世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

欧州と北米における大型商用車向け充電インフラ


Charging Infrastructure for Heavy Commercial Vehicles in Europe and North America

概要 本調査は、欧州と北米の電気自動車充電インフラ市場を調査したものである。欧州における専用充電ポイントの総設置台数は、2022年の6,400台から2030年には390,000台に、年平均成長率(CAGR)67... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年7月29日 Eur1,500
シングルユーザーライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
200 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

本調査は、欧州と北米の電気自動車充電インフラ市場を調査したものである。欧州における専用充電ポイントの総設置台数は、2022年の6,400台から2030年には390,000台に、年平均成長率(CAGR)67%で増加すると予測している。北米では、専用充電ポイントの総設置台数は2022年の4,150台から2030年には37万8,000台に達し、年平均成長率(CAGR)76%で増加するとベルグインサイトは予測している。この数字には、公共の充電ポイントとそうでない充電ポイントの両方が含まれる。充電ステーションは、Wi-Fiや4G/5Gセルラーなどの技術によって完全に接続され、スマートな充電管理が可能になると予想される。ベンダー、充電ポイント事業者、製品、市場に関する最新情報をご覧ください。

 


 

欧州と北米における大型商用車の充電インフラは、この2地域における大型電気自動車の充電市場の最新動向を分析したベルグインサイト初の戦略レポートである。充電ポイント事業者、商用車OEMイニシアティブ、ハードウェアおよびソフトウェアベンダーなど、バリューチェーンのあらゆる部分をカバーしています。ベルグインサイトのこの戦略的調査レポートは、8年間の業界予測、専門家による解説、実際のケーススタディを含む200ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする30社のエグゼクティブ・インタビューからの洞察
  • 欧州と北米の大型商用車充電インフラに関する新データ
  • EV充電のバリューチェーンと主要アプリケーションを包括的に解説
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • EV充電のハードウェアとソフトウェアを提供する41社のプロファイル
  • 充電ポイント運営会社(CPO)25社のプロフィール
  • 電気大型商用車OEM21社のプロファイル

欧州と北米の大型商用車充電ポイント数は、2030年までに76万8,000カ所に達する見込み

商用車充電とは、バッテリー式電気商用車やプラグインハイブリッド電気自動車を外部電源から充電するプロセスを指す。外部電源は多くの場合充電ステーションであり、電気自動車と電力網の接続を可能にする機器と定義される。商用車用充電ステーションは、車両フリートの電動化に関する議論において重要な役割を果たしており、多くの人が電気商用車を大規模に展開するための前提条件とみなしている。電気商用車とそのために設計された充電ステーションは、輸送による環境への影響を減らすために必要なものとして、しばしば持ち出される。

Berg Insightは、商用車充電インフラ産業は数十年続く成長段階のごく初期段階にあるとの見解を示している。自動車の排出ガスや気候変動といったメガ・チャレンジは、引き続き電気商用車や充電インフラへの投資を促し、市場の前向きな見通しに寄与している。欧州と北米の両政府による厳しい排ガス規制も市場の触媒となっている。欧州における専用充電ポイントの設置台数は、2022年の6,400台から2030年末には390,000台へと、年平均成長率(CAGR)67%で増加すると予測されている。北米では、ベルグインサイトは同時に、使用されている専用充電ポイントの総数が2022年の4,150から2030年には378,000に達し、CAGR 76%で成長すると予測している。この数字には、公共の充電ポイントとそうでない充電ポイントの両方が含まれる。

充電ステーションはWi-FiやセルラーIoTなどの技術で接続され、スマートな充電管理が可能になると予想される。チャージ・ポイント・オペレーター(CPO)は、充電ステーションを遠隔で監視・保守することができ、商用車のドライバーは充電器の場所を特定し、充電の可用性を監視し、支払いを管理することができる。車両管理者は、スマート充電ソフトウェアを活用し、ピーク時以外の時間に充電することで充電コストを削減できる。ベルグインサイトは、商用車の充電のほとんどは、本拠地でのデポ充電になるだろうと考えている。ヨーロッパでは、商用車用の公共充電ステーションの設置ベースはまだ非常に小さく、2030年までに72,500の充電ポイントに増加する。北米の状況も同様で、設置基数は2030年までに88,000基まで増加すると予想されている。

