世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

戦略的優先事項が分散型エネルギー資源のサイバーセキュリティを促進する


Strategic Priorities Drive Cybersecurity for Distributed Energy Resources

分散型発電(DG)、分散型蓄電、プラグインEV充電器、デマンドレスポンス(DR)、エネルギー効率など、世界の分散型エネルギー資源(DER)の新規導入容量は、今後も集中型発電の新規導入容量の増加を上回ると... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2021年12月8日 US$1,850
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
14 3 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

分散型発電(DG)、分散型蓄電、プラグインEV充電器、デマンドレスポンス(DR)、エネルギー効率など、世界の分散型エネルギー資源(DER)の新規導入容量は、今後も集中型発電の新規導入容量の増加を上回ると予想されています。残念ながら、政府の規制や顧客からの広範な要求信号がなければ、サイバーセキュリティは急速に拡大する分散型技術にとって後回しにされがちです。公益事業者およびDERの所有者と運営者は、発電と配電の安全性、信頼性、回復力を確保するために、DERのサイバーセキュリティのベストプラクティスとコントロールを優先すべきである。
 
セキュリティの脆弱性と懸念は、DERベンダーに日常的に報告されている。
DERの設置がよりスマートで統合されればされるほど、DERシステムを危険にさらしたり操作したりするサイバー侵入やイベントの影響は大きくなると考えられる。多くの州の電力管理団体は、2022年1月に発効する最新のIEEE規格1547-2018を採用しています。その旧バージョンでは、DERの接続状態や実利・反力出力のモニタリングを超える通信プロトコルを規制していなかった。今回の更新規定は、増加するDERの設置に向けて、技術的な要件、能力、機能を調整することを目的としています。
 
このGuidehouse Insightsレポートでは、エネルギー業界全体でサイバー攻撃がますます一般的になっている中、攻撃対象が拡大しているDERの導入について取り上げています。
本レポートでは、更新されたIEEE規格1547-2018について説明し、業界の利害関係者への提言を行っています。
 
主要な質問への回答
  • なぜユーティリティ企業はDERのサイバーセキュリティを優先すべきなのか?
  • DERと電力会社のネットワークにおいて、どのような技術や統合がリスクになるのか?
  • 更新されたIEEE規格1547-2018はDERのサイバーセキュリティにどのような影響を与えるか?
  • グリッド上のDERをサイバー攻撃から守るためにどのような戦略が登場しているか?
  • DERを保護するためのベスト・プラクティスは何か?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • DERハードウェア・ソフトウェアベンダー
  • 電気事業者
  • ユーティリティーOEM
  • 電気事業者の業界団体
  • OTサイバーセキュリティベンダー
  • 投資家コミュニティ


ページTOPに戻る


目次

Spark
 
Context
 
Recommendations
 
Definitions
 
DER Deployments Expanding the Cyberattack Surface
サイバー攻撃はエネルギー業界全体で増加している
Governing Bodies Adopting IEEE 1547-2018
 
Cybersecurity Needs to be More than an Afterthought
優先順位付けされたDERサイバーリスクより強固なオーケストレーションシステムの開発
業界主導のDER確保のためのイニシアチブの推進
より強固なPKIの追求
Plan and Prepare for Incident
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
テクノロジー別の累積DER容量、世界市場2021-2030年
新エネルギーのクラウド状況
DERのセキュリティ確保には新たなサイバーセキュリティ概念が必要

 

ページTOPに戻る


 

Summary

このレポートでは、エネルギー業界全体でサイバー攻撃がますます一般的になっている中、攻撃対象が拡大しているDERの導入について取り上げています。また、更新されたIEEE規格1547-2018について説明し、業界の利害関係者への提言を行っています。
 
Report Desciption
New global distributed energy resources (DER) deployment capacities?including distributed generation (DG), distributed energy storage, plug-in EV chargers, demand response (DR), and energy efficiency?are expected to continue to exceed the deployment of new centralized generation capacity growth. Unfortunately, without government regulation or widespread demand signaling from customers, cybersecurity is often an afterthought for rapidly scaling and distributed technologies. Utilities and owners and operators of DER should prioritize cybersecurity best practices and controls for DER to ensure safety, reliability, and resiliency for electricity generation and distribution.
 
Security vulnerabilities and concerns are routinely reported to DER vendors. The smarter and more integrated DER installations become, the more impactful cyber intrusions and events that compromise and manipulate DER systems are likely to be. Many states’ electricity governing bodies have adopted the updated IEEE Standard 1547-2018, which takes effect in January 2022. Its previous version did not regulate communications protocols beyond connection status and real and reactive power output monitoring of DER. The updated regulation is meant to coordinate technical requirements, capabilities, and functions for the increasing number of DER installations. Unfortunately, cybersecurity was considered to be out of scope for the standard.
 
This Guidehouse Insights report covers DER deployments as an expanding attack surface, with cyberattacks becoming increasingly common across the energy industry. The report discusses the updated IEEE Standard 1547-2018 and provides recommendations for industry stakeholders.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
  • Why should utilities prioritize DER cybersecurity?
  • What technology and integration are at risk across DER and utility networks?
  • How does the updated IEEE standard 1547-2018 affect cybersecurity for DER?
  • What strategies are emerging to secure DER on the grid against cyberattacks?
  • What are best practices for securing DER?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
  • DER hardware and software vendors
  • Electric utilities
  • Utility OEMs
  • Electric utility industry associations
  • OT cybersecurity vendors
  • Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

Spark
 
Context
 
Recommendations
 
Definitions
 
DER Deployments Expanding the Cyberattack Surface
Cyberattacks Increasing Across the Energy Industry
Governing Bodies Adopting IEEE 1547-2018
 
Cybersecurity Needs to Be More than an Afterthought
Prioritize DER Cyber Risks
Develop More Robust Orchestration Systems
Promote Industry-Led Initiatives for Securing DER
Pursue More Robust PKI
Plan and Prepare for Incidents
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Cumulative DER Capacity by Technology, World Markets: 2021-2030
New Energy Cloud Landscape
New Cybersecurity Concepts Are Needed to Secure DER

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD(DER)の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/18 10:26

158.74 円

170.83 円

204.52 円

ページTOPに戻る