世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

キャラメルチョコレートの世界市場 - 2023-2030


Global Caramel Chocolate Market - 2023-2030

概要 キャラメルチョコレートの世界市場は2022年に55億米ドルに達し、2023年から2030年の予測期間中にCAGR 6.7%で成長し、2030年には92億米ドルに達すると予測されている。 チョコレートは、そのユニークで魅力... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 言語
DataM Intelligence
データMインテリジェンス
2024年2月9日 US$4,350
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
英語

 

サマリー

概要
キャラメルチョコレートの世界市場は2022年に55億米ドルに達し、2023年から2030年の予測期間中にCAGR 6.7%で成長し、2030年には92億米ドルに達すると予測されている。
チョコレートは、そのユニークで魅力的な風味により、非常に人気の高い菓子製品である。キャラメル入りチョコレートは、その多様な風味の強化により、製品の需要をさらに高めている。キャラメルチョコレートは、ベーカリー、製菓、飲料、乳製品、冷菓など複数の用途で、ソース、フィリング、トッピング、調味料、着色料など様々な機能に使用され、既存製品の味と風味を向上させる。
キャラメル・チョコレートは、ダーク・チョコレート、ミルク・チョコレート、ホワイト・チョコレートとの組み合わせなど、多種多様なタイプでリッチでおいしい味と風味を楽しむことができるため、さまざまな嗜好を持つ消費者の間で市場の拡大が大いに期待されている。消費者の可処分所得と購買力の増加に伴い、プレミアムレンジの製品に対する消費者の需要も高まっている。
キャラメル・チョコレートの世界市場はヨーロッパが支配的である。World Population Reviewは、ドイツ、英国、スイスなどの欧州諸国が最大のチョコレート需要を占めていると推定している。一人当たりのチョコレート消費量はドイツが約7.9kg、英国が約7.6kgである。また、ヨーロッパは産業探索も盛んである。例えば、ドイツのケルンは、TortchenやLeonidasのようなブランドの存在により、チョコレートの首都として広く認知されている。
ダイナミクス
新しく革新的な製品の導入
消費者の食生活の嗜好の変化に伴い、メーカーも消費者の需要の増加に対応するため、革新的な新製品を投入している。チョコレートのカロリーが高いため、消費者は健康状態を維持するために低カロリーまたは低カロリーのチョコレートを探している。ビーガン人口の増加は、ビーガンチョコレートのオプションを要求している。
2023年7月、マース社が製造・販売するチョコレート・バーのギャラクシーは、塩キャラメルのチョコレート・バーを新たに発売した。この製品は完全菜食主義者向けである。この新製品は、乳製品不使用のチョコレート製品を探している菜食主義者の間で高い人気を誇っている。
2023年1月、モンデリーズ・インターナショナルが所有するキャドバリーブランドは、キャドバリーチョコレートでコーティングされた低カロリーのヌガーバーの新シリーズを発売し、同社のポートフォリオに新製品を導入した。キャドバリー ディライト」は、塩キャラメル、オレンジ&キャラメル、ヘーゼルナッツ&キャラメルの3種類のフレーバーがある。この製品のカロリーはわずか91kcalで、摂取カロリーを抑えたい消費者を魅了している。
キャラメル・チョコレートの多様な用途
キャラメルは自然な風味を持ち、菓子の世界では多用途に使用できるため、チョコレートとの相性は抜群である。キャラメル・チョコレートは、ベーカリー、製菓、ホット&コールド飲料、乳製品、冷菓など、さまざまな食品・飲料分野での用途がある。キャラメルチョコレートの多用途性は、市場の幅広い拡大に役立っている。
