential
o Commercial
• Precooked Corn Flour Market, By Distribution Channel:
o Offline
o Online
• Precooked Corn Flour Market, By Region:
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 Vietnam
 South Korea
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 Germany
 Spain
 Italy
 United Kingdom
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Kuwait
 Egypt
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Precooked Corn Flour Market.
Available Customizations:
Global Precooked Corn Flour Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Factors Influencing Purchase Decision
4.2. Sources of Information
5. Global Precooked Corn Flour Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type Market Share Analysis (White, Yellow, Blue)
5.2.2. By Application Market Share Analysis (Residential, Commercial)
5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis (Offline, Online)
5.2.4. By Regional Market Share Analysis
5.2.4.1. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.4.2. North America Market Share Analysis
5.2.4.3. Europe Market Share Analysis
5.2.4.4. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.4.5. South America Market Share Analysis
5.2.5. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Precooked Corn Flour Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Application Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Distribution Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. Asia-Pacific Precooked Corn Flour Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.2. By Application Market Share Analysis
6.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.4. By Country Market Share Analysis
6.2.4.1. China Precooked Corn Flour Market Outlook
6.2.4.1.1. Market Size & Forecast
6.2.4.1.1.1. By Value
6.2.4.1.2. Market Share & Forecast
6.2.4.1.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.4.1.2.2. By Application Market Share Analysis
6.2.4.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.4.2. Japan Precooked Corn Flour Market Outlook
6.2.4.2.1. Market Size & Forecast
6.2.4.2.1.1. By Value
6.2.4.2.2. Market Share & Forecast
6.2.4.2.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.4.2.2.2. By Application Market Share Analysis
6.2.4.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.4.3. India Precooked Corn Flour Market Outlook
6.2.4.3.1. Market Size & Forecast
6.2.4.3.1.1. By Value
6.2.4.3.2. Market Share & Forecast
6.2.4.3.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.4.3.2.2. By Application Market Share Analysis
6.2.4.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.4.4. Vietnam Precooked Corn Flour Market Outlook
6.2.4.4.1. Market Size & Forecast
6.2.4.4.1.1. By Value
6.2.4.4.2. Market Share & Forecast
6.2.4.4.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.4.4.2.2. By Application Market Share Analysis
6.2.4.4.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.4.5. South Korea Precooked Corn Flour Market Outlook
6.2.4.5.1. Market Size & Forecast
6.2.4.5.1.1. By Value
6.2.4.5.2. Market Share & Forecast
6.2.4.5.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.4.5.2.2. By Application Market Share Analysis
6.2.4.5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7. North America Precooked Corn Flour Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.2. By Application Market Share Analysis
7.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.4. By Country Market Share Analysis
7.2.4.1. United States Precooked Corn Flour Market Outlook
7.2.4.1.1. Market Size & Forecast
7.2.4.1.1.1. By Value
7.2.4.1.2. Market Share & Forecast
7.2.4.1.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.4.1.2.2. By Application Market Share Analysis
7.2.4.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.4.2. Canada Precooked Corn Flour Market Outlook
7.2.4.2.1. Market Size & Forecast
7.2.4.2.1.1. By Value
7.2.4.2.2. Market Share & Forecast
7.2.4.2.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.4.2.2.2. By Application Market Share Analysis
7.2.4.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.4.3. Mexico Precooked Corn Flour Market Outlook
7.2.4.3.1. Market Size & Forecast
7.2.4.3.1.1. By Value
7.2.4.3.2. Market Share & Forecast
7.2.4.3.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.4.3.2.2. By Application Market Share Analysis
7.2.4.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8. Europe Precooked Corn Flour Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.2. By Application Market Share Analysis
8.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.4. By Country Market Share Analysis
8.2.4.1. France Precooked Corn Flour Market Outlook
8.2.4.1.1. Market Size & Forecast
8.2.4.1.1.1. By Value
8.2.4.1.2. Market Share & Forecast
8.2.4.1.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.4.1.2.2. By Application Market Share Analysis
8.2.4.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.4.2. Germany Precooked Corn Flour Market Outlook
8.2.4.2.1. Market Size & Forecast
8.2.4.2.1.1. By Value
8.2.4.2.2. Market Share & Forecast
8.2.4.2.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.4.2.2.2. By Application Market Share Analysis
8.2.4.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.4.3. Spain Precooked Corn Flour Market Outlook
8.2.4.3.1. Market Size & Forecast
8.2.4.3.1.1. By Value
