世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ビデオテレマティックス市場 - 第5版


The Video Telematics Market - 5th Edition

概要 新興ビデオテレマティクス市場は2024年以降どのように進化するのか?本レポートでは、ダイナミックなテレマティクス業界の最新動向と発展について取り上げている。ベルグインサイトは、欧州と北... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2024年4月17日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
185 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

新興ビデオテレマティクス市場は2024年以降どのように進化するのか?本レポートでは、ダイナミックなテレマティクス業界の最新動向と発展について取り上げている。ベルグインサイトは、欧州と北米におけるビデオテレマティクスシステムのアクティブインストールベースが、2023年末の約630万台から2028年には1,480万台へとCAGR 18.6%で成長すると予測しています。ベンダー、製品、市場に関する最新情報をご覧ください。

 


 

ビデオテレマティクス市場は、ビデオテレマティクスソリューション市場の最新動向を分析したBerg Insightの5年連続レポートです。この調査レポートは、ビデオテレマティクスソリューション市場の最新動向を分析し、5年間の業界予測や専門家による解説など、185ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供しています。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業への数多くのインタビューからの洞察。
  • ビデオテレマティクスのアプリケーションと関連概念についての説明。
  • ビデオテレマティクスのバリューチェーンの包括的な概要。
  • 市場動向と主要開発の詳細分析。
  • ビデオテレマティクスのソフトウェアとハードウェアを提供する42社のプロファイルを更新。
  • 2028年までの市場予測

2028年までに北米と欧州で1,500万台のビデオテレマティクスシステムが使用される見込み

商用車環境における様々なビデオベースのソリューションを可能にするカメラの統合は、今日のフリートテレマティクス分野で最も明白なトレンドの一つである。Berg Insightのビデオテレマティクスの定義には、商用車フリートでスタンドアローンのアプリケーションとして、または従来のフリートテレマティクスの追加機能セットとして展開される幅広いカメラベースのソリューションが含まれる。Berg Insightは、北米におけるアクティブ・ビデオ・テレマティクス・システムの設置台数は2023年に約490万台に達すると推定している。年平均成長率(CAGR)19.0%で成長し、2028年には北米のアクティブ設置台数は1,170万台に達すると予測される。欧州では、アクティブビデオテレマティクスシステムの設置台数は2023年にほぼ140万台に達した。アクティブな設置ベースはCAGR 18.0%で成長し、2028年までに欧州のビデオテレマティクスシステムは310万台に達すると予測される。

ビデオテレマティクス市場には、様々な商用車向けのビデオテレマティクスソリューションに特化した専門企業から、ビデオ製品を導入している一般的なフリートテレマティクスプレーヤー、ビデオテレマティクスに使用されるモバイルデジタルビデオレコーダー(DVR)や車両カメラを提供するハードウェアに特化したサプライヤーまで、多くの企業が参入している。Berg Insight社は、Streamax社、Lytx社、Samsara社をそれぞれのカテゴリーにおけるビデオテレマティクスの主要プレーヤーとしている。Streamaxは、現在までに世界中で290万台以上のモバイルDVRを車両に搭載しているハードウェアのトッププロバイダーであり、同社はまた、機器とともに広く利用されているソフトウェアダッシュボードも提供している。Lytxはビデオテレマティクスの加入者数が最も多く、100万台を突破している。さらに、フリート管理のMotive(旧KeepTruckin)、チャネルに特化したブランドのSensata INSIGHTS(買収したビデオテレマティクスのSmartWitnessを含む)、ハードウェアに特化したビデオテレマティクスのHowenなどがあり、いずれも数十万台のインストールベースを持つと推定される。残りの上位10社は、Netradyne、Nauto、VisionTrackで、いずれもカメラベースのソリューションに特化している。後者は、商用車テレマティクスのパイオニアであるOmnitracsを買収し、ビデオ安全性のスペシャリストであるSmartDriveを加えた。ビデオテレマティクスの分野で競合する他の注目すべきプレーヤーには、LightMetrics、SafetyDirect(Rand McNally)、Idrive、SureCam、Waylens、Seeing Machines、CameraMaticsなどのビデオに特化したソリューションプロバイダーが含まれる; Trimble、Radius Telematics、MiX by Powerfleet、Matrix iQ、Forward Thinking Systems、Azuga、ISAAC Instruments、Microlise、Trakm8、AddSecure Smart Transport、EROADなどのフリート・テレマティクス・プロバイダーや、ハードウェアに特化したサプライヤーのPittasoft(BlackVue)などがあり、いずれも推定インストールベースは数万台に達している。

本レポートは以下の質問に答えます

  • ビデオテレマティクスのバリューチェーンにはどのようなプレーヤーが関与しているのか?
  • ビデオテレマティクスの主要な専門プロバイダーは?
  • 一般的なフリート管理ソリューションプロバイダーはどのような製品を提供しているのか?
  • ハードウェアに特化したサプライヤーはどのように市場にアプローチしているのか?
  • これまでのところ、ビデオテレマティックスソリューションの先行地域市場はどこか?
  • ビデオテレマティクスのハードウェアとソフトウェアの価格水準は?
  • 市場を形成しているトレンドとドライバーは?
  • ビデオテレマティックス業界は今後どのように進化していくのか?


ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 ビデオテレマティックスソリューション

1.1 ビデオテレマティクスの紹介
1.1.1 スタンドアローンアプリケーションとしてのビデオテレマティクス
1.1.2 フリートテレマティクスの一部としてのビデオテレマティクス
1.2 ビデオテレマティクスのアプリケーションと関連概念
1.2.1 ビデオベースのドライバー管理
1.2.2 ドライバーの疲労と注意散漫のモニタリング
1.2.3 先進運転支援システム(ADAS)
1.2.4 ドライバトレーニングとコーチング
1.2.5 マネージド・サービス
1.2.6 ドライバーの免責と保険関連機能
1.3 ビジネスモデル

2 市場予測と動向

2.1 市場分析
2.1.1 ビデオテレマティクスベンダーの市場シェア
2.1.2 北米のビデオテレマティクス市場
2.1.3 欧州ビデオテレマティクス市場
2.1.4 その他の地域の展望
2.2 価値連鎖分析
2.2.1 ビデオテレマティックスソリューションプロバイダー
2.2.2 フリートテレマティクスソリューションプロバイダー
2.2.3 ハードウェアに特化したサプライヤー
2.2.4 保険業界のプレーヤー
2.3 市場促進要因と動向
2.3.1 ビデオテレマティクスの主流になるにつれてプライバシー問題が和らぐ
2.3.2 優秀なドライバーの実績を認めることで、懐疑心を和らげることができる
2.3.3 規制の進展はカメラベースの技術採用を促進する可能性がある
2.3.4 ビデオテレマティクスは、FM 分野における現在の M&A の波の中核をなしている
2.3.5 ビデオテレマティクスの分野ではパートナーシップ戦略がますます一般化
2.3.6 ビデオテレマティクス・ハードウェアのコモディティ化が進むと予想される
2.3.7 OEM統合が最終的にビデオの普及につながる可能性
2.3.8 人工知能とマシンビジョン機能がテーブルステークになる
2.3.9 ワンストップショップによる車両とビデオテレマティクスの統合ソリューション

3   企業概要と戦略

3.1   ビデオテレマティックスソリューションプロバイダー
3.1.1  CameraMatics
3.1.2  Cipia
3.1.3  Exeros Technologies
3.1.4  FleetCam
3.1.5  iCAM Video Telematics
3.1.6  Idrive
3.1.7  LightMetrics
3.1.8  Lytx
3.1.9  Nauto
3.1.10 Netradyne
3.1.11  SafetyDirect (Rand McNally)
3.1.12  Seeing Machines
3.1.13  Smarter AI
3.1.14  SureCam
3.1.15  VisionTrack
3.1.16  VUE (Radius Telematics)
3.1.17  Waylens
3.2    フリートテレマティクスソリューションプロバイダー
3.2.1  AddSecure Smart Transport
3.2.2  Azuga (Bridgestone)
3.2.3  EROAD
3.2.4  Forward Thinking Systems
3.2.5  ISAAC Instruments
3.2.6  J. J. Keller
3.2.7  Matrix iQ
3.2.8  Microlise
3.2.9  MiX Telematics
3.2.10  Motive
3.2.11  Radius Telematics
3.2.12  Samsara
3.2.13  Sensata INSIGHTS
3.2.14  Solera Fleet Solutions
3.2.15  Trakm8
3.2.16  Trimble
3.2.17   Verizon Connect
3.3  ハードウェアに特化したサプライヤー
3.3.1  D-TEG
3.3.2  Howen
3.3.3  Micronet
3.3.4  MiTAC
3.3.5  Pittasoft (BlackVue)
3.3.6  Positioning Universal
3.3.7  Streamax
3.3.8  Teltonika

