世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ドイツ飲料ヨーグルト市場の概観、2028年


Germany Drinkable Yogurt Market Overview, 2028

ドイツにおける飲むヨーグルト市場とは、乳製品産業における液体状のヨーグルトを提供するセグメントを指し、消費者に便利で爽やかな飲料の選択肢を提供する。飲むヨーグルトやヨーグルトドリンクとしても知られ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2023年5月31日 US$1,950
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
64 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

ドイツにおける飲むヨーグルト市場とは、乳製品産業における液体状のヨーグルトを提供するセグメントを指し、消費者に便利で爽やかな飲料の選択肢を提供する。飲むヨーグルトやヨーグルトドリンクとしても知られる飲むヨーグルトは、その栄養価の高さと外出先での摂取の利便性からドイツで人気を博している。ドイツの消費者は健康とウェルネスに強い関心を持っており、栄養価が高く機能的な食品や飲料の選択肢を求めている。飲むヨーグルトは、カルシウム、タンパク質、有益なバクテリア(プロバイオティクス)を豊富に含むため、この需要に合致している。毎日の食生活に乳製品と必須栄養素を取り入れるための、健康的で便利な方法として注目されている。市場では、さまざまな嗜好に対応するため、多様な種類の飲むヨーグルト製品が提供されている。ドイツのメーカーは、牛乳、ヤギ乳、または豆乳やアーモンドミルクのような植物性代替品を使って飲むヨーグルトを製造しており、乳糖不耐症や特定の食事要件を持つ人々を含む幅広い消費者層をターゲットとしている。ドイツの飲むヨーグルトには、ストロベリー、ピーチ、ラズベリーといった伝統的なものから、エキゾチックなフルーツや贅沢なフレーバーといったユニークで革新的な組み合わせまで、さまざまなフレーバーがある。こうした幅広いフレーバーの選択肢は、消費者のさまざまな嗜好に対応し、市場に多様性をもたらしている。ドイツの飲むヨーグルト市場は競争が激しく、地元ブランドと国際的ブランドが消費者の注目を集めようと競い合っている。大手乳業メーカーだけでなく、中小企業や地域企業もユニークなフレーバー、栄養プロファイル、パッケージデザインを提供することで、市場の多様性と革新に貢献している。ドイツでは、飲むヨーグルトの健康効果がよく売り出されている。消化器系の健康をサポートし、免疫系を高め、カルシウム、タンパク質、ビタミンなどの必須栄養素を供給することに関連している。製品によっては、食物繊維、抗酸化物質、オメガ3脂肪酸などの機能性成分をさらに強調し、健康志向の消費者にアピールすることもある。

Bonafide Research社の調査レポート「ドイツの飲用ヨーグルト市場の概要、2028年」によると、ドイツの飲用ヨーグルト市場は2022年に28億米ドル以上と評価されている。植物ベースの食生活の人気の高まりと、ビーガンまたはフレキシタリアンなライフスタイルを採用する消費者の増加が、植物ベースの飲用ヨーグルトの選択肢の出現につながっている。メーカー各社は、大豆、アーモンド、ココナッツ、その他の植物性ミルク代替品から作られたヨーグルト飲料を発売し、この需要増に対応している。砂糖の過剰摂取に伴う健康リスクに対する認識が高まるにつれ、砂糖含有量を抑えた飲むヨーグルト製品に対する需要が高まっている。メーカーは、低糖または無添加の選択肢を開発することで、この傾向に対応している。さらに、消費者はシンプルでわかりやすい原材料を使用したクリーンラベル製品を求めており、クリーンラベルのドリンクヨーグルト製品の台頭につながっている。パーソナライゼーションは食品・飲料業界の主要トレンドであり、ドリンクヨーグルト市場も例外ではない。メーカー各社は、消費者が好みのミックスインを加えたり、パーソナライズされたフレーバーの組み合わせを作ったりできるようにするなど、カスタマイズ・オプションを提供している。このトレンドは、消費者の体験を向上させ、製品に対する所有感を生み出す。主流ブランドが飲むヨーグルト市場を支配している一方で、プレミアムで職人的なオプションへの需要が高まっている。消費者は、高品質で地元産の原材料、ユニークなフレーバー、手作りや職人技の効いた製品に対して、割高な対価を支払うことを望んでいる。この傾向は、嗜好への欲求と、製品の品質や原産地へのこだわりを反映している。

