世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のスマートメーター(第5版)


Smart Metering in Asia-Pacific - 5th Edition

概要 アジア太平洋地域のスマートメーター市場の詳細情報と包括的なデータをお探しですか?本調査では、アジア太平洋地域のスマート電力メーターの設置台数は、予測期間を通じて6.2%の複合年間成長率... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2022年7月1日 Eur1,800
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

アジア太平洋地域のスマートメーター市場の詳細情報と包括的なデータをお探しですか?本調査では、アジア太平洋地域のスマート電力メーターの設置台数は、予測期間を通じて6.2%の複合年間成長率(CAGR)で、2021年の7億5770万台から2027年には11億台に成長すると結論付けています。同時に、同地域のスマートガスメーターエンドポイントの設置台数は、2021年の1億2450万台から2027年の3億5710万台まで、CAGR19.2%で成長すると予測されます。各国のベンダー、製品、現地の動向など、最新情報をお届けします。

 


 

本レポートは、アジア太平洋地域におけるスマートメーターの最新動向を5年連続で分析したもので、電力とガスの両方を網羅したダイナミックな市場レポートです。中国、日本、韓国、インド、バングラデシュ、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの国々を詳しく取り上げています。本レポートは、5年間の業界予測、専門家による解説、実際のケーススタディなど、200ページ以上に及ぶ独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎となる情報を提供する、berg Insightの戦略的調査レポートです。

本レポートのハイライト

  • 中国、日本、韓国、インド、バングラデシュ、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランドの市場プロファイルを詳しく紹介
  • スマートグリッド通信のための次世代PLC、RF、セルラー技術に関する360度の概要
  • アジア太平洋地域のスマートメーター業界の主要企業のプロファイル
  • 2027年までのスマート電力・ガスメーターの最新予測
  • 各国における最新の市場および業界動向の分析
  • 主要エネルギーグループによるスマートメータープロジェクトのケーススタディ

アジア太平洋地域はまもなく10億のスマートメーターの本拠地になります

スマートメーターは、将来のスマートグリッドの基礎となるものとして広く認識されており、現在、先進国全体で導入が進んでいるほか、発展途上国でも大規模な取り組みが始まっています。アジア太平洋地域は、電力とガスの顧客数が約16億と、北米と欧州の合計よりも多く、世界最大のメータリング市場を形成しています。この地域の電力計の年間需要は1億1,000万〜1億9,000万台で、その大半は中国が占めています。この地域では、過去10年の前半に大規模なスマートメータープロジェクトが相次いで開始されました。現在、この地域のいくつかの電力会社は、スマートメーターの新機能とスマートエネルギーのユースケースに後押しされて、第2世代メーターの展開が本格化するための準備を進めています。スマートメーター東南アジアの他の市場は、スマートメーターの後を追ってスマートメーターの旅を始めたところです。

バーグインサイトは、アジア太平洋地域(中国、日本、韓国、バングラデシュ、インド、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド)のスマート電力メーターの設置台数は、予測期間を通じて複合年間成長率(CAGR)6.2%で増加し、2021年の7億5770万台から2027年には11億台になると予想しています。出荷台数は、インドにおける第一世代メーターの設置、中国と日本における第一世代メーターの交換によって大きく牽引され、南アジアと東南アジアの新興市場は予測期間中、ますます大きな数量で貢献すると思われます。ベルグインサイトは、2021年から2027年にかけて、アジア太平洋地域で9億台以上のスマート電力メーターが出荷されると予測しています。同時に、アジア太平洋地域におけるスマートガスメーターの設置台数は、2021年の1億2450万台から2027年の3億5710万台まで、予測期間を通じてCAGR19.2%で成長すると予想されます。設置台数、年間出荷台数ともに中国が市場の大半を占めていますが、年間出荷台数は予測期間中、新興市場が大幅に増加すると予想されます。