キャラメル・チョコレートは、ソース、フィリング、トッピング、香料、着色料など複数の機能性を備えている。キャンディ・バーなどのお菓子や製菓の用途では、チョコレート・スプレッドがパンケーキやトーストなどの朝食やスナック菓子を引き立てる。ベーカリー業界では、キャラメル・チョコレートがケーキ、ペストリー、クッキーなどの魅力的なデザートの製造向上に使用されている。
2023年1月、コロンビアのチョコレート・メーカー、ルカー・チョコレート社は、キャラメル・チョコレート・クーベルチュールの新製品「Caramelo 33%」を発表した。この新製品は、カカオ・フィノ・デ・アロマの風味を際立たせ、バランスのとれたキャラメル風味が特徴である。この製品は、製菓、スナック、製パン、ホットチョコレートなど、新しくエキサイティングな風味の組み合わせを求めるメーカーにとって非常に有用である。
キャラメル・チョコレートの高カロリー
キャラメル・チョコレートは糖分と脂肪分が高いため、カロリーが高くなる。例えば、Moody's Confectioneryのクリーム・キャラメル・チョコレートは52.91Kcal/10gである。キャラメル・チョコレートの高カロリーは、肥満や糖尿病など様々な生活習慣病の原因となる可能性がある。
世界保健機関(WHO)の2022年の統計によると、世界で10億人以上が肥満に苦しんでおり、6億5,000万人が成人、3億4,000万人が青少年である。WHOの2022年の統計によると、肥満の深刻さは子供でも増加しており、その数は3900万人に上る。
IDF糖尿病アトラス2021によると、世界で5億3,700万人の成人が糖尿病を患っている。同団体の報告によると、有病率は急速に増加しており、2030年には6億4300万人に達すると推定されている。こうした疾患の有病率の増加は、キャラメル菓子のような高カロリー菓子製品に対する消費者の関心を低下させ、市場の成長を抑制している。
セグメント分析
世界のキャラメルチョコレート市場は、種類、性質、機能、流通チャネル、用途、地域によって区分される。
ダークチョコレートの高い健康効果
世界のキャラメルチョコレート市場は、タイプ別にダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートに区分される。ダークチョコレートセグメントが世界市場で最大のシェアを占めている。抗酸化物質や認知機能の改善といったダークチョコレートの潜在的な健康効果が、カカオ含有量の高いキャラメルチョコレートの需要を促進し、このセグメントの成長にプラスの影響を与えている。
メーカーは、新しい味を市場に導入するために、海塩を加えたり、他の味を試したりすることで、様々な味や風味の選択肢を持つ製品を提供している。例えば、アメリカのキャンディ製造販売会社See's Candiesは、2023年3月に初の海塩キャラメル・チョコレートを発売した。ダーク・ソルト・キャラメルは、黒糖キャラメルとダーク・チョコレートに海塩をまぶした究極のフレーバーの組み合わせである。
地理的浸透
ヨーロッパにおける高いチョコレート消費
キャラメル・チョコレートの世界市場成長を支配したのはヨーロッパである。この地域は世界で最もチョコレート消費量が多い。World Population Reviewの推計によると、1人当たりのチョコレート消費量が最も多いのはスイスで、平均すると毎年約8.8キロのチョコレートを消費している。オーストリアは1人当たり年間約20ポンドのチョコレートを消費する。
チョコレートの消費量の多さは、メーカーがさまざまな新しいフレーバーやタイプのチョコレートを業界に投入することで、この地域の市場を積極的に牽引している。スイスは、その卓越したチョコレート産業で世界的に高い評価を得ている。チョコレート産業における産業発展の増加と、消費者による様々な最終用途でのキャラメルチョコレートの高い需要が、この地域の市場を拡大している。
競争状況
市場の主な世界的プレーヤーには、ネスレ・インド、フェレロ、ピュラトス・グループ、モンデリーズ・インターナショナル、マースまたは関連会社、ギラデリ・チョコレート・カンパニー、バリー・カレボー、ショコラデファブリケン・リンツ&シュプルングリAG、ロイス・チョコレート、モディーズ・コンフェクショナリーPvt.Ltd.などが含まれる。
