世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

日本のボトル入り飲料水市場の概要、2028年


Japan Bottled Water Market Overview, 2028

日本のボトル入り飲料水市場は、重要かつ確立された産業である。日本には健康志向が強く、品質と安全性を重視する文化があり、これが消費者のボトル入り飲料水の人気につながっている。ボトル入り飲料水は、さま... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2023年5月31日 US$1,950
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
56 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

日本のボトル入り飲料水市場は、重要かつ確立された産業である。日本には健康志向が強く、品質と安全性を重視する文化があり、これが消費者のボトル入り飲料水の人気につながっている。ボトル入り飲料水は、さまざまな要因によって日本で広く消費されている。水道水の水質に対する懸念、利便性への嗜好、健康的なライフスタイルへの願望が、ボトル入り飲料水への高い需要に寄与している。日本の消費者はボトル入り飲料水の信頼性と純度を高く評価し、水道水に代わる安全で便利な飲料水と考えている。日本のボトル入り飲料水市場は、多様な消費者の嗜好に応えるため、幅広い製品を提供している。ナチュラルミネラルウォーター、純水、フレーバーウォーター、ビタミンやミネラルを添加した機能性ウォーターなどがある。ブランドは市場での差別化を図るため、水源と水質を強調することが多い。日本では、ボトル入り飲料水に関する厳しい品質・安全基準が設けられている。厚生労働省は、水源、製造工程、包装の基準など、ボトル入り飲料水の安全性と純度を確保するための規制を定めている。消費者は、日本のボトル入り飲料水がこうした厳格な規制を遵守していることを信頼し、市場に対する信頼を高めている。日本市場は、プレミアムで革新的な製品を重視することで知られている。プレミアム・ボトル入り飲料水ブランドは、その水源の純度と卓越した味を強調しており、その多くは手つかずの自然環境に由来している。さらに、特定の消費者ニーズに対応するため、さらなる健康効果や独特の風味を提供する機能的な強化水の傾向もある。日本では環境持続可能性への関心が高まっており、ボトルウォーター業界はこの問題に積極的に取り組んでいる。多くのブランドは、軽量ボトル、リサイクル可能なプラスチック、生分解性オプションなど、環境にやさしいパッケージ素材を採用している。また、ボトルウォーターの消費による環境への影響を軽減するため、リサイクルの取り組みも奨励されている。日本の文化はもてなしと水分補給を重視するため、さまざまな社交の場でボトル入り飲料水の需要がある。ボトル入り飲料水は、レストラン、ホテル、職場で、おもてなしの心として、また安全な飲料水を確保するために提供されることが多い。

Bonafide Research発行の調査レポート「日本のボトル入り飲料水市場概要、2028年」によると、日本のボトル入り飲料水市場は2028年までに56.9億米ドル以上の市場規模に達すると予測されている。日本はボトル入り飲料水の厳しい水質基準を設けている。これらの基準は、微生物汚染、化学物質、放射性物質などのパラメーターをカバーしている。ボトル入り飲料水は、製品の安全性と純度を確保するため、これらの基準に準拠しなければならない。政府は、適正製造規範の遵守を確保するため、ボトル入り飲料水の製造工程を規制している。これには、製造施設、設備、衛生習慣、品質管理対策のガイドラインが含まれる。GMP規制は、製造工程を通じて一貫した製品の品質と安全性を維持することを目的としている。政府は、誤解や虚偽の情報を防ぐため、ボトル入り飲料水メーカーによる広告や主張を監視している。メーカーは、マーケティング・メッセージや健康強調表示が科学的根拠に裏付けられ、消費者の誤解を招くものでないことを保証しなければならない。日本のペットボトル入り飲料水は、特定の表示要件の対象となっている。表示には、製品名、水源、製造日、賞味期限、添加成分など、必要不可欠な情報を含めなければならない。これによって透明性が確保され、消費者が十分な情報に基づいた意思決定を行えるようになる。

