世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マーケットデータ:市場データ業務用換気と空気清浄


Market Data: Commercial Ventilation and Air Quality

2020年以降、ウイルスリスクに関する社会的関心が高まり、室内空気質(IAQ)向上の鍵として消毒が大きくクローズアップされるようになりました。特に紫外線殺菌照射(UVGI)やイオン化などの殺菌技術が社会的... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2022年4月27日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
40 35 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

2020年以降、ウイルスリスクに関する社会的関心が高まり、室内空気質(IAQ)向上の鍵として消毒が大きくクローズアップされるようになりました。特に紫外線殺菌照射(UVGI)やイオン化などの殺菌技術が社会的に注目されています。しかし、IAQ対策は、殺菌技術単体に着目するのではなく、総合的に考える必要がある。例えば、UVGIは表面の殺菌に有効ですが、換気された気流の中を素早く移動するウイルスの殺菌には効果がありません。UVGIは、空気清浄機のフィルターと組み合わせて、フィルター表面の殺菌を行う方がはるかに効果的であると思われる。同様に、イオン化は、HVAC機器や空気清浄機に取り付けることで、ウイルスのリスク軽減に効果的です。その他、居住者の快適性と安全性を考慮し、湿度制御や汚染物質の感知なども行っています。
 
パンデミック以前のIAQソリューションは、屋外の大気汚染によって引き起こされる室内空気汚染物質の低減に重点を置いていました。特定の地域や期間においては、大気汚染物質の削減が現在でもIAQ管理の中核となっています。また、厳しい建築性能基準により、エネルギー効率を高めた上でIAQ管理ガイドラインに適合する建物を設計する必要がある場合もあります。
 
ガイドハウスインサイトの本レポートでは、これらの市場動向を調査し、主要な換気・IAQ管理市場を予測しています。また、ガイドラインだけでなく、技術や業界動向の産業も含まれています。世界市場の予測は2031年までで、エネルギー回収技術を活用したエネルギー効率の高い換気装置、空気清浄機やIAQセンサーなど、地域別・分野別に分類しています。
 
主な質問
  • 業務用換気・空気清浄機市場の市場促進要因と障壁は何か?
  • 商業ビルの換気とIAQを形成する主要な技術トレンドは何か?
  • 今後10年間で、この市場はどのように成長すると予想されるか?
  • 地域によって収益はどのように異なると予想されるか?
  • 商業ビルの換気とIAQのビジネスチャンスを生かすために、ステークホルダーはどのようなアプローチを取るべきか?
 
本レポートの対象者
  • 商業ビルに関する政策立案者
  • 標準化のための国家機関または公的機関
  • 商業ビルの換気とIAQに関する製造業者
  • インテリジェントHVACおよびIAQソリューションプロバイダー
  • インテリジェントビルソリューションプロバイダー
  • 商業ビルの設計に携わるエンジニアリング会社や建築会社
  • 建設・不動産投資家
  • 商業ビルの換気とIAQを扱う主要なハイテク企業 
 
 


ページTOPに戻る


目次

1. エグゼクティブサマリー
1.1 はじめに
1.2 市場予測
2. 市場の課題
2.1 市場動向
2.1.1 サステナビリティのための技術進歩
2.2 市場促進要因
2.2.1 地域の大気汚染問題
2.2.2 IAQ規格とガイドライン
2.2.3 IAQサーティフィケイト
2.2.4 コロナウィルスの大流行によるIAQへの注目の高まり
2.2.5 スマートビルディングの主要技術としてIAQへの関心の高まり
2.3 市場の障壁
2.3.1 価格の高さ
2.3.2 技術的な限界
2.3.3 単一ソリューションの不在と専門家への高い潜在的需要
2.3.4 コロナウイルスの大流行後、ウイルスリスク低減への関心が薄れる
3. 市場予測
3.1 予測方法
3.2 予測範囲
3.3 市場概要
3.3.1 エアサイド機器売上高
3.3.2 ERVの売上高
3.3.3 空気清浄機の売上高
3.3.4 IAQセンサーの売上高
4. 結論と提言
5. 建物タイプ
5.1 オフィス
5.2 商業施設
5.3 教育施設
5.4 医療
5.5 ホテル・レストラン
5.6 施設・会議室
5.7 倉庫
5.8 輸送
6. 頭字語・略語一覧
7. 目次
8. 図表一覧
9. 調査範囲、出典と方法論、注釈
 
