世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

欧州と北米のテレマティクス保険 - 第7版


Insurance Telematics in Europe and North America - 7th Edition

概要 テレマティクス保険市場の最新動向は?Berg Insightは、欧州市場で有効なテレマティクス保険契約数は2022年末時点で1,360万件に達すると推定している。年平均成長率8.9%で成長する欧州のテレマテ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年10月6日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
250 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

テレマティクス保険市場の最新動向は?Berg Insightは、欧州市場で有効なテレマティクス保険契約数は2022年末時点で1,360万件に達すると推定している。年平均成長率8.9%で成長する欧州のテレマティクス保険契約数は、2027年までに2,070万件に達すると推定される。北米では、テレマティクス保険の有効契約数は2022年末の推定1,680万件から増加し、2027年には2,920万件に達すると予測される。ベルグインサイトの250ページにわたる最新戦略レポートで、業界の最新動向をご覧ください。

 


 

欧州と北米のテレマティクス保険は、テレマティクス保険市場の最新動向を分析したBerg Insightの7回目の戦略レポートです。Berg Insightのこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説を含む250ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業30社への新規経営者インタビューからの洞察
  • テレマティクス保険のバリューチェーンと主要アプリケーションの包括的な概要
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • 63件のテレマティクス保険に関する取り組みのケーススタディ
  • 自動車OEMと移動体通信事業者の関与の概要
  • 欧州と北米の自動車台数に関する新データ
  • 2027年までの国別市場予測

欧州と北米のテレマティクス保険契約数は2027年末までに4,990万件に達する

テレマティクス技術の統合は、自動車保険業界にとって最新の革命である。テレマティクスの概念は、テレコミュニケーション(長距離通信)とインフォマティクス(情報科学)の合成語である。したがって、テレマティクスとは一般に、電気通信ネットワークを介して、自動車など遠隔地にある対象物に関連する情報を収集することを指す。自動車保険におけるテレマティクス技術の導入は、一般に利用ベース保険(UBI)またはテレマティクス保険と呼ばれている。この種のソリューションは一般に、自動車保険会社が実際の走行データに基づいて価格設定メカニズムを改善し、保険金請求をより適切に管理し、現在および将来の保険契約者に提供する商品を差別化することを可能にする。長年にわたって普及してきたテレマティクス保険のバリエーションには、PAYD(Pay-As-You-Drive)、PHYD(Pay-How-You-Drive)、MHYD(Manage-How-You-Drive)といった行動ベースの価格設定モデルがある。

テレマティクス保険の市場規模は大きいです。EU+EFTA+英国では2021年に合計約3億3,800万台の自動車が使用され、そのうち乗用車は2億9,400万台以上である。北米では、2021年に約3億台の自動車が使用され、そのうち乗用車と小型トラックは約2億8300万台と推定される。ほとんどの先進国では、何らかの基本的な自動車保険への加入が義務付けられており、さらに、自動車に関わるさまざまな種類の不測の事態を補償する保険のサブカテゴリーが数多く存在する。EU22+3における2021年の自動車総保険料は1,409億ユーロを超えた。北米のこれに相当する数字は、2021年に3,436億米ドル(3,263億ユーロ)である。

テレマティクス保険市場は現在成長段階にあり、今後数年で加速すると予想される。国際的な観点から見ると、今のところ欧州と北米が保険テレマティクス・プログラムと有効契約の大部分を占めており、先行する国別市場には米国、イタリア、カナダ、英国、ドイツが含まれる。Berg Insightは、2022年末に欧州市場で有効なテレマティクス保険契約の総数は1,360万件に達すると予測している。年平均成長率8.9%で成長する欧州のテレマティクス保険契約数は、2027年までに2,070万件に達すると推定される。北米では、テレマティクス保険の保有契約数は2022年末の推定1,680万契約から増加し、2027年には2,920万契約に達すると予測され、年平均成長率は11.7%である。

米国では、UBI保険の上位3社はいずれも、従来使われていたOBDドングルを補うか、それに代わるスマートフォンベースのソリューションを導入している。米国とカナダの保険会社数社は近年、テレマティクス・プログラムの再評価と再発売を行った。北米の保険会社はクレーム関連の保険テレマティクスも模索しており、その多くがUBIに漫然運転パラメータを追加している。欧州のテレマティクス保険市場は依然としてイタリアと英国の保険会社が独占しており、それぞれ980万件、130万件と推定されている。ドイツの市場は2022年に大きく成長し、テレマティクス契約数は約100万件に達した。その他の市場での普及率はかなり低く、北欧、イベリア半島、フランスとベネルクス、中・東欧では4万~32万件である。

