世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

電動二輪車テレマティクス市場


The Motor-Powered Two-Wheeler Telematics Market

概要 世界のコネクテッドバイク、スクーター、原付市場の最新動向は?2023年末時点で、世界で1,110万台のOEMテレマティクス・システムと1,380万台のアフターマーケット・テレマティクス・システムが... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2024年6月21日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
75 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

世界のコネクテッドバイク、スクーター、原付市場の最新動向は?2023年末時点で、世界で1,110万台のOEMテレマティクス・システムと1,380万台のアフターマーケット・テレマティクス・システムが使用されていると推定される。2022年末時点の二輪車、スクーター、モペットの登録台数は約7億7,800万台であり、対応可能な市場は大きい。この75ページの最新レポートで最新の業界動向をご覧ください。

 


 


この調査レポートは世界の最新市場を分析したBerg Insightの総合レポートです。Berg Insight社のこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説など、75ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎となる情報を提供します。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業への数多くのインタビューから得た洞察
  • 世界の二輪車人口と新規登録台数に関する新しいデータ
  • 二輪車テレマティクスシステムと関連コンセプトの説明
  •  23社の二輪車OEMテレマティクスのケーススタディ
  • 二輪車テレマティクス・サービス・プロバイダー29社の詳細プロフィール
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • 2028年までの地域別・セグメント別市場予測

コネクテッド・モーターサイクル、スクーター、モペットの台数は2028年に世界で8,120万台に達する

テレマティクスは、幅広い車両接続ソリューションに適用される用語である。ベルグインサイトのテレマティクス・システムの定義は、何らかの形態のセルラー通信を組み込んだ、あらゆる二輪車用に設計された自動システムである。本レポートでは、二輪車、原付、スクーターを含む電動二輪車向けのアフターマーケットと OEM の組み込みテレマティクス・ソリューションの両方に焦点を当てている。OEM の組み込み型テレマティクス・ソリューションは工場レベルで設置され、OEM によって管理される。アフターマーケット・ソリューションは後付けで、通常はサードパーティ企業によって管理される。

二輪車業界におけるテレマティクスの導入は、最近になって加速し始めた。この業界は、10~15年前の自動車業界と同じような段階にある。現在、組み込み型テレマティクス・サービスを提供しているのは、一部の大手二輪車OEMのみである。大手二輪車OEMのほとんどは、組み込み型テレマティクス・システムの導入を検討し始めており、近い将来、そのようなサービスを導入することになるだろう。テレマティクスの重要な推進力には、緊急時や路上でのアシスタンス・サービス、盗難車追跡ソリューションなどの安全・セキュリティ・サービスが含まれる。電動二輪車への関心の高まりも、テレマティクス導入の大きなきっかけとなっている。2023年末時点で、世界全体で推定1,110万台の二輪車OEMテレマティクスシステムが利用されている。年平均成長率(CAGR)37.1%で成長するこの数字は、2028年には5,380万台に達すると予想される。OEMテレマティクス・システムの年間出荷台数は、2023年末の510万台から2028年には2,610万台に達すると予想される。これは年平均成長率38.7%に相当する。現在、組み込み型テレマティクス・サービスを提供している二輪車OEMの例としては、欧州のBMW Motorrad、米国のLiveWire、Zero Motorcycles、インドのHero MotoCorp、TVS Motor、Bajaj Auto(Chetak)、Royal Enfield、中国のYadea、NIU Technologies、Segway-Ninebot、Sunraなどがある。

組み込み型OEMテレマティクス・ソリューションの普及率は今後数年で高まるだろうが、アフターマーケット・テレマティクス・サービス・プロバイダーにはまだ多くのビジネスチャンスがある。実際に使用されているアフターマーケットの二輪車テレマティクス・システムの数は、2023年末の1,380万台から2028年には2,740万台に達すると予測される。これは年平均成長率(CAGR)14.7%に相当する。アクティブなテレマティクス・システムの数はアジア太平洋地域が最も多く、アフリカ、中東、中南米などのRoW地域がこれに続く。アフターマーケット向け二輪車テレマティクス・システムの年間出荷台数は、2023年の490万台から2028年には950万台へとCAGR 14.0%で成長する見込みである。

