世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

ビデオ監視の世界市場における技術展望、動向、機会


Technology Landscape, Trends and Opportunities in the Global Video Surveillance Market

ビデオ監視市場の技術は、従来のCCTV監視からサードパーティ・サービス・プロバイダーによる高度な24時間365日連続監視へと、近年大きな変化を遂げている。ハイブリッド監視などの新技術の台頭は、医療、住宅、軍... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
Lucintel
ルシンテル
2024年5月10日 US$4,850
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。

本レポートは受注生産のため、2~3営業日程度ご納品のお時間をいただく場合がございます。


 

サマリー

ビデオ監視市場の技術は、従来のCCTV監視からサードパーティ・サービス・プロバイダーによる高度な24時間365日連続監視へと、近年大きな変化を遂げている。ハイブリッド監視などの新技術の台頭は、医療、住宅、軍事・防衛など様々な用途における高度なビデオ監視に大きな可能性を生み出し、ビデオ監視システムの需要を牽引している。

ビデオ監視市場では、アナログ監視、IP監視、ハイブリッド監視など、さまざまな技術がさまざまな最終用途産業で安全とセキュリティのために使用されている。公共の安全とセキュリティに対する関心の高まり、IPカメラの採用率の上昇、犯罪率の増加は、様々なビデオ監視技術に新たな機会を生み出している。

本レポートでは、ビデオ監視市場における様々な技術について、技術の成熟度、破壊の度合い、競争の激しさ、市場の可能性、その他のパラメータを分析しています。いくつかの洞察は、サンプル図によって以下に描かれています。図表の詳細、調査対象企業、その他本調査レポートの目的/利点については、レポートパンフレットをダウンロードしてください。

この調査レポートは、世界のビデオ監視市場における技術対応、競争激化、規制対応、破壊の可能性、動向、予測、戦略的意味合いなどを、用途別、技術別、地域別に以下のようにまとめています:

技術タイプ別技術準備状況

競争激化と規制対応

技術タイプ別破壊の可能性

技術タイプ別動向と予測【2018年から2030年までの$M出荷分析

- アナログ監視
- IP監視
- ハイブリッド監視

アプリケーション別の技術動向と予測[2018年から2030年までの$M出荷分析]:

- 商用
アナログ監視
o IP監視
o ハイブリッド監視
- 軍事・防衛
アナログ監視
o IP監視
o ハイブリッド監視
- インフラ
アナログ監視
o IP監視
o ハイブリッド監視
- 住宅
アナログ監視
o IP監視
o ハイブリッド監視
- その他
アナログ監視
o IP監視
ハイブリッド監視
地域別の技術動向と予測[2018年から2030年までの$M出荷分析]:

- 北米
o 米国
カナダ
メキシコ
- ヨーロッパ
o イギリス
o ドイツ
o フランス
- アジア太平洋
o 日本
o 中国
o 韓国
o インド
- その他の地域

ビデオ監視技術の最新動向とイノベーション

企業 / エコシステム

技術タイプ別の戦略的機会

本レポートで紹介されているビデオ監視システム企業には、Hikvision、Dahua、Axis Communications、Bosch Security Systems、FLIR、Avigilon、Hanwha Techwin、Honeywell Security Group、Infinova、Pelco、BCD Video、CP Plus、Nice Systems、Panasonic、Tiandy、Uniview、Vivotek、Zicomなどがある。

本レポートでは、以下の9つの主要な質問に回答しています:
Q.1 ビデオ監視市場において、最も有望で成長率の高い技術機会は何か?
Q.2 どの技術がより速いペースで成長するのか、またその理由は?
Q.3 各技術のダイナミクスに影響を与える主な要因は何か?ビデオ監視市場における各技術の推進要因と課題は何か?
Q.4 この技術分野における技術準備、競争激化、規制遵守のレベルは?
Q.5 ビデオ監視市場におけるこれらの技術のビジネスリスクと脅威は?
Q.6 ビデオ監視技術の最新動向は?これらの開発をリードしている企業は?
Q.7 この市場を破壊する可能性のある技術は?
Q.8 ビデオ監視市場における主要プレーヤーは?主要プレーヤーは事業成長のためにどのような戦略的取り組みを実施しているか?
Q.9 このビデオ監視技術分野における戦略的成長機会は何か?


ページTOPに戻る


目次

目次

1.要旨

2.テクノロジーの展望
2.1.テクノロジーの背景と進化
2.2.テクノロジーとアプリケーションのマッピング
2.3.サプライチェーン

3.テクノロジーの準備
3.1.技術の商業化と即応性
3.2.ビデオ監視技術の推進要因と課題
3.3.競争激化
3.4.規制への対応

4.2018~2030年の技術動向と予測分析
4.1.ビデオ監視の機会
4.2.技術動向(2018年~2023年)と予測(2024年~2030年)
4.2.1.アナログ監視
4.2.2.IP監視
4.2.3.ハイブリッド監視
4.3.アプリケーションセグメント別の技術動向(2018~2023年)と予測(2024~2030年
4.3.1.商業
4.3.1.1.アナログ監視
4.3.1.2.IP監視
4.3.1.3.ハイブリッド監視
4.3.2.軍事・防衛
4.3.2.1.アナログ監視
4.3.2.2.IP監視
4.3.2.3.ハイブリッド監視
4.3.3.インフラ
4.3.3.1.アナログ監視
4.3.3.2.IP監視
4.3.3.3.ハイブリッド監視
4.3.4.住宅
4.3.4.1.アナログ監視
4.3.4.2.IP監視
4.3.4.3.ハイブリッド監視
4.3.5.その他
4.3.5.1.アナログ監視
4.3.5.2.IP監視
4.3.5.3.ハイブリッド監視

