世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

EVフリートがビルのエネルギーマネジメントシステムに与える影響


The Impact of EV Fleets on Building Energy Management Systems

個人用の電気自動車が話題になっていますが、多くの企業が業務用の電気自動車の導入を計画しています。これらの企業は、既存のフリートを機能的に同等のEVに順次置き換えていくことになるでしょう。その際... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年12月9日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
39 41 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

個人用の電気自動車が話題になっていますが、多くの企業が業務用の電気自動車の導入を計画しています。これらの企業は、既存のフリートを機能的に同等のEVに順次置き換えていくことになるでしょう。その際、見落とされがちなのが、フリートの充電がフリート施設の電気系統に与える影響です。EVの充電による負荷を最小限の影響で処理できる場所もありますが、EVフリートの充電に伴う電力需要は、多くの場所で既存の電力容量や管理ツールを超える可能性があります。
 
大幅な電力アップグレードに備える必要性はどこにでもあります。Guidehouse Insights社は、今後10年間で500万個以上の充電ポートを設置する施設が米国内に40万〜50万箇所あると推定しています。ヨーロッパやアジア太平洋地域など、EVフリートの導入が急速に進んでいる他の地域でも、同様の規模の問題があります。フリート充電インフラを追加する必要性は、商業施設の約10%に影響すると予想されます。これらの施設の多くは、BEMS(ビル・エネルギー・マネジメント・システム)をアップグレードする必要があり、さらに多くの施設が、EVフリートの充電に伴う負荷管理をサポートするBEMSソリューションを導入する必要があります。
 
このGuidehouse Insightsレポートでは、商用車の電動化ニーズの高まりに影響されるBEMSの世界市場について検証しています。2021年から2030年までを予測しています。また、EVフリートの充電インフラの存在によって可能になる余剰電力の販売に関連する収益についても考察しています。市場の推進要因と障壁を評価し、建物タイプ別に世界の主要地域をカバーしています。
 
 
Key QUESTIONS ADDRESSED
  • フリート施設のBEMSにとって、EVフリートの導入はどのような意味を持つのでしょうか?
  • 電力会社や電気工事会社が、EVに移行する顧客をサポートする機会はあるのか?
  • 電気自動車への移行は、どのような段階を経て行われるのでしょうか。
  • EV導入の各フェーズで検討すべきBEMSの課題とは?
  • 商用EVやEV充電器のメーカーは、BEMSについて何を知っておくべきか?
 
WHO NEEDS THIS REPORTBEMSメーカー
  • ユーティリティー
  • 電気工事業者
  • 業務用EVメーカー
  • EV充電インフラメーカー
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

1.エグゼクティブサマリー
1.1 はじめに
1.2 フォーキャストハイライト
2.市場の課題
2.1 はじめに
2.2 市場の機会とドライバー
2.2.1 採用へのハードル
2.2.2 技術の課題
2.2.2.1 EVパイロット技術の課題
2.2.2.2 独立型EV充電器とBEMSの技術課題
2.2.2.3 統合型EV充電器とBEMSの技術課題
2.2.2.4 マイクログリッドの技術課題
2.2.2.5 進化する充電器の技術課題
2.3 市場プレーヤー
3.市場予測
3.1 予測手法
3.1.1 BEMS技術の需要想定
3.1.2 EVフリートの需要想定
3.1.3 充電技術の需要想定
3.1.4 VPPの需要想定
3.2 EVフリートとBEMSの売上高・販売台数予測
3.2.1 BEMSの売上高
3.2.2 フリート充電ポートからの販売台数
3.2.3 EVフリートのVPP収入
3.3 EVフリートの地域別BEMSへの影響
3.3.1 北米
3.3.2 欧州
3.3.3 アジア太平洋地域
3.3.4 その他の地域
3.4 ビルタイプ別フリート充電
4.結論と推奨事項
5.建物の種類
5.1 オフィス
5.2 小売
5.3 教育
5.4 医療
5.5 ホテル・レストラン
5.6 施設・集合住宅
5.7 倉庫
5.8 輸送
6.頭字語と略語のリスト
7.目次
8.図表一覧
9.調査範囲、情報源と方法論、注釈
 