ドイツ政府は、取り組みやキャンペーンを通じて、健康的な食習慣と栄養意識を促進している。これには、バランスの取れた食生活のガイドラインの提供や、必須栄養素を豊富に含む飲むヨーグルトのような乳製品の消費奨励などが含まれる。政府は、飲むヨーグルト製品の品質、安全性、表示要件を保証する厳しい食品安全規制と基準を設定している。これには、原材料、製造工程、包装、表示に関する規制が含まれる。これらの規制を実施することで、政府は飲むヨーグルトの品質と安全性に対する消費者の信頼を確保している。政府は、飲むヨーグルトを含むドイツの食品と乳製品を国際市場で積極的に宣伝している。これには見本市への参加、輸出支援プログラム、ドイツ製品の市場アクセス拡大のための外交努力などが含まれる。輸出の機会を促進することで、政府は飲むヨーグルト市場のメーカーがより幅広い顧客層にリーチし、市場シェアを拡大するのを支援している。ドイツ政府は持続可能性と環境保護を重視している。ドイツ政府は、ドリンクヨーグルト部門を含む食品産業における持続可能な実践を奨励している。これには、食品廃棄物を減らし、リサイクルと廃棄物管理を促進し、環境に優しい包装資材の使用を支援する取り組みが含まれる。こうした努力は、持続可能な製品を求める消費者の要望と一致し、ドリンクヨーグルト市場全体の持続可能性に貢献している。

ドイツの飲むヨーグルト市場には、消費者の嗜好に応える様々な製品を提供する様々な人気ブランドがある。有名ブランドとしては、ミュラー、ダノン、エールマン、アルプロ、ヴァイエンシュテファン、リドル、アンデッカーなどが挙げられる。ドイツの飲むヨーグルト市場におけるパッケージ革新は、利便性、持続可能性、製品差別化の必要性によって推進されてきた。こうしたパッケージ革新の原動力は、主に消費者中心である。製品の持続可能性とパッケージングを改善するために、多くの企業が密封可能なボトル、絞れるパウチ、クロージャーシステム、環境に優しいパッケージング、透明ボトル、機能性パッケージングシステムなどのパッケージング革新を打ち出している。ドイツの飲むヨーグルト市場のブランドは、利便性、持続可能性、魅力的なパッケージデザインの重要性を認識し、顧客を惹きつけ、維持している。消費者のニーズや嗜好の変化に対応し、製品の差別化を高め、製品の鮮度と品質を確保しながら持続可能性の目標に沿うことを目指している。

ドイツの飲むヨーグルト市場では、製品の品質、安全性、特定基準の遵守を確保する上で、認証が重要な役割を果たしている。有機認証は、飲むヨーグルトが有機農法に従って生産されていることを保証するものである。ドイツで最も認知されているオーガニック認証は「Bioland」認証で、ヨーグルトが合成農薬や遺伝子組み換え作物(GMO)を使用せずに有機栽培された原材料から作られていることを保証している。飲むヨーグルト市場では、ISO9001やISO22000などの品質認証が重要である。これらの認証は、製造工程と品質管理システムが国際的に認められた基準を満たしていることを保証するものである。これらの認証は、トレーサビリティ、衛生、食品安全、製品の一貫性といった側面に焦点を当てている。ハラール認証は、イスラム教徒の消費者をターゲットにした飲むヨーグルト製品に関連する。これは、ヨーグルトとその製造工程がイスラム教の食事法に準拠していることを示すものである。