バリューチェーンの商用車OEMの部分は統合されており、ボルボ・グループ、スカニア、メルセデス・ベンツ・トラック、フレートライナー、ピータービルト、マン、ダフ、比亜迪など、グローバルに展開する数社の大手既存OEMで構成されている。さらに、電気商用車市場に特化した新規参入企業も数多くある。例えば、アインライド、テスラ、ニコラ、ボルタ・トラックなどである。OEMは、革新的なパイロット・プロジェクト、ジョイント・ベンチャー、CharIN協会のような協力関係を通じて、業界を前進させている。

北米では、商用車用DC充電器を販売する地域企業や国際企業が数多く存在する。ChargePointはこの市場をリードする企業であり、ハードウェア、ソフトウェア、CPOサービスを提供するフルサービスプロバイダーである。その他の地域の主要なハードウェア・プロバイダーには、ABB、Blink Charging、BorgWarner、BTC Power (E.ON)、Demand Detroit、Delta Electronics、Kempower、Siemensなどがある。北米の著名企業のいくつかは、ハードウェア、ソフトウェア、CPOサービスを含むエンド・ツー・エンドのサービスを提供できる。ヨーロッパでは、直流充電ソリューションの市場は北米よりも細分化されている。著名な企業には、ABB、ADS-TEC Energy、Alpitronic、Ekoenergetyka、EVBox、Heliox、Kempower、シーメンスなどがある。両地域には、充電のための接続ソリューションを提供する、特定のソフトウェア・プロバイダーがいくつかある。ソリューションには、フリート管理ツール、ピークカット、スマート充電管理などがある。ソフトウェアに特化した事業者の例としては、Ampeco、Driivz、Noodoeなどがある。

商用車充電業界では、特に大型商用車充電をターゲットとする複数のCPOによる取り組みが見られる。テラワット・インフラストラクチャー、グリーンレーン、フォーラム・モビリティといった北米の企業は、地域全体にわたって大規模な拡張計画を立てている。北米のほとんどの充電ステーションは、カリフォルニア州に設置されているか、当初はカリフォルニア州に設置される予定である。また、ニューヨーク州やケベック州など他の州でも商用車充電パイロット・プロジェクトが行われている。ヨーロッパでは、合弁会社CPO Milenceが主要プレーヤーで、2027年までに1,700カ所の充電ステーションを展開する計画だ。大型商用車充電イニシアチブを持つ他のCPOには、アラル・パルス(BPパルス)、サークルK、EnBW、Rifilが含まれる。

本レポートは以下の質問に答えます
  • 重商用EV充電市場の現状と規模は?
  • この市場の現在のトレンドは?
  • ハードウェアとソフトウェアのソリューションの主要プロバイダーは?
  • 各ベンダーが提供する機器やサービスにはどのようなものがあるか?
  • 主要な電気商用車OEMは?
  • 欧州と北米の主要な充電ポイント事業者は?
  • 商用車用充電器導入の主な推進要因は何か?
  • 電気商用車と充電器に関する政府のイニシアチブは?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表一覧

エグゼクティブサマリー

1 欧州と北米における商用車充電

1.1 ユーザーセグメント
1.1.1 大型商用車
1.1.2 バス
1.1.3 建設機械
1.1.4 ユースケース
1.2 電気商用車の航続距離
1.3 欧州の電気商用車充電インフラ
1.4 北米における電気商用車充電インフラ
1.5 電気商用車市場
1.5.1 車両タイプ
1.5.2 欧州の電気商用車市場
1.5.3 北米の電気商用車市場
1.6 充電戦略
1.6.1 デポ充電
1.6.2 デスティネーション充電
1.6.3 機会充電
1.7 市場プレーヤー
1.7.1 チャージポイント事業者(CPOs)
1.7.2 大型商用車OEM
1.7.3 ハードウェアとソフトウェアのプロバイダー
2 充電技術と規格