東アジア(中国、日本、韓国)は、アジア太平洋地域におけるスマートメーター技術の採用を主導し、意欲的な国家的展開を行い、現在では同地域のスマート電力計の設置台数の95%以上を占めています。中国でのスマート電力メーターの普及は現在完了し、日本と韓国では今後数年のうちに完全普及に達すると予想されています。中国と日本では、第一世代のスマートメーターの交換がすでに始まっており、今後数年間はこの地域の出荷台数の大半を占めることになるでしょう。また、東アジアは、アジア太平洋地域におけるスマートガスメーター技術の主要な導入国であり、設置された機器のほぼすべてを占め、今後数年間の出荷量も予測されています。南アジア(インドとバングラデシュ)は、インドとバングラデシュの両国で政府の意欲的な取り組みが行われており、予測期間を通じてアジア太平洋地域で最も急速に成長しているスマート電力計測市場を構成すると思われます。例えば、インドでは、2026年までにスマート前払いメーターの設置台数を2億5000万台とする野心的な目標を掲げています。一方、東南アジア(タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン)は、アジア太平洋地域で最も新しいスマートメーター市場を形成しています。インドネシアとタイの主要電力会社は現在、大規模なスマートメーター導入計画の初期段階にあり、フィリピンの主要電力会社も同様の野心を抱いています。ベトナムでは、国営電力会社が基本的な遠隔計測技術を何年も前から展開しており、最終的にはより高度な技術に移行することを視野に入れています。オーストラレーシア(オーストラリアとニュージーランドを指す)は、市場主導、小売業者主導のアプローチでスマートメータを導入していることが特徴です。オーストラリアでは全スマートメーターの約半数がスマート化され、ニュージーランドでは約90%の自然飽和状態に達し、第2世代の設置が始まろうとしています。

アジア太平洋地域の市場は、主に地元企業や地域のプレーヤーによって支配されており、Landis+Gyr、Itron、EDMI(大崎電気)、Trilliantなどの数社が、地域内の複数の市場で顕著な存在感を確立することができたに過ぎません。スマートメーターの通信に関しては、中国と韓国の電力市場では国産のPLC技術が主流であり、日本ではRFメッシュが主な選択肢となっています。また、オーストラレーシアではセルラー通信が主流となっており、インドではメッシュ通信が主流となっています。LPWA技術のNB-IoT、LTE-M、LoRa、Sigfoxは、アジア太平洋地域のスマートガス計測プロジェクトで好まれる選択肢として同時に浮上していますが、大きな地域差が見受けられます。

本レポートでは以下の質問に答えます

  • 各国のエネルギー政策はスマートメーターの導入をどのように促進しているか?
  • アジア太平洋地域の主要な公益事業者の現在の展開状況とは?
  • アジア太平洋地域でスマートガスメーター技術の採用を主導している国はどこか?
  • アジア太平洋地域でスマートメーターに使用されている通信技術は?
  • アジア太平洋地域の主要なスマートメータリングソリューションプロバイダーはどこか?
  • アジア太平洋地域における第2世代のスマートメータ導入の見通しは?
  • 市場自由化改革は、アジア太平洋地域のエネルギー事業セクターをどのように変えているのか?
  • 各国の主な電気・ガス事業者はどこか?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 スマートグリッドとインテリジェントメーター

1.1 スマートグリッドの概要
1.2スマートメーター
1.2.1 スマートメータのアプリケーション
1.2.2 スマートメータのインフラ
1.2.3 スマートメータのメリット
1.3 プロジェクト戦略
1.3.1 システム設計とソーシング
1.3.2 ロールアウトと統合
1.3.3 導入と運用
1.3.4 顧客とのコミュニケーション
1.4 規制上の問題
1.4.1 スマートメータ導入のためのモデル
1.4.2 標準化
1.4.3 個人の権利問題

2 IoTネットワークと通信技術

2.1 IoTのネットワーク技術
2.1.1 ネットワーク・アーキテクチャー
2.1.2 アンライセンスとライセンスの周波数帯域
2.2 PLC技術・規格
2.2.1 国際標準化団体
2.2.2 G3-PLC(ジースリーピーエルシー)
2.2.3 PRIME
2.2.4 メーターとその他
2.3 3GPPのセルラー技術とLPWA技術
2.3.1 2G/3G/4G/5Gセルラー技術とIoT
2.3.2 NB-IoTとLTE-M
2.3.3 スマートメータ通信におけるセルラーネットワークの役割
2.3.4 LoRaとLoRaWAN
2.3.5 Sigfox
2.4 IEEE 802.15.4ベースのRF
2.4.1 ieee 802.15.4
2.4.2 Wi-SUN
2.4.3 802.15.4をベースにした独自のIPv6接続スタック

