世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場の展望、2029年


Asia-Pacific Connected Car Market Outlook, 2029

アジア太平洋地域は自動車産業における技術革新の最前線にあり、大手自動車メーカーやハイテク企業がコネクテッドカー技術に投資している。人工知能や機械学習からモノのインターネット(IoT)や5G接続に至るまで... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2024年2月29日 US$3,450
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
93 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

アジア太平洋地域は自動車産業における技術革新の最前線にあり、大手自動車メーカーやハイテク企業がコネクテッドカー技術に投資している。人工知能や機械学習からモノのインターネット(IoT)や5G接続に至るまで、アジア太平洋地域はコネクテッドカーの機能と性能を高めるために最先端技術を取り入れている。さらに、アジア太平洋地域には世界で最も人口の多い都市があり、交通渋滞や公害が大きな課題となっている。予測交通管理、スマート・ナビゲーション、V2I(Vehicle-to-Infrastructure)通信などのコネクテッド・カー技術は、この地域の渋滞を緩和し、交通の流れを改善し、都市モビリティを向上させるソリューションを提供する。日本や韓国のような国々は、自動車技術革新、特にコネクテッド・カー技術の開発においてリーダーシップを発揮していることで知られている。これらの国の企業は、自律走行システム、車車間(V2V)通信、スマート・モビリティ・ソリューションといった先進機能の開発で最先端を走っている。アジア太平洋地域の各国政府は、コネクテッドカーが交通安全の向上、交通渋滞の緩和、環境の持続可能性の推進にもたらす潜在的なメリットを認識しつつある。多くの国が、電気自動車への補助金支給やスマートインフラへの投資など、コネクテッドカー技術の採用と展開を支援する政策や取り組みを実施している。アジア太平洋地域のコネクテッド・カー市場は、自動車メーカー、テクノロジー企業、通信プロバイダー、政府機関の連携とパートナーシップによって特徴付けられる。こうした連携により、統合ソリューション、相互運用可能なプラットフォーム、業界全体の標準の開発が促進され、イノベーションが促進され、コネクテッド・カー技術の採用が加速している。

Bonafide Research社の調査レポート「アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場の展望、2029年」によると、アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場は2024年から2029年にかけて年平均成長率15%以上で成長すると予測されている。アジア太平洋地域には世界有数のテクノロジー企業や研究機関があり、コネクテッドカー技術の革新を促進している。人工知能、モノのインターネット(IoT)、5G接続の進歩により、自律走行、車車間(V2V)通信、予知保全などの高度な機能の開発が可能になる。急速な都市化に伴い、アジア太平洋地域の多くの人々が人口密度の高い都市部に住み、働いている。都市生活者は移動手段として自動車に大きく依存しているため、市街地走行時の利便性、ナビゲーション、安全性を高めるコネクテッドカー機能に対する需要が高まっている。アジア太平洋地域のコネクテッド・カー市場では、文化的嗜好や価値観が消費者行動に影響を与えている。例えば、日本や韓国のように技術やイノベーションを重視する国では、消費者はコネクテッド・カー技術を受け入れやすく、自律走行やスマート・モビリティ・ソリューションなどの機能を優先する傾向がある。政府の政策と規制は、アジア太平洋地域のコネクテッド・カー市場の文化を形成する上で重要な役割を果たしている。政府は、自動車メーカーと消費者がコネクテッド・カー技術を採用するためのインセンティブを提供し、スマート・インフラの開発を促進し、自動車の安全性、排出ガス、データ・プライバシーに関する基準を設定する可能性がある。

市場牽引要因

- 急速な都市化:アジア太平洋地域における急速な都市化は、コネクテッド・カー市場の重要な促進要因である。都市が成長し、人口が都市部に集中するにつれて、交通渋滞が大きな課題となる。コネクテッド・カーは、リアルタイムの交通情報、予測ナビゲーション、スマート・パーキング・アシストなどの機能を提供することで、都市のモビリティ問題に対するソリューションを提供する。これらの機能は、ドライバーが混雑した都市環境をより効率的に移動し、時間を節約してストレスを軽減するのに役立ちます。さらに、都市生活者は利便性と接続性を重視することが多いため、移動手段を自動車に大きく依存する都市環境では、コネクテッドカーの機能は非常に魅力的です。

- 中間層の増加:アジア太平洋地域における中間層の増加は、コネクテッドカーの需要を促進している。可処分所得が増加し、ライフスタイルが豊かになるにつれて、消費者は高度な機能と技術を備えた自動車を求めるようになっている。コネクテッド・カーは、高度なインフォテインメント・システム、車内Wi-Fi接続、スマートフォンとの連携など、さまざまな機能を提供し、移動中の利便性、エンターテインメント、接続性を重視する技術に精通した消費者にアピールしている。ステイタス、快適性、最新技術を自動車に求める中間層の増加が、アジア太平洋市場におけるコネクテッド・カー技術の採用を後押ししている。

市場の課題

- 消費者の受容と採用:アジア太平洋地域のコネクテッド・カー市場における重要な課題の1つは、消費者の受容と採用である。コネクテッドカー技術の人気が高まっているにもかかわらず、消費者はコスト、プライバシーへの懸念、認知された信頼性などさまざまな要因から、これらの技術を受け入れることにまだ抵抗やためらいを持っている可能性がある。例えば、一部の消費者は、初期購入価格や継続的なメンテナンス・コストに対する懸念から、コネクテッド・カーへの投資をためらう可能性がある。さらに、データのプライバシーやセキュリティに関連する問題は、コネクテッド・カー・システムに対する消費者の信頼を損ない、採用に消極的になる可能性がある。こうした懸念に対処し、安全性、利便性、接続性の向上といったコネクテッドカーのメリットについて消費者を啓蒙することは、アジア太平洋地域での受容と普及を促進する上で不可欠である。

