世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

軍事・防衛における積層造形:市場分析と予測


Additive Manufacturing for Military and Defense: Market Analysis and Forecast

本レポートは、軍事・防衛分野における3Dプリンティングの大きな機会と可能性を明らかにし、これらの重要な分野における積層造形の変革的役割に関する説得力のある洞察を示している。この包括的な研究は、付加... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Additive Manufacturing Research(旧SmarTech Analysis)
アディティブマニファクチャリング
2023年11月8日 US$2,995
シングルユーザライセンス(1PC)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

 

サマリー

本レポートは、軍事・防衛分野における3Dプリンティングの大きな機会と可能性を明らかにし、これらの重要な分野における積層造形の変革的役割に関する説得力のある洞察を示している。この包括的な研究は、付加製造技術が防衛および軍事情勢に及ぼす急速な進化と潜在的な影響に光を当てている。

この調査結果は、防衛関連企業、技術プロバイダー、投資家、政策立案者にとって重要な意味を持ち、進化し続ける国家安全保障の状況に対処する上で、積層造形の可能性を最大限に活用するための積極的な対策が必要であることを示している。世界が、エスカレートし進化する世界的な緊張と安全保障上の課題によって定義される時代へと向かう中、積層造形の統合は、防衛・軍事事業体が重要な資産や装備を概念化し、開発し、配備する方法にその足跡を残す準備が整っている。

「Additive Manufacturing for Military and Defense(軍事・防衛における積層造形)」は、3Dプリンティングを業務に取り入れ、活用する米国の軍と防衛の取り組みに焦点を当てている。米海軍、米空軍、米宇宙軍、米陸軍の専門家や直接のインタビューに基づく鋭い分析が提供され、軍・防衛分野への販売を目指す積層造形ベンダーへの提言がなされている。

本レポートは、米国国防総省の2024年予算を考慮し、粉末床融合法、直接エネルギー堆積法、金属バインダージェット法、バウンドメタルデポジション法などの主要な3Dプリンティングのすべてのタイプについて、Excelベースの市場サイジングと予測を特徴としている。本レポートでは、ポリマーおよび金属積層造形市場の両方について、ハードウェア、材料、印刷サービスから得られる収益を考察している。

言及または紹介された企業や組織には以下のものが含まれるが、これらに限定されるものではない:3D Systems、SPEE3D、Markforged、Lockheed Martin、Fortify3D、Boeing、Raytheon、ASTRO America、Additive Manufacturing Coalition、General Dynamics、America Makes、GE Aerospace、Xerion、Nanoe、BASFなど。



ページTOPに戻る


目次

第1章 サプライチェーン時代の政府製造戦略

先進製造業は米国政府の戦略的優先事項
アディティブ・マニュファクチャリング産業が恩恵を受ける
アディティブ・マニュファクチャリングの製造準備レベルが上昇

第2章 米国国防総省2024年度予算概要とAM重点分野

アディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)活用で戦略的になる国防総省とその支出
部門を超えた協力と知識の共有が進む
2024年度の国防総省予算と積層造形の主な機会

第3章米海軍による積層造形の採用

海軍のAMへの幅広い関心:海上生産から潜水艦部品まで
研究開発:AMは2024年度予算の大半を占める
ロジスティクスとサプライチェーン
海軍のAMセンター・オブ・エクセレンス
戦略潜水艦マット・サーモン氏へのインタビュー

第4章米空軍による積層造形の採用

空軍、フライトクリティカルな用途の認定部品の製造を目指す
空軍、3Dプリンテッドエレクトロニクスに注目
ドローン - AMの新たな用途の可能性?
宇宙:軌道上のプリンターから極超音速用の特殊素材まで
空軍と宇宙軍は革新的なコラボレーションを提供する

第5章:米軍による積層造形の採用

米陸軍はすでに最終用途部品にAMを使用している
陸軍のAM研究開発の主な取り組みと重点分野
ポイント・オブ・ニード生産と修理のための堅牢化:最優先課題

第6章米国国防総省への販売を目指すAMベンダーへの提言

国防総省への売り込み ?高難易度、高報酬
国防総省への浸透の成功SPEED3Dの例
国防総省調達フレームワークの概要
実践的アドバイス:始めるには?
役立つリンク

 

ページTOPに戻る


 

Summary

This report reveals significant opportunities and potential for 3D printing in the military and defense sectors, and compelling insights into the transformative role of additive manufacturing within these critical sectors. The comprehensive study sheds light on the rapid evolution and potential impact of additive manufacturing technologies on the defense and military landscape.

