世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

韓国のトースター市場概観、2029年


South Korea Toaster Market Overview, 2029

韓国では、伝統的な韓国の食習慣と西洋スタイルのパンやペストリーの影響を反映し、トースターは毎日の朝食に欠かせない一般的なものとなっている。トースターは、朝食にトースト、サンドイッチ、ベーグルなどさ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2024年4月30日 US$2,250
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
62 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

韓国では、伝統的な韓国の食習慣と西洋スタイルのパンやペストリーの影響を反映し、トースターは毎日の朝食に欠かせない一般的なものとなっている。トースターは、朝食にトースト、サンドイッチ、ベーグルなどさまざまなものが含まれることが多い韓国で、多様な嗜好に対応できるように進化してきた。韓国におけるトースターの技術的進化は、技術革新と効率性で定評のある韓国と一致している。当初は手動式のトースターが主流で、均等にトーストするためにパンをひっくり返す必要があった。しかし、自動ポップアップ式トースターが普及し、トーストの工程が簡素化された。また、焼き色を調節できる機能や霜取り機能、さまざまなサイズのパンに対応できる広いスロットなどの技術的特徴が標準装備されるようになり、韓国の消費者の多様な需要に応えるトースターの汎用性が高まった。さらに、韓国ではキッチン家電のスマート化が進んでおり、トースターも例外ではない。最近のトースターの中には、モバイル・アプリケーションを通じてトースト工程を制御・監視できるスマート技術を組み込んだものもある。このような技術の融合は、ユーザーの利便性を向上させ、技術に精通した韓国の消費者層に合致している。要するに、韓国におけるトースターの使用は、伝統的な朝食習慣と現代的な朝食習慣の融合を意味する。韓国におけるトースターの技術的進化は、効率性、利便性、革新性へのコミットメントを反映しており、韓国の消費者の多様でダイナミックな嗜好に対応している。

Bonafide Research発行の調査レポート「韓国のトースター市場概要、2029年」によると、韓国のトースター市場は2029年までに9500万米ドル以上の価値が予測されている。韓国のトースター市場は、文化的影響、ライフスタイルの変化、消費者の多様な料理ニーズを満たすトースターの適応性の組み合わせによって推進されている。主な推進力は、韓国で進化する朝食文化であり、伝統的な食事に加え、洋風のパンやペストリーが好まれるようになっている。その結果、トースターは不可欠なキッチン家電となり、迅速かつ効率的な朝食ソリューションへの欲求と一致している。ペースの速い都市環境などのライフスタイルの変化が、韓国におけるトースターの需要に大きく寄与している。忙しい日常生活の中で、トースターは朝食の準備に時間効率のよい解決策を提供し、便利なキッチン家電へのニーズに応える。韓国の伝統的なパンから世界各国のパンまで、様々な種類のパンに対応できるトースターの適応性は、韓国の多様な食文化における関連性を保証している。さらに、トースターの用途は韓国での需要を促進する上で極めて重要な役割を果たしている。最近のトースターには、単純なトースト機能だけでなく、霜取りオプション、焼き色調節機能、さまざまなサイズのパンに対応する広いスロットなどの機能が組み込まれていることが多い。このような多機能性により、トースターはキッチンの貴重なパートナーとなっており、カスタマイズ・オプションを提供し、料理の好みの変化に対応できる家電製品を求める消費者にアピールしている。要するに、韓国のトースター市場の原動力は、文化の変化、ライフスタイルの変化、多様な料理嗜好へのトースターの適応性に根ざしている。効率的で汎用性の高いキッチン家電への需要が高まる中、トースターは韓国の家庭の定番であり続け、朝食の習慣に便利さとカスタマイズ性を求める消費者の期待に応えている。

ポップアップ式トースターは、その効率性と使いやすさから、素早く使いやすい操作で有名であり、優位を占める傾向にある。スマート・トースター、パニーニ・プレス・トースター、ベルトコンベア・トースターといった革新的な製品もあり、高度な機能と多様なトースト・オプションに対する消費者の嗜好の変化に対応している。用途別では、家庭用と業務用がある。家庭用トースターが市場をリードしているのは、家庭におけるコンパクトで汎用性の高いトーストソリューションへの嗜好を反映しているためである。家庭用に設計されたこれらのトースターは、調節可能な設定、簡単な洗浄機能、霜取りや再加熱などの追加機能を備えている。一方、業務用トースターは、耐久性と大量のトーストに対応するよう設計されており、世界中の業務用厨房や様々な食品施設の需要に応えている。流通チャネルは、オンラインとオフラインで区分される。現在、伝統的なオフライン・チャネルが支配的である一方、オンライン・セグメントは大幅な成長を遂げており、最も高い年間平均成長率(CAGR)を誇っている。この変化は、消費者が便利で多様な購買オプションを求め、オンライン・プラットフォームを利用するという世界的な傾向を浮き彫りにしている。テクノロジーが市場を形成し続ける中、トースター業界は世界中の消費者の進化するニーズに適応し、多様なセグメントにおいて革新性、効率性、利便性を融合させている。

