世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

家庭と小規模企業のセキュリティシステム市場 - 第13版


The Home and Small Business Security System Market - 13th Edition

概要 セルラー接続は、家庭と小規模企業のセキュリティアラームシステムの標準機能として急速に普及している。Berg Insightは、欧州と北米における家庭と小規模企業のセキュリティシステムのセルラーI... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年11月16日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
110 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

セルラー接続は、家庭と小規模企業のセキュリティアラームシステムの標準機能として急速に普及している。Berg Insightは、欧州と北米における家庭と小規模企業のセキュリティシステムのセルラーIoT接続数は、2022年の4,240万から2027年には5,880万へと年平均成長率6.8%で増加すると予測している。欧州と北米を網羅した110ページのレポートで、警報システム業界向けワイヤレスIoTソリューションに関連するビジネスチャンスについてご覧ください。

 


 

この調査レポートは、欧州と北米の小型アラーム市場の最新動向を分析したBerg Insightの13年連続レポートです。Berg Insight社のこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説を含む110ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする30社のエグゼクティブ・インタビューからの洞察
  • 国別およびセグメント別のアラームシステム導入に関する新データ
  • 家庭と小規模企業のアラームシステムのバリューチェーンの包括的な概要。
  • 欧州および北米のセキュリティ市場における主要企業の詳細プロフィール
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • 2027年までの地域別市場予測

2022年、欧州と北米のプロフェッショナルモニター付き警報システムは5,300万件に達する

小規模企業と一般家庭向けのセキュリティシステムは、ローカル・セキュリティシステム、セルフ・セキュリティシステム、プロフェッショナル・セキュリティシステムの3つに大別できる。ローカル・セキュリティ・システムは、作動すると警報音を発して周囲に注意を促し、侵入者を追い払うだけである。このようなシステムは監視されておらず、遠隔地からのアクセスや制御はできません。自己監視型セキュリティシステムは、接続されており、起動すると、テキストメッセージ、電子メール、またはスマートフォンのアプリを介してプッシュ通知を送信することにより、施設の所有者に通知します。プロが監視するセキュリティシステムは、警報受信センター(ARC)に接続されています。システムが作動すると、ARCは警備パトロールを派遣して対応し、緊急サービスに連絡することができます。専門家が監視するセキュリティシステムは、信頼性の高い通信ネットワークに依存しています。このようなシステムの最新世代では、通信障害のリスクを最小限に抑えるため、有線と無線の二重ネットワーク接続を使用しています。

家庭と小規模企業のセキュリティ・システムの北米市場規模は、欧州市場のほぼ2倍である。2022年末現在、米国とカナダで稼動中のモニター付き警報システムは推定3,480万台。北米の約1億5,000万世帯および小規模企業における全体の普及率は22.5%である。年平均成長率(CAGR)3.4%で成長する北米の監視アラーム数は、2027年には4,120万台に達すると推定される。EU27+3では、2022年末時点でアクティブな監視アラーム・システムは約1,820万台である。これは、欧州の約2億4,500万世帯および中小企業における全体の普及率7.4%に相当する。したがって、この市場データは、ヨーロッパにおける警報システムの大きな成長の可能性を示しており、特に、現在の普及率がわずか6.1%である住宅分野では顕著である。しかし、欧州市場の成長は、今後数年間は国によってかなり異なると予測されている。スペイン、ポルトガル、ノルウェー、フランス、スウェーデンなど、すでにホームセキュリティ産業が確立され、普及率が比較的高い国は、今後も欧州平均を上回る成長が見込まれる。欧州の他の市場は、市場の細分化が進んでいることと、ソリューションを積極的に販売する警報サービス専門会社が少ないことから、成長が鈍化するとみられる。欧州における家庭用および中小企業用アラームの監視件数は、年平均成長率4.4%で増加し、2027年には2,260万件に達すると推定される。欧州でも北米でも、双方向型セキュリティ・サービスとスマートホーム製品がホームセキュリティ市場の主要成長要因である。

