世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

コールドチェーン追跡・監視市場 - 第3版


The Cold Chain Tracking and Monitoring Market - 3nd Edition

概要 この調査では、冷蔵コンテナ、トレーラー、スワップボディ、鉄道貨物ワゴン、航空貨物ULD、パレット、カーゴボックスの追跡・監視市場を調査している。これらのユースケース向けのアクティブ遠隔... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年10月17日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
170 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

この調査では、冷蔵コンテナ、トレーラー、スワップボディ、鉄道貨物ワゴン、航空貨物ULD、パレット、カーゴボックスの追跡・監視市場を調査している。これらのユースケース向けのアクティブ遠隔追跡システムの設置台数は、2022年末の400万台から2027年には970万台まで、年平均成長率19.4%で成長すると予測されている。腐敗しやすい食品、ワクチン、医薬品、化学薬品、電子機器は、一般的に輸送中の温度変化にさらされやすいため、こうしたソリューションから大きな恩恵を受けることができる。ベンダー、製品、市場に関する最新情報をご覧ください。

 


 

コールドチェーン追跡・監視市場は、冷蔵貨物や貨物運搬ユニット(トレーラー、複合一貫輸送コンテナ、ULD、鉄道貨車)の遠隔追跡ソリューション市場の最新動向を分析したBerg Insightの3年連続レポートです。ベルグインサイトのこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説を含む170ページのユニークなビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする30社のエグゼクティブインタビューからの洞察
  • 冷蔵貨物追跡のバリューチェーンと主要アプリケーションの包括的な概要
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • 世界の主要な冷蔵貨物追跡イニシアチブの概要
  • 冷蔵貨物追跡ソリューションプロバイダー79社の最新プロファイル
  • 2027年までの市場セグメント別詳細予測
  • コールドチェーンロジスティクス、トレーラー、複合一貫輸送コンテナ、ULD、鉄道貨車などの貨物お
  • び貨物輸送ユニットの追跡に関する最新動向

追跡可能なコールドチェーンの市場価値は2027年に16億ユーロに達する

生鮮食品、ワクチン、医薬品、化学薬品、電子機器は、一般的に温度変化だけでなく、衝撃、傾き、振動、光にも敏感である。このような種類の商品は、サプライチェーン全体を通して安定した温度管理された環境を必要とします。コールドチェーンは、このようなサプライチェーンを表す最も一般的な名称です。冷蔵トレーラー、複合一貫輸送コンテナ、航空貨物用ULD、鉄道貨物用ワゴン、その他断熱カーゴボックスやパレットシッパーなどの物流ユニットは、輸送中の貨物温度を一定に保つために使用される。冷蔵トレーラーと複合一貫輸送コンテナの世界保有台数は、合わせて450万台以上にのぼる。世界で使用されている温度管理されたULDや鉄道貨車の数は数万台である。

貨物の位置や状態に関するリアルタイムのデータを可能にするコールドチェーン追跡・監視ソリューションは、貨物の所有者や物流サービスプロバイダーに大きな価値を提供します。世界で生産される食物の約3分の1が廃棄されています。廃棄の最大15パーセントは、収穫後、小売店に届く前、つまり主に輸送中に発生していると推定されています。適切に管理されていない輸送中の温度変化は、腐敗の一般的な原因である。輸送中の温度レベルに関するデータがなければ、サプライチェーンマネージャーは腐敗を防ぐことができない。

Berg Insightのリアルタイム・コールドチェーン追跡ソリューションの定義は、データロギング、衛星測位、バックオフィスアプリケーションへのデータ通信を組み込んだシステムである。追跡装置は、貨物輸送ユニット(トレーラー、複合一貫輸送コンテナ、航空貨物ULD、鉄道貨物ワゴンなど)または貨物そのものを追跡するように設計することができます。貨物輸送ユニット追跡装置はコンテナユニットに恒久的または一時的に設置され、貨物追跡装置は通常、輸送中に貨物と一緒に設置されます。様々なニーズに対応するため、様々なデバイスのフォームファクターや技術が市場に出回っています。

