世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

自動公共交通


Automated Public Transit

自動車の自動化は何十年もの間、開発者たちの白鯨だった。現在、完全に運転手のいない小型車(LDV)が特定の都市や市場で普及し始めている。しかし、この技術が活用されていないのは、交通機関の分野である。... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年5月9日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
34 23 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

自動車の自動化は何十年もの間、開発者たちの白鯨だった。現在、完全に運転手のいない小型車(LDV)が特定の都市や市場で普及し始めている。しかし、この技術が活用されていないのは、交通機関の分野である。自動化された公共交通機関は、LDVの自動化の利点の多くを提供し、さらにいくつかの利点を提供する。輸送車両の運行設計領域が限られているため、車両を中断させる例外が少ない。また、輸送車両は一般的に低速ルートを走行するため、衝突時の被害が軽減される。さらに、自動運転は、COVID-19パンデミックの後、交通機関が現在直面している人員配置の問題の多くを解決する可能性があり、乗客の乗車体験に集中するために運転手をより多く訓練することができる。
 
公共交通機関の自動運転はまだ市場開拓の初期段階にあり、2024年に販売される予定の自動運転車両は300台強に過ぎない。しかし、その数は2033年には11,500台以上に増加すると予想されている。公共交通機関の自動運転は、交通車両市場全体ではまだ小さなセグメントだが、今後10年間で大きな成長が見込まれている。
 
Guidehouse Insightsの本レポートでは、公共交通機関の自動運転市場予測、導入促進要因と障壁の深堀り、業界バリューチェーン分析を行っています。2024年から2033年までの10年間について、2つの主要車両サイズに区分した交通機関自動化の売上高と収益の予測を掲載しています。これらの予測は、さらに地域とユースケース別に区分されている。
 
主要課題
  • 交通車両産業が最も積極的に成長しているのはどこか?
  • 公共交通機関の自動運転車両への投資が顕著な地域はどこか?
  • 今後10年間で最も自動化された公共交通車両が成長するのはどの地域か?
  • 自動化が最も容易な輸送車両のタイプは?
  • 小型公共交通車両の主なユースケースは何か?
  • 公共交通機関の自動運転市場に特有の推進要因と障壁は何か?
  • 公共交通機関の自動運転車市場は今後10年間でどの程度の規模に達するのか?
 
このレポートが必要な人
  • 輸送車両OEM
  • 交通局
  • 自動運転車両開発企業
  • 民間大量輸送業者
  • バス高速輸送開発業者
  • 住宅開発業者


ページTOPに戻る


目次

1. エグゼクティブサマリー
1.1 市場概要
1.2 範囲
1.3 市場予測
2. 市場の課題
2.1 ドライバー
2.1.1 労働力削減
2.1.2 安全性
2.1.3 コスト削減
2.1.4 限られた営業スペース
2.1.5 アクセシビリティ
2.2 障壁
2.2.1 規制
2.2.2 コスト
2.2.3 一般市民の認識
2.2.4 交通機関の惰性
2.3 価格設定
2.4 その他の経営課題
3. 業界のバリューチェーン
3.1 競争環境
3.1.1 ビジネスモデルの進化
4. 市場予測
4.1 予測方法
4.2 市場予測
4.2.1 世界のバス市場
4.2.2 トランジットバスの世界市場
4.2.3 シャトルバスの世界市場
4.2.4 自動運転バス販売台数
4.2.5 自動化トランジットバスの収入
4.2.6 自動シャトルバス売上高
4.2.7 シャトルバス自動運転収入
4.3 自動シャトルバスのユースケース予測
4.3.1 トランジット用自動シャトルバス
4.3.2 ピープルムーバーとしての自動シャトルバス
4.3.3 パラトランジット用自動シャトルバス
5. 結論と提言
5.1 3つの大きな収穫
5.2 提言
5.2.1 交通事業者
5.2.2 バスOEM
5.2.3 車両自動化開発企業
5.2.4 住宅開発業者
6. 頭字語・略語リスト
7. 目次
8. 図表一覧
9. 調査範囲、出典と方法、注釈
 
図表一覧
自動搬送車販売台数:世界市場:2024-2033年
バス地域別販売台数:世界市場:2024-2033年
トランジットバス地域別販売台数:世界市場:2024-2033年
シャトルバス地域別販売台数:世界市場 2024-2033
乗合バスの地域別売上高(世界市場):2024-2033年
乗合バスの地域別売上高:世界市場:2024-2033年
シャトルバスの地域別売上高:世界市場:2024-2033年
シャトルバスの地域別売上高:世界市場:2024-2033年
輸送用シャトルバスの地域別売上高:世界市場:2024-2033年
ピープルムーバーとしての自動シャトルバス地域別売上高:世界市場:2024-2033年
パラトランジット用自動シャトルバス地域別売上高:世界市場:2024-2033年
業界バリューチェーンの図解
 
