世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

インドのプリスクール市場:年齢層別(2歳未満、2~5歳)、場所別(独立型、学校敷地内、オフィス敷地内)、地域別、競争予測・機会別、2019-2029F


India Preschool Market By Age Group (Less Than 2 Years, 2-5 Years), By Location (Standalone, School Premises, Office Premises), By Region, By Competition Forecast & Opportunities, 2019-2029F

インドの就学前教育市場は2023年に9億5,786万米ドルとなり、2028年までの年平均成長率は9.56%と大幅な成長が予測されている。インドの保護者の間で幼児教育の重要性が認識されるようになったことで、就学前教育... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年10月3日 US$3,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
70 英語

 

サマリー

インドの就学前教育市場は2023年に9億5,786万米ドルとなり、2028年までの年平均成長率は9.56%と大幅な成長が予測されている。インドの保護者の間で幼児教育の重要性が認識されるようになったことで、就学前教育がもたらす認知的、社会的、情緒的なメリットに対する意識が高まっている。さらに、インドの経済成長により、多くの家庭の可処分所得が増加し、低・中所得層を含むより多くの親が子供に就学前教育を受けさせる余裕ができた。急速な都市化の進行も、両親ともに就労している核家族 の拡大に寄与している。このような場 合、親は仕事の合間に子どもが適切な保育、教育、社交 を受けられるよう、質の高いプリスクールを求める。その結果、プリスクール市場は予測期間中に成長すると思われる。

主な市場牽引要因

グローバル化と競争:
インドのグローバル経済への統合に伴い、保護者は子供たちにコミュニケーション能力や認知能力など、基礎的なスキルをしっかりと身につけさせる必要性を認識するようになっている。就学前教育は、子どもたちに早期の競争力を与える方法と見なされている。幼児教育が子どもの発達に果たす極めて重要な役割に対する保護者の意識が高まるにつれ、プリスクールの需要は急増すると思われる。研究によると、子どもの脳は最初の5年間で急速に発達し、質の高い早期教育は認知的、社会的、情緒的スキルに永続的なプラスの効果をもたらすという。この要因によって、予測期間中のCAGRは高くなると予想される。

早期能力開発の重要性:
保護者は、幼少期からコミュニケーション、創造性、批判的思考、問題解決などのスキルを身につけることを優先している。プリスクールは、こうしたスキルの育成に適した環境と見なされている。このような早期からの能力開発の重視は、世界的にそうであるように、インドでも非常に重要である。幼児期は人間形成の重要な時期であり、この時期の能力開発に投資することで、個人、社会、そして国家全体に広範囲に及ぶ好影響がもたらされる。幼児期は脳の発達にとって極めて重要であり、将来の学習のための強固な基盤を築く。早期から必要な能力を培うことで、子供たちは教育が進むにつれて複雑な概念を理解する能力を身につけることができる。さらに、早期からの能力開発は、社会的スキル、情緒的知性、共感性の習得を助け、生涯を通じて健全な人間関係と情緒的幸福に貢献する。したがって、これらの要因がインドの幼児教育市場の成長に寄与している。

インドにおける核家族の増加:
インドでは核家族化が進み、都市化が進んでいる。このような傾向から、都市部や核家族のライフスタイルに合わせた幼児教育・保育サービスへのニーズが高まっている。都市部では、雇用市場の競争や生活費の高騰のため、両親とも家庭を維持するために仕事に従事していることが多く、フルタイムの育児や教育に使える時間は限られている。プリスクールは、両親が働いている間、子どもたちに安全で教育的な環境を提供することで、解決策を提供する。さらに、都市部の核家族では、子どもたちが兄弟や親戚と定期的に交流する機会は少ない。プリスクールは、社会性や情緒の発達に不可欠な、早期の社会化や仲間との交流を促進する。その結果、プリスクールの需要は予測期間中に増加すると予想される。