テレマティクス保険のバリューチェーンは複数の業界にまたがっている。テレマティクス保険市場に参入している保険会社には、Progressive、UnipolSai、State Farm、Allstate、Generali、Allianz、HUK-Coburg、Admiral、AXA、Liberty Mutual、Intact、Insure The Boxなどがある。保険会社はテレマティクス・プログラムを独自に開発するか、あるいは程度の差こそあれパートナーに依存する。スマートフォンベースのテレマティクス・プレーヤーは過去数年間に大きな市場シェアを獲得している。スマートフォンベースのテレマティクス保険ソリューションの主要ベンダーには、Cambridge Mobile TelematicsやArityなどがある。その他のベンダーには、DriveQuant、OSeven Telematics、Sentiance、Telematics Technologiesなどがある。保険分野で活躍する重要なテレマティクス・サプライヤーには、OCTO Telematics、Vodafone Automotive、Viasat Group、Targa Telematics、Redtail Telematics、IMS、The Floowなどがある。テレマティクス保険市場の他のプレーヤーとしては、Radius Telematics、Scope Technology、LexisNexis Risk Solutions、Verisk、CCC Information Servicesなどがある。自動車OEMはエコシステムに積極的に参加するようになっている。例えば、BMW、General Motors、Ford、Honda、Hyundai、Mercedes-Benz、Renault-Nissan-Mitsubishi、Stellantis、Tesla、Toyotaなどである。

本レポートは以下の質問に答えます

  • 市場で提供されている保険テレマティクス製品にはどのような種類があるか?
  • テレマティクス保険技術の主要プロバイダーはどこか?
  • 各市場における支配的なテクノロジー要因は何か?
  • 現在最も成功しているテレマティクス保険プログラムはどれか?
  • 移動体通信事業者はテレマティクス保険市場にどのように参入しているか?
  • 自動車OMEはエコシステムにどのように関与しているか?
  • テレマティクス保険導入の主な推進要因と障壁は何か?
  • この業界における将来の主要トレンドは何か?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 自動車市場

1.1 欧州の自動車市場
1.1.1 使用車両と自動車密度
1.1.2 新車登録台数と主要メーカー
1.2 北米の自動車市場
1.2.1 自動車保有台数と自動車駐車場密度
1.2.2 新車登録台数と主要メーカー
1.3 自動車保険
1.3.1 基本的な保険用語と分類
1.3.2 自動車保険の基本
1.3.3 従来の自動車保険のリスク格付けとプライシング基準
1.3.4 自動車保険数理ツールボックスの発展
1.4 欧州の自動車保険市場
1.5 北米の自動車保険市場

2 テレマティクス保険ソリューション

2.1 テレマティクス保険の紹介
2.1.1 テレマティクスに基づく保険契約の価格設定の根拠
2.1.2 テレマティクス保険の簡単な歴史
2.2 利用ベースの保険と関連する概念とアプリケーション
2.2.1 手動報告
2.2.2 利用ベースのテレマティクス保険 - PAYD、PHYD、MHYD、TBYB
2.2.3 テレマティクスの連続データ記録と時間限定データ記録
2.2.4 利用ベースの価格設定とクレーム関連の保険テレマティクス
2.2.5 個人保険と企業保険のテレマティクス
2.2.6 テレマティクス保険に関する付加価値サービス
2.3 テレマティクス保険のインフラ 
2.3.1 自動車セグメント
2.3.2 保険会社セグメント
2.3.3 エンドユーザー部門
2.3.4 ネットワークセグメント
2.3.5 GNSS セグメント
2.4 ビジネスモデル
2.4.1 自社開発
2.4.2 テレマティクス・パートナーの活用
2.4.3 顧客との直接的なやり取りを伴わないアンダーライティング