一覧表
バスの地域別販売台数(世界市場):2024-2033年
トランジットバスの地域別売上高(世界市場):2024-2033年
シャトルバス地域別販売台数(世界市場):2024-2033年
自動搬送車売上高(地域別):世界市場:2024-2033年
自動運転トランジットバスの地域別売上高:世界市場:2024-2033年
シャトルバスの地域別売上高(世界市場):2024-2033年
路線バスの地域別売上高(世界市場):2024-2033年
シャトルバス地域別売上高:世界市場:2024-2033年
トランジット用自動シャトルバスの地域別売上高:世界市場:2024-2033年
ピープルムーバーとしての自動シャトルバス地域別売上高:世界市場:2024-2033年
パラトランジット用自動シャトルバス地域別販売台数:世界市場:2024-2033年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、公共交通機関の自動運転市場予測、導入促進要因と障壁の深堀り、業界バリューチェーン分析を行っています。
 
Report Description
Vehicle automation has been the white whale of developers for decades. Now, fully driverless light duty vehicles (LDVs) are beginning to proliferate in certain cities and markets. Where this technology has not been utilized, however, is in the transit space. Automated public transit offers many of the benefits of LDV automation and offers a few more. The limited operational design domain of transit vehicles means fewer exceptions to interrupt the vehicle. Transit vehicles also typically follow lower speed routes, reducing harm in the event of a crash. In addition, automation can potentially solve many of the staffing issues transit agencies currently face in the wake of the COVID-19 pandemic, allowing drivers to be trained more to focus on passengers’ riding experience.
 
Automated public transit is still in the nascent stages of market development, with just over 300 hands-off, eyes-off, brain-off automated transit vehicles expected to be sold in 2024. However, that number is expected to grow to over 11,500 vehicles sold in 2033. While automated public transit is still a small segment of the overall transit vehicles market, it is expected to see significant growth over the next decade.
 
This Guidehouse Insights report provides automated public transit market forecasts, a deep dive into the drivers and barriers to adoption, and an industry value chain analysis. It provides sales and revenue forecasts for transit automation segmented into the two main vehicle sizes for the 10-year period from 2024-2033. These forecasts are further segmented by region and use case.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • Where is the transit vehicle industry growing most aggressively?
  • What regions have seen significant automated public transit vehicle investment?
  • What regions will experience the most automated transit vehicle growth in the next decade?
  • What types of transit vehicles are the easiest to automate?
  • What are the primary use cases for smaller public transit vehicles?
  • What drivers and barriers are unique to automated public transit markets?
  • What size will the automated public transit vehicle market reach over the next decade?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Transit vehicle OEMs
  • Transit authorities
  • Automated vehicle developers
  • Private mass transit providers
  • Bus rapid transit developers
  • Housing developers


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Market Overview
1.2   Scope
1.3   Market Forecast
2. Market Issues
2.1   Drivers
2.1.1   Workforce Reductions
2.1.2   Safety
2.1.3   Cost Savings
2.1.4   Limited Operating Spaces
2.1.5   Accessibility
2.2   Barriers
2.2.1   Regulations
2.2.2   Cost
2.2.3   Public Perception
2.2.4   Transit Agency Inertia
2.3   Pricing
2.4   Other Business Issues
3. Industry Value Chain
3.1   Competitive Landscape
3.1.1   Business Model Evolution
4. Market Forecasts
4.1   Forecast Methodology
4.2   Market Forecasts
4.2.1   Global Bus Market
4.2.2   Global Transit Bus Market
4.2.3   Global Shuttle Bus Market
4.2.4   Automated Transit Bus Sales
4.2.5   Automated Transit Bus Revenue
4.2.6   Automated Shuttle Bus Sales
4.2.7   Automated Shuttle Bus Revenue
4.3   Automated Shuttle Bus Use Case Forecasts
4.3.1   Automated Shuttle Buses for Transit
4.3.2   Automated Shuttle Buses as People Movers
4.3.3   Automated Shuttle Buses for Paratransit
5. Conclusions and Recommendations
5.1   Three Big Takeaways
5.2   Recommendations
5.2.1   Transit Operators
5.2.2   Bus OEMs
5.2.3   Vehicle Automation Developers
5.2.4   Housing Developers
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Automated Transit Vehicle Sales, World Markets: 2024-2033
Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Transit Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Shuttle Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Transit Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Transit Bus Revenue by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Bus Revenue by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Buses for Transit, Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Buses as People Movers, Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Buses for Paratransit, Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Pictorial Representation of the Industry Value Chain
 
LIST OF TABLES
Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Transit Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Shuttle Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Transit Vehicle Sales, World Markets: 2024-2033
Automated Transit Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Bus Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Transit Bus Revenue by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Bus Revenue by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Buses for Transit, Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Buses as People Movers, Sales by Region, World Markets: 2024-2033
Automated Shuttle Buses for Paratransit, Sales by Region, World Markets: 2024-2033

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(自動運転)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る