世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

フェイスバームの世界市場規模、シェア、動向、機会、予測、製品タイプ別(保湿フェイスバーム、アンチエイジングフェイスバーム、その他)、流通チャネル別(オフライン、オンライン)、地域別、競合別セグメント、2018-2028年


Face Balm Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Product Type (Moisturizing Face Balm, Anti-aging Face Balm, Others), By Distribution Channel (Offline, Online), By Region, By Competition, 2018-2028

フェイスバームの世界市場規模は2022年に1億9,989万米ドルとなり、2028年までの年平均成長率は10.2%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。フェイスバームの世界市場は、スキンケアに対する消費者の意識の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

 

サマリー

フェイスバームの世界市場規模は2022年に1億9,989万米ドルとなり、2028年までの年平均成長率は10.2%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。フェイスバームの世界市場は、スキンケアに対する消費者の意識の高まりと、セルフケア習慣の重視の高まりによって、近年著しい成長を遂げている。フェイスバームは、様々なスキンケアの悩みを解決する多目的ソリューションとして人気を集めている。これらの製品には、ビタミン、抗酸化物質、天然オイルなどの栄養成分が配合されており、保湿、鎮静、肌の若返りのための好ましい選択肢となっている。
世界のフェイスバーム市場の主要な促進要因のひとつは、清潔で自然な美容製品に対する需要の高まりである。消費者は肌に塗布する成分について目が肥えてきており、オーガニックで無農薬のフェイスバームの需要急増につながっている。さらに、COVID-19の大流行が個人の衛生とスキンケアへの関心を高め、市場のさらなる成長を促している。その結果、スキンケアブランドは革新的な処方とパッケージでこの需要に応えようと革新を進めている。
世界のフェイスバーム市場は競争も激化しており、大手化粧品メーカーと新興のインディーズブランドの両方が参入している。この競争が革新を促進し、各ブランドは多様な消費者層を惹きつけるために新しいテクスチャー、香り、パッケージを導入している。消費者がスキンケアを毎日のルーティンの一部として優先する傾向が続く中、フェイスバーム市場は継続的な成長の態勢を整えており、このダイナミックな業界で成功するチャンスは既存プレーヤーにも新規参入者にもある。
主な市場牽引要因
スキンケアに対する意識の高まり
世界のフェイスバーム市場の主な促進要因のひとつは、スキンケアに対する意識の高まりである。今日の消費者は、肌の健康と若々しさを維持するためのスキンケアの重要性について、より多くの情報を得るようになっている。その結果、乾燥、肌荒れ、老化など、さまざまな肌の悩みに的を絞った解決策を提供する製品を求めるようになっている。保湿効果や栄養補給効果のあるフェイスバームは、スキンケアに欠かせないアイテムとして人気を集めている。
自然で清潔な美容への嗜好
もうひとつの大きな原動力は、ナチュラルでクリーンな美容製品への嗜好の高まりである。消費者は、使用するスキンケア製品の成分に対する意識を高めている。有害な化学物質やパラベン、合成香料を含まない製品を求めるようになっている。植物エキス、エッセンシャルオイル、オーガニック処方など、天然成分で作られたフェイスバームの需要は高い。この傾向は、消費者が肌に良いだけでなく環境にも配慮した製品を求めるようになり、持続可能性や環境に配慮した製品へとシフトしていることと一致している。
多機能性と多用途性
フェイスバームはその多機能性で知られ、市場成長の主要な原動力となっている。これらの製品は、スキンケアのルーチンにおいて複数の役割を果たすことができる。モイスチャライザー、リップクリーム、キューティクル・トリートメント、さらにはハイライトとしても使用できるため、消費者の美容アイテムとして多目的に利用できる。1つの製品でさまざまなスキンケア・ニーズに対応できる利便性は、忙しいライフスタイルにアピールし、フェイスバームの人気上昇に貢献している。
ソーシャルメディアと美容トレンドの影響
ソーシャルメディアと美容トレンドの影響も、世界のフェイスバーム市場の重要な促進要因である。美容インフルエンサーや有名人は、インスタグラム、ユーチューブ、TikTokなどのプラットフォームで、スキンケアのルーティンやお気に入りの製品を紹介することが多い。このような露出は、フェイスバームを含む特定のスキンケア製品への関心と需要を急速に高める。消費者は、憧れのインフルエンサーが薦めるのを見たり、人気の美容トレンドに沿った製品を試す可能性が高く、市場の成長に貢献している。
パンデミックによるセルフケアとウェルネスへの注目
COVID-19の流行は、スキンケア習慣を含む消費者行動に大きな影響を与えた。人々が自宅で過ごす時間が長くなり、セルフケアとウェルネスが不可欠な優先事項となった。パンデミックは衛生と健康全般への関心を高め、肌の状態に細心の注意を払うようになった。鎮静作用と保湿作用のあるフェイスバームは、セルフケアの儀式がこれまで以上に重視された時代に、快適さと栄養を与えてくれた。この消費者行動の変化は永続的な効果をもたらし、多くの人々がスキンケアとフェイスクリームを日常生活の中で優先的に使い続けている。
結論として、世界のフェイスバーム市場は、スキンケアに対する意識の高まり、ナチュラルでクリーンな美容製品への嗜好、フェイスバームの多機能性、ソーシャルメディアと美容トレンドの影響、パンデミックがセルフケアとウェルネスに与える影響によって牽引されている。これらの推進要因は、消費者の嗜好の変化とスキンケア産業の継続的な進化を反映しており、フェイスバームを世界の美容市場において突出した有望なセグメントにしている。
主な市場課題
激しい競争と飽和状態
フェイスバーム市場は近年、競争が激化している。スキンケア製品に対する消費者の需要が高まるにつれ、数多くの新しいブランドや製品が市場に参入している。この飽和状態により、既存ブランドにとっても新興ブランドにとっても、際立って市場シェアを獲得することが難しくなっている。企業は、競合と差別化するために、マーケティング、ブランディング、製品イノベーションに投資しなければならない。
老舗スキンケア大手も新興ブランドも、消費者の注目を集めるためにしのぎを削っており、市場は混雑している。この競争は価格圧力につながり、ブランドが利益率を維持することを難しくしている。さらに、消費者は選択の余地を失い、ブランドが顧客ロイヤルティを築くことを難しくしている。
原料調達と持続可能性
今日の消費者の多くは、肌につけるものだけでなく、スキンケア製品の環境や倫理的な意味合いにも関心を寄せている。成分の調達と持続可能性は、フェイスクリーム市場にとって重要な課題となっている。消費者は、倫理的に調達され、無農薬で、環境にやさしい成分を使用した製品をますます求めるようになっている。
このような消費者の嗜好の変化により、スキンケアブランドは原料調達や製造工程について透明性を確保する必要がある。ブランドは、責任ある調達、環境に優しいパッケージング、二酸化炭素排出量の削減など、持続可能な慣行に投資しなければならない。製品の効能と手頃な価格を確保しながら、これらの要求を満たすことは、ブランドにとって複雑なバランスを取る行為となりうる。
規制遵守と安全性:
フェイスバームを含むスキンケア製品は、様々な地域で厳しい規制の対象となっており、これらの規制を遵守することは、グローバル市場で事業を展開するブランドにとって重要な課題となりうる。ラベリング、製品表示、成分の安全性、試験に関する要件は国によって異なる。
規制基準を満たし、成分の安全性を確保することは、法令遵守の問題だけでなく、消費者の信頼の問題でもある。ブランドは、製品の安全性と有効性を証明するために研究開発に投資しなければならないが、それには時間と費用がかかる。進化する規制を常に把握し、それに合わせて製品処方を適応させることは、フェイスクリーム市場における継続的な課題である。
消費者教育と誤った情報
スキンケアは極めて個人的かつ主観的な問題であり、消費者はスキンケアのルーチンについて十分な情報を得た上で決断するために、しばしば情報を求める。しかし、特にインターネットやソーシャルメディア上では、情報が氾濫しているため、誤った情報や混乱が生じている。消費者は、相反するアドバイスや主張、レビューにさらされる可能性があり、正しい製品を選ぶことが難しくなっている。

フェイスクリーム市場のブランドは、自社製品の利点を消費者に啓蒙するだけでなく、誤った情報や虚偽の主張に対抗するという課題に直面している。さらに、消費者との信頼関係を築くために、成分、製品の使用法、期待される効果について明確で正確な情報を提供しなければならない。
