世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域の防爆機器の2030年までの市場予測 - 地域別分析 - システム別(ジャンクションボックスとエンクロージャ、照明システム、監視システム、信号装置、自動化システム、ケーブルグランド、HVACシステム、その他)、保護方法別(爆発防止、爆発封じ込め、爆発隔離)、産業別(製薬、鉱業、石油・ガス、製造、食品加工、エネルギー・電力、化学・石油化学、その他)


Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Forecast to 2030 - Regional Analysis - By Systems (Junction Boxes and Enclosures, Lighting System, Monitoring System, Signaling Devices, Automation System, Cable Glands, HVAC Systems, and Others), Protection Method (Explosion Prevention, Explosion Containment, and Explosion Segregation), and Industry (Pharmaceutical, Mining, Oil & Gas, Manufacturing, Food Processing, Energy & Power, Chemical & Petrochemical, and Others)

アジア太平洋地域の防爆機器市場は、2022年の27億7,929万米ドルから2030年には51億4,229万米ドルに成長すると予測されている。2022年から2030年までの年平均成長率は8.0%と推定される。 産業安全対策の高まり... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年3月14日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
191 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域の防爆機器市場は、2022年の27億7,929万米ドルから2030年には51億4,229万米ドルに成長すると予測されている。2022年から2030年までの年平均成長率は8.0%と推定される。

産業安全対策の高まりがアジア太平洋防爆機器市場を後押し

石油・ガスや鉱業などの産業における事故件数の増加に伴い、産業安全対策への注目も世界的に高まっている。2023年には、石油・天然ガス規制委員会(インド)に従い、石油・天然ガス部門の安全手順を検討する新たな専門家グループが設置され、少数の利害関係者からの意見を求めている。火災リスクを軽減するため、企業はクラス1ディビジョン1(C1D1)とクラス1ディビジョン2(C1D2)の同意定格を持つ器具を施設内に配備する。さらに、石油精製用に設計された器具は、研磨洗浄液に頻繁にさらされるため、水密性や耐腐食性といった高度な機能を備えている。常に腐食剤と水にさらされるため、照明が故障する可能性があります。これは、特に作業員にとって、かなりの安全上の危険につながる可能性がある。より良い機器を導入することで、世界中の工場で起こる事故の数を減らすことができるかもしれない。政府の政策と産業界における防爆機器の増加は、防爆機器の需要を生み出している。

アジア太平洋地域の防爆機器市場概要

アジア太平洋地域の防爆機器市場は、インド、日本、オーストラリア、韓国、中国、その他の地域に区分される。同地域では、石油・ガス分野のプロジェクトが増加しているため、防爆機器の需要が伸びている。例えば、NS Energyに掲載された記事によると、インドでは、ガスをベースとした経済を構築する政府計画の一環として、2021年から2025年の間に647の石油・ガスプロジェクトの操業開始が見込まれている。同様に、国営石油会社シノペックによると、中国の天然ガス需要は2022年に395bcmに達し、2021年の推定370bcmから7%増加した。さらに、国家エネルギー管理局のデータによると、中国は8つの新規LNGターミナル・プロジェクトと2つの拡張プロジェクトで構成されており、2022年のLNG受入能力は、2021年末の1億580万MT/年から1億2700万MT/年を超えた。石油・ガス産業では、可燃性液体、ガス蒸気、可燃性粉塵が十分な量存在する場所など、危険な場所で作業する必要がある場合が多く、作業者だけでなくオペレーターにとっても安全が最優先される。そのため、発火の可能性の高さに対抗するため、防爆機器メーカーは防爆資産を製造し、厳格なテストを行っている。さらに、APACにおけるインダストリー4.0の進化に伴い、石油・ガス産業は技術強化の面で恩恵を受けている。石油掘削装置の自動化やスマート探査が広く観察されている。また、企業はIoT、AI、高度な分析、ロボット工学などの技術を大幅に採用し、業務効率の向上、コスト削減、手動プロセスの最適化を図っている。このように、インダストリー4.0の成長は、石油・ガス業界を積極的に変革し、この地域における防爆機器の導入にも役立っている。例えば、ABBインドは2022年1月、石油・ガス産業など爆発の可能性がある環境での用途向けに防爆低電圧モーターを発売した。防爆型低電圧モーターは、低振動レベル、長寿命化のための信頼性向上、低所有コストのためのメンテナンス要件の削減など、大きなメリットを提供する。したがって、インダストリー4.0の進化は、この地域の防爆機器市場の成長を支えている。