子育て傾向の変化:
子育てのトレンドの変化は、インドにおける幼児教育需要の拡大に大きく寄与している。子育てのスタイルや優先順位の変化は、子供の教育や早期発達に関する親の選択に直接影響を与える。現代の保護者は、早期学習と能力開発を非常に重視している。子供の脳は幼児期に最も受容されることを理解しており、質の高いプリスクールは、認知的、社会的、感情的スキルを育むための構造化された環境を提供している。子育てのトレンドの変化は、幼児期であっても体系化された教育を求める傾向にある。保護者は、プリスクールが体系化されたカリキュラムと学習経験を提供し、将来学業で成功するための基礎を築くことを認識している。両親が共働きであることも多く、保育に対するニーズは高まっている。プリスクールは安全で教育的な環境を提供し、保護者が働いている間、子供たちは時間を生産的に活用することができる。このような要因がインドのプリスクール市場の成長に寄与している。

主な市場課題

品質と基準の維持:
インドのプリスクール市場が直面する主な課題の一つは、全てのプリスクールにおいて一貫した品質基準を確保する必要があることである。園によって、教育の質、インフラ、教授法に大きな差がある。そのため、すべての園で一貫した教育水準を確保することが課題となっている。さらに、インドのプリスクール業界は州レベルで様々な規制を受け、混乱と矛盾が生じている。プリスクールの運営に必要なライセンスや認可の取得には時間と困難が伴い、市場成長の妨げとなっている。

競争の激化:
インドの就学前教育市場は、特に都市部では競争が激 化している。保護者や生徒を惹きつけるために、園 はマーケティングやブランディングに投資する必要が ある。この課題は、小規模または新 規参入企業ほど顕著である。熾烈な競争により、高い教育水準を維持すること よりも、マーケティングや保護者誘致を優先する園も ある。目立とうとするプレッシャーは、時として提供する教育の質を低下させかねない。競争はまた、価格競争にも拍車をかける。より多くの保護者を惹きつけるために、料金を下げざるを得ないと感じる園もあるかもしれないが、それは財政の持続可能性や、質の高い施設や教育スタッフを提供する能力に影響を与えかねない。従って、プリスクールのオーナーは、競争の激しい市場での差別化と、教育の質と子供の発育への強いこだわりを維持することの間で、バランスを取る必要がある。このような競争環境では、優れた教育と市場の要求の両方に対応する、よく考えられたビジネス戦略を開発することが極めて重要である。

主な市場動向

テクノロジーの統合:
多くの幼稚園が、管理された年齢相応の方法で、テクノロジーをカリキュラムに組み込んでいる。教育アプリ、インタラクティブなゲーム、デジタルツールは、学習体験を高めるために取り入れられている。教育用アプリ、対話型ソフトウェア、オンラインプラットフォームなどのデジタル学習ツールの採用が拡大している。これらのツールは、幼い学習者の学習を魅力的なものにすることを目的としている。先進的な幼稚園では、教室にスマートボードやインタラクティブ・ディスプレイを導入しているところもある。これらのテクノロジーは、教師がダイナミックでインタラクティブな授業を提供することを可能にし、子どもたちの注意を引き、よりよい理解を促す。さらに、テクノロジーは子供たちの進歩の効果的な追跡と評価を容易にし、個々のニーズに基づいた個別指導を可能にする。このように、テクノロジーの統合は、インドの幼児教育市場において進化するトレンドなのである。

