世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

水の効率


Water Efficiency

気候変動によって水不足が深刻化し、発展途上地域での水へのアクセスが拡大するにつれて需要が増加するため、節水の重要性が高まっている。商業・産業(C&I)ビル向けの水効率の高い器具、機器、その他の... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2024年6月30日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
45 26 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

気候変動によって水不足が深刻化し、発展途上地域での水へのアクセスが拡大するにつれて需要が増加するため、節水の重要性が高まっている。商業・産業(C&I)ビル向けの水効率の高い器具、機器、その他の技術は、特定の作業に使用する水の量を削減したり、水の浪費を抑えたりすることで、自治体の水道事業や廃水処理施設に対する需要を緩和し、ビル所有者の給水・廃水処理料金を削減し、水不足に対するビルの回復力を高め、組織の持続可能性目標に貢献し、場合によってはビルの水害リスクを軽減する。
 

規制、製品ラベル、製品認証プログラムなどの製品基準は、政府や民間セクターの持続可能性目標や自主的な建物認証プログラムと同様に、水効率の高い建物技術の採用を増加させている。しかし、市場成長は、水の価格の低さ、人間の健康と衛生に対する水の重要性、水効率の向上が意図しない結果をもたらすこと、製品性能に対する否定的な印象、製品の買い替えサイクルの長さなどの要因によって制限されています。
 

この調査レポートは、水効率の高い5つのC&I建築技術(蛇口と水栓、トイレと小便器、シャワーヘッド、漏水検知システム、灌漑コントローラー)の世界市場を分析しています。市場の促進要因と障壁を分析し、この市場を成長させるための業界関係者への提言を発表しています。2033年までの収益予測を、技術別、世界地域別(北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカ)、C&Iビルタイプ別(オフィス、小売、教育、医療、ホテル・レストラン、施設・組立、倉庫、輸送、工業)に区分している。
 

主な質問

  • 水効率の高いC&Iビル技術による世界の収益は今後10年間でどのように成長すると予想されるか?
  • 何が水効率の高いC&Iビル技術の採用を拡大させているのか?
  • 水効率の高いC&Iビル技術の市場規模を制約している課題は何か?
  • 水効率の高いC&Iビル技術の収益は、世界の地域によってどのように異なるのか?
  • 水効率の高いC&Iビル技術の収益が最も大きくなると予想されるC&Iビルタイプは?
     

本レポートの対象者

  • 配管設備メーカー
  • C&I漏水検知システムベンダー
  • C&I造園灌漑設備メーカー
  • 水効率の提唱者
  • 水政策立案者


ページTOPに戻る


目次

目次

1. 要旨

1.1 はじめに

1.2 範囲

1.3 市場促進要因と障壁

1.4 世界市場の展望

2. 市場の課題

2.1 用語

2.2 C&Iビルにおける節水技術

2.2.1 水栓と蛇口

2.2.2 トイレと便器

2.2.3 シャワーヘッド

2.2.4 漏水検知システム

2.2.5 灌漑コントローラー

2.3 ドライバー

2.3.1 製品規格

2.3.1.1 米国

2.3.1.2 オーストラリア

2.3.1.3 ヨーロッパ

2.3.2 水不足と持続可能性の目標

2.3.3 自主的建築物認証プログラム

2.4 障壁

2.4.1 水の過小評価

2.4.2 保健衛生における水の重要性

2.4.3 製品性能の意図せざる結果と否定的印象

2.4.4 長い製品交換サイクル

2.5 価格設定

3. 業界のバリューチェーン

3.1 競争環境

3.1.1 M&A活動と投資

3.1.2 ビジネスモデルの進化

4. 市場予測

4.1 世界の技術別予測

4.2 地域別技術別予測

4.2.1 北米

4.2.2 欧州

4.2.3 アジア太平洋

4.2.4 ラテンアメリカ

4.2.5 中東・アフリカ

4.3 建築タイプ別技術予測

4.3.1 蛇口と水栓

4.3.2 トイレと小便器

4.3.3 シャワーヘッド

4.3.4 漏水検知システム

4.3.5 灌漑コントローラー

5. 結論と提言

5.1 3つの大きな収穫

5.2 提言

5.2.1 配管設備機器メーカー

5.2.2 設備管理者、建築技術者、設計者

5.2.3 政策立案者、擁護者、水道事業者

6. 建物の種類

6.1 オフィス

6.2 商業施設

6.3 教育施設

6.4 ヘルスケア

6.5 ホテル・レストラン

6.6 施設・集会

6.7 倉庫

6.8 輸送機関

6.9 工業

7. 頭字語・略語リスト

8. 目次

9. 図表一覧

10. 研究範囲

11. 出典、方法論、注釈

 

図表一覧

水効率の高い建築技術の地域別売上高:世界市場:2024-2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:世界市場:2024-2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上金額:北米:2024-2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:ヨーロッパ:2024年~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:アジア太平洋地域:2024年~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:中南米:2024年~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:中東・アフリカ:2024年~2033年

節水型蛇口・水栓の建築タイプ別売上構成比(世界市場):2024~2033年

節水型トイレ・小便器の建築タイプ別売上構成比(世界市場):2024~2033年

節水型シャワーヘッドの建物タイプ別売上構成比:世界市場:2024-2033年

漏水検知システムの建物タイプ別売上収益(世界市場:2024~2033年

節水型灌漑コントローラの建物タイプ別売上:世界市場 2024-2033

世界地域別取水量:2020年

節水型C&Iビル技術の産業バリューチェーン
 

表一覧

水効率の高い建築技術の地域別売上高(世界市場):2024~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:世界市場:2024-2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上金額:北米:2024-2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:ヨーロッパ:2024年~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:アジア太平洋地域:2024年~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:中南米:2024年~2033年

