世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

卓上カレンダーの世界市場規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(電子卓上カレンダー、紙製卓上カレンダー)、流通チャネル別(オフライン、オンライン)、地域別、競合別セグメント、2018-2028年


Desk Calendar Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (Electronic Desk Calendar, Paper Desk Calendar), By Distribution Channel (Offline, Online), By Region, By Competition, 2018-2028

デスクカレンダーの世界市場は、2022年に14億8000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は4.7%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界の卓上カレンダー市場は、オフィススペースの増加、効率... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
190 英語

 

サマリー

デスクカレンダーの世界市場は、2022年に14億8000万米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は4.7%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。世界の卓上カレンダー市場は、オフィススペースの増加、効率的な時間管理の必要性、リモートワークの急増などの要因が重なり、近年大幅な成長を遂げている。デスクカレンダーは、多くの専門家にとって不可欠なツールであり、スケジュールの整理、重要な日付のメモ、日々のタスク管理に役立っている。市場を概観すると、多くのチャンスと課題を抱えたダイナミックな情勢が浮かび上がってくる。
世界の卓上カレンダー市場の大きなトレンドの一つは、デジタルカレンダーと生産性向上アプリへのシフトである。伝統的な紙の卓上カレンダーはまだその地位を保っているが、多くの個人や企業がスケジュール管理プロセスを合理化するためにデジタルソリューションを選んでいる。この傾向は、多様な消費者の嗜好に応えるため、デジタルと物理的な要素の両方を取り入れた革新的なハイブリッドソリューションを提供する企業にチャンスをもたらす。
さらに、持続可能性への懸念が市場に影響を与え始めており、環境に優しく、リサイクル可能で、再利用可能な卓上カレンダー素材への需要が高まっている。消費者は環境への足跡を意識するようになっており、そのためメーカーは再生紙や環境に優しいインクの使用など、持続可能な代替案を模索するようになっている。その結果、製品に持続可能性を優先させる企業は、進化する世界の卓上カレンダー市場で競争力を獲得する可能性が高い。結論として、世界の卓上カレンダー市場は、職場環境や消費者の嗜好の変化に適応しつつある。イノベーション、デジタル統合、持続可能性に重点を置く企業は、この市場で成長する態勢を整えている。伝統的な卓上カレンダーにもまだ居場所はあるが、業界の未来は柔軟性と環境に配慮したソリューションにある。
主な市場牽引要因
進化する職場環境
働き方は大きく変貌しつつある。従来のオフィススペースは、もはや生産性の唯一の拠点ではなくなりつつある。テクノロジーの進歩もあり、リモートワークや柔軟な勤務形態が一般的になっている。このような職場環境の変化は、卓上カレンダーの需要に直接影響を与えている。デスクカレンダーは、かつては主にオフィススペースで使用されるものでしたが、現在では、スケジュールや締め切り、日々のタスクを管理する必要のあるリモートワーカーにとって必要不可欠なものとなっています。その結果、卓上カレンダーの市場は従来のオフィス環境を超えて拡大し、現代のモバイルワーカーのニーズに適応しています。
デジタル統合
デジタル技術の統合は、世界の卓上カレンダー市場のもう一つの大きな原動力である。デジタルカレンダー、スケジューリングアプリ、生産性向上ツールは、私たちの日常生活のいたるところに存在するようになりました。しかし、これは必ずしも物理的な卓上カレンダーの破滅を意味するものではない。実際、デジタルと物理的なツールの両方の利点を組み合わせたハイブリッドソリューションの傾向が強まっている。多くの個人や企業が、卓上カレンダーに書き込むという手触りの良い体験を好み、時間を管理する具体的な方法を提供しているからだ。この傾向は、デジタルカレンダーと同期できる革新的な卓上カレンダーを生み出し、両世界のシームレスな統合を実現している。このようなハイブリッドソリューションの構築に投資する企業は、卓上カレンダーの物理的な存在感とともに、デジタル技術の利便性を重視するニッチな市場セグメントを開拓することができる。
パーソナライゼーションとカスタマイズ
消費者はますますユニークでパーソナライズされた製品を求めるようになっている。このカスタマイズへの欲求は、卓上カレンダーにも及んでいる。多くの個人は、卓上カレンダーに個人のスタイル、価値観、興味を反映させたいと考えている。このため、企業はカスタマイズ可能な卓上カレンダーを幅広く提供し、顧客がデザインや色を選んだり、写真やテキストを追加したりする機会を生み出している。パーソナライゼーションは、カレンダーの美的魅力を高めるだけでなく、ユーザーにとってより意味のあるものにする。この傾向は、カスタマイズされた卓上カレンダーというニッチな市場セグメントを生み出し、このような嗜好に応える企業は、熱心な顧客層を開拓することができる。
持続可能性と環境に優しい素材
地球環境への懸念は、卓上カレンダー市場を含む様々な産業において、持続可能性を顕著な原動力にしている。消費者は、二酸化炭素排出量や購入する製品が環境に与える影響を意識するようになっている。これを受けて、企業は環境に優しい素材や生産工程を使用して卓上カレンダーを作ることが増えている。これには、再生紙や大豆由来インクの使用、リサイクルや再利用の促進などが含まれる。持続可能な素材で作られた卓上カレンダーは、環境意識の高い消費者や、エコロジカル・フットプリントの削減を目指す組織にアピールする。持続可能性を優先し、環境に配慮した透明性の高い取り組みを行う企業は、競争上の優位性を獲得し、成長する市場層にアピールすることができる。
マーケティングとブランド・プロモーション
卓上カレンダーは、個人的または仕事上の整理整頓のためのツールであるだけでなく、マーケティングやブランディングの道具としても機能します。多くの企業が販促品、ギフト、景品としてカスタム卓上カレンダーを使用しています。このようなカレンダーには、ブランディング、連絡先情報、マーケティングメッセージが追加され、クライアント、顧客、従業員に配布されます。このやり方は、ブランドを目立たせるだけでなく、受け取った人が年間を通してカレンダーを使えるという価値も提供します。マーケティング目的での卓上カレンダーの利用は、市場の成長に貢献する原動力となっている。人目を引き、記憶に残る販促用卓上カレンダーを作成するために、デザイン、素材、印刷技術の面で革新が起こっている。
結論として、世界の卓上カレンダー市場はダイナミックであり、いくつかのドライバーの影響を受けている。これらの促進要因には、労働習慣の変化、デジタル技術の統合、パーソナライゼーションとカスタマイズ化、持続可能性、マーケティングとブランド・プロモーションのための卓上カレンダーの利用などが含まれる。消費者の嗜好の変化に対応し、新たな成長機会をつかむためには、こうした原動力を理解することが不可欠である。革新的な製品開発であれ、持続可能な慣行であれ、卓上カレンダー市場の企業は、消費者や組織の変化する需要に応えることで繁栄することができる。
主な市場課題
デジタル競争と技術の進歩
卓上カレンダー市場が直面している主な課題の1つは、デジタル代替品と現在進行中の技術進歩による競争である。デジタルカレンダー、スケジューリングアプリ、生産性向上ツールの普及に伴い、多くの個人や組織がスケジュール管理のためのデジタルソリューションにシフトしている。デジタル・プラットフォームは、リアルタイムの同期、リマインダー、デバイス間での容易なアクセスを提供し、これは従来の卓上カレンダーと比較して大きな利点である。
卓上カレンダー市場のメーカーや小売業者にとっての課題は、デジタル競争に直面する中で、自社製品を差別化し、独自の価値提案を示すことである。一部のメーカーは、物理的な卓上カレンダーにデジタル機能を統合し、ハイブリッドソリューションを構築することで対応している。しかし、このシフトにはテクノロジーとイノベーションへの投資が必要だ。適応できない企業は、従来の卓上カレンダー製品の需要減退に直面するかもしれない。
進化する職場環境
リモートワークや柔軟な勤務形態の台頭による職場環境の変化は、卓上カレンダー市場にチャンスと課題の両方をもたらしている。リモートワーカーのスケジュール管理は依然として卓上カレンダーのようなツールに依存していますが、彼らのワークスペースの性質は変化しています。彼らはもはや、従来の卓上カレンダーが置かれるような専用のデスクや物理的なオフィススペースを持っていません。
