世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドパスタ市場:製品タイプ別(調理済み、調理済み食品)、形状タイプ別(マカロニ、ペンネ、フジッリ、その他)、販売チャネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他)、地域別、競合予測・機会:2019-2029F


India Pasta Market By Product Type (Ready-to-Cook and Ready-to-Eat), By Shape Type (Macaroni, Penne, Fusilli and Others), By Sales Channel (Supermarkets/Hypermarkets, Convenience Stores, Online, and Others), By Region, By Competition Forecast & Opportunities, 2019-2029F

2023年、インドのパスタ市場は5億4,550万米ドルの評価額を達成し、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は15.9%と予測され、予測期間中に力強い成長が見込まれている。インドのパスタ市場は、消費者の嗜好の変化... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

 

サマリー

2023年、インドのパスタ市場は5億4,550万米ドルの評価額を達成し、2029年までの年間平均成長率(CAGR)は15.9%と予測され、予測期間中に力強い成長が見込まれている。インドのパスタ市場は、消費者の嗜好の変化や、食の嗜好が進化する中間層の台頭によって、近年著しい成長を遂げている。本市場概観では、この成長の背後にある主な要因とインドのパスタ産業の現状について考察する。

この成長の主な触媒の一つは、インドの消費者の食生活と嗜好の進化である。伝統的に、インド料理は米と小麦ベースの料理に大きく依存していた。しかし、その利便性、汎用性、西洋料理スタイルの影響から、パスタ消費へと大きくシフトしている。

急速な都市化によって慌ただしいライフスタイルが増え、パスタのような手早く簡単に調理できる料理が好まれるようになった。パスタは調理時間が短く、さまざまなソースや味付けに対応できるため、社会人や家族にとって便利な選択肢となっている。

インドのメーカーは、製品の多様化によって需要の急増に対応している。消費者は現在、スパゲッティ、ペンネ、フジッリ、マカロニなど、幅広い種類のパスタから選ぶことができる。さらに、健康志向の消費者に対応するため、味付きパスタや全粒粉パスタも販売されている。

市場では、BarillaやDe Ceccoといった国際的なパスタ・ブランドと、Sunfeast、Bambino、Tasty Treatといった地元企業が混在している。この競争が技術革新と品質向上に拍車をかけ、消費者に幅広い選択肢を提供している。

パスタ製品は、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、オンライン小売プラットフォーム、地元の食料品店など、さまざまな流通チャネルを通じて容易に入手できる。オンラインショッピングの利便性は、パスタの売上をさらに加速させている。

健康とウェルネスのトレンドはパスタの配合に影響を与え、メーカーは健康志向の消費者に対応するため、全粒粉やマルチグレインパスタなどのオプションを導入している。グルテンフリーのパスタも、食事制限のある消費者に支持されている。

市場の著しい成長にもかかわらず、価格への敏感さ、味覚嗜好の地域差、他の調理済み食品との競合といった課題は依然として残っている。しかし、効果的なマーケティング戦略と継続的な製品革新により、パスタ・メーカーはこれらのハードルを克服している。