欧州と北米の伝統的な家庭・小規模企業のセキュリティシステム市場は、ADT、Verisure、Brinks Home(Monitronics)、Sector Alarmなどのホームセキュリティ専門会社、Prosegur、Securitas、G4Sなどのセキュリティサービス会社、Comcast、Telus、Cox Communications、Bell Canadaなどの電気通信・ケーブルテレビ会社、EPS(Crédit Mutuel)、Crédit Agricole、Groupamaなどの公益事業、銀行、保険会社によって支えられている。従来のホームセキュリティシステムには、専門家によるアラーム監視が含まれている。DIYのセキュリティシステムは、自己監視に依存していますが、いくつかのDIYシステムのベンダーは、オプションの追加機能としてプロのアラーム監視サービスを提供しています。DIYホームセキュリティシステムのプロバイダーには、SimpliSafe、Frontpoint、Ring(Amazon)、Yale(Assa Abloy)、Arlo Technologies、Somfy、Scout Security、Canary、Netatmo、Minut、Signify、Wyze Labsなどがある。

ADTは2022年末時点で640万人の家庭および中小企業の顧客を持つ、北米における専門家による監視付き警報システムの大手プロバイダーである。北米では、ADTに続いて、Vivint、Comcast、SimpliSafe、Telus、Brinks Home(Monitronics)が、2022年末時点で80万から190万の監視付き警報システムの顧客を持つ。米国とカナダでは、全国規模でサービスを提供する市場プレーヤーはわずか数社にすぎない。その代わりに、地元で強い存在感を示す小規模なホームセキュリティー・プロバイダーがいくつか存在する。欧州では、Verisureが2022年末時点で470万人以上の家庭および中小企業の顧客を抱える明らかな市場リーダーである。同社は欧州13カ国と南米4カ国で活動している。ベレジャーはスペイン、フランス、北欧諸国で特に強い地位を占めている。欧州の他の大手企業は、プロセギュール、クレディ・ミュテュエルの子会社であるEPSテレサーベイランス、セクター・アラームで、いずれも2022年末時点で60万台以上のモニター付き警報システムを有している。

本レポートは以下の質問に答えます

  • 監視付き住宅・中小企業向け警報システムの主要プロバイダーは?
  • アラームシステムプロバイダーがスマートホーム技術に投資する理由とは?
  • DIYホームアラームシステム・プロバイダーは、従来のプレーヤーにとって脅威か?
  • 警報システム業界におけるセルラーIoTの潜在市場規模は?
  • 安全なアラーム通信サービスの主要プロバイダーは?
  • 欧州と北米の警報システム産業の市場価値は?
  • この市場の最新トレンドと動向は?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図の一覧

エグゼクティブサマリー

1 セキュリティ産業

1.1 市場概要
1.1.1 セキュリティ・サービス
1.1.2 企業向けセキュリティ・システム
1.1.3 家庭と小規模企業のセキュリティシステム
1.1.4 キャッシュハンドリング
1.2 主要業界プレーヤー

2 家庭と小規模企業のセキュリティシステム

2.1 技術概要
2.2 侵入者警報システムの欧州規格
2.3 警報システムのバリューチェーン
2.3.1 従来のホームセキュリティシステムプロバイダー
2.3.2 DIYホームセキュリティシステムプロバイダー
2.3.3 ホームセキュリティシステムメーカーとプラットフォームプロバイダー
2.3.4 安全なアラーム通信サービスプロバイダー

3 市場予測と動向

3.1 欧州
3.2 北米
3.3 ベンダーの市場シェア
3.4 市場促進要因と動向
3.4.1 インタラクティブスマートホームシステムがセキュリティサービスへの関心を高める
3.4.2 DIYと従来のホームセキュリティーシステムが融合しつつある
3.4.3 防犯カメラとアナリティクスは、今やセキュリティシステムに不可欠な要素となっている
3.4.4 セキュリティシステムとスマートホーム製品は保険割引を可能にする
3.4.5 ネットワークの日没 - セキュリティ業界にとっての機会と課題