 
図表一覧
商業用エネルギー効率化換気とIAQの地域別売上高、世界市場:2022-2031年
商業用エネルギー効率化換気とIAQの機器別売上高、世界市場:2022-2031年
エネルギー効率に優れたエアサイド機器の地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
エネルギー効率に優れたエアサイド機器の建物タイプ別売上高、世界市場:2022-2031年
商業用ERVの地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用ERVの建物タイプ別売上高、世界市場:2022-2031年
業務用空気清浄機の地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
業務用空気清浄機の技術別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用空気清浄機の建物タイプ別売上高、世界市場:2022-2031年
業務用IAQセンサーの地域別売上、世界市場:2022年〜2031年
業務用IAQセンサーの技術別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用IAQセンサーの建物タイプ別売上、世界市場:2022年〜2031年
商業用換気とIAQソリューションの多様性
AHUと一体化したHLRモジュール
モジュール設置イメージ
国・地域別のPM2.5推定曝露量の世界地図:2018年 
 
表一覧
商業用エネルギー効率化換気とIAQの地域別売上高、世界市場:2022-2031年
商業用エネルギー効率化換気とIAQの機器別売上高、世界市場:2022-2031年
エネルギー効率に優れた換気装置の地域別売上高、世界市場:2022年~2031年
エネルギー効率に優れたエアサイド機器の地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
エネルギー効率化エアサイド機器の建物タイプ別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用ERVの地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用ERVの建物タイプ別売上高、世界市場:2022-2031年
商業用IAQの地域別売上構成比、世界市場:2022-2031年
業務用空気清浄機の地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用空気清浄機の技術別売上高、世界市場:2022-2031年
商業用空気清浄機の建物タイプ別売上高、世界市場:2022年〜2031年
業務用IAQセンサーの地域別売上、世界市場:2022年〜2031年
業務用IAQセンサーの技術別売上高、世界市場:2022年〜2031年
商業用IAQセンサーの建物タイプ別売上高、世界市場:2022年〜2031年
業務用換気とIAQの予測セグメント
大気質管理規格とガイドラインの活動
IAQ評価付き証明書
コロナウイルスパンデミック後のIAQのための換気ガイドライン
MERVレーティングと圧力損失
 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、主要な換気・IAQ管理市場を予測しています。世界市場の予測は2031年までで、エネルギー回収技術を活用したエネルギー効率の高い換気装置、空気清浄機やIAQセンサーなど、地域別・分野別に分類しています。
 
Report Description
Since 2020, public concern regarding virus risk has led to a significant focus on disinfection as key to improving indoor air quality (IAQ). Disinfection technologies, such as ultraviolet germicidal irradiation (UVGI) and ionization, among others, have gained public attention. However, IAQ solutions must be considered holistically rather than focusing on standalone disinfection solutions. For instance, UVGI is effective for surface disinfection rather than for killing viruses traveling quickly through the ventilated airflow. UVGI will likely be much more effective combined with filters in air purifiers to disinfect the filter’s surfaces. Likewise, ionization is effective in virus risk mitigation when the technology is attached to HVAC equipment or air purifiers. Other considerations for occupants’ comfort and safety include humidity control and pollutant sensing.
 
Pre-pandemic IAQ solutions focused on reducing indoor air contaminants caused by outdoor air pollution. Air pollution reduction is still at the core of IAQ management in certain regions or during specific periods. Designing buildings that meet strict IAQ management guidelines with heightened energy efficiency targets may be also necessary due to stringent building performance standards.
 
