世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

建物の熱の脱炭素化


Decarbonizing Heat in Buildings

国連(UN)によると、世界の建物部門は、世界のエネルギー使用量の約40%、エネルギー関連のCO2排出量の38%を毎年占めています。2019年には、建物の運用による世界のCO2排出量が過去最高レベルに達しました。... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年9月30日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
34 26 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

国連(UN)によると、世界の建物部門は、世界のエネルギー使用量の約40%、エネルギー関連のCO2排出量の38%を毎年占めています。2019年には、建物の運用による世界のCO2排出量が過去最高レベルに達しました。暖房のために石炭、石油、天然ガスを継続的に使用していることに加え、電力が炭素集約的に使用されている地域があることから、直接的および間接的な排出量が安定的に増加しています。国連によると、世界の電力消費量の約55%がビルの運転によるものです。
 
このように、熱を脱炭素化することは、世界中の国、都市、企業が設定した温室効果ガス(GHG)削減目標を達成するために不可欠です。
熱の脱炭素化には複数の技術が利用可能です。ヒートポンプは、世界の市場で広く普及しており、最も効率的な暖房方法の一つです。水素ボイラーは新しい技術で、今後数十年の間に熱の脱炭素化においてより重要な役割を果たすことが予想されます。
 
このGuidehouse Insightsレポートでは、脱炭素化ソリューションの市場動向を探り、世界の予測を行っています。
本レポートでは、ヒートポンプと水素ボイラーに分けて予測しています。商業分野ではVRFヒートポンプシステムが検討されています。予測はさらに、商業ビルと住宅、そして世界の5つの地域に分けられています。さらに、北米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ、ラテンアメリカの5つの世界地域別に分類しています。2030年までの予測
 
扱った主要な質問 
  • 市場にはどのような脱炭素化技術があるか?
  • 世界の各地域で建物の電化を支援する政策は?
  • 世界の各地域で水素ボイラーの導入を支援する政策は何か?
  • ヒートポンプ、VRF、水素ボイラーの導入を促進する主な要因と障壁は何ですか?
  • 脱炭素化市場の規模はどのくらいですか?
  • 今後10年間で市場はどのように成長すると予想されますか?
  • 地域別の売上高はどうなるか?
  • 技術タイプ別の売上高の見通しは?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • HVACメーカー
  • HVAC流通業者
  • 規制当局
  • 州・地方自治体
  • スマートビルディングベンダー
  • ESCO
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

1.エグゼクティブサマリー
1.1    脱炭素化
1.2    市場の推進要因と障壁
1.3    市場予測
2.   市場の課題
2.1    はじめに
2.2    脱炭素化技術
2.2.1    ヒートポンプ
2.2.2 水素と水素ボイラー
2.2.3    水素ボイラー
2.3    マーケットドライバー
2.3.1    Changing Economics in Renewable Energy Options
2.3.2    脱炭素化と建築政策
2.3.2.1    北米での政策
2.3.2.2    欧州での政策
2.3.2.3  アジア太平洋での政策
2.3.3    グリーン水素政策
2.3.3.1    北米
2.3.3.2    欧州
2.3.3.3    アジア太平洋地域
2.3.4    脱炭素化における公益事業者の役割
2.3.5 電気料金設計
2.3.6 健康と福祉への改善
2.4    市場の障壁
2.4.1    技術ノウハウの欠如
2.4.2    在庫回転率の遅さ
2.4.3    燃料切り替えに対する消費者の消極性
2.4.3.1    アップフロントコスト
2.4.3.2    快適性と性能への懸念と現状維持のバイアス
2.4.3.3   水素の安全性に対する消費者の認識
3.   市場予測
3.1    予測の範囲と方法
3.2    世界市場の概要
3.3    ヒートポンプ
3.4    水素ボイラー
4.結論と推奨事項
5.頭字語および略語リスト
6.Table of Contents(目次)
7.図表一覧
8.Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
 
AI Decarbonized Heating Equipment Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Technology, World Markets:2021-2030年
水素ボイラー収益:地域別、世界市場:2021-2030年
水素ボイラー収益:セグメント別、世界市場:2021-2030年
BDR Thermea社の水素発電家庭用ボイラー
 