ベルグインサイトの予測によると、2022年の冷蔵貨物輸送ユニット用セルラーまたは衛星通信機能付き遠隔追跡システムの出荷台数は世界で72万5,000台に達した。年平均成長率(CAGR)9.8%で成長し、出荷台数は2027年には120万台に達すると予想される。同期間中、冷蔵貨物コンテナ用アクティブ・リモート・トラッキング・システムの設置台数は、2022年末の240万台からCAGR 13.0%で成長し、2027年には440万台に達すると予測される。断熱カーゴボックスやパレットシッパーを含む一般貨物アプリケーションで使用されているアクティブトラッキングデバイスとリアルタイムデータロガーの数は、2022年末時点で160万ユニットに達した。この市場セグメントは、価格低下が予想され、スマートラベルや設置面積が非常に小さい他のデバイスが導入されているため、今後数年で急成長する。2027年末には、使用中のアクティブ・デバイス数は520万台に達すると予測される。このカテゴリーの年間デバイス出荷台数は、2022年の590万台から成長し、2027年には2,250万台に達する。

コールドチェーン追跡・監視市場には、幅広いプレーヤーが参入している。ORBCOMMは、接続された車両と資産の大規模なインストールベースを持っています。同社は、冷蔵トレーラーとコンテナのトラッキング・セグメントでナンバーワン・プレーヤーであり、約0.5百万ユニットがインストールされている。マースクは、38万個の冷蔵コンテナの全車両をリアルタイムで追跡するシステムを展開し、世界最大の冷蔵コンテナ追跡プロジェクトとなった。デンマークに本社を置く追跡のスペシャリスト、グローブ・トラッカー社は、冷蔵コンテナ追跡ソリューションのプロバイダーとしては第3位の規模を誇る。同社は、大手海運会社ハパックロイド社の約16万個の冷凍コンテナ全船隊に追跡ユニットを装備している。冷蔵一貫輸送コンテナ追跡の大手企業には、Envotech社、Cooltrax社、Copeland社(旧Emerson Climate Technologies社)などがある。さらに、冷凍トレーラー追跡の大手企業には、Spireon、Schmitz Cargobull、CalAmp、Idem Telematicsなどがある。Intermodal TelematicsとSAVVY Telematics Systemsは、温度制御タンクコンテナ追跡ソリューションの主要ベンダーである。

DeltaTrak、Sensitech(Carrier傘下)、Controlant、Tive、Frigga(Dewav Electronic Technology傘下)、Copeland(旧Emerson Climate Technologies)は、冷蔵貨物追跡分野の大手企業で、それぞれ数十万台のリアルタイム追跡装置を配備している。これらの企業のソリューションは、輸送中に貨物と一緒に置かれるトラッカーに基づいており、航空輸送を含む様々な輸送手段に使用できる。このセグメントのその他のプレーヤーには、OnAsset Intelligence、Roambee、Adapt Ideations、Tempmate、Onset、Escavox、7PSolutions、Intelytなどがある。さらに、貨物の位置と状態の追跡を顧客にサービスとして提供するコールドチェーン・ロジスティクス・サービス・プロバイダーもいくつかある。このグループに属する企業の例としては、DBシェンカー、フェデックス、UPSなどがある。

物流業界は現在、大きな変革期を迎えている。COVID-19パンデミック後のサプライチェーンの混乱によって加速され、業界は現在、サプライチェーンの可視性と安全性を高めるデジタル・ソリューションに多額の投資を行っている。コールドチェーンで輸送される商品は、多くの場合、価値が高く、計画外の停止や温度偏差に対してより敏感である。貨物の位置と状態に関するリアルタイムのデータにアクセスできることは、管理者が予期せぬ事態が発生した場合に貨物の積み荷を救うのに役立ちます。また、サプライチェーンの最適化に利用できる、出荷に関する重要な情報やデータも提供します。トラッキング・ソリューション・プロバイダーは今日、冷蔵貨物や貨物コンテナの幅広いアプリケーションやシナリオをサポートすることができます。ソリューション・プロバイダーは、衛星およびセルラーIoTネットワーク技術の急速な発展によって強化され、より優れたソリューションの創造を可能にしている。