2 充電技術と規格

2.1 電気自動車の充電
2.1.1 交流と直流
2.2 バッテリー容量と充電時間
2.3 コネクタ規格
2.3.1 タイプ1/SAE J1772
2.3.2 タイプ2
2.3.3 複合充電システム(CCS)
2.3.4 メガワット充電システム(MCS)
2.3.5 CHAdeMO
2.3.6 北米充電規格(テスラ)
2.3.7 GB/T
2.3.8 パンタグラフ充電
2.3.9 天井カテナリー充電
2.3.10 ワイヤレス充電
2.4 コネクティビティと管理ソフトウェア
2.4.1 セルラーIoTゲートウェイ、ルーター、モデム
2.4.2 オープン・チャージ・ポイント・プロトコル(OCPP)
2.4.3 充電ステーション管理ソフトウェア
2.5 支払いソリューション
2.5.1 モバイル決済とRFIDタグ
2.5.2 ISO 15118
2.5.3 オートチャージ
2.5.4 決済端末

3    自動車メーカー

3.1 BYD
3.2  Daimler Truck
3.2.1 Freightliner
3.2.2 Thomas Built Buses
3.2.3 Mercedes-Benz Trucks
3.3 Iveco Group
3.3.1 Nikola Corporation
3.4  ACCAR
3.4.1 Peterbilt
3.4.2 Kenworth
3.4.3 DAF
3.5 TRATON
3.5.1 Scania
3.5.2 MAN Truck & Bus
3.5.3 Navistar
3.6 Volvo Group
3.6.1 Volvo Trucks
3.6.2 Mack Trucks
3.6.3 Renault Trucks
3.6.4 Volvo Buses and Nova Bus
3.7 Einride
3.8 Tesla
3.9  Volta Trucks
3.10 Quantron
3.11 Lion Electric
3.12 Xos Trucks
3.13 Emerging actors

4    チャージポイント事業者

4.1 欧州
4.1.1 BP Pulse
4.1.2 Circle K
4.1.3 E.ON
4.1.4  EnBW
4.1.5  FEnel X
4.1.6 astned
4.1.7 GOFAST
4.1.8 Iberdrola
4.1.9 Ionity
4.1.10 Kople
4.1.11 Milence
4.1.12 Nimbnet
4.1.13 Rifil
4.1.14 Shell Recharge Solutions
4.1.15 Vattenfall
4.1.16 Virta
4.2 北米
4.2.1 Blink Charging
4.2.2 ChargePoint
4.2.3 Electrify America
4.2.4 EVgo
4.2.5 Forum Mobility
4.2.6 Greenlane
4.2.7 Hydro-Québec
4.2.8 TeraWatt Infrastructure
4.2.9 WattEV
4.3 追加CPO

5    ハードウェアとソフトウェアのプロバイダー

5.1 欧州
5.1.1 ABB
5.1.2 ADS-TEC Energy
5.1.3 Alpitronic (Hypercharger)
5.1.4 Ampeco
5.1.5 Charge Amps
5.1.6 Charge-V
5.1.7 Circontrol
5.1.8  Driivz
5.1.9 Ecotap
5.1.10  Efacec
5.1.11  Ekoenergetyka
5.1.12  EnerCharge
5.1.13  Enersense
5.1.14  EVBox
5.1.15 Evtec
5.1.16  E-Totem
5.1.17 GreenFlux
5.1.18 Heliox
5.1.19  Ingeteam
5.1.20 IES Synergy
5.1.21 Kempower
5.1.22  Kostad
5.1.23  Last Mile Solutions
5.1.24 L-Charge
5.1.25  Optimile
5.1.26  Siemens
5.1.27  Tritium
5.2  北米
5.2.1 BorgWarner
5.2.2 BTC Power (E.ON.)
5.2.3 ChargePoint
5.2.4 Delta Electronics
5.2.5  Demand Detroit
5.2.6  EV Connect
5.2.7  EverCharge
5.2.8  EvGateway
5.2.9  FreeWire Technologies
5.2.10  InCharge Energy
5.2.11  Noodoe
5.2.12  Proterra
5.2.13  SK Signet
5.2.14  Tellus Power Green
5.3  その他のハードウェアとソフトウェアのプロバイダー