5.地域別技術機会(2018~2030年
5.1.地域別ビデオ監視市場
5.2.北米のビデオ監視技術市場
5.2.1.アメリカのビデオ監視技術市場
5.2.2.カナダのビデオ監視技術市場
5.2.3.メキシコのビデオ監視技術市場
5.3.ヨーロッパのビデオ監視技術市場
5.3.1.イギリスのビデオ監視技術市場
5.3.2.ドイツのビデオ監視技術市場
5.3.3.フランスのビデオ監視技術市場
5.4.APACビデオ監視技術市場
5.4.1.中国のビデオ監視技術市場
5.4.2.日本のビデオ監視技術市場
5.4.3.インドのビデオ監視技術市場
5.4.4.韓国のビデオ監視技術市場
5.5.ROWのビデオ監視技術市場
6.ビデオ監視技術の最新動向とイノベーション

7.企業 / エコシステム
7.1.製品ポートフォリオ分析
7.2.市場シェア分析
7.3.地理的範囲

8.戦略的意義
8.1.意義
8.2.成長機会分析
8.2.1.ビデオ監視市場の技術別成長機会
8.2.2.ビデオ監視市場の成長機会(用途別
8.2.3.ビデオ監視市場の地域別成長機会
8.3.ビデオ監視市場の新たな動向
8.4.破壊の可能性
8.5.戦略的分析
8.5.1.新製品開発
8.5.2.ビデオ監視市場の能力拡大
8.5.3.ビデオ監視市場における合併、買収、合弁事業

9.主要企業のプロフィール
9.1.ヒクビジョン
9.2.大華社
9.3.アクシスコミュニケーションズ
9.4.ボッシュ・セキュリティ・システムズ
9.5.フリアーシステムズ
9.6.アビジロン
9.7.ハンファ・テックウィン
9.8.ハネウェル・セキュリティ・グループ
9.9.インフィノーバ
9.10.ペルコ
9.11.BCDビデオ
9.12.CPプラス
9.13.ナイスシステムズ
9.14.パナソニック
9.15.ティアンディ
9.16.ユニビュー
9.17.ヴィヴォテック
9.18.ジーコム
.

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The technologies in video surveillance market have undergone significant change in recent years, from traditional CCTV surveillance to advanced 24x7 continuous monitoring by third party service providers. The rising wave of new technologies, such as hybrid surveillance are creating significant potentialfor advanced video surveillance in various applications, such as healthcare, residential, and military & defense, and driving the demand for video surveillance system.

In video surveillance market, various technologies, such as analog, IP, and hybrid surveillance are used in various end use industries for safety and security. Increasing concerns for public safety and security, rising adoption of IP cameras and increasing crime rate are creating new opportunities for various video surveillance technologies.

This report analyzes technology maturity, degree of disruption, competitive intensity, market potential, and other parameters of various technologies in the video surveillance market. Some insights are depicted below by a sample figure. For more details on figures, the companies researched, and other objectives/benefits on this research report, please download the report brochure.

The study includes technology readiness, competitive intensity, regulatory compliance, disruption potential, trends, forecasts and strategic implications for the global video surveillance market by application, technology, and region as follows:

Technology Readiness by Technology Type

Competitive Intensity and Regulatory Compliance

Disruption Potential by Technology Type

Trends and Forecasts by Technology Type [$M shipment analysis from 2018 to 2030]:

• Analog Surveillance
• IP Surveillance
• Hybrid Surveillance

Technology Trends and Forecasts by Application [$M shipment analysis from 2018 to 2030]:

• Commercial
o Analog Surveillance
o IP Surveillance
o Hybrid Surveillance
• Military and Defense
o Analog Surveillance
o IP Surveillance
o Hybrid Surveillance
• Infrastructure
o Analog Surveillance
o IP Surveillance
o Hybrid Surveillance
• Residential
o Analog Surveillance
o IP Surveillance
o Hybrid Surveillance
• Others
o Analog Surveillance
o IP Surveillance
o Hybrid Surveillance
Technology Trends and Forecasts by Region [$M shipment analysis for 2018 to 2030]:

• North America
o United States
o Canada
o Mexico
• Europe
o United Kingdom
o Germany
o France
• Asia Pacific
o Japan
o China
o South Korea
o India
• The Rest of the World