結論として、インドのパスタ市場は、進化する消費者の嗜好、都市化、ダイナミックな食品産業によって繁栄している。技術革新と健康志向の製品提供への継続的な注力により、インドのパスタ市場は今後も持続的に成長する態勢を整えており、国内外のプレーヤーにとってエキサイティングな分野となっている。
主な市場牽引要因
消費者の嗜好の変化
インドのパスタ市場成長の主な要因の一つは、消費者の嗜好の変化である。伝統的に、インド料理はロティやパラタといった米や小麦をベースとした製品が主流であった。しかし、ライフスタイルが忙しくなるにつれて、便利で素早く調理できる食事の選択肢を求める声が高まっている。パスタはこのニーズにぴったりだ。調理が簡単で汎用性が高いため、忙しい都市部の消費者にとって魅力的な選択肢となっている。
さらに、インドがグローバル化し、社会とのつながりが強まるにつれ、旅行やテレビ、インターネットを通じて世界の料理に触れる機会が増え、消費者の嗜好に大きな影響を与えている。多くのインド人がイタリア料理に舌鼓を打ち、パスタは彼らの食の嗜好に欠かせないものとなっている。このような消費者の嗜好の変化により、インドではパスタ製品の大きな市場が形成されている。
健康とウェルネスのトレンド
インドにおけるパスタ市場の成長を支えるもう一つの大きな原動力は、健康とウェルネスへの注目が高まっていることである。かつては、パスタは炭水化物が多く不健康なものと見なされることが多かった。しかし、パスタメーカーは、より健康的で栄養価の高いパスタを発売することで、こうしたトレンドの変化に対応している。
全粒粉パスタ、グルテンフリーパスタ、キヌアやレンズ豆のような代替穀物を使ったパスタは、健康志向の消費者の間で人気を博している。これらの製品は、味に妥協することなく、より健康的な代替品を求める消費者に応えている。加えて、パスタは野菜や赤身のタンパク質を取り入れるための万能ベースと見なされ、バランスの取れた食事の選択肢となっている。健康とウェルネスのトレンドは、消費者層を拡大しただけでなく、既存の消費者にも健康的な食生活の一環としてパスタを消費するよう促している。
積極的マーケティングとイノベーション
インドのパスタ市場を牽引する第三の要因は、パスタメーカーによる積極的なマーケティングと継続的なイノベーションである。食品業界各社は市場シェアを拡大するため、広告キャンペーン、プロモーション、製品発売などに多額の投資を行ってきた。こうした努力により、消費者の間にパスタ製品に対する認知度を高め、興味を持たせることに成功している。
さらに、各社は多様な嗜好に対応するため、パスタの形状、風味、ソースの選択肢を幅広く導入してきた。伝統的なスパゲッティやペンネから、インドの郷土料理やフュージョン料理まで、市場で入手できる種類は豊富だ。このような技術革新により、消費者は新しいパスタ製品を試すことに夢中になり、市場の成長を後押ししている。
サンプルレポートのダウンロード
主な市場課題
文化の多様性と嗜好
インドは文化の多様性が豊かな国として知られており、その多様性は食の嗜好にも及んでいる。インドの消費者は、ロティや米飯、様々な郷土料理といった伝統的な料理を深く愛している。このことは、インドの家庭で主食としての地位を確立しようとするパスタ市場にとって大きな挑戦となる。パスタの味や食感は伝統的なインド料理とは大きく異なるため、市場に参入するのは難しい。
企業は、インドの味やスパイスを取り入れたパスタ製品を開発することで、現地の嗜好に応えることができる。例えば、カレー味やマサラ味のパスタなどである。
パスタの多用途性とインド料理を補完する可能性について消費者を教育することは、認識を変えるのに役立つ。
パスタを使ったレシピを広める人気インド人シェフや有名人とのコラボレーションは、大衆の関心と受容を生み出すことができる。
価格敏感性と競争
価格敏感性はインドのパスタ市場における重要な課題である。米や小麦をベースとした製品のような伝統的な主食は、より手頃な価格で手に入ることが多いため、多くの消費者にとってパスタは高級な選択肢となっている。加えて、市場は国内外のブランドが市場シェアを争っており、競争が激しい。競争環境は、価格設定と利益率にプレッシャーをかける。
企業は、製造コストを削減するために、費用対効果の高い製造方法、調達戦略、サプライチェーンの効率化を模索することができる。
製品の品質を落とすことなく、費用対効果の高い包装資材を利用すれば、競争力のある価格設定を維持することができる。
定期的な販売促進、割引、バンドルキャンペーンは、品質に妥協することなく、価格に敏感な消費者を惹きつけることができる。
流通とサプライチェーンの課題
インドの広大で多様な地理は、流通とサプライチェーンに課題をもたらしている。僻地や農村部でパスタ製品を確実に入手することは、ロジスティクス的に困難であり、コストもかかる。さらに、様々な気候条件下での輸送中にパスタ製品の品質と賞味期限を維持することもハードルになり得る。
冷蔵施設を含む強固な流通インフラに投資することで、輸送中の製品品質を確保することができる。原材料を可能な限り現地調達することで、サプライチェーンの複雑さとコストを削減することができる。Eコマース・プラットフォームを活用して遠隔地の消費者にリーチすれば、流通上の課題を軽減できる。
主要市場動向
健康とウェルネスがパスタ・イノベーションの原動力
インドのパスタ市場で最も注目すべきトレンドのひとつは、健康とウェルネスへの注目が高まっていることだ。従来、パスタは炭水化物の多い贅沢な料理と考えられがちだった。しかし、健康志向の高まりとともに、消費者はよりヘルシーな代替品を求めるようになっている。メーカー各社は、こうした嗜好に応える様々なパスタを発売することで対応している。
全粒粉パスタは、食物繊維が豊富でグリセミック指数が低いことから人気を博している。これは、従来のパスタに代わる栄養価の高いものを求める消費者にアピールしている。さらに、ひよこ豆、レンズ豆、キヌア粉のような代替粉を使ったパスタも、グルテンフリーでタンパク質が豊富という特性を生かして市場に参入している。こうした技術革新は、より健康的な食習慣を求める世界的な傾向と一致している。
さらに、ホウレンソウ、ビーツ、ウコンなどの機能性食材を加えることで、伝統的なパスタにさらなる健康効果がもたらされている。これらの食材はユニークな風味を提供するだけでなく、栄養価を高め、健康志向の消費者を惹きつけている。野菜や赤身のタンパク質を取り入れるための万能ベースとしてパスタに対する認識が高まっていることが、健康的な食事の選択肢としてパスタが受け入れられる原動力となっている。
パスタのプレミアム化と多様化
インドのパスタ市場における2つ目の重要なトレンドは、パスタのプレミアム化と多様化である。可処分所得が増加するにつれ、消費者は高級でエキゾチックなパスタを試してみようとする傾向が強まっている。このような消費者行動の変化により、メーカーは多様な嗜好に対応するために製品ポートフォリオを拡大するようになった。
職人による手作りパスタなどのグルメパスタは、家庭での本格的な食体験を求める都市部の消費者の支持を集めている。また、輸入パスタブランドも市場で頭角を現し、多様な食の嗜好に応える幅広い形、サイズ、風味のパスタを提供している。
さらに、味付けパスタや詰め物パスタの人気も高まっている。ペスト入りのトルテッリーニ、トリュフ入りのラビオリ、日干しトマトのリングイネなどだ。このような商品は、消費者が自宅でくつろぎながら新しい味と料理体験を探求することを可能にし、パスタ市場のプレミアム化に貢献している。
利便性とすぐに食べられるパスタ
インドのパスタ市場を変えている3つ目のトレンドは、簡便性とすぐに食べられるパスタ製品に対する需要の高まりである。多忙なライフスタイルと多忙なスケジュールにより、消費者は手早く手間のかからない食事ソリューションを求めている。このような消費者行動の変化により、調理済みパスタやインスタントパスタなど幅広い選択肢が登場している。
パスタカップや電子レンジで温められるパスタボウルなどのインスタントパスタ製品は、社会人や学生の間で人気が高まっている。これらの製品は、味に妥協することなく利便性を提供し、手早く簡単な食事の選択肢を求める人々にとって魅力的な選択肢となっている。
さらに、パスタのミールキットや、ソース付きの包装済みパスタも人気を集めている。これらのキットには通常、計量済みの材料と簡単なレシピが含まれており、消費者は料理の専門知識がなくてもレストラン品質のパスタ料理を自宅で作ることができる。
セグメント別インサイト
製品タイプ別インサイト