4 企業プロフィールと戦略

4.1 従来のホームセキュリティシステムプロバイダー
4.1.1 ADT
4.1.2 Alert 360
4.1.3 Altice France
4.1.4 Brinks Home (Monitronics)
4.1.5 Chubb Fire & Security (APi Group)
4.1.6 Comcast
4.1.7 Cox Communications
4.1.8 EPS Télésurveillance
4.1.9 G4S (Allied Universal)
4.1.10 Guardian Protection
4.1.11 Johnson Controls
4.1.12 Prosegur
4.1.13 Sector Alarm
4.1.14 Securitas
4.1.15 Telus
4.1.16 Vector Security
4.1.17 Verisure
4.1.18 Vivint Smart Home (NRG Energy)
4.2 DIYホームセキュリティーシステムプロバイダー
4.2.1 Arlo Technologies
4.2.2  Bosch
4.2.3 Canary (Smartfrog Group)
4.2.4 ERA Home Security (Tyman Group)
4.2.5 Frontpoint
4.2.6 Minut
4.2.7 Netatmo (Legrand)
4.2.8 Ring (Amazon)
4.2.9 Scout Security
4.2.10 Signify
4.2.11 SimpliSafe
4.2.12 Somfy
4.2.13 Wyze Labs
4.2.14 Yale (Assa Abloy)
4.3 ホームセキュリティシステムメーカーとプラットフォームプロバイダー
4.3.1 Ajax Systems
4.3.2 Alarm.com
4.3.3 Alula
4.3.4 Atraltech
4.3.5  DMP
4.3.6 DSC (Johnson Controls)
4.3.7 Napco Security Technologies
4.3.8 Nice Group
4.3.9 Resideo Technologies
4.3.10 SecureNet
4.3.11 Texecom
4.4 Secure alarm communications service providers
4.4.1 AddSecure
4.4.2 BT Redcare
4.4.3 CSL
4.4.4 M2M Services
4.4.5 Telular (AMETEK)
4.4.6 Uplink Security (M2M Services)

用語解説

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-11-16 プレスリリース
欧州と北米の専門家による監視アラームシステムは2022年に5,300万台に達する

Berg Insight社はこの度、家庭と小規模企業のセキュリティシステム市場に関する新たな調査結果を発表した。欧州では、専門家が監視する警報システムの数は、2022年の1,820万台から年平均成長率(CAGR)4.4%で増加し、2027年には2,260万台に達すると予測される。北米では、モニター付き警報システムの数は、2022年の3,480万台から2027年には4,120万台へと、CAGR 3.4%で成長すると予測される。小規模企業と一般家庭向けのセキュリティシステムは、ローカルセキュリティシステム、セルフセキュリティシステム、プロフェッショナルセキュリティシステムの3つに大別できる。ローカルセキュリティシステムは、作動すると警報音を発して周囲に注意を促し、侵入者を追い払う。このようなシステムは監視されておらず、リモートからアクセスすることはできません。自己監視型セキュリティシステムは、接続されており、起動すると、テキストメッセージ、電子メール、またはスマートフォンのアプリを介してプッシュ通知を送信することにより、敷地の所有者に通知します。プロが監視するセキュリティシステムは、警報受信センター(ARC)に接続されています。システムが作動すると、ARCは警備パトロールを派遣し、緊急サービスに連絡することができます。