- 文化と言語の違い:アジア太平洋地域は文化的に多様であり、国や地域によって独自の嗜好、言語、文化的規範があります。この多様性は、コネクテッド・カー市場で事業を展開する自動車メーカーやテクノロジー・プロバイダにとって課題となる。例えば、ある国で人気のある機能は、文化の違いや規制要件のために、別の国ではあまり受け入れられないかもしれない。同様に、言語の壁は、製品のローカライゼーション、カスタマー・サポート、マーケティング活動において、企業に課題をもたらすかもしれない。こうした文化や言語の違いを克服するには、各市場に対する微妙な理解と、製品開発やマーケティング戦略への柔軟なアプローチが必要となる。

市場機会

- 新たなモビリティ動向:アジア太平洋地域では、ライドシェアリング、カーシェアリング、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)プラットフォームなど、コネクテッド・カー技術によって実現される新たなモビリティ・トレンドの出現を目の当たりにしている。こうしたトレンドは、都市部における人々の移動方法を再構築し、シームレスでパーソナライズされたモビリティ体験を提供する統合ソリューションを開発するために、自動車メーカー、テクノロジープロバイダー、交通機関が協力する機会を生み出している。

- 政府の支援と取り組み:アジア太平洋地域の各国政府は、コネクテッド・カーが交通安全の向上、交通渋滞の緩和、環境の持続可能性の推進にもたらす潜在的なメリットを認識しつつある。多くの国が、電気自動車へのインセンティブ付与、スマートインフラへの投資、自動車の安全性と排出ガスに関する基準の設定など、コネクテッドカー技術の採用と展開を支援する政策とイニシアチブを実施している。こうした政府のイニシアチブは、好ましい規制環境を作り出し、コネクテッドカー市場で業界関係者が協力し、革新する機会を提供する。

技術に基づくと、4G/LTE、3G、5Gに区分される。さらに、接続ソリューションの観点からは、統合型、組み込み型、テザリング型に区分される。

アジア太平洋地域では、5Gが技術として成長している。5Gネットワークは、旧世代の無線技術に比べ、大幅に高速なデータ通信、低遅延、大容量を提供する。この高速接続性により、コネクテッドカーと外部ネットワーク間のシームレスな通信が可能になり、リアルタイムのデータ交換、迅速な応答時間、ユーザー体験の向上が実現します。5Gにより、コネクテッド・カーはより迅速かつ効率的に大量のデータにアクセスして処理できるようになり、リアルタイム・ナビゲーション、HDビデオ・ストリーミング、無線ソフトウェア・アップデートなどの高度な機能を実現できます。5GテクノロジーはV2X(Vehicle-to-Everything)通信を可能にし、コネクテッド・カーが他の車両、歩行者、信号機、インフラとリアルタイムで情報を交換できるようにします。この機能により、衝突回避システム、交差点での衝突警告、協調型アダプティブ・クルーズ・コントロールなどの機能が可能になり、交通安全が向上します。さらに、5Gを利用したV2X通信は、交通の流れを改善し、ルート計画を最適化し、燃料消費を削減することができるため、輸送の効率化と持続可能性の向上に貢献します。さらに、統合型コネクティビティ・ソリューションの市場シェアが最も高い。統合コネクティビティ・ソリューションは、車載Wi-Fi、スマートフォン統合、ナビゲーション・サービス、エンターテインメント・オプションなど、さまざまなコネクティビティ機能を統一プラットフォームに統合することで、シームレスなユーザー体験を提供する。このシームレスな統合は、消費者の全体的な運転体験を向上させ、道路走行中も接続、娯楽、情報提供を可能にする。統合されたコネクティビティ・ソリューションは、ユーザー・インターフェースとコネクテッド・カー機能とのインタラクションを合理化し、ドライバーと同乗者が中央のダッシュボードやインフォテインメント・システムからさまざまな機能にアクセスし、制御することをより簡単かつ便利にします。この効率化により、ユーザーの生産性が向上し、運転中の注意散漫が減り、安全性と利便性が高まります。

同レポートによると、アプリケーションは運転支援、安全、インフォテインメント、テレマティクス、フリート管理(車両)、モビリティ管理、その他に区分される。さらに、エンドユーザーに関しては、OEMとアフターマーケットに区分される。

アジア太平洋地域では、テレマティクスがコネクテッドカー市場に大きく貢献している。テレマティクス・システムは、車両性能のリアルタイム監視、位置追跡、ドライバーの行動分析を可能にする。このデータは、スピード違反や急ブレーキなどの危険な運転行動に対する警告を提供したり、事故や故障の際の緊急支援を促進したりすることで、交通安全の向上に利用できる。交通安全が重要な関心事であるアジア太平洋地域では、テレマティクス・ソリューションの導入が事故を減らし、全体的な交通安全を向上させるのに役立つ。テレマティクス・システムは、車両の稼働率を最適化し、燃料消費量を削減し、運行効率を向上させるために、業務用車両に広く利用されている。フリート・マネジャーはテレマティクス・データを利用して車両の位置を追跡し、燃料消費量をモニターし、メンテナンスのスケジュールを立てることで、コスト削減と生産性向上を実現できる。アジア太平洋地域では物流・輸送サービスの需要が高まっており、テレマティクス・ソリューションは大規模な車両を管理し、効率的なオペレーションを確保する上で重要な役割を果たしている。さらに、OEMはコネクテッド・カー市場に大きく貢献しており、アジア太平洋地域の消費者の間でブランド認知、信頼、忠誠心を確立している。消費者は多くの場合、品質と信頼性の実績があり、評判の高いOEMから自動車を購入することを好む。OEMは、コネクテッド・カー機能を自動車の標準装備またはオプション装備として提供することで、ブランドの評判を活用し、消費者のコネクテッド・カー技術の採用と受容を促進することができる。OEMは、製造、調達、流通におけるスケールメリットの恩恵を受け、コネクテッドカー機能を競争力のある価格で提供することができる。OEMは、自社の生産能力とサプライチェーン・ネットワークを活用することで、コネクテッドカーの生産コストを削減し、効率を高めることができる。これによりOEMは、アジア太平洋市場のさまざまな顧客層や嗜好に対応し、車両ラインナップ全体で幅広いコネクテッドカー機能やオプションを提供することができる。


