世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

垂直農法


Vertical Farming

垂直農法は、いくつかの要因により、米国、欧州、アジア太平洋地域で人気が高まっています。垂直農法を推進する主な要因は、世界人口が急速に増加し、栄養を必要としていることと、耕作可能な土地が減少してい... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年9月30日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
39 40 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

垂直農法は、いくつかの要因により、米国、欧州、アジア太平洋地域で人気が高まっています。垂直農法を推進する主な要因は、世界人口が急速に増加し、栄養を必要としていることと、耕作可能な土地が減少していることです。また、伝統的な農法による二酸化炭素の排出や、国内や世界のある地域から別の地域への農産物の輸送に必要な二酸化炭素を排出する自動車に対する懸念もあります。さらに、COVID-19のパンデミックにより、消費者や政府は、極端な状況下ではサプライチェーンがいかに迅速に破綻するかを理解し、食料やその他の必要品を消費地の近くで開発する必要性を感じています。
 
垂直農法の事業者は、従来の農業に取って代わることを目指すのではなく、補助的な食料資源を提供します。
垂直農法では、都市部でも農産物の栽培が可能なスペースを確保することができます。異常気象や害虫などの影響を受けずに作物を育てることができ、消費地に近い場所で生産できるため、輸送の必要性が減ります。この要素は、農業における環境問題を解決するためにも、サプライチェーンが寸断された場合でも食料を確保するためにも重要です。
 
このGuidehouse Insightsレポートでは、垂直農法テクノロジーの世界市場を「照明」「サービスとインフラ」「水供給と回収システム」「制御」の4つの主要セグメントに分けて分析しています。
また、垂直農法に関連する市場の課題についても分析しています。2030年までの世界市場予測を、セグメント別、地域別、作物タイプ別、手法タイプ別、構造タイプ別にまとめています。
 
Key QUESTIONS ADDRESSED
  • 垂直農法とは何か?
  • 垂直農法で使用される様々な方法や構造とは?
  • 垂直農法ではどのような作物を栽培することができますか?
  • 垂直農法の市場における主要な推進要因と障壁は何か?
  • 垂直農法にはどのような技術が使われていますか?
  • 世界のどの地域が垂直農法を採用しているのか、その理由は?
  • 垂直農法技術の世界市場の見通しは?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • 園芸用照明ベンダー
  • 垂直農法のサービスとインフラベンダー
  • 垂直農法の配水システムベンダー
  • 垂直農法の制御ベンダー
  • 垂直農法の
  • 投資家コミュニティ
 
  •  

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

 

 



ページTOPに戻る


目次

1.エグゼクティブサマリー
1.1    はじめに
1.2    市場の推進者と障壁
1.3    世界市場の展望
2.市場の課題
2.1    垂直農法
2.1.1    栽培方法
2.1.2    作物の種類
2.1.3    建物の種類
2.1.4    技術の種類
2.2    地域別ハイライト
2.2.1  北米
2.2.2    欧州
2.2.3 アジア太平洋
2.2.4 中南米
2.2.5    中東・アフリカ
2.3    市場の推進要因
2.3.1    人口の増加
2.3.2    気候変動
2.3.3    高額消費者の要求
2.3.4    フードサプライチェーンの改善
2.4 市場の障壁
2.4.1  知識が限られている
2.4.2  COVID-19 パンデミック
2.4.3 投資家の懐疑的な見方
2.4.4 スタートアップコストが高い
3.技術概要と主要産業プレーヤー
3.1    技術概要
3.1.1    照明
3.1.2    サービスとインフラ
3.1.3    制御
3.1.4    水の供給と回収システム
3.2 主要産業プレーヤー
3.2.1    Albireo Energy
3.2.2 Argus Control Systems
3.2.3    Autogrow
3.2.4    Eden Green Technology
3.2.5    Fluence by OSRAM
3.2.6    Freight Farms
3.2.7    GE Current, a Daintree Company
3.2.8 GrowFlux
3.2.9    H2O Engineering
3.2.10    Pipp Horticulture
3.2.11    Priva
3.2.12 Swisslog
4.市場予測
4.1    予測概要
4.2    予測方法
4.3    世界の技術タイプ別収益
4.3.1    北米
4.3.2    欧州
4.3.3 アジア太平洋地域
4.3.4  その他の地域
4.4 作物タイプ別収益
4.5    農法タイプ別収益
4.6 構造タイプ別収益
5.結論と推奨事項
6.頭字語と略語のリスト
7.目次
8.チャートおよび図表
9.調査範囲、情報源と方法論、注釈
 