日本のボトル入り飲料水市場は、製品の品質、利便性、持続可能性を高めるため、いくつかの技術動向を取り入れてきた。日本は、水業界における高度なろ過・浄化技術で知られている。日本のボトル入り飲料水ブランドは、逆浸透膜、活性炭濾過、UV消毒といった最先端技術を活用し、最高レベルの水純度を確保し、不純物を除去している。日本のボトル入り飲料水市場では、スマート・パッケージング・ソリューションが人気を博している。これには、双方向ラベル、製品情報用QRコード、水質をモニターして鮮度や温度に関するリアルタイムのデータを提供するインテリジェント・ボトルキャップなどの機能が含まれる。日本のボトル入り飲料水メーカーは、生産を最適化しエネルギー消費を削減するため、高効率の製造工程を採用している。これには、自動化されたボトリングライン、エネルギー効率の高い機械の使用、廃棄物を最小限に抑え全体的な効率を向上させる工程革新が含まれる。日本のボトル入り飲料水市場では、環境の持続可能性が重要な焦点となっている。技術の進歩により、軽量でリサイクル可能なボトル、生分解性素材、植物由来のプラスチックなど、環境に優しいパッケージング・ソリューションが開発されている。さらに、プラスチック廃棄物を削減するために、紙ベースのカートンやパウチのような代替パッケージングオプションを模索しているブランドもある。モノのインターネット(IoT)技術とデータ主導型ソリューションは、日本のボトル入り飲料水業界に統合されつつある。IoT機器は在庫レベルを監視し、製品流通を追跡し、消費者の嗜好や市場動向に関するリアルタイムのデータを提供することができる。これによりメーカーは、サプライチェーン・マネジメントの最適化、予測精度の向上、進化する消費者の需要に対応した製品のカスタマイズが可能になる。電子商取引と宅配サービスの台頭は、日本のボトル入り飲料水市場に影響を与えている。ボトル入り飲料水ブランドはオンライン小売プラットフォームを採用し、消費者が好みの製品を便利に注文できるようにしている。定期購入モデルを含む宅配サービスは、ボトル入り飲料水への定期的で手間のかからないアクセスを確保する。近年、日本では、公共スペースや小売店に配水ステーションが出現している。これらのステーションは、精製され冷やされた飲料水を提供し、消費者が再利用可能なボトルに水を補充することを可能にし、使い捨てプラスチック廃棄物を削減する。ステーションには、水質を確保するための高度なろ過技術が組み込まれていることが多い。

サントリーは日本有数の飲料会社であり、「サントリー天 然水」や「サントリーナチュラルミネラルウォーター」などのボトル入り飲料水ブランド を提供している。自然の湧水から採水したプレミアム製品に重点を置き、純度と味を重視している。コカ・コーラは、日本のボトル入り飲料水市場で大きな存在感を示す世界的な飲料大手である。日本でよく知られているボトル入り飲料水ブランドには、「I LOHAS」や「I LOHAS ミネラルウォーター」などがあり、天然湧水と環境の持続可能性を強調している。同社の人気商品には、ビールブランドを引き立てるために精製された「アサヒスーパードライ」や、地下水から作られ、滑らかな味わいで知られる「アサヒセレクトウォーター」などがある。キリンも日本のボトル入り飲料水市場の大手企業である。フラッグシップ・ブランドの「キリン メッツ コーラウォーター」はユニークな炭酸水で、「キリン 午後の紅茶」はお茶ブランドから生まれたミネラルウォーターである。キリンは品質と製品の多様性を重視している。大塚製薬は革新的な飲料で知られ、日本のボトル入り飲料水市場で存在感を示している。同社の人気ブランド「クリスタルガイザー」は、日本の厳選された湧水から採水されたナチュラルミネラルウォーターを提供し、高いミネラル含有量をアピールしている。ポッカは日本の老舗飲料会社であり、「ポッカサッポロ ナチュラルミネラルウォーター」は消費者に人気がある。同社は、天然水源とミネラル含有量を強調している。日本製紙は "COCO-WATTA "ブランドでボトル入り飲料水市場の注目すべきプレーヤーである。日本製紙は、紙ベースのカートンで包装された水を提供することで差別化を図り、環境の持続可能性を推進している。