Latest Developments and Innovations Video Surveillance Technologies

Companies / Ecosystems

Strategic Opportunities by Technology Type

Some of the video surveillance companies profiled in this report include Hikvision, Dahua, Axis Communications, Bosch Security Systems, FLIR, Avigilon, Hanwha Techwin, Honeywell Security Group, Infinova, Pelco, BCD Video, CP Plus, Nice Systems, Panasonic, Tiandy, Uniview, Vivotek, and Zicom

This report answers following 9 key questions:
Q.1 What are some of the most promising and high-growth technology opportunities for the video surveillance market?
Q.2 Which technology will grow at a faster pace and why?
Q.3 What are the key factors affecting dynamics of different technologies? What are the drivers and challenges of these technologies in video surveillance market?
Q.4 What are the levels of technology readiness, competitive intensity and regulatory compliance in this technology space?
Q.5 What are the business risks and threats to these technologies in video surveillance market?
Q.6 What are the latest developments in video surveillance technologies? Which companies are leading these developments?
Q.7 Which technologies have potential of disruption in this market?
Q.8 Who are the major players in this video surveillance market? What strategic initiatives are being implemented by key players for business growth?
Q.9 What are strategic growth opportunities in this video surveillance technology space?



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

1. Executive Summary

2. Technology Landscape
2.1. Technology Background and Evolution
2.2. Technology and Application Mapping
2.3. Supply Chain

3. Technology Readiness
3.1. Technology Commercialization and Readiness
3.2. Drivers and Challenges in Video Surveillance Technologies
3.3. Competitive Intensity
3.4. Regulatory Compliance

4. Technology Trends and Forecasts Analysis from 2018-2030
4.1. Video Surveillance Opportunity
4.2. Technology Trends (2018-2023) and Forecasts (2024-2030)
4.2.1. Analog Surveillance
4.2.2. IP Surveillance
4.2.3. Hybrid Surveillance
4.3. Technology Trends (2018-2023) and Forecasts (2024-2030) by Application Segments
4.3.1. Commercial
4.3.1.1. Analog Surveillance
4.3.1.2. IP Surveillance
4.3.1.3. Hybrid Surveillance
4.3.2. Military and Defense
4.3.2.1. Analog Surveillance
4.3.2.2. IP Surveillance
4.3.2.3. Hybrid Surveillance
4.3.3. Infrastructure
4.3.3.1. Analog Surveillance
4.3.3.2. IP Surveillance
4.3.3.3. Hybrid Surveillance
4.3.4. Residential
4.3.4.1. Analog Surveillance
4.3.4.2. IP Surveillance
4.3.4.3. Hybrid Surveillance
4.3.5. Others
4.3.5.1. Analog Surveillance
4.3.5.2. IP Surveillance
4.3.5.3. Hybrid Surveillance

5. Technology Opportunities (2018-2030) by Region
5.1. Video Surveillance Market by Region
5.2. North American Video Surveillance Technology Market
5.2.1. United States Video Surveillance Technology Market
5.2.2. Canadian Video Surveillance Technology Market
5.2.3. Mexican Video Surveillance Technology Market
5.3. European Video Surveillance Technology Market
5.3.1. The United Kingdom Video Surveillance Technology Market
5.3.2. German Video Surveillance Technology Market
5.3.3. French Video Surveillance Technology Market
5.4. APAC Video Surveillance Technology Market
5.4.1. Chinese Video Surveillance Technology Market
5.4.2. Japanese Video Surveillance Technology Market
5.4.3. Indian Video Surveillance Technology Market
5.4.4. South Korean Video Surveillance Technology Market
5.5. ROW Video Surveillance Technology Market
6. Latest Developments and Innovations in the Video Surveillance Technologies

7. Companies / Ecosystem
7.1. Product Portfolio Analysis
7.2. Market Share Analysis
7.3. Geographical Reach

8. Strategic Implications
8.1. Implications
8.2. Growth Opportunity Analysis
8.2.1. Growth Opportunities for the Video Surveillance Market by Technology
8.2.2. Growth Opportunities for the Video Surveillance Market by Application
8.2.3. Growth Opportunities for the Video Surveillance Market by Region
8.3. Emerging Trends in the Video Surveillance Market
8.4. Disruption Potential
8.5. Strategic Analysis
8.5.1. New Product Development
8.5.2. Capacity Expansion of the Video Surveillance Market
8.5.3. Mergers, Acquisitions, and Joint Ventures in the Video Surveillance Market

9. Company Profiles of Leading Players
9.1. Hikvision
9.2. Dahua
9.3. Axis Communications
9.4. Bosch Security Systems
9.5. FLIR
9.6. Avigilon
9.7. Hanwha Techwin
9.8. Honeywell Security Group
9.9. Infinova
9.10. Pelco
9.11. BCD Video
9.12. CP Plus
9.13. Nice Systems
9.14. Panasonic
9.15. Tiandy
9.16. Uniview
9.17. Vivotek
9.18. Zicom
.

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Lucintel社はどのような調査会社ですか?


Lucintelは世界の多様な市場について調査を行っています。特に化学品、材料、自動車関連の調査レポートを数多く出版しています。  もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る