This Guidehouse Insights report examines these market trends and forecasts the major ventilation and IAQ management markets. It also includes guidelines as well as technology and industry trends industry. The global market forecasts extend through 2031, broken down by region and segment, including energy efficiency ventilation equipment utilizing energy recovery technology and air purifier and IAQ sensors.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are the market drivers and barriers to the commercial ventilation and air quality market?
  • What are the key technology trends shaping commercial building ventilation and IAQ?
  • How is this market expected to grow over the next decade?
  • How is revenue expected to differ by region?
  • What approach should stakeholders take to exploit the opportunities in commercial building ventilation and IAQ? 
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Policymakers for commercial buildings
  • National or public organization for standardization
  • Manufacturers in commercial building ventilation and IAQ
  • Intelligent HVAC and IAQ solution providers
  • Intelligent building solutions providers
  • Engineering or architect firms in commercial building design
  • Investor community in construction or real estate
  • Major high-tech firms covering commercial building ventilation and IAQ 
 


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1    Introduction
1.2    Market Forecast
2. Market Issues
2.1    Market Trends
2.1.1   Technology Advancement for Sustainability
2.2    Market Drivers
2.2.1   Regional Air Pollution Issues
2.2.2   IAQ Standards and Guidelines
2.2.3   IAQ Certificates
2.2.4   Heightened Focus on IAQ Due to the Coronavirus Pandemic
2.2.5   Growing Interest in IAQ as a Key Smart Building Technology
2.3    Market Barriers
2.3.1   High Prices
2.3.2   Technical Limitations
2.3.3   No Single Solution and Potential High Demand for Experts
2.3.4   Decreased Interest in Reducing Virus Risk after Coronavirus Pandemic
3. Market Forecasts
3.1    Forecast Methodology
3.2    Forecast Scope
3.3    Market Overview
3.3.1   Airside Equipment Revenue
3.3.2   ERV Revenue
3.3.3   Air Purifier Revenue
3.3.4   IAQ Sensor Revenue
4. Conclusions and Recommendations
5. Building Types
5.1    Office
5.2    Retail
5.3    Education
5.4    Healthcare
5.5    Hotels and Restaurants
5.6    Institutional/Assembly
5.7    Warehouse
5.8    Transport
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Commercial Energy Efficiency Ventilation and IAQ Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial Energy Efficiency Ventilation and IAQ Revenue by Equipment, World Markets: 2022-2031
Energy Efficiency Airside Equipment Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Energy Efficiency Airside Equipment Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Commercial ERV Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial ERV Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Commercial Air Purifier Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial Air Purifier Revenue by Technology, World Markets: 2022-2031
Commercial Air Purifier Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Sensor Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Sensor Revenue by Technology, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Sensor Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Variety of Commercial Ventilation and IAQ Solutions
HLR Module Integrated with AHU
Module Installation Image
Global Map of Estimated PM2.5 Exposure by Country or Region: 2018 
 
LIST OF TABLES
Commercial Energy Efficiency Ventilation and IAQ Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial Energy Efficiency Ventilation and IAQ Revenue by Equipment, World Markets: 2022-2031
Energy Efficiency Ventilation Equipment Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Energy Efficiency Airside Equipment Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Energy Efficiency Airside Equipment Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Commercial ERV Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial ERV Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial Air Purifier Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial Air Purifier Revenue by Technology, World Markets: 2022-2031
Commercial Air Purifier Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Sensor Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Sensor Revenue by Technology, World Markets: 2022-2031
Commercial IAQ Sensor Revenue by Building Type, World Markets: 2022-2031
Forecast Segment in Commercial Ventilation and IAQ
Air Quality Management Standard and Guideline Activities
Certificates with IAQ Rating
Ventilation Guidelines for IAQ after the Coronavirus Pandemic
MERV rating and Pressure drop

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(室内空気質)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る