本レポートは以下の質問に答えます

  • コールドチェーン追跡ソリューションの主要プロバイダーは?
  • 機器ベンダーやサービスプロバイダーはどのような製品を提供しているのか?
  • 最も普及率の高い冷蔵輸送形態は?
  • 規制や法律が市場に与える影響は?
  • 冷蔵貨物追跡ソリューション採用の主な原動力は?
  • コールドチェーン追跡市場の最新動向は?
  • 技術の進歩は市場にどのような影響を与えるのか?
  • コールドチェーン追跡業界は今後どのように進化していくのか?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 世界の貨物輸送の概要

1.1 国際商品貿易
1.1.1 貨物輸送モード
1.1.2 物流ユニットとコンテナ化
1.1.3 港湾、ターミナル、トレードレーン
1.1.4 世界のコンテナ船会社と航空貨物航空会社
1.2 コンテナ、トレーラー、鉄道貨車、ULD
1.2.1 複合一貫輸送用コンテナ
1.2.2 トレーラーとセミトレーラー
1.2.3 鉄道貨車
1.2.4 航空貨物ユニットロード装置

2 コールドチェーン産業

2.1 コールドサプライチェーン
2.2 コールドチェーンで輸送される商品
2.3 コールドチェーン規制
2.3.1 北米
2.3.2 欧州
2.3.3 その他の地域
2.4 コールドチェーン監視ソリューション
2.4.1 コールドチェーン追跡インフラ
2.4.2 追跡ソリューションを利用するメリット
2.5 ビジネスモデル

3 市場予測と動向

3.1 市場分析
3.1.1 設置ベースと出荷台数
3.1.2 地域市場
3.1.3 市場価値
3.1.4 ベンダーの市場シェア
3.2 バリューチェーン分析
3.2.1 冷蔵貨物・貨物コンテナ追跡ソリューションプロバイダー
3.2.2 冷蔵貨物コンテナOEM企業
3.2.3 コールドチェーン物流サービスプロバイダー
3.3 市場促進要因と障壁
3.3.1 マクロ経済環境
3.3.2 規制環境
3.3.3 競争環境
3.3.4 技術環境
3.4 今後の業界動向
3.4.1 貨物追跡市場をリードするコールドチェーン追跡・監視ソリューション
3.4.2 パンデミックがコールドチェーンモニタリングソリューションの普及を加速
3.4.3 コンテナ船会社の記録的な利益がIoTへの投資を加速させる
3.4.4 リアルタイム・モニタリング・ソリューションの活用で持続可能性目標を達成できる
3.4.5 既存のデータロガープロバイダーはリアルタイム技術に賭ける
3.4.6 2G/3Gネットワークの日没がトラッキング・ソリューション・プロバイダーにチャンスをもたらす
3.4.7 スマートラベルが小荷物追跡に革命をもたらす可能性
3.4.8 出荷監視サービスがますます一般的になる