本レポートに基づく主要対象国には、中国、日本、インド、オーストラリア、韓国、その他のアジア太平洋地域が含まれる。

アジア太平洋地域では、中国がコネクテッドカー市場をリードしている。中国は世界最大の自動車市場を持ち、中間層が急速に増加し、都市化が進んでいる。この大規模な消費者基盤は、消費者が高度な機能、接続性、利便性を備えた自動車を求めるため、コネクテッド・カー技術に対する大きな需要を生み出している。中国政府は、国内の自動車産業をアップグレードし、イノベーションを促進するための広範なイニシアチブの一環として、コネクテッド・カー技術の開発と採用を積極的に推進している。政府は、電気自動車への補助金、スマートインフラへの投資、自律走行とコネクテッドカーの展開を促進するための規制改革など、コネクテッドカー技術の開発を支援する政策とインセンティブを実施してきた。さらに、中国には強固な自動車製造エコシステムがあり、多数の国内外のOEMが国内および世界市場向けに自動車を生産している。この強力な製造基盤は、コネクテッド・ビークルの大量生産と展開を可能にし、規模の経済を促進し、消費者のコストを削減する。中国には、コネクテッド・カー市場のイノベーションを推進する革新的新興企業やテクノロジー企業の活気あるエコシステムがある。華為技術(ファーウェイ)、百度(バイドゥ)、騰訊(テンセント)などの技術大手は、コネクテッド・カー技術に多額の投資を行い、自動車メーカーと協力して統合ソリューションを開発している。これらの企業は、電気通信、クラウド・コンピューティング、人工知能などの分野で専門知識を持ち、中国市場に合わせた最先端のコネクテッド・カー・ソリューションの開発を可能にしている。

コネクテッドカー市場の競争環境はダイナミックで、自動車メーカー、テクノロジー企業、通信プロバイダー、新興企業など、多様なプレーヤーの存在によって特徴付けられる。これらの企業はコネクテッド・カー技術の開発、統合、普及に貢献している。伝統的な自動車メーカーは、コネクティビティ機能を自動車に直接組み込むことで、コネクテッド・カー市場で重要な役割を果たしている。ゼネラル・モーターズ、フォード、トヨタ、BMW などの企業は、高度なインフォテインメント・システム、テレマティクス、運転支援技術を車両に組み込んでいる。OEM各社は、コネクテッド・カーを強化するため、テクノロジー・パートナーと協業することも多い。テクノロジー大手は、ソフトウェア、人工知能、クラウド・コンピューティングの専門知識を活用し、コネクテッドカー分野への参入を増やしている。アップル、グーグル(アンドロイド・オートを通じて)、マイクロソフトなどの企業は、コネクテッド・カーとシームレスに統合し、音声操作、ナビゲーション、車内エンターテインメントなどのサービスを提供するプラットフォームやエコシステムを開発している。コネクテッドカーの成功は、強固な通信ネットワークに大きく依存している。ベライゾン、AT&T、ボーダフォンなどの通信会社は、4Gや5Gネットワークなど、必要な接続インフラを提供することで重要な役割を果たしている。これらのプロバイダーは、リアルタイムのデータ転送、無線アップデート、その他のコネクテッドカー・サービスを可能にする上で極めて重要な役割を担っている。自動車部品サプライヤーは、しばしばティア1サプライヤーと呼ばれ、コネクテッド・カーに不可欠な部品やシステムを提供している。ボッシュ、コンチネンタル、デンソーのような企業は、センサー、通信モジュール、その他コネクテッド・カー・テクノロジーの機能に不可欠なハードウェアの提供を専門としている。これらのサプライヤーはOEMと緊密に連携し、先進システムをシームレスに統合している。コネクテッド・カー市場はまた、コネクティビティの特定の側面に特化した多数の新興企業やニッチ・プレーヤーの影響を受けている。これらには、コネクテッドカー向けのサイバーセキュリティ(Argus Cyber Securityなど)、AIを活用したナビゲーション(WayRayなど)、先進運転支援システム(Mobileyeなど)に注力する企業が含まれる。これらのプレーヤーは、しばしば市場にイノベーションと俊敏性をもたらし、市場全体のダイナミズムに貢献している。



本レポートの考察対象

- 歴史的な年2018
- 基準年2023
- 推定年2024
- 予測年2029

本レポートでカバーされている側面

- コネクテッドカー市場の展望とセグメント別の市場価値と予測
- さまざまな推進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

テクノロジー別

- 4G/LTE
- 3G
- 5G

コネクティビティ・ソリューション

- 統合
- 組み込み型
- テザリング

アプリケーション別

- ドライバー支援
- セーフティ
- インフォテインメント
- テレマティクス
- フリートマネジメント(車両)
- モビリティ・マネジメント
- その他

エンドマーケット別

- 相手先ブランド製造(OEM)
- アフターマーケット

レポートのアプローチ

本レポートは、一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。まず二次調査は、市場を理解し、そこに存在する企業をリストアップするために使用した。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースなどの第三者情報源からなる。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーに電話インタビューを行い、市場のディーラーやディストリビューターと取引コールを行うことによって実施した。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データが揃えば、二次ソースから得た詳細の検証を開始することができる。