図表一覧

BEMS需要区分別売上高、世界市場:2021-2030
BEMS地域別売上高、世界市場:2021-2030
BEMS需要区分別売上高、世界市場:2021-2030
フリートEVのEVタイプ別シェア、世界市場:2021年
世界市場:2030年
世界市場:2021-2030年
EVフリートVPP地域別売上高:2021-2030年
世界市場:2021-2030年 
北米:2021-2030年
欧州:2021-2030年
EVフリートVPP地域別売上高:2021-2030年
世界市場:2021-2030年
EVフリートVPP地域別売上高:2021-2030年
世界市場:2021-2030年 
欧州:2021-2030年
世界市場における地域別BEMS売上高:2021年~2030年
北米におけるビルタイプ別BEMS売上高:2021年~2030年
欧州におけるビルタイプ別BEMS売上高:2021年~2030年
アジア太平洋地域におけるビルタイプ別BEMS売上高:2021年~2030年
中南米におけるビルタイプ別BEMS売上高:2021年~2030年
中東・アフリカ地域におけるビルタイプ別BEMS売上高:2021年~2030年
需要形態別BEMS売上高、世界市場:2021-2030年
需要形態別BEMS売上高、北米:2021-2030年
需要形態別BEMS売上高、欧州:2021-2030年
需要形態別BEMS売上高、アジア太平洋地域:2021-2030年
需要形態別BEMS売上高、中南米:2021-2030年
需要形態別BEMS売上高、中東・アフリカ:2021-2030年
需要形態別BEMS売上高。2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Region, World Markets: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, World Markets: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, North America: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, Europe:2021-2030年
欧州:セグメント別フリート施設用充電ポート販売台数、アジア太平洋:2021-2030年
フリート施設用充電ポート販売台数、ラテンアメリカ:2021-2030年
フリート施設用充電ポート販売台数、中東・アフリカ:2021-2030年
世界市場におけるビルタイプ別フリートEV販売台数:2021-2030年
世界市場におけるビルタイプ別フリート充電ポート販売台数2021-2030年
世界市場における地域別EVフリートVPP容量:2021-2030年
世界市場における地域別EVフリートVPP収入:2021-2030年
EVフリートへの移行フェーズAC接続規格と電力レベル地域別DC接続規格
フリートEV充電市場のプレーヤー
一般的なフリートとフリート施設での充電インフラの適合性

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、商用車の電動化ニーズの高まりによって影響を受けるビルエネルギーマネージメントシステム(BEMS)の世界市場について調査しています。市場予測は2021年から2030年までを掲載しています。また、EVフリートの充電インフラの存在によって可能になる余剰電力の販売に関連する収益についても考察しています。
 
Report Desciption
Although there is heightened buzz around EVs for personal use, many organizations plan to use EVs for their operations. These organizations will likely replace existing fleets over time with functionally equivalent EVs. A critical subject often overlooked is the effect of fleet charging on the electrical system at the fleet facility. Although some sites will be able to handle the load from EV charging with minimal impacts, the power demands associated with charging EV fleets will likely exceed existing power capacity and management tools at many locations.
 
The need to prepare for significant power upgrades is ubiquitous. Guidehouse Insights estimates that there are between 400,000 and 500,000 facilities within the US that will install more than 5 million charging ports in the coming decade. There are similar scaling issues in other geographic regions facing fast EV fleet adoption, such as Europe and Asia Pacific. The need to add fleet charging infrastructure is anticipated to affect almost 10% of commercial properties. Many of these sites need to upgrade their building energy management systems (BEMSs), and many more need to install a BEMS solution to support load management associated with charging EV fleets.
 