4 コールドチェーン追跡ソリューションプロバイダー

4.1 冷蔵貨物コンテナ追跡ソリューションプロバイダー
4.1.1 AddSecure
4.1.2 ArrowSpot
4.1.3 Astrata Europe
4.1.4 Ayantra
4.1.5 Bosch
4.1.6 CalAmp
4.1.7 CLS Group
4.1.8 Contguard
4.1.9 Cooltrax
4.1.10 Copeland
4.1.11 Digi International
4.1.12 Envotech
4.1.13 EROAD
4.1.14 G7 Yiliu
4.1.15 Globe Tracker
4.1.16 Idem Telematics (BPW)
4.1.17 Intermodal Telematics
4.1.18 Kirsen Global Security
4.1.19 Motive Technologies
4.1.20 Nexxiot
4.1.21 ORBCOMM
4.1.22 Powerfleet
4.1.23 Purfresh
4.1.24 Samsara
4.1.25 SAVVY Telematic Systems
4.1.26 Sensolus
4.1.27 Spireon (Solera)
4.1.28 Swinnus
4.1.29 Sycada
4.1.30 T42 IoT Tracking Solutions
4.1.31 T Comm Telematics
4.1.32 Transics (ZF)
4.1.33 Ubidata
4.1.34 WITRAC
4.1.35 Zenatek
4.2 冷蔵貨物追跡ソリューションプロバイダー
4.2.1 7PSolutions
4.2.2 Adapt Ideations
4.2.3 Berlinger
4.2.4 CartaSense
4.2.5 Controlant
4.2.6 DeltaTrak
4.2.7 ELPRO (Bosch)
4.2.8 Escavox
4.2.9 Frigga (Shanghai Dewav IoT Technology)
4.2.10 Hanhaa
4.2.11 Intelyt
4.2.12 OnAsset Intelligence
4.2.13 Onset
4.2.14 ParkourSC
4.2.15 Roambee
4.2.16 Sendum Wireless
4.2.17 Sensitech (Carrier)
4.2.18 Sony
4.2.19 Tempmate
4.2.20 Tive
4.2.21 Trusted
4.2.22 TSS
4.2.23 Versa
4.2.24 Xsense
4.3 冷蔵貨物コンテナOEMs
4.3.1 Carrier
4.3.2 China International Marine Containers (CIMC)
4.3.3 Cold Chain Technologies
4.3.4 Cryoport
4.3.5 CSafe Global
4.3.6 Daikin Industries
4.3.7 Envirotainer
4.3.8 Krone
4.3.9 Maersk Container Industry
4.3.10 Mitsubishi Heavy Industries
4.3.11 Schmitz Cargobull
4.3.12 Sonoco ThermoSafe
4.3.13 Thermo King (Trane Technologies)
4.3.14 Utility Trailer Manufacturing
4.4 コールドチェーン物流サービスプロバイダー
4.4.1 DB Schenker
4.4.2 FedEx
4.4.3 Hapag-Lloyd
4.4.4 Maersk
4.4.5 UPS
4.4.6 ZIM

用語集

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-10-17 プレスリリース
コールドチェーン追跡ソリューション市場の急成長が視野に

世界有数のIoT市場調査会社であるBerg Insightはコールドチェーン追跡市場を対象とした新しい市場レポートを発表しました。トレーラー、複合一貫輸送コンテナ、鉄道貨車、航空貨物のULDを含む冷蔵貨物運搬ユニット用のセルラーまたは衛星通信機能を備えた遠隔追跡システムの出荷台数は、2022年に世界で72万5000台に達した。年平均成長率(CAGR)9.8%で成長し、2027年の出荷台数は120万台に達すると予想される。同期間中、冷蔵貨物運搬ユニットに使用されるアクティブトラッキングデバイスの設置台数は、2022年末の240万台からCAGR 13.0%で成長し、2027年には440万台に達すると予測される。断熱カーゴボックスやパレットシッパーを含む一般貨物用途で使用されているアクティブトラッキングデバイスとリアルタイムデータロガーの数は、2022年末時点で160万ユニットに達した。2027年末にはアクティブ・デバイスの台数は520万台に達すると予測される。このカテゴリーの年間機器出荷台数は、2022年の590万台から成長し、2027年には2,250万台に達する。