3 スマートメータの業界関係者

3.1 メーターベンダー
3.1.1 イトロン
3.1.2 ランディス・ギア
3.1.3 ハネウェル
3.1.4 愛知時計電機
3.1.5 アライドエンジニアリングワークス
3.1.6 チント インスツルメント&メーター
3.1.7 クロウ・エレクトロニクス
3.1.8 東方英知電器
3.1.9 EDMI(大崎電気)
3.1.10 富士電機
3.1.11 ジーナス・パワー・インフラストラクチャーズ
3.1.12 ゴールドカード・スマートグループ
3.1.13 禾星電器
3.1.14 HPLエレクトリック&パワー
3.1.15 ホーリーテクノロジー
3.1.16 日進電気
3.1.17 イノーバー・テクノロジー
3.1.18 アイティーアイリミテッド
3.1.19 海发科技
3.1.20 臨阳能源
3.1.21 ロンディアン・ワソン・エレクトリック
3.1.22 LSエレクトリック
3.1.23 三菱電機
3.1.24 ナムジュン
3.1.25 オムニシステム
3.1.26 大崎電気
3.1.27 PSTEC
3.1.28 三興電工
3.1.29 シュナイダーエレクトリック
3.1.30 セキュアメーター
3.1.31 スターインスツルメント
3.1.32 サントロントテクノロジー
3.1.33 東芝東光メーターシステムズ
3.1.34 トヨケイキ
3.1.35 ワシオン
3.1.36 ビューシャイン
3.1.37 XJエレクトリック
3.1.38 ゼンメター(エンゼン)
3.1.39 ZENNER メータリングテクノロジー
3.2 通信技術・接続サービス事業者
3.2.1 CyanConnode(シアンコノード
3.2.2 富士通
3.2.3 ジェネシスガスソリューションズ
3.2.4 KDDI
3.2.5 NuriFlex
3.2.6 テルストラ
3.2.7 トリリアント
3.2.8 ユナビズ
3.2.9 Wirepas
3.2.10 Vodafone
3.2.11 中国・韓国のPLC通信技術プロバイダー
3.3 ソフトウェアプロバイダー、システムインテグレーター
3.3.1 アクセンチュア
3.3.2 EDF
3.3.3 フルエントグリッド
3.3.4 ハンセン・テクノロジーズ
3.3.5 ラーセン・アンド・タウブロ
3.3.6 オキュリン・テック
3.3.7 オラクル
3.3.8 SAP
3.3.9 シーメンス

4 市場プロファイル

4.1 地域別概要
4.2 中国
4.2.1 電力・ガス事業者の産業構造
4.2.2 スマートグリッドの政策と取り組み
4.2.3 スマートメーターのロールアウト
4.3 日本
4.3.1 電気・ガス事業者の産業構造
4.3.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.4 韓国
4.4.1 電気・ガス事業者の産業構造
4.4.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.5 バングラデシュ
4.5.1 電気・ガス事業者の産業構造
4.5.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.6 インド
4.6.1 電力事業者の産業構造
4.6.2 スマートグリッドの政策と取り組み
4.6.3 政府出資のプロジェクト・スキーム
4.6.4 民間企業の取り組み
4.6.5 ガス事業者の産業構造・スマートメーターの取り組み
4.7 インドネシア
4.7.1 電力・ガス事業者の産業構造
4.7.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.8 フィリピン
4.8.1 電気事業者の産業構造
4.8.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.9 タイ
4.9.1 電気事業者の産業構造
4.9.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.10 ベトナム
4.10.1 電気事業者の産業構造
4.10.2 スマートグリッドとメータリングの取り組み
4.11 オーストラリア
4.11.1 電気・ガス事業者の産業構造
4.11.2 スマートメーターの早期展開と実証プロジェクト
4.11.3 市場改革と市場主導型スマートメーター導入への移行
4.12 ニュージーランド
4.12.1 電気事業者の産業構造
4.12.2 業界主導によるスマートメーターのロールアウト