韓国のトースター市場は、技術革新とデザイン美学のダイナミックな相互作用によって大きな影響を受けている。技術の進歩は、韓国のトースターの特徴と機能性を形成する上で極めて重要な役割を果たしている。従来の手動式トースターは自動ポップアップ式に進化し、トースト工程を簡素化し、ユーザーの利便性を高めている。焼き色調節機能、霜取り機能、多様なサイズのパンに対応する広いスロットのような高度な機能が標準になり、最先端で機能的なキッチン家電を好む国民性を反映している。韓国のトースター市場では、スマート・テクノロジーの統合が重要なトレンドとして浮上している。最近のトースターは、タッチ・コントロール、デジタル・ディスプレイ、接続オプションを備えている場合があり、ユーザーはモバイル・アプリケーションを通じてトースト・プロセスをカスタマイズしたりモニターしたりできる。これは、技術に精通した国としての韓国の評判と、スマート・ホーム・ソリューションへの傾 向と一致している。デザイン美学もまた、韓国のトースター市場における消費者の選択に重要な役割を果たしている。現代的なキッチン・スタイルにマッチする洗練されたモダンなデザインが人気を集めており、視覚的に魅力的でデザイン性の高い製品を好む国民性を反映している。韓国の消費者はしばしば、高度な機能性だけでなく、生活空間全体の美的調和にも貢献する家電製品を求めている。

韓国のトースター市場は、そのダイナミクスに影響を与えるいくつかの課題に直面している。重要な課題のひとつは市場の飽和で、多くの家庭がすでにトースターを所有しているため、メーカー間の競争が激しくなっている。このような成熟市場で成長と市場シェアを維持するには、継続的な技術革新、差別化、消費者の関心を引く独自の機能の開発が必要である。可処分所得や消費者の消費パターンの変動を含む経済的要因は、トースターのような非必需品の需要に影響を与える可能性がある。経済の不確実性は、より慎重な消費者行動につながり、新しいキッチン家電への投資意欲に影響を与えるかもしれない。需要動向を分析すると、韓国のトースター市場はおおむね安定していることがわかる。急激な変動はないかもしれないが、トースターはキッチン用品として不可欠な役割を担っているため、需要は安定している。しかし、経済状況、ライフスタイルの変化、消費者の嗜好の変化に応じて、微妙な変動が起こる可能性がある。食の嗜好は韓国のトースター市場に大きな影響を与える。食習慣が進化するにつれて、韓国の伝統的な種類や国際的な選択肢を含む様々な種類のパンに対応できるトースターの需要が変動する可能性がある。さらに、多様な料理の影響や、異なる食感や厚さのパンの嗜好は、消費者がトースターに求める機能に影響を与える可能性がある。

本レポートの考察
- 歴史的な年2018
- 基準年2023
- 推定年2024
- 予測年2029

本レポートでカバーされている側面
- トースター市場の展望とその価値とセグメント別予測
- 様々な促進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

タイプ別
- POP-UPトースター
- コンベアトースター
- その他

用途別
- 家庭用
- 業務用

流通チャネル別
- オンライン
- オフライン

レポートのアプローチ
本レポートは、一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。当初は、市場を理解し、そこに存在する企業をリストアップするために二次調査を行った。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースなどの第三者情報源からなる。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーに電話インタビューを行い、市場のディーラーやディストリビューターと取引コールを行うことによって実施された。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データを入手したら、二次ソースから得た詳細の検証を開始することができる。

対象読者
本レポートは、業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、団体、トースター産業に関連する組織、政府機関、その他のステークホルダーが市場中心の戦略を調整するのに役立ちます。また、マーケティングやプレゼンテーションだけでなく、業界に関する競合知識を高めることもできます。