コールドチェーンの追跡・監視市場には、幅広いプレーヤーが参入している。ORBCOMMは、接続された車両と資産の大規模なインストールベースを持っています。同社は、冷蔵トレーラーとコンテナのトラッキング・セグメントでナンバーワン・プレーヤーであり、約0.5百万ユニットがインストールされている。マースクは、38万個の冷蔵コンテナの全車両をリアルタイムで追跡するシステムを展開し、世界最大の冷蔵コンテナ追跡プロジェクトとなった。デンマークに本社を置く追跡のスペシャリスト、グローブ・トラッカー社は、冷蔵コンテナ追跡ソリューションのプロバイダーとしては第3位の規模を誇る。同社は、大手海運会社ハパックロイド社の約16万個の冷凍コンテナ全船隊に追跡ユニットを装備している。冷蔵一貫輸送コンテナ追跡の大手企業には、Envotech社、Cooltrax社、Copeland社(旧Emerson Climate Technologies社)などがある。さらに、冷凍トレーラー追跡の大手企業には、Spireon、Schmitz Cargobull、CalAmp、Idem Telematicsなどがある。Intermodal TelematicsとSAVVY Telematics Systemsは、温度制御タンクコンテナ追跡ソリューションの主要ベンダーである。

「コールドチェーンアプリケーション向けのリアルタイムトラッキングソリューションの市場は、最新かつ関連性の高い物流データへの需要が高まるにつれて成長を続けています」と、Berg Insight社のプリンシパルアナリスト、Martin Backman氏は言う。データは組織内の複数の部門にメリットをもたらし、物流プロセスの最適化だけでなく、顧客サービスの向上やクレームの迅速な解決などにも活用できる。コールドチェーンで輸送される貨物は、1つの積荷で数百万ユーロの価値があることもある。「リアルタイムの追跡は、高価値の貨物の腐敗や損傷を防ぐ非常に費用対効果の高い方法です」とBackman氏は続ける。IoTデバイスと接続サービスのコストが下がり続けるにつれて、価値の低い商品も追跡することが経済的に可能になります。「コールドチェーン・トラッキング・ソリューションの対応可能な市場は、今後数年で大幅に拡大するでしょう」とBackman氏は結論づけている。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

This study investigates the market for tracking and monitoring of refrigerated containers, trailers, swap bodies, rail freight wagons, air freight ULDs as well as pallets and cargo boxes. The installed base of active remote tracking systems for these use cases is forecasted to grow at a CAGR of 19.4 percent from 4.0 million units at the end of 2022 to 9.7 million units by 2027. Perishable foods, vaccines and pharmaceuticals, chemicals and electronics can benefit greatly from these solutions as they are typically sensitive to exposure of temperature variations during transportation. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 



The Cold Chain Tracking and Monitoring Market is the third consecutive report from Berg Insight analysing the latest development on the remote tracking solution market for refrigerated cargo and cargo carrying units (trailers, intermodal containers, ULDs and rail freight wagons). This strategic research report from Berg Insight provides you with 170 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 executive interviews with market leading companies.
  • Comprehensive overview of the refrigerated cargo tracking value chain and key applications.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Summary of major refrigerated cargo tracking initiatives worldwide.
  • Updated profiles of 79 cold chain tracking solution providers.
  • Detailed forecasts by market segment lasting until 2027.
  • The latest trends on cold chain logistics and the tracking of cargo and cargo carrying units including trailers, intermodal containers, ULDs and rail wagons.

The market value for cold chain tracking to reach € 1.6 billion in 2027

Perishable foods, vaccines and pharmaceuticals, chemicals and electronics are typically sensitive to exposure of temperature variations as well as shock, tilt, vibrations and light. These types of goods require a steady and controlled temperature environment throughout the entire supply chain. Cold chain is the most commonly used name to describe such supply chains. Refrigerated trailers, intermodal containers, air freight ULDs, rail freight wagons and other logistics units such as insulated cargo boxes and pallet shippers are used to maintain a steady cargo temperature during transportation. The global fleet of refrigerated trailers and intermodal containers amounts to more than 4.5 million units combined. The number of temperature-controlled ULDs and rail freight wagons in use globally are in the tens of thousands.

Cold chain tracking and monitoring solutions that enable real-time data on cargo location and condition provide significant value for cargo owners and logistics service providers. About one third of all food produced for human consumption globally is wasted. It is estimated that up to 15 percent of the wastage occurs post-harvest and before reaching the retail store, i.e. mainly during transportation. Temperature excursions during transportation that are not managed properly is a common reason for spoilage. If there is no data available on temperature levels during transportation, supply chain managers will not be able to prevent spoilage.

