世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

分散型太陽光発電と蓄電のための電池の化学的特性の違い


The Divergence Between Battery Chemistries for Distributed Solar and Storage

近年、輸送用および定置用エネルギー貯蔵のための高度な電池技術は、性能とコストを優先して急速に進化しています。それぞれの蓄電用途には独自のニーズがあり、そのため電池市場では化学物質や組成の面で急速... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年9月30日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
16 6 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

近年、輸送用および定置用エネルギー貯蔵のための高度な電池技術は、性能とコストを優先して急速に進化しています。それぞれの蓄電用途には独自のニーズがあり、そのため電池市場では化学物質や組成の面で急速な発展を遂げています。また、電気自動車やエネルギー貯蔵システム(ESS)の導入が加速する中、どのような化学物質が存続できるかは、グローバルなサプライチェーンなどの外部要因も大きく影響しています。
 
電池の化学物質は、商業化段階に進む化学物質の選択肢が多様化していることから、市場動向にますます影響を与えています。
例えば、ある用途では他の用途よりも魅力的な化学物質があり、その用途の需要に応じて、将来的にはより一般的になるかもしれません。また、多くの電池メーカーが、希少な高価な部品を使用する化学物質からの移行を進めていることから、サプライチェーンへの関心も高まっています。米国の政策立案者などのステークホルダーは、他の先進国の中での自国の競争力を分析するために、資源をバッテリーのサプライチェーンに振り向けています。
 
本ガイドハウスインサイトレポートでは、バッテリーケミストリーを取り巻く市場動向を詳細に分析し、バッテリーのバリューチェーンのさまざまな力を分析し、最後にステークホルダーへの提言を行っています。
バッテリーケミストリーのトレンドは、世界的な原材料の供給や規制の影響を大きく受ける可能性があるため、この2つの問題に関する市場の動きには特に注意を払う必要があります。 
 
Key QUESTIONS ADDRESSED
  • バッテリーケミストリーの主要な検討事項は何か?
  • 様々なケミストリーを進化させるために、様々なステークホルダーがどのような開発を行っているか?
  • 競争力を高めるために業界の主要企業は何をすべきか?
  • 一般的な電池の化学的性質とその安全性にはどのような違いがありますか?
 
本レポートを必要とする人
  • EVメーカー
  • バッテリーストレージメーカー
  • エネルギーストレージ開発者
  • バッテリーストレージインテグレーター
  • エネルギーストレージ規制・政策立案者
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

背景提言
リチウムイオン電池は定置用および輸送用リチウムイオン電池市場を席巻
NMCおよびLFPリチウムイオン電池が電池市場を牽引
コバルトとリチウムの供給量が限られているため、リチウムイオン電池の普及が進まない可能性がある
リチウムイオン電池の普及を阻むコバルトとリチウムの供給不足
 
EVの需要が定置型蓄電池の材料供給を圧迫する可能性
バッテリーのグローバルなバリューチェーンに懸念が広がる
業界の主要プレーヤーがバリューチェーン全体でイノベーションを実行
バッテリーの供給競争が米中で激化
中国はLFP電池を強力に支配
米国はサプライチェーンの管理強化を計画
 
グローバルプレーヤーがEVと定置型システムの化学物質の違いに影響を与える
EVと定置型蓄電池では要求が異なる 化学物質の違いはアプリケーションに依存する可能性がある
 
すべてのステークホルダーはバリューチェーンの機会を評価すべき
OEMは先見の明を持つべき
インテグレーターは用途別の化学物質を利用することで展開を改善できる
規制当局は供給の不確実性を緩和できるかもしれない
 
 

図表一覧

  • 蓄電池
  • に対するリチウムイオンの優位性
  • バリューチェーン。2021年
  • リチウムイオン電池における米国の競争力
  • 大型
  • リチウムイオン電池セルの価格予測、ベース/ハイ/ローケース、世界平均。2021-2030
  • Light Duty Battery EV Li-Ion Battery System Pricing by Component, 60 kWh, Global Averages, Base Case: 2021-2030
 
LIST OF TABLES
  • NMC and LFP Advantages and Disadvantages

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、バッテリーケミストリーを取り巻く市場動向を詳細に分析し、バッテリーのバリューチェーンのさまざまな力を分析し、最後にステークホルダーへの提言を行っています。
 
Report Desciption
Advanced battery technologies for transportation and stationary energy storage have quickly evolved in recent years to prioritize performance and cost. Each storage application requires unique needs that have led to battery markets experiencing rapid developments in terms of chemistry and composition. Outside forces such as global supply chains have also heavily influenced what chemistries remain viable in the midst of accelerating adoption trends for EVs and energy storage systems (ESSs).
 
Battery chemistries are increasingly influencing market trends due to the diversity of chemistry options advancing through commercialization phases. For example, some chemistries are more attractive for one application over another and depending on the demand for that application, may become more popular in the future. Focus on supply chains is also increasing as many battery manufacturers are moving away from chemistries that use expensive components that are scarce. Stakeholders such as US policymakers are diverting resources to the battery supply chain to analyze the country’s competitiveness among other leading powers.
 
This Guidehouse Insights report takes a close look at the market trends surrounding battery chemistries, analyzes the different forces of the battery value chain, and concludes with recommendations for stakeholders. Battery chemistry trends can be highly susceptible to global raw material supplies and regulatory oversight, therefore the market dynamics around both of these issues should receive special attention. 
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • What are key considerations for battery chemistry?
  • What developments are being made by different stakeholders to advance different chemistries?
  • What should key industry players do to improve competitiveness?
  • What are differences between popular battery chemistries and their safety profiles?
  • Who are leading stakeholders that are influencing available battery chemistries?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • EV manufacturers
  • Battery storage manufacturers
  • Energy storage developers
  • Battery storage integrators
  • Energy storage regulators and policymakers
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark
 
Context
 
Recommendations
 
Lithium Ion Chemistries Dominate the Market
Stationary and Transportation Li-Ion Chemistries Are Cost-Effective
NMC and LFP Li-Ion Chemistries Gain Traction in Battery Markets
Limited Cobalt and Lithium Supplies Could Challenge Li-Ion Deployment
 
Demand for EVs Might Stymie the Material Supply for Stationary Storage Systems
Concerns Grow Over the Global Battery Value Chain
Key Industry Players Enact Innovation Across the Value Chain
Battery Supply Competition Increases Between the US and China
China Has a Strong Hold On LFP Batteries
The US Plans for Increasing Supply Chain Control
 
Global Players Affect Variances Between EV and Stationary System Chemistries
EVs and Stationary Storage Systems Have Differing Requirements
Divergence Between Chemistries Might Be Application-Based
 
All Stakeholders Should Assess Value Chain Opportunities
OEMs Should Be Forward-Looking
Integrators Can Improve Deployments by Tapping into Application-Specific Chemistries
Regulators May Alleviate Supply Uncertainties
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
  • Advantages of Li-Ion Over Lead-Acid
  • Battery Value Chain: 2021
  • US Competitive Position in Li-Ion Batteries
  • Large-Format Li-Ion Battery Cell Pricing Forecast, Base/High/Low Case, Global Averages: 2021-2030
  • Light Duty Battery EV Li-Ion Battery System Pricing by Component, 60 kWh, Global Averages, Base Case: 2021-2030
LIST OF TABLES
  • NMC and LFP Advantages and Disadvantages

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(分散型太陽光発電)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る