消費者の嗜好とトレンドの変化
スキンケア業界における消費者の嗜好は、進化する美容トレンドや文化的な変化によって急速に変化する可能性がある。今日流行しているものが、明日は需要がないかもしれません。このような変化に対応し、それに合わせて製品の提供を変えることは、ブランドにとって大きな課題となりうる。
例えば、クリーンビューティームーブメントや天然成分への注目は、消費者の嗜好に大きな影響を与えている。こうしたトレンドに対応できないブランドは、市場シェアを失う可能性がある。しかし、トレンドを追い求めることは、短命に終わることもあり、リスクも大きい。現在の消費者の嗜好を満たすことと、将来の変化に適応し続けることの間で適切なバランスを取ることが、フェイスクリーム市場における永遠の課題である。
結論として、世界のフェイスクリーム市場は、激しい競争と飽和状態、成分調達と持続可能性への懸念、規制遵守と安全性要件、消費者教育と誤った情報、消費者の嗜好とトレンドの刻々と変化する状況など、いくつかの課題に直面している。これらの課題をうまく乗り切るには、イノベーション、透明性、規制遵守、消費者行動の深い理解の組み合わせが必要である。これらの課題に効果的に対処できるブランドは、このダイナミックで競争の激しい市場で成功する可能性が高い。
主な市場動向
クリーンで持続可能な処方
フェイスクリーム市場で最も顕著なトレンドのひとつは、クリーンで持続可能な処方への需要の高まりである。消費者はスキンケア製品の成分に対する意識を高め、有害な化学物質、パラベン、硫酸塩、合成香料を含まない製品を求めるようになっている。各ブランドは、天然成分やオーガニック成分を配合したフェイスバームでこれに応え、クリーンでエコフレンドリーであることを強調している。
持続可能なパッケージングも重要視されている。多くのブランドが、リサイクル可能、生分解性、詰め替え可能なパッケージを採用し、環境への影響を減らしている。持続可能性は単なるマーケティング戦略ではなく、ブランドのアイデンティティの重要な一部となり、消費者のロイヤリティを高める重要な原動力となっている。さらに、倫理的で責任ある消費者の選択への幅広いシフトを反映し、クルーエルティフリーやヴィーガンのフェイスバームへの関心が高まっている。
カスタマイズとパーソナライゼーション
パーソナライゼーションはスキンケア業界の流行語となっており、この傾向はフェイスバームにも及んでいる。各ブランドは、消費者が自分の肌タイプや悩み、好みに合わせてフェイスバームをカスタマイズできるオプションを提供している。パーソナライズされたスキンケア相談、オンライン・クイズ、人工知能(AI)アルゴリズムは、消費者が個々のニーズに合った成分を選択するのに役立っている。
消費者が好みの成分、香り、テクスチャーを選択できる、オーダーメイドのフェイスバームを提供する企業もある。このレベルのパーソナライゼーションは、消費者体験を向上させ、製品満足の可能性を高める。
パーソナライゼーションは、個々のスキンケア・ニーズに応えるだけでなく、ユニークで特別な製品を求める消費者の欲求にも応え、ブランド・ロイヤルティを育む。
先進成分の導入
スキンケアの研究開発により、フェイスバームには先進的で革新的な成分が配合されるようになった。ブランドは、アンチエイジング、保湿、環境ストレスからの保護など、特定の効果をもたらす成分に注目している。フェイスバームに配合されている最新の成分には、ヒアルロン酸、レチノイド、抗酸化物質、アダプトゲンなどがある。こうした先進的な成分の配合は、フェイスバームの効果を高めるだけでなく、的を絞ったスキンケアソリューションを求める消費者にも対応している。
ミニマルで多機能な製品
シンプルさと効率性が重視される世界では、ミニマリストで多機能なフェイスバームが人気を集めている。これらの製品は、1つの処方で複数の効果をもたらし、スキンケアのルーチンを増やす必要性を減らしている。例えば、1つのフェイスバームが保湿剤、日焼け止め、下地として機能し、朝のルーチンを効率化することができる。
ミニマリストの処方は成分リストが短いことが多く、スキンケア製品にシンプルさと透明性を好む消費者にとって魅力的である。また、これらの製品は旅行にも適しており、外出の多い消費者にとって便利である。
ミニマリズムのトレンドはパッケージにも及んでおり、ブランドは製品の機能性を強調する洗練されたミニマルなデザインを選んでいる。
デジタル・エンゲージメントとソーシャル・コマース
デジタル・エンゲージメントとソーシャル・コマースの台頭は、消費者がフェイスクリームを発見し購入する方法を変えている。ソーシャルメディア・プラットフォーム、特にインスタグラムとTikTokは、スキンケアのトレンドや製品の推奨に影響力のあるスペースとなっている。美容インフルエンサーやコンテンツ・クリエーターは、定期的にスキンケアのルーティンやお気に入りの製品をシェアしており、しばしばバイラルな製品トレンドにつながっている。
ブランドは、インフルエンサーと提携し、ターゲットを絞ったソーシャルメディアキャンペーンを展開し、ユーザー生成コンテンツを活用することで、このトレンドを活用している。また、消費者がアプリを離れることなく購入できるように、ソーシャルメディア・プラットフォーム上で直接Eコマース機能に投資しているところも多い。
拡張現実(AR)やバーチャル試着体験はますます一般的になりつつあり、消費者は購入前にフェイスバームの見た目や肌触りをイメージすることができる。この技術は、オンラインショッピング体験を向上させ、スキンケア製品をオンラインで購入することに伴う不確実性を軽減する。
まとめると、世界のフェイスクリーム市場は、クリーンで持続可能な処方、カスタマイズとパーソナライゼーション、先端成分の取り込み、ミニマリストと多機能製品、デジタル・エンゲージメントとソーシャル・コマースの影響力の拡大など、いくつかのエキサイティングなトレンドを目の当たりにしている。こうしたトレンドを取り入れ、変化する消費者の嗜好に適応するブランドは、ダイナミックに進化するこの市場で成功するのに有利な立場にある。
セグメント別インサイト
製品タイプ別インサイト
世界のフェイスバーム市場は、アンチエイジング用フェイスバームの需要が顕著に急増している。このトレンドは、主に世界的な高齢化人口の増加をはじめとする様々な要因に後押しされている。人々は年齢を重ねるにつれて、若々しく健康的な肌を維持することに関心を持つようになる。アンチエイジング・フェイスバームは、小じわ、しわ、弾力性の低下といった一般的な老化の兆候をターゲットにすることで、便利で効果的なソリューションを提供する。
アンチエイジング・フェイスバームの需要増加のもう一つの重要な要因は、非侵襲的で非外科的なスキンケア・ソリューションに対する消費者の嗜好の高まりである。多くの人々は、より侵襲的な美容施術を受けることをためらい、その代わりにアンチエイジング・フェイスバームのような局所的なスキンケア製品に頼っている。メーカー各社は、レチノイド、ペプチド、ヒアルロン酸、抗酸化物質など、コラーゲン産生を促進し、肌に潤いを与え、環境ダメージから保護する、年齢を感じさせないさまざまな成分を配合したこれらの製品に対応している。このようなアンチエイジング・ソリューションに対する消費者の関心の高まりは、世界のフェイスバーム市場の拡大に引き続き拍車をかけると予想され、スキンケア・ブランドは需要の高まりに対応するため、この分野における技術革新と効能にますます重点を置くようになっている。
流通チャネルの洞察
フェイスクリームの世界市場は、オンライン流通チャネルを通じた需要が大幅に増加している。この急増は主に、COVID-19の流行によって加速した消費者の買い物習慣の変化に起因している。ロックダウンや社会的距離を置く措置が講じられる中、消費者はフェイスクリームを含むスキンケア製品を購入するためにますますオンライン・プラットフォームを利用するようになった。利便性、安全性、そしてオンラインで購入できる製品の幅広い選択肢は、スキンケアの解決策を求める消費者にとってeコマースを魅力的な選択肢にしている。
さらに、ソーシャルメディアとインフルエンサーマーケティングの台頭は、フェイスバームのオンライン需要を促進する上で極めて重要な役割を果たしている。美容インフルエンサーやスキンケア愛好家は、インスタグラム、ユーチューブ、TikTokなどのプラットフォームで頻繁にこれらの製品の宣伝やレビューを行い、消費者の購買決定に影響を与えている。オンライン小売業者は、インフルエンサーとコラボレートしたり、オンラインショッピング体験を向上させるユーザーフレンドリーなインターフェイスを作ったりすることで、このトレンドに乗じてきた。その結果、消費者はフェイスバームをオンラインで調べて購入する傾向が強まり、世界市場におけるこの流通チャネルの成長に寄与している。こうした要因や商業のデジタル化が進んでいることから、オンライン流通は、消費者に利便性と様々なブランドの幅広い製品へのアクセスを提供し、フェイスクリーム市場において支配的な地位を維持するものと思われる。
地域別の洞察