対象読者

本レポートは、業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、団体、コネクテッドカー業界関連組織、政府機関、その他のステークホルダーが市場中心の戦略を立てる際に役立ちます。マーケティングやプレゼンテーションに加え、業界に関する競合知識を高めることもできます。***ご注意:ご注文確認後、レポートのお届けまでに48時間(2営業日)かかります。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.エグゼクティブサマリー
2.調査方法
2.1.二次調査
2.2.一次データ収集
2.3.市場形成と検証
2.4.レポート作成、品質チェック、納品
3.市場構造
3.1.市場への配慮
3.2.前提条件
3.3.制限事項
3.4.略語
3.5.出典
3.6.定義
4.経済・人口統計
5.コネクテッドカーの世界市場展望
5.1.市場規模(金額ベース
5.2.地域別市場シェア
5.3.市場規模および予測、技術別
5.4.市場規模・予測:接続ソリューション別
5.5.市場規模・予測:アプリケーション別
5.6.市場規模・予測:エンドマーケット別
6.アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場展望
6.1.市場規模:金額別
6.2.国別市場シェア
6.3.市場規模および予測、技術別
6.4.市場規模・予測:接続ソリューション別
6.5.市場規模・予測:アプリケーション別
6.6.市場規模・予測:エンドマーケット別
7.市場ダイナミクス
7.1.市場促進要因と機会
7.2.市場の阻害要因と課題
7.3.市場動向
7.4.コビッド19効果
7.5.サプライチェーン分析
7.6.政策と規制の枠組み
7.7.業界専門家の見解
7.8.中国コネクテッドカー市場の展望
7.8.1.市場規模(金額ベース
7.8.2.技術別の市場規模と予測
7.8.3.接続ソリューション別の市場規模および予測
7.8.4.エンドマーケット別市場規模・予測
7.9.日本コネクテッドカー市場の展望
7.9.1.金額別市場規模
7.9.2.技術別の市場規模と予測
7.9.3.接続ソリューション別市場規模・予測
7.9.4.エンドマーケット別市場規模・予測
7.10.インドのコネクテッドカー市場展望
7.10.1.金額別市場規模
7.10.2.技術別の市場規模と予測
7.10.3.接続ソリューション別の市場規模および予測
7.10.4.エンドマーケット別市場規模・予測
7.11.オーストラリアのコネクテッドカー市場展望
7.11.1.金額別市場規模
7.11.2.技術別の市場規模と予測
7.11.3.接続ソリューション別市場規模・予測
7.11.4.エンドマーケット別市場規模・予測
7.12.韓国のコネクテッドカー市場展望
7.12.1.金額別市場規模
7.12.2.技術別の市場規模と予測
7.12.3.接続ソリューション別市場規模・予測
7.12.4.エンドマーケット別市場規模・予測
8.競争環境
8.1.競合ダッシュボード
8.2.主要企業の事業戦略
8.3.主要プレーヤーの市場ポジショニングマトリックス
8.4.ポーターの5つの力
8.5.企業プロフィール
8.5.1.ロバート・ボッシュGmbH
8.5.1.1.会社概要
8.5.1.2.会社概要
8.5.1.3.財務ハイライト
8.5.1.4.地理的洞察
8.5.1.5.事業セグメントと業績
8.5.1.6.製品ポートフォリオ
8.5.1.7.主要役員
8.5.1.8.戦略的な動きと展開
8.5.2.AT&T Inc.
8.5.3.ビステオン・コーポレーション
8.5.4.株式会社デンソー
8.5.5.トムトムN.V.
8.5.6.テスラ
8.5.7.フォード・モーター・カンパニー
8.5.8.フォルクスワーゲン
8.5.9.メルセデス・ベンツ グループAG
8.5.10.バイエルン自動車株式会社
8.5.11.サムスングループ
8.5.12.アプティブPLC
9.戦略的提言
10.付録
10.1.よくある質問
10.2.注意事項
10.3.関連レポート
11.免責事項

図表一覧

図1:コネクテッドカーの世界市場規模(億ドル)、地域別、2023年・2029年
図2:市場魅力度指数(2029年地域別
図3:市場魅力度指数(2029年セグメント別
図4:コネクテッドカーの世界市場規模(金額ベース)(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル
図5:コネクテッドカーの世界市場地域別シェア(2023年)
図6:アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場規模:金額(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル)
図7:アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場国別シェア(2023年)
図8:中国 コネクテッドカー市場規模:金額ベース(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル)
図9:日本 コネクテッドカー市場規模:金額ベース(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル)
図10:インドのコネクテッドカー市場規模:金額ベース(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル)
図11:オーストラリアのコネクテッドカー市場規模:金額(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル)
図12:韓国のコネクテッドカー市場規模:金額(2018年、2023年、2029年)(単位:億米ドル)
図13:上位5社の競争ダッシュボード(2023年
図14:コネクテッドカーの世界市場におけるポーターの5つの力