COVID-19の影響分析
COVID-19パンデミックは世界のキャラメルチョコレート市場に様々な影響を与えた。パンデミックは、食品加工全体に影響を及ぼすサプライチェーン活動の混乱により、様々な世界市場に影響を与えた。メーカーは、原材料の調達から完成品の流通に至るまで、製品開発の様々な段階で困難に直面した。
政府の厳しい規制による加工工場の一時的な操業停止は、キャラメル・チョコレート業界に悪影響を与えた。様々なスーパーマーケットやハイパーマーケットも閉鎖され、消費者が製品を手にすることが難しくなった。パンデミックの後期には、eコマース・プラットフォームをさらに利用することで、消費者に簡単かつ便利に製品を届けることができるようになり、売上回復に役立った。
パンデミックの時期は、便利で健康的な食品の需要にプラスの影響を与えた。自由な時間が増えたため、世界の消費者の間食に対する需要が高まった。消費者は、食欲を満たし、製品の味を即座に満足させる、おいしくてヘルシーなスナックに対する需要が高かった。
ロシア・ウクライナ戦争の影響
ロシア・ウクライナ戦争は、複数の食品・飲料部門を含むいくつかの産業部門に大きな影響を与えた。戦争は輸出入貿易に混乱をもたらし、その結果経済が混乱した。サプライチェーン活動にも大きな影響を与え、需給チェーン活動を混乱させた。原材料やその他の不可欠な資源の不足は、キャラメル・チョコレート市場を含む様々な製品の世界市場を一時的に縮小させた。
タイプ別
- ダークチョコレート
- ミルクチョコレート
- ホワイトチョコレート
性質別
- オーガニック
- コンベンショナル
機能別
- ソース
- フィリング
- トッピング
- 香料・着色料
流通チャネル別
- ハイパーマーケット・スーパーマーケット
- コンビニエンスストア
- 専門店
- オンラインストア
- その他
用途別
- ベーカリー
- 菓子
- 飲料
- 乳製品・冷凍デザート
- その他
地域別
- 北米
o 米国
o カナダ
メキシコ
- ヨーロッパ
o ドイツ
o イギリス
o フランス
o イタリア
o ロシア
o その他のヨーロッパ
- 南アメリカ
o ブラジル
o アルゼンチン
o その他の南米諸国
- アジア太平洋
o 中国
o インド
o 日本
o オーストラリア
o その他のアジア太平洋地域
- 中東およびアフリカ
主な展開
- 2023年8月、クオリティ・ストリートは、キャラメル、ヘーゼルナッツ、チョコレートを組み合わせた新商品「クオリティ・ストリート・コリジョン・ヘーゼルナッツ&キャラメル・チョコレート・シェアリング・バー」の発売を発表した。
- 2023年2月、ダンキンは、ダンキンの超スムーズなコールドブリュー、キャラメル、リッチなミルクチョコレートのフレーバーで作られた全く新しいキャラメルチョコレートコールドブリューの発売を発表した。チョコレートコールドフォームとココアキャラメルスプリンクルがトッピングされている。
- 2023年7月、マース社が製造・販売するチョコレート・バーのギャラクシーが、塩キャラメルのチョコレート・バーを新発売した。この新製品は、乳製品不使用のチョコレート製品を探している菜食主義者の間で高い人気を誇っている。
レポートを購入する理由
- タイプ、性質、機能、流通チャネル、用途、地域に基づく世界のキャラメルチョコレート市場のセグメンテーションを可視化し、主要な商業資産とプレーヤーを理解する。
- トレンドと共同開発の分析による商機の特定。
- キャラメルチョコレート市場レベルの数多くのデータを全セグメントでまとめたエクセルデータシート。
- PDFレポートは、徹底的な定性的インタビューと綿密な調査の後の包括的な分析で構成されています。
- 主要企業の主要製品で構成されたエクセルによる製品マッピング。
世界のキャラメルチョコレート市場レポートは、約78の表、76の図、187ページを提供します。
2023年ターゲットオーディエンス
- メーカー/バイヤー
- 業界投資家/投資銀行家
- 調査専門家
- 新興企業

