世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

水素の輸送と供給


Hydrogen Transport and Delivery

あらゆる種類の水素の世界需要は、2020年の需要に対し、2030年までに2倍、2050年までに約5倍に増加すると予想されており、その生成、輸送、流通、貯蔵のためのインフラも拡大する必要がある。この成長には、低... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 図表数 言語
Guidehouse (旧Navigant Research)
ガイドハウス
2022年6月6日 US$3,950
1-5ユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
48 30 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文でご納品いたします。


 

サマリー

あらゆる種類の水素の世界需要は、2020年の需要に対し、2030年までに2倍、2050年までに約5倍に増加すると予想されており、その生成、輸送、流通、貯蔵のためのインフラも拡大する必要がある。この成長には、低炭素水素の低コスト生産が不可欠であり、それには安価な再生可能エネルギー資源、または炭素回収・貯留インフラへのアクセスが必要となる。資源の利用可能性に差があるため、低炭素水素のコストは地域によって異なる。
 
ある地域で生産された水素を、他の地域の需要地に確実に供給するためには、水素輸送インフラが必要です。水素輸送には、気体水素を既存のパイプラインや専用のパイプラインで輸送するパイプライン、液体状態の水素やその派生燃料を異なる港で輸送する船舶、圧縮状態や液体状態の水素のラストワンマイル輸送に主に用いられる道路という3つの媒体がある。水素輸送媒体の選択には、供給する水素の量、既存のインフラの有無、輸送技術の費用対効果などの要因が絡んできます。
 
本ガイドハウスインサイトのレポートでは、水素輸送・供給技術の市場ポテンシャルを予測しています。新興の水素経済の状況や、インフラの潜在的な成長についても解説しています。北米、欧州、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカをカバーし、2031年までの10年間の予測を含んでいます。また、水素輸送・供給技術市場における市場促進要因と障壁、技術動向に関する考察も行っています。
 
主な質問
  • 水素輸送・供給技術の採用の原動力は何か?
  • 水素輸送・供給技術市場が直面する市場障壁は何か?
  • 異なる水素輸送・供給技術の長所と短所、成熟度は?
  • 水素輸送・供給技術市場は地域によってどのように異なるのか?
  • 2031年における水素輸送・供給技術の世界売上高と生産能力予測は?
 
本レポートの対象者
  • 電解槽メーカー
  • 政府機関
  • 水素の非営利団体と研究機関
  • 再生可能エネルギー技術開発者
  • 電力事業者 
  • オンロードおよびオフロードの輸送会社
  • 投資家コミュニティ
 
 


ページTOPに戻る


目次

1. エグゼクティブサマリー
1.1 水素の輸送・供給に対する新たなニーズ
1.2 世界の展望
2. 市場の課題
2.1 はじめに
2.2 水素の輸送・供給技術
2.2.1 パイプラインによる水素輸送
2.2.2 船舶による水素輸送
2.2.3 道路を利用した水素輸送
2.2.4 水素の輸送・配送方法の違いによる比較
2.3 マーケットドライバ
2.3.1 水素の脱炭素化ポテンシャル
2.3.2 産業クラスターと水素ステーションへの水素供給
2.3.3 既存のインフラを活用した水素輸送の可能性
2.3.4 水素トレード
2.4 市場の障壁
2.4.1 グリーン水素の製造と輸送には莫大な設備投資が必要
グリーン水素の製造・輸送には莫大な設備投資が必要
2.4.2 水素の長距離輸送のためのインフラストラクチャー上の課題
2.4.3 水素の輸送に関する技術的課題
2.4.4 水素の輸送に関する制度的な課題
2.5 主要業績評価指標
3. 市場予測
3.1 方法論
3.2 世界市場の概要
3.2.1 水素輸送・運搬の容量予測
3.2.2 水素輸送・供給の売上高予測
3.2.3 水素輸送・運搬の技術別予測
3.3 地域別市場概要
3.3.1 北米
3.3.2 欧州
3.3.3 アジア太平洋地域
3.3.4 中南米
3.3.5 中東・アフリカ
4. 結論と提言
5. 頭字語・略語一覧
6. 目次
7. 図表一覧
8. 調査範囲、出典と方法論、注釈
 
図表一覧
水素輸送・供給技術の地域別容量、世界市場:2022-2031年
水素輸送・搬送技術の地域別生産能力、世界市場:2022-2031年
水素輸送・搬送技術の地域別売上高、世界市場:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給能力、世界市場:2022-2031年
水素輸送・供給技術別売上高、世界市場:2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給能力 北米市場:2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給売上高 北米市場:2022-2031年
水素輸送・供給能力(技術別)ヨーロッパ:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給売上高推移 欧州:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給能力、アジア太平洋地域:2022-2031年
アジア太平洋地域の技術別水素輸送・供給売上高:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給能力、中南米:2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給売上高推移(中南米):2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給能力推移 中東・アフリカ:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給収益(中東・アフリカ):2022年〜2031年
 
表一覧
水素輸送・供給技術の地域別生産能力(世界市場):2022年〜2031年
水素輸送・供給技術の地域別売上高(世界市場):2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給能力 世界市場:2022年〜2031年
水素輸送・供給技術別売上高、世界市場:2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給能力 北米市場:2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給売上高 北米市場:2022-2031年
水素輸送・供給能力(技術別)ヨーロッパ:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給売上高推移 欧州:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給能力、アジア太平洋地域:2022-2031年
アジア太平洋地域の技術別水素輸送・供給売上高:2022年〜2031年
技術別水素輸送・供給能力、中南米:2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給売上高推移(中南米):2022年〜2031年
技術別 水素輸送・供給能力推移 中東・アフリカ:2022年〜2031年
水素輸送・供給収益(技術別)、中東・アフリカ:2022年~2031年
水素輸送・供給技術の違いによる比較
 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

