世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

データセンター液冷:先行研究レポート


Data Center Liquid Cooling

  新シリーズ「データセンター液冷」は2024年6月末に出版予定です。 最新の出版状況または出版後のお知らせメールをご希望の方は こちら よりお気軽にお申し付けくださ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 価格 言語
Dell'Oro Group
デローログループ
2024年1月31日 お問い合わせください
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

 

サマリー

 
新シリーズ「データセンター液冷」は2024年6月末に出版予定です。
最新の出版状況または出版後のお知らせメールをご希望の方はこちらよりお気軽にお申し付けください。

 

データセンターの液冷技術は、急速に変曲点に近づいている。半導体の熱設計電力(TDP)の増加や、大規模言語モデルや生成AIアプリケーションの出現により、ラックの電力密度が大幅に増加している。このため、これまで20kW/ラックまでのラック密度をサポートしてきた空冷ベースの熱管理システムから、100kW+/ラックまでのラック電力密度をサポートできる液冷への移行が必要となっている。液冷インフラは、クラス最高の熱管理性能を実現するだけでなく、データセンター業界の持続可能な運用への取り組みもサポートしています。運用効率の向上、水の使用量の制限、熱の再利用は、液冷がサポートするすべての機会です。

しかし、液冷の採用には、空気ベースの熱管理設備とは大きく異なるアーキテクチャの変更と新たな運用手順が必要となる。これらの特徴的な特性は、物理的およびITインフラベンダーエコシステムとデータセンター事業者の双方にとって重要な意味を持ちます。データセンター液冷アドバンストリサーチレポート(ARR)は、以下のような重要な市場の疑問に答えることを目的としています:

  • AIワークロードはデータセンターの熱管理にどのような影響を与えるのか?
  • データセンター向け液冷の市場機会は?
  • データセンターの液冷は、空気ベースの熱管理にどのような影響を与えるのか?
  • 液冷の種類とフォームファクターは?
  • データセンター用液冷システムの主要コンポーネントのコスト内訳は?
  • データセンター液冷の競争環境は?

データセンター液冷先進調査レポートには、データセンター液冷の製品別、顧客タイプ別、データセンター熱管理の熱伝導タイプ別の5年間の市場予測が含まれています。

 

 



ページTOPに戻る


プレスリリース

Dell'Oro Groupは、新しいデータセンター液冷の先行研究レポートを発表

2024年6月4日|プレスリリース
カリフォルニア州レッドウッドシティ
電気通信、セキュリティ、ネットワーク、データセンター業界に関する市場情報の信頼できる情報源であるDell'Oro Groupは、本日、新しいデータセンター液冷の先行研究レポートのリリース開始を発表した。最初のレポートは2024年6月下旬にリリースされる予定。

Dell'Oroグループのリサーチ・ディレクターであるルーカス・ベランは以下の様に述べている。

「10年以上にわたって、液冷技術はデータセンター業界の周辺に位置し、熱管理について否定できないメリットを提供してきた。しかし、液冷技術にはリスクや課題もあり、採用はハイパフォーマンス・コンピューティングやその他のニッチなアプリケーションに限られていた。しかし現在、AIワークロードがアクセラレーション・コンピューティングの普及につながる中で液冷は業界の必須要件になりつつある。液冷は、最高レベルのプロセッサの導入を可能にするだけでなく、熱管理効率を高め、業界の持続可能性目標をサポートすると同時に、データセンターの総所有コストを削減する。2024年は、データセンター液冷が主流のスポットライトを浴びる年になるだろう。」

データセンター液冷先行研究レポートは、以下のような主要トピックを取り上げる:

  •    AIワークロードはデータセンターの熱管理にどのような影響を与えるのか?
  •    データセンター向け液冷の市場機会は?
  •    データセンターの液冷は、空気ベースの熱管理にどのような影響を与えるのか?
  •    液冷の種類とフォームファクターは?
  •    データセンター用液冷システムの主要コンポーネントのコスト内訳は?
  •    データセンター液冷の競争環境は?