アジア太平洋地域は、世界のフェイスクリーム市場において需要の著しい急増を目の当たりにしている。この上昇傾向にはいくつかの重要な要因が寄与している。第一に、この地域の中流階級の人口が急増しており、可処分所得水準が上昇しているため、スキンケアや美容製品への注目度が高まっている。中国、インド、韓国、日本のような国々では、個人がより豊かになるにつれて、フェイスバームを含む高品質のスキンケア製品に、毎日の日課の一部として投資する意欲が高まっている。
第二に、「Kビューティ」や「Jビューティ」(韓国美容、日本美容)と呼ばれるアジアの美容業界は、その革新的で効果的なスキンケア療法で世界的な評価を得ている。これらの美容法は、透明感のある、輝きのある若々しい肌を促進するフェイスバームやその他の製品を特徴とすることが多い。これは国内需要を押し上げただけでなく、アジアのスキンケア・ルーチンに世界的な魅力を生み出し、アジア太平洋地域からのフェイス・バームの輸出をさらに後押ししている。
さらに、湿度の高い熱帯地域から乾燥した寒冷地まで、アジア太平洋地域の多様な気候条件が、幅広いスキンケアの悩みに対応できる汎用性の高いフェイスバームの需要につながっている。このような気候や肌タイプの多様性が、国内外のブランドによる独自のフェイスバーム処方の開発を促し、同地域のフェイスバーム市場の成長に寄与している。スキンケア製品に対する需要が高まり続けていることから、アジア太平洋地域は今後数年間、世界のフェイスバーム市場で重要な役割を果たすと予想される。
主要市場プレイヤー
シリコンツー
ピュアネス・コスメティックス
RENクリーン・スキンケア
株式会社メイコープ
パンゲアホールディングス
W.S.バジャー社
アップサークルビューティー
フランライン
ヴィロットLLC
ピンチ・オブ・カラーLLC
レポートの範囲
本レポートでは、フェイスバームの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- フェイスバーム市場、製品タイプ別
o 保湿フェイスバーム
o アンチエイジング・フェイスバーム
o その他
- フェイスバーム市場:流通チャネル別
o オフライン
オンライン
- フェイスバーム市場:地域別
o アジア太平洋
 中国
 日本
 インド
 ベトナム
 韓国
北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
ヨーロッパ
 フランス
 ドイツ
 スペイン
 イタリア
 イギリス
中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 クウェート
 エジプト
o 南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
競争状況
企業プロフィール:フェイスバームの世界市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データをもとに、フェイスバームの世界市場レポートにおいて、企業固有のニーズに合わせたカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場プレイヤー(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.購買決定要因
4.2.情報源
5.フェイスバームの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.製品タイプ別市場シェア分析(保湿フェイスバーム、アンチエイジングフェイスバーム、その他)
5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析(オフライン、オンライン)
5.2.3.地域別市場シェア分析
5.2.3.1.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.3.2.北米市場シェア分析
5.2.3.3.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.3.4.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.3.5.南米市場シェア分析
5.2.4.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.フェイスバームの世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.製品タイプ別市場マッピングと機会評価
5.3.2.流通チャネル別市場マッピングと機会評価
5.3.3.地域別市場マッピングと機会評価
6.アジア太平洋地域のフェイスバーム市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.国別市場シェア分析
6.2.3.1.中国フェイスバーム市場展望
6.2.3.1.1.市場規模・予測
6.2.3.1.1.1.金額ベース
6.2.3.1.2.市場シェアと予測
6.2.3.1.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.2.日本フェイスバーム市場展望
6.2.3.2.1.市場規模・予測
6.2.3.2.1.1.金額ベース
6.2.3.2.2.市場シェアと予測
6.2.3.2.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.3.インドのフェイスバーム市場展望
6.2.3.3.1.市場規模・予測
6.2.3.3.1.1.金額ベース
6.2.3.3.2.市場シェアと予測
6.2.3.3.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.4.ベトナムのフェイスバーム市場展望
6.2.3.4.1.市場規模・予測
6.2.3.4.1.1.金額ベース
6.2.3.4.2.市場シェアと予測
6.2.3.4.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.3.4.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.5.韓国のフェイスバーム市場展望
6.2.3.5.1.市場規模・予測
6.2.3.5.1.1.金額ベース
6.2.3.5.2.市場シェアと予測
6.2.3.5.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.3.5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.北米フェイスバーム市場展望
7.1.市場規模・予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
7.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.国別市場シェア分析
7.2.3.1.米国フェイスバーム市場展望
7.2.3.1.1.市場規模・予測
7.2.3.1.1.1.金額別
7.2.3.1.2.市場シェアと予測
7.2.3.1.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
7.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.2.カナダのフェイスバーム市場展望
7.2.3.2.1.市場規模・予測
7.2.3.2.1.1.金額ベース
7.2.3.2.2.市場シェアと予測
7.2.3.2.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
7.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.3.メキシコのフェイスバーム市場展望
7.2.3.3.1.市場規模・予測
7.2.3.3.1.1.金額ベース
7.2.3.3.2.市場シェアと予測
7.2.3.3.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
7.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.欧州フェイスバーム市場展望
8.1.市場規模・予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.国別市場シェア分析
8.2.3.1.フランスのフェイスバーム市場展望
8.2.3.1.1.市場規模・予測
8.2.3.1.1.1.金額ベース
8.2.3.1.2.市場シェアと予測
8.2.3.1.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.2.ドイツのフェイスバーム市場展望
8.2.3.2.1.市場規模・予測
8.2.3.2.1.1.金額ベース
8.2.3.2.2.市場シェアと予測
8.2.3.2.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.3.スペインのフェイスバーム市場展望
8.2.3.3.1.市場規模・予測
8.2.3.3.1.1.金額ベース
8.2.3.3.2.市場シェアと予測
