世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

セーフカーガイド:法規制編 - 四半期毎更新

Safe Car Guide

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2019年10月お問い合わせください

*日英データ版です。四半期毎に更新します。

サマリー

「セーフカーガイド:法規制編」は車載アクティブセーフティシステムへの法規制の影響を詳細に分析したレポートです。

欧州、米国、日本、中国、およびロシアの市場について、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、およびプロジェクトがもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。

また、その他の国についても関連性のある法および開発状況について重要な変更が見られた場合には情報を提供いたします。

 


 

SBDでは車載アクティブセーフティシステムへの法規制の影響に関する調査・分析を継続的に行っており、最新情報をまとめた「セーフカーガイド:法規制編」を四半期ごとに発行しています。

本書では、欧州、米国、日本、中国、およびロシアの市場について、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、およびプロジェクトがもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。また、その他の国についても関連性のある法および開発状況に関しては、重要な変更が見られた段階でその対度情報を掲載します。

車載アクティブセーフティシステムの推進・阻害となる法規制動向

欧州道路交通安全政策(欧州)

  • 2019年6月に欧州委員会は2021~2030年の自動車とインフラの安全基準の骨子を定める交通安全政策の枠組みを発表。

欧州のAI戦略(欧州)

  • 2019年8月にドイツ、フランス、日本が米国・中国のアプローチとは対照的な「人間中心」の人口知能研究への投資で協力することを発表。

リアビューカメラ搭載義務化(米国)

  • 2019年8月にNHTSAが従来のバックミラーに代わるカメラについて、ドライバーの使用状況を調査する計画を発表。

TIAA eCall調査(中国)

  • 2019年7月にTIAAが第8回TIAA会議およびFAW Hong Qi Innovation Ecosystem Union Conferenceを開催し、自動車ネットワークセキュリティと緊急救助を含むTIAAグループの5つの基準を公式発表。

項目ごとに現行の法規制を詳しく解説

政府/市場の動向

政策

  • サポート技術の採用に影響する政策決定事項

義務化

  • OEMに対し、車への装置搭載を義務付ける法規制

インセンティブ

  • ソリューションの普及促進のための動機付け

標準規格

  • 設計や開発に関する規格

周波数

  • 安全機能専用の周波数の割り当て

市場/国

  • 米国
  • 欧州
  • 日本
  • 中国
  • ロシア
  • グローバル

セーフカートピックス

  • 単独ADASシステム
  • V2X
  • 自動運転システム

 

「セーフカーガイド:法規制編」では欧州、米国、日本、中国、およびロシアの市場において、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、および関連プロジェクトが車載アクティブセーフティにもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。

 

現行の法規制に関する情報

概要

  • 各法規制の背景および目的を解説、最新情報と関連リスクを紹介しています。

プロセス/マイルストーン

  • 各法規制導入の今までの流れとこれからの動向を詳しく解説しマイルストーンを紹介しています。

影響/SBDの推奨事項

  • 自動車メーカーやTier1サプライヤーなど各関係者に法規制が与える影響を解説しています。また、SBDによる推奨事項も紹介しています。

本書で掲載している各地域における法規制

米国

  • リアビューカメラ搭載義務化
  • 自動運転車に関するNHTSAの方針
  • 保険会社によるADAS普及
  • 自動運転車に関する州法
  • NHTSAの安全性に関する5つ星レーティング
  • 米国運輸省の交通安全政策

欧州

  • 欧州道路交通安全政策
  • ユーロNCAPスターレーティング
  • 保険会社によるADAS普及促進
  • eCall義務化
  • ドイツの自動運転技術開発支援
  • 自動運転車に関する法

日本

  • 国土交通省のAEB搭載義務化
  • 国土交通省の交通安全政策
  • 日本NCAP
  • 自動運転プログラム
  • 保険会社によるADAS/自動運転技術の推進
  • 自動運転プログラム

中国

  • 周波数帯に関するMIIT要件
  • TIAAによるeCall調査
  • 中国NCAP
  • 自動運転車

ロシア

  • ERA GLONASS義務化

グローバル

  • 自動運転車に関する法(カナダ/オーストラリア)
  • 自動運転イニシアティブ(シンガポール)
  • 自動運転車の走行試験(韓国・ブラジル)
  • EVAK ERA GLONASS義務化(カザフスタン)
  • 国連の交通安全のための行動(グローバル)
  • 自動運転技術の調査(ドバイ)
  • 国連道路交通条約の改定(グローバル)
  • グローバルNCAP(グローバル)
  • V2Xのテストサイト(シンガポール)
  • V2X試験運用プロジェクト(オーストラリア)
  • 自動運転車導入政策(ニュージーランド)
  • 道路交通安全法案(インド)


*本書にて掲載している法規制の一例

 


【以下は2019年7月発行分の内容です。】

AEB/LDW搭載義務化(欧州)

2015年11月よりトラックとバスの全新車にAEBとLDWの搭載が義務化。2019年3月には欧州委員会が乗用車、トラック、バスへの幅広い安全機能の標準搭載を2022年までに義務化する案を提出しています。

eCall義務化(欧州)

数年にわたる延期や議論の末、欧州委員会(EC)は型式認定を受ける全新型車について欧州全域公共eCallの義務化を決定しました。同法規制は2018年3月31日より施行され、欧州のテレマティクス業界に影響を及ぼしています。

リアビューカメラ搭載義務化(米国)

NHTSAは2018年5月以降、1万ポンド未満の全ての新車にリアビューカメラの搭載を義務付ける最終規則を発行しています。

ADAS安全レーティング(欧州)

ユーロNCAPは2018年にAEB技術評価範囲を拡張し、自動車衝突シナリオを包括しました。
また、新安全技術導入に向けた2025年ロードマップレポートを発表しました。

項目ごとに現行の法規制を詳しく解説


 

「セーフカーガイド:法規制編」では欧州、米国、日本、中国、およびロシアの市場において、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、および関連プロジェクトが車載アクティブセーフティにもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。


 

現行の法規制に関する情報

概要

  • 各法規制の背景および目的を解説、最新情報と関連リスクを紹介しています。

プロセス/マイルストーン

  • 各法規制導入の今までの流れとこれからの動向を詳しく解説しマイルストーンを紹介しています。

影響/SBDの推奨事項

  • 自動車メーカーやTier1サプライヤーなど各関係者に法規制が与える影響を解説しています。また、SBDによる推奨事項も紹介しています。

本書で掲載している各地域における法規制



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る