レポートについて
Dell'Oro Groupのデータセンター液冷:先行研究レポートは、データセンター液冷の競合環境(2023年)と5年間の市場予測を、製品別、顧客タイプ別、熱媒体(単相または二相)別に掲載しています。

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Data center liquid cooling technologies are rapidly approaching an inflection point. Increasing semiconductor thermal design power (TDP) and the emergence of large language model and generative AI applications are leading to significantly increasing rack power densities. This is necessitating a transition from air-based thermal management systems, which have historically supported rack densities up to 20 kW/rack, to liquid cooling, which can support rack power densities up to 100 kW+/rack. In addition to enabling best in class thermal management performance, liquid cooling infrastructure is also supporting the data center industries efforts to operate more sustainably. Increasing operational efficiencies, limiting water use and enabling heat reuse are all opportunities that can be supported by liquid cooling.

However, liquid cooling adoption requires architectural changes and new operational procedures that vastly differ from air-based thermal management facilities. These distinctive attributes have important implications for both the physical and IT infrastructure vendor ecosystem and data center operators. The Data Center Liquid Cooling Advanced Research Report (ARR) aims to answer critical market questions such as:

  • How will AI workloads impact data center thermal management?
  • What is the total market opportunity for Data Center Liquid Cooling?
  • How does data center liquid cooling impact air-based thermal management?
  • What are the different types and form factors of liquid cooling?
  • What is the cost breakdown of key components of Data Center Liquid Cooling systems?
  • What is the competitive landscape of Data Center Liquid Cooling?

The Data Center Liquid Cooling Advanced Research Report Report includes a 5-year market forecast for data center liquid cooling by product and customer type, as well as data center thermal management by heat transfer type.

 

 



ページTOPに戻る


Press Release

Dell’Oro Group Launches New Data Center Liquid Cooling Advanced Research Report

June 4, 2024 | Press Release
REDWOOD CITY, Calif.
Dell’Oro Group, the trusted source for market information about the telecommunications, security, networks, and data center industries announced today the launch of its new Data Center Liquid Cooling Advanced Research Report. The first report will be released in late June 2024.

“For more than a decade, liquid cooling technology sat on the peripherals of the data center industry, offering undeniable benefits to data center thermal management,” said Lucas Beran, Research Director at Dell’Oro Group. “Yet, it was perceived with risks and challenges, limiting adoption to high performance computing and other niche applications. But now, as AI workloads are leading to the proliferation of accelerated computing, liquid cooling is becoming an industry requirement. Not only does liquid cooling enable deployment of the highest tier of processors, but increases thermal management efficiency, supporting industry sustainability goals while also lowering data center total cost of ownership. These benefits have become critical to the future of the data center industry, with 2024 marking the year that Data Center Liquid Cooling steps into the mainstream spotlight,” added Beran.

The Data Center Liquid Cooling Advanced Research Report will address key topics, including:

    How will AI workloads impact data center thermal management?
    What is the total market opportunity for Data Center Liquid Cooling?
    How does data center liquid cooling impact air-based thermal management?
    What are the different types and form factors of liquid cooling?
    What is the cost breakdown of key components of Data Center Liquid Cooling systems?
    What is the competitive landscape of Data Center Liquid Cooling?

About the Report
Dell’Oro Group’s Data Center Liquid Cooling Advanced Research Report includes a breakdown of the competitive landscape (2023) and 5-year market forecast for data center liquid cooling by product and customer type, as well as heat transfer medium (single-phase or two-phase).

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Dell'Oro Group社はどのような調査会社ですか?


シリコンバレーの中心部に本社を置くデローログループ(Dell’Oro Group)は 通信、エンタープライズネットワーク、データセンタ、セキュリテ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/22 10:26

158.54 円

173.12 円

207.67 円

ページTOPに戻る