6 初期の使用例

6.1 DFSD、ボルボ・トラックとともにA-Bルートを電動化
6.2 テスラがペプシコに36台のテスラセミを納入
6.3 ニューヨーク市のバス交通を電化するMTAの道路
6.4 Boliden、採掘用坑内電気トラックを導入
6.5 アーク、コペンハーゲンでスカニア電気ごみ収集車を運行
6.6 シュナイダーがフレートライナーeCascadiaに100台近い電気トラックを追加

7 市場分析と動向

7.1 市場分析
7.1.1 市場予測
7.1.2 地域別市場分析
7.1.3 欧州における政府のインセンティブと投資
7.1.4 北米における政府のインセンティブと投資
7.2 バリューチェーン分析
7.2.1 DC充電ハードウェアプロバイダー
7.2.2 ソフトウェアプロバイダーと充電ポイント事業者
7.2.3 商用車OEM
7.2.4 合併と買収
7.3 市場促進要因と障壁
7.3.1 推進要因
7.3.2 障壁
7.4 市場動向
7.4.1 公共ルートや目的地での充電需要が急増する
7.4.2 急成長を続ける電気商用車市場
7.4.3 オープン・アーキテクチャがEV充電のバリューチェーンを変える
7.4.4 モジュール設計が直流充電のケースを改善する
7.4.5 サービスとしての電気トラック輸送(TaaS)は魅力的なモデルである
7.4.6 グリッド接続の問題を解決するバッテリー・バッファード充電

用語集

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-07-29 Press releases
欧州と北米における大型商用車の充電ポイント数は、2030年までに76万8,000カ所に達する見込み

Berg Insightは、欧州と北米の大型電気商用車向け充電インフラ市場に関する新たな調査結果を発表した。欧州における接続充電ポイントの総数は、2022年の6,400カ所から2030年末には390,000カ所に、年平均成長率(CAGR)67%で増加すると予測されている。北米では、接続充電ポイントの総数が2022年の4,150カ所から2030年には37万8,000カ所に達し、年平均成長率(CAGR)76%で増加するとベルグインサイトは予測している。この数字には、公共の充電ポイントとそうでない充電ポイントの両方が含まれる。自動車の排出ガスや気候変動といったメガ・チャレンジは、引き続き電気商用車や充電インフラへの投資を促し、市場の前向きな見通しに寄与している。

商用車充電市場は、電気商用車OEM、充電ポイント事業者(CPO)、充電機器メーカー、ソフトウェアプロバイダなど、さまざまなプレーヤーによって提供されている。欧州、北米ともに、市場はまだ初期段階にある。しかし、いくつかの著名なCPOがプロジェクトや試験的な充電ステーションを開始している。Circle K、BP Pulse、Milenceは、欧州で充電ステーションを開設したり、大型商用車充電インフラの計画を発表した企業の一つである。北米では、ChargePoint、Forum Mobility、Greenlane、TeraWatt Infrastructureが大型電気商用車用充電ネットワークの開発に力を入れている。

北米では、商用車向けDC充電器を販売する地域企業や国際企業が数多く存在する。「ChargePoint はこの市場をリードする企業であり、ハードウェア、ソフトウェア、CPOサービスを提供するフルサービスプロバイダーである」とBerg Insight社のIoTアナリスト、Niclas Palmstromer氏は述べた。この地域にサービスを提供している他の主要なハードウェア・プロバイダーには、ABB、Blink Charging、BorgWarner、BTC Power (E.ON)、Demand Detroit、Delta Electronics、Kempower、Siemensなどがある。欧州では、DC充電ソリューションの市場は北米よりも細分化されている。代表的な企業は、ABB、ADS-TEC Energy、Alpitronic、Ekoenergetyka、EVBox、Heliox、Kempower、Siemensなどである。両地域には、充電のための接続ソリューションを提供する、特定のソフトウェア・プロバイダーがいくつかある。ソリューションには、フリート管理ツール、ピークカット、スマート充電管理などがある。ソフトウェアに特化した事業者の例としては、Ampeco、Driivz、Virta、Noodoeなどがある。