アジア太平洋地域の防爆機器市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)

アジア太平洋地域の防爆機器市場のセグメンテーション

アジア太平洋地域の防爆機器市場は、システム、保護方法、産業、国に区分される。

システムに基づき、アジア太平洋防爆機器市場はジャンクションボックス&エンクロージャー、照明システム、監視システム、信号装置、自動化システム、ケーブルグランド、HVACシステム、その他にセグメント化される。2022年のアジア太平洋防爆機器市場では、ケーブルグランドが最大のシェアを占めている。

保護方式では、アジア太平洋防爆機器市場は、大爆発防止、爆発封じ込め、爆発分離に分類される。2022年のアジア太平洋防爆機器市場では、爆発防止分野が最大のシェアを占めた。

産業別では、アジア太平洋防爆機器市場は製薬、鉱業、石油&ガス、製造、食品加工、エネルギー&電力、化学&石油化学、その他に分類される。2022年のアジア太平洋防爆機器市場では、石油・ガス分野が最大のシェアを占めている。

国別では、アジア太平洋防爆機器市場は、中国、日本、インド、オーストラリア、韓国、その他のアジア太平洋地域に区分される。中国が2022年のアジア太平洋防爆機器市場を支配した。

ABB Ltd、Cortem S.p.A.、Eaton Corp Plc、Emerson Electric Co、Rockwell Automation Inc、Siemens AG、Pepperl+Fuchs SE、MoistTech Corp LAB Denmark ApS、FABRIKA ASは、アジア太平洋防爆機器市場で事業展開している大手企業である。

ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
2.2 市場の魅力
3.調査方法
3.1 カバレッジ
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域の防爆機器の市場展望
4.1 概要
4.2 エコシステム分析
4.2.1 バリューチェーンのベンダー一覧
5.アジア太平洋防爆機器市場:主要産業動向
5.1 推進要因
5.1.1 石油・ガス産業の成長
5.1.2 防爆LED照明の使用の増加
5.1.3 産業安全対策の拡大
5.2 阻害要因
5.2.1 防爆機器の設置とメンテナンスに伴う複雑さ
5.3 機会
5.3.1 建設部門の成長
5.4 トレンド
5.4.1 IoTとの統合
6.防爆機器市場 - アジア太平洋地域市場分析
6.1 防爆機器の市場収益(百万米ドル)、2022年~2030年
7.アジア太平洋地域の防爆機器市場分析-システム
7.1 ジャンクションボックスとエンクロージャー
7.1.1 概要
7.1.2 ジャンクションボックスとエンクロージャの市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
7.2 照明システム
7.2.1 概要
7.2.2 照明システム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.3 モニタリングシステム
7.3.1 概要
7.3.2 モニタリングシステム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.4 信号装置
7.4.1 概要
7.4.2 シグナル機器市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.5 オートメーションシステム
7.5.1 概要
7.5.2 オートメーションシステム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.6 ケーブルグランド
7.6.1 概要
7.6.2 ケーブルグランド市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.7 HVACシステム
7.7.1 概要
7.7.2 HVACシステム市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
7.8 その他
7.8.1 概要
7.8.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域の防爆機器の市場分析:保護方法
8.1 防爆
8.1.1 概要
8.1.2 爆発防止市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.2 爆発封じ込め
8.2.1 概要
8.2.2 爆発抑制市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
8.3 爆発隔離
8.3.1 概要
8.3.2 爆発隔離市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域の防爆機器の市場分析-産業別
9.1 医薬品
9.1.1 概要
9.1.2 医薬品市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.2 鉱業
9.2.1 概要
9.2.2 鉱業市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.3 石油・ガス
9.3.1 概要
9.3.2 石油・ガス市場の収益と2030年までの予測(百万米ドル)
9.4 製造業
9.4.1 概要
9.4.2 製造業の2030年までの市場収入と予測(百万米ドル)
9.5 食品加工
9.5.1 概要
9.5.2 食品加工市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.6 エネルギーと電力
9.6.1 概要
9.6.2 エネルギー・電力市場の2030年までの収益と予測(百万米ドル)
9.7 化学・石油化学
9.7.1 概要
9.7.2 化学・石油化学市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
9.8 その他
9.8.1 概要
9.8.2 その他市場の売上高と2030年までの予測(百万米ドル)
10.アジア太平洋地域の防爆機器市場 - 国別分析
10.1 アジア太平洋地域の防爆機器市場
10.1.1 概要
10.1.2 アジア太平洋地域の防爆機器市場:主要国別-2022年の売上高(百万米ドル)
10.1.3 アジア太平洋地域の防爆機器市場:国別内訳
10.1.3.1 防爆機器市場の国別内訳
10.1.3.2 中国防爆機器の市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.1.3.2.1 中国防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.2.2 防爆機器の中国市場:保護方式別内訳
10.1.3.2.3 中国防爆機器の市場産業別内訳
10.1.3.3 日本の防爆機器の市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.1.3.3.1 日本防爆機器市場:システム別内訳
10.1.3.3.2 防爆機器の日本市場:保護方式別内訳
10.1.3.3.3 防爆機器の日本市場:産業別内訳
10.1.3.4 インド防爆機器の市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.1.3.4.1 インド防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.4.2 インド防爆機器市場の保護方式別内訳
10.1.3.4.3 インド防爆機器市場の産業別内訳
10.1.3.5 オーストラリア防爆機器の市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.1.3.5.1 オーストラリアの防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.5.2 オーストラリアの防爆機器の市場:保護方式別
10.1.3.5.3 オーストラリア防爆機器の市場産業別内訳
10.1.3.6 韓国の防爆機器の市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.1.3.6.1 韓国の防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.6.2 韓国の防爆機器市場の保護方式別内訳
10.1.3.6.3 韓国の防爆機器市場の産業別内訳
10.1.3.7 その他のアジア太平洋地域の防爆機器の市場収入と2030年までの予測(百万米ドル)
10.1.3.7.1 その他のアジア太平洋地域の防爆機器市場のシステム別内訳
10.1.3.7.2 その他のアジア太平洋地域の防爆機器市場の保護方式別内訳
10.1.3.7.3 その他のアジア太平洋地域の防爆機器市場の産業別内訳
11.産業展望
11.1 概要
11.2 市場イニシアティブ
11.3 製品開発
12.企業プロフィール
12.1 ABB社
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要な開発
12.2 Cortem S.p.A.
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品とサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要開発
12.3 イートンコーポレーション
12.3.1 主要事実
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品とサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要開発
12.4 エマソン・エレクトリック
12.4.1 主要事実
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品とサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要な開発
12.5 ロックウェル・オートメーション
12.5.1 主要データ
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要開発
12.6 シーメンスAG
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.7 Pepperl+Fuchs SE
12.7.1 主要事実
12.7.2 事業内容
12.7.3 製品とサービス
12.7.4 財務概要
12.7.5 SWOT分析
12.7.6 主要開発
12.8 モイストテック社
12.8.1 主要事実
12.8.2 事業内容
12.8.3 製品とサービス
12.8.4 財務概要
12.8.5 SWOT分析
12.8.6 主要開発
13.付録
13.1 単語索引

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific explosion-proof equipment market is expected to grow from US$ 2,779.29 million in 2022 to US$ 5,142.29 million by 2030. It is estimated to grow at a CAGR of 8.0% from 2022 to 2030.