8.2.3.3.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.4.イタリアのフェイスバーム市場展望
8.2.3.4.1.市場規模・予測
8.2.3.4.1.1.金額ベース
8.2.3.4.2.市場シェアと予測
8.2.3.4.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.3.4.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.5.イギリスのフェイスバーム市場展望
8.2.3.5.1.市場規模・予測
8.2.3.5.1.1.金額ベース
8.2.3.5.2.市場シェアと予測
8.2.3.5.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.3.5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.中東・アフリカのフェイスバーム市場展望
9.1.市場規模・予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.国別市場シェア分析
9.2.3.1.南アフリカのフェイスバーム市場展望
9.2.3.1.1.市場規模・予測
9.2.3.1.1.1.金額ベース
9.2.3.1.2.市場シェアと予測
9.2.3.1.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.2.サウジアラビアのフェイスバーム市場展望
9.2.3.2.1.市場規模・予測
9.2.3.2.1.1.金額ベース
9.2.3.2.2.市場シェアと予測
9.2.3.2.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.3.UAEフェイスバーム市場展望
9.2.3.3.1.市場規模・予測
9.2.3.3.1.1.金額ベース
9.2.3.3.2.市場シェアと予測
9.2.3.3.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.4.トルコのフェイスバーム市場展望
9.2.3.4.1.市場規模・予測
9.2.3.4.1.1.金額ベース
9.2.3.4.2.市場シェアと予測
9.2.3.4.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.3.4.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.5.クウェートのフェイスバーム市場展望
9.2.3.5.1.市場規模・予測
9.2.3.5.1.1.金額ベース
9.2.3.5.2.市場シェアと予測
9.2.3.5.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.3.5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.6.エジプトのフェイスバーム市場展望
9.2.3.6.1.市場規模・予測
9.2.3.6.1.1.金額ベース
9.2.3.6.2.市場シェアと予測
9.2.3.6.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
9.2.3.6.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.南米のフェイスバーム市場展望
10.1.市場規模・予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
10.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.3.国別市場シェア分析
10.2.3.1.ブラジルのフェイスバーム市場展望
10.2.3.1.1.市場規模・予測
10.2.3.1.1.1.金額ベース
10.2.3.1.2.市場シェアと予測
10.2.3.1.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
10.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.3.2.アルゼンチンのフェイスバーム市場展望
10.2.3.2.1.市場規模・予測
10.2.3.2.1.1.金額ベース
10.2.3.2.2.市場シェアと予測
10.2.3.2.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
10.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.3.3.コロンビアのフェイスバーム市場展望
10.2.3.3.1.市場規模・予測
10.2.3.3.1.1.金額ベース
10.2.3.3.2.市場シェアと予測
10.2.3.3.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
10.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.推進要因
11.2.課題
12.COVID-19がフェイスバームの世界市場に与える影響
12.1.影響評価モデル
12.1.1.影響を受ける主要セグメント
12.1.2.影響を受ける主要地域
12.1.3.影響を受ける主要国
13.市場動向
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.シリコンツー株式会社
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.ピュアネス化粧品
14.1.2.1.会社概要
14.1.2.2.製品
14.1.2.3.財務状況(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.RENクリーンスキンケア
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.株式会社メイコープ
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.取扱商品
14.1.4.3.財務状況(在庫状況による)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.パンゲアホールディングス
14.1.5.1.会社概要
14.1.5.2.取扱商品
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.W.S.バジャー社
14.1.6.1.会社概要
14.1.6.2.製品
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.アップサークル・ビューティ
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.フランライン社
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.ヴィロットLLC
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.製品
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.ピンチ・オブ・カラーLLC
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言/行動計画
15.1.重点分野
15.2.ターゲット製品タイプ
15.3.ターゲット流通チャネル
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Global Face Balm Market has valued at USD 199.89 Million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 10.2% through 2028. The global face balm market has witnessed significant growth in recent years, driven by increasing consumer awareness about skincare and a growing emphasis on self-care routines. Face balms are gaining popularity as they offer a multipurpose solution for various skincare concerns. These products are formulated with nourishing ingredients like vitamins, antioxidants, and natural oils, making them a preferred choice for moisturization, soothing, and rejuvenating the skin.