5 市場分析

5.1 スマート電力メータリング
5.1.1 市場予測
5.1.2 技術動向
5.1.3 産業分析
5.2 スマートガスメータリング

6 ケーススタディ

6.1 EESL社とIntelliSmart社
6.2 EVNCPC
6.3 インテリハブ
6.4 韓国電力公社
6.5 中国国家電網公司
6.6 東京電力株式会社
6.7 ベクター
6.8 ウェスタン・パワー

用語集

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

Are you looking for detailed information and comprehensive data about the Asia-Pacific smart metering market? The study concludes that the installed base of smart electricity meters in Asia-Pacific will grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 6.2 percent throughout the forecast period, from 757.7 million in 2021 to 1.1 billion in 2027. The installed base of smart gas metering endpoints in the region is at the same time expected to grow at a CAGR of 19.2 percent from 124.5 million in 2021 to 357.1 million in 2027. Get up to date with the latest information about vendors, products and local developments in each country.

 


 

Smart Metering in Asia-Pacific is the fifth consecutive market report from Berg Insight analysing the latest smart metering developments in this dynamic region covering both electricity and gas. The countries covered in-depth include China, Japan, South Korea, India, Bangladesh, Indonesia, the Philippines, Thailand, Vietnam, Australia and New Zealand. This strategic research report from berg Insight provides you with over 200 pages of unique business intelligence, including 5-year industry forecasts, expert commentary and real-life case studies on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • In-depth market profiles of China, Japan, South Korea, India, Bangladesh, Indonesia, the Philippines, Thailand, Vietnam, Australia and New Zealand.
  • 360-degree overview of next-generation PLC, RF and cellular technologies for smart grid communications.
  • Profiles of the key players in the smart metering industry in Asia-Pacific.
  • New forecasts for smart electricity and gas meters until 2027.
  • Analysis of the latest market and industry developments in each of the countries.
  • Case studies of smart metering projects by the leading energy groups.

Asia-Pacific soon to be home to 1 billion smart meters

Smart metering is widely regarded as the cornerstone for future smart grids and is currently being deployed all over the developed world, with a growing number of large-scale initiatives now also being launched in developing countries. Asia-Pacific constitutes the world’s largest metering market by far with around 1.6 billion electricity and gas customers – more than North America and Europe combined. Annual demand for electricity meters in the region is in the range of 110–190 million units, of which China accounts for the majority. The region saw a wave of massive smart metering projects being launched during the first half of the past decade and several utilities in the region are now preparing for rollouts of second-generation meters to take off, driven by new smart meter functionalities and smart energy use cases. Other markets in South and Southeast Asia are on the other hand just beginning their smart metering journeys, following in the footsteps of the leading markets in East Asia.

Berg Insight forecasts that the installed base of smart electricity meters in Asia-Pacific – defined as China, Japan, South Korea, Bangladesh, India, Indonesia, the Philippines, Thailand, Vietnam, Australia and New Zealand – will grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 6.2 percent throughout the forecast period, from 757.7 million in 2021 to 1.1 billion in 2027. Shipments will to a large extent be driven by first-wave installations in India as well as by replacements of first-generation meters in China and Japan, while emerging markets in South and Southeast Asia will contribute with increasingly large volumes throughout the forecast period. In total, Berg Insight forecasts that more than 0.9 billion smart electricity meters will be shipped in Asia Pacific during 2021–2027. The installed base of smart gas metering endpoints in Asia-Pacific is at the same time expected to grow at a CAGR of 19.2 percent throughout the forecast period, from 124.5 million in 2021 to 357.1 million in 2027. China accounts for the vast majority of the market, both in terms of installed base and annual shipment volumes, although emerging markets are expected to account for a significant increase in annual shipments throughout the forecast period.