表一覧

表1:コネクテッドカーの世界市場スナップショット(セグメント別)(2023年・2029年)(単位:億米ドル
表2:上位10カ国の経済スナップショット(2022年
表3:その他の主要国の経済スナップショット(2022年
表4:外国通貨から米ドルへの平均為替レート
表5:コネクテッドカーの世界市場規模および予測(技術別)(2018~2029F)(単位:億米ドル
表6:コネクテッドカーの世界市場規模・予測:コネクティビティ・ソリューション別(2018~2029F)(単位:億米ドル)
表7:コネクテッドカーの世界市場規模・予測:用途別(2018~2029F)(単位:億米ドル)
表8:コネクテッドカーの世界市場規模・予測:エンドマーケット別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表9:アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場規模・予測:技術別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表10:アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場規模・予測:コネクティビティ・ソリューション別(2018~2029F)(単位:億米ドル)
表11:アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場規模・予測:用途別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表12:アジア太平洋地域のコネクテッドカー市場規模・予測:エンドマーケット別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表13:コネクテッドカー市場の影響要因(2023年
表14:中国コネクテッドカー市場規模・予測:技術別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表15:中国コネクテッドカー市場規模・予測:コネクティビティ・ソリューション別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表16:中国コネクテッドカー市場規模・予測:エンドマーケット別(2018年~2029年)(単位:億米ドル)
表17:日本のコネクテッドカー市場規模・予測:技術別(2018年~2029F)(単位:億米ドル)
表18:日本のコネクテッドカー市場規模・予測:コネクティビティ・ソリューション別(2018年~2029F)(単位:億米ドル)
表19:日本のコネクテッドカー市場規模・予測:エンドマーケット別(2018年~2029F)(単位:億米ドル)
表20:インドのコネクテッドカー市場規模・予測:技術別(2018年~2029F)(単位:億米ドル)
表21:インドのコネクテッドカー市場規模・予測:コネクティビティ・ソリューション別(2018年~2029F) (単位:億米ドル)
表22:インドのコネクテッドカー市場規模・予測:最終市場別 (2018年~2029F) (単位:億米ドル)
表23:オーストラリア コネクテッドカー市場規模・予測:技術別(2018年~2029F) (単位:億米ドル)
表24:オーストラリア コネクテッドカー市場規模・予測:コネクティビティソリューション別(2018年~2029F) (単位:億米ドル)
表25:オーストラリアのコネクテッドカー市場規模・予測オーストラリア コネクテッドカーの市場規模・予測:エンドマーケット別 (2018年~2029F) (単位:億米ドル)
表26:韓国 コネクテッドカーの市場規模・予測:技術別(2018~2029F) (単位:億米ドル)
表27:韓国のコネクテッドカー市場韓国コネクテッドカーの市場規模・予測:コネクティビティ・ソリューション別(2018~2029F) (単位:億米ドル)
表28:韓国コネクテッドカーの市場規模・予測:エンドマーケット別(2018~2029F) (単位:億米ドル)

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Asia Pacific is at the forefront of technological innovation in the automotive industry, with leading automakers and tech companies investing in connected car technologies. From artificial intelligence and machine learning to the Internet of Things (IoT) and 5G connectivity, Asia-Pacific is embracing cutting-edge technologies to enhance the functionality and capabilities of connected cars. Furthermore, the Asia Pacific is home to some of the world's most populous cities, where traffic congestion and pollution are significant challenges. Connected car technologies, such as predictive traffic management, smart navigation, and vehicle-to-infrastructure (V2I) communication, offer solutions to alleviate congestion, improve traffic flow, and enhance urban mobility in the region. Countries like Japan and South Korea are known for their leadership in automotive innovation, particularly in the development of connected car technologies. Companies in these countries are at the forefront of developing advanced features such as autonomous driving systems, vehicle-to-vehicle (V2V) communication, and smart mobility solutions. Governments in the Asia-Pacific region are increasingly recognising the potential benefits of connected cars for improving road safety, reducing traffic congestion, and promoting environmental sustainability. Many countries are implementing policies and initiatives to support the adoption and deployment of connected car technologies, such as providing subsidies for electric vehicles and investing in smart infrastructure. The connected car market in Asia Pacific is characterised by collaboration and partnerships between automakers, technology companies, telecommunications providers, and government agencies. These collaborations facilitate the development of integrated solutions, interoperable platforms, and industry-wide standards, driving innovation and accelerating the adoption of connected car technologies.

According to the research report, “Asia Pacific Connected Cars Market Outlook, 2029,” published by Bonafide Research, the Asia Pacific Connected Car market is anticipated to grow with more than 15% CAGR from 2024–2029. Asia Pacific is home to some of the world's leading technology companies and research institutions, driving innovation in connected car technologies. Advancements in artificial intelligence, the Internet of Things (IoT), and 5G connectivity enable the development of advanced features such as autonomous driving, vehicle-to-vehicle (V2V) communication, and predictive maintenance. With rapid urbanisation, many people in the Asia-Pacific region live and work in densely populated urban areas. Urban dwellers rely heavily on their vehicles for transportation, leading to a strong demand for connected car features that enhance convenience, navigation, and safety in city driving conditions. Cultural preferences and values influence consumer behaviour in the Asia-Pacific connected car market. For example, in countries like Japan and South Korea, where there is a strong emphasis on technology and innovation, consumers are more likely to embrace connected car technologies and prioritise features such as autonomous driving and smart mobility solutions. Government policies and regulations play a significant role in shaping the culture of the connected car market in the Asia-Pacific region. Governments may provide incentives for automakers and consumers to adopt connected car technologies, promote the development of smart infrastructure, and set standards for vehicle safety, emissions, and data privacy.

Market Drivers

• Rapid Urbanization: Rapid urbanisation in the Asia-Pacific region is a significant driver of the connected car market. As cities grow and populations concentrate in urban areas, traffic congestion becomes a major challenge. Connected cars offer solutions to urban mobility issues by providing features such as real-time traffic updates, predictive navigation, and smart parking assistance. These features help drivers navigate through congested urban environments more efficiently, saving time and reducing stress. Moreover, urban dwellers often value convenience and connectivity, making connected car features highly appealing in urban settings where people rely heavily on their vehicles for transportation.