One of the key drivers of the global face balm market is the rising demand for clean and natural beauty products. Consumers are becoming more discerning about the ingredients they apply to their skin, leading to a surge in demand for organic and cruelty-free face balms. Additionally, the COVID-19 pandemic has heightened the focus on personal hygiene and skincare, driving further growth in the market. As a result, skincare brands are innovating to meet this demand with innovative formulations and packaging.
The global face balm market is also experiencing increased competition, with both established cosmetic giants and emerging indie brands entering the space. This competition is fostering innovation, with brands introducing new textures, scents, and packaging to attract a diverse consumer base. As consumers continue to prioritize skincare as a part of their daily routine, the face balm market is poised for continued growth, with opportunities for both established players and newcomers to thrive in this dynamic industry.
Key Market Drivers
Rising Awareness of Skincare
One of the primary drivers of the global face balm market is the increasing awareness of skincare. Consumers today are more informed about the importance of taking care of their skin to maintain its health and youthful appearance. As a result, they are seeking products that provide targeted solutions to various skin concerns, such as dryness, irritation, and aging. Face balms, with their moisturizing and nourishing properties, have gained popularity as an essential part of skincare routines.
Preference for Natural and Clean Beauty
Another significant driver is the growing preference for natural and clean beauty products. Consumers are becoming increasingly conscious of the ingredients in the skincare products they use. They are seeking products that are free from harmful chemicals, parabens, and synthetic fragrances. Face balms made with natural ingredients like botanical extracts, essential oils, and organic formulations are in high demand. This trend aligns with the broader shift toward sustainability and eco-friendliness, as consumers seek products that are not only good for their skin but also for the environment.
Multifunctionality and Versatility
Face balms are known for their multifunctionality, which is a key driver of their market growth. These products can serve multiple purposes in skincare routines. They can be used as moisturizers, lip balms, cuticle treatments, and even highlighters, making them a versatile addition to a consumer's beauty arsenal. The convenience of a single product that addresses various skincare needs appeals to busy lifestyles and contributes to the rising popularity of face balms.
Influence of Social Media and Beauty Trends
The influence of social media and beauty trends is another significant driver of the global face balm market. Beauty influencers and celebrities often showcase their skincare routines and favorite products on platforms like Instagram, YouTube, and TikTok. This exposure can quickly drive interest and demand for specific skincare products, including face balms. Consumers are more likely to try products that they have seen recommended by influencers they admire or that align with popular beauty trends, contributing to the growth of the market.
Pandemic-Driven Self-Care and Wellness Focus
The COVID-19 pandemic has had a profound impact on consumer behavior, including their skincare routines. With people spending more time at home, self-care and wellness have become essential priorities. The pandemic heightened concerns about hygiene and overall health, leading individuals to pay closer attention to their skin's condition. Face balms, with their soothing and moisturizing properties, provided comfort and nourishment during a time when self-care rituals were valued more than ever. This shift in consumer behavior has had a lasting effect, with many individuals continuing to prioritize skincare and face balms in their daily routines.
