世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

エネルギー分野における積層造形:市場分析と予測


Additive Manufacturing in the Energy Sector: Market Analysis & Forecast

「エネルギー分野における積層造形」は、オンデマンド製造、ダウンタイムの削減、高度な部品設計による業務効率の向上など、技術の成熟が進む積層造形の現在の動向、機会、課題、展望を紹介している... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Additive Manufacturing Research(旧SmarTech Analysis)
アディティブマニファクチャリング
2024年1月26日 US$1,995
シングルユーザライセンス(1PC)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

 

サマリー

「エネルギー分野における積層造形」は、オンデマンド製造、ダウンタイムの削減、高度な部品設計による業務効率の向上など、技術の成熟が進む積層造形の現在の動向、機会、課題、展望を紹介している。また、材料の制限、規制への対応、業界固有の認証や規格の必要性などの課題についても取り上げており、これらはすべてすでに対応済みである。さらに、エネルギー分野におけるAMの著しい成長の可能性を、技術、材料、用途別に区分した市場予測も掲載しています。

本レポートには、包括的な市場分析書と、過去の市場データおよび10年間の予測をまとめたエクセルファイルが付属しています。

言及またはプロファイリングされている企業や組織は以下の通り:

Shell, GE Power & Renewable Energy, ExxonMobil, Baker Hughes, ConocoPhilips, American Petroleum Institute, DNV GL, Lloyd's Register, Stratasys, 3D Systems, EOS, Desktop Metal, Markforgedなど。

2024年1月26発行
SKU AMR-AMES2024-0124



ページTOPに戻る


目次

目次
第1章 エネルギー分野における積層造形採用の現状;採用の進化を理解する
AM採用に影響を与える注目すべきトレンド
3Dプリンティングはどのようにこの移行をサポートしているか
エネルギーとサプライチェーンの安全性
オンデマンド製造
利点と将来の展望
エネルギー分野におけるAM導入が直面する課題
リスク回避
石油・ガス分野における3Dプリンティングの課題
積層造形の前進
知的財産の課題
資格と標準
米国石油協会
ロイド レジスター
デットノルスケベリタス(DNV)
総市場予測

第2章:エネルギー分野における積層造形の機会を理解する
石油・ガス分野における機会
サプライチェーンの最適化
高度な設計
インフラの老朽化
持続可能性と脱炭素化
原子力分野における機会
3Dプリンティングと核燃料設計
原子力発電所の廃炉費用の軽減
再生可能エネルギーにおける機会
太陽光発電
風力
水力・地熱
3Dプリンティング導入の課題
品質と認証
設計とトレーニング
材料の選択


キーポイント

第3章:エネルギー分野における積層造形の現在と将来の応用分野を探る。
石油とガス
アディティブはプロトタイピングから生産へ
部品代替戦略としてのオンデマンド印刷
サプライヤーとのパートナーシップによる採用の加速
探査と掘削
複雑なドリルビット:貫通力の最大化と摩耗の最小化
ダウンホールツール
リグコンポーネント
生産と輸送
図表2-1:石油・ガス産業で実証された3Dプリント部品
原子力
原子力における3Dプリンティングの現在の用途
燃料製造
制御棒と冷却システム
潜在的用途
炉心部品
計装および制御システム
図表2-2:原子力産業で実証された3Dプリント部品
再生可能エネルギー
風力エネルギー
太陽エネルギー
水力
図表2-3:再生可能エネルギー産業で実証された3Dプリント部品
予測
図表3-1:材料タイプ別の3Dプリント部品金額
図表3-2:材料タイプ別3Dプリント部品生産量
図表3-3:3Dプリント部品の平均販売価格(材料タイプ別
図表3-4:用途別3Dプリント部品金額
図表3-5:用途別3Dプリント部品生産量
プロトタイプ
図表3-5:3Dプリンターによる試作部品の材料別金額
図表3-6:3Dプリンターによるプロトタイピングパーツの素材別生産量
図表 3-7:3Dプリンターによるプロトタイピング部品の用途別生産額
図表3-8:3Dプリンターによるプロトタイピングパーツの用途別生産量
工具
図表3-9:3Dプリンターによる金型部品の材料別生産額
図表 3-10:3Dプリンターによる金型部品の生産:材料別
図表 3-11: 3Dプリンターによる金型部品の用途別金額
図表 3-12: 3Dプリンターによる金型部品の用途別生産量
最終用途部品
図表3-13: 3Dプリンターによる最終用途部品の材料別生産額
図表 3-14:材料別3Dプリント最終用途部品生産量
図表 3-15:3Dプリンターによる最終用途部品の用途別金額
図表 3-16:用途別3Dプリント最終用途部品生産量