RTEパスタとしても知られるレディ・トゥ・イート・パスタは、拡大を続けるインドのパスタ市場において、大きく成長するニッチ市場を切り開いてきた。インド人がパスタを消費する方法の変化は明白であり、RTEパスタはこの料理の進化において極めて重要な役割を果たしている。インドの社会経済情勢が進化するにつれ、国民の嗜好やライフスタイルも変化している。この変化により、便利で時間を節約できる食品に対する需要が急増しており、RTEパスタはこうした需要に応えるフロントランナーとして台頭している。
インドのパスタ市場は、可処分所得の増加、都市化、西洋料理がインド人の味覚に与えた影響などを主な要因として、過去10年間で著しい変貌を遂げた。伝統的なパスタは、調理に多大な時間と料理の専門知識を必要とするため、多くの人がキッチンでパスタを試すことを躊躇していた。しかし、RTEパスタは画期的だ。RTEパスタは、現代のめまぐるしいライフスタイルに、手間がかからず、手早く、おいしい食事を提供する。
RTEパスタがインド市場で大きなシェアを占めている主な要因のひとつは、その利便性にある。多忙なスケジュールや忙しい生活が当たり前になりつつある中、消費者は味や品質に妥協することなく調理時間を短縮する方法を模索している。RTEパスタは数分で調理が完了するため、学生や社会人、手軽でありながら満足度の高い食事を求める家族にとって理想的な選択肢となっている。
さらに、RTEパスタには様々な味や調理法があり、多様な味覚や嗜好に対応している。スパゲッティやペンネのようなクラシックなイタリアン・レシピから、マサラ・パスタやスパイシー・ティッカ・パスタのようなフュージョン・フレーバーまで、選択肢の幅は広い。この多様性は幅広い消費者にアピールし、RTEパスタは誰にとっても満足できるものである。
健康志向の消費者も、バランスの取れた食事ができるRTEパスタに注目している。多くのRTEパスタ・ブランドは、全粒粉やマルチグレイン・オプションを提供しており、従来のパスタよりも優れた選択肢となっている。さらに、これらの製品には、野菜、ソース、タンパク質など、さまざまなトッピングが付属していることが多く、1つのパッケージで必要な栄養素を摂取することができる。
RTEパスタの利便性は、調理時間だけにとどまらない。保存が容易で賞味期限が長いため、家庭にとって実用的な選択肢となっている。冷蔵保存が不要なため、長期間ストックしておくことができ、消費者は常に手早く食事を摂ることができる。
COVID-19の大流行は、インドにおけるRTEパスタの普及をさらに加速させた。戸締まりや社会的距離を置く措置が取られる中、家庭での調理がこれまで以上に普及した。RTEパスタは最小限の調理で済むため、この時期にさらに人気が高まった。消費者は、最小限の手間でおいしい食事ができる快適さと利便性を高く評価した。
販売チャネルの洞察
オンライン販売チャネルはインド・パスタ市場で大きなシェアを獲得し、消費者のパスタ製品購入方法を再構築している。近年、eコマースとデジタル・プラットフォームの成長は小売の状況に革命をもたらしており、食品業界も例外ではない。この変革はパスタ市場で特に顕著で、オンライン販売が圧倒的な力を持つようになった。
インド・パスタ市場におけるオンライン販売チャネルの成功の主な原動力のひとつは、それが消費者に提供する利便性である。ペースの速い現代社会では、利便性こそが王道であり、パスタ製品のオンラインショッピングはその要求に完璧に応えている。消費者は自宅にいながらにして、様々なブランド、味、種類のパスタを閲覧することができ、時間と労力を節約することができる。この利便性は、COVID-19の大流行後、人々が非接触型ショッピングの選択肢を求めるようになり、さらに不可欠なものとなっている。
さらに、オンライン販売チャネルは、実店舗では手に入らないような膨大な選択肢を提供する。消費者は、地元では手に入りにくいようなニッチで国際的なパスタ・ブランドを探求することができる。この豊富な品揃えは、伝統的な小麦パスタからグルテンフリー、オーガニック、特殊なオプションまで、多様な嗜好や食の嗜好に対応している。その結果、オンライン・プラットフォームは、パスタ愛好家や健康志向の消費者の憩いの場となっている。
価格競争力もまた、オンライン販売チャネルの隆盛に貢献する重要な要素である。Eコマース・プラットフォームは、魅力的な割引、お買い得品、バンドル品を提供することが多く、予算重視の買い物客にとってパスタ製品がより手頃な価格になっている。さらに、オンライン・マーケットプレイスは価格比較を容易にするため、消費者は最安値を素早く見つけることができる。このような価格設定の透明性は、パスタブランド間の健全な競争を促し、消費者に利益をもたらし、売上を促進する。
オンライン・チャネルを通じたインド・パスタ市場の成長は、デジタル決済手段の台頭とも関連している。安全なオンライン取引が簡単に行えるようになったことで、当初はオンラインショッピングに懐疑的だった消費者の参入障壁が取り除かれた。デジタルウォレット、クレジットカードやデビットカードでの支払い、代引きオプションの登場により、パスタのオンライン購入はシームレスで安全な体験となった。
オンライン販売チャネルは、データ分析と顧客インサイトをいち早く活用し、ターゲットを絞ったマーケティング活動を可能にしている。過去の購入履歴や閲覧行動に基づいてパーソナライズされた推奨やプロモーションは、ショッピング体験を向上させ、リピートを促している。さらに、カスタマーレビューや評価が貴重なフィードバックとなり、買い物客が十分な情報を得た上で選択できるようになり、オンライン購入に対する信頼が醸成されている。
地域別インサイト
インドの北部地域は、同国のパスタ市場で圧倒的な存在感を示し、パスタ製品全体の成長と消費に大きく貢献している。この目覚ましい変貌は、北部地域をパスタの主要市場として確立するために相乗効果を発揮した様々な要因の組み合わせによるものである。
何よりもまず、消費者の嗜好と食習慣の変化が、北部におけるパスタ消費の増加に極めて重要な役割を果たしている。人々が健康志向を強め、多様な料理を探求するようになったことで、パスタはその汎用性とさまざまな味への適応性から人気を博している。伝統料理にもフュージョン料理にも合うため、幅広い消費者にとって魅力的な選択肢となっている。
さらに、北部の都市化と可処分所得の増加は、中流階級の人口拡大につながった。この層は、食品を試してみることに積極的で、パスタのような簡便なパッケージ食品に積極的に出費を惜しまない。パスタの利便性は、多忙なライフスタイルと相まって、手早く簡単な食事に好まれる選択肢となっている。
北部の多様な食文化もパスタ市場の成長に貢献している。同地域の各州には、それぞれ独自の料理や風味がある。パスタ・メーカーは、地域の嗜好に合わせた味やバリエーションを導入することで、これを活用している。こうした地域密着型のアプローチは消費者の共感を呼び、パスタ市場の成長をさらに後押ししている。
さらに、北部の小売インフラは、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、オンライン食料品プラットフォームの普及により、ここ数年で大幅に改善された。このため、消費者は輸入品や特産品を含む多種多様なパスタ製品に簡単にアクセスできるようになった。オンライン・ショッピングの利便性がパスタ市場の拡大に拍車をかけ、より幅広い顧客層がパスタにアクセスできるようになった。
食品加工と近代的な小売インフラを促進する政府の取り組みも、北部のパスタ市場のサクセスストーリーに一役買っている。これらの政策は食品加工産業への投資を促し、ひいてはパスタ製品の強固なサプライチェーンの発展につながっている。
主要市場プレイヤー
バンビーノ・アグロ・インダストリーズ社
ネスレ・インディア・リミテッド
フィールドフレッシュ・フーズ・プライベート・リミテッド
ITCリミテッド
サヴォリット・リミテッド
MTRフーズ社
ボルゲス・インディア・プライベート・リミテッド
ウェイクフィールド・プロダクツ(インド)社
ニロンズ・エンタープライズ・プライベート・リミテッド
エブロ・インディア・プライベート・リミテッド
レポートの範囲
本レポートでは、インドのパスタ市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドのパスタ市場:製品タイプ別
調理済み製品
調理済み製品
- インドのパスタ市場:形状タイプ別
o マカロニ
o ペンネ
o フジッリ
o その他
- インドのパスタ市場:販売チャネル別
o オフライン
オンライン
- インドのパスタ市場:地域別
o 北部