ドイツでは、スーパーマーケットとハイパーマーケットが、飲むヨーグルト製品の主な流通チャネルである。これらには、Edeka、Rewe、Aldi、Lidl、Kauflandなどの大手小売チェーンが含まれ、幅広いリーチを持ち、様々なブランドやフレーバーの飲むヨーグルトを提供している。ガソリンスタンドの売店や近所の小さなお店などのコンビニエンスストアも、飲むヨーグルト製品の流通において重要な役割を果たしている。健康食品、オーガニック製品、自然食品に特化した専門店では、様々な種類の飲むヨーグルトを取り揃えていることが多い。eコマースの成長により、オンライン・プラットフォームを通じて飲用ヨーグルト製品を入手できるようになった。レストラン、カフェ、ホテル(HoReCa)などの外食産業も、飲むヨーグルト製品の流通チャネルである。

市場は、スムージー、プロテイン飲料、その他の機能性飲料など、様々な代替製品との競争に直面している。これらの製品は同様の健康効果と利便性を提供する可能性があり、飲むヨーグルト市場の成長に課題を投げかけている。ドイツの消費者は、ヨーグルトの味や食感に関して多様な嗜好を持っている。企業にとって、こうした多様な嗜好に対応し、進化する消費者の需要に応えるために絶えず革新を続けることは困難なことかもしれない。豆乳、アーモンドミルク、オートミールミルクから作られる植物性ヨーグルトなど、乳製品の代替品の人気が高まっていることは、従来の乳製品ベースの飲むヨーグルト市場に課題を突きつけている。企業は、植物性製品に対する需要の高まりに対応するため、乳製品不使用の幅広い選択肢を提供することで適応する必要がある。飲むヨーグルト製品の賞味期限には限りがあり、品質と鮮度を保つには適切な冷蔵保存が必要である。効率的なコールドチェーン管理と適切な保管設備が必要となるため、特に流通・小売業にとっては物流上の課題となりうる。
ドイツでは、飲むヨーグルト市場に関連するイベントやキャンペーンがいくつかあり、製品の宣伝、認知度の向上、消費者との関わり合いに重点を置いている。インターナショナル・グリーン・ウィーク、食品・飲料見本市、製品発表キャンペーン、サンプリング・試飲イベント、パートナーシップとコラボレーション、ソーシャルメディアへの参加などである。これらのイベントやキャンペーンは、ドイツのドリンクヨーグルト市場におけるブランド認知度の向上、消費者とのエンゲージメントの促進、ポジティブなブランドイメージの醸成に貢献している。

本レポートの対象
- 地域ドイツ
- 歴史的な年2017
- 基準年2022
- 推定年2023
- 予測年2028

本レポートでカバーする側面
- ドイツの飲むヨーグルト市場の金額とセグメント別予測
- 様々な促進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

カテゴリー別
- 乳製品ベース
- 非乳製品ベース

タイプ別
- フレーバー
- プレーン

流通チャネル別
- ハイパーマーケット・スーパーマーケット
- コンビニエンスストア
- 専門店
- オンライン
- その他

パッケージ別

- カップ
- ボトル
- テトラパック
- パウチ

レポートのアプローチ
本レポートは、一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。まず二次調査は、市場を理解し、市場に存在する企業をリストアップするために行われた。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースの分析などの第三者情報源からなる。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーと電話インタビューを行い、市場のディーラーや販売業者と取引コールを行うことによって実施された。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データを入手した後は、二次ソースから入手した詳細の検証を開始した。

対象読者
本レポートは、業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、ボトル入り飲料水市場に関連する団体・組織、政府機関、その他のステークホルダーが市場中心の戦略を調整する際に役立ちます。マーケティングやプレゼンテーションに加え、業界に関する競合知識を高めることもできます。