• Growing Middle Class: The growing middle class in the Asia-Pacific region is driving demand for connected cars. As disposable incomes rise and lifestyles become more affluent, consumers are increasingly seeking vehicles with advanced features and technology. Connected cars offer a range of features, such as advanced infotainment systems, in-car Wi-Fi connectivity, and smartphone integration, which appeal to tech-savvy consumers who value convenience, entertainment, and connectivity while on the road. The growing middle class's desire for status, comfort, and the latest technology in their vehicles is propelling the adoption of connected car technologies in the Asia-Pacific market.

Market Challenges

• Consumer Acceptance and Adoption: One of the key challenges in the Asia-Pacific connected car market is consumer acceptance and adoption. Despite the growing popularity of connected car technologies, consumers may still have reservations or hesitations about embracing these technologies due to various factors such as cost, privacy concerns, and perceived reliability. For example, some consumers may be hesitant to invest in connected cars due to concerns about the initial purchase price or ongoing maintenance costs. Additionally, issues related to data privacy and security may undermine consumer trust in connected car systems, leading to reluctance in adoption. Addressing these concerns and educating consumers about the benefits of connected cars, such as enhanced safety, convenience, and connectivity, is essential to driving acceptance and adoption in the Asia-Pacific region.

• Cultural and Language Differences: The Asia-Pacific region is culturally diverse, with different countries and regions having their own unique preferences, languages, and cultural norms. This diversity presents challenges for automakers and technology providers operating in the connected car market, as they need to tailor their offerings to suit the specific needs and preferences of consumers in each market. For example, features that are popular in one country may not be as well received in another due to cultural differences or regulatory requirements. Similarly, language barriers may pose challenges for companies in terms of product localization, customer support, and marketing efforts. Overcoming these cultural and language differences requires a nuanced understanding of each market and a flexible approach to product development and marketing strategies.

Market Opportunity

• Emerging Mobility Trends: The Asia Pacific region is witnessing the emergence of new mobility trends enabled by connected car technologies, such as ride-sharing, car-sharing, and mobility-as-a-service (MaaS) platforms. These trends are reshaping the way people move in urban areas and creating opportunities for collaboration between automakers, technology providers, and transportation companies to develop integrated solutions that offer seamless and personalised mobility experiences.

• Government Support and Initiatives: Governments in the Asia-Pacific region are increasingly recognising the potential benefits of connected cars for improving road safety, reducing traffic congestion, and promoting environmental sustainability. Many countries are implementing policies and initiatives to support the adoption and deployment of connected car technologies, such as providing incentives for electric vehicles, investing in smart infrastructure, and setting standards for vehicle safety and emissions. These government initiatives create a favourable regulatory environment and provide opportunities for industry stakeholders to collaborate and innovate in the connected car market.

Based on the technology, they are segmented into 4G/LTE, 3G, and 5G. Furthermore, in terms of connectivity solutions, they are segmented into integrated, embedded, and tethered.

In Asia and the Pacific, 5G is growing as a technology. 5G networks offer significantly higher data speeds, lower latency, and greater capacity compared to previous generations of wireless technology. This high-speed connectivity enables seamless communication between connected cars and external networks, allowing for real-time data exchange, rapid response times, and enhanced user experiences. With 5G, connected cars can access and process large amounts of data more quickly and efficiently, enabling advanced features such as real-time navigation, HD video streaming, and over-the-air software updates. 5G technology enables vehicle-to-everything (V2X) communication, allowing connected cars to exchange information with other vehicles, pedestrians, traffic signals, and infrastructure in real-time. This capability enhances road safety by enabling features such as collision avoidance systems, intersection collision warning, and cooperative adaptive cruise control, which help prevent accidents and reduce traffic congestion. Additionally, 5G-powered V2X communication can improve traffic flow, optimise route planning, and reduce fuel consumption, contributing to greater efficiency and sustainability in transportation. Furthermore, integrated connectivity solutions contribute the highest market share. Integrated connectivity solutions provide a seamless user experience by combining various connectivity features, such as in-car Wi-Fi, smartphone integration, navigation services, and entertainment options, into a unified platform. This seamless integration enhances the overall driving experience for consumers, allowing them to stay connected, entertained, and informed while on the road. Integrated connectivity solutions streamline the user interface and interaction with connected car features, making it easier and more convenient for drivers and passengers to access and control various functions from a central dashboard or infotainment system. This efficiency improves user productivity and reduces distractions while driving, enhancing safety and convenience.

According to the report, applications are segmented into Driver Assistance, Safety, Infotainment, Telematics, Fleet Management (Vehicle), Mobility Management, and Others. Furthermore, in terms of the end user, they are segmented into OEMs and aftermarket.

