世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

寒冷地における住宅用ヒートポンプ


Residential Heat Pumps in Cold Climates

寒冷地における住宅用ヒートポンプ市場は、今後10年間で大きく成長すると予想される。主にインバーター駆動のコンプレッサーと冷媒における技術の進歩により、ヒートポンプは寒冷地でも十分な性能を発揮できる... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年6月30日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
41 26 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

寒冷地における住宅用ヒートポンプ市場は、今後10年間で大きく成長すると予想される。主にインバーター駆動のコンプレッサーと冷媒における技術の進歩により、ヒートポンプは寒冷地でも十分な性能を発揮できるようになった。こうした進歩にもかかわらず、寒冷地でのヒートポンプ技術の採用は、欧州と日本の一部の国を除けば、比較的低い水準にとどまっている。しかし、各国政府や関係団体が、より広範な気候変動対策の一環として建物の脱炭素化目標を追求する中、暖房の脱炭素化の方法として、寒冷地でのヒートポンプの利用を求める声が多くなっている。このような取り組みが、今後10年間の寒冷地におけるヒートポンプ導入の主な原動力となりそうだ。
 

現在市場に出回っているヒートポンプ技術のうち、寒冷地の住宅に適しているのは、空気対空気ヒートポンプ、空気対水ヒートポンプ、地中熱ヒートポンプの3つである。最近の過去の出荷データによると、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域の寒冷地では、これらの各技術の採用が拡大している。世界市場ではこれまで空気対空気ヒートポンプが支配的な技術であったが、特にヨーロッパでは空気対水ヒートポンプが一般的になりつつある。寒冷地での住宅暖房用ヒートポンプ技術の新たな用途として、ハイブリッドヒートポンプシステム、地域暖房、共有地中熱アレイ(共有地中熱ヒートポンプとしても知られる)など、成長の可能性を示すものもいくつか出てきている。
 

Guidehouse Insightsの本レポートでは、寒冷地特有の市場促進要因や障壁とともに、これらの市場動向を詳細に調査している。予測では、2024年から2033年までの寒冷地におけるヒートポンプ技術の推定出荷量と収益を評価しています。地域別(北米、欧州、アジア太平洋地域)、技術タイプ別(空気対空気、空気対水、地中熱源ヒートポンプ)に区分しています。また、この予測では、各地域の出荷台数や売上高成長率における独自の傾向について詳細な洞察を行っており、各地域で異なる技術が他の技術よりも急成長していると思われる潜在的な理由についても解説しています。

 

主な質問

  • 世界の寒冷地におけるヒートポンプ技術の出荷と収益は、今後10年間でどの程度成長するのか?
  • どのようなヒートポンプ技術(空気対空気、空気対水、地中熱)が、各地域で最も大きな出荷と収益の伸びを占めると予想されるか?
  • 寒冷地におけるヒートポンプ導入の主な推進要因と障壁は何か?
  • 今後10年間、寒冷地での成長が期待される新たなヒートポンプ技術やアプリケーションは何か?
  • 寒冷地における住宅用ヒートポンプ市場は、北米、欧州、アジア太平洋地域でどのように異なるのか?
     

本レポートの対象者

  • ヒートポンプメーカー
  • HVACメーカー
  • HVAC部品メーカー
  • 各国政府
  • 州政府および地方自治体
  • 地域のステークホルダー組織
  • 地域エネルギー効率化団体
  • 電気事業者
  • 天然ガス事業者
  • 建築技術研究機関


ページTOPに戻る


目次

1. 要旨

2. 市場の課題

2.1 寒冷地における技術動向

2.1.1 可変速インバーター

2.2 寒冷地における一般的なヒートポンプ技術

2.3 新興アプリケーション

2.3.1 ハイブリッドヒートポンプシステム

2.3.2 ヒートポンプと地域暖房

2.3.3 共有型地上熱源ヒートポンプシステム

2.4 市場促進要因

2.4.1 政府政策と市場変革への取り組み

2.4.2 燃料コストと希少性

2.5 障壁

2.5.1 天然ガス価格の低迷

2.5.2 電気サービスのアップグレード

2.5.3 不十分な建物外壁

2.5.4 労働力と顧客教育

2.5.5 緊急交換

3. 業界のバリューチェーン

3.1 住宅用HVACのバリューチェーン

3.2 競争環境

3.3 成長する製造能力

4. 市場予測

4.1 方法論

4.2 世界市場

4.3 北米

4.4 欧州

4.5 アジア太平洋

5. 結論と提言

5.1 3つの大きな収穫

5.2 提言

5.2.1 HVACメーカー

5.2.2 電気事業者

5.2.3 天然ガス事業者

5.2.4 規制当局

6. 頭字語・略語リスト

7. 目次

8. 図表一覧

9. 調査範囲、出典と方法、注釈
 

図表一覧

寒冷地におけるヒートポンプ出荷台数:地域別、世界市場:2024-2033年

寒冷地におけるヒートポンプ出荷台数:技術タイプ別、世界市場:2024-2033年

寒冷地におけるヒートポンプの地域別売上高(世界市場:2024年~2033年

寒冷地におけるヒートポンプの技術タイプ別売上高(世界市場:2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ出荷台数:技術タイプ別(北米):2024-2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別売上高(北米):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別出荷台数(欧州):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別売上高(欧州):2024~2033年

寒冷地ヒートポンプ技術タイプ別出荷台数(アジア太平洋地域):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別売上高(アジア太平洋地域):2024~2033年