Berg Insight’s definition of a real-time cold chain tracking solution is a system that incorporates data logging, satellite positioning and data communications to a backoffice application. The tracking device can be designed to track the cargo carrying unit (i.e. trailer, intermodal container, air freight ULD, rail freight wagon etc.) or the cargo itself. Cargo carrying unit tracking devices are permanently or temporarily installed on the container unit while cargo tracking devices are typically placed with the cargo during transportation. A range of device form factors and technologies are available on the market serving different needs.

Berg Insight estimates that shipments of remote tracking systems with cellular or satellite communications capabilities for refrigerated cargo carrying units reached 725,000 units worldwide in 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 9.8 percent, shipments are expected to reach 1.2 million units in 2027. During the same period, the installed base of active remote tracking systems for refrigerated cargo containers is forecasted to grow at a CAGR of 13.0 percent from 2.4 million units at the end of 2022 to 4.4 million units by 2027. The number of active tracking devices and real-time data loggers in use for general cargo applications, including insulated cargo boxes and pallet shippers, reached 1.6 million units at the end of 2022. The market segment is set for rapid growth in the coming next few years as prices are expected to decrease and smart labels and other devices with a very small footprint are being introduced. The number active devices in use is forecasted to reach 5.2 million units at the end of 2027. Yearly device shipments in this category will grow from 5.9 million units in 2022 to reach 22.5 million units in 2027.

The cold chain tracking and monitoring market is served by a wide range of players. ORBCOMM has a large installed base of connected vehicles and assets. The company is the number one player in the refrigerated trailer and container tracking segment with close to 0.5 million units installed. Maersk has rolled out a system for real-time tracking of its entire fleet of 380,000 refrigerated containers, making it the largest refrigerated container tracking project worldwide. The Denmark-based tracking specialist Globe Tracker is the third largest provider of tracking solutions for refrigerated containers. The company has equipped the major shipping company Hapag-Lloyd’s entire fleet of around 160,000 reefer containers with tracking units. Additional leading players in the refrigerated intermodal container tracking segment include Envotech, Cooltrax and Copeland (formerly Emerson Climate Technologies). Leading refrigerated trailer tracking players moreover include Spireon, Schmitz Cargobull, CalAmp and Idem Telematics. Intermodal Telematics and SAVVY Telematics Systems are leading vendors of temperature-controlled tank container tracking solutions.

DeltaTrak, Sensitech (part of Carrier), Controlant, Tive, Frigga (part of Dewav Electronic Technology) and Copeland (formerly Emerson Climate Technologies) are leading players in the refrigerated cargo tracking segment, each with hundreds of thousands of deployed real-time tracking devices. These companies’ solutions are based on trackers that are placed together with the cargo during transportation and can be used for various modes of transportation including air shipments. Additional players in the segment include OnAsset Intelligence, Roambee, Adapt Ideations, Tempmate, Onset, Escavox, 7PSolutions and Intelyt. There are furthermore several cold chain logistics service providers that offer cargo location and condition tracking as a service for their customers. Examples of companies in this group are DB Schenker, FedEx and UPS.

The logistics industry is currently undergoing a major transformation. Accelerated by the supply chain disruptions following the COVID-19 pandemic, the industry is now investing heavily in digital solutions that will increase visibility and security in the supply chain. Goods transported in the cold chain are in many cases of higher value and more sensitive to unplanned stops and temperature deviations. Having access to real-time data on the location and condition of the cargo helps managers to save the cargo load if an unexpected event occurs. It also provides vital information and data on shipments which can be used to optimize the supply chain. Tracking solution providers can today support a wide range of applications and scenarios for refrigerated cargo and cargo containers. The solution providers are bolstered by the rapid development within satellite and cellular IoT network technologies, which enables the creation of even better solutions.