このことは、卓上カレンダーをどのように販売し、配布するかという点で、課題を提示している。企業は、リモートワーカーにリーチし、新しいワークランドスケープで自社製品を適切なものにするための代替手段を検討しなければなりません。解決策としては、コンパクトな卓上カレンダーや持ち運び可能な卓上カレンダー、卓上カレンダーアプリ、リモートワーカーに特化したプロモーション戦略などが考えられます。
環境への配慮と持続可能性
持続可能性と環境への配慮は、消費者にとってますます重要になってきており、これは卓上カレンダー市場にも影響を与えている。従来の卓上カレンダーは紙から作られることが多く、森林伐採や廃棄物の原因となる。さらに、卓上カレンダーの製造に使われるインクや製造工程は、環境に影響を与える可能性がある。
こうした懸念に対処するため、再生紙の使用や大豆由来インクの使用、製品のリサイクル可能性の促進など、環境に配慮した取り組みに移行している企業もある。しかし、このような慣行を採用することは、コスト高になる可能性があり、製造工程や材料の調達を変更しなければならない場合もある。課題は、環境意識の高い消費者の要求に応えつつ、持続可能性への取り組みと費用対効果のバランスをとることにある。
市場の飽和と競争
卓上カレンダー市場は、ダイナミックではあるが、市場の飽和と激しい競争とは無縁ではない。地元の小規模印刷業者から大企業まで、多くの企業が卓上カレンダーを生産している。その結果、市場は混雑し、消費者には多くの選択肢がある。製品を差別化し、独自の販売提案をすることは、ますます難しくなっている。
飽和状態の市場で際立つためには、企業はブランディング、デザイン、マーケティング活動に投資する必要がある。革新的な機能、パーソナライゼーション・オプション、ユニークなデザインを備えた卓上カレンダーの作成に注力すべきである。さらに、製品の品質を確保しながら競争力のある価格設定を維持することは、企業にとって微妙なバランスを取る必要がある。
消費者の嗜好とライフスタイルの変化
消費者のライフスタイルが進化するにつれ、卓上カレンダーに対する嗜好も変化している。コミュニケーションやスケジュール管理をデジタルツールに依存するようになり、物理的な卓上カレンダーの必要性を感じなくなった人もいるでしょう。卓上カレンダー市場の企業にとっての課題は、こうした嗜好の変化に対応し、ターゲット層にアピールする新しい方法を見つけることです。
嗜好の変化に対応する戦略のひとつは、多感覚的な体験を提供する卓上カレンダーを提供することだ。例えば、美的感覚を刺激するデザイン、やる気を起こさせる引用文、インタラクティブな要素を備えたカレンダーは、ユーザーにとってより魅力的なものになる。さらに、パーソナライズされた卓上カレンダーを作成できるカスタマイズ機能を提供することで、製品を個人の好みに合わせることができる。
結論として、世界の卓上カレンダー市場は、デジタル競争、職場環境の進化、持続可能性への懸念、市場の飽和、消費者の嗜好の変化などの課題に直面している。このような環境で成功するためには、企業は適応し、革新し、混雑した市場で製品を差別化する方法を見つけなければならない。技術の進歩、持続可能な慣行、パーソナライゼーション・オプションの採用などを通じて、企業はこれらの課題を乗り切り、卓上カレンダー市場で成功を収め続けることができる。
主な市場動向
デジタル統合とハイブリッドソリューション
世界の卓上カレンダー市場で最も顕著なトレンドのひとつは、従来の卓上カレンダーにデジタル技術が統合され、ハイブリッドソリューションが生まれたことである。デジタルカレンダーやスケジューリングアプリが普及する一方で、物理的な卓上カレンダーは多くの人々の生活の中に存在し続けている。このことを認識したメーカーは、アナログとデジタルのギャップを埋めるハイブリッド卓上カレンダーを開発しました。
このようなハイブリッド・ソリューションには、デジタル・カレンダーと同期するためにスキャンできるQRコード、メモを書き留めるための書き込み可能な表面、物理的な日付と一緒にデジタル・リマインダーを保存する機能などの機能が含まれていることが多い。このトレンドは、卓上カレンダーを使う手触りの良さを評価しつつも、デジタルツールの利便性も求める個人を対象としている。このようなハイブリッド製品を提供することで、卓上カレンダー市場の企業は、より幅広い消費者のニーズに応えることができる。
パーソナライゼーションとカスタマイズ
パーソナライズされたユニークな製品を求める消費者が増えており、この傾向は卓上カレンダーにも及んでいる。これを受けて、メーカーはカスタマイズを市場の重要なトレンドとして受け入れている。今や顧客は、幅広いデザイン、色、テーマから自分の好みに合った卓上カレンダーを選ぶことができる。
多くの企業がパーソナライズオプションを提供し、顧客が写真や名前、特別なメッセージを卓上カレンダーに追加できるようにしている。このようなカスタマイズは、ユーザーにとってカレンダーをより魅力的で意味のあるものにする。さらに、デザインテンプレートを提供し、顧客が本当にユニークな卓上カレンダーを作成できるようにしている企業もある。このトレンドは、自分の個性や価値観を反映した製品を求める消費者の欲求を利用したもので、カスタマイズを卓上カレンダーの売上の重要な原動力にしている。
持続可能性と環境に優しい素材
環境への関心が高まり、持続可能で環境に優しい製品への需要が高まっている。卓上カレンダー市場もこの傾向の例外ではない。このような懸念に対応するため、多くのメーカーが生産工程でより持続可能な慣行や素材を採用している。
これには、再生紙やFSC認証紙の使用、大豆由来インクの使用、製品のリサイクル性の促進などが含まれる。再利用や消去が可能な卓上カレンダーを導入し、紙の無駄遣いを減らしている企業もある。環境に優しい機能や透明性のある持続可能性を強調することで、卓上カレンダー市場の企業は、環境意識の高い消費者や二酸化炭素排出量の削減を目指す組織を惹きつけることができる。
芸術的で美しいデザイン
卓上カレンダーは、単に機能的な道具としてだけでなく、ワークスペースに美的なアクセントを加えるものとして捉えられるようになってきている。その結果、芸術的で視覚に訴えるデザインが市場の重要なトレンドとなっている。メーカー各社は、魅力的なグラフィック、鮮やかな色彩、魅力的なイラストを用いた卓上カレンダーの制作に投資している。
テーマは、自然や風景から、やる気を起こさせる名言やポップカルチャーまで様々です。これらのデザインは実用的な目的を果たすだけでなく、ワークスペース全体の雰囲気を高めてくれる。卓上カレンダーは、人々が誇らしげにデスクに飾る装飾品へと進化しました。視覚的に魅惑的なデザインの作成に注力する企業は、美的感覚に優れた卓上カレンダーの需要の高まりを利用することができます。
革新的なマーケティングとブランド・プロモーション
卓上カレンダーは、企業の販促品やマーケティングツールとしてユニークな役割を果たしています。多くの企業が卓上カレンダーにブランド名、連絡先、マーケティングメッセージをカスタマイズし、クライアント、顧客、従業員への景品として使用しています。この戦略は、ブランドを目立たせるだけでなく、受け取った人が年間を通してカレンダーを使えるという価値を提供する。
この分野における最近のトレンドは、クリエイティブなマーケティングとブランディング戦略である。例えば、卓上カレンダーを使って、ブランドの歴史や価値観、ミッションについてのストーリーを語る企業もある。また、AR(拡張現実)やQRコードのようなインタラクティブな要素を取り入れ、追加コンテンツでユーザーを惹きつけようとしている企業もある。このようなアプローチは従来のブランディングを超え、販促用卓上カレンダーに体験的な次元を加えることで、より印象的で効果的なものにしている。
結論として、世界の卓上カレンダー市場は近年、デジタル統合、パーソナライゼーションとカスタマイズ、持続可能性、芸術的で美しいデザイン、革新的なマーケティングとブランドプロモーションなど、さまざまな刺激的なトレンドが見られる。これらのトレンドは、消費者の嗜好の進化と市場のダイナミックな性質を反映している。卓上カレンダー市場の企業は、こうしたトレンドを活用することで、革新的な製品を生み出し、より多くの消費者にリーチし、変化し続ける状況の中で競争力を維持することができる。
セグメント別インサイト
タイプ別インサイト
紙の卓上カレンダーは、デジタル技術や電子スケジュールツールの出現にもかかわらず、世界の卓上カレンダー市場を支配し続けている。その根強い人気にはいくつかの要因がある。第一に、紙の卓上カレンダーは、多くの個人が魅力を感じる、触覚的、視覚的、インタラクティブな体験を提供する。ユーザーは重要な日付、メモ、リマインダーを物理的に書き留めることができ、デジタルの代替ツールでは不足しがちなエンゲージメントのレベルを提供する。さらに、このような具体的なカレンダーは、信頼できる視覚的補助として機能し、ユーザーはログインしたりデジタル・インターフェースを操作したりする必要なく、一目でスケジュールを把握することができる。