ページTOPに戻る


目次

Table of Contents
1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Africa Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Product Types
6.3. Market Size and Forecast By Distribution Channel
7. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Segmentations
7.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Product Types
7.1.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit Juice, 2017-2028
7.1.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Vegetable Juice, 2017-2028
7.1.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit and Vegetable Blend, 2017-2028
7.1.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Nectar, 2017-2028
7.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Distribution Channel
7.2.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Supermarkets/Hypermarkets, 2017-2028
7.2.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Convenience Stores, 2017-2028
7.2.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Online, 2017-2028
7.2.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.), 2017-2028
8. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Types, 2023 to 2028
8.2. By Distribution Channel, 2023 to 2028
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer

List of Figures
Figure 1: South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size By Value (2017, 2022 & 2028F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Types
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 4: Porter's Five Forces of South Africa Fruit & Vegetable Juice Market

List of Table
Table 1 : Influencing Factors for Global Fruit & Vegetable Juice Market, 2022
Table 2: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Product Types (2017, 2022 & 2028F)
Table 3: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Distribution Channel (2017, 2022 & 2028F)
Table 4: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 5: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Vegetable Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 6: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit and Vegetable Blend (2017 to 2028) in USD Million
Table 7: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Nectar (2017 to 2028) in USD Million
Table 8: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Supermarkets/Hypermarkets (2017 to 2028) in USD Million
Table 9: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Convenience Stores (2017 to 2028) in USD Million
Table 10: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Online (2017 to 2028) in USD Million
Table 11: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.) (2017 to 2028) in USD Million

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The drinkable yogurt market in Germany refers to the segment of the dairy industry that offers yogurt in a liquid form, providing consumers with a convenient and refreshing beverage option. Drinkable yogurt, also known as drinking yogurt or yogurt drinks, has gained popularity in Germany due to its nutritional value and on-the-go consumption convenience. German consumers have a strong interest in health and wellness, seeking nutritious and functional food and beverage options. Drinkable yogurt aligns with this demand as it is rich in calcium, protein, and beneficial bacteria (probiotics). It is seen as a wholesome and convenient way to incorporate dairy and essential nutrients into the daily diet. The market offers a diverse range of drinkable yogurt products to cater to different tastes and preferences. Manufacturers in Germany produce drinkable yogurt using cow's milk, goat's milk, or plant-based alternatives like soy or almond milk, targeting a broad consumer base, including those with lactose intolerance or specific dietary requirements. Drinkable yogurt in Germany comes in various flavors, including traditional options like strawberry, peach, and raspberry, as well as unique and innovative combinations like exotic fruits or indulgent flavors. This wide flavor selection caters to different consumer preferences and adds variety to the market. The German market for drinkable yogurt is competitive, with both local and international brands vying for consumer attention. Large dairy companies, as well as smaller and regional players, contribute to the market's diversity and innovation by offering unique flavors, nutritional profiles, and packaging designs. Drinkable yogurt is often marketed in Germany for its health benefits. It is associated with supporting digestive health, boosting the immune system, and providing essential nutrients like calcium, protein, and vitamins. Some products may also highlight additional functional ingredients like fiber, antioxidants, or omega-3 fatty acids, appealing to health-conscious consumers.

According to the research report "Germany Drinkable Yogurt Market Overview, 2028," published by Bonafide Research, The Germany Drinkable Yogurt market was valued at above USD 2.80 Billion in 2022. The rising popularity of plant-based diets and the increasing number of consumers adopting a vegan or flexitarian lifestyle have led to the emergence of plant-based drinkable yogurt options. Manufacturers are introducing yogurt drinks made from soy, almond, coconut, or other plant-based milk alternatives to cater to this growing demand. With increasing awareness of the health risks associated with excessive sugar consumption, there is a growing demand for drinkable yogurt products with reduced sugar content. Manufacturers are responding to this trend by developing low-sugar or no-added-sugar options. Additionally, consumers are looking for clean-label products with simple and recognizable ingredients, leading to the rise of clean-label drinkable yogurt offerings. Personalization is a key trend in the food and beverage industry, and the drinkable yogurt market is no exception. Manufacturers are offering customization options, such as allowing consumers to add their preferred mix-ins or create personalized flavor combinations. This trend enhances the consumer experience and creates a sense of ownership over the product. While mainstream brands dominate the drinkable yogurt market, there is a growing demand for premium and artisanal options. Consumers are willing to pay a premium for high-quality, locally sourced ingredients, unique flavors, and products with a handcrafted or artisanal touch. This trend reflects a desire for indulgence and a focus on the quality and origin of the product.