8.2.4.3.2. Market Share & Forecast
8.2.4.3.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.4.3.2.2. By Application Market Share Analysis
8.2.4.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.4.4. Italy Precooked Corn Flour Market Outlook
8.2.4.4.1. Market Size & Forecast
8.2.4.4.1.1. By Value
8.2.4.4.2. Market Share & Forecast
8.2.4.4.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.4.4.2.2. By Application Market Share Analysis
8.2.4.4.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.4.5. United Kingdom Precooked Corn Flour Market Outlook
8.2.4.5.1. Market Size & Forecast
8.2.4.5.1.1. By Value
8.2.4.5.2. Market Share & Forecast
8.2.4.5.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.4.5.2.2. By Application Market Share Analysis
8.2.4.5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9. Middle East & Africa Precooked Corn Flour Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.4. By Country Market Share Analysis
9.2.4.1. South Africa Precooked Corn Flour Market Outlook
9.2.4.1.1. Market Size & Forecast
9.2.4.1.1.1. By Value
9.2.4.1.2. Market Share & Forecast
9.2.4.1.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.4.1.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.4.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.4.2. Saudi Arabia Precooked Corn Flour Market Outlook
9.2.4.2.1. Market Size & Forecast
9.2.4.2.1.1. By Value
9.2.4.2.2. Market Share & Forecast
9.2.4.2.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.4.2.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.4.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.4.3. UAE Precooked Corn Flour Market Outlook
9.2.4.3.1. Market Size & Forecast
9.2.4.3.1.1. By Value
9.2.4.3.2. Market Share & Forecast
9.2.4.3.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.4.3.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.4.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.4.4. Turkey Precooked Corn Flour Market Outlook
9.2.4.4.1. Market Size & Forecast
9.2.4.4.1.1. By Value
9.2.4.4.2. Market Share & Forecast
9.2.4.4.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.4.4.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.4.4.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.4.5. Kuwait Precooked Corn Flour Market Outlook
9.2.4.5.1. Market Size & Forecast
9.2.4.5.1.1. By Value
9.2.4.5.2. Market Share & Forecast
9.2.4.5.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.4.5.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.4.5.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.4.6. Egypt Precooked Corn Flour Market Outlook
9.2.4.6.1. Market Size & Forecast
9.2.4.6.1.1. By Value
9.2.4.6.2. Market Share & Forecast
9.2.4.6.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.4.6.2.2. By Application Market Share Analysis
9.2.4.6.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10. South America Precooked Corn Flour Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.2. By Application Market Share Analysis
10.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.4. By Country Market Share Analysis
10.2.4.1. Brazil Precooked Corn Flour Market Outlook
10.2.4.1.1. Market Size & Forecast
10.2.4.1.1.1. By Value
10.2.4.1.2. Market Share & Forecast
10.2.4.1.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.4.1.2.2. By Application Market Share Analysis
10.2.4.1.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.4.2. Argentina Precooked Corn Flour Market Outlook
10.2.4.2.1. Market Size & Forecast
10.2.4.2.1.1. By Value
10.2.4.2.2. Market Share & Forecast
10.2.4.2.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.4.2.2.2. By Application Market Share Analysis
10.2.4.2.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.4.3. Colombia Precooked Corn Flour Market Outlook
10.2.4.3.1. Market Size & Forecast
10.2.4.3.1.1. By Value
10.2.4.3.2. Market Share & Forecast
10.2.4.3.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.4.3.2.2. By Application Market Share Analysis
10.2.4.3.2.3. By Distribution Channel Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Impact of COVID-19 on Global Precooked Corn Flour Market
12.1. Impact Assessment Model
12.1.1. Key Segments Impacted
12.1.2. Key Regions Impacted
12.1.3. Key Countries Impacted
13. Market Trends & Developments
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. Goya Foods, Inc.
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Garnec, LLC
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. Bob's Red Mill
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. LifeLine Foods LLC
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Archer Daniels Midland Company
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. Harinera Del Valle
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. Goldmine Natural Foods
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Molino Peila SpA
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. Gruma, Arcor Group
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Empresas Polar, Inc.
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations/Action Plan
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Type
15.3. Target Distribution Channel
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(distribution channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る