第二に、紙の卓上カレンダーの美的・装飾的価値は過小評価できない。風光明媚な風景からインスピレーションを与えてくれる名言まで、芸術的でテーマ性のあるデザインが豊富に揃っており、機能的なツールであるだけでなく、オフィスや家庭のワークスペースに魅力的なアクセントを加えてくれる。紙の卓上カレンダーはカスタマイズが可能なため、ユーザーは自分の好みや価値観に合ったデザインを選ぶことができ、その魅力をさらに高めることができる。このような特性により、紙の卓上カレンダーは、デジタルの代替品が台頭し続ける中でも、市場での牙城を維持している。
流通チャネルの洞察
世界の卓上カレンダー市場は近年、オンライン販売チャネルからの需要が顕著に急増している。この傾向は、オンライン・プラットフォームが提供する利便性とアクセシビリティをますます好むようになった消費者の進化する買い物習慣への対応である。オンライン販売チャネルを通じた卓上カレンダーの需要増加には、いくつかの重要な要因がある。
まず第一に、オンライン販売チャネルは、消費者に幅広い選択肢とデザインを提供する。買い物客は、自宅にいながら数多くのスタイル、サイズ、カスタマイズ・オプションを検討できるため、ユニークで個性的な卓上カレンダーを求める場合には特に魅力的だ。さらに、eコマース・プラットフォームでは、カスタマー・レビューや評価が提供されていることが多く、潜在的な購入者は、製品の品質やデザインについて十分な情報を得た上で判断することができる。第二に、オンライン購入の利便性と効率性が、需要の増加に大きな役割を果たしている。購入者は24時間365日、どこからでも注文できるため、実店舗を訪れる必要がない。価格を比較し、商品説明を読み、オンラインで安全な決済ができるため、買い物のプロセスが簡素化される。さらに、多くのオンライン小売業者が玄関先までの配送サービスを提供しているため、消費者は時間と労力を節約できる。この利便性は、多忙な専門家、リモートワーカー、時間管理を重視する個人にとって特に有利であり、結局のところ、卓上カレンダーの本質そのものである。
結論として、世界の卓上カレンダー市場は、オンライン販売チャネルが提供する利便性、豊富な選択肢、効率的なショッピング体験により、需要が顕著に増加している。この傾向は、現代の消費者環境におけるEコマースとオンライン小売への幅広いシフトを反映しており、今後数年間も市場のダイナミクスを形成し続けるだろう。
地域別の洞察
北米地域は世界の卓上カレンダー市場の重要な牽引役として浮上しており、こうした整理整頓ツールに対する需要が高まっている。この需要増加にはいくつかの要因が寄与しており、北米は市場において注目すべきプレーヤーとなっている。
第一に、北米における卓上カレンダーの需要は、同地域の多様でダイナミックな労働文化の影響を受けている。労働人口のかなりの部分がさまざまな産業に従事しているため、効率的な時間管理とスケジュール管理が依然として強く求められている。卓上カレンダーは、多くのプロフェッショナルにとって具体的で信頼できるソリューションであり、タスクの整理、優先順位の設定、予定の把握に役立っている。
さらに、世界的な出来事をきっかけに加速したリモートワークやホームオフィスのトレンドが、卓上カレンダーの需要をさらに高めている。プロフェッショナルが仕事のタスク、個人的なコミットメント、家庭の責任をこなす中で、卓上カレンダーは視覚的で利用しやすい時間管理方法を提供し、最終的にこの地域の売上増に貢献している。北米では、紙ベースのスケジュール管理ツールが引き続き受け入れられており、進化し続ける職場環境における卓上カレンダーの永続的な関連性と適応性を示している。
主要市場プレイヤー
アメリカン・カレンダー
カレンダー・カンパニー
ゴスレン印刷社
SIMLA Calendars
CMSエンタープライズ
インドのカレンダー
スーリヤオフセット印刷会社
カライカレンダー
浙江省滄南県
広州B
レポートの範囲
本レポートでは、卓上カレンダーの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 卓上カレンダーの世界市場:タイプ別
o 電子卓上カレンダー
紙の卓上カレンダー
- 卓上カレンダー市場:流通経路別
o オフライン
o オンライン
- 卓上カレンダー市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 ドイツ
 スペイン
 イタリア
 イギリス
o アジア太平洋
 中国
 日本
 インド
 ベトナム
 韓国
中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 クウェート
 エジプト
o 南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
競争状況
企業プロフィール:デスクカレンダーの世界市場における主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社のデスクカレンダーの世界市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.購買決定要因
4.2.情報源
5.デスクカレンダーの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.タイプ別市場シェア分析(電子卓上カレンダー、紙製卓上カレンダー)
5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析(オフライン、オンライン)
5.2.3.地域別市場シェア分析
5.2.3.1.北米市場シェア分析
5.2.3.2.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.3.3.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.3.4.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.3.5.南米市場シェア分析
5.2.4.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.デスクカレンダーの世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.タイプ別市場マッピングと機会評価
5.3.2.流通チャネル別市場マッピングと機会評価
5.3.3.地域別市場マッピングと機会評価
6.北米デスクカレンダー市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.国別市場シェア分析
6.2.3.1.アメリカ卓上カレンダー市場展望
6.2.3.1.1.市場規模・予測
6.2.3.1.1.1.金額別
6.2.3.1.2.市場シェアと予測
6.2.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.2.カナダの卓上カレンダー市場展望
6.2.3.2.1.市場規模・予測
6.2.3.2.1.1.金額ベース
6.2.3.2.2.市場シェアと予測
6.2.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
6.2.3.3.メキシコ卓上カレンダー市場展望
6.2.3.3.1.市場規模・予測
6.2.3.3.1.1.金額ベース
6.2.3.3.2.市場シェアと予測
6.2.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.欧州卓上カレンダー市場展望
7.1.市場規模と予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.国別市場シェア分析
7.2.3.1.フランス卓上カレンダー市場展望
7.2.3.1.1.市場規模・予測
7.2.3.1.1.1.金額ベース
7.2.3.1.2.市場シェアと予測
7.2.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.2.ドイツ卓上カレンダー市場展望
7.2.3.2.1.市場規模・予測
7.2.3.2.1.1.金額ベース
7.2.3.2.2.市場シェアと予測
7.2.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.3.スペインの卓上カレンダー市場展望
7.2.3.3.1.市場規模・予測
7.2.3.3.1.1.金額ベース
7.2.3.3.2.市場シェアと予測
7.2.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.4.イタリア卓上カレンダー市場展望
7.2.3.4.1.市場規模・予測
7.2.3.4.1.1.金額ベース
7.2.3.4.2.市場シェアと予測
7.2.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.3.4.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
7.2.3.5.イギリスの卓上カレンダー市場展望
7.2.3.5.1.市場規模・予測
7.2.3.5.1.1.金額ベース
7.2.3.5.2.市場シェアと予測