用語集

ページTOPに戻る


プレスリリース

2024-04-17 プレスリリース
北米と欧州のビデオテレマティクスシステムのインストールベースは2028年までに1500万ユニットに達する

IoT市場調査の大手プロバイダーであるBerg Insight社はこの度、ビデオテレマティクス市場を対象とした新たな市場調査結果を発表した。商用車環境における様々なビデオベースソリューションを可能にするカメラの統合は、フリートテレマティクス分野における大きなトレンドである。Berg Insightのビデオテレマティクスの定義には、商用車フリートでスタンドアローンのアプリケーションとして、または従来のフリートテレマティクスに追加された機能セットとして展開される、幅広いカメラベースのソリューションが含まれる。先行している北米のビデオテレマティクス市場は、欧州の3倍以上の規模である。Berg Insightは、北米のアクティブ・ビデオ・テレマティクス・システムの設置台数は2023年に490万台近くに達すると推定している。年平均成長率(CAGR)19.0%で成長し、2028年までに北米のアクティブ設置台数は1,170万台に達すると予測される。欧州では、アクティブ・ビデオ・テレマティクス・システムの設置台数は、2023年にはほぼ140万台になると推定される。同地域のアクティブインストールベースはCAGR 18.0%で成長し、2028年までに欧州のビデオテレマティクスシステムは310万台に達すると予測される。

ビデオテレマティクス市場には、ビデオテレマティクスソリューションに特化した専門業者から、ビデオ製品を導入している一般的なフリートテレマティクス業者、ビデオテレマティクスに使用されるモバイルデジタルビデオレコーダー(DVR)や車両カメラを提供するハードウェアに特化した業者まで、様々なタイプの業者が参入している。Berg Insight社は、Streamax社、Lytx社、Samsara社を各カテゴリーにおけるビデオテレマティクスのリーディングカンパニーとしている。「Streamax は、現在までに全世界で 290 万台以上のモバイル DVR が車両に搭載されているハードウェアのリーディング・プロバイダーであり、同社はまた、機器と共に広く利用されているソフトウェア・ダッシュボードも提供している」と、Berg Insight 社の主席アナリストである Rickard Andersson 氏は述べている。また、Lytxはビデオテレマティクスの加入者数が最も多く、加入車両数は100万台を突破している。「Samsaraは一般的なフリート・テレマティクス・プレーヤーの中で際立っており、その加入者ベースには相当数のカメラ・ユニットが配備されている」とAndersson氏は続けた。このほか、フリートマネジメントのMotive、チャネルに特化したブランドのSensata INSIGHTS(買収したビデオテレマティクスのSmartWitnessを含む)、ハードウェアに特化したビデオテレマティクスのHowenなどがあり、いずれも推定設置台数は数十万台です。「残りの上位10社は、カメラを使ったソリューションに特化したNetradyne社、Nauto社、VisionTrack社、そして車両管理プロバイダーのSolera Fleet Solutions社です」とAndersson氏は述べている。ソレラは、商用車テレマティクスのパイオニアであるオムニトラックスを買収し、ビデオセーフティのスペシャリストであるスマートドライブを加えた。ビデオテレマティクスの分野で競合する他の注目すべき企業には、LightMetrics、SafetyDirect(Rand McNally)、Idrive、SureCam、Waylens、Seeing Machines、CameraMaticsといったビデオに特化したソリューションプロバイダーがある; Trimble、Radius Telematics、MiX by Powerfleet、Matrix iQ、Forward Thinking Systems、Azuga、ISAAC Instruments、Microlise、Trakm8、AddSecure Smart Transport、EROADなどのフリート・テレマティクス・プロバイダーや、ハードウェアに特化したサプライヤーのPittasoft(BlackVue)などである。「これらのプレーヤーはすべて、推定インストールベースが数万に達している」とAndersson氏は締めくくった。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

How will the emerging video telematics market evolve in 2024 and beyond? The report covers the latest trends and developments in the dynamic telematics industry. Berg Insight forecasts that the active installed base of video telematics systems in Europe and North America will grow at a CAGR of 18.6 percent from almost 6.3 million units at the end of 2023 to 14.8 million by 2028. Get up to date with the latest information about vendors, products and markets.

 


 

The Video Telematics Market is the fifth consecutive report from Berg Insight analysing the latest developments on the market for video telematics solutions. This strategic research report from Berg Insight provides you with 185 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from numerous interviews with market-leading companies.
  • Descriptions of video telematics applications and associated concepts.
  • Comprehensive overview of the video telematics value chain.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • Updated profiles of 42 companies offering video telematics software and hardware.
  • Market forecasts lasting until 2028.