「コネクティビティは、充電プロセスを効率的に管理するために不可欠であり、非公共充電と公共充電の両方の充電インフラに不可欠な部分です」と、Berg InsightのIoTアナリスト、Love Meullerは述べた。この機能により、企業や充電ステーションの運営者は、充電ポイントの充電状況、可用性、性能をリアルタイムで把握することができる。接続された充電ポイントは綿密に監視・制御され、余剰エネルギーを利用したり、エネルギー価格が低い期間に充電したりすることができる。また、ソフトウェア対応の接続性により、高度な負荷管理技術を実装し、アルゴリズムとデータ分析を通じて充電プロセスを最適化することもできる。「これにより、制御された電力消費を保証し、送電網の過負荷を防止し、個々の車両の充電時間を短縮することで運用効率を高めることができます」とMueller氏は付け加えた。さらに、コネクティビティによって、ドライバーはスマートフォンのアプリを通じて、充電器の場所を特定し、充電の可用性をモニターし、充電器を予約し、支払いを管理することができる。さらに、スマートグリッド技術とデマンドレスポンス戦略の統合は、さらなる利点をもたらす。「充電パターンを再生可能エネルギー発電に合わせることで、持続可能な充電方法を促進し、再生不可能なエネルギー源への依存を減らすことができます」とMueller氏は結論づけた。デマンドレスポンス戦略は、グリッドの状況に基づいて充電を動的に調整することを可能にし、ピーク需要を削減し、グリッドの安定性とエネルギー効率をさらに高める。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

This study investigates the electric vehicle charging infrastructure market in Europe and North America. The total installed base of dedicated charging points in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 67 percent from 6,400 in 2022 to 390,000 by 2030. In North America, Berg Insight estimates that the total installed base of dedicated charging points will increase from 4,150 in 2022 to reach 378,000 in 2030, growing at a CAGR of 76 percent. These numbers include both public and non-public charging points. Charging stations are expected to be fully connected through technologies like Wi-Fi and 4G/5G cellular, allowing for smart charging management. Get up to date with the latest information about vendors, charge point operators, products and markets.

 


 

Charging Infrastructure for Heavy Commercial Vehicles in Europe and North America is the first strategy report from Berg Insight analysing the latest development on the heavy electric CV charging market in these two regions. The report covers all parts of the value chain including charge point operators, commercial vehicle OEM initiatives, and hardware and software vendors. This strategic research report from Berg Insight provides you with 200 pages of unique business intelligence, including 8-year industry forecasts, expert commentary and real-life case studies on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 executive interviews with market leading companies.
  • New data on heavy commercial vehicle charging infrastructure in Europe and North America.
  • Comprehensive description of the EV charging value chain and key applications.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Profiles of 41 companies offering EV charging hardware and software.
  • Profiles of 25 charge point operators (CPOs).
  • Profiles of 21 electric heavy commercial vehicle OEMs.
  • Market forecasts lasting until 2030.

The number of connected heavy commercial vehicle charging points in Europe and North America to reach 768,000 by 2030

Commercial vehicle charging refers to the process of charging a battery electric commercial vehicle or plug-in hybrid electric vehicle from an external power source. The external power source is often a charging station, which is defined as equipment enabling a connection between the electric vehicle and the power grid. Commercial vehicle charging stations play a significant role in the discussions regarding the electrification of vehicle fleets and are regarded by many as a prerequisite for the deployment of electric commercial vehicles at scale. Electric commercial vehicles and charging stations designed for these vehicles are often brought forward as a necessity to decrease the environmental impact of transportation.

Berg Insight is of the opinion that the commercial vehicle charging infrastructure industry is in the very early stages of a growth phase which will last for decades. Mega-challenges such as vehicle emissions and climate change continue to encourage investments in electric commercial vehicles and charging infrastructure, contributing to a positive outlook for the market. Harsh emission regulations from governments in both Europe and North America is also a market catalyst. The installed base of dedicated charging points in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 67 percent from 6,400 in 2022 to 390,000 by the end of 2030. In North America, Berg Insight estimates at the same time that the total number of dedicated charging points in use will increase from 4,150 in 2022 to reach 378,000 by 2030, growing at a CAGR of 76 percent. These numbers include both public and non-public charging points.