空気熱源ヒートポンプの技術と構成

地上熱源ヒートポンプの構成

地上熱源ヒートポンプの共有と個別システムの比較

住宅用HVACバリューチェーンの図解
 

表一覧

寒冷地におけるヒートポンプの地域別出荷台数(世界市場):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ出荷台数:技術タイプ別、世界市場:2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプの地域別売上高(世界市場:2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプの技術タイプ別売上高(世界市場:2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ出荷台数:技術タイプ別(北米):2024-2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別売上高(北米):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別出荷台数(欧州):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別売上高(欧州):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別出荷台数(アジア太平洋地域):2024~2033年

寒冷地におけるヒートポンプ技術タイプ別売上高(アジア太平洋地域):2024~2033年

寒冷地市場向けに設計された新規市販製品

寒冷地向けヒートポンプの新たな製造拠点

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、2024年から2033年までの寒冷地におけるヒートポンプ技術の推定出荷量と収益を評価しています。地域別(北米、欧州、アジア太平洋地域)、技術タイプ別(空気対空気、空気対水、地中熱源ヒートポンプ)に区分しています。
 
Report Description
The market for residential heat pumps in cold climates is expected to grow considerably over the next decade. Technological advances, primarily in inverter-driven compressors and refrigerants, have enabled heat pumps to perform well in cold climates. Despite these advances, the adoption of heat pump technologies in cold climates has remained relatively low, apart from a few countries in Europe and Japan. However, as governments and stakeholder organizations pursue building decarbonization goals as part of broader climate initiatives, many are calling for the use of heat pumps in cold climates as a way to decarbonize heating. These efforts are likely to be the primary driver for heat pump adoption in cold climates over the next 10 years.
 
Three predominant heat pump technologies are on the market today and suitable for homes in cold climates: air to air heat pumps, air to water heat pumps, and ground-source heat pumps. Recent historical shipment data shows growing adoption of each of these technologies in cold climates in North America, Europe, and Asia Pacific. While air to air heat pumps have historically been the dominant technology in world markets, air to water heat pumps are becoming more common, particularly in Europe. A few emerging applications of heat pump technology for residential heating in cold climates are also showing growth potential, including hybrid heat pump systems, district heating, and shared geothermal arrays (also known as shared ground-source heat pumps).
 
This Guidehouse Insights report explores these market trends in detail along with market drivers and barriers specific to cold climates. The forecasts evaluate the estimated shipments and revenue of heat pump technologies in cold climates from 2024 to 2033. They are segmented by region (North America, Europe, and Asia Pacific) and technology type (air to air, air to water, and ground?source heat pumps). The forecasts also provide detailed insights into the unique trends in shipments and revenue growth for each region, including explanations of potential reasons why different technologies appear to be growing faster than others in each region
 
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • To what extent will shipments of and revenue from heat pump technologies in cold climates around the world grow over the next decade?
  • What heat pump technologies (air to air, air to water, and ground-source) are expected to account for the greatest shipment and revenue growth in each region?
  • What are the primary drivers and barriers to heat pump adoption in cold climates?
  • What emerging heat pump technologies and applications show potential for growth in cold climates over the next decade?
  • How do the residential heat pump markets in cold climates differ between North America, Europe, and Asia Pacific?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Heat pump manufacturers
  • HVAC manufacturers
  • HVAC component manufacturers
  • National governments
  • State and local governments
  • Regional stakeholder organizations
  • Regional energy efficiency organizations
  • Electric utilities
  • Natural gas utilities
  • Building technology research organizations


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
2. Market Issues
2.1   Technology Trends for Cold Climates
2.1.1   Variable Speed Inverters
2.2   Common Heat Pump Technologies in Cold Climates
2.3   Emerging Applications
2.3.1   Hybrid Heat Pump Systems
2.3.2   Heat Pumps and District Heating
2.3.3   Shared Ground-Source Heat Pump System
2.4   Market Drivers
2.4.1   Government Policies and Market Transformation Efforts  
2.4.2   Fuel Costs and Scarcity
2.5   Barriers
2.5.1   Low Natural Gas Prices
2.5.2   Electric Service Upgrades
2.5.3   Insufficient Building Envelopes
2.5.4   Workforce and Customer Education
2.5.5   Emergency Replacements
3. Industry Value Chain
3.1   Residential HVAC Value Chain
3.2   Competitive Landscape
3.3   Growing Manufacturing Capacity
4. Market Forecasts
4.1   Methodology
4.2   World Markets
4.3   North America
4.4   Europe
4.5   Asia Pacific
5. Conclusions and Recommendations
5.1   Three Big Takeaways
5.2   Recommendations
5.2.1   HVAC Manufacturers
5.2.2   Electric Utilities
5.2.3   Natural Gas Utilities
5.2.4   Regulators
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Region, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Region, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, North America: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, North America: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, Europe: 2024-2033
Heat Pump Revenues in Cold Climates by Technology Type, Europe: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, Asia Pacific: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, Asia Pacific: 2024-2033
Air Source Heat Pump Technologies and Configurations
Ground-Source Heat Pump Configurations
Shared Ground-Source Heat Pumps Compared to Individual Systems
Pictorial Representation of the Residential HVAC Value Chain
 
LIST OF TABLES
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Region, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Region, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, World Markets: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, North America: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, North America: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, Europe: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, Europe: 2024-2033
Heat Pump Shipments in Cold Climates by Technology Type, Asia Pacific: 2024-2033
Heat Pump Revenue in Cold Climates by Technology Type, Asia Pacific: 2024-2033
New Commercially Available Products Designed for Cold-Climate Markets
New Manufacturing Sites for Producing Cold-Climate Heat Pumps

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る