3 欧州のテレマティクス保険市場

3.1 地域市場の特徴
3.1.1 イタリア
3.1.2 イギリス
3.1.3 イベリア
3.1.4 オーストリア
3.1.5 フランス
3.1.6 ベネルクス
3.1.7 スイス
3.1.8 北欧
3.1.9 ドイツ
3.1.10 中欧および東欧
3.2 テレマティクス保険のケーススタディ
3.2.1 UnipolSaiが保険に加入している車両の45%以上にブラックボックスが搭載されている。
3.2.2 ゼネラリは幅広いテレマティクス保険商品を提供している
3.2.3 スマートフォン専用ソリューション - アリアンツのテレマティクス商品の成長エンジン
3.2.4 AXA は欧州の複数の国でテレマティクス保険のポートフォリオを提供している。
3.2.5 Admiral Group は欧州で複数のテレマティクス保険プログラムを提供している。
3.2.6 Insure The Box はブラックボックスベースの保険を 100 万件以上販売している。
3.2.7 ダイレクトライン・グループが有料マイル保険会社バイ・マイルズを買収
3.2.8 Aviva がイギリスでデバイスベースのテレマティクスを選択
3.2.9 Zegoがイギリスのフリート向けに行動ベースの価格設定を開始
3.2.10 Ingenieは17歳から44歳のドライバーをターゲットにしている
3.2.11 GraniteがIMSからCarrot Insuranceを買収
3.2.12 Ardonagh GroupがMarmaladeとBe WiserでUBIの提供を拡大
3.2.13 RSA、123GOを通じてUBIを提供
3.2.14 AbbeyAutoline(Prestige)がHowden Driving DataとChilliDriveを更新
3.2.15 Markerstudy GroupはSmartDriverClub保険と生協を通じてUBIを提供している
3.2.16 ステランティスは欧州市場でUBIの長い経験がある
3.2.17 メルセデス・ベンツはドイツでUBIを提供している
3.2.18 HUK-Coburgは2019年にTelematik Plusをリニューアルした
3.2.19 VHVのTelematik Garantがモバイルベースのテレマティクス・ソリューションに変更
3.2.20 ドイツの保険会社シグナル・イドゥナがUBIプログラムを閉鎖
3.2.21 EMIL、ドイツでペイパーマイル型テレマティクス製品を強化
3.2.22 DEVK社、アプリベースのテレマティクス製品にドルフィン・テクノロジーズを導入
3.2.23 UNIQAは新しいITインフラに注力し、UBIからは撤退する
3.2.24 Groupamaが複数の国で保険テレマティクスを提供
3.2.25 リスク社はオランダで複数の保険テレマティクス商品を発売
3.2.26 MAPFRE はスペインと米国で保険テレマティクス商品を提供
3.2.27 ÖSA と Sparkassen Versicherung はドイツで eCall サービスを提供している。
3.2.28 GDV がドイツの保険会社と eCall サービスを開始
3.2.29 Zavarovalnica TriglavがスロベニアにUBIを導入
3.2.30 PZU Group と Link4 がポーランドでテレマティクス・プログラムを提供
3.2.31 CHERRISKが安全運転に報酬を与える
3.2.32 HDI Global が英国とイタリアでテレマティクス・ソリューションを提供
3.2.33 チューリッヒは2021年に英国のテレマティクス保険会社MyPolicyに投資した
3.2.34 If Insurance は北欧でのテレマティクスの経験が長い
3.2.35 Paydrive、アフターマーケットとOEMのテレマティクスをUBIに活用
3.2.36 VIS、アイスランドでテレマティクス保険のパイオニアとなる

4 北米のテレマティクス保険市場

4.1 地域市場の特徴
4.1.1 米国
4.1.2 カナダ
4.2 テレマティクス保険のケーススタディ
4.2.1 プログレッシブは米国におけるUBIテレマティクスのパイオニアである。
4.2.2 State Farm は CMT と協力して Drive Safe & Save プログラムを強化している。
4.2.3 Allstateは米国でDrivewiseとMilewiseを提供している。
4.2.4 Liberty Mutual はテレマティクス商品の幅広いポートフォリオを持っている。
4.2.5 Desjardins はカナダで保険テレマティクスのスマートフォンアプリを提供している。
4.2.6 NationwideはOBD、スマートフォン、OEMテレマティクスデータに基づくUBIを提供
4.2.7 FarmersはDriveway Softwareからモバイルベースのテレマティクス保険を提供
4.2.8 トラベラーズがインシュアテックTrovを買収
4.2.9 GEICOが米国の一部州でスマートフォンベースのテレマティクス・プログラムを提供
4.2.10 トヨタ・インシュアランス・マネジメント・ソリューションズが米国でUBIを提供
4.2.11 CAA、OCTOテレマティクスを利用したMyPaceとConnectを提供
4.2.12 ルート・インシュアランスはスマートフォンを活用した保険会社
4.2.13 USAAはUBIに特化したNoblrを買収し、保険の提供を強化する
4.2.14 モービルアイとミュンヘン再保険がミュンヘン再保険のスマートモビリティプログラムで協業
4.2.15 プログレッシブが2つ目の商用UBI商品を発売
4.2.16 Nationwide 社は企業向け保険テレマティクス・ソリューションを提供している
4.2.17 Philadelphia Insurance Companies はフリートテレマティクス保険を提供している。
4.2.18 トゥルーマイレージがNFCを利用し、オハイオ相互保険グループと提携
4.2.19 リバティミューチュアル社はステートオート社の買収でUBIの顧客基盤を強化
4.2.20 フォード、ヒュンダイ、ホンダ、GMがベリスクテレマティクスデータエクスチェンジに参加
4.2.21 CMT、米国で複数の安全運転コンテストを開催
4.2.22 インタクト、デバイスベースのプログラムを廃止し、モバイルソリューションを採用
4.2.23 レモネードがメトロマイルを買収
4.2.24 アメリカンファミリー保険が3つのUBIプログラムを提供
4.2.25 HDVI、セミトレーラートラックのフリート向けにテレマティクスUBIを開拓
4.2.26 テスラ、テレマティクス保険を引き受ける
4.2.27 PouchとMojioが提携、中小企業向けにフリート保険を提供