Charging stations are expected to be connected through technologies like Wi-Fi and cellular IoT, allowing for smart charging management. Charge point operators (CPOs) can remotely monitor and maintain charging stations, while commercial vehicle drivers can locate chargers, monitor charging availability and manage payments. Fleet managers can utilize smart charging software to reduce charging costs by charging at non-peak hours. Berg Insight believes that most of the commercial vehicle charging will be depot charging at the home base. In Europe, the installed base of public charging stations for commercial vehicles is still very small and will increase to 72,500 charging points by 2030. The situation in North America is similar and the installed base is expected to grow to 88,000 by 2030.

The commercial vehicle OEM part of the value chain is consolidated and consists of a few major incumbent OEMs with a global reach including Volvo Group, Scania, Mercedes-Benz Trucks, Freightliner, Peterbilt, MAN, DAF and BYD. There are additionally a number of newcomers targeting the electric commercial vehicle market specifically. Examples of these actors include Einride, Tesla, Nikola and Volta Trucks. The OEMs drive the industry forward through innovative pilot projects, joint ventures and collaborations such as the CharIN association.

In North America, there are a number of regional as well as international companies marketing DC chargers for commercial vehicles. ChargePoint is a leading player on the market and is a full-service provider offering hardware, software and CPO services. Other major regional hardware providers include ABB, Blink Charging, BorgWarner, BTC Power (E.ON), Demand Detroit, Delta Electronics, Kempower and Siemens. Several of the prominent companies in North America can provide end-to-end offerings including hardware, software and CPO services. In Europe, the market for DC charging solutions is more fragmented than in North America. Prominent actors include ABB, ADS-TEC Energy, Alpitronic, Ekoenergetyka, EVBox, Heliox, Kempower and Siemens. There are several software specific providers in both regions, offering connectivity solutions for charging. Solutions include fleet management tools, peak shaving and smart charging management. Examples of software specific actors include Ampeco, Driivz and Noodoe.

The commercial vehicle charging industry has seen initiatives from several CPOs targeting heavy commercial vehicle charging specifically. North American actors such as TeraWatt Infrastructure, Greenlane and Forum Mobility have extensive expansion plans across the entire region. Most North American charging stations are located or planned to be initially located in the state of California. There are also commercial vehicle charging pilot projects in other states such as New York and the province of Quebec. In Europe, the joint venture CPO Milence is a major player and plans to roll out 1,700 charging stations by 2027. Other CPOs with heavy commercial vehicle charging initiatives include Aral Pulse (BP Pulse), Circle K, EnBW and Rifil.

This report answers the following questions:

  • What is the current state and size of the heavy commercial EV charging market?
  • What are the current trends on this market?
  • Which are the leading providers of hardware and software solutions?
  • What equipment and service offerings are available from the different vendors?
  • Which are the leading electric commercial vehicle OEMs?
  • Which are the leading charge point operators in Europe and North America?
  • What are the key drivers behind the adoption of commercial vehicle chargers?
  • Which government initiatives are there for electric commercial vehicles and chargers?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Commercial Vehicle Charging in Europe and North America

1.1    User segments
1.1.1    Heavy Commercial Vehicles
1.1.2    Buses
1.1.3    Construction equipment
1.1.4    Use Cases
1.2    Electric CV range
1.3    Electric commercial vehicle charging infrastructure in Europe
1.4    Electric commercial vehicle charging infrastructure in North America
1.5    The electric commercial vehicle market
1.5.1    Vehicle types
1.5.2    The electric commercial vehicle market in Europe
1.5.3    The electric commercial vehicle market in North America
1.6    Charging strategies
1.6.1    Depot charging
1.6.2    Destination charging
1.6.3    Opportunity charging
1.7    Market players
1.7.1    Charge point operators (CPOs)
1.7.2    Heavy commercial vehicle OEMs
1.7.3    Hardware and software providers