図表一覧

世界市場におけるテクノロジータイプ別の垂直農法技術の収益:2021-2030年
北米市場におけるテクノロジータイプ別の垂直農法技術の収益:2021-2030年
欧州市場におけるテクノロジータイプ別の垂直農法技術の収益:2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別)、アジア太平洋地域:2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別)、ラテンアメリカ:2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別)、中東・アフリカ:2021-2030年
垂直農法の収益(作物タイプ別)、世界市場。2021-2030年
世界市場:2021-2030年
垂直農法による農作物種類別収益
構造別収益:2021-2030年
垂直農法トレー水耕栽培ドリップシステム
 
リストオブテーブル
2021-2030年 世界市場
垂直農法による技術種類別収益 北米:2021-2030年
垂直農法による技術種類別収益2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、北米:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、欧州:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、アジア太平洋地域:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、ラテンアメリカ:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、中東・アフリカ:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益。2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別、全作物タイプ):世界市場:2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別、野菜タイプ):世界市場:2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別、つる性植物タイプ):世界市場:2021-2030年
垂直農法の収益(技術タイプ別、マイクログリーンタイプ):世界市場:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、ハーブ、世界市場:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、全農法、世界市場:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、水耕農法、世界市場。2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、エアロポニック農法、世界市場:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、アクアポニック農法、世界市場:2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別収益、全構造、世界市場。2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別売上高, 温室, 世界市場: 2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別売上高, 出荷コンテナ, 世界市場: 2021-2030年
垂直農法の技術タイプ別売上高, 建物・倉庫, 世界市場: 2021-2030年
垂直農法の作物

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、垂直農法テクノロジーの世界市場を「照明」「サービスとインフラ」「水供給と回収システム」「制御」の4つの主要セグメントに分けて分析しています。また、垂直農法に関連する市場の課題についても分析しています。2030年までの世界市場予測を、セグメント別、地域別、作物タイプ別、手法タイプ別、構造タイプ別にまとめています。
 
Report Desciption
Vertical farming is growing in popularity in the US, Europe, and Asia Pacific based on several factors. The primary driver for vertical farming is the quickly growing world population and its need for nutrition combined with the diminishing availability of arable land. Another driver is concern about carbon emissions resulting from traditional farming methods as well as the carbon-emitting vehicles needed to transport produce from one area of the country or world to another. Additionally, the COVID-19 pandemic has caused consumers and governments alike to understand how quickly supply chains can break down in the event of extreme circumstances, forcing the need for food and other necessary items to be developed closer to where they are consumed.
 
Vertical farming operators do not seek to replace traditional farming but instead provide supplemental food resources. Vertical farming creates additional spaces where produce cultivation can take place, even within urban environments. It enables crops to grow undisturbed by factors such as extreme weather and pests, and it puts produce production much closer to where it will be consumed, reducing the need for transport. This factor is key for both addressing environmental concerns about farming and ensuring food can be accessed even amid supply chain interruptions. Additionally, vertical farming uses a fraction of the amount of water of traditional farming, making vertical farming practical for areas where water is scarce.
 