North America and Europe to account for 15 million video telematics systems in use by 2028

The integration of cameras to enable various video-based solutions in commercial vehicle environments is one of the most apparent trends in the fleet telematics sector today. Berg Insight’s definition of video telematics includes a broad range of camera-based solutions deployed in commercial vehicle fleets either as standalone applications or as an additional feature set of conventional fleet telematics. Berg Insight estimates that the installed base of active video telematics systems in North America reached almost 4.9 million units in 2023. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 19.0 percent, the active installed base is forecasted to reach 11.7 million units in North America by 2028. In Europe, the installed base of active video telematics systems reached almost 1.4 million units in 2023. The active installed base is forecasted to grow at a CAGR of 18.0 percent to reach 3.1 million video telematics systems in Europe by 2028.

The video telematics market is served by many companies, ranging from specialists focused specifically on video telematics solutions for various commercial vehicles, to general fleet telematics players which have introduced video offerings, and hardware-focused suppliers offering mobile digital video recorders (DVRs) and vehicle cameras used for video telematics. Berg Insight ranks Streamax, Lytx and Samsara as the leading video telematics players in their respective categories. Streamax is the leading hardware provider, having over 2.9 million mobile DVRs installed in vehicles globally to date, and the company also offers software dashboards which are widely used together with its devices. Lytx in turn has the largest number of video telematics subscribers, having surpassed one million vehicle subscriptions, while Samsara stands out among the general fleet telematics players with a significant number of camera units deployed across its subscriber base. Additional sizeable players include the fleet management player Motive (formerly KeepTruckin), the channel-focused brand Sensata INSIGHTS (including the acquired video telematics company SmartWitness) and the hardware-focused video telematics company Howen, all having estimated installed bases of several hundred thousand units. The remaining top-10 players are Netradyne, Nauto and VisionTrack, which all have a primary focus on camera-based solutions specifically, as well as the fleet management provider Solera Fleet Solutions. The latter acquired the commercial vehicle telematics pioneer Omnitracs including the video safety specialist SmartDrive. Other noteworthy players competing in the video telematics space include video-focused solution providers such as LightMetrics, SafetyDirect (Rand McNally), Idrive, SureCam, Waylens, Seeing Machines and CameraMatics; fleet telematics players including Trimble, Radius Telematics, MiX by Powerfleet, Matrix iQ, Forward Thinking Systems, Azuga, ISAAC Instruments, Microlise, Trakm8, AddSecure Smart Transport and EROAD; as well as the hardware-focused supplier Pittasoft (BlackVue), which have all reached estimated installed bases in the tens of thousands.

This report answers the following questions:

  • What different types of players are involved in the video telematics value chain?
  • Which are the major specialised providers of video telematics solutions?
  • What offerings are available from the general fleet management solution providers?
  • How are the hardware-focused suppliers approaching the market?
  • Which are the frontrunning geographic markets for video telematics solutions so far?
  • What are the price levels for video telematics hardware and software?
  • Which trends and drivers are shaping the market?
  • How will the video telematics industry evolve in the future?


ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    Video Telematics Solutions

1.1    Introduction to video telematics
1.1.1    Video telematics as a standalone application
1.1.2    Video telematics as an integrated part of fleet telematics
1.2    Video telematics applications and associated concepts
1.2.1    Video-based driver management
1.2.2    Driver fatigue and distraction monitoring
1.2.3    Advanced driver assistance systems (ADAS)
1.2.4    Driver training and coaching
1.2.5    Managed services
1.2.6    Exoneration of drivers and insurance-related functionality
1.3    Business models

2    Market Forecasts and Trends

2.1    Market analysis
2.1.1    Video telematics vendor market shares
2.1.2    The North American video telematics market
2.1.3    The European video telematics market
2.1.4    Rest of World outlook
2.2    Value chain analysis
2.2.1    Video telematics solution providers
2.2.2    Fleet telematics solution providers
2.2.3    Hardware-focused suppliers
2.2.4    Insurance industry players
2.3    Market drivers and trends
2.3.1    Privacy issues soften as video telematics becomes mainstream
2.3.2    Acknowledging the performance of good drivers can alleviate scepticism
2.3.3    Regulatory developments can drive adoption of camera-based technology
2.3.4    Video telematics is at the core of the current M&A wave in the FM space
2.3.5    Partnership strategies increasingly common in the video telematics space
2.3.6    Increasing commoditisation of video telematics hardware expected
2.3.7    OEM integration may ultimately lead to the widespread uptake of video
2.3.8    Artificial intelligence and machine vision capabilities become table stakes
2.3.9    Integrated solutions combining fleet & video telematics from one-stop shops