プレイベースの学習の人気の高まり:
遊びを中心とした学習は、幼児教育の効果的なアプローチとして人気を集めている。プリスクールは、遊び、探検、創造性を通して、実践的、体験的な学習を奨励する環境を整えつつある。インドのプリスクール市場では、遊びを中心とした学習の重要性が高まっている。このアプローチは、双方向の活動、探検、想像力豊かな遊びを通して学ぶことを重視している。幼児は積極的に参加し、楽しみながら学ぶことが最も効果的であると認識されている。このような子供中心のアプローチは、子供に前向きで楽しい早期学習体験を求める保護者の共感を呼ぶ。遊びを中心とした学習は、創造力と想像力を育み、批判的思考と問題解決能力を養う。保護者は、子供たちが日進月歩の未来に備えられるよう、こうした特性を高く評価している。子育てのトレンドが進化するにつれ、幼児期であっても体系化された教育を好む傾向が強まっている。プリスクールは、構造化されたカリキュラムと学習経験を提供し、将来の学業での成功の基礎を築く。両親が共働きであることも多く、保育に対するニーズも高まっています。プリスクールは安全で教育的な環境を提供し、親が仕事をしている間、子どもたちは時間を生産的に活用することができる。このような要因がインドのプリスクール市場の成長に寄与している。

セグメント別インサイト

年齢層別インサイト:
2-5歳の年齢層は2023年に大きな市場シェアを占め、今後も拡大が見込まれる。この年齢層は、親が子供にしっかりとした教育的基礎を身につけさせるためにプリスクールに入園させようとする典型的な時期である。この時期の子どもは、より構造化された社会的相互作用と早期学習体験の準備が整っていると見なされるため、需要は3~4歳児グループに特に顕著である。保護者は、この年齢層の子どもたちを社会的 環境に導き、基本的な運動能力や社会性を身につけさせるた めに、プリスクールに入園させることが多い。この年齢層にも需要はあるが、年長児ほどではない。

地域別インサイト

南部地域はシェアードモビリティ市場のリーダーとしての地位を確立しており、2023年には大きな収益シェアを占める。タミル・ナードゥ州、カルナータカ州、ケララ州、アンドラ・プラデシュ州といったインド南部の州は、他の地域に比べて就学前教育市場が比較的先進的でよく発達していることで知られているため、このような優位性が予想される。さらに、これらの州は文化的に教育を重視しており、幼児教育は家庭にとって優先事項となっている。さらに、南部諸州は一般的に他の地域よりも高い識字率を誇り、プリスクールを含む幼児教育の重要性に対する意識の高まりに寄与している。南部地域には、地元や国際的なチェーン店を含め、多種多様なプリスクールがあり、保護者の好みや期待に応えている。
主要市場プレイヤー
- ジー・ラーン・リミテッド
- S.K. Educations Pvt.
- Shemrock Group of Preschools
- Hello Kids Education India Pvt.
- SCG International India Pvt Ltd.
- エデュコンプ・ソリューションズ社
- ブレインビーズ・ソリューションズ社
- ユーロキッズ・インターナショナル
- ファウンディング・イヤーズ・ラーニング・ソリューションズ社
- Smartkidz Educare India Pvt Ltd.
レポートの範囲
本レポートでは、インドの就学前教育市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- インドの幼児教育市場、年齢層別
o 2歳未満
2~5歳
- インドのプリスクール市場:場所別
o 独立型
o 学校敷地内
オフィス
- インドのプリスクール市場:地域別
o 北部