日本は、少子高齢化による人口減少を経験している。この人口動向は、市場の潜在的消費者が減少するため、ボトル入り飲料水の需要全体に影響を及ぼす可能性がある。日本では水道水の水質基準が高いにもかかわらず、一部の消費者は利便性と費用対効果から、ボトル入り飲料水より水道水を好む。清潔で安全な水道水が入手可能であることが、ボトル入り飲料水市場にとっての課題となっている。環境意識の高まりとプラスチック廃棄物への懸念が、ボトル入り飲料水業界を圧迫している。使い捨てのペットボトルは、プラスチック汚染と環境悪化の一因となっている。消費者や擁護団体は、より持続可能なパッケージング・ソリューションとプラスチック使用量の削減を求めている。ボトル入り飲料水ブランド間の価格競争は、収益性に課題をもたらす可能性がある。日本の消費者は価格に敏感で、市場にはさまざまな価格帯がある。このため、メーカーや販売業者の利ざやが薄くなる可能性がある。水質、パッケージング、ラベリング、製造工程に関する厳しい規制や基準を遵守することは、ボトル入り飲料水市場の企業にとって難題である。コンプライアンスには、技術、インフラ、品質管理対策への投資が必要となる。日本では、水道水が手に入るため、ボトル入り飲料水を贅沢品や不必要な出費と認識する消費者もいる。利便性、携帯性、確かな品質といったボトル入り飲料水の利点について消費者を啓蒙することは困難である。日本では、水道水が手に入るためにボトル入り飲料水を贅沢品や不必要な出費として認識している消費者もいる。利便性、携帯性、確かな品質といったボトル入り飲料水の利点について消費者を教育することは、課題となりうる。消費者の嗜好やトレンドは時間とともに変化するため、ボトル入り飲料水市場はこうした変化に常に敏感である必要がある。さまざまな種類の水、フレーバー、パッケージ、機能強化に対する消費者の需要の変化には、継続的な革新と適応が必要である。

オン・トレード流通チャネルは、製品がその場で消費される施設でのボトル入り飲料水の販売を指す。日本における一般的なオン トレード販売店には、レストラン、カフェ、ホテル、自動販売機、コンビニエンスストア、外食産業などがある。ボトル入り飲料水は、こうした場所で食事や飲料サービスの一部として販売されることが多い。取引外流通チャネルは、ボトル入り飲料水を購入した施設の外で消費するための販売を含む。これには、スーパーマーケット、食料品店、コンビニエンスストア、ドラッグストア、飲料専門店など、消費者が持ち帰り用にボトル入り飲料水を購入できる様々な小売店が含まれる。商取引外の流通では、消費者が自分の都合に合わせて個人消費用のボトル入り飲料水を購入することができる。日本のボトル入り飲料水市場では、オン・トレードとオフ・トレードの両方の流通チャネルが重要な役割を果たし、消費者の嗜好や消費場面の違いに対応している。オン・トレード・チャネルは、飲食店や接客施設でボトル入り飲料水をすぐに手に入れることができる一方、オフ・トレード・チャネルは、消費者が後で消費するためにボトル入り飲料水を購入できる小売店を通じて、より広い範囲をカバーする。

日本のボトル入り飲料水市場は、ダイナミックで競争の激しい業界である。多様な消費者の嗜好に対応する幅広い製品を提供している。市場は、水質、表示基準、包装の安全性を確保する厳しい政府規制によって特徴付けられる。日本では、ろ過、包装、製造工程における技術の進歩が見られ、革新的な製品と持続可能な慣行につながっている。日本の人気ブランドやメーカーは、品質、革新性、多様な製品提供に重点を置くことで、その地位を確立してきた。しかし、市場は人口減少、水道水との競争、環境問題、規制遵守といった課題にも直面している。消費者の認識、価格設定、嗜好の変化は、業界にとって継続的な課題となっている。市場で成功するためには、企業は消費者の需要に適応し、持続可能な慣行を取り入れ、提供する製品を差別化する必要がある。イノベーション、教育、環境意識は、日本のボトル入り飲料水市場の将来を形成する上で極めて重要な役割を果たす。全体として、品質重視、技術進歩、消費者満足への取り組みにより、日本のボトル入り飲料水市場は進化を続け、消費者の多様なニーズに応えている。

本レポートにおける考察
- 地理日本
- 歴史的な年2017
- 基準年2021
- 推定年2022
- 予測年2028

本レポートの対象分野
- 日本のボトル入り飲料水市場、その価値とセグメント別予測
- 様々な促進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

製品タイプ別
- スティルウォーター
- スパークリングウォーター
- 機能水
- 強化水

流通チャネル別
- オフ・トレード
- オン・トレード

レポートのアプローチ
本レポートは、一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。まず、市場を理解し、市場に存在する企業をリストアップするために二次調査を行った。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースの分析などの第三者情報源からなる。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーと電話インタビューを行い、市場のディーラーや販売業者と取引コールを行うことによって実施された。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データを入手した後は、二次ソースから得た詳細の検証を開始した。
対象読者
本レポートは、業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、ボトル入り飲料水市場関連団体・組織、政府機関、その他のステークホルダーが、市場中心の戦略を調整する際にお役立ていただけます。マーケティングやプレゼンテーションに加え、業界に関する競合知識を高めることもできます。