二輪車アフターマーケット・テレマティクス市場は、様々な企業がサービスを提供している。様々な車種に数十万台のテレマティクス・ユニットを導入している大企業もある。また、二輪車向けテレマティクス・ソリューションのみに特化した専門企業もある。多くのテレマティクス・サービス・プロバイダーは、OEM とアフターマーケット・セグメントの両方にソリューションを提供している。二輪車テレマティクス・サービス・プロバイダーの例としては、欧州のMapit IoTとScorpion Automotive、北米のSVR TrackingとFind it Now、南米のCarsystemとLojack Argentina(Strix)、インドのAjjas、Fleettrack、iTriangle Infotech、Onelap Telematics、Trak N Tell、中国のWanWayTech、南アフリカのTracker Connectなどがある。また、ハードウェアのテレマティクス・デバイスに注力している企業もある。これらの企業は、アフターマーケット、OEM、またはその両方のセグメントに焦点を当てている。例えば、Actia、ERM Advanced Telematics、Jimi (Concox)、Panasonic、Positioning Universal、Queclink Wireless Solutions、Teltonika、Tramigoなどである。

本レポートは以下の質問に答えます

  • 二輪車OEMテレマティクス産業の現状は?
  • 二輪車テレマティクスの主要アプリケーションは何か?
  • 現在、主要二輪車OEMはどのようなテレマティクス製品を提供しているか?
  • 二輪車OEMはどのようなビジネスモデルを採用しているか?
  • 市場ではどのような種類のアフターマーケット・テレマティクス製品が提供されているか?
  • 二輪車テレマティクスの今後の用途は?
  • この業界の今後の主要動向は?
  • 欧州、北米、アジア太平洋、列島における市場の動向は?
 


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図の一覧

エグゼクティブサマリー

1 二輪車市場

1.1 概要
1.1.1 二輪車市場データ
1.2 二輪車テレマティクス・インフラストラクチャ
1.2.1 車両セグメント
1.2.2 追跡セグメント
1.2.3 ネットワークセグメント
1.2.4 サービス分野
1.3 二輪車テレマティクス・アプリケーション
1.3.1 車両診断とメンテナンス
1.3.2 車両管理
1.3.3 盗難車追跡
1.3.4 eコールとロードサイドアシスタンス
1.3.5 無線アップデート
1.4 接続オプション
1.4.1 テザリング・デバイス
1.4.2 組み込み型テレマティクス・ソリューション
1.4.3 アフターマーケット・テレマティクス・ソリューション
1.5 二輪車の盗難

2 市場予測と動向

2.1 OEMテレマティクス市場
2.1.1 EU27+EFTA+英国におけるOEMテレマティクス市場
2.1.2 北米のOEMテレマティクス市場
2.1.3 アジア太平洋地域のOEMテレマティクス市場
2.1.4 アジア太平洋地域のOEMテレマティクス市場
2.2 二輪車のアフターマーケットテレマティクス市場
2.2.1 EU27+EFTA+英国のアフターマーケットテレマティックス市場
2.2.2 北米におけるアフターマーケット・テレマティックス
2.2.3 アジア太平洋地域のアフターマーケットテレマティックス
2.2.4 アジア太平洋地域のアフターマーケットテレマティックス
2.3 市場動向
2.3.1 V2Xは将来有望な二輪車のユースケース
2.3.2 電気二輪車がテレマティクスの普及を促進する
2.3.3 二輪車は自動車と同じテレマティクス導入経路を辿る可能性が高い
2.3.4 二輪車OEMはコネクテッド・サービスのビジネスモデルを試す
2.3.5 コネクテッド二輪車に賭けるクアルコム

3 OEM のテレマティクスへの取り組み

3.1 二輪車とスクーターのOEMによるテレマティクスの取り組み
3.1.1 Ather Energy
3.1.2 BMW Motorrad
3.1.3 CFMoto
3.1.4 Chetak (Bajaj Auto)
3.1.5 Damon Motorcycles
3.1.6 Gogoro
3.1.7 Hero MotoCorp
3.1.8 LiveWire
3.1.9 Okinawa Autotech
3.1.10 Ola Electric
3.1.11 Qianjiang Motorcycle
3.1.12 Royal Enfield
3.1.13 Silence
3.1.14 TVS Motor
3.1.15 Verge
3.1.16 Zero Motorcycles
3.2 原付OEMのテレマティクスの取り組み
3.2.1 Askoll
3.2.2 GOVECS
3.2.3 NIU Technologies
3.2.4 Segway-Ninebot
3.2.5 Sunra
3.2.6 Torrot
3.2.7 Yadea