5 市場予測と動向

5.1 市場分析
5.1.1 欧州と北米のテレマティクス保険政策と普及率
5.1.2 欧州と北米のフォームファクターの発展
5.2 バリューチェーン分析
5.2.1 保険業界のプレーヤー
5.2.2 テレマティクス業界のプレーヤー
5.2.3 自動車業界プレーヤー
5.2.4 通信業界プレーヤー
5.2.5 IT業界プレーヤー
5.2.6 テレマティクス保険分野におけるM&A
5.3 市場の推進要因と障壁
5.3.1 マクロ経済環境
5.3.2 規制環境
5.3.3 競争環境
5.3.4 技術環境
5.4 今後の業界動向
5.4.1 テレマティクス保険のコンセプトの継続的拡大が予想される
5.4.2 保険会社はUBIとクレーム関連のテレマティクス保険の両方を受け入れる
5.4.3 モバイル機器に有利なフォームファクターのシフト
5.4.4 コネクテッド・カーがテレマティクス保険の大衆市場への道を開く
5.4.5 車両テレマティクス保険は車両追跡市場を破壊する
5.4.6 個人情報保護への懸念は顧客セグメントを問わず和らいでいる
5.4.7 ビッグデータ: テレマティクス・データの所有権とポータビリティが精査される
5.4.8 テレマティクス保険は脇見運転の削減を目指す
5.4.9 モビリティ・トレンドはテレマティクス・ベースの保険に新たな機会をもたらす
5.4.10 コネクテッドカーからの車両診断データは保険会社に価値をもたらす
5.4.11 将来展望: テレマティクス保険は他の地域でも急成長している
5.4.12 ペイ・パー・マイル保険プログラムが復活しつつある
5.4.13 保険会社は他のIoT分野を開拓する
5.4.14 テレマティクス保険のコンセプトはより多くの車種に適用可能になる
5.4.15 自律走行車が自動車保険の土俵を変える
5.4.16 自動車OEMはテレマティクス保険に賭ける
5.4.17 保険会社はアプリベースのUBIソリューションでより幅広い機能を提供し始める

6 企業プロフィールと戦略

6.1 Agero
6.2 Arity
6.3 Azuga
6.4 Brightmile
6.5 CalAmp
6.6 Cambridge Mobile Telematics
6.7  CC Information Services
6.8 ClearScore
6.9 Dolphin Technologies
6.10 Earnix
6.11 FairConnect Group
6.12 Greater Than
6.13 Howden Driving Data (Howden Group)
6.14 IMS
6.15 Insure Telematics Solutions
6.16 Inzura
6.17 LexisNexis Risk Solutions
6.18 Meta System
6.19 Motix Connected
6.20 Movingdots (Powerfleet)
6.21 Munic Car Data
6.22 OCTO Telematics
6.23 OSeven Telematics
6.24 Quartix
6.25 Radius Telematics
6.26  Redtail Telematics
6.27 Sentiance
6.28 Scope Technology
6.29 Sycada
6.30 Targa Telematics
6.31 Telematics Technologies
6.32 The Floow
6.33 Trakm8
6.34 Verisk Analytics
6.35 Viasat Group
6.36 Vodafone Automotive
6.37 Webfleet
6.38 Zendrive

用語解説

 

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-10-06 プレスリリース
欧州と北米の保険テレマティクス有効契約数は2022年に3,040万件に到達

IoTアナリスト企業ベルグインサイトの新しい調査報告書によると、欧州市場で有効な保険テレマティクス契約数は2022年第4四半期に1,360万件に達した。年平均成長率(CAGR)は8.9%で、この数字は2027年までに2,070万件に達すると予想されている。北米では、保険テレマティクスの保有契約数は2022年第4四半期の1,680万件からCAGR 11.7%で成長し、2027年には2,920万件に達すると予想される。米国、イタリア、英国、カナダは依然として保険テレマティクス契約数で最大の市場である。北米では、米国のProgressive、Allstate、Liberty Mutual、Nationwide、State Farm、カナダのIntact Financial CorporationとDesjardinsが市場を独占している。イタリアの保険会社UnipolSaiとGeneraliは、欧州のテレマティクス対応契約の約50%を占めている。英国では、Admiral GroupやDirect Lineなどが積極的に採用している。欧州の保険テレマティクス市場は、アフターマーケットのブラックボックスが大部分を占めているが、北米ではモバイル・アプリケーションに続いてOBDデバイスが有効契約の大部分を占めている。ベルグインサイトは、すべての市場でスマートフォンベースのソリューションの利用が引き続き増加し、利用ベースの保険プログラムにおけるOEMテレマティクスデータの利用が増加すると予想している。

保険テレマティクスのバリューチェーンは、保険業界のプレイヤーをはるかに超えた企業の大規模なエコシステムを含む複数の業界にまたがっている。「フォード、ゼネラル・モーターズ、メルセデス・ベンツ、ステランティス、テスラ、トヨタなどの自動車OEMはすべて、顧客のために利用ベースの保険を可能にするソリューションを立ち上げています」と、Berg Insight社のIoTアナリスト、Caspar Jansson氏は言う。レクシスネクシス・リスク・ソリューションズ、ベリスク、CCCインフォメーション・サービスなどの企業は、OEMと提携し、テレマティクス・エクスチェンジでコネクテッドカーのデータを正規化することで、保険契約者が運転データの共有に同意する限り、保険会社は膨大なソースからのテレマティクス・データを利用することができる。