3    Company Profiles and Strategies

3.1    Video telematics solution providers
3.1.1    CameraMatics
3.1.2    Cipia
3.1.3    Exeros Technologies
3.1.4    FleetCam
3.1.5    iCAM Video Telematics
3.1.6    Idrive
3.1.7    LightMetrics
3.1.8    Lytx
3.1.9    Nauto
3.1.10    Netradyne
3.1.11    SafetyDirect (Rand McNally)
3.1.12    Seeing Machines
3.1.13    Smarter AI
3.1.14    SureCam
3.1.15    VisionTrack
3.1.16    VUE (Radius Telematics)
3.1.17    Waylens
3.2    Fleet telematics solution providers
3.2.1    AddSecure Smart Transport
3.2.2    Azuga (Bridgestone)
3.2.3    EROAD
3.2.4    Forward Thinking Systems
3.2.5    ISAAC Instruments
3.2.6    J. J. Keller
3.2.7    Matrix iQ
3.2.8    Microlise
3.2.9    MiX by Powerfleet
3.2.10    Motive
3.2.11    Radius Telematics
3.2.12    Samsara
3.2.13    Sensata INSIGHTS
3.2.14    Solera Fleet Solutions
3.2.15    Trakm8
3.2.16    Trimble
3.2.17    Verizon Connect
3.3    Hardware-focused suppliers
3.3.1    D-TEG
3.3.2    Howen
3.3.3    Micronet
3.3.4    MiTAC
3.3.5    Pittasoft (BlackVue)
3.3.6    Positioning Universal
3.3.7    Streamax
3.3.8    Teltonika

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2024-04-17 Press releases
The installed base of video telematics systems in North America and Europe to reach 15 million units by 2028

Berg Insight, the leading IoT market research provider, today released a new market study covering the video telematics market. The integration of cameras to enable various video-based solutions in commercial vehicle environments is a massive trend in the fleet telematics sector. Berg Insight’s definition of video telematics includes a broad range of camera-based solutions deployed in commercial vehicle fleets either as standalone applications or as an added feature set to conventional fleet telematics. The frontrunning North American video telematics market is more than three times the size of the European, which is so far largely dominated by activities in the UK. Berg Insight estimates that the installed base of active video telematics systems in North America reached almost 4.9 million units in 2023. Growing at a compound annual growth rate (CAGR) of 19.0 percent, the active installed base is forecasted to reach 11.7 million units in North America by 2028. In Europe, the installed base of active video telematics systems is estimated to almost 1.4 million units in 2023. The active installed base in the region is forecasted to grow at a CAGR of 18.0 percent to reach 3.1 million video telematics systems in Europe by 2028.

 

The video telematics market is served by a number of different types of players, ranging from specialists focused specifically on video telematics solutions, to general fleet telematics players which have introduced video offerings, and hardware-focused suppliers offering mobile digital video recorders (DVRs) and vehicle cameras used for video telematics. Berg Insight ranks Streamax, Lytx and Samsara as the leading video telematics players in their respective categories. “Streamax is the leading hardware provider, having over 2.9 million mobile DVRs installed in vehicles globally to date, and the company also offers software dashboards which are widely used together with its devices”, said Rickard Andersson, Principal Analyst, Berg Insight. He adds that Lytx has the largest number of video telematics subscribers, having surpassed one million vehicles under subscription. “Samsara stands out among the general fleet telematics players with a significant number of camera units deployed across its subscriber base”, continued Mr. Andersson. Additional sizeable players include the fleet management player Motive, the channel-focused brand Sensata INSIGHTS (including the acquired video telematics company SmartWitness) and the hardware-focused video telematics company Howen, all having estimated installed bases of several hundred thousand units. “The remaining top-10 players are Netradyne, Nauto and VisionTrack, which all have a primary focus on camera-based solutions specifically, as well as the fleet management provider Solera Fleet Solutions”, said Mr. Andersson. Solera acquired the commercial vehicle telematics pioneer Omnitracs including the video safety specialist SmartDrive. Other noteworthy players competing in the video telematics space include video-focused solution providers such as LightMetrics, SafetyDirect (Rand McNally), Idrive, SureCam, Waylens, Seeing Machines and CameraMatics; fleet telematics players including Trimble, Radius Telematics, MiX by Powerfleet, Matrix iQ, Forward Thinking Systems, Azuga, ISAAC Instruments, Microlise, Trakm8, AddSecure Smart Transport and EROAD; as well as the hardware-focused supplier Pittasoft (BlackVue). “These players have all reached estimated installed bases in the tens of thousands”, concluded Mr. Andersson.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/13 10:28

157.89 円

171.11 円

204.74 円

ページTOPに戻る