ページTOPに戻る


目次

Table of Contents
1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Africa Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Product Types
6.3. Market Size and Forecast By Distribution Channel
7. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Segmentations
7.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Product Types
7.1.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit Juice, 2017-2028
7.1.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Vegetable Juice, 2017-2028
7.1.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit and Vegetable Blend, 2017-2028
7.1.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Nectar, 2017-2028
7.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Distribution Channel
7.2.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Supermarkets/Hypermarkets, 2017-2028
7.2.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Convenience Stores, 2017-2028
7.2.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Online, 2017-2028
7.2.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.), 2017-2028
8. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Types, 2023 to 2028
8.2. By Distribution Channel, 2023 to 2028
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer

List of Figures
Figure 1: South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size By Value (2017, 2022 & 2028F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Types
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 4: Porter's Five Forces of South Africa Fruit & Vegetable Juice Market

List of Table
Table 1 : Influencing Factors for Global Fruit & Vegetable Juice Market, 2022
Table 2: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Product Types (2017, 2022 & 2028F)
Table 3: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Distribution Channel (2017, 2022 & 2028F)
Table 4: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 5: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Vegetable Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 6: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit and Vegetable Blend (2017 to 2028) in USD Million
Table 7: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Nectar (2017 to 2028) in USD Million
Table 8: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Supermarkets/Hypermarkets (2017 to 2028) in USD Million
Table 9: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Convenience Stores (2017 to 2028) in USD Million
Table 10: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Online (2017 to 2028) in USD Million
Table 11: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.) (2017 to 2028) in USD Million

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The bottled water market in Japan is a significant and well-established industry. Japan has a strong culture of health-consciousness and an emphasis on quality and safety, which has contributed to the popularity of bottled water among consumers. Bottled water is widely consumed in Japan, driven by various factors. Concerns about tap water quality, preference for convenience, and the desire for a healthy lifestyle contribute to the high demand for bottled water. Japanese consumers value the reliability and purity of bottled water, considering it a safe and convenient alternative to tap water. The Japanese bottled water market offers a wide range of products to cater to diverse consumer preferences. Natural mineral water, purified water, flavoured water, and functional water with added vitamins or minerals are available. Brands often emphasize the source and quality of water to differentiate themselves in the market. Japan has stringent quality and safety standards for bottled water. The Ministry of Health, Labour and Welfare sets regulations to ensure the safety and purity of bottled water, including standards for water sources, production processes, and packaging. Consumers trust that bottled water in Japan adheres to these strict regulations, promoting confidence in the market. The Japanese market is known for its focus on premium and innovative products. Premium bottled water brands highlight the purity and exceptional taste of their water sources, often originating from pristine natural environments. Furthermore, there is a trend towards functional and enhanced water, offering additional health benefits or unique flavours to cater to specific consumer needs. Environmental sustainability is a growing concern in Japan, and the bottled water industry is actively addressing this issue. Many brands are adopting eco-friendly packaging materials, such as lightweight bottles, recyclable plastics, and biodegradable options. Recycling initiatives are also encouraged to reduce the environmental impact of bottled water consumption. Japanese culture places importance on hospitality and hydration, leading to a demand for bottled water in various social settings. Bottled water is often provided in restaurants, hotels, and workplaces as a gesture of hospitality and to ensure the availability of safe drinking water.

According to the research report “Japana Bottled Water Market Overview, 2028," published by Bonafide Research, The Japan bottled water market is projected to reach market size of more than USD 5.69 Billion by 2028. Japan has established strict water quality standards for bottled water. These standards cover parameters such as microbial contamination, chemical substances, and radioactive materials. Bottled water must comply with these standards to ensure the safety and purity of the product. The government regulates the manufacturing processes of bottled water to ensure adherence to good manufacturing practices. This includes guidelines for production facilities, equipment, hygiene practices, and quality control measures. GMP regulations aim to maintain consistent product quality and safety throughout the manufacturing process. The government monitors advertising and claims made by bottled water manufacturers to prevent misleading or false information. Manufacturers must ensure that their marketing messages and health claims are supported by scientific evidence and do not mislead consumers. Bottled water in Japan is subject to specific labelling requirements. The labelling must include essential information such as product name, water source, manufacturing date, expiration date, and any added ingredients. This ensures transparency and helps consumers make informed decisions.