アフターマーケットのテレマティクスは、利用ベースの保険市場において依然として重要な役割を果たしている。Octo Telematicsは、保険テレマティクス・プログラムに570万台以上のデバイスを設置し、圧倒的な市場シェアを誇っている。Vodafone Automotive、Viasat Group、Targa Telematics、IMS、The FloowなどのEnd-to-Endソリューション・プロバイダーも保険テレマティクス市場の重要なプレーヤーである。「スマートフォンをベースとした保険テレマティクス・ソリューションは、現在、より成熟したソリューションになりつつあり、保険金請求処理やマーケティング・ツールなど、このコンセプトの可能性を活用し始める保険会社が多く見られます」とJansson氏は続けた。Cambridge Mobile Telematicsは、保険テレマティクスのモバイル・ベースの分野におけるリーディング・プレーヤーであり、主に米国で1,000万件以上の保険テレマティクス契約をサポートしている。スマートフォンベースの保険テレマティクス・ソリューションのベンダーとしては、他にArity(Allstateの子会社)、Dolphin Technologies、Radius Telematics、Sentiance、OSeven Telematics、Movingdots、DriveQuant、Sycada、Telematics Technologiesなどが挙げられる。「スマートフォンをベースとした保険テレマティクスの普及は、導入コストの低さが動機となっており、保険会社は、よく練られたマーケティングやゲーミフィケーション機能によって、顧客との交流やロイヤルティを高めることもできる」とJansson氏は締めくくった。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

What are the latest trends on the Insurance telematics market? Berg Insight estimates that the total number of insurance telematics policies in force on the European market reached 13.6 million at the end of 2022. Growing at a compound annual growth rate of 8.9 percent, the number of active insurance telematics policies in Europe is estimated to reach 20.7 million by 2027. In North America, the total number of insurance telematics policies in force is forecasted to increase from an estimated 16.8 million policies at the end of 2022 to reach 29.2 million policies by 2027. Get up to date with the latest industry trends in this new 250-page strategy report from Berg Insight.

 


 

Insurance Telematics in Europe and North America is the seventh strategy report from Berg Insight analysing the latest developments on the insurance telematics market. This strategic research report from Berg Insight provides you with 250 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 new executive interviews with market leading companies.
  • Comprehensive overview of the insurance telematics value chain and key applications.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Case studies of 63 insurance telematics initiatives.
  • Summary of the involvement of vehicle OEMs and mobile operators.
  • New data on vehicle populations in Europe and North America.
  • Market forecasts by country lasting until 2027.

Europe and North America to reach 49.9 million insurance telematics policies by year-end 2027

The integration of telematics technology constitutes the latest revolution for the automotive insurance industry. The concept of telematics is a portmanteau of telecommunications – long-distance communications – and informatics – the science of information. Telematics in general thus refers to the collection of information related to remote objects such as vehicles via telecommunications networks. The introduction of telematics technology in the context of automotive insurance is commonly referred to as usage-based insurance (UBI) or insurance telematics. Solutions of this type generally enable automotive insurers to improve pricing mechanisms based on actual driving data, gain better control of claims and differentiate their offerings to current and prospective policyholders. Variants of insurance telematics which have been popularised over the years include behaviour-based pricing models such as Pay-As-You-Drive (PAYD), Pay-How-You-Drive (PHYD) and Manage-How-You-Drive (MHYD).

The addressable market for insurance telematics is significant. A total of around 338 million vehicles were in use in the EU+EFTA+UK in 2021, including over 294 million passenger cars. In North America, an estimated total of around 300 million vehicles were in use in 2021, out of which passenger cars and light trucks are estimated to represent around 283 million vehicles. Some kind of basic automotive insurance is mandatory in most developed countries and there are in addition a number of subcategories of insurance that provide coverage for different types of unforeseen events involving motor vehicles. Motor gross written premiums in EU22+3 reached a total of over € 140.9 billion in 2021. The equivalent number for North America was US$_343.6 billion (€ 326.3 billion) in 2021.

The insurance telematics market is currently in a phase of growth which is expected to accelerate in the coming years. Europe and North America so far represent the vast majority of all insurance telematics programs and active policies from an international perspective, and the front-running national markets include the US, Italy, Canada, the UK and Germany. Berg Insight estimates that the total number of insurance telematics policies in force on the European market reached 13.6 million at the end of 2022. Growing at a compound annual growth rate of 8.9 percent, the number of insurance telematics policies in force in Europe is estimated to reach 20.7 million by 2027. In North America, the total number of insurance telematics policies in force is forecasted to increase from an estimated 16.8 million policies at the end of 2022 to reach 29.2 million policies by 2027, representing a compound annual growth rate of 11.7 percent.