7.2.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.3.5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.アジア太平洋地域の卓上カレンダー市場展望
8.1.市場規模・予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.国別市場シェア分析
8.2.3.1.中国卓上カレンダー市場展望
8.2.3.1.1.市場規模・予測
8.2.3.1.1.1.金額ベース
8.2.3.1.2.市場シェアと予測
8.2.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.2.日本の卓上カレンダー市場展望
8.2.3.2.1.市場規模・予測
8.2.3.2.1.1.金額ベース
8.2.3.2.2.市場シェアと予測
8.2.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.3.インド卓上カレンダー市場展望
8.2.3.3.1.市場規模・予測
8.2.3.3.1.1.金額ベース
8.2.3.3.2.市場シェアと予測
8.2.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.4.ベトナムの卓上カレンダー市場展望
8.2.3.4.1.市場規模・予測
8.2.3.4.1.1.金額ベース
8.2.3.4.2.市場シェアと予測
8.2.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.3.4.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
8.2.3.5.韓国の卓上カレンダー市場展望
8.2.3.5.1.市場規模・予測
8.2.3.5.1.1.金額ベース
8.2.3.5.2.市場シェアと予測
8.2.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.3.5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.中東・アフリカ卓上カレンダー市場展望
9.1.市場規模・予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.国別市場シェア分析
9.2.3.1.南アフリカの卓上カレンダー市場展望
9.2.3.1.1.市場規模・予測
9.2.3.1.1.1.金額ベース
9.2.3.1.2.市場シェアと予測
9.2.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.2.サウジアラビアの卓上カレンダー市場展望
9.2.3.2.1.市場規模・予測
9.2.3.2.1.1.金額ベース
9.2.3.2.2.市場シェアと予測
9.2.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.3.UAE卓上カレンダー市場展望
9.2.3.3.1.市場規模・予測
9.2.3.3.1.1.金額ベース
9.2.3.3.2.市場シェアと予測
9.2.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.4.トルコの卓上カレンダー市場展望
9.2.3.4.1.市場規模・予測
9.2.3.4.1.1.金額ベース
9.2.3.4.2.市場シェアと予測
9.2.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.3.4.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.5.クウェートの卓上カレンダー市場展望
9.2.3.5.1.市場規模&予測
9.2.3.5.1.1.金額ベース
9.2.3.5.2.市場シェアと予測
9.2.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.3.5.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
9.2.3.6.エジプトの卓上カレンダー市場展望
9.2.3.6.1.市場規模・予測
9.2.3.6.1.1.金額ベース
9.2.3.6.2.市場シェアと予測
9.2.3.6.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.3.6.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.南米卓上カレンダー市場展望
10.1.市場規模・予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.3.国別市場シェア分析
10.2.3.1.ブラジル卓上カレンダー市場展望
10.2.3.1.1.市場規模・予測
10.2.3.1.1.1.金額ベース
10.2.3.1.2.市場シェアと予測
10.2.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.3.1.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.3.2.アルゼンチン卓上カレンダー市場展望
10.2.3.2.1.市場規模&予測
10.2.3.2.1.1.金額ベース
10.2.3.2.2.市場シェアと予測
10.2.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.3.2.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
10.2.3.3.コロンビアの卓上カレンダー市場展望
10.2.3.3.1.市場規模&予測
10.2.3.3.1.1.金額ベース
10.2.3.3.2.市場シェアと予測
10.2.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.3.3.2.2.流通チャネル別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.推進要因
11.2.課題
12.COVID-19が世界の卓上カレンダー市場に与える影響
12.1.影響評価モデル
12.1.1.影響を受ける主要セグメント
12.1.2.影響を受ける主要地域
12.1.3.影響を受ける主要国
13.市場動向
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.アメリカンカレンダー
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.カレンダー会社
14.1.2.1.会社の詳細
14.1.2.2.製品
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.ゴスレン印刷会社
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.SIMLAカレンダー
14.1.4.1.会社詳細
14.1.4.2.製品
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.CMSエンタープライズ
14.1.5.1.会社詳細
14.1.5.2.製品
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.インドのカレンダー
14.1.6.1.会社詳細
14.1.6.2.製品
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.スーリヤ・オフセット・プリンターズ
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.カライ・カレンダー
14.1.8.1.会社の詳細
14.1.8.2.製品
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.浙江省城南県
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.生産品目
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.広州B
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言/行動計画
15.1.重点分野
15.2.ターゲットタイプ
15.3.ターゲット流通チャネル