The German government promotes healthy eating habits and nutrition awareness through initiatives and campaigns. This includes providing guidelines for a balanced diet and encouraging the consumption of dairy products like drinkable yogurt, which are rich in essential nutrients. The government sets strict food safety regulations and standards that ensure the quality, safety, and labeling requirements of drinkable yogurt products. This includes regulations on ingredients, manufacturing processes, packaging, and labeling. By enforcing these regulations, the government ensures consumer confidence in the quality and safety of drinkable yogurt. The government actively promotes German food and dairy products, including drinkable yogurt, in international markets. This includes participation in trade fairs, export support programs, and diplomatic efforts to expand market access for German products. By facilitating export opportunities, the government helps manufacturers in the drinkable yogurt market reach a wider customer base and increase their market share. The German government places a strong emphasis on sustainability and environmental protection. It encourages sustainable practices in the food industry, including the drinkable yogurt sector. This includes initiatives to reduce food waste, promote recycling and waste management, and support the use of eco-friendly packaging materials. These efforts align with consumer demands for sustainable products and contribute to the overall sustainability of the drinkable yogurt market.

The drinkable yogurt market in Germany is home to a variety of popular brands that offer a range of products to cater to consumer preferences. The list of well-known brands is Müller, Danone, Ehrmann, Alpro, Weihenstephan, Lidl, and Andechser. Packaging innovation in the drinkable yogurt market in Germany has been driven by the need for convenience, sustainability, and product differentiation. The driving force behind these packaging innovations is primarily consumer-centric. To improve product sustainability and packaging many companies come up with packaging innovations like Resealable Bottles, Squeezable pouches, Closure systems, Eco-Friendly packaging, Transparent Bottles, and Functional packaging systems. Brands in the drinkable yogurt market of Germany recognize the importance of convenience, sustainability, and appealing packaging designs to attract and retain customers. They aim to meet the changing needs and preferences of consumers, enhance product differentiation, and align with sustainability goals, all while ensuring product freshness and quality.

In the drinkable yogurt market of Germany, certifications play a significant role in ensuring product quality, safety, and adherence to specific standards. the Organic certification ensures that the drinkable yogurt is produced following organic farming practices. The most recognized organic certification in Germany is the "Bioland" certification, which guarantees that the yogurt is made from organically grown ingredients without the use of synthetic pesticides or genetically modified organisms (GMOs). Quality certifications such as ISO 9001 and ISO 22000 are important in the drinkable yogurt market. These certifications ensure that the manufacturing processes and quality management systems meet internationally recognized standards. They focus on aspects such as traceability, hygiene, food safety, and product consistency. Halal certification is relevant for drinkable yogurt products targeted at Muslim consumers. It indicates that the yogurt and its production processes comply with Islamic dietary laws.

Supermarkets and hypermarkets are the primary distribution channels for drinkable yogurt products in Germany. These include large retail chains such as Edeka, Rewe, Aldi, Lidl, and Kaufland, which have a wide reach and offer a variety of drinkable yogurt brands and flavors. Convenience stores, such as gas station shops and small neighborhood stores, also play a significant role in the distribution of drinkable yogurt products. Specialty stores focusing on health foods, organic products, or natural foods often stock a range of drinkable yogurt options. The growth of e-commerce has led to an increase in the availability of drinkable yogurt products through online platforms. The food service industry, including restaurants, cafes, and hotels (HoReCa), is another distribution channel for drinkable yogurt products.