The bottled water market in Japan has embraced several technological trends to enhance product quality, convenience, and sustainability. Japan is known for its advanced filtration and purification technologies in the water industry. Bottled water brands in Japan utilize cutting-edge technologies, such as reverse osmosis, activated carbon filtration, and UV disinfection, to ensure the highest level of water purity and remove impurities. Smart packaging solutions have gained popularity in the Japanese bottled water market. These include features such as interactive labels, QR codes for product information, and intelligent bottle caps that monitor water quality and provide real-time data on freshness or temperature. Bottled water manufacturers in Japan employ high-efficiency manufacturing processes to optimize production and reduce energy consumption. This includes the use of automated bottling lines, energy-efficient machinery, and process innovations that minimize waste and improve overall efficiency. Environmental sustainability is a significant focus in Japan's bottled water market. Technological advancements have led to the development of eco-friendly packaging solutions, such as lightweight and recyclable bottles, biodegradable materials, and plant-based plastics. Additionally, some brands are exploring alternative packaging options like paper-based cartons or pouches to reduce plastic waste. Internet of Things (IoT) technology and data-driven solutions are being integrated into the bottled water industry in Japan. IoT devices can monitor inventory levels, track product distribution, and provide real-time data on consumer preferences and market trends. This enables manufacturers to optimize supply chain management, improve forecasting accuracy, and tailor their products to meet evolving consumer demands. The rise of e-commerce and delivery services has impacted the bottled water market in Japan. Bottled water brands have embraced online retail platforms, enabling consumers to order their preferred products conveniently. Delivery services, including subscription models, ensure regular and hassle-free access to bottled water. In recent years, Japan has seen the emergence of water dispensing stations in public spaces and retail outlets. These stations provide purified and chilled drinking water, allowing consumers to refill their reusable bottles and reduce single-use plastic waste. The stations often incorporate advanced filtration technologies to ensure water quality.

Suntory is one of the leading beverage companies in Japan and offers a range of bottled water brands such as "Suntory Tennensui" and "Suntory Natural Mineral Water." They focus on premium products sourced from natural springs and emphasize purity and taste. Coca-Cola is a global beverage giant with a significant presence in the Japanese bottled water market. Their well-known bottled water brands in Japan include "I LOHAS" and "I LOHAS Mineral Water," which emphasize natural spring water and environmental sustainability. sahi is a renowned Japanese beverage company that produces various bottled water brands. Their popular offerings include "Asahi Super Dry Water," which is purified and designed to complement their beer brand, and "Asahi Select Water," sourced from underground water and known for its smooth taste. Kirin is another major player in the Japanese bottled water market. Their flagship brand "Kirin Mets Cola Water" is a unique carbonated water offering, while "Kirin Gogo-no-Kocha Water" is a mineral water produced by their tea brand. Kirin focuses on quality and product diversity. Otsuka is known for its innovative beverages and has a presence in the Japanese bottled water market. Their popular brand "Crystal Geyser" offers natural mineral water sourced from selected springs in Japan and promotes its high mineral content. Pokka is a well-established beverage company in Japan, and their "Pokka Sapporo Natural Mineral Water" is a popular choice among consumers. They emphasize the natural source and mineral content of their water. Nippon Paper Industries is a notable player in the bottled water market with their brand "COCO-WATTA." They differentiate themselves by offering water packaged in paper-based cartons, promoting environmental sustainability.

Japan is experiencing a declining population, with a low birth rate and an aging population. This demographic trend can affect the overall demand for bottled water as there are fewer potential consumers in the market. Despite Japan's high standards for tap water quality, some consumers still prefer tap water over bottled water due to convenience and cost-effectiveness. The availability of clean and safe tap water poses a challenge for the bottled water market. Increasing environmental awareness and concerns about plastic waste have put pressure on the bottled water industry. Single-use plastic bottles contribute to plastic pollution and environmental degradation. Consumers and advocacy groups are urging for more sustainable packaging solutions and reduced plastic usage. Price competition among bottled water brands can pose challenges to profitability. Consumers in Japan are price-sensitive, and the market offers various price points. This can lead to slim profit margins for manufacturers and distributors. Adhering to strict regulations and standards for water quality, packaging, labelling, and manufacturing processes can be challenging for companies in the bottled water market. Compliance requires investments in technology, infrastructure, and quality control measures. Some consumers in Japan perceive bottled water as a luxury or unnecessary expense due to the availability of tap water. Educating consumers about the benefits of bottled water, such as convenience, portability, and assured quality, can be a challenge. Some consumers in Japan perceive bottled water as a luxury or unnecessary expense due to the availability of tap water. Educating consumers about the benefits of bottled water, such as convenience, portability, and assured quality, can be a challenge. Consumer preferences and trends evolve over time, and the bottled water market needs to stay attuned to these changes. Shifts in consumer demand for different types of water, flavours, packaging, or functional enhancements require continuous innovation and adaptation.