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Global Desk Calendar Market has valued at USD 1.48 Billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 4.7% through 2028. The global desk calendar market has witnessed substantial growth in recent years, driven by a combination of factors such as increasing office spaces, the need for efficient time management, and a surge in remote work arrangements. Desk calendars are essential tools for many professionals, helping them organize their schedules, jot down important dates, and manage their daily tasks. The market overview reveals a dynamic landscape with numerous opportunities and challenges.
One significant trend in the global desk calendar market is the shift towards digital calendars and productivity apps. While traditional paper desk calendars still have their place, many individuals and businesses are opting for digital solutions to streamline their scheduling processes. This trend creates opportunities for companies that offer innovative, hybrid solutions, incorporating both digital and physical elements to cater to diverse consumer preferences.
Additionally, sustainability concerns have started influencing the market, with an increasing demand for eco-friendly, recyclable, and reusable desk calendar materials. Consumers are becoming more conscious of their environmental footprint, which has prompted manufacturers to explore sustainable alternatives, such as using recycled paper and eco-friendly inks. As a result, businesses that prioritize sustainability in their products are likely to gain a competitive edge in the evolving global desk calendar market. In conclusion, the global desk calendar market is adapting to changing work environments and consumer preferences. Companies that focus on innovation, digital integration, and sustainability are poised for growth in this market. While traditional desk calendars still have their place, the industry's future lies in flexibility and environmentally conscious solutions.
Key Market Drivers
Evolving Work Environments
The way we work is undergoing a significant transformation. Traditional office spaces are no longer the sole hub of productivity. Remote work and flexible work arrangements have become more common, thanks in part to advancements in technology. This shift in work environments has a direct impact on the demand for desk calendars. While desk calendars were once primarily associated with office spaces, they are now essential for remote workers who need to manage their schedules, deadlines, and daily tasks. As a result, the market for desk calendars has expanded beyond traditional office settings and adapted to the needs of the modern, mobile workforce.
Digital Integration
The integration of digital technology is another major driver of the global desk calendar market. Digital calendars, scheduling apps, and productivity tools have become ubiquitous in our daily lives. However, this does not necessarily spell doom for physical desk calendars. In fact, there's a growing trend toward hybrid solutions that combine the benefits of both digital and physical tools. Many individuals and businesses prefer the tactile experience of writing on a desk calendar, as it offers a tangible way to manage their time. This trend has given rise to innovative desk calendars that can sync with digital calendars, providing a seamless integration of both worlds. Businesses that invest in creating such hybrid solutions can tap into a niche market segment that values the convenience of digital technology along with the physical presence of a desk calendar.
Personalization and Customization
Consumers are increasingly seeking unique and personalized products. This desire for customization extends to desk calendars. Many individuals want their desk calendars to reflect their personal style, values, and interests. This driver has created opportunities for businesses to offer a wide range of customizable desk calendars, allowing customers to choose designs, colors, and even add their own photos or text. Personalization not only enhances the aesthetic appeal of the calendar but also makes it more meaningful to the user. This trend has given rise to a niche market segment of customized desk calendars, and businesses that cater to these preferences can tap into a dedicated customer base.