In Asia Pacific, telematics significantly contributes to the connected car market. Telematics systems enable real-time monitoring of vehicle performance, location tracking, and driver behaviour analysis. This data can be used to improve road safety by providing alerts for risky driving behaviours, such as speeding or harsh braking, and facilitating emergency assistance in the event of accidents or breakdowns. In the Asia-Pacific region, where road safety is a significant concern, the implementation of telematics solutions can help reduce accidents and improve overall road safety. Telematics systems are widely used in commercial fleets to optimise vehicle utilisation, reduce fuel consumption, and improve operational efficiency. Fleet managers can use telematics data to track vehicle location, monitor fuel consumption, and schedule maintenance, resulting in cost savings and improved productivity. With the growing demand for logistics and transportation services in the Asia-Pacific region, telematics solutions play a crucial role in managing large fleets of vehicles and ensuring efficient operations. Furthermore, OEMs significantly contribute to the connected car market; they have established brand recognition, trust, and loyalty among consumers in the Asia-Pacific region. Consumers often prefer to purchase vehicles from reputable OEMs with a track record of quality and reliability. By offering connected car features as standard or optional equipment in their vehicles, OEMs can leverage their brand reputation to drive adoption and acceptance of connected car technologies among consumers. OEMs benefit from economies of scale in manufacturing, procurement, and distribution, allowing them to offer connected car features at competitive prices. By leveraging their production capabilities and supply chain networks, OEMs can reduce costs and increase efficiency in producing connected vehicles. This enables OEMs to offer a wide range of connected car features and options across their vehicle lineup, catering to different customer segments and preferences in the Asia-Pacific market.


Based on the report, the major countries covered include China, Japan, India, Australia, South Korea, and the rest of Asia Pacific.

In Asia Pacific, China leads the connected car market. China has the largest automotive market in the world, with a rapidly growing middle class and increasing urbanization. This large consumer base creates significant demand for connected car technologies as consumers seek vehicles with advanced features, connectivity, and convenience. The Chinese government has been actively promoting the development and adoption of connected car technologies as part of its broader initiatives to upgrade the country's automotive industry and foster innovation. The government has implemented policies and incentives to support the development of connected car technologies, such as subsidies for electric vehicles, investment in smart infrastructure, and regulatory reforms to facilitate autonomous driving and connected vehicle deployment. Furthermore, China is home to a robust automotive manufacturing ecosystem, with a large number of domestic and international OEMs producing vehicles for the domestic and global markets. This strong manufacturing base enables the mass production and deployment of connected vehicles, driving economies of scale and reducing costs for consumers. China is home to a vibrant ecosystem of innovative startups and technology companies that are driving innovation in the connected car market. Tech giants such as Huawei, Baidu, and Tencent are investing heavily in connected car technologies and collaborating with automakers to develop integrated solutions. These companies bring expertise in areas such as telecommunications, cloud computing, and artificial intelligence, enabling them to develop cutting-edge connected car solutions tailored to the Chinese market.

The competitive landscape of the connected car market is dynamic and characterized by the presence of diverse players spanning automotive manufacturers, technology companies, telecommunications providers, and startups. These entities contribute to the development, integration, and proliferation of connected car technologies. Traditional automotive manufacturers play a significant role in the connected car market by integrating connectivity features directly into their vehicles. Companies such as General Motors, Ford, Toyota, and BMW are incorporating advanced infotainment systems, telematics, and driver assistance technologies into their vehicles. OEMs often collaborate with technology partners to enhance their connected car offerings. Technology giants are increasingly entering the connected car space, leveraging their expertise in software, artificial intelligence, and cloud computing. Companies like Apple, Google (through Android Auto), and Microsoft are developing platforms and ecosystems that seamlessly integrate with connected vehicles, providing services such as voice-activated controls, navigation, and in-car entertainment. The success of connected cars relies heavily on robust communication networks. Telecommunications companies like Verizon, AT&T, and Vodafone play a crucial role by providing the necessary connectivity infrastructure, including 4G and 5G networks. These providers are pivotal in enabling real-time data transfer, over-the-air updates, and other connected car services. Automotive suppliers, often referred to as Tier 1 suppliers, contribute essential components and systems to connected cars. Companies like Bosch, Continental, and Denso specialize in providing sensors, communication modules, and other hardware crucial for the functioning of connected car technologies. These suppliers work closely with OEMs to integrate advanced systems seamlessly. The connected car market is also influenced by a multitude of startups and niche players specializing in specific aspects of connectivity. These include companies focusing on cybersecurity for connected vehicles (e.g., Argus Cyber Security), AI-powered navigation (e.g., WayRay), and advanced driver assistance systems (e.g., Mobileye). These players often bring innovation and agility to the market, contributing to its overall dynamism.



Considered in this report

• Historic year: 2018
• Base year: 2023
• Estimated year: 2024
• Forecast year: 2029

Aspects covered in this report

• Connected Car market Outlook with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Technology

• 4G/LTE
• 3G
• 5G

By Connectivity Solutions

• Integrated
• Embedded
• Tethered

By Application

• Driver Assistance
• Safety
• Infotainment
• Telematics
• Fleet Management (Vehicle)
• Mobility Management
• Others

By End Market

• Original Equipment Manufacturer (OEMs)
• Aftermarket

The approach of the report:

This report consists of a combined approach of primary and secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and list the companies that are present in it. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources, primary research was conducted by conducting telephone interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this; we have started making primary calls to consumers by equally segmenting them in regional aspects, tier aspects, age group, and gender. Once we have primary data with us, we can start verifying the details obtained from secondary sources.

Intended audience

This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations, and organizations related to the Connected Car industry, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing and presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.***Please Note: It will take 48 hours (2 Business days) for delivery of the report upon order confirmation.