The study’s findings hold significant implications for defense contractors, technology providers, investors and policymakers, indicating the need for proactive measures to harness the full potential of additive manufacturing in addressing the ever-evolving national security landscape. As the world moves towards an era defined by escalating and evolving global tension and security challenges, the integration of additive manufacturing is poised to make its mark on the way defense and military entities conceptualize, develop, and deploy critical assets and equipment.

“Additive Manufacturing for Military and Defense” focuses on the United States’ military and defense initiatives to incorporate and leverage 3D printing into its operations. Incisive analysis is provided based on expert and first-person interviews within the US Navy, US Air Force and Space Force, and the US Army, and offers recommendations for additive manufacturing vendors seeking to sell into the military and defense sector.

The report considers the United States Department of Defense 2024 budget and features an Excel-based market sizing and forecasting for all leading types of 3D printing, including Powder Bed Fusion, Directed Energy Deposition, Metal Binder Jetting and Bound Metal Deposition. The report considers revenues derived from hardware, materials and printing services for both the polymer and metal additive manufacturing markets.

Companies and organizations mentioned or profiled include but are not limited to: 3D Systems, SPEE3D, Markforged, Lockheed Martin, Fortify3D, Boeing, Raytheon, ASTRO America, Additive Manufacturing Coalition, General Dynamics, America Makes, GE Aerospace, Xerion, Nanoe, BASF, and more.

ページTOPに戻る


Table of Contents

Chapter One: Government Manufacturing Strategy in the Era of Supply Chain Challenges

Advanced Manufacturing is a Strategic Priority for the USA Government
The Additive Manufacturing Industry Stands to Benefit
Additive Manufacturing Moving Up in Manufacturing Readiness Levels

Chapter Two: USA Department of Defense FY2024 Budget Snapshot and AM Focus Areas

DoD Becoming Strategic in its Additive Manufacturing Usage & Spend
Cross-Departmental Collaboration and Knowledge Sharing Increasing
DoD Budget for FY2024 and Key Opportunities for Additive Manufacturing

Chapter Three: Adoption of Additive Manufacturing by the U.S. Navy

Navy's Broad Interest in AM Spans from At-Sea Production to Submarines Parts
Research and Development: AM is Part of Most Budget Activities for FY2024
Logistics and Supply Chain
Navy AM Centers of Excellence
An Interview with Matt Sermon, Strategic Submarines

Chapter Four: Adoption of Additive Manufacturing by the U.S. Air Force

Air Force Seeking to Produce Qualified Parts for Flight-Critical Applications
Air Force Eyeing 3D Printed Electronics
Drones - A Potential Emerging Application for AM?
Space: From Printers in Orbit to Specialized Materials for Hypersonics
Air Force and Space Force Offering Innovative Vehicles for Collaboration

Chapter Five: Adoption of Additive Manufacturing by the U.S. Army

US Army Already Using AM for End-Use-Parts
Army AM R&D Key Initiatives and Focus Areas
Ruggedization for Point of Need Production and Repairs: A High Priority

Chapter Six: Recommendations for AM Vendors Seeking to Sell into the USA DoD

Selling into the DoD – High Complexity, High Reward
Successful DoD Penetration: The Example of SPEED3D
DoD Procurement Frameworks Overview
Practical Advise: How to Get Started
Useful Links

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD( 積層造形)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Additive Manufacturing Research(旧SmarTech Analysis)社はどのような調査会社ですか?


※2023年12月に旧社名スマーテックアナリシスよりアディティブマニファクチャリングリサーチへ変更しました。 米国調査会社Aditive Manufacturing Researchの調査レポートは... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る