 
LIST OF TABLES
 
脱炭素型暖房機器収益:地域別、世界市場:2021-2030年
脱炭素型暖房機器収益:セグメント別、世界市場:2021-2030年
脱炭素型暖房機器収益:技術別、世界市場。2021-2030年
ヒートポンプ収益(地域別), 世界市場:2021-2030年
ヒートポンプ収益(技術別), 世界市場:2021-2030年
水素ボイラー収益(地域別), 世界市場:2021-2030年
水素ボイラー収益(技術別), 世界市場:2021-2030年
脱炭素暖房機器収益(地域別), 北米:2021-2030年
脱炭素暖房機器収益(技術別),欧州:2021-2030年
脱炭素暖房機器収益(技術別), 欧州:2021-2030年
脱炭素暖房機器収益(技術別), 世界市場:2021-2030年
脱炭素暖房機器収益(技術別), 世界市場:2021-2030年 脱炭素暖房機器収益(技術別), 世界市場:2021-2030年
脱炭素暖房機器収益(技術別2021-2030年
脱炭素暖房機器売上高 セグメント別、アジア太平洋:2021-2030年
脱炭素暖房機器売上高 技術別、アジア太平洋:2021-2030年
脱炭素暖房機器売上高 セグメント別、中南米:2021-2030年
脱炭素暖房機器売上高 技術別、中南米:2021-2030年
脱炭素暖房機器売上高 セグメント別、中近東・アフリカ:2021-2030年
脱炭素暖房機器売上高 技術別、中近東・アフリカ:2021-2030年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、脱炭素化ソリューションの市場動向を探り、世界の予測を行っています。
 
Report Desciption
According to the United Nations (UN), the global buildings sector accounts for almost 40% of global energy use and 38% of energy-related CO2 emissions annually. In 2019, global CO2 emissions from buildings operations reached the highest levels ever recorded. The continued use of coal, oil, and natural gas for heating combined with regions where electricity remains carbon intensive has resulted in a steady level of direct and indirect emissions. According to the UN, nearly 55% of global electricity consumption is due to building operations.
 
Decarbonizing heat is thus imperative to meeting greenhouse gas (GHG) reduction goals set by countries, cities, and corporations around the globe. Multiple technologies are available to decarbonize heat. Heat pump solutions are widely available in global markets and are one of the most efficient ways of heating space. Hydrogen boilers are an emerging technology that is anticipated to play a more important role in heat decarbonization in the decades to come.
 
This Guidehouse Insights report explores market trends and provides a global forecast of heat decarbonization solutions. The forecast in this report is segmented by heat pumps and hydrogen boilers. VRF heat pump systems are considered in the commercial sector. The forecast is further segmented by commercial and residential buildings, as well as five global regions: North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, and Latin America. Forecasts extend through 2030
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What heat decarbonization technologies are available in the market?
  • What policies support building electrification across different global regions?
  • What policies support hydrogen boiler adoption across different global regions?
  • What are the primary drivers and barriers to heat pump, VRF, and hydrogen boiler adoption?
  • What is the size of the heat decarbonization market?
  • How is the market expected to grow in the next 10 years?
  • How is revenue expected to differ by region?
  • How is revenue expected to differ by technology type?
  • How is revenue expected to differ by customer segment?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • HVAC manufacturers
  • HVAC distributors
  • Regulators
  • State and local governments
  • Smart building vendors
  • ESCOs
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Heat Decarbonization
1.2   Market Drivers and Barriers
1.3   Market Forecast
2. Market Issues
2.1   Introduction
2.2   Heat Decarbonization Technologies
2.2.1   Heat Pumps
2.2.2   Hydrogen and Hydrogen Boilers
2.2.3   Hydrogen Boilers
2.3   Market Drivers
2.3.1   Changing Economics in Renewable Energy Options
2.3.2   Decarbonization and Building Policy
2.3.2.1   Policy in North Americ
2.3.2.2   Policy in Europe
2.3.2.3   Policy in Asia Pacific
2.3.3   Green Hydrogen Policies
2.3.3.1   North America
2.3.3.2   Europe
2.3.3.3   Asia Pacific
2.3.4   The Role of Utilities in Decarbonization
2.3.5   Electricity Rate Design
2.3.6   Improvement to Health and Wellness
2.4   Market Barriers
2.4.1   Lack of Technology Expertise
2.4.2   Slow Stock Turnover Rate
2.4.3   Consumer Reluctance to Fuel Switching
2.4.3.1   Upfront Cost
2.4.3.2   Comfort and Performance Concerns and Status-Quo Bias
2.4.3.3   Consumer Perception of Hydrogen Safety
3. Market Forecasts
3.1   Forecast Scope and Methodology
3.2   Global Market Overview
3.3   Heat Pumps
3.4   Hydrogen Boilers
4. Conclusions and Recommendations
5. Acronym and Abbreviation List
6. Table of Contents
7. Table of Charts and Figures
8. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
AI Decarbonized Heating Equipment Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Technology, World Markets: 2021-2030
Hydrogen Boiler Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Hydrogen Boiler Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Hydrogen-Powered Domestic Boiler by BDR Thermea
 
 
LIST OF TABLES
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Heat Pump Revenue by Technology, World Markets: 2021-2030
Hydrogen Boiler Revenue by Region, World Markets: 2021-2030
Hydrogen Boiler Revenue by Segment, World Markets: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, North America: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, North America: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, Europe: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, Europe: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, Asia Pacific: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, Asia Pacific: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, Latin America: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, Latin America: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Segment, Middle East & Africa: 2021-2030
Decarbonized Heating Equipment Revenue by Technology, Middle East & Africa: 2021-2030

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(脱炭素化)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る