The market faces competition from various alternative products, such as smoothies, protein drinks, and other functional beverages. These products may offer similar health benefits and convenience, posing a challenge to the growth of the drinkable yogurt market. German consumers have diverse tastes and preferences when it comes to yogurt flavors and textures. It can be challenging for companies to cater to these varied preferences and continually innovate to meet evolving consumer demands. The increasing popularity of dairy alternatives, such as plant-based yogurts made from soy, almond, or oat milk, poses a challenge to the traditional dairy-based drinkable yogurt market. Companies need to adapt by offering a range of dairy-free options to cater to the growing demand for plant-based products. Drinkable yogurt products have a limited shelf life and require proper refrigeration to maintain their quality and freshness. This can pose logistical challenges, especially for distribution and retailing, as it requires efficient cold chain management and proper storage facilities.
In Germany, there are several events and campaigns related to the drinkable yogurt market that focus on promoting the products, raising awareness, and engaging with consumers. International Green Week, Food and Beverage Trade Shows, Product Launch Campaigns, Sampling and tasting events, Partnership and Collaboration, and social media engagement. These events and campaigns contribute to building brand awareness, driving consumer engagement, and fostering a positive brand image in the drinkable yogurt market in Germany.

Considered in this report
• Geography: Germany
• Historic year: 2017
• Base year: 2022
• Estimated year: 2023
• Forecast year: 2028

Aspects covered in this report
• Germany’s drinkable yogurt market with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Category
• Dairy-based
• Non-dairy based

By Type
• Flavored
• Plain

BY Distribution Channel
• Hypermarket and supermarket
• Convenience store
• Speciality store
• Online
• other

By Packaging

• Cup
• Bottles
• Tetra pack
• Pouch

The approach of the report:
This report consists of a combined approach of primary as well as secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and listing out the companies that are present in the market. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and analysing government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources primary research was conducted by making telephonic interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this we have started doing primary calls to consumers by equally segmenting consumers in regional aspects, tier aspects, age groups, and gender. Once we have primary data with us. we have started verifying the details obtained from secondary sources.

Intended audience
This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations & organizations related to the Bottled water Market, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing & presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.






ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents
1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Africa Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Product Types
6.3. Market Size and Forecast By Distribution Channel
7. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Segmentations
7.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Product Types
7.1.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit Juice, 2017-2028
7.1.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Vegetable Juice, 2017-2028
7.1.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit and Vegetable Blend, 2017-2028
7.1.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Nectar, 2017-2028
7.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Distribution Channel
7.2.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Supermarkets/Hypermarkets, 2017-2028
7.2.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Convenience Stores, 2017-2028
7.2.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Online, 2017-2028
7.2.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.), 2017-2028
8. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Types, 2023 to 2028
8.2. By Distribution Channel, 2023 to 2028
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer

List of Figures
Figure 1: South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size By Value (2017, 2022 & 2028F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Types
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 4: Porter's Five Forces of South Africa Fruit & Vegetable Juice Market

List of Table
Table 1 : Influencing Factors for Global Fruit & Vegetable Juice Market, 2022
Table 2: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Product Types (2017, 2022 & 2028F)
Table 3: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Distribution Channel (2017, 2022 & 2028F)
Table 4: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 5: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Vegetable Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 6: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit and Vegetable Blend (2017 to 2028) in USD Million
Table 7: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Nectar (2017 to 2028) in USD Million
Table 8: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Supermarkets/Hypermarkets (2017 to 2028) in USD Million
Table 9: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Convenience Stores (2017 to 2028) in USD Million
Table 10: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Online (2017 to 2028) in USD Million
Table 11: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.) (2017 to 2028) in USD Million

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る