Sustainability and Eco-Friendly Materials
Global environmental concerns have made sustainability a prominent driver in various industries, including the desk calendar market. Consumers are becoming more conscious of their carbon footprint and the environmental impact of the products they purchase. In response, businesses are increasingly using eco-friendly materials and production processes to create desk calendars. This includes using recycled paper, soy-based inks, and promoting recyclability and reusability. Desk calendars made with sustainable materials appeal to environmentally conscious consumers and organizations looking to reduce their ecological footprint. Companies that prioritize sustainability and transparent eco-friendly practices can gain a competitive advantage and appeal to a growing market segment.
Marketing and Brand Promotion
Desk calendars are not only tools for personal or professional organization but also serve as marketing and branding instruments. Many businesses use custom desk calendars as promotional items, gifts, or giveaways. They add their branding, contact information, and marketing messages to these calendars, which are then distributed to clients, customers, and employees. This practice not only keeps a brand visible but also provides value to the recipient, as they can use the calendar throughout the year. The use of desk calendars for marketing purposes is a driver that contributes to the market's growth. It has led to innovation in terms of design, materials, and printing techniques to create eye-catching and memorable promotional desk calendars.
In conclusion, the global desk calendar market is dynamic and influenced by several drivers. These drivers encompass changing work habits, the integration of digital technology, personalization and customization, sustainability, and the use of desk calendars for marketing and brand promotion. Understanding these drivers is essential for businesses in this market, as it helps them adapt to evolving consumer preferences and seize new opportunities for growth. Whether it's through innovative product development or sustainable practices, companies in the desk calendar market can thrive by catering to the changing demands of consumers and organizations.
Key Market Challenges
Digital Competition and Technological Advancements
One of the primary challenges confronting the desk calendar market is the competition posed by digital alternatives and the ongoing technological advancements. With the widespread availability of digital calendars, scheduling apps, and productivity tools, many individuals and organizations have shifted towards digital solutions for managing their schedules. Digital platforms offer real-time synchronization, reminders, and easy accessibility across devices, which is a significant advantage over traditional desk calendars.
The challenge for manufacturers and retailers in the desk calendar market is to differentiate their products and demonstrate their unique value proposition in the face of digital competition. Some have responded by integrating digital features into physical desk calendars, creating hybrid solutions. However, this shift requires investment in technology and innovation. Businesses that are unable to adapt may face declining demand for their traditional desk calendar products.
Evolving Work Environments
The transformation of work environments, with the rise of remote work and flexible work arrangements, presents both opportunities and challenges for the desk calendar market. While remote workers still rely on tools like desk calendars to manage their schedules, the nature of their workspaces has changed. They no longer have a dedicated desk or physical office space where a traditional desk calendar would be placed.
This presents a challenge in terms of how desk calendars are marketed and distributed. Businesses must consider alternative means of reaching remote workers and making their products relevant in the new work landscape. Solutions might include compact or portable desk calendars, desk calendar apps, or promotional strategies that target remote workers specifically.
Environmental Concerns and Sustainability
Sustainability and environmental concerns have become increasingly important to consumers, and this has implications for the desk calendar market. Traditional desk calendars are often made from paper, which can contribute to deforestation and waste. Additionally, the ink and production processes used in the manufacturing of desk calendars can have environmental impacts.
To address these concerns, some businesses are transitioning to eco-friendly practices, such as using recycled paper, soy-based inks, and promoting the recyclability of their products. However, adopting such practices can be costlier and may require changes in manufacturing processes and sourcing of materials. The challenge lies in balancing sustainability efforts with cost-effectiveness, while meeting the demands of environmentally conscious consumers.
Market Saturation and Competition
The desk calendar market, while dynamic, is not immune to market saturation and intense competition. Many businesses, from small-scale local printers to large corporations, produce desk calendars. This results in a crowded marketplace with numerous options for consumers. Differentiating products and creating a unique selling proposition becomes increasingly challenging.
To stand out in a saturated market, businesses need to invest in branding, design, and marketing efforts. They should focus on creating desk calendars with innovative features, personalization options, or unique designs. Furthermore, maintaining competitive pricing while ensuring product quality is a delicate balance that businesses must strike.
Changing Consumer Preferences and Lifestyle
As consumer lifestyles evolve, so do their preferences for desk calendars. With increased reliance on digital tools for communication and scheduling, some individuals may no longer see the need for a physical desk calendar. The challenge for businesses in the desk calendar market is to adapt to these shifting preferences and find new ways to appeal to their target audience.
One strategy to address changing preferences is to offer desk calendars that provide a multisensory experience. For example, calendars featuring aesthetically pleasing designs, motivational quotes, or interactive elements can make them more appealing to users. Additionally, offering customizations that allow customers to create a personalized desk calendar can help align products with individual preferences.
In conclusion, the global desk calendar market faces a set of challenges that include digital competition, evolving work environments, sustainability concerns, market saturation, and changing consumer preferences. To thrive in this environment, businesses must adapt, innovate, and find ways to differentiate their products in a crowded marketplace. Whether through embracing technological advancements, sustainable practices, or personalization options, companies can navigate these challenges and continue to find success in the desk calendar market.
Key Market Trends
Digital Integration and Hybrid Solutions
One of the most prominent trends in the global desk calendar market is the integration of digital technology into traditional desk calendars, resulting in hybrid solutions. While digital calendars and scheduling apps have become pervasive, physical desk calendars continue to hold a place in many people's lives. Recognizing this, manufacturers have developed hybrid desk calendars that bridge the gap between analog and digital.
These hybrid solutions often include features such as QR codes that can be scanned to sync with digital calendars, writable surfaces for jotting down notes, and the ability to store digital reminders alongside physical dates. This trend caters to individuals who appreciate the tactile experience of using a desk calendar but also want the convenience of digital tools. By offering such hybrid products, businesses in the desk calendar market can meet the needs of a broader range of consumers.
Personalization and Customization
Consumers increasingly seek personalized and unique products, and this trend extends to desk calendars. In response, manufacturers have embraced customization as a significant trend in the market. Customers can now choose from a wide range of designs, colors, and themes to tailor their desk calendars to their individual tastes.