西
競合状況
企業プロフィール:インドパスタ市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社のインドパスタ市場レポートでは、所定の市場データを使用して、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer Analysis (B2C Model Analysis)
4.1. Brand Awareness
4.2. Factors Influencing Purchase Decision
4.3. Challenges Faced Post Purchase
5. India Pasta Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Type Market Share Analysis (Ready-to-Cook and Ready-to-Eat)
5.2.2. By Shape Type Market Share Analysis (Macaroni, Penne, Fusilli and Others)
5.2.3. By Sales Channel Market Share Analysis (Supermarkets/Hypermarkets, Convenience Stores, Online, and Others)
5.2.4. By Regional Market Share Analysis
5.2.4.1. North Market Share Analysis
5.2.4.2. South Market Share Analysis
5.2.4.3. East Market Share Analysis
5.2.4.4. West Market Share Analysis
5.2.5. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2023)
5.3. India Pasta Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Product Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Shape Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Sales Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. India Ready-to-Cook Pasta Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Shape Type Market Share Analysis
6.2.2. By Sales Channel Market Share Analysis
7. India Ready-to-Eat Pasta Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Shape Type Market Share Analysis
7.2.2. By Sales Channel Market Share Analysis
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Impact of COVID-19 on India Pasta Market
9.1. Impact Assessment Model
9.1.1. Key Segments Impacted
9.1.2. Key Regions Impacted
10. Market Trends & Developments
11. Porter’s Five Forces Model
11.1. Competitive Rivalry
11.2. Bargaining Power of Buyers
11.3. Bargaining Power of Suppliers
11.4. Threat of New Entrants
11.5. Threat of Substitutes
12. SWOT Analysis
12.1. Strengths
12.2. Weaknesses
12.3. Opportunities
12.4. Threats
13. Policy and Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Competitive Landscape
15.1. Company Profiles
15.1.1. Bambino Agro Industries Limited
15.1.1.1. Company Details
15.1.1.2. Product & Services
15.1.1.3. Financials (As Per Availability)
15.1.1.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.1.5. Recent Developments
15.1.1.6. Key Management Personnel
15.1.2. Nestle India Limited
15.1.2.1. Company Details
15.1.2.2. Product & Services
15.1.2.3. Financials (As Per Availability)
15.1.2.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.2.5. Recent Developments
15.1.2.6. Key Management Personnel
15.1.3. FieldFresh Foods Private Limited
15.1.3.1. Company Details
15.1.3.2. Product & Services
15.1.3.3. Financials (As Per Availability)
15.1.3.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.3.5. Recent Developments
15.1.3.6. Key Management Personnel
15.1.4. ITC Limited
15.1.4.1. Company Details
15.1.4.2. Product & Services
15.1.4.3. Financials (As Per Availability)
15.1.4.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.4.5. Recent Developments
15.1.4.6. Key Management Personnel
15.1.5. Savorit Limited
15.1.5.1. Company Details
15.1.5.2. Product & Services
15.1.5.3. Financials (As Per Availability)
15.1.5.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.5.5. Recent Developments
15.1.5.6. Key Management Personnel
15.1.6. MTR Foods Pvt. Ltd.
15.1.6.1. Company Details
15.1.6.2. Product & Services
15.1.6.3. Financials (As Per Availability)
15.1.6.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.6.5. Recent Developments
15.1.6.6. Key Management Personnel
15.1.7. Borges India Private Limited
15.1.7.1. Company Details
15.1.7.2. Product & Services
15.1.7.3. Financials (As Per Availability)
15.1.7.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.7.5. Recent Developments
15.1.7.6. Key Management Personnel
15.1.8. Weikfield Products Co. (India) Pvt. Ltd.
15.1.8.1. Company Details
15.1.8.2. Product & Services
15.1.8.3. Financials (As Per Availability)
15.1.8.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.8.5. Recent Developments
15.1.8.6. Key Management Personnel
15.1.9. Nilon's Enterprises Private Limited
15.1.9.1. Company Details
15.1.9.2. Product & Services
15.1.9.3. Financials (As Per Availability)
15.1.9.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.9.5. Recent Developments
15.1.9.6. Key Management Personnel
15.1.10. EBRO India Private Limited
15.1.10.1. Company Details
15.1.10.2. Product & Services
15.1.10.3. Financials (As Per Availability)
15.1.10.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.10.5. Recent Developments
15.1.10.6. Key Management Personnel
16. Strategic Recommendations
16.1. Key Focus Areas
16.2. Target Product Type
16.3. Target Sales Channel
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