In conclusion, the global face balm market is being driven by increasing awareness of skincare, a preference for natural and clean beauty products, the multifunctionality of face balms, the influence of social media and beauty trends, and the pandemic's impact on self-care and wellness. These drivers reflect changing consumer preferences and the ongoing evolution of the skincare industry, making face balms a prominent and promising segment in the global beauty market.
Key Market Challenges
Intense Competition and Saturation
The face balm market has become increasingly competitive in recent years. As consumer demand for skincare products has grown, numerous new brands and products have entered the market. This saturation makes it challenging for both established and emerging brands to stand out and gain market share. Companies must invest in marketing, branding, and product innovation to differentiate themselves from the competition.
Established skincare giants and indie brands alike are vying for consumer attention, leading to a crowded marketplace. This competition can lead to pricing pressures, making it difficult for brands to maintain profit margins. Additionally, consumers are spoilt for choice, making it harder for brands to build customer loyalty.
Ingredient Sourcing and Sustainability
Many consumers today are concerned not only about what goes on their skin but also about the environmental and ethical implications of skincare products. Ingredient sourcing and sustainability have become significant challenges for the face balm market. Consumers are increasingly looking for products with ethically sourced, cruelty-free, and environmentally friendly ingredients.
This shift in consumer preferences requires skincare brands to be transparent about their ingredient sourcing and manufacturing processes. They must invest in sustainable practices, such as responsible sourcing, eco-friendly packaging, and reducing carbon footprints. Meeting these demands while ensuring product efficacy and affordability can be a complex balancing act for brands.
Regulatory Compliance and Safety:
Skincare products, including face balms, are subject to strict regulations in various regions, and compliance with these regulations can be a significant challenge for brands operating in the global market. Different countries have varying requirements for labeling, product claims, ingredient safety, and testing.
Meeting regulatory standards and ensuring the safety of ingredients is not only a matter of legal compliance but also a matter of consumer trust. Brands must invest in research and development to prove the safety and efficacy of their products, which can be time-consuming and expensive. Staying updated on evolving regulations and adapting product formulations accordingly is an ongoing challenge in the face balm market.
Consumer Education and Misinformation
Skincare is a highly personal and subjective matter, and consumers often seek information to make informed decisions about their skincare routines. However, the abundance of information available, especially on the internet and social media, has led to misinformation and confusion. Consumers may be exposed to conflicting advice, claims, and reviews, making it challenging for them to choose the right products.

Brands in the face balm market face the challenge of not only educating consumers about the benefits of their products but also countering misinformation and false claims. Moreover, they must provide clear and accurate information about ingredients, product usage, and expected results to build trust with consumers.
Changing Consumer Preferences and Trends
Consumer preferences in the skincare industry can change rapidly due to evolving beauty trends and cultural shifts. What is popular today may not be in demand tomorrow. Keeping up with these changes and adapting product offerings accordingly can be a significant challenge for brands.
For example, the clean beauty movement and the focus on natural ingredients have had a profound impact on consumer preferences. Brands that fail to align with these trends may lose market share. However, chasing trends can also be risky, as they can be short-lived. Striking the right balance between meeting current consumer preferences and staying adaptable to future shifts is a persistent challenge in the face balm market.
In conclusion, the global face balm market faces several challenges, including intense competition and saturation, ingredient sourcing and sustainability concerns, regulatory compliance and safety requirements, consumer education and misinformation, and the ever-changing landscape of consumer preferences and trends. Successfully navigating these challenges requires a combination of innovation, transparency, regulatory compliance, and a deep understanding of consumer behavior. Brands that can address these challenges effectively are more likely to thrive in this dynamic and competitive market.
Key Market Trends
Clean and Sustainable Formulations
One of the most prominent trends in the face balm market is the increasing demand for clean and sustainable formulations. Consumers are becoming more conscious of the ingredients in their skincare products and are seeking products that are free from harmful chemicals, parabens, sulfates, and synthetic fragrances. Brands are responding by formulating face balms with natural and organic ingredients, often highlighting their clean and eco-friendly credentials.
Sustainable packaging has also gained importance. Many brands are adopting recyclable, biodegradable, or refillable packaging to reduce their environmental impact. Sustainability is not just a marketing strategy; it has become an essential part of a brand's identity and a key driver of consumer loyalty. Additionally, there is a growing interest in cruelty-free and vegan face balms, reflecting the broader shift toward ethical and responsible consumer choices.
Customization and Personalization
Personalization has become a buzzword in the skincare industry, and this trend is extending to face balms as well. Brands are offering customization options that allow consumers to tailor their face balms to their specific skin type, concerns, and preferences. Personalized skincare consultations, online quizzes, and artificial intelligence (AI) algorithms help consumers choose the right ingredients for their individual needs.
Some companies even offer made-to-order face balms, where consumers can select their preferred ingredients, scents, and textures. This level of personalization enhances the consumer experience and increases the likelihood of product satisfaction.
Personalization not only caters to individual skincare needs but also addresses the desire for a unique and exclusive product, fostering brand loyalty.
Incorporation of Advanced Ingredients
Skincare research and development have led to the incorporation of advanced and innovative ingredients in face balms. Brands are focusing on ingredients that offer specific benefits such as anti-aging, hydration, and protection from environmental stressors. Some of the latest ingredients making their way into face balms include Hyaluronic acid, Retinoids, Antioxidants, and Adaptogens etc. The incorporation of these advanced ingredients not only enhances the effectiveness of face balms but also caters to consumers looking for targeted skincare solutions.
Minimalist and Multifunctional Products
In a world where simplicity and efficiency are valued, minimalist and multifunctional face balms are gaining popularity. These products offer multiple benefits in a single formula, reducing the need for an extensive skincare routine. For example, a single face balm may function as a moisturizer, sunscreen, and primer, streamlining the morning routine.