Growing Industrial Safety Measures Fuel Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market

With the growing number of accidents in industries such as oil & gas and mining, the focus on industrial safety measures has also increased worldwide. In 2023, a new expert group assigned to examine safety procedures in the petroleum and natural gas sector requesting opinions from a few stakeholders, as per the Petroleum and Natural Gas Regulatory Board (India). To reduce fire risk, businesses deploy fixtures with consent ratings of Class 1 Division 1 (C1D1) and Class 1 Division 2 (C1D2) inside the facility. Further, fixtures that are designed for oil refineries come with advanced features such as water tightness and corrosion resistance, as they are frequently exposed to abrasive cleaning solutions. The constant exposure to corrosive agents and water may result in the failure of the lights. This can lead to a considerable safety hazard, specifically for workers. Introducing better equipment may help reduce the number of incidents that take place in factories worldwide. Government policies and increasing explosion-proof equipment in industries are creating a demand for explosion-proof equipment.

Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Overview

The explosion-proof equipment market in APAC is segmented into India, Japan, Australia, South Korea, China, and the Rest of APAC. The demand for explosion-proof equipment is growing in the region due to rising projects in the oil & gas sector. For instance, as per the article published in NS Energy, India is expected to observe the operational commencement of 647 oil & gas projects between 2021 and 2025 as part of the government plan to create a gas-based economy. Similarly, according to Sinopec, the national oil company, the natural gas demand in China reached 395 bcm in 2022, an increase of 7% from an estimated 370 bcm in 2021. Further, China comprises 8 new LNG terminal projects and two expansion projects, which took the country's total LNG receiving capacity to over 127 million MT/year in 2022, up from 105.8 million MT/year at the end of 2021, according to the National Energy Administration data. The oil & gas industry often requires workers to operate in hazardous locations, including areas where flammable liquids, gas vapors, or combustible dust exist in sufficient quantities, safety is the priority for workers as well as for the operators. Thus, to combat the high potential for ignition, explosion-proof equipment manufacturers produce and rigorously test explosion-proof assets. Further, with the evolution of Industry 4.0 in APAC, the oil & gas industry has benefitted in terms of technological enhancements. Automating the oil rigs and smart exploration have been widely observed. Also, companies are significantly adopting technologies such as IoT, AI, advanced analytics, and robotics to enhance operational efficiencies, cut costs, and optimize manual processes. Thus, the growth in Industry 4.0 has positively transformed the oil & gas industry and also helped in the implementation of explosion-proof equipment in the region. For instance, in January 2022, ABB India launched flameproof low-voltage motors for applications in potentially explosive environments such as the oil & gas industry. The flameproof low voltage motors offer considerable benefits, including low vibration levels with increased reliability for an extended lifetime and reduced maintenance requirements for a lower cost of ownership. Therefore, the evolution of Industry 4.0 is supporting the growth of the explosion-proof equipment market in the region.

Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecast to 2030 (US$ Million)

Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Segmentation

The Asia Pacific explosion-proof equipment market is segmented into systems, protection method, industry, and country.

Based on systems, the Asia Pacific explosion-proof equipment market is segmented into junction boxes & enclosures, lighting system, monitoring system, signaling devices, automation system, cable glands, HVAC systems, and others. The cable glands held the largest share of the Asia Pacific explosion-proof equipment market in 2022.

In terms of protection method, the Asia Pacific explosion-proof equipment market is categorized into large explosion prevention, explosion containment, and explosion segregation. The explosion prevention segment held the largest share of the Asia Pacific explosion-proof equipment market in 2022.

Based on industry, the Asia Pacific explosion-proof equipment market is segmented into pharmaceutical, mining, oil & gas, manufacturing, food processing, energy & power, chemical & petrochemical, and others. The oil & gas segment held the largest share of the Asia Pacific explosion-proof equipment market in 2022.

By country, the Asia Pacific explosion-proof equipment market is segmented into China, Japan, India, Australia, South Korea, and the Rest of Asia Pacific. China dominated the Asia Pacific explosion-proof equipment market in 2022.