East Asia – defined as China, Japan and South Korea – has led the adoption of smart metering technology in Asia-Pacific with ambitious national rollouts and today accounts for more than 95 percent of the installed base of smart electricity meters in the region. The rollout of smart electricity meters in China is now complete while Japan and South Korea are expected to reach full coverage in the coming few years. In China and Japan, replacements of first-generation smart meters have already begun and will dominate shipment volumes in the region in the coming years. East Asia also constitutes the leading adopter of smart gas metering technology in Asia-Pacific, accounting for nearly all installed devices and forecasted shipment volumes in the coming years. South Asia – defined as India and Bangladesh – will constitute the fastest growing smart electricity metering market in Asia-Pacific throughout the forecast period with ambitious governmental initiatives now in place in both India and Bangladesh. The former has for example set a highly ambitious target of reaching 250 million installed smart prepayment meters by 2026. Southeast Asia – defined as Thailand, Vietnam, Indonesia and the Philippines – on the other hand constitutes the most nascent smart metering market in Asia-Pacific. The main utilities in Indonesia and Thailand are now at the very beginning of their large-scale smart metering implementation plans while the leading utilities in the Philippines have similar ambitions. In Vietnam, the national utility has rolled out basic remote metering technologies for years with a vision to eventually transition to more advanced technologies. Australasia – defined as Australia and New Zealand – is characterised by a market-driven and retailer-led approach to smart metering. Nearly half of all smart meters in Australia are now smart while New Zealand has reached a natural saturation of around 90 percent with second-generation installations now about to take off.

The markets in Asia-Pacific are largely dominated by local or regional players and only a few companies such as Landis+Gyr, Itron, EDMI (Osaki Electric) and Trilliant have managed to establish a notable presence in multiple markets across the region. In terms of smart meter communications, domestic PLC technologies dominate the electricity markets in China and South Korea while RF mesh is the main option in Japan. Cellular communications has meanwhile emerged as the dominant technology in Australasia as well as the leading option in India, where RF mesh also has a significant market share. The LPWA technologies NB-IoT, LTE-M, LoRa and Sigfox have at the same time emerged as the favoured options for smart gas metering projects across Asia-Pacific, although major regional differences can be seen.

This report answers the following questions:

  • How are national energy policies driving the adoption of smart metering?
  • What is the current deployment status of major utilities across Asia-Pacific?
  • Which countries are leading the adoption of smart gas metering technology in Asia-Pacific?
  • Which communications technologies are being used for smart metering across Asia-Pacific?
  • Which are leading smart metering solution providers in Asia-Pacific?
  • What is the outlook for second-generation smart metering rollouts in Asia-Pacific?
  • How are market-liberalising reforms changing the energy utility sector in Asia-Pacific?
  • Which are the main electricity and gas utilities in each country?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Smart grids and intelligent meters

1.1    Introduction to smart grids
1.2    Smart metering
1.2.1    Smart metering applications
1.2.2    Smart metering infrastructure
1.2.3    Benefits of smart metering
1.3    Project strategies
1.3.1    System design and sourcing
1.3.2    Rollout and integration
1.3.3    Implementation and operation
1.3.4    Communication with customers
1.4    Regulatory issues
1.4.1    Models for the introduction of smart meters
1.4.2    Standardisation
1.4.3    Individual rights issues

2    IoT networks and communications technologies

2.1    IoT network technologies
2.1.1    Network architectures
2.1.2    Unlicensed and licensed frequency bands
2.2    PLC technology and standards
2.2.1    International standards organisations
2.2.2    G3-PLC
2.2.3    PRIME
2.2.4    Meters & More
2.3    3GPP cellular and LPWA technologies
2.3.1    2G/3G/4G/5G cellular technologies and IoT
2.3.2    NB-IoT and LTE-M
2.3.3    The role of cellular networks in smart meter communications
2.3.4    LoRa & LoRaWAN
2.3.5    Sigfox
2.4    IEEE 802.15.4-based RF
2.4.1    IEEE 802.15.4
2.4.2    Wi-SUN
2.4.3    Proprietary IPv6 connectivity stacks based on 802.15.4