ページTOPに戻る


目次

目次

1.要旨
2.市場構造
2.1.市場考察
2.2.前提条件
2.3.制限事項
2.4.略語
2.5.出典
2.6.定義
2.7.地理
3.研究方法
3.1.二次調査
3.2.一次データ収集
3.3.市場形成と検証
3.4.レポート作成、品質チェック、納品
4.韓国のマクロ経済指標
5.市場ダイナミクス
5.1.主な調査結果
5.2.主な動向 - 2021年
5.3.市場促進要因と機会
5.4.市場の阻害要因と課題
5.5.市場動向
5.6.コビッド19効果
5.7.サプライチェーン分析
5.8.政策と規制の枠組み
5.9.業界専門家の見解
6.韓国のトースター市場概要
6.1.金額別市場規模
6.2.タイプ別市場規模と予測
6.3.用途別市場規模・予測
6.4.流通チャネル別市場規模・予測
6.5.III別の市場規模・予測
6.6.JJJ別市場規模・予測
7.韓国トースター市場細分化
7.1.韓国トースター市場:タイプ別
7.1.1.韓国のトースター市場規模:POP-UPトースター別、2018〜2029年
7.1.2.韓国のトースター市場規模:コンベア式トースター別、2018〜2029年
7.1.3.韓国のトースター市場規模:その他別、2018〜2029年
7.2.韓国のトースター市場規模:用途別
7.2.1.韓国のトースター市場規模:住宅別、2018年〜2029年
7.2.2.韓国のトースター市場規模:商業用:2018-2029年
7.3.韓国のトースター市場規模:流通経路別
7.3.1.韓国のトースター市場規模:オンライン別、2018年〜2029年
7.3.2.韓国のトースター市場規模:オフライン別、2018年〜2029年
8.韓国のトースター市場機会評価
8.1.タイプ別、2024年~2029年
8.2.用途別、2024~2029年
8.3.流通チャネル別、2024~2029年
9.競争環境
9.1.ポーターの5つの力
9.2.会社概要
9.2.1.ブレビル・グループ・リミテッド
9.2.1.1.会社概要
9.2.1.2.会社概要
9.2.1.3.財務ハイライト
9.2.1.4.地理的洞察
9.2.1.5.事業セグメントと業績
9.2.1.6.製品ポートフォリオ
9.2.1.7.主要役員
9.2.1.8.戦略的な動きと展開
9.2.2.グループSEB
9.2.3.パナソニックホールディングス株式会社
9.2.4.ゴレンジェ
9.2.5.ワールプール株式会社
9.2.6.デロンギS.p.A.
9.2.7.モーフィーリチャーズ
9.2.8.ロバート・ボッシュ
10.戦略的提言
11.免責事項


図表一覧

図1:韓国トースター市場規模:金額ベース(2018年、2023年、2029年)(単位:百万米ドル)
図2:市場魅力度指数(タイプ別
図3:市場魅力度指数(用途別
図4:市場魅力度指数(流通チャネル別
図5:韓国トースター市場のポーターの5つの力


一覧表

表1:韓国トースター市場の影響要因(2023年
表2:韓国のトースター市場規模・予測:タイプ別(2018年、2023年、2029F)
表3:韓国のトースター市場規模・用途別予測(2018年・2023年・2029F)
表4:韓国のトースター市場規模・予測:流通チャネル別(2018年・2023年・2029F)
表5:韓国のトースター市場規模・予測:III別(2018年・2023年・2029F)
表6:韓国のトースター市場規模・予測:JJJ別(2018年・2023年・2029F)
表7:韓国のPOP-UPトースター市場規模(2018年~2029年)(単位:百万米ドル
表8:韓国のコンベア式トースターの市場規模(2018年~2029年)(単位:百万米ドル
表9:韓国のトースター市場規模:その他(2018年~2029年)(単位:百万米ドル
表10:韓国のトースターの市場規模(2018年~2029年)(単位:百万米ドル
表11:韓国のトースターの市場規模(2018年~2029年)(単位:百万米ドル
表12:韓国のトースター市場規模(2018年~2029年):オンライン(百万米ドル
表13:韓国のトースターのオフライン市場規模(2018年~2029年)(単位:百万米ドル

 

ページTOPに戻る


 

Summary

In South Korea, toaster usage has become a common and integral part of daily breakfast routines, reflecting a blend of traditional Korean culinary practices and the influence of Western-style bread and pastries. The toaster has evolved to accommodate diverse preferences in a nation where breakfast often includes a variety of items like toast, sandwiches, and bagels. The technological evolution of toasters in South Korea aligns with the country's reputation for technological innovation and efficiency. Initially, manual toasters were prevalent, requiring users to flip the bread for even toasting. However, with advancements, automatic pop-up toasters gained popularity, simplifying the toasting process. Technological features such as adjustable browning controls, defrost functions, and wider slots to accommodate different bread sizes have become standard, enhancing the versatility of toasters to meet the varied demands of South Korean consumers. Furthermore, South Korea has witnessed a trend toward smart kitchen appliances, and toasters are no exception. Some modern toasters now integrate smart technology, allowing users to control and monitor the toasting process through mobile applications. This convergence of technology enhances user convenience and aligns with the nation's tech-savvy consumer base. In essence, toaster usage in South Korea signifies the fusion of traditional and modern breakfast habits. The technological evolution of toasters in the country reflects a commitment to efficiency, convenience, and innovation, catering to the diverse and dynamic preferences of South Korean consumers.