4 テクノロジーベンダー

4.1 テレマティクスサービスプロバイダー

4.1.1 Ajjas
4.1.2  BikeTrac
4.1.3 Carsystem
4.1.4 DTC
4.1.5 Fleettrack
4.1.6 GeoRide
4.1.7 iTriangle Infotech
4.1.8 LoJack Argentina (Strix)
4.1.9 Mapit IoT
4.1.10 Monimoto
4.1.11 Octo Telematics
4.1.12 Onelap Telematics
4.1.13 SeTrack GPS
4.1.14 Scorpion Automotive
4.1.15 Shanghai WanWay Digital Technology
4.1.16 Sizzapp
4.1.17 SVR Tracking
4.1.18 Tracker Connect
4.1.19 TrackNerd
4.1.20 Trackting
4.1.21 Trak N Tell
4.2 ハードウェアテレマティクスベンダー
4.2.1 Actia
4.2.2 ERM Advanced Telematics
4.2.3 Jimi (Concox)
4.2.4 Panasonic
4.2.5 Positioning Universal
4.2.6 Queclink Wireless Solutions
4.2.7 Teltonika
4.2.8 Tramigo

用語解説

 

ページTOPに戻る


プレスリリース

2024-06-21 プレスリリース
Berg Insight社、二輪車OEM向けテレマティクスシステムの急速な普及を予測

IoTアナリスト企業Berg Insightの新しい市場調査報告書によると、二輪車のOEMテレマティクスシステムのアクティブ数は、2023年の1,110万台から年平均成長率37.1%で成長し、2028年には5,380万台に達する。本レポートは二輪車、原付、スクーターを含む原動機付二輪車に焦点を当てている。現在、組み込み型テレマティクス・サービスを提供しているのは、大手二輪車OEMの一部のみである。「ほとんどの大手二輪車 OEM は、組み込みテレマティクス・システムの導入を検討し始めている。テレマティクス導入の重要な推進力には、緊急時や路上でのアシスタンス・サービス、盗難車追跡ソリューションなどの安全・セキュリティ・サービスが含まれる。電動二輪車の普及が進んでいることも、採用の大きなきっかけとなっている」と、Berg Insight社のシニアアナリスト、Martin Cederqvist氏は述べている。

アフターマーケット・テレマティクス・ソリューションは、既に何年も前から市場で入手可能である。アフターマー ケット・テレマティクスの主なユースケースは、盗難車追跡と盗難防止である。OEM 組込型テレマティクス・ソリューションの普及率は今後数年で高まるだろうが、アフターマー ケット・テレマティクス・サービス・プロバイダーにはまだ多くのチャンスがある。実際に使用されているアフターマーケットの二輪車テレマティクス・システムの数は、2023年末の1,380万台から年平均成長率14.7%で増加し、2028年には2,740万台に達すると予測されている。「アフターマーケット・テレマティクス・システムの稼動台数は、アジア太平洋地域が最も多く、次いでアフリカ、中東、中南米などのRoW地域が続く」とCederqvist氏は述べた。

この業界は初期段階にあるとはいえ、現在、二輪車OEMの一部はコネクテッド・サービスを提供している。 例えば、欧州のBMW Motorrad、米国のLiveWire、Zero Motorcycles、インドのHero MotoCorp、TVS Motor、Bajaj Auto(Chetak)、Royal Enfield、中国のYadea、NIU Technologies、Segway-Ninebot、Sunraなどである。「BMW Motorrad はテレマティクスの導入においてパイオニアである。同社は2017年から欧州で緊急通報テレマティクス・サービスを提供している。緊急通報テレマティクス・サービスは2023年に北米のBMW Motorrad車にも拡大されました」とCederqvist氏は続けた。