ページTOPに戻る


目次

1.方法論と範囲
1.1.調査方法
1.2.調査目的と調査範囲
2.定義と概要
3.エグゼクティブサマリー
3.1.タイプ別スニペット
3.2.性質別スニペット
3.3.機能別スニペット
3.4.流通チャネル別スニペット
3.5.アプリケーション別スニペット
3.6.地域別スニペット
4.ダイナミクス
4.1.影響要因
4.1.1.推進要因
4.1.1.1.新製品と革新的製品の導入
4.1.1.2.キャラメルチョコレートの多様な用途
4.1.2.阻害要因
4.1.2.1.キャラメル・チョコレートの高カロリー
4.1.3.機会
4.1.4.影響分析
5.産業分析
5.1.ポーターのファイブフォース分析
5.2.サプライチェーン分析
5.3.価格分析
5.4.規制分析
5.5.DMI意見書
6.COVID-19分析
6.1.COVID-19の分析
6.1.1.COVID以前のシナリオ
6.1.2.COVID中のシナリオ
6.1.3.COVID後のシナリオ
6.2.COVID中の価格ダイナミクス-19
6.3.需給スペクトラム
6.4.パンデミック時の市場に関する政府の取り組み
6.5.メーカーの戦略的取り組み
6.6.おわりに
7.タイプ別
7.1.はじめに
7.1.1.タイプ別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
7.1.2.市場魅力度指数(タイプ別
7.2.ダークチョコレート
7.2.1.はじめに
7.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
7.3.ミルクチョコレート
7.4.ホワイトチョコレート
8.ネイチャー
8.1.はじめに
8.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、自然別
8.1.2.市場魅力度指数(性質別
8.2.オーガニック
8.2.1.はじめに
8.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
8.3.従来型
9.機能別
9.1.はじめに
9.1.1.機能別市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.1.2.市場魅力度指数(機能別
9.2.ソース
9.2.1.はじめに
9.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
9.3.詰め物
9.4.トッピング
9.5.香料と着色料
10.流通チャネル別
10.1.はじめに
10.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%)、流通チャネル別
10.1.2.市場魅力度指数(流通チャネル別
10.2.スーパーマーケット&ハイパーマーケット
10.2.1.はじめに
10.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
10.3.コンビニエンスストア
10.4.専門店
10.5.オンラインストア
10.6.その他
11.用途別
11.1.はじめに
11.1.1.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
11.1.2.市場魅力度指数(用途別
11.2.ベーカリー
11.2.1.序論
11.2.2.市場規模分析と前年比成長率分析(%)
11.3.菓子
11.4.飲料
11.5.乳製品・冷凍デザート
11.6.その他
12.地域別
12.1.はじめに
12.1.1.地域別市場規模分析および前年比成長率分析(%)
12.1.2.市場魅力度指数、地域別
12.2.北米
12.2.1.はじめに
12.2.2.主な地域別ダイナミクス
12.2.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 2.4.
12.2.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 性質別
12.2.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 機能別
12.2.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%):流通チャネル別
12.2.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
12.2.8.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
12.2.8.1.米国
12.2.8.2.カナダ
12.2.8.3.メキシコ
12.3.ヨーロッパ
12.3.1.はじめに
12.3.2.地域別の主な動き
12.3.3.タイプ別市場規模分析と前年比成長率分析(%) 3.4.
12.3.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 性質別
12.3.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 機能別
12.3.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 流通チャネル別
12.3.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), アプリケーション別
12.3.8.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
12.3.8.1.ドイツ
12.3.8.2.イギリス
12.3.8.3.フランス
12.3.8.4.イタリア
12.3.8.5.スペイン
12.3.8.6.その他のヨーロッパ
12.4.南米
12.4.1.はじめに
12.4.2.地域別主要市場
12.4.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
12.4.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 性質別
12.4.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 機能別
12.4.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 流通チャネル別
12.4.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%):用途別
12.4.8.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
12.4.8.1.ブラジル
12.4.8.2.アルゼンチン
12.4.8.3.その他の南米地域
12.5.アジア太平洋
12.5.1.はじめに
12.5.2.主な地域別ダイナミクス
12.5.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
12.5.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 性質別
12.5.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 機能別
12.5.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 流通チャネル別
12.5.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
12.5.8.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 国別
12.5.8.1.中国
12.5.8.2.インド
12.5.8.3.日本
12.5.8.4.オーストラリア
12.5.8.5.その他のアジア太平洋地域
12.6.中東・アフリカ
12.6.1.はじめに
12.6.2.地域別の主な動き
12.6.3.市場規模分析および前年比成長率分析(%), タイプ別
12.6.4.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 性質別
12.6.5.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 機能別
12.6.6.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 流通チャネル別
12.6.7.市場規模分析および前年比成長率分析(%), 用途別
13.競争環境
13.1.競争シナリオ
13.2.市場ポジショニング/シェア分析
13.3.M&A分析
14.企業プロフィール
14.1.ネスレインド
14.1.1.会社概要
14.1.2.製品ポートフォリオと説明
14.1.3.財務概要
14.1.4.主な展開
14.2.フェレロ
14.3.ピュラトス・グループ
14.4.モンデリーズ・インターナショナル
14.5.マースまたは関連会社
14.6.ギラデリ・チョコレート・カンパニー
14.7.バリー・カレボー
14.8.ショコラデファブリケン・リンツ&シュプルングリAG
14.9.ロイス・チョコレート
14.10.モディーズ・コンフェクショナリー・Pvt.
リストは網羅的ではない
15.付録
15.1.会社概要とサービス
15.2.お問い合わせ