In the US, the top three insurers in terms of UBI policies have all introduced smartphone-based solutions to supplement or replace the previously used OBD dongles. Several US and Canadian insurers have during the recent year re-assessed and re-launched their telematics programs. The North American insurance carriers are also exploring claims-related insurance telematics and many are adding distracted driving parameters in their UBI. The European insurance telematics market is still dominated by insurers in Italy and the UK, with an estimated 9.8 million and 1.3 million policies respectively. The market in Germany has grown considerably during 2022 and reached about 1.0 million telematics policies. Uptake on all other markets is considerably lower, with between 40,000 and 320,000 policies in the Nordics, Iberian Peninsula, France and Benelux, and Central and Eastern Europe.

The insurance telematics value chain spans multiple industries. Insurers with notable presence in the insurance telematics market include Progressive, UnipolSai, State Farm, Allstate, Generali, Allianz, HUK-Coburg, Admiral, AXA, Liberty Mutual, Intact and Insure The Box. Insurance players can either develop telematics programs independently or rely on partners to varying degrees. Smartphone-based telematics players have taken significant market shares during the past years. Leading vendors of smartphone-based insurance telematics solutions include Cambridge Mobile Telematics and Arity. Additional vendors include DriveQuant, OSeven Telematics, Sentiance and Telematics Technologies. Important telematics suppliers active in the insurance field include OCTO Telematics, Vodafone Automotive, Viasat Group, Targa Telematics, Redtail Telematics, IMS and The Floow. Other players on the insurance telematics market include Radius Telematics, Scope Technology, LexisNexis Risk Solutions, Verisk, CCC Information Services. Automotive OEMs are increasingly taking an active part in the ecosystem. Examples include BMW, General Motors, Ford, Honda, Hyundai, Mercedes-Benz, Renault-Nissan-Mitsubishi, Stellantis, Tesla and Toyota.

This report answers the following questions:

  • What types of insurance telematics products are offered on the market?
  • Which are the leading providers of insurance telematics technology?
  • Which are the dominant technology from factors on each market?
  • Which are the most successful insurance telematics programs today?
  • How are mobile operators addroaching the insurance telematics market?
  • How are the vehicle OMEs involved in the ecosystem?
  • Which are the major drivers and barriers for insurance telematics adoption?
  • Which are the key future trends in this industry?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    The Automotive Market

1.1    The automotive market in Europe
1.1.1    Vehicles in use and car density
1.1.2    New car registrations and leading manufacturers
1.2    The automotive market in North America
1.2.1    Vehicles in use and car parc density
1.2.2    New car registrations and leading manufacturers
1.3    Automotive insurance
1.3.1    Basic insurance terminology and categorisations
1.3.2    The fundamentals of automotive insurance
1.3.3    Traditional automotive insurance risk rating and pricing criteria
1.3.4    Developments of the actuarial toolbox for motor insurers
1.4    The European automotive insurance market
1.5    The North American automotive insurance market

2    Insurance Telematics Solutions

2.1    Introduction to insurance telematics
2.1.1    The rationale for telematics-based insurance policy pricing
2.1.2    Brief history of insurance telematics offerings
2.2    Usage-based insurance and related concepts and applications
2.2.1    Manual reporting
2.2.2    Usage-based insurance telematics – PAYD, PHYD, MHYD and TBYB
2.2.3    Continuous and time-limited telematics data recording
2.2.4    Usage-based pricing vs. claims-related insurance telematics
2.2.5    Personal lines and commercial lines insurance telematics
2.2.6    Value-added services related to insurance telematics
2.3    Insurance telematics infrastructure
2.3.1    Vehicle segment
2.3.2    Insurer segment
2.3.3    End-user segment
2.3.4    Network segment
2.3.5    GNSS segment
2.4    Business models
2.4.1    In-house development
2.4.2    Leveraging telematics partners
2.4.3    Underwriting without direct client interaction

