世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マネージドEV充電プラットフォーム向け仮想発電所アプリケーションの開発


Developing Virtual Power Plant Applications for Managed EV Charging Platforms

EVの市場シェアは、個人でも、商業用・産業用車両でも急速に拡大している。他の分野での再生可能エネルギーと相まって、EV導入の増加は電力網に負担をかけており、これは市場の成長とともに続くと思われる。こ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2023年11月30日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

EVの市場シェアは、個人でも、商業用・産業用車両でも急速に拡大している。他の分野での再生可能エネルギーと相まって、EV導入の増加は電力網に負担をかけており、これは市場の成長とともに続くと思われる。これに対し、電力会社や送電網運営者は、EVや充電OEMと協力して、EVを仮想発電所(VPP)で利用し、送電網の負担ではなく送電網の資源として活用しようとしている。VPPは、EV所有者のコスト削減を支援し、場合によっては分散型エネルギー資源(DER)から利益を得ることができる。市場の進化期において、企業はこの新しいビジネスモデルを開発するために、VPPとEV業界全体でパートナーシップを結び、パイロット事業を展開している。
 
EVは、卸売、小売、電力量計の裏側で利用可能なDERの重要な一面となるだろう。効果的な資源であることを証明するためには、他のクリーンな電力と効果的に統合されなければならない。VPPソフトウェアは、基本的なレベルでは、EVを所有している家庭とその充電パターンに関するユーティリティ企業の知識のためのデータを提供することができる。電力会社はこの知識を利用して、異なる料金で請求したり、使用時間に応じたインセンティブを提供したりすることができる。また、管理された充電サービスを提供することもできる。
 
このGuidehouse Insightsの調査では、VPP市場でこれまで何が起きてきたのか、これらの事象が業界のプレーヤーにどのような影響を与えるのか、移行に備えてどのような行動を取ることができるのかについて、背景を説明している。
 
主な質問
  • VPPとは何か?
  • なぜ系統安定化のためにVPPが必要なのか?
  • VPP、電力会社、DERはどのように連携するのか?
  • エネルギー管理ソリューションは、気候ニュートラルへの道をどのようにサポートできるか?
  • エネルギー転換においてEVはどのような役割を果たすのか?
  • EVをグリッド・リソースとして採用するために、ステークホルダーは何ができるか?
 
本レポートの対象者
  • 規制当局および政策立案者
  • 公益事業者
  • グリッドオペレーター
  • DERベンダー
  • VPPソフトウェアプロバイダー
  • DERMSベンダー
  • DERアグリゲーター
  • 商業、工業、機関投資家


ページTOPに戻る


目次

目次
スパーク
コンテキスト
提言
複数の要因に後押しされ、世界中でEVの普及が進む
輸送の電化は今や一般的な戦略
EVはグリッドに大きな影響を与える
エネルギー管理システムの進化
EVは他の新技術と統合する必要がある
EVは他のDERを補完できる
太陽エネルギーと風力エネルギーの統合はグリッドに課題をもたらす
ケーススタディ CAISOのダックカーブVPPはEVに新たな機会をもたらし、EVはVPPに新たな機会をもたらす
VPPはエネルギーと金額の節約の可能性をもたらす
ケーススタディ ビッジリー南東部EVマネージド充電パイロット
関係者はEV用グリッドの準備に積極的に取り組むべき
電力会社はスマート充電を可能にするために料金体系を調整する必要がある。
EVメーカーと充電インフラ・サプライヤーはパートナーシップを結ぶ必要がある。
VPP事業者は、顧客やその他のステークホルダーと協力する必要がある。
 
図表リスト
V1GとV2Gの比較
CAISOダックカーブ
2022年におけるピークプラントとVPPのLCOE

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートは、VPP市場でこれまで何が起きてきたのか、これらの事象が業界のプレーヤーにどのような影響を与えるのか、移行に備えてどのような行動を取ることができるのかについて解説しています。
 
Report Description
EV market share is rapidly growing, in personal and in commercial and industrial fleets. Coupled with renewables in other sectors, increasing EV deployment has put a strain on electricity grids, which will likely continue as the market grows. In response, utilities and grid operators are working with EV and charging OEMs to use EVs in virtual power plants (VPPs), as a grid resource instead of a grid strain. VPPs can help EV owners save money, and in some cases, profit from their distributed energy resource (DER). In a period of market evolution, companies are forming partnerships and pilots throughout the VPP and EV industry to develop this new business model.
 
EVs will be an important aspect of the DER available?wholesale, retail, and behind the meter. They must be effectively integrated with other clean power alternatives to prove an effective resource, which a VPP can do. VPP software, at a basic level, can provide data for utility knowledge about households that have an EV and their charging patterns. Utilities can use this knowledge to bill at different rates and provide incentives based on time of use. They can also provide managed charging services.
 
This Guidehouse Insights study provides background on what has happened in the VPP market thus far, how these events affect industry players, and what actions they can take to prepare for the transition.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
What is a VPP?
Why are VPPs needed for grid stability?
How do VPPs, utilities, and DER work together?
How can energy management solutions support a path to climate neutrality?
What role do EVs play in the energy transition?
What can stakeholders do to drive the adoption of EVs as a grid resource?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
Regulators and policymakers
Utilities
Grid operators
DER vendors
VPP software providers
DERMS vendors
DER aggregators
Commercial, industrial, and institutional energy consumers


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Spark
Context
Recommendations
Driven by Multiple Factors, EV Adoption Is Increasing Worldwide
Transportation Electrification Is Now a Common Strategy
EVs Have a Significant Impact on the Grid
Energy Management Systems Are Evolving
EVs Must Be Integrated with Other New Technologies
EVs Can Complement Other DER
Integrating Solar and Wind Energy Poses Challenges to the Grid
Case Study: CAISO Duck CurveVPPs Present New Opportunities for EVs and EVs Present New pportunities for VPPs
VPPs Provide Potential Energy and Dollar Savings
Case Study: Bidgely Southeast US EV Managed Charging Pilot
Stakeholders Must Be Proactive in Preparing Grids For EVs
Utilities Must Adjust Their Tariff Structures to Enable Smart Charging
EV Manufacturers and Charging Infrastructure Suppliers Must Form Partnerships
VPP Operators Must Engage with Customers and Other Stakeholders
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
V1G vs V2G
CAISO Duck Curve
Peaker Plants and VPP LCOE During 2022

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(VPP)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る