This Guidehouse Insights report analyzes the global market for vertical farming technology in four key segments: lighting, services and infrastructure, water delivery and recovery systems, and controls. The study provides an analysis of market issues associated with vertical farming. Global market forecasts, broken out by segment, region, crop type, method type, and structure type, extend through 2030. The report also examines the competitive landscape.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What is vertical farming?
  • What are the various methods and structures used in vertical farming?
  • What crops can be cultivated within vertical farms?
  • What are the primary drivers and barriers within the vertical farming market?
  • What technology is used in vertical farming?
  • Which global regions are embracing vertical farming and why?
  • What is the global market outlook for vertical farming technology?
  • Who are the key players in the vertical farming technology market?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Horticulture lighting vendors
  • Vertical farming services and infrastructure vendors
  • Vertical farming water distribution system vendors
  • Vertical farming controls vendors
  • Vertical farmers
  • Investor community
 
 
  •  

 

ABIリサーチの調査レポートの詳細については、サンプルをご請求ください。

(株式会社データリソース 03-3582-2531、office@dri.co.jp)

 

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Introduction
1.2   Market Drivers and Barriers
1.3   Global Market Outlook
2. Market Issues
2.1   Vertical Farming
2.1.1   Growing Methods
2.1.2   Crop Types
2.1.3   Building Types
2.1.4   Technology Types
2.2   Regional Highlights
2.2.1   North America
2.2.2   Europe
2.2.3   Asia Pacific
2.2.4   Latin America
2.2.5   Middle East & Africa
2.3   Market Drivers
2.3.1   Growing Population
2.3.2   Climate Change
2.3.3   Demands of High End Consumers
2.3.4   Improving the Food Supply Chain
2.4   Market Barriers
2.4.1   Limited Knowledge
2.4.2   COVID-19 Pandemic
2.4.3   Investor Skepticism
2.4.4   High Startup Costs
3. Technology Overview and Key Industry Players
3.1   Technology Overview
3.1.1   Lighting
3.1.2   Services and Infrastructure
3.1.3   Controls
3.1.4   Water Delivery and Recovery Systems
3.2   Key Industry Players
3.2.1   Albireo Energy
3.2.2   Argus Control Systems
3.2.3   Autogrow
3.2.4   Eden Green Technology
3.2.5   Fluence by OSRAM
3.2.6   Freight Farms
3.2.7   GE Current, a Daintree Company
3.2.8   GrowFlux
3.2.9   H2O Engineering
3.2.10   Pipp Horticulture
3.2.11   Priva
3.2.12   Swisslog
4. Market Forecasts
4.1   Forecast Overview
4.2   Forecast Methodology
4.3   Global Revenue by Technology Type
4.3.1   North America
4.3.2   Europe
4.3.3   Asia Pacific
4.3.4   Rest of the World
4.4   Revenue by Crop Type
4.5   Revenue by Farming Method
4.6   Revenue by Structure Type
5. Conclusions and Recommendations
6. Acronym and Abbreviation List
7. Table of Contents
8. Table of Charts and Figures
9. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, North America: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Europe: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Asia Pacific: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Latin America: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Middle East & Africa: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Crop Type, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Farming Method, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Structure Type, World Markets: 2021-2030
Vertical Farm Trays
Hydroponic Drip System
 
LIST OF TABLES
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, North America: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Europe: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Asia Pacific: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Latin America: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Middle East & Africa: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Technology Type, All Crop Types, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Technology Type, Vegetables, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Technology Type, Vine Plants, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Technology Type, Microgreens, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Revenue by Technology Type, Herbs, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, All Farming Methods, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Hydroponic Farming Methods, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Aeroponic Farming Methods, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Aquaponic Farming Methods, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, All Structures, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Greenhouses, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Shipping Containers, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Technology Revenue by Technology Type, Buildings and Warehouses, World Markets: 2021-2030
Vertical Farming Crops

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(垂直農法)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/24 10:26

160.88 円

172.46 円

206.17 円

ページTOPに戻る