This report answers the following questions:

  • Which are the leading providers of cold chain tracking solutions?
  • What offerings are available from device vendors and service providers?
  • Which modes of refrigerated transport have the highest penetration rates?
  • What impact will regulations and legislations have on the market?
  • What are the key drivers behind the adoption of refrigerated cargo tracking solutions?
  • What are the latest trends on the cold chain tracking market?
  • What impact will technology advancements have on the market?
  • How will the cold chain tracking industry evolve in the future?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Global Freight Transport Overview

1.1    International merchandise trade
1.1.1    Freight transportation modes
1.1.2    Logistics units and containerisation
1.1.3    Ports, terminals and trade lanes
1.1.4    Global container shipping companies and air cargo airlines
1.2    Containers, trailers, rail freight wagons and ULDs
1.2.1    Intermodal shipping containers
1.2.2    Trailers and semi-trailers
1.2.3    Rail freight wagons
1.2.4    Air freight unit load devices

2    The Cold Chain Industry

2.1    The cold supply chain
2.2    Goods transported in the cold chain
2.3    Cold chain regulations
2.3.1    North America
2.3.2    Europe
2.3.3    Rest of the world
2.4    Cold chain monitoring solutions
2.4.1    Cold chain tracking infrastructure
2.4.2    Benefits of using tracking solutions
2.5    Business models

3    Market Forecasts and Trends

3.1    Market analysis
3.1.1    Installed base and unit shipments
3.1.2    Regional markets
3.1.3    Market value
3.1.4    Vendor market shares
3.2    Value chain analysis
3.2.1    Refrigerated cargo and cargo container tracking solution providers
3.2.2    Refrigerated cargo container OEMs
3.2.3    Cold chain logistics service providers
3.3    Market drivers and barriers
3.3.1    Macroeconomic environment
3.3.2    Regulatory environment
3.3.3    Competitive environment
3.3.4    Technology environment
3.4    Future industry trends
3.4.1    Cold chain monitoring solutions lead the cargo tracking market
3.4.2    The pandemic accelerated uptake of cold chain monitoring solutions
3.4.3    Container shipping companies’ record profits accelerate investments in IoT
3.4.4    Sustainability goals can be reached by using real-time monitoring solutions
3.4.5    Incumbent data logger providers bet on real-time technologies
3.4.6    2G/3G network sunsets create opportunities for tracking solution providers
3.4.7    Smart labels may revolutionise parcel tracking
3.4.8    Shipment monitoring services becomes increasingly common

4    Cold Chain Tracking Solution Providers

4.1    Refrigerated cargo container tracking solution providers
4.1.1    AddSecure
4.1.2    ArrowSpot
4.1.3    Astrata Europe
4.1.4    Ayantra
4.1.5    Bosch
4.1.6    CalAmp
4.1.7    CLS Group
4.1.8    Contguard
4.1.9    Cooltrax
4.1.10    Copeland
4.1.11    Digi International
4.1.12    Envotech
4.1.13    EROAD
4.1.14    G7 Yiliu
4.1.15    Globe Tracker
4.1.16    Idem Telematics (BPW)
4.1.17    Intermodal Telematics
4.1.18    Kirsen Global Security
4.1.19    Motive Technologies
4.1.20    Nexxiot
4.1.21    ORBCOMM
4.1.22    Powerfleet
4.1.23    Purfresh
4.1.24    Samsara
4.1.25    SAVVY Telematic Systems
4.1.26    Sensolus
4.1.27    Spireon (Solera)
4.1.28    Swinnus
4.1.29    Sycada
4.1.30    T42 IoT Tracking Solutions
4.1.31    T Comm Telematics
4.1.32    Transics (ZF)
4.1.33    Ubidata
4.1.34    WITRAC
4.1.35    Zenatek
4.2    Refrigerated cargo tracking solution providers
4.2.1    7PSolutions
4.2.2    Adapt Ideations
4.2.3    Berlinger
4.2.4    CartaSense
4.2.5    Controlant
4.2.6    DeltaTrak
4.2.7    ELPRO (Bosch)
4.2.8    Escavox
4.2.9    Frigga (Shanghai Dewav IoT Technology)
4.2.10    Hanhaa
4.2.11    Intelyt
4.2.12    OnAsset Intelligence
4.2.13    Onset
4.2.14    ParkourSC
4.2.15    Roambee
4.2.16    Sendum Wireless
4.2.17    Sensitech (Carrier)
4.2.18    Sony
4.2.19    Tempmate
4.2.20    Tive
4.2.21    Trusted
4.2.22    TSS
4.2.23    Versa
4.2.24    Xsense
4.3    Refrigerated cargo container OEMs
4.3.1    Carrier
4.3.2    China International Marine Containers (CIMC)
4.3.3    Cold Chain Technologies
4.3.4    Cryoport
4.3.5    CSafe Global
4.3.6    Daikin Industries
4.3.7    Envirotainer
4.3.8    Krone
4.3.9    Maersk Container Industry
4.3.10    Mitsubishi Heavy Industries
4.3.11    Schmitz Cargobull
4.3.12    Sonoco ThermoSafe
4.3.13    Thermo King (Trane Technologies)
4.3.14    Utility Trailer Manufacturing
4.4    Cold chain logistics service providers
4.4.1    DB Schenker
4.4.2    FedEx
4.4.3    Hapag-Lloyd
4.4.4    Maersk
4.4.5    UPS
4.4.6    ZIM

