世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ドライバーおよび車室内のモニタリング - 2022年版:エコシステム、技術、市場規模、将来の課題: Driver and Cabin Monitoring


 

 

出版社 出版年月 価格 言語
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2022年2月25日 お問い合わせください
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

 

ページTOPに戻る



図表リスト

  • 要旨
  • ドライバーモニタリングの必要性
  • ドライバーモニタリングのエコシステム
  • 幼児置き去り検知
  • 法規制&消費者団体
  • SAE L3/L4の今後の要件
  • 予測

ページTOPに戻る


プレスリリース

SBDが発行する「ドライバーおよび車室内のモニタリング - 2022年版:エコシステム、技術、市場規模、将来の課題 (Driver and Cabin Monitoring)」は、人間とマシン間の安全なインタラクションを実現するために、ドライバーを身体的および認知負荷面の双方からモニタリングする事に伴う課題について詳説しています。


 

2022年より欧州において施行される認証要件の影響などにより、ドライバーモニタリング領域における取組み推進の機運は今までにない高まりを見せています。

これまでOEM各社ではこれらのシステムを導入する必要がなかったため、同機能に対応しない、あるいはごく基本的なシステムのみを導入する企業が大半でした。しかしながら、新たな要件の導入だけでなく、自動運転レベルの高度化などの影響により、こうした状況は変わろうとしています。適切なドライバーモニタリングソリューションが、より堅牢なSAE L2の実現要因であり、SAE L3における必須条件です。

人間とマシン間の安全なインタラクションを可能にするためには、ドライバーを体の姿勢・位置と認知負荷の双方の観点からモニタリングすることが重要となります。

2022年版の本書では下記について取り上げています。

  • 米国、欧州、中国におけるドライバーモニタリング導入に影響を及ぼす主な要因
  • ドライバーモニタリング分野における様々な技術とその長所・短所について解説。さらにOEM各社の最近の取り組みと研究開発の成果を紹介。
  • 同分野で活躍しているTier1、Tier2プレイヤーをプロファイリングし、エコシステムの包括的な概況を提供。
  • 各地域における市場動向、現在および今後の推進要因に基づく、ドライバーモニタリングソリューションの販売台数とTier1収益の予測を示します。

本書では、人間とマシン間の安全なインタラクションを実現するために、ドライバーを身体的および認知負荷面の双方からモニタリングする事に伴う課題について詳説しています。また、適切なドライバーモニタリングソリューションがもたらす、より堅牢なSAE L2の実現、SAE L3の要件について概説しています。

ドライバーおよび車室内のモニタリング- 2022年版
エコシステム、技術、市場規模、将来の課題

  • レポート番号:AUT810-22
  • 対象市場:欧州・北米・中国
  • レポート発行頻度:ワンタイム
  • レポート形態:PDF、Power Point
  • ページ数:130+

 

ドライバーモニタリングは高い自動化レベルには「必須」
自動車業界において自動化がより進むことにより、ドライバーの状況認識力や運転スキルの低下につながる
可能性がある。システムからドライバーへ操縦を安全に引き継ぐためには、ドライバーが運転可能な状態に
あるかどうかを判定するためのドライバーモニタリングが必須となる。

  • ドライバーは SAE L3 作動中は、制御引き継ぎに常時備える必要あり
  • ドライバーは SAE L4 作動中は、責任を負わない
  • SAE L3 から先進的なドライバーモニタリングシステムが「必須」となる

SBDカスタマーポータル
ご契約いただいたレポートへはお客様専用ポータルサイトからアクセスいただけます。ポータルサイトのアカウントはご契約企業ごとに作成され、ご契約企業に所属する方であれば登録ユーザー数に制限はございません。ご契約状況の確認や、ポータルサイトへの新規ユーザー登録をご希望の場合は、データリソースまでお問い合わせ下さい。

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


SBD - Secured by Design Ltd社はどのような調査会社ですか?


SBD(Secured by Design Ltd)は、英国に本社を置く独立系技術コンサルティング会社です。深い知識と豊富... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/24 10:26

160.88 円

172.46 円

206.17 円

ページTOPに戻る