世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

マッピングとルーティングの進歩がEVと自動運転車への移行をサポート


Mapping and Routing Advances Support the Transition to EVs and Automated Vehicles

地図と経路検索サービスは、ドライバー、バイク、そして歩行者に至るまで、交通機関においてほぼユビキタスになっている。もともとは特定の車種のための贅沢なオプションと考えられていたが、今ではほぼすべて... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年3月21日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
14 2 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

地図と経路検索サービスは、ドライバー、バイク、そして歩行者に至るまで、交通機関においてほぼユビキタスになっている。もともとは特定の車種のための贅沢なオプションと考えられていたが、今ではほぼすべてのスマートフォンに地図・経路検索ソフトウェアがデフォルトで組み込まれている。しかし、EVや自動運転車(AV)が小型車(LDV)市場に浸透し始めるにつれ、この技術の重要性が見直され始めている。
 
Guidehouse Insightsは、2035年までに販売されるLDVの61%がバッテリーEVになり、新型LDVの45%がカメラ、レーダー、ライダーを含むシステムを搭載すると予測している。EVとAVは、多くの人が予想するよりも早く標準となるだろう。市場浸透が進むにつれ、これらのセグメントに特化した地図・経路検索サービスの必要性が明らかになる。
 
Guidehouse Insightsの本レポートでは、EV、AV、地図・経路検索サービスの市場動向を分析しています。EVドライバーの利便性を向上させ、航続距離への不安を軽減するために、地図と経路検索の技術スタックをどのように利用できるかについて論じています。また、詳細な高精細(HD)地図の作成が、コンシューマー向けAVの開発をどのように可能にするかについても探求している。レポートの最後には、販売される自動車の大半がEVとAVの両方を搭載する未来に備えるため、各分野のOEMとソフトウェア開発者に向けた提言を掲載している。
 
主要な質問
  • マッピングとルーティングの分野でどのような進歩があったか?
  • EVとAVの普及に必要なマッピングとルーティング技術とは?
  • EV専用のサービスを提供している地図・経路検索会社は?
  • EVドライバーの航続距離に対する不安を解消するルーティング技術とは?
  • AV向け地図・経路探索の最前線にいる企業は?
  • AV空間におけるHDマップの必要性とは?
 
本レポートの対象者
  • 小型車メーカー
  • 都市型ロボットタクシー事業者
  • EVメーカー
  • 地図プロバイダー
  • ルーティングエンジン開発企業
  • OEM買収のスペシャリスト
  • 車両センサーメーカー
  • 充電ポイント事業者
 


ページTOPに戻る


目次

目次
スパーク
コンテキスト
推薦文
ADAS搭載EVがLDVのスタンダードになりつつある
EV
Avs
マッピングとルーティング技術
EVとAVには特定のマッピングとルーティングの考慮が必要
EVマッピングとルーティング
現在のサービス
AVマッピングとルーティング
現在のサービス内容
OEMとサービスプロバイダーは将来に備える必要がある
EV OEMはマッピングとルーティングをサービスの中核に据えるべき
LDV OEMはHDマップを作成すべき
マッピング・ルーティング企業は、提供するサービスを補完する必要がある。
 
図表一覧
ADAS分類別LDV年間普及台数(2023~2035年
LDVのパワートレイン別販売台数(世界市場):2021~2035年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、EV、AV、地図・経路検索サービスの市場動向を分析しています。
 
Report Description
Mapping and routing services have become nearly ubiquitous in transportation, used by drivers, bikers, and even pedestrians. Originally seen as a luxury option for certain vehicles, mapping and routing software is now built into nearly every smartphone by default. However, as EVs and automated vehicles (AVs) begin to penetrate the light duty vehicle (LDV) market, the importance of this technology is starting to be seen in a new light.
 
Guidehouse Insights predicts that by 2035, 61% of LDVs sold will be battery EVs and 45% of new LDVs will have a system that includes a camera, radar, and lidar. EVs and AVs will be the standard sooner than most might expect. As market penetration advances, the need for mapping and routing services specifically geared toward these segments becomes clear.
 
This Guidehouse Insights report analyzes the market trends for EVs, AVs, and mapping and routing services. It discusses how the technology stack for mapping and routing can be used to increase convenience and alleviate range anxiety for EV drivers. It also explores how the creation of detailed high definition (HD) maps enables the development of consumer AVs. The report ends with recommendations for OEMs and software developers in each of these segments to prepare them for a future where most cars sold are both an EV and an AV.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What advances have occurred in the mapping and routing space?
  • What mapping and routing technologies are necessary for EV and AV adoption?
  • hat mapping and routing companies have made services exclusively for EVs?
  • How can routing technology alleviate range anxiety for EV drivers?
  • Which companies have been at the forefront of mapping and routing for AVs?
  • What is the necessity of HD maps in the AV space?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Light duty vehicle manufacturers
  • Urban robotaxi operators
  • EV manufacturers
  • Mapping providers
  • Routing engine developers
  • OEM acquisitions specialists
  • Vehicle sensor manufacturers
  • Charge point operators


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
Spark
Context
Recommendation
EVs with ADAS Are Becoming the Standard LDV
EVs
Avs
Mapping and Routing Technology
EVs and AVs Require Specific Mapping and Routing Considerations
EV Mapping and Routing
Current Service Offerings
AV Mapping and Routing
Current Service Offerings
OEMs and Service Providers Need to Prepare for the Future
EV OEMs Should Make Mapping and Routing a Core Part of Their Service Offerings
LDV OEMs Should Be Creating HD Maps
Mapping and Routing Companies Need to Supplement Their Offerings
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Annual LDV Deployment by ADAS Classification, 2023-2035
LDV Sales by Powertrain, World Markets: 2021-2035

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る