二輪車アフターマーケット・テレマティクス市場は、様々な企業がサービスを提供している。様々な車種に数十万台のテレマティクス・デバイスを設置している大企業もある。また、二輪車向けテレマティクス・ソリューションのみに特化した専門企業もある。多くのテレマティクス・サービス・プロバイダーは、OEM とアフターマーケット・セグメントの両方にソリューションを提供している。二輪車テレマティクス・サービス・プロバイダーの例としては、欧州のMapit IoTとScorpion Automotive、北米のSVR TrackingとFind it Now、南米のCarsystemとLojack Argentina(Strix)、インドのAjjas、Fleettrack、iTriangle Infotech、Onelap Telematics、Trak N Tell、中国のWanWayTech、南アフリカのTracker Connectなどがある。また、二輪車用のハードウェア・テレマティクス・デバイスを提供する企業もある。これらの企業は、アフターマーケット、OEM、またはその両方のセグメントに焦点を当てている。例えば、Actia、ERM Advanced Telematics、Jimi (Concox)、Panasonic、Positioning Universal、Queclink Wireless Solutions、Teltonika、Tramigoなどである。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

What are the latest trends on the connected motorcycle, scooter and moped market worldwide? At the end of 2023, an estimated 11.1 million active motor-powered two-wheeler OEM telematics systems and 13.8 million aftermarket telematics systems were in use globally. The addressable market is large as there were about 778 million registered motorcycles, scooters and mopeds at the end of 2022. Get up to date with the latest industry trends in this new 75-page report.

 



The Motor-Powered Two-Wheeler Telematics Market is a comprehensive report from Berg Insight analysing the latest market worldwide. This strategic research report from Berg Insight provides you with 75 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decision.

Highlights from this report:

  • Insights from numerous interviews with market leading companies.
  • New data on two-wheeler populations and new registrations worldwide.
  • Descriptions of two-wheeler telematics systems and associated concepts.
  • Case studies of 23 two-wheeler OEM telematics offerings.
  • Detailed profiles of 29 two-wheeler telematics service providers.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Market forecasts by region and segment lasting until 2028.

The number of connected motorcycles, scooters and mopeds to reach 81.2 million units worldwide in 2028

Telematics is a broad term that may be applied to a wide range of vehicle connectivity solutions. Berg Insight’s definition of a telematics system is an automatic system designed for any motor-powered two-wheeler that incorporates some form of cellular communications. This report focuses on both aftermarket and OEM embedded telematics solutions for motor-powered two-wheelers including motorcycles, mopeds and scooters. OEM embedded telematics solutions are installed at the factory-level and are managed by the OEMs. Aftermarket solutions are retro-fitted and usually managed by third-party companies.

The adoption of telematics in the two-wheeler industry has recently begun to pick up speed. The industry is in a similar stage as the automotive industry was ten or fifteen years ago. Only some of the largest two-wheeler OEMs offer embedded telematics services today. Most major motorcycle OEMs have begun to look at including embedded telematics systems and many will likely introduce such offerings in the near future. Important drivers for telematics include safety and security services such as emergency and roadside assistance services and stolen vehicle tracking solutions. The increasing interest in electric two-wheelers is also a major catalyst for telematics adoption. At the end of 2023, an estimated 11.1 million active two-wheeler OEM telematics systems were in use globally. Growing at a CAGR of 37.1 percent, this number is expected to reach 53.8 million in 2028. Annual shipments of OEM telematics systems are expected to reach 26.1 million by 2028, up from 5.1 million at the end of 2023. This represents a CAGR of 38.7 percent. Examples of two-wheeler OEMs that offer embedded telematics services today include BMW Motorrad in Europe, LiveWire and Zero Motorcycles in the US, Hero MotoCorp, TVS Motor, Bajaj Auto (Chetak) and Royal Enfield in India as well as Yadea, NIU Technologies, Segway-Ninebot and Sunra from China.

The penetration rate of embedded OEM telematics solutions will increase in the coming years, but there will still be plenty of opportunities for aftermarket telematics service providers. The number of aftermarket two-wheeler telematics systems in active use is forecasted to grow from 13.8 million at the end of 2023 to reach 27.4 million in 2028. This represents a CAGR of 14.7 percent. The Asia-Pacific region accounts for the largest number of active telematics systems followed by RoW including regions such as Africa, the Middle East and Latin America. Annual shipments of aftermarket two-wheeler telematics systems are expected to grow at a CAGR of 14.0 percent from 4.9 million in 2023 to 9.5 million in 2028.