ABB Ltd, Cortem S.p.A., Eaton Corp Plc, Emerson Electric Co, Rockwell Automation Inc, Siemens AG, Pepperl+Fuchs SE, MoistTech Corp LAB Denmark ApS, and FABRIKA AS are some of the leading companies operating in the Asia Pacific explosion-proof equipment market.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
2.2 Market Attractiveness
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Landscape
4.1 Overview
4.2 Ecosystem Analysis
4.2.1 List of Vendors in the Value Chain:
5. Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market - Key Industry Dynamics
5.1 Drivers
5.1.1 Growth in Oil & Gas Industry
5.1.2 Increasing use of Explosion Proof LED Lights
5.1.3 Growing Industrial Safety Measures
5.2 Restraints:
5.2.1 Complexities Involved in Installation and Maintenance of Explosion-Proof Equipment
5.3 Opportunity:
5.3.1 Growth in the Construction Sector
5.4 Trends:
5.4.1 Integration with IoT
6. Explosion-Proof Equipment Market - Asia Pacific Market Analysis
6.1 Explosion-Proof Equipment Market Revenue (US$ Million), 2022 - 2030
7. Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Analysis - Systems
7.1 Junction Boxes and Enclosures
7.1.1 Overview
7.1.2 Junction Boxes and Enclosures Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.2 Lighting System
7.2.1 Overview
7.2.2 Lighting System Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.3 Monitoring System
7.3.1 Overview
7.3.2 Monitoring System Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.4 Signaling Devices
7.4.1 Overview
7.4.2 Signaling Devices Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.5 Automation System
7.5.1 Overview
7.5.2 Automation System Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.6 Cable Glands
7.6.1 Overview
7.6.2 Cable Glands Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.7 HVAC Systems
7.7.1 Overview
7.7.2 HVAC Systems Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
7.8 Others
7.8.1 Overview
7.8.2 Others Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
8. Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Analysis - Protection Method
8.1 Explosion Prevention
8.1.1 Overview
8.1.2 Explosion Prevention Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
8.2 Explosion Containment
8.2.1 Overview
8.2.2 Explosion Containment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
8.3 Explosion Segregation
8.3.1 Overview
8.3.2 Explosion Segregation Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9. Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Analysis - Industry
9.1 Pharmaceutical
9.1.1 Overview
9.1.2 Pharmaceutical Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.2 Mining
9.2.1 Overview
9.2.2 Mining Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.3 Oil and Gas
9.3.1 Overview
9.3.2 Oil and Gas Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.4 Manufacturing
9.4.1 Overview
9.4.2 Manufacturing Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.5 Food Processing
9.5.1 Overview
9.5.2 Food Processing Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.6 Energy and Power
9.6.1 Overview
9.6.2 Energy and Power Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.7 Chemical & Petrochemical
9.7.1 Overview
9.7.2 Chemical & Petrochemical Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
9.8 Others
9.8.1 Overview
9.8.2 Others Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10. Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market - Country Analysis
10.1 Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market
10.1.1 Overview
10.1.2 Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market, By Key Country - Revenue 2022 (US$ Million)
10.1.3 Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Country
10.1.3.1 Explosion-Proof Equipment market Breakdown by Country
10.1.3.2 China Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10.1.3.2.1 China Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.2.2 China Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.2.3 China Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.3 Japan Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10.1.3.3.1 Japan Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.3.2 Japan Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.3.3 Japan Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.4 India Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10.1.3.4.1 India Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.4.2 India Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.4.3 India Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.5 Australia Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10.1.3.5.1 Australia Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.5.2 Australia Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.5.3 Australia Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.6 South Korea Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10.1.3.6.1 South Korea Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.6.2 South Korea Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.6.3 South Korea Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
10.1.3.7 Rest of Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Revenue and Forecasts To 2030 (US$ Million)
10.1.3.7.1 Rest of Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Systems
10.1.3.7.2 Rest of Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Protection Method
10.1.3.7.3 Rest of Asia Pacific Explosion-Proof Equipment Market Breakdown by Industry
11. Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 Market Initiative
11.3 Product Development
12. Company Profiles
12.1 ABB Ltd
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Cortem S.p.A.
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 Eaton Corp Plc
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 Emerson Electric Co
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Rockwell Automation Inc
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 Siemens AG
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.7 Pepperl+Fuchs SE
12.7.1 Key Facts
12.7.2 Business Description
12.7.3 Products and Services
12.7.4 Financial Overview
12.7.5 SWOT Analysis
12.7.6 Key Developments
12.8 MoistTech Corp
12.8.1 Key Facts
12.8.2 Business Description
12.8.3 Products and Services
12.8.4 Financial Overview
12.8.5 SWOT Analysis
12.8.6 Key Developments
13. Appendix
13.1 Word Index

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る