Minimalist formulations often have shorter ingredient lists, which can be appealing to consumers who prefer simplicity and transparency in their skincare products. These products are also travel-friendly, making them convenient for on-the-go consumers.
The trend toward minimalism extends to packaging as well, with brands opting for sleek and minimalist designs that emphasize the product's functionality.
Digital Engagement and Social Commerce
The rise of digital engagement and social commerce is transforming how consumers discover and purchase face balms. Social media platforms, especially Instagram and TikTok, have become influential spaces for skincare trends and product recommendations. Beauty influencers and content creators regularly share their skincare routines and favorite products, often leading to viral product trends.
Brands are capitalizing on this trend by partnering with influencers, launching targeted social media campaigns, and leveraging user-generated content. Many are also investing in e-commerce features directly on social media platforms, allowing consumers to make purchases without leaving the app.
Augmented reality (AR) and virtual try-on experiences are becoming increasingly common, enabling consumers to visualize how a face balm will look and feel on their skin before making a purchase. This technology enhances the online shopping experience and reduces the uncertainty associated with buying skincare products online.
In summary, the global face balm market is witnessing several exciting trends, including clean and sustainable formulations, customization and personalization, the incorporation of advanced ingredients, minimalist and multifunctional products, and the growing influence of digital engagement and social commerce. Brands that embrace these trends and adapt to changing consumer preferences are well-positioned to succeed in this dynamic and evolving market.
Segmental Insights
Product Type Insights
The global face balm market is experiencing a notable surge in the demand for anti-aging face balms. This trend is being driven by a variety of factors, primarily the increasing aging population worldwide. As people age, they become more concerned about maintaining youthful and healthy-looking skin. Anti-aging face balms offer a convenient and effective solution by targeting common signs of aging, such as fine lines, wrinkles, and loss of elasticity.
Another significant driver of the rising demand for anti-aging face balms is the growing consumer preference for non-invasive and non-surgical skincare solutions. Many individuals are hesitant to undergo more invasive cosmetic procedures and are instead turning to topical skincare products like anti-aging face balms to address their concerns. Manufacturers are responding by formulating these products with a range of age-defying ingredients like retinoids, peptides, hyaluronic acid, and antioxidants to promote collagen production, moisturize the skin, and protect against environmental damage. This growing consumer interest in anti-aging solutions is expected to continue fueling the expansion of the global face balm market, with skincare brands increasingly focusing on innovation and efficacy in this segment to meet the rising demand.
Distribution Channel Insights
The global face balm market is experiencing a significant uptick in demand through online distribution channels. This surge is primarily attributed to the changing consumer shopping habits, which have been accelerated by the COVID-19 pandemic. With lockdowns and social distancing measures in place, consumers increasingly turned to online platforms to purchase skincare products, including face balms. The convenience, safety, and a wide array of product choices available online have made e-commerce an attractive option for consumers seeking skincare solutions.
Furthermore, the rise of social media and influencer marketing has played a pivotal role in driving online demand for face balms. Beauty influencers and skincare enthusiasts frequently promote and review these products on platforms like Instagram, YouTube, and TikTok, influencing consumer purchasing decisions. Online retailers have capitalized on this trend by collaborating with influencers and creating user-friendly interfaces that enhance the online shopping experience. As a result, consumers are more inclined to research and buy face balms online, contributing to the growth of this distribution channel in the global market. Given these factors and the ongoing digitalization of commerce, online distribution is poised to remain a dominant force in the face balm market, offering consumers convenience and access to an extensive range of products from various brands.
Regional Insights
The Asia-Pacific region is witnessing a remarkable surge in demand within the global face balm market. Several key factors contribute to this rising trend. Firstly, the region's booming middle-class population with increasing disposable income levels has led to a heightened focus on skincare and beauty products. As individuals in countries like China, India, South Korea, and Japan become more affluent, they are increasingly willing to invest in high-quality skincare products, including face balms, as part of their daily routines.
Secondly, the Asian beauty industry, often referred to as "K-beauty" and "J-beauty" (Korean and Japanese beauty), has gained global recognition for its innovative and effective skincare regimens. These regimens often feature face balms and other products that promote clear, radiant, and youthful skin. This has not only driven domestic demand but has also created a global fascination with Asian skincare routines, further boosting the export of face balms from the Asia-Pacific region.
Additionally, the Asia-Pacific region's diverse climate conditions, from humid tropical areas to dry and cold climates, have led to a demand for versatile face balms that can address a wide range of skincare concerns. This diversity of climate and skin types has encouraged both local and international brands to develop tailored face balm formulations, contributing to the growth of the face balm market in the region. As the demand for skincare products continues to rise, the Asia-Pacific region is expected to play a prominent role in the global face balm market for years to come.
Key Market Players
Silicon2 Co., Ltd.
Purity Cosmetics
REN Clean Skincare
Maycoop Co., Ltd.
Pangaea Holdings Inc.
W.S. Badger Company, Inc.
UpCircle Beauty
Franline Ltd
Vilot LLC
Pinch of Colour LLC
Report Scope:
In this report, the Global Face Balm Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Face Balm Market, By Product Type:
o Moisturizing Face Balm
o Anti-aging Face Balm
o Others
• Face Balm Market, By Distribution Channel:
o Offline
o Online
• Face Balm Market, By Region:
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 Vietnam
 South Korea
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 Germany
 Spain
 Italy
 United Kingdom
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Kuwait
 Egypt
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Face Balm Market.