キーポイント

第4章:エネルギー分野での採用を促進する積層造形材料と技術の分析
図4-1:3Dプリントハードウェアの材料別金額
図4-2:材料別3Dプリントハードウェア価値シェア
金属3Dプリンティング技
図4-3: エネルギー分野に関連する金属3Dプリンティング技術
粉末床融合
高速金属3Dプリンティング
バインダージェッティング
大判および多軸プリンティング
金属3Dプリンティングハードウェア予測
図4-4:金属3Dプリンティングハードウェアの技術タイプ別金額
図4-5:技術タイプ別金属3Dプリンティングハードウェア台数
図4-6:金属3Dプリンティングハードウェアの技術タイプ別金額シェア
ポリマー3Dプリンター
図4-7:エネルギー分野に関連するポリマー3Dプリンティング技術
ポリマーハードウェアの予測
図4-8:ポリマー3Dプリンティングハードウェアの技術別金額
図4-9:ポリマー3Dプリンティングハードウェアの技術別台数
図4-10:ポリマー3Dプリンティング・ハードウェアの技術別金額シェア
材料
図4-11:材料別の3Dプリント材料の金額
図 4-12:3Dプリンティング材料の材料別出荷量
図 4-13: 材料別の 3D プリント材料の金額シェア
金属
スチール
図4-14: エネルギー分野に関連するスチール3Dプリント材料
ニッケル合金
コバルト クロム
チタン
耐火性金属
図4-15:エネルギー分野に関連する耐火物3Dプリント材料
アルミニウム
金属材料の展望
図4-16:材料タイプ別3Dプリンティング金属価値
図4-17:3Dプリンティング用金属の出荷量(材料タイプ別
図 4-18:材料タイプ別3Dプリンティング金属価値シェア
ポリマー
汎用フィラメントポリマー:ABS、PETG、ナイロン
高性能フィラメントポリマー:PEEK、PEI、複合材料
図4-19:エネルギー分野に関連するフィラメントポリマー3Dプリント材料
粉末材料;ナイロン、PEEK、PEKK
図4-20:エネルギー分野に関連する粉末ポリマー3Dプリント材料
樹脂
ポリマー材料の展望
図4-21:ポリマー3Dプリンティング材料の材料タイプ別金額
図4-22:ポリマー3Dプリンティング材料の材料タイプ別出荷量
図4-23:ポリマー3Dプリンティング材料の材料タイプ別金額シェア


主な要点

 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

“Additive Manufacturing in the Energy Sector” highlights current trends, opportunities, challenges, and the outlook of AM, with the technology maturing to the point of providing on-demand manufacturing, reducing downtime, and enhancing operational efficiency through advanced part design. It also addresses challenges such as material limitations, regulatory compliance, and the need for industry-specific certifications and standards, all of which are already being addressed. Additionally, the report includes a market forecast, highlighting the significant growth potential of AM in the energy sector, segmented by technology, material, and application.

The report features a comprehensive written market analysis and a companion Excel file of historical market data as well as a 10-year forecast.

Companies and organizations mentioned or profiled include but are not limited to: Shell, GE Power & Renewable Energy, ExxonMobil, Baker Hughes, ConocoPhilips, American Petroleum Institute, DNV GL, Lloyd’s Register, Stratasys, 3D Systems, EOS, Desktop Metal, and Markforged.

Published on Jan 26, 2024
SKU AMR-AMES2024-0124

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents
Chapter One: Current state of Additive Manufacturing Adoption in the Energy Sector; understanding the evolution of adoption.
Notable trends affecting AM adoption
How 3D Printing is supporting this transition
Energy and supply chain security
On-demand manufacturing
Benefits and Future Outlook
Challenges facing AM adoption within the Energy Sector
Aversion to risk
Challenges for 3D Printing in Oil and Gas
Moving Forward with Additive Manufacturing
IP challenges
Qualifications and standards
American Petroleum Institute
Lloyd’s Register
Det Norske Veritas (DNV)
Total market forecast
Key Takeaways

Chapter Two: Understanding the Opportunities for Additive Manufacturing within the Energy Sector.
Opportunities within Oil & Gas
Supply Chain Optimization
Advanced designs
Aging Infrastructure
Sustainability and Decarbonization
Opportunities within Nuclear
3D printing and nuclear fuel design
Mitigating the cost of nuclear decommissioning
Opportunities within Renewables
Solar power
Wind
Hydro and Geothermal
Challenges in Implementing 3D Printing
Quality and Certification
Design and Training
Material Selection
Key Takeaways