According to the research report "South Korea Toaster Market Overview, 2029," published by Bonafide Research, the South Korea toaster market is projected to value at more than USD 95 Million by 2029. The South Korean toaster market is propelled by a combination of cultural influences, lifestyle changes, and the adaptability of toasters to meet the diverse culinary needs of consumers. A key driver is the evolving breakfast culture in South Korea, where traditional meals are complemented by a growing fondness for Western-style bread and pastries. As a result, toasters become essential kitchen appliances, aligning with the desire for quick and efficient breakfast solutions. Lifestyle changes, including a fast-paced urban environment, significantly contribute to the demand for toasters in South Korea. With busy routines, toasters offer a time-efficient solution for breakfast preparation, catering to the need for convenient kitchen appliances. The adaptability of toasters to handle various types of bread, from traditional Korean varieties to international options, ensures their relevance in the diverse South Korean culinary landscape. Moreover, the uses of toasters play a pivotal role in driving their demand in South Korea. Beyond simple toasting functions, modern toasters often incorporate features such as defrost options, adjustable browning controls, and wider slots to accommodate different bread sizes. This versatility makes toasters valuable kitchen companions, appealing to consumers seeking appliances that offer customization options and can adapt to changing culinary preferences. In essence, the drivers of the South Korean toaster market are rooted in cultural shifts, changing lifestyles, and the adaptability of toasters to diverse culinary preferences. As the demand for efficient and versatile kitchen appliances grows, toasters remain a staple in South Korean households, meeting the expectations of consumers for convenience and customization in their breakfast routines.

Pop-up toasters, renowned for their quick and user-friendly operation, tend to dominate due to their efficiency and ease of use. The inclusion of innovative variants like Smart Toasters, Panini Press Toasters, and Conveyor Belt Toasters caters to evolving consumer preferences for advanced features and diversified toasting options. In terms of application, the market distinguishes between residential and commercial use. Residential toasters lead the market, reflecting a preference for compact and versatile toasting solutions among households. These toasters, designed for home use, offer adjustable settings, easy cleaning features, and additional functions like defrosting or reheating. Conversely, commercial toasters are engineered for durability and high-volume toasting, meeting the demands of commercial kitchens and various food establishments globally. The distribution channel segmentation comprises online and offline categories. While traditional offline channels currently dominate, the online segment is experiencing substantial growth, boasting the highest Compound Annual Growth Rate (CAGR). This shift underscores the global trend of consumers turning to online platforms for convenient and diverse purchasing options. As technology continues to shape the market, the toaster industry is adapting to meet the evolving needs of consumers worldwide, blending innovation, efficiency, and convenience across its diverse segments.

The South Korean toaster market is profoundly influenced by the dynamic interplay of technological innovation and design aesthetics. Technological advancements play a pivotal role in shaping the features and functionalities of toasters in South Korea. Traditional manual toasters have evolved into automatic pop-up models, simplifying the toasting process and enhancing user convenience. Advanced features such as adjustable browning controls, defrost functions, and wider slots for diverse bread sizes have become standard, reflecting the nation's penchant for cutting-edge and functional kitchen appliances. The integration of smart technology is emerging as a significant trend in the South Korean toaster market. Modern toasters may feature touch controls, digital displays, and connectivity options, allowing users to customize and monitor the toasting process through mobile applications. This aligns with South Korea's reputation as a tech-savvy nation and its inclination towards smart home solutions. Design aesthetics also play a crucial role in influencing consumer choices in the South Korean toaster market. Sleek, modern designs that complement contemporary kitchen styles are gaining popularity, reflecting the nation's appreciation for visually appealing and well-designed products. South Korean consumers often seek appliances that not only deliver advanced functionality but also contribute to the overall aesthetic harmony of their living spaces.