2    Charging Technologies and Standards

2.1    Electric vehicle charging
2.1.1    AC and DC
2.2    Battery capacity and charging time
2.3    Connector standards
2.3.1    Type 1/SAE J1772
2.3.2    Type 2
2.3.3    Combined Charging System (CCS)
2.3.4    Megawatt Charging System (MCS)
2.3.5    CHAdeMO
2.3.6    North American Charging Standard (Tesla)
2.3.7    GB/T
2.3.8    Pantograph charging
2.3.9    Overhead catenary charging
2.3.10    Wireless Charging
2.4    Connectivity and management software
2.4.1    Cellular IoT gateways, routers and modems
2.4.2    The Open Charge Point Protocol (OCPP)
2.4.3    Charging station management software
2.5    Payment solutions
2.5.1    Mobile payments and RFID tags
2.5.2    ISO 15118
2.5.3    Autocharge
2.5.4    Payment terminals

3    Vehicle Manufacturers

3.1    BYD
3.2    Daimler Truck
3.2.1    Freightliner
3.2.2    Thomas Built Buses
3.2.3    Mercedes-Benz Trucks
3.3    Iveco Group
3.3.1    Nikola Corporation
3.4    PACCAR
3.4.1    Peterbilt
3.4.2    Kenworth
3.4.3    DAF
3.5    TRATON
3.5.1    Scania
3.5.2    MAN Truck & Bus
3.5.3    Navistar
3.6    Volvo Group
3.6.1    Volvo Trucks
3.6.2    Mack Trucks
3.6.3    Renault Trucks
3.6.4    Volvo Buses and Nova Bus
3.7    Einride
3.8    Tesla
3.9    Volta Trucks
3.10    Quantron
3.11    Lion Electric
3.12    Xos Trucks
3.13    Emerging actors

4    Charge Point Operators

4.1    Europe
4.1.1    BP Pulse
4.1.2    Circle K
4.1.3    E.ON
4.1.4    EnBW
4.1.5    Enel X
4.1.6    Fastned
4.1.7    GOFAST
4.1.8    Iberdrola
4.1.9    Ionity
4.1.10    Kople
4.1.11    Milence
4.1.12    Nimbnet
4.1.13    Rifil
4.1.14    Shell Recharge Solutions
4.1.15    Vattenfall
4.1.16    Virta
4.2    North America
4.2.1    Blink Charging
4.2.2    ChargePoint
4.2.3    Electrify America
4.2.4    EVgo
4.2.5    Forum Mobility
4.2.6    Greenlane
4.2.7    Hydro-Québec
4.2.8    TeraWatt Infrastructure
4.2.9    WattEV
4.3    Additional CPOs

5    Hardware and Software Providers

5.1    Europe
5.1.1    ABB
5.1.2    ADS-TEC Energy
5.1.3    Alpitronic (Hypercharger)
5.1.4    Ampeco
5.1.5    Charge Amps
5.1.6    Charge-V
5.1.7    Circontrol
5.1.8    Driivz
5.1.9    Ecotap
5.1.10    Efacec
5.1.11    Ekoenergetyka
5.1.12    EnerCharge
5.1.13    Enersense
5.1.14    EVBox
5.1.15    Evtec
5.1.16    E-Totem
5.1.17    GreenFlux
5.1.18    Heliox
5.1.19    Ingeteam
5.1.20    IES Synergy
5.1.21    Kempower
5.1.22    Kostad
5.1.23    Last Mile Solutions
5.1.24    L-Charge
5.1.25    Optimile
5.1.26    Siemens
5.1.27    Tritium
5.2    North America
5.2.1    BorgWarner
5.2.2    BTC Power (E.ON.)
5.2.3    ChargePoint
5.2.4    Delta Electronics
5.2.5    Demand Detroit
5.2.6    EV Connect
5.2.7    EverCharge
5.2.8    EvGateway
5.2.9    FreeWire Technologies
5.2.10    InCharge Energy
5.2.11    Noodoe
5.2.12    Proterra
5.2.13    SK Signet
5.2.14    Tellus Power Green
5.3    Additional hardware and software providers

6    Early Use Cases

6.1    DFSD electrifies A-B routes together with Volvo Trucks
6.2    Tesla delivers 36 Tesla Semis to PepsiCo
6.3    MTAs road to electrify bus-traffic in New York City
6.4    Boliden deploys underground electric trucks for mining
6.5    ARC operates Scania electric refuse trucks in Copenhagen
6.6    Schneider adds close to 100 electric Freightliner eCascadia