レポートでは、水素輸送・供給技術の市場ポテンシャルを予測しています。新興の水素経済の状況や、インフラの潜在的な成長についても解説しています。
 
Report Description
With the estimated global demand for all forms of hydrogen expected to increase two-fold by 2030 and approximately five-fold by 2050 over 2020 demand, the infrastructure for its generation, transport, distribution, and storage must also scale. Integral to this growth is low-cost production of low carbon hydrogen, which requires inexpensive renewable energy resources or access to carbon capture and storage infrastructure. Differences in resource availability mean that the cost of low carbon hydrogen varies across regions.
 
A hydrogen transportation infrastructure is required to ensure that hydrogen produced in one region can be delivered to a demand site in another. The three mediums for transporting hydrogen are pipelines, transporting gaseous hydrogen through existing or dedicated pipelines; ships, transporting hydrogen and its derived fuels in the liquid state across different ports; and road, predominantly used for last mile delivery of hydrogen in its compressed or liquid state. Governing the selection of the hydrogen transport medium are factors such as the quantity of hydrogen to be supplied, the presence of an existing infrastructure, and the cost-effectiveness of the transportation technology.
 
This Guidehouse Insights report provides forecasts for the market potential for hydrogen transport and delivery technologies. It describes the status of the emerging hydrogen economy and the potential growth of its infrastructure. The report covers North America, Europe, Asia Pacific, Latin America, and the Middle East & Africa and includes 10-year forecasts through 2031. It also provides insights on market drivers and barriers and technology trends in the hydrogen transport and delivery technologies market.
 
KEY QUESTIONS ADDRESSED
What is driving adoption of hydrogen transport and delivery technologies?
What market barriers are the hydrogen transport and delivery technologies market facing?
What are the pros and cons and maturity of different hydrogen transport and delivery technologies?
How does the hydrogen transport and delivery technologies market vary by region?
What is the expected global revenue and capacity of hydrogen transport and delivery technologies in 2031?
 
WHO NEEDS THIS REPORT
Electrolyzer manufacturers
Government agencies
Hydrogen nonprofits and research organizations
Renewable technology developers
Utilities 
On-road and off-road transportation companies
Investor community


ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Executive Summary
1.1   Emerging Need for Transportation and Delivery of Hydrogen
1.2   Global Outlook
2. Market Issues
2.1   Introduction
2.2   Hydrogen Transport and Delivery Technologies
2.2.1   Hydrogen Transport via Pipelines
2.2.2   Hydrogen Transport via Ships
2.2.3   Hydrogen Transport via Road
2.2.4   Comparison of Different Hydrogen Transport and Delivery Options
2.3   Market Drivers
2.3.1   The Decarbonization Potential of Hydrogen
2.3.2   Supplying Hydrogen to Industrial Clusters and Hydrogen Refueling Stations
2.3.3   Potential for Hydrogen Transport to Leverage Existing Infrastructure
2.3.4   Hydrogen Trade
2.4   Market Barriers
2.4.1   Extensive Capital Investment Is Required for the Production and
Transportation of Green Hydrogen
2.4.2   Infrastructural Challenges for Transportation of Hydrogen over Long Distances
2.4.3   Technical Challenges with the Transportation of Hydrogen
2.4.4   Institutional Challenges with Transporting Hydrogen
2.5   Key Performance Indicators
3. Market Forecasts
3.1   Methodology
3.2   Global Market Overview
3.2.1   Hydrogen Transport and Delivery Capacity Forecast
3.2.2   Hydrogen Transport and Delivery Revenue Forecast
3.2.3   Hydrogen Transport and Delivery Forecast by Technology
3.3   Regional Market Overview
3.3.1   North America
3.3.2   Europe
3.3.3   Asia Pacific
3.3.4   Latin America
3.3.5   Middle East and Africa
4. Conclusions and Recommendations
5. Acronym and Abbreviation List
6. Table of Contents
7. Table of Charts and Figures
8. Scope of Study, Sources and Methodology, Notes
 
LIST OF CHARTS AND FIGURES
Hydrogen Transport and Delivery Technology Capacity by Region, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Technology Capacity by Region, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Technology Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, North America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, North America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Europe: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Europe: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Asia Pacific: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Asia Pacific: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Latin America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Latin America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Middle East & Africa: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Middle East & Africa: 2022-2031
 
LIST OF TABLES
Hydrogen Transport and Delivery Technology Capacity by Region, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Technology Revenue by Region, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, World Markets: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, North America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, North America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Europe: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Europe: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Asia Pacific: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Asia Pacific: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Latin America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Latin America: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Capacity by Technology, Middle East & Africa: 2022-2031
Hydrogen Transport and Delivery Revenue by Technology, Middle East & Africa: 2022-2031
Comparison of Different Hydrogen Transport and Delivery Technologies

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


Guidehouse (旧Navigant Research)社はどのような調査会社ですか?


ガイドハウス(Guidehouse - 旧称: Navigant Research社)は、環境エネルギーなどの地球環境保護に関するクリーン技術関連市場の専門調査会社です。エネルギー産業から製品市場や... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/25 10:26

160.56 円

172.79 円

206.47 円

ページTOPに戻る