In 2023, the India Pasta Market has achieved a valuation of USD 545.5 million and is poised for robust growth in the forecast period, with a projected Compound Annual Growth Rate (CAGR) of 15.9% through 2029. The Indian pasta market has experienced remarkable growth recently, driven by shifting consumer preferences and the emergence of a burgeoning middle-class population with evolving culinary tastes. This market overview offers insights into the key drivers behind this growth and the current landscape of the pasta industry in India.

One of the primary catalysts for this growth is the evolving dietary habits and preferences of Indian consumers. Traditionally, Indian cuisine heavily relied on rice and wheat-based dishes. However, there has been a substantial shift towards pasta consumption due to its convenience, versatility, and the influence of Western culinary styles that have been embraced.

Rapid urbanization has led to increasingly hectic lifestyles, making quick and easy-to-cook meals such as pasta a favored choice. Pasta's short cooking time and adaptability to various sauces and flavors have made it a convenient option for working professionals and families.

Manufacturers in India have responded to the surging demand by diversifying their product offerings. Consumers can now choose from a wide array of pasta types, including spaghetti, penne, fusilli, and macaroni. Additionally, flavored and whole wheat pasta variants are available to cater to health-conscious consumers.

The market showcases a blend of international pasta brands such as Barilla and De Cecco alongside local players like Sunfeast, Bambino, and Tasty Treat. This competition has spurred innovation and quality enhancements, providing consumers with an array of choices.

Pasta products are readily accessible through various distribution channels, including supermarkets, hypermarkets, online retail platforms, and local grocery stores. The convenience of online shopping has further accelerated pasta sales.

Health and wellness trends have influenced pasta formulations, with manufacturers introducing options such as whole wheat and multi-grain pasta to cater to health-conscious consumers. Gluten-free pasta variants have also gained traction among those with dietary restrictions.

Despite the market's remarkable growth, challenges such as price sensitivity, regional variations in taste preferences, and competition from other ready-to-eat options persist. However, effective marketing strategies and ongoing product innovations have enabled pasta manufacturers to overcome these hurdles.