西

競合状況
企業プロフィール:インド幼児教育市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社は、所定の市場データを使用したインドの就学前教育市場レポートにおいて、企業固有のニーズに応じたカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1. Introduction
1.1. Service Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer Analysis (B2C Model Analysis)
4.1. Sample Size Determination
4.1.1. By Gender
4.1.2. By Age
4.1.3. By Occupation
4.2. Brand Awareness
4.3. Sources of Awareness
4.4. Factors Influencing Availing Services Decision
4.5. Challenges Faced After Availing Services
5. India Preschool Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Age Group Market Share Analysis (Less Than 2 Years, 2-5 Years)
5.2.2. By Location Market Share Analysis (Standalone, School Premises, Office Premises)
5.2.3. By Regional Market Share Analysis
5.2.3.1. North Market Share Analysis
5.2.3.2. South Market Share Analysis
5.2.3.3. East Market Share Analysis
5.2.3.4. West Market Share Analysis
5.2.4. By Company Market Share Analysis
5.3. India Preschool Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Age Group Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Location Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. India Less Than 2 Years Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Location
7. India Less Than 2-5 Years Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Location
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Impact of COVID-19 on India Preschool Market
9.1. Impact Assessment Model
9.1.1. Key Segments Impacted
9.1.2. Key Regions Impacted
9.1.3. Key Countries Impacted
10. Market Trends & Developments
11. Porter’s Five Forces Model
11.1. Competitive Rivalry
11.2. Bargaining Power of Buyers
11.3. Bargaining Power of Suppliers
11.4. Threat of New Entrants
11.5. Threat of Substitutes
12. SWOT Analysis
12.1. Strengths
12.2. Weaknesses
12.3. Opportunities
12.4. Threats
13. Policy and Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Company Profiles
15.1. Zee Learn Limited
15.2. S.K. Educations Pvt. Ltd.
15.3. Shemrock Group of Preschools
15.4. Hello Kids Education India Pvt. Ltd.
15.5. SCG International India Pvt Ltd.
15.6. Educomp Solutions Ltd
15.7. Brainbees Solutions Pvt. Ltd.
15.8. EuroKids International Pvt Ltd.
15.9. Founding Years Learning Solutions Pvt Ltd.
15.10. Smartkidz Educare India Pvt Ltd.
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The India preschool market was valued at USD957.86 million in 2023 and is projected to experience substantial growth with a CAGR of 9.56% through 2028. The increasing recognition of the significance of early childhood education among Indian parents has led to a growing awareness of the cognitive, social, and emotional benefits that preschool education can offer. Furthermore, India's economic growth has resulted in higher disposable incomes for many families, enabling more parents, including those in lower and middle-income segments, to afford preschool education for their children. The ongoing trend of rapid urbanization has also contributed to the expansion of nuclear families where both parents are employed. In such cases, parents seek high-quality preschools to ensure their children receive proper care, education, and social interaction during their work hours. Consequently, the preschool market is set to grow during the forecast period.

Key Market Drivers

Globalization and Competition:
With India's integration into the global economy, parents are increasingly acknowledging the need for their children to acquire strong foundational skills, including communication and cognitive abilities. Preschool education is being viewed as a way to provide children with an early competitive edge. As parental awareness of the pivotal role early childhood education plays in child development grows, the demand for preschools is likely to surge. Research indicates that a child's brain undergoes rapid development during the first five years, and quality early education can yield lasting positive effects on cognitive, social, and emotional skills. This factor is expected to drive a high CAGR during the forecast period.

Importance of Early Skill Development:
Parents are prioritizing the development of skills such as communication, creativity, critical thinking, and problem-solving from an early age. Preschools are seen as environments conducive to fostering these skills. This emphasis on early skill development holds great importance in India, as it does globally. Early childhood is a critical phase of human development, and investing in skill development during this period yields far-reaching positive impacts on individuals, society, and the nation as a whole. The early years are crucial for brain development, setting a strong foundation for future learning. By cultivating essential skills early on, children are better equipped to grasp complex concepts as they progress in their education. Additionally, early skill development aids in the acquisition of social skills, emotional intelligence, and empathy, contributing to healthy relationships and emotional well-being throughout life. Hence, these factors contribute to the growth of the preschool market in India.

Rise of Nuclear Families in India:
The rise of nuclear families and urbanization in India has substantially fueled the demand for preschools. These trends have generated a need for early childhood education and care services tailored to the distinct challenges and demands of urban and nuclear family lifestyles. In urban areas, where both parents are often engaged in employment to sustain their families due to competitive job markets and higher living costs, there's limited time available for full-time childcare and education. Preschools provide a solution by offering a safe and educational environment for children while parents are at work. Additionally, in urban nuclear families, opportunities for children to interact regularly with siblings or extended family members are fewer. Preschools facilitate early socialization and peer interactions, crucial for social and emotional development. As a result, the demand for preschools is anticipated to increase during the projection period.

