世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

Leveraging Digital Twin Approach for Sustainable Manufacturing


持続可能な製造業のためのデジタルツインというアプローチ

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート 「持続可能な製造業のためのデジタルツインというアプロ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2019年9月17日 US$1,850
1-5ユーザライセンス(PDF)
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
14 2 英語

 

Summary

米国調査会社ナビガントリサーチ(Navigant Research)の調査レポート「持続可能な製造業のためのデジタルツインというアプローチ」は、デジタルツインについて論じている。デジタルツイン技術を定義し、どのように持続性や効率性に適うように使用されるかについて分析している。運用効率性の需要進展に伴うデジタルツイン技術の哲学や基本、発展の可能性について記載している。デジタルツインの可能性を最適化しようとする企業への助言も記載している。

Efficiency in operations and product design optimization have become strategic imperatives in manufacturing. In addition, pressure from consumers, investors, and regulators to adopt sustainable business practices makes it more difficult for manufacturing companies to maintain their bottom line. Although digital twin technology is often marketed as the silver bullet for manufacturing, offering to increase inefficiencies in operations, facilitate innovative product design, and promote sustainable practices, digital twins are simply a tool. The reality is that obtaining the technology does not guarantee success—companies need to know how to effectively leverage it to achieve their sustainability goals. And successful implementation requires changes at the organizational level.

The digital twin approach presents many advantages for manufacturing companies. Employing the breadth and depth of the information afforded through the use of digital twins enables companies to not only defend their position in the market by increasing efficiency in operations but also grow their market share by optimizing product development and innovation. Implementing digital twins does not necessarily require new tools but rather a new approach for managing and using data.

This Navigant Research Strategy Insight report discusses the concept of digital twins. The study analyzes definitions of digital twin and how the technology can be used to help meet sustainability and efficiency goals. It delves into the philosophy, basics, and potential development of digital twin technology as demand for operational efficiency grows. The report also includes recommendations for market players that want to optimize digital twin potential.
 
Key Questions Addressed
  • What is the definition of a digital twin?
  • How can digital twins help manufacturing companies achieve their sustainability goals?
  • What are different dimensions of maturity in applying digital twin technology?
  • What are prerequisites for implementing digital twin technology?
  • What organizational changes need to happen to successfully implement this technology?
Who Needs This Report
  • Manufacturing industry leaders (C-Suite)
  • Sustainability leaders in manufacturing industry
  • Regulators
  • Manufacturing vendors
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark

Context

Recommendations

Applying the Digital Twin Approach

Pull Factors for Manufacturing Industry to Adopt Digital Twin Approach

Examining Digital Twin Basics

Grasping Digital Twin Philosophy Is Crucial to Success

Digital Twin Maturity Is Multidimensional

Hierarchy

Richness of Data

User Interface

Accessibility 

Data Latency

Intelligence

Digital Twins Enable Sustainable Manufacturing

Digital Twin Facilitates Sustainable Thinking Within the Organization

Increases Accountability

Facilitates Goal Setting

Facilitates Sustainability Messaging

Digital Twins Technologies Succeed in Real-World Applications

Managing Assets 

Promoting Building Operational Efficiency

Improving Customer Service

Developing New Product Design

Connecting Equipment to Factory Staff

Creating Predictive Maintenance Schedules

Organizational Support Is Key to Effective Digital Twin Implementation

Standardize Data Management Processes Like Governance

Set Priorities

Align the Digital Twin Approach with Sustainability Goals and KPIs

List of Charts and Figures
  • Digital Twin Maturity 
  • Sustainable Manufacturing Cycle

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(デジタルツイン)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る