3    Smart metering industry players

3.1    Meter vendors
3.1.1    Itron
3.1.2    Landis+Gyr
3.1.3    Honeywell
3.1.4    Aichi Tokei Denki
3.1.5    Allied Engineering Works
3.1.6    CHINT Instrument & Meter
3.1.7    Clou Electronics
3.1.8    Dongfang Wisdom Electric
3.1.9    EDMI (Osaki Electric)
3.1.10    Fuji Electric
3.1.11    Genus Power Infrastructures
3.1.12    GoldCard Smart Group
3.1.13    Hexing Electrical
3.1.14    HPL Electric & Power
3.1.15    Holley Technology
3.1.16    Iljin Electric
3.1.17    Innover Technology
3.1.18    ITI Limited
3.1.19    Kaifa Technology
3.1.20    Linyang Energy
3.1.21    Londian Wason Electrics
3.1.22    LS Electric
3.1.23    Mitsubishi Electric
3.1.24    NamJun
3.1.25    Omni System
3.1.26    Osaki Electric
3.1.27    PSTEC
3.1.28    Sanxing Electric
3.1.29    Schneider Electric
3.1.30    Secure Meters
3.1.31    Star Instrument
3.1.32    Suntront Technology
3.1.33    Toshiba Toko Meter Systems
3.1.34    TOYOKEIKI
3.1.35    Wasion
3.1.36    Viewshine
3.1.37    XJ Electric
3.1.38    ZenMeter (Enzen)
3.1.39    ZENNER Metering Technology
3.2    Communications technology and connectivity service providers
3.2.1    CyanConnode
3.2.2    Fujitsu
3.2.3    Genesis Gas Solutions
3.2.4    KDDI
3.2.5    NuriFlex
3.2.6    Telstra
3.2.7    Trilliant
3.2.8    UnaBiz
3.2.9    Wirepas
3.2.10    Vodafone
3.2.11    Chinese & Korean PLC communications technology providers
3.3    Software providers and system integrators
3.3.1    Accenture
3.3.2    EDF
3.3.3    Fluentgrid
3.3.4    Hansen Technologies
3.3.5    Larsen & Toubro
3.3.6    Oculin Tech
3.3.7    Oracle
3.3.8    SAP
3.3.9    Siemens

4    Market profiles

4.1    Regional summary
4.2    China
4.2.1    Electricity and gas utility industry structure
4.2.2    Smart grid policies and initiatives
4.2.3    Smart meter rollouts
4.3    Japan
4.3.1    Electricity and gas utility industry structure
4.3.2    Smart grid and metering initiatives
4.4    South Korea
4.4.1    Electricity and gas utility industry structure
4.4.2    Smart grid and metering initiatives
4.5    Bangladesh
4.5.1    Electricity and gas utility industry structure
4.5.2    Smart grid and metering initiatives
4.6    India
4.6.1    Electricity utility industry structure
4.6.2    Smart grid policies and initiatives
4.6.3    Government-funded projects and schemes
4.6.4    Private sector initiatives
4.6.5    Gas utility industry structure & smart metering initiatives
4.7    Indonesia
4.7.1    Electricity and gas utility industry structure
4.7.2    Smart grid and metering initiatives
4.8    Philippines
4.8.1    Electricity utility industry structure
4.8.2    Smart grid and metering initiatives
4.9    Thailand
4.9.1    Electricity utility industry structure
4.9.2    Smart grid and metering initiatives
4.10    Vietnam
4.10.1    Electricity utility industry structure
4.10.2    Smart grid and metering initiatives
4.11    Australia
4.11.1    Electricity and gas utility industry structure
4.11.2    Early smart meter rollouts and demonstration projects
4.11.3    Market reforms and transition to market-driven smart meter rollouts
4.12    New Zealand
4.12.1    Electricity industry structure
4.12.2    Industry driven rollout of smart meters

5    Market analysis

5.1    Smart electricity metering
5.1.1    Market forecasts
5.1.2    Technology trends
5.1.3    Industry analysis
5.2    Smart gas metering

6    Case studies

6.1    EESL and IntelliSmart
6.2    EVNCPC
6.3    Intellihub
6.4    Korea Electric Power Corporation
6.5    State Grid Corporation of China
6.6    Tokyo Electric Power Company
6.7    Vector
6.8    Western Power

Glossary

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(Smart Metering)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る