世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

都市は今、自治体交通運行システムのメリットを評価すべき


Cities Should Now Evaluate the Benefits of Municipal Transportation Operating Systems

都市は、旅行需要の増加や、公共・民間を問わず多数の交通手段の複雑な管理といった都市交通の課題に継続的に対応しています。これらの課題をさらに深刻にしているのが、交通の効率性と持続可能性の向上という... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2022年7月19日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
16 3 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

都市は、旅行需要の増加や、公共・民間を問わず多数の交通手段の複雑な管理といった都市交通の課題に継続的に対応しています。これらの課題をさらに深刻にしているのが、交通の効率性と持続可能性の向上という差し迫ったニーズです。 旅客輸送や都市部への配送の需要の高まりは、混雑を招き、大気質、安全性、生活の質に大きな影響を与えます。都市が都市のモビリティを向上させるための行動を起こす一方で、旅行者は正確な旅行情報を提供する、信頼性が高く効率的な交通システムを求めています。さらに、マイクロモビリティの共有など、アーバンモビリティの形態が拡大し、高度な自動運転車の登場が予想されることから、複雑性が増し、交通システムを効率的に管理するためのリアルタイムデータの必要性が高まっています。
 
自動車メーカー、地図データ会社、テクノロジー企業など、モビリティエコシステムの関係者は、都市のモビリティの課題に対応するソリューションを開発し、世界中の都市で試験的に導入しています。これらのシステムは、将来の都市モビリティを管理・最適化するための自治体交通オペレーティングシステム(MTOS)の主要な構成要素となる可能性があります。MTOSは、顧客により良い交通サービスを提供するだけでなく、都市に移動サービスを監視するツールを提供し、将来のシステムアップグレードや新しい交通政策のモデル化に役立つ可能性があります。
 
このガイドハウスインサイトの戦略的洞察では、効率的で安全、かつ持続可能なモビリティシステムを提供するために都市にかかる圧力の高まりを検証し、MTOSがいかに効果的なソリューションを提供できるかを考察しています。また、様々な都市で実施されている、これらの技術がもたらす利点を開発・実証する注目すべき試験的な取り組みについても取り上げています。主要な利害関係者がMTOSの開発から利益を得て、都市に最大の価値を提供する方法についての提言がなされています。
 
主な質問
  • 都市が直面する主な交通課題は何か?
  • MTOSの主要コンポーネントは何か?
  • MTOS技術を開発している企業はどこか?
  • どの都市がMTOS技術を試験的に導入しているか?
  • 自動運転車は、持続可能で安全な都市づくりにどのように重要な役割を果たすことができるのか?
  • スマートシティインフラとコネクテッドビークルは、都市にどのような利益をもたらすことができるのか?
 
このレポートが必要な人
  • 交通機関および都市当局
  • 自動車OEM
  • 自動運転・コネクテッドカー技術企業
  • スマートシティインフラメーカー
  • スマートシティプラットフォームプロバイダー
  • クラウドホスティングプロバイダー
  • 地図作成企業
  • 物流・ラストワンマイル配送事業者
 
 


ページTOPに戻る


目次

スパーク
コンテキスト
提言
MTOSは、都市交通が直面する混雑、環境、安全性の課題への対応に貢献できる
MTOSに不可欠なのはデータの可用性
都市部の渋滞は放置すると悪化の一途をたどる
交通機関の排ガスは人的・経済的コストを生む
都市はビジョンゼロを目指している
AVは都市のモビリティをポジティブに変える
Mobility as a ServiceプラットフォームとMTOSは、データを共有することで相互の利益を得ることができます。
ステークホルダーは、MTOSの主要コンポーネントを開発している
自動車メーカーは、都市モビリティで重要な役割を果たす機会を探っています。
地図プロバイダーも都市モビリティのために貴重なデータを生成している
都市モビリティを管理・改善するための取り組みが都市で試行されている
進展のためには協力が不可欠
プレイヤーはMTOSの利点を評価すべき
コラボレーションとデータの共有は、すべての参加者に相互利益をもたらします。
各都市はユニークである
 