欧州と北米における従来の家庭と小規模企業のセキュリティシステム市場は、ADT、Verisure、Vivint、Brinks Home(Monitronics)、Sector Alarmなどのホームセキュリティ専門会社、Prosegur、Securitas、G4Sなどのセキュリティ・サービス会社、Comcast、Telus、Cox Communications、Altice Franceなどの電気通信・ケーブルテレビ会社、EPS(Crédit Mutuel)、Crédit Agricole、Groupamaなどの公益事業、銀行、保険会社によって支えられている。従来のホームセキュリティーシステムには、専門的なアラーム監視が含まれている。DIYホームセキュリティーシステムのプロバイダーには、SimpliSafe、Frontpoint、Ring(Amazon)、Yale(Assa Abloy)、Arlo、Somfy、Scout Security、Canary、Signify、Netatmo、Minut、Wyze Labsなどがある。DIYのセキュリティシステムには通常、標準機能としてセルフモニタリングが含まれており、プロのアラーム監視サービスはオプションとして提供されている。ADTとVerisureは、家庭と中小企業向けの専門的監視付き警報システムの2大プロバイダーで、2022年末の顧客数はそれぞれ640万人と480万人である。ADTは米国でのみ事業を展開しているが、Verisureは欧州13カ国と南米4カ国で事業を展開している。

「欧州と北米では、家庭と小規模企業のオーナーが、自宅を守るための双方向セキュリティシステムと専門家による監視サービスの価値を見出すケースが増えています」と、Berg Insight社の主席アナリスト、Martin Backman氏は述べる。水漏れ検知、火災・一酸化炭素検知、遠隔ライブ、ビデオ監視などの追加セキュリティ製品やサービスは、現在ではサービスプロバイダーが提供するサービスに含まれるのが一般的で、顧客にさらなる安心を提供している。「セキュリティと安全は人間の基本的なニーズであるため、家庭と小規模企業のセキュリティシステム市場は、高いインフレや生活、ビジネスコストの上昇にもかかわらず、今後数年間は堅調に推移すると予想される」とBackman氏は結論付けている。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

Cellular connectivity is rapidly becoming a standard feature in security alarm systems for the consumer and small business markets. Berg Insight estimates the number of cellular IoT connections for home and small business security systems in Europe and North America will grow at a compound annual growth rate of 6.8 percent from 42.4 million in 2022 to 58.8 million in 2027. Learn about the business opportunities associated with wireless IoT solutions for the alarm system industry in this 110-page report covering both Europe and North America.

 


 

The Home and Small Business Security System Market is the thirteenth consecutive report from Berg Insight analysing the latest developments on the small alarm market in Europe and North America. This strategic research report from Berg Insight provides you with 110 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 executive interviews with market leading companies.
  • New data on alarm system adoption by country and segment.
  • Comprehensive overview of the home and small business alarm system value chain.
  • Detailed profiles of key players on the European and North American security markets.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Market forecasts by region, lasting until 2027.

Professionally monitored alarm systems in Europe and North America reached 53 million in 2022

Security systems for small businesses and private homes can be divided into three main categories – local, self-monitored and professionally monitored security systems. When activated, a local security system only emits an alarm sound to alert the surroundings and scare off intruders. Such systems are not monitored and cannot be accessed and controlled from remote. A self-monitored security system is connected and informs the owner of the premises upon activation by sending a text message, email or push notification through a smartphone app. A professionally monitored security system is connected to an Alarm Receiving Centre (ARC). When the system is activated, the ARC can respond by dispatching a security patrol and contact emergency services. Professionally monitored security systems are dependent on reliable communications networks. The latest generation of such systems uses dual wired and wireless network connections in order to minimise the risk of communications failure.

The North American market for home and small business security systems is almost twice the size of the European market. There were an estimated 34.8 million active monitored alarm systems in the US and Canada at the end of 2022. The overall penetration rate among the around 150 million households and small businesses in North America was 22.5 percent. Growing at a CAGR of 3.4 percent, the number of monitored alarms in North America is estimated to reach 41.2 million in 2027. In the EU27+3, there were about 18.2 million active monitored alarm systems at the end of 2022. This corresponds to an overall penetration rate of 7.4 percent among the around 245 million households and small businesses in Europe. The market data thus indicate a significant growth potential for alarm systems in Europe, especially in the residential segment where the current penetration is only 6.1 percent. However, growth on the European market is forecasted to vary considerably from country to country in the next few years. Countries with an already established home security industry and with relatively high penetration rates, including countries such as Spain, Portugal, Norway, France and Sweden, are anticipated to continue to grow faster than the European average. Other markets in Europe will show less growth due to high market fragmentation and fewer specialist alarm service companies that actively market solutions. The number of monitored home and small business alarms in Europe is estimated to grow at a CAGR of 4.4 percent, to reach 22.6 million alarm systems in 2027. In both Europe and North America, interactive security services and smart home products are key growth drivers in the home security market.