Many companies offer personalization options, allowing customers to add their photos, names, or special messages to desk calendars. These customizations make the calendars more appealing and meaningful to the user. Additionally, some businesses provide design templates to let customers create a truly unique desk calendar. This trend capitalizes on consumers' desire for products that reflect their personalities and values, making customization a key driver of desk calendar sales.
Sustainability and Eco-Friendly Materials
Environmental concerns have been on the rise, leading to a growing demand for sustainable and eco-friendly products. The desk calendar market is no exception to this trend. To address these concerns, many manufacturers have adopted more sustainable practices and materials in their production processes.
This includes using recycled or FSC-certified paper, soy-based inks, and promoting the recyclability of their products. Some businesses have even introduced reusable or erasable desk calendars, reducing the need for constant paper wastage. By emphasizing eco-friendly features and transparent sustainability practices, companies in the desk calendar market can attract environmentally conscious consumers and organizations looking to reduce their carbon footprint.
Artistic and Aesthetic Designs
Desk calendars are increasingly seen as not just functional tools, but also as aesthetic additions to one's workspace. As a result, artistic and visually appealing designs have become a significant trend in the market. Manufacturers are investing in creating desk calendars with stunning graphics, vibrant colors, and engaging illustrations.
Themes can vary from nature and landscapes to motivational quotes and pop culture references. These designs not only serve practical purposes but also enhance the overall workspace ambiance. Desk calendars have evolved into decorative pieces that people proudly display on their desks. Businesses that focus on creating visually captivating designs can tap into the growing demand for aesthetically pleasing desk calendars.
Innovative Marketing and Brand Promotion
Desk calendars have found a unique role as promotional items and marketing tools for businesses. Many companies customize desk calendars with their branding, contact information, and marketing messages, using them as giveaways to clients, customers, and employees. This strategy not only keeps the brand visible but also provides value to the recipient, who can use the calendar throughout the year.
Recent trends in this area involve creative marketing and branding strategies. For instance, some companies are using desk calendars to tell a story about their brand's history, values, or mission. Others are incorporating interactive elements like augmented reality (AR) or QR codes to engage the user with additional content. This approach goes beyond traditional branding and adds an experiential dimension to promotional desk calendars, making them more memorable and effective.
In conclusion, the global desk calendar market has seen a range of exciting trends in recent years, including digital integration, personalization and customization, sustainability, artistic and aesthetic designs, and innovative marketing and brand promotion. These trends reflect the evolving preferences of consumers and the dynamic nature of the market. Businesses in the desk calendar market can harness these trends to create innovative products, reach a broader audience, and remain competitive in an ever-changing landscape.
Segmental Insights
Type Insights
Paper desk calendars continue to dominate the global desk calendar market despite the advent of digital technology and electronic scheduling tools. Their enduring popularity can be attributed to several factors. Firstly, paper desk calendars provide a tactile, visual, and interactive experience that many individuals find appealing. Users can physically write down important dates, notes, and reminders, offering a level of engagement that digital alternatives often lack. Moreover, these tangible calendars serve as reliable visual aids, helping users keep track of their schedules at a glance, without the need to log in or navigate digital interfaces.
Secondly, the aesthetic and decorative value of paper desk calendars cannot be underestimated. They are available in a wide array of artistic and thematic designs, ranging from scenic landscapes to inspirational quotes, making them not just functional tools but also attractive additions to office and home workspaces. The customizable nature of paper desk calendars allows users to select designs that resonate with their personal tastes and values, further enhancing their appeal. These qualities have helped paper desk calendars maintain their stronghold in the market, even as digital alternatives continue to gain ground.
Distribution Channel Insights
The global desk calendar market has witnessed a notable surge in demand from online sales channels in recent years. This trend is a response to the evolving shopping habits of consumers, who increasingly prefer the convenience and accessibility offered by online platforms. There are several key factors contributing to the rising demand for desk calendars through online sales channels.
First and foremost, online sales channels provide a wide variety of options and designs for consumers to choose from. Shoppers can explore numerous styles, sizes, and customization options from the comfort of their homes, which is especially appealing when seeking unique and personalized desk calendars. Additionally, e-commerce platforms often offer customer reviews and ratings, allowing potential buyers to make informed decisions about the quality and design of the product. Secondly, the convenience and efficiency of online purchasing have played a significant role in the increased demand. Buyers can place orders 24/7, from any location, eliminating the need for physical store visits. The ability to compare prices, read product descriptions, and make secure payments online simplifies the shopping process. Furthermore, many online retailers provide doorstep delivery services, saving consumers time and effort. This convenience is particularly advantageous for busy professionals, remote workers, and individuals who value time management, which is, after all, the very essence of desk calendars.
In conclusion, the global desk calendar market has seen a notable uptick in demand from online sales channels due to the convenience, extensive choices, and efficient shopping experience they offer. This trend reflects the broader shift toward e-commerce and online retail in the modern consumer landscape, and it's likely to continue shaping the market's dynamics in the coming years.
Regional Insights
The North America region has emerged as a significant driver of the global desk calendar market, with a rising demand for these organizational tools. Several factors contribute to this increased demand, making North America a noteworthy player in the market.
Firstly, the demand for desk calendars in North America is influenced by the region's diverse and dynamic work culture. With a substantial portion of the workforce engaged in various industries, there remains a strong need for efficient time management and scheduling. Desk calendars offer a tangible and reliable solution for many professionals, helping them organize tasks, set priorities, and keep track of appointments.
Moreover, the trend of remote work and home offices, which has accelerated in the wake of global events, has further fueled the demand for desk calendars. As professionals juggle work tasks, personal commitments, and household responsibilities, desk calendars provide a visual and accessible method of managing time, ultimately contributing to increased sales in the region. North America's continued embrace of these paper-based scheduling tools showcases the enduring relevance and adaptability of desk calendars in an ever-evolving work environment.
Key Market Players
American Calendar
Calendar Company
Goslen Printing Company
SIMLA Calendars
CMS Enterprises
Calendars from India
Surya Offset Printers
Kalai Calendars
Cangnan County,Zhejiang
Guangzhou B
Report Scope:
In this report, the Global Desk Calendar Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Desk Calendar Market, By Type:
o Electronic Desk Calendar
o Paper Desk Calendar
• Desk Calendar Market, By Distribution Channel:
o Offline
o Online
• Desk Calendar Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 Germany
 Spain
 Italy
 United Kingdom
o Asia-Pacific
 China
 Japan
 India
 Vietnam
 South Korea
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Kuwait
 Egypt
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Desk Calendar Market.