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-10-17 Press releases
Rapid growth on the horizon for the cold chain tracking solutions market

Berg Insight, the world’s leading IoT market research provider, today released a new market report covering the cold chain tracking market. Shipments of remote tracking systems with cellular or satellite communications capabilities for refrigerated cargo carrying units including trailers, intermodal containers, rail freight wagons and air freight ULDs reached 725,000 units worldwide in 2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 9.8 percent, shipments are expected to reach 1.2 million units in 2027. During the same period, the installed base of active tracking devices used for refrigerated cargo carrying units is forecasted to grow at a CAGR of 13.0 percent from 2.4 million units at the end of 2022 to 4.4 million units by 2027. The number of active tracking devices and real-time data loggers in use for general cargo applications, including insulated cargo boxes and pallet shippers, reached 1.6 million units at the end of 2022. The number of active devices is forecasted to reach 5.2 million units at the end of 2027. Yearly device shipments in this category will grow from 5.9 million units in 2022 to reach 22.5 million units in 2027.

The cold chain tracking and monitoring market is served by a wide range of players. ORBCOMM has a large installed base of connected vehicles and assets. The company is the number one player in the refrigerated trailer and container tracking segment with close to 0.5 million units installed. Maersk has rolled out a system for real-time tracking of its entire fleet of 380,000 refrigerated containers, making it the largest refrigerated container tracking project worldwide. The Denmark-based tracking specialist Globe Tracker is the third largest provider of tracking solutions for refrigerated containers. The company has equipped the major shipping company Hapag-Lloyd’s entire fleet of around 160,000 reefer containers with tracking units. Additional leading players in the refrigerated intermodal container tracking segment include Envotech, Cooltrax and Copeland (formerly Emerson Climate Technologies). Leading refrigerated trailer tracking players moreover include Spireon, Schmitz Cargobull, CalAmp and Idem Telematics. Intermodal Telematics and SAVVY Telematics Systems are leading vendors of temperature-controlled tank container tracking solutions.

“The market for real-time tracking solutions for cold chain applications continues to grow as the demand for up-to-date and relevant logistics data increases”, says Martin Backman, Principal Analyst at Berg Insight. The data can provide benefits for several departments within an organization and be used not only to optimize logistics processes but also to improve customer service, settle claims faster and more. A single load of cargo transported in the cold chain can be worth millions of euros. “Real-time tracking is a very cost-effective way to prevent high-value cargo from being spoiled or damaged”, continues Mr. Backman. As the cost for IoT devices and connectivity services continues to decrease it becomes financially viable to also track goods of lower value. “The addressable market for cold chain tracking solutions will expand substantially in the next years”, concludes Mr. Backman.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(Cold Chain)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る