Changing Parenting Trends:
Shifting parenting trends significantly contribute to the growing demand for preschools in India. Evolving parenting styles and priorities directly influence parents' choices regarding their children's education and early development. Modern parents place a strong emphasis on early learning and skill development. They understand that a child's brain is most receptive during the early years, and high-quality preschools offer structured environments for nurturing cognitive, social, and emotional skills. Changing parenting trends are inclined towards structured education, even during early years. Parents recognize that preschools provide structured curricula and learning experiences that lay the foundation for future academic success. With both parents often engaged in employment, the need for childcare solutions has risen. Preschools offer a safe and educational setting where children can utilize their time productively while parents are at work. Thus, these factors contribute to the growth of the preschool market in India.

Key Market Challenges

Maintaining Quality and Standards:
One of the primary challenges faced by the Indian preschool market is the need to ensure consistent quality standards across all preschools. There exists a significant variance in the quality of education, infrastructure, and teaching methodologies offered by different preschools. Ensuring a baseline standard of education across all preschools has been a concern. Additionally, the preschool industry in India has encountered varying regulations at the state level, leading to confusion and inconsistency. Obtaining the requisite licenses and approvals to operate a preschool can be time-consuming and challenging, hindering market growth.

High Competition:
The Indian preschool market has become intensely competitive, especially in urban areas. Preschools often need to invest in marketing and branding to attract parents and students. This challenge can be more pronounced for smaller or newer players. The fierce competition might lead some preschools to prioritize marketing and parent attraction over maintaining high educational standards. The pressure to stand out can sometimes compromise the quality of education provided. Competition can also drive a downward pricing race. Preschools may feel compelled to lower fees to attract more parents, which can impact financial sustainability and the ability to offer quality facilities and teaching staff. Therefore, preschool owners must strike a balance between differentiation in a competitive market and maintaining a strong focus on educational quality and child development. Developing a well-considered business strategy that addresses both educational excellence and market demands is crucial in such a competitive landscape.

Key Market Trends

Technological Integration:
Many preschools are integrating technology into their curriculum in a controlled and age-appropriate manner. Educational apps, interactive games, and digital tools are being incorporated to enhance learning experiences. The adoption of digital learning tools like educational apps, interactive software, and online platforms is growing. These tools aim to make learning engaging for young learners. Some forward-thinking preschools are also introducing smartboards and interactive displays in classrooms. These technologies enable teachers to deliver dynamic and interactive lessons, capturing children's attention and promoting better understanding. Moreover, technology facilitates effective tracking and assessment of children's progress, enabling personalized instruction based on individual needs. Thus, technological integration is an evolving trend in the Indian preschool market.

Growing Popularity of Play-Based Learning:
Play-based learning is gaining traction as an effective approach to early childhood education. Preschools are creating environments that encourage hands-on, experiential learning through play, exploration, and creativity. The prominence of play-based learning is increasing in the Indian preschool market. This approach emphasizes learning through interactive activities, exploration, and imaginative play. It recognizes that young children learn best when they are actively engaged and having fun. This child-centered approach resonates with parents who seek a positive and enjoyable early learning experience for their children. Play-based learning fosters creativity and imagination, cultivating critical thinking and problem-solving skills. Parents value these attributes as they prepare children for an ever-evolving future. As parenting trends evolve, there is a growing preference for structured education, even in the early years. Preschools offer structured curricula and learning experiences that lay the foundation for future academic success. With both parents often engaged in employment, the need for childcare solutions has risen. Preschools offer a safe and educational setting where children can utilize their time productively while parents are at work. Thus, these factors contribute to the growth of the preschool market in India.

Segmental Insights

Age Group Insights:
The 2-5 Years age group held a significant market share in 2023 and is expected to continue expanding in the coming years. This age group represents the typical range when parents seek to enroll their children in preschools to provide them with a solid educational foundation. Demand is particularly pronounced in the 3 to 4 years age group, as children in this stage are deemed ready for more structured social interactions and early learning experiences. Parents often enroll children in this age group in preschools to introduce them to a social environment and develop basic motor and social skills. While demand exists for this age group, it may not be as high as for slightly older children.