3    The European Insurance Telematics Market

3.1    Regional market characteristics
3.1.1    Italy
3.1.2    United Kingdom
3.1.3    Iberia
3.1.4    Austria
3.1.5    France
3.1.6    Benelux
3.1.7    Switzerland
3.1.8    The Nordics
3.1.9    Germany
3.1.10    Central and Eastern Europe
3.2    Insurance telematics case studies
3.2.1    More than 45 percent of the vehicles insured by UnipolSai feature a black box
3.2.2    Generali offers a wide portfolio of insurance telematics products
3.2.3    Smartphone-only solutions – a growth engine for Allianz’s telematics offerings
3.2.4    AXA offers its insurance telematics portfolio in multiple European countries
3.2.5    Admiral Group has multiple insurance telematics programs in Europe
3.2.6    Insure The Box has sold more than 1.0 million black box-based policies
3.2.7    Direct Line Group acquires pay-per-mile insurer By Miles
3.2.8    Aviva chooses device-based telematics in the UK
3.2.9    Zego launches behavioural based pricing for UK fleets
3.2.10    Ingenie targets drivers in the 17- to 44-year-old age bracket
3.2.11    Granite acquires Carrot Insurance from IMS
3.2.12    Ardonagh Group expands its UBI offering with Marmalade and Be Wiser
3.2.13    RSA offers UBI via 123GO
3.2.14    AbbeyAutoline (Prestige) renews ChilliDrive with Howden Driving Data
3.2.15    Markerstudy Group offers UBI through SmartDriverClub Insurance and Co-op
3.2.16    Stellantis has a long experience in UBI on the European market
3.2.17    Mercedes-Benz offers UBI in Germany
3.2.18    HUK-Coburg relaunched Telematik Plus in 2019
3.2.19    VHV’s Telematik Garant switched to a mobile based telematics solution
3.2.20    German insurer Signal Iduna shuts down its UBI program
3.2.21    EMIL powers pay-per-mile telematics products in Germany
3.2.22    DEVK implements Dolphin Technologies in its app-based telematics offering
3.2.23    UNIQA focuses on new IT infrastructure and leaves UBI
3.2.24    Groupama offers insurance telematics in multiple countries
3.2.25    Risk has launched several insurance telematics products in the Netherlands
3.2.26    MAPFRE provides insurance telematics products in Spain and the US
3.2.27    ÖSA and Sparkassen Versicherung offer eCall services in Germany
3.2.28    GDV launches eCall service with participating German insurers
3.2.29    Zavarovalnica Triglav brings UBI to Slovenia
3.2.30    PZU Group and Link4 offer telematics programs in Poland
3.2.31    CHERRISK rewards safe driving
3.2.32    HDI Global offers telematics solutions in the UK and Italy
3.2.33    Zurich invested in the UK telematics insurance provider MyPolicy in 2021
3.2.34    If Insurance has long experience of telematics in the Nordics
3.2.35    Paydrive leverages aftermarket and OEM telematics for UBI
3.2.36    VIS pioneers telematics insurance in Iceland

4    The North American Insurance Telematics Market

4.1    Regional market characteristics
4.1.1    United States
4.1.2    Canada
4.2    Insurance telematics case studies
4.2.1    Progressive is the UBI telematics pioneer in the US
4.2.2    State Farm works with CMT to enhance the Drive Safe & Save program
4.2.3    Allstate offers Drivewise and Milewise in the US
4.2.4    Liberty Mutual has a broad portfolio of telematics products
4.2.5    Desjardins offers a smartphone app for insurance telematics in Canada
4.2.6    Nationwide offers UBI based on OBD, smartphone and OEM telematics data
4.2.7    Farmers offers mobile-based insurance telematics from Driveway Software
4.2.8    Travelers acquires insurtech Trov
4.2.9    GEICO offers a smartphone-based telematics program in select US states
4.2.10    Toyota Insurance Management Solutions offers UBI in the US
4.2.11    CAA offers MyPace and Connect powered by OCTO Telematics
4.2.12    Root Insurance is a smartphone-based insurance company
4.2.13    USAA enhances insurance offering by acquiring UBI focused Noblr
4.2.14    Mobileye and Munich Re collaborate in Munich Re’s Smart Mobility program
4.2.15    Progressive has launched a second commercial UBI product
4.2.16    Nationwide offers commercial lines insurance telematics solutions
4.2.17    Philadelphia Insurance Companies offers fleet insurance telematics
4.2.18    True Mileage uses NFC and works with Ohio Mutual Insurance Group
4.2.19    Liberty Mutual strengthens UBI client base with State Auto acquisition
4.2.20    Ford, Hyundai, Honda and GM join Verisk Telematics Data Exchange
4.2.21    CMT powers multiple safe driving contests in the US
4.2.22    Intact discontinues its device-based program in favour of mobile solutions
4.2.23    Lemonade acquires Metromile
4.2.24    American Family Insurance offers three UBI programs
4.2.25    HDVI pioneers telematics UBI for fleets of semi-trailer trucks
4.2.26    Tesla to underwrite its own telematics insurance policies
4.2.27    Pouch and Mojio partner to offer fleet insurance to small businesses

5    Market Forecasts and Trends

5.1    Market analysis
5.1.1    Insurance telematics policies and penetration in Europe and North America
5.1.2    Form factor developments in Europe and North America
5.2    Value chain analysis
5.2.1    Insurance industry players
5.2.2    Telematics industry players
5.2.3    Automotive industry players
5.2.4    Telecom industry players
5.2.5    IT industry players
5.2.6    Mergers and acquisitions in the insurance telematics space
5.3    Market drivers and barriers
5.3.1    Macroeconomic environment
5.3.2    Regulatory environment
5.3.3    Competitive environment
5.3.4    Technology environment
5.4    Future industry trends
5.4.1    Continued broadening of the insurance telematics concept is expected
5.4.2    Insurers will embrace both UBI and claims-related insurance telematics
5.4.3    Formfactor shift to favour mobile devices
5.4.4    Connected cars pave the way for mass-marketisation of insurance telematics
5.4.5    Fleet insurance telematics to disrupt the fleet tracking market
5.4.6    Privacy concerns are softening across customer segments
5.4.7    Big Data: Ownership and portability of telematics data to be scrutinised
5.4.8    Insurance telematics aims to reduce distracted driving
5.4.9    Mobility trends provide new opportunities for telematics-based insurance
5.4.10    Vehicle diagnostics data from connected cars can create value for insurers
5.4.11    Outlook: Insurance telematics is growing rapidly in other regions
5.4.12    Pay-per-mile insurance programs are resurging
5.4.13    Insurers to explore other IoT verticals
5.4.14    The insurance telematics concept to be applicable for more vehicle types
5.4.15    Autonomous cars alter the playing field for motor insurance
5.4.16    Automotive OEMs bet on insurance telematics
5.4.17    Insurers begin to offer wider functionality in their app-based UBI solutions