The two-wheeler aftermarket telematics market is served by a wide range of companies. Some are large companies that have installed bases of hundreds of thousands of telematics units on various vehicle types. There are also specialised companies that solely focus on telematics solutions for two-wheelers. Many telematics service providers offer solutions both for the OEM and the aftermarket segment. Examples of two-wheeler telematics service providers include Mapit IoT and Scorpion Automotive from Europe; SVR Tracking and Find it Now from North America; Carsystem and Lojack Argentina (Strix) from South America; Ajjas, Fleettrack, iTriangle Infotech, Onelap Telematics and Trak N Tell from India; WanWayTech from China as well as Tracker Connect from South Africa. There are also a range of companies focusing on hardware telematics devices. These companies either focus on the aftermarket, OEM or both segments. Examples of such companies include Actia, ERM Advanced Telematics, Jimi (Concox), Panasonic, Positioning Universal, Queclink Wireless Solutions, Teltonika and Tramigo.

This report answers the following questions:

  • What is the current status of the two-wheeler OEM telematics industry?
  • Which are the key two-wheeler telematics applications?
  • What telematics offerings are available from the leading two-wheeler OEMs today?
  • What business models are used by two-wheeler OEMs?
  • What types of aftermarket telematics products are offered on the market?
  • What are the future applications for two-wheeler telematics?
  • Which are the key future trends in this industry?
  • How will the market evolve in Europe, North America, Asia-Pacific and Row?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    The Two-Wheeler Market

1.1    Introduction
1.1.1    Motor-powered two-wheeler market data
1.2    Two-wheeler telematics infrastructure
1.2.1    Vehicle segment
1.2.2    Tracking segment
1.2.3    Network segment
1.2.4    Service segment
1.3    Two-wheeler telematics applications
1.3.1    Vehicle diagnostics and maintenance
1.3.2    Vehicle management
1.3.3    Stolen vehicle tracking
1.3.4    eCall and roadside assistance
1.3.5    Over-the-air updates
1.4    Connectivity options
1.4.1    Tethered devices
1.4.2    Embedded telematics solutions
1.4.3    Aftermarket telematics solutions
1.5    Motor-powered two-wheeler thefts

2    Market Forecasts and Trends

2.1    The OEM telematics market
2.1.1    The OEM telematics market in EU27+EFTA+UK
2.1.2    The OEM telematics market in North America
2.1.3    The OEM telematics market in Asia-Pacific
2.1.4    The OEM telematics market in RoW
2.2    Aftermarket motor-powered two-wheeler telematics
2.2.1    Aftermarket telematics in EU27+EFTA+UK
2.2.2    Aftermarket telematics in North America
2.2.3    Aftermarket telematics in Asia-Pacific
2.2.4    Aftermarket telematics in RoW
2.3    Market trends
2.3.1    V2X is a promising future use case for two-wheelers
2.3.2    Electric two-wheelers drive telematics adoption
2.3.3    Two-wheelers are likely to follow the same telematics adoption path as cars
2.3.4    Two-wheeler OEMs experiment with business models for connected services
2.3.5    Qualcomm bets on connected two-wheelers

3    OEM Telematics Initiatives

3.1    Motorcycle and scooter OEM telematics initiatives
3.1.1    Ather Energy
3.1.2    BMW Motorrad
3.1.3    CFMoto
3.1.4    Chetak (Bajaj Auto)
3.1.5    Damon Motorcycles
3.1.6    Gogoro
3.1.7    Hero MotoCorp
3.1.8    LiveWire
3.1.9    Okinawa Autotech
3.1.10    Ola Electric
3.1.11    Qianjiang Motorcycle
3.1.12    Royal Enfield
3.1.13    Silence
3.1.14    TVS Motor
3.1.15    Verge
3.1.16    Zero Motorcycles
3.2    Moped OEM telematics initiatives
3.2.1    Askoll
3.2.2    GOVECS
3.2.3    NIU Technologies
3.2.4    Segway-Ninebot
3.2.5    Sunra
3.2.6    Torrot
3.2.7    Yadea