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Content

1. Executive Summary
2. Research Methodology
2.1. Secondary Research
2.2. Primary Data Collection
2.3. Market Formation & Validation
2.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
3. Market Structure
3.1. Market Considerate
3.2. Assumptions
3.3. Limitations
3.4. Abbreviations
3.5. Sources
3.6. Definitions
4. Economic /Demographic Snapshot
5. Global Connected Cars Market Outlook
5.1. Market Size By Value
5.2. Market Share By Region
5.3. Market Size and Forecast, By Technology
5.4. Market Size and Forecast, By Connectivity Solutions
5.5. Market Size and Forecast, By Application
5.6. Market Size and Forecast, By End Market
6. Asia-Pacific Connected Cars Market Outlook
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Share By Country
6.3. Market Size and Forecast, By Technology
6.4. Market Size and Forecast, By Connectivity Solutions
6.5. Market Size and Forecast, By Application
6.6. Market Size and Forecast, By End Market
7. Market Dynamics
7.1. Market Drivers & Opportunities
7.2. Market Restraints & Challenges
7.3. Market Trends
7.4. Covid-19 Effect
7.5. Supply chain Analysis
7.6. Policy & Regulatory Framework
7.7. Industry Experts Views
7.8. China Connected Cars Market Outlook
7.8.1. Market Size By Value
7.8.2. Market Size and Forecast By Technology
7.8.3. Market Size and Forecast By Connectivity Solutions
7.8.4. Market Size and Forecast By End Market
7.9. Japan Connected Cars Market Outlook
7.9.1. Market Size By Value
7.9.2. Market Size and Forecast By Technology
7.9.3. Market Size and Forecast By Connectivity Solutions
7.9.4. Market Size and Forecast By End Market
7.10. India Connected Cars Market Outlook
7.10.1. Market Size By Value
7.10.2. Market Size and Forecast By Technology
7.10.3. Market Size and Forecast By Connectivity Solutions
7.10.4. Market Size and Forecast By End Market
7.11. Australia Connected Cars Market Outlook
7.11.1. Market Size By Value
7.11.2. Market Size and Forecast By Technology
7.11.3. Market Size and Forecast By Connectivity Solutions
7.11.4. Market Size and Forecast By End Market
7.12. South Korea Connected Cars Market Outlook
7.12.1. Market Size By Value
7.12.2. Market Size and Forecast By Technology
7.12.3. Market Size and Forecast By Connectivity Solutions
7.12.4. Market Size and Forecast By End Market
8. Competitive Landscape
8.1. Competitive Dashboard
8.2. Business Strategies Adopted by Key Players
8.3. Key Players Market Positioning Matrix
8.4. Porter's Five Forces
8.5. Company Profile
8.5.1. Robert Bosch GmbH
8.5.1.1. Company Snapshot
8.5.1.2. Company Overview
8.5.1.3. Financial Highlights
8.5.1.4. Geographic Insights
8.5.1.5. Business Segment & Performance
8.5.1.6. Product Portfolio
8.5.1.7. Key Executives
8.5.1.8. Strategic Moves & Developments
8.5.2. AT&T Inc
8.5.3. Visteon Corporation
8.5.4. Denso Corporation
8.5.5. TomTom N.V.
8.5.6. Tesla, Inc.
8.5.7. Ford Motor Company
8.5.8. Volkswagen AG
8.5.9. The Mercedes-Benz Group AG
8.5.10. Bayerische Motoren Werke AG
8.5.11. Samsung Group
8.5.12. Aptiv PLC
9. Strategic Recommendations
10. Annexure
10.1. FAQ`s
10.2. Notes
10.3. Related Reports
11. Disclaimer

List of Figures

Figure 1: Global Connected Cars Market Size (USD Billion) By Region, 2023 & 2029
Figure 2: Market attractiveness Index, By Region 2029
Figure 3: Market attractiveness Index, By Segment 2029
Figure 4: Global Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 5: Global Connected Cars Market Share By Region (2023)
Figure 6: Asia-Pacific Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 7: Asia-Pacific Connected Cars Market Share By Country (2023)
Figure 8: China Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 9: Japan Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 10: India Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 11: Australia Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 12: South Korea Connected Cars Market Size By Value (2018, 2023 & 2029F) (in USD Billion)
Figure 13: Competitive Dashboard of top 5 players, 2023
Figure 14: Porter's Five Forces of Global Connected Cars Market

List of Tables

Table 1: Global Connected Cars Market Snapshot, By Segmentation (2023 & 2029) (in USD Billion)
Table 2: Top 10 Counties Economic Snapshot 2022
Table 3: Economic Snapshot of Other Prominent Countries 2022
Table 4: Average Exchange Rates for Converting Foreign Currencies into U.S. Dollars
Table 5: Global Connected Cars Market Size and Forecast, By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 6: Global Connected Cars Market Size and Forecast, By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 7: Global Connected Cars Market Size and Forecast, By Application (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 8: Global Connected Cars Market Size and Forecast, By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 9: Asia-Pacific Connected Cars Market Size and Forecast, By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 10: Asia-Pacific Connected Cars Market Size and Forecast, By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 11: Asia-Pacific Connected Cars Market Size and Forecast, By Application (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 12: Asia-Pacific Connected Cars Market Size and Forecast, By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 13: Influencing Factors for Connected Cars Market, 2023
Table 14: China Connected Cars Market Size and Forecast By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 15: China Connected Cars Market Size and Forecast By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 16: China Connected Cars Market Size and Forecast By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 17: Japan Connected Cars Market Size and Forecast By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 18: Japan Connected Cars Market Size and Forecast By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 19: Japan Connected Cars Market Size and Forecast By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 20: India Connected Cars Market Size and Forecast By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 21: India Connected Cars Market Size and Forecast By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 22: India Connected Cars Market Size and Forecast By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 23: Australia Connected Cars Market Size and Forecast By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 24: Australia Connected Cars Market Size and Forecast By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 25: Australia Connected Cars Market Size and Forecast By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 26: South Korea Connected Cars Market Size and Forecast By Technology (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 27: South Korea Connected Cars Market Size and Forecast By Connectivity Solutions (2018 to 2029F) (In USD Billion)
Table 28: South Korea Connected Cars Market Size and Forecast By End Market (2018 to 2029F) (In USD Billion)

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る