世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

セーフカーガイド:法規制編 - 四半期毎更新

Safe Car Guide

 

出版社 出版年月価格
SBD - Secured by Design Ltd
SBDジャパン
2019年7月お問い合わせください

*日英データ版でです。四半期毎に更新します。発注後3営業日程度での納品が可能です。

サマリー

「セーフカーガイド:法規制編」は車載アクティブセーフティシステムへの法規制の影響を詳細に分析したレポートです。

欧州、米国、日本、中国、およびロシアの市場について、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、およびプロジェクトがもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。

また、その他の国についても関連性のある法および開発状況について重要な変更が見られた場合には情報を提供いたします。

 


 

AEB/LDW搭載義務化(欧州)

2015年11月よりトラックとバスの全新車にAEBとLDWの搭載が義務化。2019年3月には欧州委員会が乗用車、トラック、バスへの幅広い安全機能の標準搭載を2022年までに義務化する案を提出しています。

eCall義務化(欧州)

数年にわたる延期や議論の末、欧州委員会(EC)は型式認定を受ける全新型車について欧州全域公共eCallの義務化を決定しました。同法規制は2018年3月31日より施行され、欧州のテレマティクス業界に影響を及ぼしています。

リアビューカメラ搭載義務化(米国)

NHTSAは2018年5月以降、1万ポンド未満の全ての新車にリアビューカメラの搭載を義務付ける最終規則を発行しています。

ADAS安全レーティング(欧州)

ユーロNCAPは2018年にAEB技術評価範囲を拡張し、自動車衝突シナリオを包括しました。
また、新安全技術導入に向けた2025年ロードマップレポートを発表しました。

項目ごとに現行の法規制を詳しく解説


 

「セーフカーガイド:法規制編」では欧州、米国、日本、中国、およびロシアの市場において、政府による義務化、インセンティブ、標準規格、周波数帯、および関連プロジェクトが車載アクティブセーフティにもたらす課題およびビジネス機会について考察しています。


 

現行の法規制に関する情報

概要

  • 各法規制の背景および目的を解説、最新情報と関連リスクを紹介しています。

プロセス/マイルストーン

  • 各法規制導入の今までの流れとこれからの動向を詳しく解説しマイルストーンを紹介しています。

影響/SBDの推奨事項

  • 自動車メーカーやTier1サプライヤーなど各関係者に法規制が与える影響を解説しています。また、SBDによる推奨事項も紹介しています。

本書で掲載している各地域における法規制



 

ページTOPに戻る

あなたが最近チェックしたレポート一覧

  • 最近チェックしたレポートはありません。

お問合は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのお問合せはこちらのフォームから承ります

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

<無料>メルマガに登録する

 

 

ページTOPに戻る