4    Technology Vendors

4.1    Telematics service providers
4.1.1    Ajjas
4.1.2    BikeTrac
4.1.3    Carsystem
4.1.4    DTC
4.1.5    Fleettrack
4.1.6    GeoRide
4.1.7    iTriangle Infotech
4.1.8    LoJack Argentina (Strix)
4.1.9    Mapit IoT
4.1.10    Monimoto
4.1.11    Octo Telematics
4.1.12    Onelap Telematics
4.1.13    SeTrack GPS
4.1.14    Scorpion Automotive
4.1.15    Shanghai WanWay Digital Technology
4.1.16    Sizzapp
4.1.17    SVR Tracking
4.1.18    Tracker Connect
4.1.19    TrackNerd
4.1.20    Trackting
4.1.21    Trak N Tell
4.2    Hardware telematics vendors
4.2.1    Actia
4.2.2    ERM Advanced Telematics
4.2.3    Jimi (Concox)
4.2.4    Panasonic
4.2.5    Positioning Universal
4.2.6    Queclink Wireless Solutions
4.2.7    Teltonika
4.2.8    Tramigo

Glossary

 

ページTOPに戻る


Press Release

2024-06-21 Press releases
Berg Insight expects rapid adoption of embedded two-wheeler OEM telematics systems in the coming years

According to a new market research report from the IoT analyst firm Berg Insight, the number of active two-wheeler OEM telematics systems will grow at a CAGR of 37.1 percent from 11.1 million in 2023 to reach 53.8 million in 2028. The report focuses on motor-powered two-wheelers including motorcycles, mopeds and scooters. Only some of the largest two-wheeler OEMs offer embedded telematics services today. “Most major motorcycle OEMs have started to consider including embedded telematics systems. Important drivers for telematics adoption include safety and security services such as emergency and roadside assistance services and stolen vehicle tracking solutions. The increasing uptake of electric two-wheelers is also a major catalyst for adoption”, said Martin Cederqvist, Senior Analyst at Berg Insight.

Aftermarket telematics solutions have been available on the market for many years already. The main aftermarket telematics use cases are stolen vehicle tracking and theft prevention. The penetration rate of embedded OEM telematics solutions will increase in the coming years, but there will still be plenty of opportunities for aftermarket telematics service providers. The number of aftermarket two-wheeler telematics systems in active use is forecasted to grow at a CAGR of 14.7 percent from 13.8 million at the end of 2023 to reach 27.4 million in 2028. “The Asia-Pacific region accounts for the largest number of active aftermarket telematics systems followed by RoW including regions such as Africa, the Middle East and Latin America”, said Mr Cederqvist.

Even though the industry is in an early stage, some two-wheeler OEMs offer connected services today.  Examples include BMW Motorrad in Europe, LiveWire and Zero Motorcycles in the US, Hero MotoCorp, TVS Motor, Bajaj Auto (Chetak) and Royal Enfield in India as well as Yadea, NIU Technologies, Segway-Ninebot and Sunra in China. “BMW Motorrad has been the pioneer in terms of telematics adoption. The company has offered emergency call telematics services in Europe since 2017. The emergency call telematics services were further expanded to BMW Motorrad vehicles in North America in 2023”, continued Mr Cederqvist.

The two-wheeler aftermarket telematics market is served by a wide range of companies. Some are large companies that have installed bases of hundreds of thousands of telematics devices for various vehicle types. There are also specialised companies that solely focus on telematics solutions for two-wheelers. Many telematics service providers offer solutions both for the OEM and the aftermarket segment. Examples of two-wheeler telematics service providers include Mapit IoT and Scorpion Automotive from Europe; SVR Tracking and Find it Now from North America; Carsystem and Lojack Argentina (Strix) from South America; Ajjas, Fleettrack, iTriangle Infotech, Onelap Telematics and Trak N Tell from India; WanWayTech from China as well as Tracker Connect from South Africa. There are also a range of companies that provide hardware telematics devices for two-wheelers. These companies either focus on the aftermarket, OEM or both segments. Examples of such companies include Actia, ERM Advanced Telematics, Jimi (Concox), Panasonic, Positioning Universal, Queclink Wireless Solutions, Teltonika and Tramigo.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/24 10:26

156.87 円

170.56 円

205.01 円

ページTOPに戻る