水効率の高い建築技術の技術別売上高:中東・アフリカ:2024年~2033年

節水型蛇口・水栓の建築タイプ別売上構成比(世界市場):2024~2033年

節水型トイレ・小便器の建築タイプ別売上構成比(世界市場):2024~2033年

節水型シャワーヘッドの建物タイプ別売上構成比:世界市場:2024-2033年

漏水検知システムの建物タイプ別売上収益(世界市場:2024~2033年

節水型灌漑コントローラの建物タイプ別売上(世界市場:2024~2033年

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートは、水効率の高い5つのC&I建築技術(蛇口と水栓、トイレと小便器、シャワーヘッド、漏水検知システム、灌漑コントローラー)の世界市場を分析しています。
 
Report Description
Water conservation is growing in importance as climate change intensifies water scarcity and expanded access to water in developing regions increases demand. Water efficient fixtures, appliances, and other technologies for commercial and industrial (C&I) buildings reduce the amount of water used for specific tasks or reduce water waste to ease demands on municipal water utilities and wastewater treatment facilities, reduce charges for water supply and wastewater treatment for building owners, increase a building’s resilience to water scarcity, contribute to an organization’s sustainability goals, and in some cases, mitigate the risk of water damage to a building.
 
Product standards, including regulations, product labels, and product certification programs, are increasing the adoption of water efficient building technologies, as are government and private sector sustainability goals and voluntary building certification programs. However, market growth is limited by factors such as the underpricing of water, the importance of water to human health and sanitation, unintended consequences of increased water efficiency, negative impressions of product performance, and long product replacement cycles.
 
This Guidehouse Insights report analyzes the global market for five water efficient C&I building technologies: faucets and taps, toilets and urinals, showerheads, leak detection systems, and irrigation controllers. The study analyzes market drivers and barriers, and issues recommendations to industry stakeholders for growing this market. Revenue forecasts through 2033 are segmented by technology, global region (North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, Middle East & Africa), and C&I building type (office, retail, education, healthcare, hotels and restaurants, institutional/assembly, warehouse, transport, industrial).
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • How is global revenue from water efficient C&I building technologies expected to grow over the next decade?
  • What is driving growth in the adoption of water efficient C&I building technologies?
  • What challenges are constraining the size of the market for water efficient C&I building technologies?
  • How does revenue from water efficient C&I building technologies differ across global regions?
  • Which C&I building types are expected to account for the most revenue from water efficient building technologies?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • Plumbing fixture manufacturers
  • C&I leak detection system vendors
  • C&I landscape irrigation equipment manufacturers
  • Water efficiency advocates
  • Water policymakers


ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS
1. Executive Summary
1.1    Introduction
1.2    Scope
1.3    Market Drivers and Barriers
1.4    Global Market Outlook
2. Market Issues
2.1    Terminology
2.2    Water Efficient Technologies in C&I Buildings
2.2.1   Faucets and Taps
2.2.2   Toilets and Urinals
2.2.3   Showerheads
2.2.4   Leak Detection Systems
2.2.5   Irrigation Controllers
2.3    Drivers
2.3.1   Product Standards
2.3.1.1 US
2.3.1.2 Australia
2.3.1.3 Europe
2.3.2   Water Scarcity and Sustainability Goals
2.3.3   Voluntary Building Certification Programs
2.4    Barriers
2.4.1   Underpricing of Water
2.4.2   Criticality of Water for Health and Sanitation
2.4.3   Unintended Consequences and Negative Impressions of Product Performance
2.4.4   Long Product Replacement Cycles
2.5    Pricing
3. Industry Value Chain
3.1    Competitive Landscape
3.1.1   M&A Activities and Investments
3.1.2   Business Model Evolution
4. Market Forecasts
4.1    Global Forecast by Technology
4.2    Regional Forecasts by Technology
4.2.1   North America
4.2.2   Europe
4.2.3   Asia Pacific
4.2.4   Latin America
4.2.5   Middle East & Africa
4.3    Technology Forecasts by Building Type
4.3.1   Faucets and Taps
4.3.2   Toilets and Urinals
4.3.3   Showerheads
4.3.4   Leak Detection Systems
4.3.5   Irrigation Controllers
5. Conclusions and Recommendations
5.1    Three Big Takeaways
5.2    Recommendations
5.2.1   Plumbing Fixture and Appliance Manufacturers
5.2.2   Facilities Managers, Building Engineers, and Designers
5.2.3   Policymakers, Advocates, and Water Utilities
6. Building Types
6.1    Office
6.2    Retail
6.3    Education
6.4    Healthcare
6.5    Hotels and Restaurants
6.6    Institutional/Assembly
6.7    Warehouse
6.8    Transport
6.9    Industrial
7. Acronym and Abbreviation List
8. Table of Contents
9. Table of Charts and Figures
10. Scope of Study
11. Sources, Methodology and Notes
 
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Water Efficient Building Technologies Revenue by Region, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, North America: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Europe: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Asia Pacific: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Latin America: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Middle East & Africa: 2024-2033
Water Efficient Faucets & Taps Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Toilets & Urinals Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Showerheads Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Leak Detection Systems Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Irrigation Controllers Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Withdrawals by Global Region: 2020
Industry Value Chain for Water Efficient C&I Building Technologies
 
LIST OF TABLES
Water Efficient Building Technologies Revenue by Region, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, North America: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Europe: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Asia Pacific: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Latin America: 2024-2033
Water Efficient Building Technologies Revenue by Technology, Middle East & Africa: 2024-2033
Water Efficient Faucets & Taps Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Toilets & Urinals Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Showerheads Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Leak Detection Systems Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033
Water Efficient Irrigation Controllers Revenue by Building Type, World Markets: 2024-2033

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(商業・産業ビル)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る