The on-trade distribution channel refers to the sale of bottled water in establishments where the product is consumed on-site. Some common on-trade outlets in Japan include restaurants, cafes, hotels, vending machines, convenience stores, and food service establishments. Bottled water is often sold as part of a meal or beverage service in these locations. The off-trade distribution channel involves the sale of bottled water for consumption outside of the premises where it is purchased. This includes various retail outlets where consumers can buy bottled water to take away, such as supermarkets, grocery stores, convenience stores, drugstores, and specialized beverage stores. Off-trade distribution allows consumers to purchase bottled water for personal consumption at their convenience. Both on-trade and off-trade distribution channels play important roles in the Japanese bottled water market, catering to different consumer preferences and consumption occasions. On-trade channels provide immediate access to bottled water in dining or hospitality establishments, while off-trade channels offer a broader reach through retail locations where consumers can purchase bottled water for later consumption.

The bottled water market in Japan is a dynamic and competitive industry. It offers a wide range of products catering to diverse consumer preferences. The market is characterized by stringent government regulations ensuring water quality, labelling standards, and packaging safety. Japan has witnessed technological advancements in filtration, packaging, and manufacturing processes, leading to innovative products and sustainable practices. Popular brands and manufacturers in Japan have established themselves through a focus on quality, innovation, and diverse product offerings. However, the market also faces challenges such as declining population, competition from tap water, environmental concerns, and regulatory compliance. Consumer perception, pricing, and changing preferences pose ongoing challenges for the industry. To thrive in the market, companies need to adapt to consumer demands, embrace sustainable practices, and differentiate their offerings. Innovation, education, and environmental consciousness will play crucial roles in shaping the future of the bottled water market in Japan. Overall, with its emphasis on quality, technological advancements, and commitment to consumer satisfaction, the bottled water market in Japan continues to evolve and meet the diverse needs of consumers.

Considered in this report
• Geography: Japan
• Historic year: 2017
• Base year: 2021
• Estimated year: 2022
• Forecast year: 2028

Aspects covered in this report
• Japan Bottled Water market with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Product Type
• Still Water
• Sparkling Water
• Functional Water
• Enhanced Water

BY Distribution Channel
• Off Trade
• On Trade

The approach of the report:
This report consists of a combined approach of primary as well as secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and listing out the companies that are present in the market. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and analysing government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources primary research was conducted by making telephonic interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this we have started doing primary calls to consumers by equally segmenting consumers in regional aspects, tier aspects, age groups, and gender. Once we have primary data with us. we have started verifying the details obtained from secondary sources.
Intended audience
This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations & organizations related to the Bottled water Market, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing & presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents
1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Africa Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Product Types
6.3. Market Size and Forecast By Distribution Channel
7. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Segmentations
7.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Product Types
7.1.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit Juice, 2017-2028
7.1.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Vegetable Juice, 2017-2028
7.1.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit and Vegetable Blend, 2017-2028
7.1.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Nectar, 2017-2028
7.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Distribution Channel
7.2.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Supermarkets/Hypermarkets, 2017-2028
7.2.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Convenience Stores, 2017-2028
7.2.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Online, 2017-2028
7.2.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.), 2017-2028
8. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Types, 2023 to 2028
8.2. By Distribution Channel, 2023 to 2028
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer

List of Figures
Figure 1: South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size By Value (2017, 2022 & 2028F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Types
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 4: Porter's Five Forces of South Africa Fruit & Vegetable Juice Market

List of Table
Table 1 : Influencing Factors for Global Fruit & Vegetable Juice Market, 2022
Table 2: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Product Types (2017, 2022 & 2028F)
Table 3: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Distribution Channel (2017, 2022 & 2028F)
Table 4: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 5: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Vegetable Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 6: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit and Vegetable Blend (2017 to 2028) in USD Million
Table 7: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Nectar (2017 to 2028) in USD Million
Table 8: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Supermarkets/Hypermarkets (2017 to 2028) in USD Million
Table 9: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Convenience Stores (2017 to 2028) in USD Million
Table 10: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Online (2017 to 2028) in USD Million
Table 11: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.) (2017 to 2028) in USD Million

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る