The South Korean toaster market faces several challenges that influence its dynamics. One significant challenge is market saturation, as many households already own toasters, leading to intense competition among manufacturers. Sustaining growth and market share in such a mature market requires continuous innovation, differentiation, and the development of unique features to capture consumer attention. Economic factors, including fluctuations in disposable income and consumer spending patterns, can impact the demand for non-essential items like toasters. Economic uncertainties may lead to more cautious consumer behavior, affecting the willingness to invest in new kitchen appliances. Analyzing the trend in demand reveals a generally stable market for toasters in South Korea. While there may not be drastic fluctuations, the demand for toasters remains consistent due to their role as essential kitchen appliances. However, subtle shifts may occur in response to economic conditions, changing lifestyle patterns, or emerging consumer preferences. Food preferences significantly influence the South Korean toaster market. As dietary habits evolve, the demand for toasters that can accommodate various types of bread, including traditional Korean varieties and international options, may fluctuate. Additionally, the influence of a diverse culinary landscape and preferences for different textures and thicknesses of bread may impact the features consumers seek in their toasters.

Considered in this report
• Historic year: 2018
• Base year: 2023
• Estimated year: 2024
• Forecast year: 2029

Aspects covered in this report
• Toaster market Outlook with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Type
• POP-UP Toaster
• Conveyer Toaster
• Others

By Application
• Residential
• Commercial

By Distribution Channel
• Online
• Offline

The approach of the report:
This report consists of a combined approach of primary and secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and list the companies that are present in it. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources, primary research was conducted by conducting telephone interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this; we have started making primary calls to consumers by equally segmenting them in regional aspects, tier aspects, age group, and gender. Once we have primary data with us, we can start verifying the details obtained from secondary sources.

Intended audience
This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations, and organizations related to the Toaster industry, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing and presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Korea Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Korea Toaster Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Type
6.3. Market Size and Forecast By Application
6.4. Market Size and Forecast By Distribution Channel
6.5. Market Size and Forecast By III
6.6. Market Size and Forecast By JJJ
7. South Korea Toaster Market Segmentations
7.1. South Korea Toaster Market, By Type
7.1.1. South Korea Toaster Market Size, By POP-UP Toaster, 2018-2029
7.1.2. South Korea Toaster Market Size, By Conveyer Toaster, 2018-2029
7.1.3. South Korea Toaster Market Size, By Others, 2018-2029
7.2. South Korea Toaster Market, By Application
7.2.1. South Korea Toaster Market Size, By Residential, 2018-2029
7.2.2. South Korea Toaster Market Size, By Commercial, 2018-2029
7.3. South Korea Toaster Market, By Distribution Channel
7.3.1. South Korea Toaster Market Size, By Online, 2018-2029
7.3.2. South Korea Toaster Market Size, By Offline, 2018-2029
8. South Korea Toaster Market Opportunity Assessment
8.1. By Type, 2024 to 2029
8.2. By Application, 2024 to 2029
8.3. By Distribution Channel, 2024 to 2029
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Breville Group Limited
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Groupe SEB
9.2.3. Panasonic Holdings Corporation
9.2.4. Gorenje
9.2.5. Whirlpool Corporation
9.2.6. De'Longhi S.p.A.
9.2.7. Morphy Richards
9.2.8. Robert Bosch GmbH
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer


List of Figures

Figure 1: South Korea Toaster Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Millions)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Type
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Application
Figure 4: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 5: Porter's Five Forces of South Korea Toaster Market


List of Tables

Table 1: Influencing Factors for South Korea Toaster Market, 2023
Table 2: South Korea Toaster Market Size and Forecast By Type (2018, 2023 & 2029F)
Table 3: South Korea Toaster Market Size and Forecast By Application (2018, 2023 & 2029F)
Table 4: South Korea Toaster Market Size and Forecast By Distribution Channel(2018, 2023 & 2029F)
Table 5: South Korea Toaster Market Size and Forecast By III (2018, 2023 & 2029F)
Table 6: South Korea Toaster Market Size and Forecast By JJJ (2018, 2023 & 2029F)
Table 7: South Korea Toaster Market Size of POP-UP Toaster (2018 to 2029) in USD Millions
Table 8: South Korea Toaster Market Size of Convoyer Toaster (2018 to 2029) in USD Millions
Table 9: South Korea Toaster Market Size of Others (2018 to 2029) in USD Millions
Table 10: South Korea Toaster Market Size of Residential (2018 to 2029) in USD Millions
Table 11: South Korea Toaster Market Size of Commercial (2018 to 2029) in USD Millions
Table 12: South Korea Toaster Market Size of Online (2018 to 2029) in USD Millions
Table 13: South Korea Toaster Market Size of Offline (2018 to 2029) in USD Millions

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る