世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

脱炭素化サービスがクロスセクターの機会を促進


Decarbonization Services Drive Cross-Sector Opportunities

脱炭素サービスに対する市場の需要は高まっています。エネルギーの総消費量は増え続けています。化石燃料の燃焼による炭素排出量も増加し続けています。政府や企業の取締役会は、気候変動リスクを軽減するため... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年12月24日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
19 3 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

脱炭素サービスに対する市場の需要は高まっています。エネルギーの総消費量は増え続けています。化石燃料の燃焼による炭素排出量も増加し続けています。政府や企業の取締役会は、気候変動リスクを軽減するための行動を取るように、有権者から迫られています。石炭、天然ガス、石油を電気や熱のために燃やすことは、世界の温室効果ガス(GHG)排出の最大の原因となっています。
 
エネルギー消費量は、産業革命以降、急激に増加しています。
化石炭化水素は、この飽くなき成長のための主要な燃料でした。化石炭化水素をこれまでにない速度で燃焼させることにより、大気組成が急速かつ大幅に変化しました。大気中のCO濃度の劇的な変化は、多くの自然システムを破壊しています。このような炭素の影響は経済的にも影響を及ぼしますが、この事実は炭素を大量に消費する商品やサービスのコストには反映されていません。この現実は、炭素排出の影響を誰が負担すべきかという問題を提起しています。人類は、この悲惨な状況にタイムリーに対応するにはどうすればよいのでしょうか。そのためには、これまでにないグローバルな協力が必要です。
 
このGuidehouse Insightsレポートでは、「脱炭素サービス」に注目しています。
温室効果ガスの主な排出源を調査し、脱炭素サービスという形での市場ベースのソリューションについて考察しています。本レポートでは、これらのサービスの一部を紹介し、ゼロカーボンの未来を達成するための道筋を示しています。

本レポートでは、このような状況がもたらすリスクと機会を検討し、脱炭素サービスの提供例を紹介しています。

 
Key QUESTIONS ADDRESSED
  • 脱炭素サービスとは何か?
  • 脱炭素サービスへの需要はあるのか、またその需要は増加しているのか?
  • GHG排出量が適切に評価されるのはいつなのか?
  • 2050年までに大気中の炭素を持続可能なレベルに戻すことは可能か?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • 公益事業者
  • 送電・配電関係者
  • 商業・工業関係者
  • 運輸会社
  • サプライチェーン関係者
  • 蓄電事業者
  • 投資家コミュニティ

 



ページTOPに戻る


目次

背景と提言
総エネルギー消費量は加速している
脱炭素サービスとコラボレーションが必要
脱炭素サービスに対する市場の需要は拡大している
商業・産業界の顧客に対する脱炭素サービスは増加している
発電のネットゼロカーボン化には脱炭素サービスが必要
電気自動車の需要は脱炭素サービスの重要性を示している
建物には脱炭素サービスのいくつかの機会がある
ネットゼロを達成するためには産業界と製造業の脱炭素化が必要
脱炭素化ソリューションは金融業界を変える
脱炭素化サービスベンダーは迅速に行動すべし
セグメントを超えて増大する機会を認識すべし
各業界における脱炭素化サービスの提供を検討すべし
 
図表一覧
テラワット時のエネルギー消費量の合計。世界市場1850-2050年
世界市場における大気中のCO2濃度1959-2019年
世界の経済部門別温室効果ガス排出量

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、「脱炭素サービス」に注目しています。温室効果ガスの主な排出源を調査し、脱炭素サービスという形での市場ベースのソリューションについて考察しています。また、これらのサービスの一部を紹介し、ゼロカーボンの未来を達成するための道筋を示しています。
 
Report Desciption
Market demand for decarbonization services is growing. Total energy consumption continues to increase. Carbon emissions from the combustion of fossil fuels also continue to increase. Governments and corporate boards are being pushed by their constituents to take action to mitigate climate risks. Burning coal, natural gas, and oil for electricity and heat is the largest source of global greenhouse gas (GHG) emissions. There are numerous actions available to reduce carbon levels; however, the market does not yet correctly value these emissions.
 
Energy consumption has grown exponentially since the Industrial Revolution. Fossil hydrocarbons have been the primary fuel for this insatiable growth. Burning fossil hydrocarbons at this unprecedented rate has rapidly and substantially altered atmospheric composition. The dramatic change in atmospheric CO concentration is disrupting numerous natural systems. These carbon impacts have economic consequences, although this fact is not reflected in the cost of carbon-intensive goods and services. This reality raises the question of who should pay for the impacts of carbon emissions. How can humanity collectively address this potentially calamitous situation in a timely way? Doing so requires unprecedented global collaboration. This spirit of global cooperation is required if societies are going to successfully avert significant climate change.
 
This Guidehouse Insights report looks at decarbonization services. It investigates the principal sources of GHG emissions and discusses market-based solutions in the form of decarbonization service offerings. The report delves into some of these offerings and outlines pathways to attaining a zero-carbon future. The report also explores risks and opportunities created by this situation and describes examples of decarbonization service offerings.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are decarbonization services?
  • Is there demand for decarbonization services, and is this demand increasing?
  • When will GHG emissions be appropriately valued?
  • Is it feasible to get atmospheric carbon back to sustainable levels by 2050?
  • Is this a good time to get into the business of offering decarbonization services?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Utilities
  • Transmission and distribution stakeholders
  • Commercial and industrial interests
  • Transportation companies
  • Supply chain interests
  • Energy storage providers
  • Investor community

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark
Context
Recommendations
Total Energy Consumption Is Accelerating
Decarbonization Services and Collaboration Are Needed
Market Demand for Decarbonization Services Is Growing
Decarbonization Services for Commercial and Industrial Customers Are Increasing
Net-Zero Carbon in Power Generation Requires Decarbonization Services
Demand for EVs Highlights the Importance of Decarbonization Services
Buildings Offer Several Opportunities for Decarbonization Services
Industry and Manufacturing Must Be Decarbonized to Achieve Net-Zero Goals
Decarbonization Solutions Shape the Financial Sector
Decarbonization Services Vendors Must Act Fast
Recognize the Increasing Opportunities Across Segments
Explore Decarbonization Service Offerings in Every Sector
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Total Energy Consumption by Terawatt-Hour, World Markets: 1850-2050
Atmospheric CO2 Concentrations, World Markets: 1959-2019
Global GHG Emissions by Economic Sector

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(脱炭素化)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/20 10:27

159.16 円

171.47 円

205.16 円

ページTOPに戻る