6    Company Profiles and Strategies

6.1    Agero
6.2    Arity
6.3    Azuga
6.4    Brightmile
6.5    CalAmp
6.6    Cambridge Mobile Telematics
6.7    CCC Information Services
6.8    ClearScore
6.9    Dolphin Technologies
6.10    Earnix
6.11    FairConnect Group
6.12    Greater Than
6.13    Howden Driving Data (Howden Group)
6.14    IMS
6.15    Insure Telematics Solutions
6.16    Inzura
6.17    LexisNexis Risk Solutions
6.18    Meta System
6.19    Motix Connected
6.20    Movingdots (Powerfleet)
6.21    Munic Car Data
6.22    OCTO Telematics
6.23    OSeven Telematics
6.24    Quartix
6.25    Radius Telematics
6.26    Redtail Telematics
6.27    Sentiance
6.28    Scope Technology
6.29    Sycada
6.30    Targa Telematics
6.31    Telematics Technologies
6.32    The Floow
6.33    Trakm8
6.34    Verisk Analytics
6.35    Viasat Group
6.36    Vodafone Automotive
6.37    Webfleet
6.38    Zendrive

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-10-06 Press releases
Europe and North America reached 30.4 million active insurance telematics policies in 2022

According to a new research report from the IoT analyst firm Berg Insight, the number of insurance telematics policies in force on the European market reached 13.6 million in Q4-2022. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 8.9 percent, this number is expected to reach 20.7 million by 2027. In North America, the number of insurance telematics policies in force is expected to grow at a CAGR of 11.7 percent from 16.8 million in Q4-2022 to reach 29.2 million in 2027. The US, Italy, the UK and Canada are still the largest markets in terms of insurance telematics policies. In North America, the market is dominated by US-based Progressive, Allstate, Liberty Mutual, Nationwide and State Farm as well as Intact Financial Corporation and Desjardins in Canada. The Italian insurers UnipolSai and Generali together accounted for around 50 percent of the telematics-enabled policies in Europe. Insurers with a strong adoption in the UK moreover include Admiral Group and Direct Line. The European insurance telematics market is largely dominated by aftermarket black boxes while mobile applications followed by self-install OBD devices represent the vast majority of the active policies in North America. Berg Insight expects continued increase in the uptake of smartphone-based solutions in all markets as well as an increase in the use of OEM telematics data in usage-based insurance programs.

The insurance telematics value chain spans multiple industries including a large ecosystem of companies extending far beyond the insurance industry players. “Automotive OEMs like Ford, General Motors, Mercedes-Benz, Stellantis, Tesla and Toyota have all launched solutions to enable usage based insurance for their customers”, said Caspar Jansson, IoT Analyst at Berg Insight. Connected car applications put OEMs closer to the drivers and players such as LexisNexis Risk Solutions, Verisk and CCC Information Services partner with OEMs and normalise connected car data in telematics exchanges which enables insurers to utilise telematics data from a vast range of sources as long as the policyholders agree to share their driving data.

Aftermarket telematics still plays an important role in the market for usage-based insurance. Octo Telematics has a dominant market share with more than 5.7 million devices installed in insurance telematics programs. Other end-to-end solution providers such as Vodafone Automotive, Viasat Group, Targa Telematics, IMS and The Floow are also important players on the insurance telematics market. “Smartphone-based insurance telematics solutions are becoming a more mature solution now and we can see many insurers that start to take advantage of the concept’s potential in claims handling and as a marketing tool for example”, continued Mr Jansson. Cambridge Mobile Telematics is a leading player in the mobile-based segment of insurance telematics and powers more than 10 million insurance telematics policies, mainly in the US. Other notable vendors of smartphone-based insurance telematics solutions include Arity (subsidiary of Allstate), Dolphin Technologies, Radius Telematics, Sentiance, OSeven Telematics, Movingdots, DriveQuant, Sycada and Telematics Technologies. “The uptake of smartphone-based insurance telematics policies is motivated by the low cost for implementation and insurers can also increase their customer interaction and loyalty with well-thought-out marketing and gamification features”, concluded Mr. Jansson.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る