7    Market Analysis and Trends

7.1    Market analysis
7.1.1    Market forecasts
7.1.2    Regional market analysis
7.1.3    Government incentives and investments in Europe
7.1.4    Government incentives and investments in North America
7.2    Value chain analysis
7.2.1    DC charging hardware providers
7.2.2    Software providers and charge point operators
7.2.3    Commercial vehicle OEMs
7.2.4    Mergers and acquisitions
7.3    Market drivers and barriers
7.3.1    Drivers
7.3.2    Barriers
7.4    Market trends
7.4.1    Demand for public en route and destination charging to increase rapidly
7.4.2    The electric commercial vehicle market continues to grow fast
7.4.3    Open architectures alter the EV charging value chain
7.4.4    A modular design improves the case for DC charging
7.4.5    Electric Trucking as a Service (TaaS) is an attractive model
7.4.6    Battery buffered charging solving grid connectivity issues

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-07-29 Press releases
The number of connected heavy commercial vehicle charging points in Europe and North America to reach 768,000 by 2030

Berg Insight just released new findings about the market for heavy electric commercial vehicle charging infrastructure in Europe and North America. The total number of connected charging points in Europe is forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 67 percent from 6,400 in 2022 to 390,000 by the end of 2030. In North America, Berg Insight estimates that the total number of connected charging points will increase from 4,150 in 2022 to reach 378,000 by 2030, growing at a CAGR of 76 percent. These numbers include both public and non-public charging points. Mega-challenges such as vehicle emissions and climate change continue to encourage investments in electric commercial vehicles and charging infrastructure, contributing to a positive outlook for the market.

The commercial vehicle charging market is served by a variety of players such as electric commercial vehicle OEMs, charge point operators (CPOs), charging equipment manufacturers and software providers. The market is still in its very early stages in both Europe and North America. However, several notable CPOs have initiated projects and pilot charging stations. Circle K, BP Pulse and Milence are among the companies that have opened charging stations or announced plans for heavy commercial vehicle charging infrastructure in Europe. In North America, ChargePoint, Forum Mobility, Greenlane and TeraWatt Infrastructure are making efforts in developing charging networks for heavy-duty electric commercial vehicles.

In North America, there are a number of regional as well as international companies marketing DC chargers for commercial vehicles. “ChargePoint is a leading player on the market and is a full-service provider offering hardware, software and CPO services”, said Niclas Palmstromer, IoT Analyst at Berg Insight. Other major hardware providers serving the region include ABB, Blink Charging, BorgWarner, BTC Power (E.ON), Demand Detroit, Delta Electronics, Kempower and Siemens. In Europe, the market for DC charging solutions is more fragmented than in North America. Prominent actors include ABB, ADS-TEC Energy, Alpitronic, Ekoenergetyka, EVBox, Heliox, Kempower and Siemens. There are several software specific providers in both regions, offering connectivity solutions for charging. Solutions include fleet management tools, peak shaving and smart charging management. Examples of software specific actors include Ampeco, Driivz, Virta and Noodoe.

“Connectivity will be crucial for managing the charging process effectively and a vital part of the charging infrastructure for both non-public and public charging” said Love Meuller, IoT Analyst at Berg Insight. This capability enables businesses and charging station operators to have real-time insights into the charging status, availability and performance of charging points. Connected charging points can be closely monitored and controlled, utilizing surplus energy or charging during periods of low energy prices. Software-enabled connectivity also allows for the implementation of advanced load management techniques, optimizing charging processes through algorithms and data analysis. “This can ensure a controlled power draw, preventing grid overloading and enhancing operational efficiency by reducing charging time for individual vehicles”, added Mr. Mueller. Moreover, connectivity enables drivers to locate chargers, monitor charging availability, book chargers and manage payments through smartphone apps. Furthermore, the integration of smart grid technologies and demand response strategies presents additional benefits. “By aligning charging patterns with renewable energy generation, sustainable charging practices can be promoted, reducing dependence on non-renewable energy sources”, concluded Mr. Mueller. Demand response strategies enable charging to be dynamically adjusted based on grid conditions, which reduces peak demand and further enhances grid stability and energy efficiency.

 

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/20 10:27

159.16 円

171.47 円

205.16 円

ページTOPに戻る