In conclusion, the Indian pasta market is flourishing due to evolving consumer preferences, urbanization, and a dynamic food industry. With a continued focus on innovation and health-conscious offerings, the pasta market in India is poised for sustained growth in the years ahead, making it an exciting sector for both domestic and international players.
Key Market Drivers
Changing Consumer Preferences
One of the primary drivers of the growth of the pasta market in India is the changing consumer preferences. Traditionally, Indian cuisine has been dominated by rice and wheat-based products like roti and paratha. However, as lifestyles become busier, there is a growing demand for convenient and quick-to-cook meal options. Pasta fits this requirement perfectly. Its ease of preparation and versatility make it an attractive choice for busy urban consumers.
Additionally, as India becomes more globalized and connected, exposure to international cuisines through travel, television, and the internet has significantly influenced consumer tastes. Many Indians have developed a palate for Italian cuisine, and pasta has become an integral part of their culinary preferences. This shift in consumer preferences has created a substantial market for pasta products in India.
Health and Wellness Trends
Another significant driver behind the growth of the pasta market in India is the increasing focus on health and wellness. In the past, pasta was often viewed as a high-carb and unhealthy option. However, pasta manufacturers have adapted to these changing trends by introducing healthier and more nutritious pasta variants.
Whole wheat pasta, gluten-free pasta, and pasta made from alternative grains like quinoa and lentils have gained popularity among health-conscious consumers. These products cater to those looking for healthier alternatives without compromising on taste. Additionally, pasta is seen as a versatile base for incorporating vegetables and lean proteins, making it a balanced meal option. The health and wellness trend has not only expanded the consumer base but also encouraged existing consumers to consume pasta as part of a healthier diet.
Aggressive Marketing and Innovation
The third driver of the pasta market in India is the aggressive marketing and continuous innovation by pasta manufacturers. Companies in the food industry have invested heavily in advertising campaigns, promotions, and product launches to capture a larger share of the market. These efforts have successfully created awareness and generated interest in pasta products among consumers.
Furthermore, companies have introduced a wide range of pasta shapes, flavors, and sauce options to cater to diverse tastes. From classic spaghetti and penne to regional Indian flavors and fusion options, the variety available in the market is extensive. Such innovations have kept consumers engaged and excited about trying new pasta products, thereby boosting the market's growth.
Download Sample Report
Key Market Challenges
Cultural Diversity and Taste Preferences
India is a country known for its rich cultural diversity, and this diversity extends to its culinary preferences. Indian consumers have a deep-rooted love for traditional dishes like roti, rice, and various regional cuisines. This poses a significant challenge to the pasta market as it tries to establish itself as a staple in Indian households. The taste and texture of pasta are vastly different from traditional Indian foods, making it difficult to break into the market.
Companies can develop pasta products that incorporate Indian flavors and spices to cater to local tastes. For example, pasta with curry or masala flavors.
Educating consumers about the versatility of pasta and its potential to complement Indian dishes can help change perceptions.
Collaborations with popular Indian chefs or celebrities who promote pasta-based recipes can generate interest and acceptance among the masses.
Price Sensitivity and Competition
Price sensitivity is a significant challenge in the Indian pasta market. Traditional staples like rice and wheat-based products are often more affordable, making pasta a premium option for many consumers. Additionally, the market is highly competitive with both domestic and international brands vying for market share. The competitive landscape puts pressure on pricing and profit margins.
Companies can explore cost-effective production methods, sourcing strategies, and supply chain efficiencies to reduce manufacturing costs.
Utilizing cost-effective packaging materials without compromising product quality can help maintain competitive pricing.
Periodic promotions, discounts, and bundling offers can attract price-conscious consumers without compromising on quality.
Distribution and Supply Chain Challenges
India's vast and diverse geography poses distribution and supply chain challenges. Ensuring the availability of pasta products in remote and rural areas can be logistically challenging and costly. Additionally, maintaining the quality and shelf life of pasta products during transportation in varying climatic conditions can be a hurdle.
Investing in robust distribution infrastructure, including cold storage facilities, can help ensure product quality during transit. Sourcing raw materials locally whenever possible can reduce supply chain complexities and costs. Leveraging e-commerce platforms to reach consumers in remote areas can mitigate distribution challenges.
Key Market Trends
Health and Wellness Drive Pasta Innovation
One of the most notable trends in the Indian pasta market is the increasing focus on health and wellness. Traditionally, pasta was often considered an indulgent, carb-heavy dish. However, as health-consciousness rises, consumers are seeking healthier alternatives. Manufacturers have responded by introducing a variety of pasta options that cater to these preferences.
Whole wheat pasta has gained popularity due to its higher fiber content and lower glycemic index. This appeals to consumers looking for nutritious alternatives to traditional pasta. Additionally, pasta made from alternative flours like chickpea, lentil, or quinoa flour has also entered the market, capitalizing on the gluten-free and protein-rich attributes. These innovations align with the global trend towards healthier eating habits.
Furthermore, the addition of functional ingredients such as spinach, beetroot, and turmeric has infused traditional pasta with added health benefits. These ingredients not only provide unique flavors but also enhance the nutritional profile, attracting health-conscious consumers. The growing awareness of pasta as a versatile base for incorporating vegetables and lean proteins is driving its acceptance as a wholesome meal option.
Premiumization and Diversification of Pasta Offerings
The second significant trend in the Indian pasta market is the premiumization and diversification of pasta offerings. As disposable incomes rise, consumers are increasingly willing to experiment with premium and exotic pasta varieties. This shift in consumer behavior has prompted manufacturers to expand their product portfolios to cater to diverse tastes.
Gourmet pasta options, such as artisanal and handcrafted pasta, have gained traction among urban consumers looking for an authentic dining experience at home. Imported pasta brands have also made their mark in the market, offering a wide range of pasta shapes, sizes, and flavors that cater to diverse culinary preferences.