The traditional home and small business security systems market in Europe and North America is served by specialist home security companies such as ADT, Verisure, Brinks Home (Monitronics) and Sector Alarm; security service companies such as Prosegur, Securitas and G4S; telecommunications and cable television companies such as Comcast, Telus, Cox Communications and Bell Canada; as well as utilities, banks and insurance companies such as EPS (Crédit Mutuel), Crédit Agricole and Groupama. Traditional home security systems include professional alarm monitoring. DIY security systems rely on self-monitoring but some DIY system vendors offer professional alarm monitoring services as an optional extra feature. Providers of DIY home security systems include SimpliSafe, Frontpoint, Ring (Amazon), Yale (Assa Abloy), Arlo Technologies, Somfy, Scout Security, Canary, Netatmo, Minut, Signify and Wyze Labs.

ADT is the leading provider of professionally monitored alarm systems in North America with 6.4 million home and small business customers at the end of 2022. In North America, ADT is followed by Vivint, Comcast, SimpliSafe, Telus and Brinks Home (Monitronics), all with between 800,000 and 1.9 million monitored alarm system customers at the end of 2022. In the US and Canada, only a few market players offer services nationwide. Instead, there are several smaller home security providers with a strong local presence. In Europe, Verisure is the clear market leader with over 4.7 million home and small business customers at the end of 2022. The company is active in 13 European countries and four countries in South America. Verisure has a particularly strong position in Spain, France and the Nordic countries. Other leading players in Europe are Prosegur, EPS Télésurveillance, a subsidiary of Crédit Mutuel, and Sector Alarm, all with more than 600,000 monitored alarm systems at the end of 2022.

This report answers the following questions:

  • Who are the leading providers of monitored home and small business alarm systems?
  • Why are alarm system providers investing in smart home technology?
  • Are DIY home alarm systems providers a threat to the traditional players?
  • What is the potential market size for cellular IoT in the alarm systems industry?
  • Which are the leading providers of secure alarm communications services?
  • What is the market value of the alarm system industry in Europe and North America?
  • What are the latest trends and developments on this market?


ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    The Security Industry

1.1    Market overview
1.1.1    Security services
1.1.2    Enterprise security systems
1.1.3    Home and small business security systems
1.1.4    Cash handling
1.2    Key industry players

2    Home and Small Business Security Systems

2.1    Technology overview
2.2    European standards for intruder alarm systems
2.3    Alarm system value chain
2.3.1    Traditional home security system providers
2.3.2    DIY home security system providers
2.3.3    Home security system manufacturers and platform providers
2.3.4    Secure alarm communications service providers

3    Market Forecasts and Trends

3.1    Europe
3.2    North America
3.3    Vendor market shares
3.4    Market drivers and trends
3.4.1    Interactive smart home systems fuel interest in security services
3.4.2    DIY and traditional home security systems offerings are converging
3.4.3    Security cameras and analytics are now integral parts of security systems
3.4.4    Security systems and smart home products enable insurance discounts
3.4.5    Network sunsets – an opportunity and challenge for the security industry