 
図表一覧
AD L4+ LDVの地域別年間導入台数、ベースシナリオ、世界市場:2021年~2030年
FordとQuantum AI「Smart Node」V2Iインフラストラクチャ
トヨタのAV「Woven City」と「e-Palette
 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、効率的で安全、かつ持続可能なモビリティシステムを提供するために都市にかかる圧力の高まりを検証し、自治体交通オペレーティングシステムがいかに効果的なソリューションを提供できるかを考察しています。
 
Report Description
Cities are continually responding to urban transportation challenges such as increasing levels of travel demand and the complex management of numerous modes of both public and private transportation. Compounding these challenges is the pressing need to improve transportation efficiency and sustainability.  The rising demand for passenger transportation and urban deliveries increases congestion and results in a significant impact on air quality, safety, and quality of life. While cities are taking actions to improve urban mobility, travelers are demanding a reliable and efficient transportation system that provides accurate travel information. Further, the expanding number of modes of urban mobility, such as shared micromobility, and the anticipated arrival of highly automated vehicles is increasing complexity and driving the need for real-time data to manage transportation systems efficiently.
 
Stakeholders in the mobility ecosystem?including automakers, mapping data companies, and technology companies?are developing solutions to address urban mobility challenges and piloting them in cities around the world. These systems could form key components of a municipal transportation operating system (MTOS) to manage and optimize future urban mobility. Besides delivering better transportation service to customers, an MTOS could provide cities with the tools to monitor mobility services and help model future system upgrades and new transportation policies.
 
This Guidehouse Insights Strategy Insight examines the mounting pressures on cities to provide efficient, safe, and sustainable mobility systems and considers how an MTOS could provide an effective solution. It features some of the notable pilots being conducted in various cities that develop and demonstrate the benefits these technologies offer. Recommendations are provided for how key stakeholders can benefit from the development of MTOSs and provide maximum value to cities.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are the major transportation challenges cities face?
  • What are the key components of an MTOS?
  • Who are the companies developing MTOS technologies?
  • Which cities are trialing MTOS technologies?
  • How can automated vehicles play an important role in creating sustainable and safe cities?
  • How can smart city infrastructure and connected vehicles benefit cities?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Transportation and city authorities
  • Vehicle OEMs
  • Automated and connected vehicle technology companies
  • Manufacturers of smart city infrastructure
  • Smart city platform providers
  • Cloud hosting providers
  • Mapping companies
  • Logistics and last mile delivery companies


ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark
Context
Recommendations
MTOSs Can Help Address the Congestion, Environmental, and Safety Challenges Facing Urban Transportation
Data Availability Is Essential for an MTOS
Left Unchecked, Urban Congestion Will Continue to Escalate
Transportation Emissions Create Human and Economic Costs
Cities Are Aiming for Vision Zero
AVs Can Positively Transform Future Urban Mobility
Mobility as a Service Platforms and MTOSs Can Derive Mutual Benefits from Sharing Data
Stakeholders Are Developing the Key Components of an MTOS
Automakers Are Exploring the Opportunity to Play an Important Role in Urban Mobility
Mapping Providers Are Also Generating Valuable Data for Advancing Urban Mobility
Cities Are Trialing Initiatives to Manage and Improve Urban Mobility
Cooperation Is Essential for Progress
Players Should Evaluate the Benefits of an MTOS
Collaboration and Sharing Data Will Mutually Benefit All Participants
Each City Is Unique
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Annual AD L4+ LDV Deployments by Region, Base Scenario, World Markets: 2021-2030
Ford and Quantum AI “Smart Node” V2I Infrastructure
Toyota’s Woven City and e-Palette AVs
 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(モビリティシステム)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る