This Guidehouse Insights report examines the global market for BEMSs as affected by the growing need for commercial fleet electrification. The forecasts cover 2021-2030. The report also looks at the revenue associated with sales of surplus power enabled by the presence of EV fleet charging infrastructure. Market drivers and barriers are assessed, and the report covers major global regions segmented by building type.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What is the significance of EV fleet adoption to BEMSs in fleet facilities?
  • Are there opportunities for utilities and electrical contractors to support their commercial clients that are migrating their fleet to EVs? 
  • What are the phases of EV fleet adaption relevant to an organization?
  • What BEMS issues should an organization consider during each phase of EV implementation?
  • What should manufacturers of commercial EVs and EV charging equipment know about BEMSs?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • BEMS manufacturers
  • Utilities
  • Electrical contractors.
  • Commercial EV manufacturers
  • EV charging infrastructure manufacturers
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Introduction
1.2   Forecast Highlights
2. Market Issues
2.1   Introduction
2.2   Market Opportunities and Drivers
2.2.1   Hurdles to Adoption
2.2.2   Technology Issues
2.2.2.1   EV Pilot Technology Issues
2.2.2.2   Independent EV Charging and BEMS Technology Issues
2.2.2.3   Integrated EV Charging and BEMS Technology Issues
2.2.2.4   Microgrid Technology Issues
2.2.2.5   Evolving Charging Technology Issues
2.3   Market Players
3. Market Forecasts
3.1   Forecast Methodology
3.1.1   BEMS Technology Demand Assumptions
3.1.2   EV Fleet Demand Assumptions
3.1.3   Charging Technology Demand Assumptions
3.1.4   VPP Demand Assumptions
3.2   EV Fleet and BEMS Revenue and Sales Forecasts
3.2.1   BEMS Revenue
3.2.2   Unit Sales from Fleet Charging Ports
3.2.3   EV Fleet VPP Revenue
3.3   EV Fleet Impact on BEMS by Region
3.3.1   North America
3.3.2   Europe
3.3.3   Asia Pacific
3.3.4   Rest of the World
3.4   Fleet Charging by Building Type
4. Conclusions and Recommendations
5. Building Types
5.1   Office
5.2   Retail
5.3   Education
5.4   Healthcare
5.5   Hotels and Restaurants
5.6   Institutional/Assembly
5.7   Warehouse
5.8   Transport
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
BEMS Revenue by Demand Category, World Markets: 2021-2030
BEMS Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, World Markets: 2021-2030
Share of Fleet EVs by EV Type, World Markets: 2021
Share of Fleet EVs by EV Type, World Markets: 2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Region, World Markets: 2021-2030
EV Fleet VPP Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, North America: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, Europe: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, Asia Pacific: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, Rest of the World: 2021-2030
Sale of Fleet Charging Ports by Building Type, World Markets: 2021-2030
School Bus Barn for the Salem Keizer, Oregon, School District: 2021
 
LIST OF TABLES
BEMS Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
BEMS Revenue by Building Type, North America: 2021-2030
BEMS Revenue by Building Type, Europe: 2021-2030
BEMS Revenue by Building Type, Asia Pacific: 2021-2030
BEMS Revenue by Building Type, Latin America: 2021-2030
BEMS Revenue by Building Type, Middle East & Africa: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, World Markets: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, North America: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, Europe: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, Asia Pacific: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, Latin America: 2021-2030
BEMS Revenue by Demand Category, Middle East & Africa: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Region, World Markets: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, World Markets: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, North America: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, Europe: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities by Segment, Asia Pacific: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities, Latin America: 2021-2030
Sale of Charging Ports at Fleet Facilities, Middle East & Africa: 2021-2030
Sale of Fleet EVs by Building Type, World Markets: 2021-2030
Sale of Fleet Charging Ports by Building Type, World Markets: 2021-2030
EV Fleet VPP Capacity by Region, World Markets: 2021-2030
EV Fleet VPP Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Transition Phases for Migrating to EV Fleets
AC Connection Standards and Power Levels
Regional DC Connection Standards
Fleet EV Charging Market Players
Common Fleets and Suitability for Charging Infrastructure at Fleet Facilities

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(ビルエネルギーマネージメントシステム)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/14 10:27

158.31 円

170.44 円

204.62 円

ページTOPに戻る