Chapter Three: Exploring the current and future application space for Additive Manufacturing in the Energy Sector.
Oil and Gas
Additive moves from prototyping to production
On-Demand printing as a part replacement strategy
Accelerating Adoption Through Supplier Partnerships
Exploration and Drilling
Complex Drill Bits: Maximizing Penetration and Minimizing Wear
Downhole tools
Rig components
Production & Transportation
Exhibit 2-1: Demonstrated 3D printed components within the Oil & Gas industry
Nuclear
Current Applications of 3D Printing in Nuclear Energy
Fuel Fabrication
Control Rods and Cooling Systems
Potential Applications
Reactor Core Components
Instrumentation and Control Systems
Exhibit 2-2: Demonstrated 3D printed components within the Nuclear Industry
Renewables
Wind Energy
Solar
Hydro
Exhibit 2-3: Demonstrated 3D printed components within the Renewable Industry
Forecast
Exhibit 3-1: 3D printed parts value by material type
Exhibit 3-2: 3D printed parts production by material type
Exhibit 3-3: 3D printed parts average sales price by material type
Exhibit 3-4: 3D printed parts value by application
Exhibit 3-5: 3D printed parts production by application
Prototypes
Exhibit 3-5: 3D printed prototyping parts value by material
Exhibit 3-6: 3D printed prototyping parts production by material
Exhibit 3-7: 3D printed prototyping parts value by application
Exhibit 3-8: 3D printed prototyping parts production by application
Tools
Exhibit 3-9: 3D printed tooling parts value by material
Exhibit 3-10: 3D printed tooling parts production by material
Exhibit 3-11: 3D printed tooling parts value by application
Exhibit 3-12: 3D printed tooling parts production by application
End use parts
Exhibit 3-13: 3D printed end-use parts value by material
Exhibit 3-14: 3D printed end-use parts production by material
Exhibit 3-15: 3D printed end-use parts value by application
Exhibit 3-16: 3D printed end-use parts production by application
Key Takeaways

Chapter Four: Analysing the Additive Manufacturing Materials and Technologies Driving Adoption in the Energy Sector.
Figure 4-1: 3D printing hardware value by material
Figure 4-2: 3D printing hardware value share by material
Metal 3D printing technologies
Figure 4-3: metal 3D printing technologies relevant to the energy sector
Powder Bed Fusion
High speed metal 3D printing
Binder Jetting
Large Format and Multi-axis Printing
Metal 3D printing hardware forecast
Figure 4-4: metal 3D printing hardware value by technology type
Figure 4-5: metal 3D printing hardware units by technology type
Figure 4-6: metal 3D printing hardware value share by technology type
Polymer printers
Figure 4-7: polymer 3D printing technologies relevant to the energy sector
Polymer Hardware Forecasts
Figure 4-8: polymer 3D printing hardware value by technology
Figure 4-9: polymer 3D printing hardware units by technology
Figure 4-10: polymer 3D printing hardware value share by technology
Materials
Figure 4-11: 3D printing materials value by material
Figure 4-12: 3D printing materials shipments by material
Figure 4-13: 3D printing materials value share by material
Metal
Steel
Figure 4-14: steel 3D printing materials relevant to the energy sector
Nickel Alloys
Cobalt Chromium
Titanium
Refractory Metals
Figure 4-15: refractory 3D printing materials relevant to the energy sector
Aluminium
Metal Materials Outlook
Figure 4-16: 3D printing metals value by material type
Figure 4-17: 3D printing metals shipments by material type
Figure 4-18: 3D printing metals value share by material type
Polymer
General purpose Filament polymers: ABS, PETG, Nylon
Performance Filament Polymers; PEEK, PEI, and composites
Figure 4-19: filament polymer 3D printing materials relevant to the energy sector
Powder materials; Nylons, PEEKs, PEKKs
Figure 4-20: powder polymer 3D printing materials relevant to the energy sector
Resins
Polymer Materials Outlook
Figure 4-21: polymer 3D printing materials value by material type
Figure 4-22: polymer 3D printing materials shipments by material type
Figure 4-23: polymer 3D printing materials value share by material type
Key Takeaways

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Additive Manufacturing Research(旧SmarTech Analysis)社はどのような調査会社ですか?


※2023年12月に旧社名スマーテックアナリシスよりアディティブマニファクチャリングリサーチへ変更しました。 米国調査会社Aditive Manufacturing Researchの調査レポートは... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る