Available Customizations:
Global Face Balm Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Factors Influencing Purchase Decision
4.2. Sources of Information
5. Global Face Balm Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Type Market Share Analysis (Moisturizing Face Balm, Anti-aging Face Balm, Others)
5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis (Offline, Online)
5.2.3. By Regional Market Share Analysis
5.2.3.1. Europe Market Share Analysis
5.2.3.2. North America Market Share Analysis
5.2.3.3. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.3.4. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.3.5. South America Market Share Analysis
5.2.4. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Face Balm Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Product Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Distribution Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. Asia-Pacific Face Balm Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3. By Country Market Share Analysis
6.2.3.1. China Face Balm Market Outlook
6.2.3.1.1. Market Size & Forecast
6.2.3.1.1.1. By Value
6.2.3.1.2. Market Share & Forecast
6.2.3.1.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3.2. Japan Face Balm Market Outlook
6.2.3.2.1. Market Size & Forecast
6.2.3.2.1.1. By Value
6.2.3.2.2. Market Share & Forecast
6.2.3.2.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3.3. India Face Balm Market Outlook
6.2.3.3.1. Market Size & Forecast
6.2.3.3.1.1. By Value
6.2.3.3.2. Market Share & Forecast
6.2.3.3.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3.4. Vietnam Face Balm Market Outlook
6.2.3.4.1. Market Size & Forecast
6.2.3.4.1.1. By Value
6.2.3.4.2. Market Share & Forecast
6.2.3.4.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.3.4.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3.5. South Korea Face Balm Market Outlook
6.2.3.5.1. Market Size & Forecast
6.2.3.5.1.1. By Value
6.2.3.5.2. Market Share & Forecast
6.2.3.5.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.3.5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7. North America Face Balm Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Product Type Market Share Analysis
7.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3. By Country Market Share Analysis
7.2.3.1. United States Face Balm Market Outlook
7.2.3.1.1. Market Size & Forecast
7.2.3.1.1.1. By Value
7.2.3.1.2. Market Share & Forecast
7.2.3.1.2.1. By Product Type Market Share Analysis
7.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3.2. Canada Face Balm Market Outlook
7.2.3.2.1. Market Size & Forecast
7.2.3.2.1.1. By Value
7.2.3.2.2. Market Share & Forecast
7.2.3.2.2.1. By Product Type Market Share Analysis
7.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3.3. Mexico Face Balm Market Outlook
7.2.3.3.1. Market Size & Forecast
7.2.3.3.1.1. By Value
7.2.3.3.2. Market Share & Forecast
7.2.3.3.2.1. By Product Type Market Share Analysis
7.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8. Europe Face Balm Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3. By Country Market Share Analysis
8.2.3.1. France Face Balm Market Outlook
8.2.3.1.1. Market Size & Forecast
8.2.3.1.1.1. By Value
8.2.3.1.2. Market Share & Forecast
8.2.3.1.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.2. Germany Face Balm Market Outlook
8.2.3.2.1. Market Size & Forecast
8.2.3.2.1.1. By Value
8.2.3.2.2. Market Share & Forecast
8.2.3.2.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.3. Spain Face Balm Market Outlook
8.2.3.3.1. Market Size & Forecast
8.2.3.3.1.1. By Value
8.2.3.3.2. Market Share & Forecast
8.2.3.3.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.4. Italy Face Balm Market Outlook
8.2.3.4.1. Market Size & Forecast
8.2.3.4.1.1. By Value
8.2.3.4.2. Market Share & Forecast
8.2.3.4.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.3.4.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.5. United Kingdom Face Balm Market Outlook
8.2.3.5.1. Market Size & Forecast
8.2.3.5.1.1. By Value
8.2.3.5.2. Market Share & Forecast
8.2.3.5.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.3.5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9. Middle East & Africa Face Balm Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3. By Country Market Share Analysis
9.2.3.1. South Africa Face Balm Market Outlook
9.2.3.1.1. Market Size & Forecast
9.2.3.1.1.1. By Value
9.2.3.1.2. Market Share & Forecast
9.2.3.1.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.2. Saudi Arabia Face Balm Market Outlook
9.2.3.2.1. Market Size & Forecast
9.2.3.2.1.1. By Value
9.2.3.2.2. Market Share & Forecast
9.2.3.2.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.3. UAE Face Balm Market Outlook
9.2.3.3.1. Market Size & Forecast
9.2.3.3.1.1. By Value
9.2.3.3.2. Market Share & Forecast
9.2.3.3.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.4. Turkey Face Balm Market Outlook
9.2.3.4.1. Market Size & Forecast
9.2.3.4.1.1. By Value
9.2.3.4.2. Market Share & Forecast
9.2.3.4.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.3.4.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.5. Kuwait Face Balm Market Outlook
9.2.3.5.1. Market Size & Forecast
9.2.3.5.1.1. By Value
9.2.3.5.2. Market Share & Forecast
9.2.3.5.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.3.5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.6. Egypt Face Balm Market Outlook
9.2.3.6.1. Market Size & Forecast
9.2.3.6.1.1. By Value
9.2.3.6.2. Market Share & Forecast
9.2.3.6.2.1. By Product Type Market Share Analysis
9.2.3.6.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10. South America Face Balm Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Product Type Market Share Analysis
10.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.3. By Country Market Share Analysis
10.2.3.1. Brazil Face Balm Market Outlook
10.2.3.1.1. Market Size & Forecast
10.2.3.1.1.1. By Value
10.2.3.1.2. Market Share & Forecast
10.2.3.1.2.1. By Product Type Market Share Analysis
10.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.3.2. Argentina Face Balm Market Outlook
10.2.3.2.1. Market Size & Forecast
10.2.3.2.1.1. By Value
10.2.3.2.2. Market Share & Forecast
10.2.3.2.2.1. By Product Type Market Share Analysis
10.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.3.3. Colombia Face Balm Market Outlook
10.2.3.3.1. Market Size & Forecast
10.2.3.3.1.1. By Value
10.2.3.3.2. Market Share & Forecast
10.2.3.3.2.1. By Product Type Market Share Analysis
10.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Impact of COVID-19 on Global Face Balm Market
12.1. Impact Assessment Model
12.1.1. Key Segments Impacted
12.1.2. Key Regions Impacted
12.1.3. Key Countries Impacted
13. Market Trends & Developments
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. Silicon2 Co., Ltd.
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Purity Cosmetics
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. REN Clean Skincare
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. Maycoop Co., Ltd.
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Pangaea Holdings Inc.
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. W.S. Badger Company, Inc.
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. UpCircle Beauty
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Franline Ltd
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. Vilot LLC
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Pinch of Colour LLC
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations/Action Plan
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Product Type
15.3. Target Distribution Channel
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(balm)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る