Moreover, flavored and stuffed pasta varieties have become increasingly popular. These products come in a wide array of options, including pesto-filled tortellini, truffle-infused ravioli, and sun-dried tomato linguine. Such offerings allow consumers to explore new tastes and culinary experiences in the comfort of their homes, contributing to the premiumization of the pasta market.
Convenience and Ready-to-Eat Pasta
The third trend transforming the Indian pasta market is the rising demand for convenience and ready-to-eat pasta products. With hectic lifestyles and busy schedules, consumers are looking for quick and hassle-free meal solutions. This shift in consumer behavior has led to the emergence of a wide range of ready-to-cook and instant pasta options.
Instant pasta products, such as pasta cups and microwaveable pasta bowls, have become increasingly popular among working professionals and students. These products offer convenience without compromising on taste, making them an attractive choice for those seeking quick and easy meal options.
Additionally, pasta meal kits and pre-packaged pasta with sauce are gaining popularity. These kits typically include pre-measured ingredients and easy-to-follow recipes, allowing consumers to prepare restaurant-quality pasta dishes at home without the need for culinary expertise.
Segmental Insights
Product Type Insights
Ready-to-Eat pasta, also known as RTE pasta, has carved out a substantial and growing niche in the ever-expanding Indian pasta market. The transformation of the way Indians consume pasta is palpable, and RTE pasta plays a pivotal role in this culinary evolution. As India's socio-economic landscape evolves, so do the preferences and lifestyles of its populace. This shift has led to a surge in the demand for convenient and time-saving food options, and RTE pasta has emerged as a frontrunner in meeting these demands.
The Indian Pasta Market has undergone a remarkable transformation over the past decade, primarily driven by the rising disposable income, urbanization, and the influence of Western cuisines on Indian taste buds. Traditional pasta required significant preparation time and culinary expertise, deterring many from experimenting with it in their kitchens. RTE pasta, however, is a game-changer. It offers a hassle-free, quick, and delicious meal solution for the modern, fast-paced lifestyle.
One of the key factors contributing to RTE pasta's significant share in the Indian market is its convenience. With hectic schedules and busy lives becoming the norm, consumers are seeking ways to reduce cooking time without compromising on taste and quality. RTE pasta is ready to eat in a matter of minutes, making it an ideal choice for students, working professionals, and families looking for a quick yet satisfying meal option.
Furthermore, RTE pasta comes in a wide variety of flavors and preparations, catering to diverse tastes and preferences. From classic Italian recipes like spaghetti and penne to fusion flavors like masala pasta and spicy tikka pasta, the range of options is vast. This versatility appeals to a broad spectrum of consumers, ensuring that RTE pasta has something for everyone.
Health-conscious consumers are also turning to RTE pasta as it offers the option for a balanced meal. Many RTE pasta brands offer whole wheat and multi-grain options, making it a better choice than traditional pasta. Additionally, these products often come with a variety of toppings, including vegetables, sauces, and proteins, providing essential nutrients in a single package.
The convenience of RTE pasta extends beyond just preparation time. Its easy storage and long shelf life make it a practical choice for households. It doesn't require refrigeration, so it can be stocked for extended periods, ensuring that consumers always have a quick meal option on hand.
The COVID-19 pandemic further accelerated the adoption of RTE pasta in India. With lockdowns and social distancing measures in place, home cooking became more prevalent than ever. RTE pasta, with its minimal preparation requirements, gained even more popularity during this time. Consumers appreciated the comfort and convenience of having a tasty meal option that required minimal effort.
Sales Channel Insights
The online sales channel has carved out a significant share in the India Pasta Market, reshaping the way consumers purchase pasta products. In recent years, the growth of e-commerce and digital platforms has revolutionized the retail landscape, and the food industry is no exception. This transformation has been particularly pronounced in the pasta market, where online sales have become a dominant force.
One of the primary drivers behind the online sales channel's success in the India Pasta Market is the convenience it offers to consumers. In today's fast-paced world, convenience is king, and online shopping for pasta products fits the bill perfectly. Consumers can browse a wide variety of pasta brands, flavors, and types from the comfort of their homes, saving time and effort. This convenience has become even more essential in the wake of the COVID-19 pandemic, as people seek contactless shopping options.
Moreover, the online sales channel provides a vast array of choices that may not be available in brick-and-mortar stores. Consumers can explore niche and international pasta brands that might be hard to find locally. This extensive selection caters to diverse tastes and dietary preferences, from traditional wheat pasta to gluten-free, organic, and specialty options. As a result, online platforms have become a haven for pasta enthusiasts and health-conscious consumers alike.
Price competitiveness is another critical factor contributing to the online sales channel's prominence. E-commerce platforms often offer attractive discounts, deals, and bundles, making pasta products more affordable for budget-conscious shoppers. Additionally, online marketplaces facilitate easy price comparisons, allowing consumers to find the best deals quickly. This transparency in pricing encourages healthy competition among pasta brands, benefiting consumers and driving sales.
The India Pasta Market's growth through online channels is also linked to the rise of digital payment methods. The ease of making secure online transactions has eliminated many barriers to entry for consumers who were initially skeptical of online shopping. With the advent of digital wallets, credit and debit card payments, and cash-on-delivery options, purchasing pasta online has become a seamless and secure experience.
The online sales channel has been quick to leverage data analytics and customer insights, enabling targeted marketing efforts. Personalized recommendations and promotions based on past purchases and browsing behavior have enhanced the shopping experience, encouraging repeat business. Additionally, customer reviews and ratings provide valuable feedback, helping shoppers make informed choices and fostering trust in online purchases.
Regional Insights
The North region of India has emerged as a dominant player in the country's pasta market, contributing significantly to the overall growth and consumption of pasta products. This remarkable transformation can be attributed to a combination of factors that have worked in synergy to establish the North as a key market for pasta.