4    Company Profiles and Strategies

4.1    Traditional home security system providers
4.1.1    ADT
4.1.2    Alert 360
4.1.3    Altice France
4.1.4    Brinks Home (Monitronics)
4.1.5    Chubb Fire & Security (APi Group)
4.1.6    Comcast
4.1.7    Cox Communications
4.1.8    EPS Télésurveillance
4.1.9    G4S (Allied Universal)
4.1.10    Guardian Protection
4.1.11    Johnson Controls
4.1.12    Prosegur
4.1.13    Sector Alarm
4.1.14    Securitas
4.1.15    Telus
4.1.16    Vector Security
4.1.17    Verisure
4.1.18    Vivint Smart Home (NRG Energy)
4.2    DIY home security system providers
4.2.1    Arlo Technologies
4.2.2    Bosch
4.2.3    Canary (Smartfrog Group)
4.2.4    ERA Home Security (Tyman Group)
4.2.5    Frontpoint
4.2.6    Minut
4.2.7    Netatmo (Legrand)
4.2.8    Ring (Amazon)
4.2.9    Scout Security
4.2.10    Signify
4.2.11    SimpliSafe
4.2.12    Somfy
4.2.13    Wyze Labs
4.2.14    Yale (Assa Abloy)
4.3    Home security system manufacturers and platform providers
4.3.1    Ajax Systems
4.3.2    Alarm.com
4.3.3    Alula
4.3.4    Atraltech
4.3.5    DMP
4.3.6    DSC (Johnson Controls)
4.3.7    Napco Security Technologies
4.3.8    Nice Group
4.3.9    Resideo Technologies
4.3.10    SecureNet
4.3.11    Texecom
4.4    Secure alarm communications service providers
4.4.1    AddSecure
4.4.2    BT Redcare
4.4.3    CSL
4.4.4    M2M Services
4.4.5    Telular (AMETEK)
4.4.6    Uplink Security (M2M Services)

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-11-16 Press releases
Professionally monitored alarm systems in Europe and North America reached 53 million in 2022

Berg Insight today released new findings about the market for home and small business security systems. The number of professionally monitored alarm systems in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 4.4 percent, from 18.2 million in 2022 to reach 22.6 million in 2027. In North America, the number of monitored alarm systems is forecasted to grow at a CAGR of 3.4 percent, from 34.8 million in 2022 to 41.2 million in 2027. Security systems for small businesses and private homes can be divided into three main categories – local, self-monitored and professionally monitored security systems. When activated, a local security system emits an alarm sound to alert the surroundings and scare off intruders. Such systems are not monitored and cannot be accessed from remote. A self-monitored security system is connected and informs the owner of the premises upon activation by sending a text message, email or push notification through a smartphone app. A professionally monitored security system is connected to an Alarm Receiving Centre (ARC). When the system is activated, the ARC can dispatch a security patrol and contact emergency services.

The traditional home and small business security systems market in Europe and North America is served by specialist home security companies such as ADT, Verisure, Vivint, Brinks Home (Monitronics) and Sector Alarm; security service companies such as Prosegur, Securitas and G4S; telecommunications and cable television companies such as Comcast, Telus, Cox Communications, and Altice France; as well as utilities, banks and insurance companies such as EPS (Crédit Mutuel), Crédit Agricole and Groupama. Traditional home security systems include professional alarm monitoring. Providers of DIY home security systems include, among others, SimpliSafe, Frontpoint, Ring (Amazon), Yale (Assa Abloy), Arlo, Somfy, Scout Security, Canary, Signify, Netatmo, Minut and Wyze Labs. DIY security systems typically include self-monitoring as a standard feature and professional alarm monitoring services are offered as an option. ADT and Verisure are the two largest providers of professionally monitored alarm systems for homes and small businesses, with 6.4 million and 4.8 million customers respectively at the end of 2022. ADT is only active in the US while Verisure is active in 13 European countries and four countries in South America.

“An increasing number of home and small business owners in Europe and North America discover the value of interactive security systems and professional monitoring services to safeguard their premises”, says Martin Backman, Principal Analyst at Berg Insight. Additional security products and services, such as water leak detection, fire and carbon monoxide detection and remote live video monitoring are now more commonly included in the offering from service providers to provide further peace-of-mind for customers. “Security and safety are basic human needs and therefore the home and small business security system market is anticipated to stay strong in the coming years despite high inflation and rising costs of living and doing business”, concludes Mr. Backman.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野(セキュリティ)の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(security alarm)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る