Regional Insights

The southern region has established itself as the leader in the shared mobility market, commanding a significant revenue share in 2023. This dominance is expected due to the southern states of India, such as Tamil Nadu, Karnataka, Kerala, and Andhra Pradesh, being known for their relatively advanced and well-developed preschool market compared to other regions. Additionally, these states place a strong cultural emphasis on education, making early childhood education a priority for families. Moreover, the southern states generally boast higher literacy rates than other regions, contributing to heightened awareness of the importance of early childhood education, including preschools. The southern region offers a wide variety of preschools, including local and international chains, catering to different parental preferences and expectations.
Key Market Players
• Zee Learn Limited
• S.K. Educations Pvt. Ltd.
• Shemrock Group of Preschools
• Hello Kids Education India Pvt. Ltd.
• SCG International India Pvt Ltd.
• Educomp Solutions Ltd
• Brainbees Solutions Pvt. Ltd.
• EuroKids International Pvt Ltd.
• Founding Years Learning Solutions Pvt Ltd.
• Smartkidz Educare India Pvt Ltd.
Report Scope:
In this report, the India Preschool Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• India Preschool Market, By Age Group:
o Less Than 2 Years
o 2-5 Year
• India Preschool Market, By Location:
o Standalone
o School Premises
o Office Premises
• India Preschool Market, By Region:
o North
o South
o East
o West

Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the India Preschool Market.
Available Customizations:
India Preschool market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Service Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer Analysis (B2C Model Analysis)
4.1. Sample Size Determination
4.1.1. By Gender
4.1.2. By Age
4.1.3. By Occupation
4.2. Brand Awareness
4.3. Sources of Awareness
4.4. Factors Influencing Availing Services Decision
4.5. Challenges Faced After Availing Services
5. India Preschool Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Age Group Market Share Analysis (Less Than 2 Years, 2-5 Years)
5.2.2. By Location Market Share Analysis (Standalone, School Premises, Office Premises)
5.2.3. By Regional Market Share Analysis
5.2.3.1. North Market Share Analysis
5.2.3.2. South Market Share Analysis
5.2.3.3. East Market Share Analysis
5.2.3.4. West Market Share Analysis
5.2.4. By Company Market Share Analysis
5.3. India Preschool Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Age Group Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Location Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Regional Market Mapping & Opportunity Assessment
6. India Less Than 2 Years Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Location
7. India Less Than 2-5 Years Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Location
8. Market Dynamics
8.1. Drivers
8.2. Challenges
9. Impact of COVID-19 on India Preschool Market
9.1. Impact Assessment Model
9.1.1. Key Segments Impacted
9.1.2. Key Regions Impacted
9.1.3. Key Countries Impacted
10. Market Trends & Developments
11. Porter’s Five Forces Model
11.1. Competitive Rivalry
11.2. Bargaining Power of Buyers
11.3. Bargaining Power of Suppliers
11.4. Threat of New Entrants
11.5. Threat of Substitutes
12. SWOT Analysis
12.1. Strengths
12.2. Weaknesses
12.3. Opportunities
12.4. Threats
13. Policy and Regulatory Landscape
14. India Economic Profile
15. Company Profiles
15.1. Zee Learn Limited
15.2. S.K. Educations Pvt. Ltd.
15.3. Shemrock Group of Preschools
15.4. Hello Kids Education India Pvt. Ltd.
15.5. SCG International India Pvt Ltd.
15.6. Educomp Solutions Ltd
15.7. Brainbees Solutions Pvt. Ltd.
15.8. EuroKids International Pvt Ltd.
15.9. Founding Years Learning Solutions Pvt Ltd.
15.10. Smartkidz Educare India Pvt Ltd.
16. Strategic Recommendations
17. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る