First and foremost, changing consumer preferences and dietary habits have played a pivotal role in the rise of pasta consumption in the North. As people have become more health-conscious and open to exploring diverse cuisines, pasta has gained popularity due to its versatility and adaptability to different flavors. It fits well into both traditional and fusion dishes, making it an appealing choice for a wide range of consumers.
Furthermore, urbanization and increased disposable income in the North have led to an expansion of the middle-class population. This demographic segment is more willing to experiment with food and is willing to spend on convenience and packaged food products like pasta. The convenience factor of pasta, coupled with busy lifestyles, has made it a preferred choice for quick and easy meals.
The North's diverse culinary landscape has also contributed to the growth of the pasta market. Different states in the region have their own unique cuisines and flavors. Pasta manufacturers have capitalized on this by introducing regional flavors and variants that cater to local tastes. This localized approach has resonated well with consumers, further boosting the pasta market's growth.
Moreover, the retail infrastructure in the North has improved significantly over the years, with the proliferation of supermarkets, hypermarkets, and online grocery platforms. This has made it easier for consumers to access a wide variety of pasta products, including imported and specialty options. The convenience of online shopping has further fueled the pasta market's expansion, making it accessible to a broader customer base.
Government initiatives promoting food processing and modern retail infrastructure have also played a part in the North's pasta market success story. These policies have encouraged investments in the food processing industry, which, in turn, has led to the development of a robust supply chain for pasta products.
Key Market Players
Bambino Agro Industries Limited
Nestle India Limited
FieldFresh Foods Private Limited
ITC Limited
Savorit Limited
MTR Foods Pvt. Ltd.
Borges India Private Limited
Weikfield Products Co. (India) Pvt. Ltd.
Nilon's Enterprises Private Limited
EBRO India Private Limited
Report Scope:
In this report, the India Pasta market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Pasta Market, By Product Type:
o Ready-to-Cook
o Ready-to-Eat
• India Pasta Market, By Shape Type:
o Macaroni
o Penne
o Fusilli
o Others
• India Pasta Market, By Sales Channel:
o Offline
o Online
• India Pasta Market, By Region:
o North
o South
o East
o West
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India pasta market.
Available Customizations:
India Pasta Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer Analysis (B2C Model Analysis)
4.1. Brand Awareness
4.2. Factors Influencing Purchase Decision
4.3. Challenges Faced Post Purchase
5. India Pasta Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Type Market Share Analysis (Ready-to-Cook and Ready-to-Eat)
5.2.2. By Shape Type Market Share Analysis (Macaroni, Penne, Fusilli and Others)
5.2.3. By Sales Channel Market Share Analysis (Supermarkets/Hypermarkets, Convenience Stores, Online, and Others)
5.2.4. By Regional Market Share Analysis
5.2.4.1. North Market Share Analysis
5.2.4.2. South Market Share Analysis
5.2.4.3. East Market Share Analysis
5.2.4.4. West Market Share Analysis
5.2.5. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2023)
5.3. India Pasta Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Product Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Shape Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Sales Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. India Ready-to-Cook Pasta Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Shape Type Market Share Analysis
6.2.2. By Sales Channel Market Share Analysis
7. India Ready-to-Eat Pasta Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Shape Type Market Share Analysis
7.2.2. By Sales Channel Market Share Analysis
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Impact of COVID-19 on India Pasta Market
9.1. Impact Assessment Model
9.1.1. Key Segments Impacted
9.1.2. Key Regions Impacted
10. Market Trends & Developments
11. Porter’s Five Forces Model
11.1. Competitive Rivalry
11.2. Bargaining Power of Buyers
11.3. Bargaining Power of Suppliers
11.4. Threat of New Entrants
11.5. Threat of Substitutes
12. SWOT Analysis
12.1. Strengths
12.2. Weaknesses
12.3. Opportunities
12.4. Threats
13. Policy and Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Competitive Landscape
15.1. Company Profiles
15.1.1. Bambino Agro Industries Limited
15.1.1.1. Company Details
15.1.1.2. Product & Services
15.1.1.3. Financials (As Per Availability)
15.1.1.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.1.5. Recent Developments
15.1.1.6. Key Management Personnel
15.1.2. Nestle India Limited
15.1.2.1. Company Details
15.1.2.2. Product & Services
15.1.2.3. Financials (As Per Availability)
15.1.2.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.2.5. Recent Developments
15.1.2.6. Key Management Personnel
15.1.3. FieldFresh Foods Private Limited
15.1.3.1. Company Details
15.1.3.2. Product & Services
15.1.3.3. Financials (As Per Availability)
15.1.3.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.3.5. Recent Developments
15.1.3.6. Key Management Personnel
15.1.4. ITC Limited
15.1.4.1. Company Details
15.1.4.2. Product & Services
15.1.4.3. Financials (As Per Availability)
15.1.4.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.4.5. Recent Developments
15.1.4.6. Key Management Personnel
15.1.5. Savorit Limited
15.1.5.1. Company Details
15.1.5.2. Product & Services
15.1.5.3. Financials (As Per Availability)
15.1.5.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.5.5. Recent Developments
15.1.5.6. Key Management Personnel
15.1.6. MTR Foods Pvt. Ltd.
15.1.6.1. Company Details
15.1.6.2. Product & Services
15.1.6.3. Financials (As Per Availability)
15.1.6.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.6.5. Recent Developments
15.1.6.6. Key Management Personnel
15.1.7. Borges India Private Limited
15.1.7.1. Company Details
15.1.7.2. Product & Services
15.1.7.3. Financials (As Per Availability)
15.1.7.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.7.5. Recent Developments
15.1.7.6. Key Management Personnel
15.1.8. Weikfield Products Co. (India) Pvt. Ltd.
15.1.8.1. Company Details
15.1.8.2. Product & Services
15.1.8.3. Financials (As Per Availability)
15.1.8.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.8.5. Recent Developments
15.1.8.6. Key Management Personnel
15.1.9. Nilon's Enterprises Private Limited
15.1.9.1. Company Details
15.1.9.2. Product & Services
15.1.9.3. Financials (As Per Availability)
15.1.9.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.9.5. Recent Developments
15.1.9.6. Key Management Personnel
15.1.10. EBRO India Private Limited
15.1.10.1. Company Details
15.1.10.2. Product & Services
15.1.10.3. Financials (As Per Availability)
15.1.10.4. Key market Focus & Geographical Presence
15.1.10.5. Recent Developments
15.1.10.6. Key Management Personnel
16. Strategic Recommendations
16.1. Key Focus Areas
16.2. Target Product Type
16.3. Target Sales Channel
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(channel)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る