Available Customizations:
Global Desk Calendar Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Factors Influencing Purchase Decision
4.2. Sources of Information
5. Global Desk Calendar Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type Market Share Analysis (Electronic Desk Calendar, Paper Desk Calendar)
5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis (Offline, Online)
5.2.3. By Regional Market Share Analysis
5.2.3.1. North America Market Share Analysis
5.2.3.2. Europe Market Share Analysis
5.2.3.3. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.3.4. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.3.5. South America Market Share Analysis
5.2.4. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Desk Calendar Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Distribution Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. North America Desk Calendar Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3. By Country Market Share Analysis
6.2.3.1. United States Desk Calendar Market Outlook
6.2.3.1.1. Market Size & Forecast
6.2.3.1.1.1. By Value
6.2.3.1.2. Market Share & Forecast
6.2.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3.2. Canada Desk Calendar Market Outlook
6.2.3.2.1. Market Size & Forecast
6.2.3.2.1.1. By Value
6.2.3.2.2. Market Share & Forecast
6.2.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.2.3.3. Mexico Desk Calendar Market Outlook
6.2.3.3.1. Market Size & Forecast
6.2.3.3.1.1. By Value
6.2.3.3.2. Market Share & Forecast
6.2.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7. Europe Desk Calendar Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3. By Country Market Share Analysis
7.2.3.1. France Desk Calendar Market Outlook
7.2.3.1.1. Market Size & Forecast
7.2.3.1.1.1. By Value
7.2.3.1.2. Market Share & Forecast
7.2.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3.2. Germany Desk Calendar Market Outlook
7.2.3.2.1. Market Size & Forecast
7.2.3.2.1.1. By Value
7.2.3.2.2. Market Share & Forecast
7.2.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3.3. Spain Desk Calendar Market Outlook
7.2.3.3.1. Market Size & Forecast
7.2.3.3.1.1. By Value
7.2.3.3.2. Market Share & Forecast
7.2.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3.4. Italy Desk Calendar Market Outlook
7.2.3.4.1. Market Size & Forecast
7.2.3.4.1.1. By Value
7.2.3.4.2. Market Share & Forecast
7.2.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.3.4.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.2.3.5. United Kingdom Desk Calendar Market Outlook
7.2.3.5.1. Market Size & Forecast
7.2.3.5.1.1. By Value
7.2.3.5.2. Market Share & Forecast
7.2.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.3.5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8. Asia-Pacific Desk Calendar Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3. By Country Market Share Analysis
8.2.3.1. China Desk Calendar Market Outlook
8.2.3.1.1. Market Size & Forecast
8.2.3.1.1.1. By Value
8.2.3.1.2. Market Share & Forecast
8.2.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.2. Japan Desk Calendar Market Outlook
8.2.3.2.1. Market Size & Forecast
8.2.3.2.1.1. By Value
8.2.3.2.2. Market Share & Forecast
8.2.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.3. India Desk Calendar Market Outlook
8.2.3.3.1. Market Size & Forecast
8.2.3.3.1.1. By Value
8.2.3.3.2. Market Share & Forecast
8.2.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.4. Vietnam Desk Calendar Market Outlook
8.2.3.4.1. Market Size & Forecast
8.2.3.4.1.1. By Value
8.2.3.4.2. Market Share & Forecast
8.2.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.3.4.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.2.3.5. South Korea Desk Calendar Market Outlook
8.2.3.5.1. Market Size & Forecast
8.2.3.5.1.1. By Value
8.2.3.5.2. Market Share & Forecast
8.2.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.3.5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9. Middle East & Africa Desk Calendar Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3. By Country Market Share Analysis
9.2.3.1. South Africa Desk Calendar Market Outlook
9.2.3.1.1. Market Size & Forecast
9.2.3.1.1.1. By Value
9.2.3.1.2. Market Share & Forecast
9.2.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.2. Saudi Arabia Desk Calendar Market Outlook
9.2.3.2.1. Market Size & Forecast
9.2.3.2.1.1. By Value
9.2.3.2.2. Market Share & Forecast
9.2.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.3. UAE Desk Calendar Market Outlook
9.2.3.3.1. Market Size & Forecast
9.2.3.3.1.1. By Value
9.2.3.3.2. Market Share & Forecast
9.2.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.4. Turkey Desk Calendar Market Outlook
9.2.3.4.1. Market Size & Forecast
9.2.3.4.1.1. By Value
9.2.3.4.2. Market Share & Forecast
9.2.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.3.4.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.5. Kuwait Desk Calendar Market Outlook
9.2.3.5.1. Market Size & Forecast
9.2.3.5.1.1. By Value
9.2.3.5.2. Market Share & Forecast
9.2.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.3.5.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.2.3.6. Egypt Desk Calendar Market Outlook
9.2.3.6.1. Market Size & Forecast
9.2.3.6.1.1. By Value
9.2.3.6.2. Market Share & Forecast
9.2.3.6.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.3.6.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10. South America Desk Calendar Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.3. By Country Market Share Analysis
10.2.3.1. Brazil Desk Calendar Market Outlook
10.2.3.1.1. Market Size & Forecast
10.2.3.1.1.1. By Value
10.2.3.1.2. Market Share & Forecast
10.2.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.3.1.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.3.2. Argentina Desk Calendar Market Outlook
10.2.3.2.1. Market Size & Forecast
10.2.3.2.1.1. By Value
10.2.3.2.2. Market Share & Forecast
10.2.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.3.2.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.2.3.3. Colombia Desk Calendar Market Outlook
10.2.3.3.1. Market Size & Forecast
10.2.3.3.1.1. By Value
10.2.3.3.2. Market Share & Forecast
10.2.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.3.3.2.2. By Distribution Channel Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Impact of COVID-19 on Global Desk Calendar Market
12.1. Impact Assessment Model
12.1.1. Key Segments Impacted
12.1.2. Key Regions Impacted
12.1.3. Key Countries Impacted
13. Market Trends & Developments
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. American Calendar
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Calendar Company
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. Goslen Printing Company
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. SIMLA Calendars
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. CMS Enterprises
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. Calendars from India
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. Surya Offset Printers
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Kalai Calendars
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. Cangnan County,Zhejiang
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Guangzhou B
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations/Action Plan
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Type
15.3. Target Distribution Channel
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る