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Overview
Global Caramel Chocolate Market reached US$ 5.5 billion in 2022 and is expected to reach US$ 9.2 billion by 2030, growing with a CAGR of 6.7% during the forecast period 2023-2030.
Chocolates are highly popular confectionery products due to their unique and irresistible flavor. Chocolate with caramel adds more demand for the product due to its diverse flavor enhancement. Caramel chocolates are used for various functions such as sauces, fillings, toppings, flavorings, and coloring in multiple applications such as bakery, confectionery, beverages, dairy, and frozen desserts to enhance the taste and flavor of the existing product.
The availability of caramel chocolates in rich, delicious tastes and flavors in wide varieties of types such as in combination with dark, milk, and white chocolates highly increases the market expansion among consumers with different preferences. With the increasing consumers' disposable incomes and purchasing power, there is also a growing consumer demand for the premium range of products.
Europe dominated the global caramel chocolate market. The World Population Review estimates that European countries such as Germany, U.K., and Switzerland accounted for the largest chocolate demand. Germany and U.K., accounted for approximately 7.9 and 7.6 kg of chocolate consumption per capita. Europe also has good industrial exploration. For instance, in Germany, Cologne is widely as recognized as the chocolate capital with the presence of some of the brands such as Tortchen and Leonidas.
Dynamics
New and Innovative Product Introductions
With the changing consumer dietary preferences, manufacturers are also introducing new and innovative products to meet the increasing consumer demand. The high caloric content of chocolate is making consumers look for low or reduced-calorie chocolate options to maintain their health conditions. The rising vegan population is demanding vegan chocolate options.
In July 2023, Galaxy, a chocolate bar, made and marketed by Mars Inc., has launched a new salted caramel chocolate bar to its collection into the market. The product is completely vegan. The new product is highly popular among the vegan population who are looking for dairy-free chocolate products.
In January 2023, the Cadbury brand, owned by Mondelez International introduced a new product into thier portfolio with the launch of a new range of lower-calorie nougat bars coated in Cadbury chocolate. The Cadbury Delight is available in three different flavours such as salted caramel, orange and caramel, and hazelnut and caramel. The product contains only 91 calories attracting consumers who want to lower thier calorie intake.
Multiple Applications of Caramel Chocolate
Caramel has a natural flavour profile and versatility in the confectionery world making it perfect with chocolate in multiple uses. Caramel chocolate has multiple applications in various food and beverage segments including bakery, confectionery, hot & cold drinks and dairy & frozen desserts. The versatility of caramel chocolate helps in the wide expansion of the market.
Caramel chocolate has multiple functionalities of being a sauce, fillings, toppings, flavouring and colourings. In candy and confectionery applications such as candy bars as treats, chocolate spreads enhance breakfast and snack items such as pancakes and toast. In the bakery industry, caramel chocolates are used to improve the production of tempting desserts such as cakes, pastries and cookies.
In January 2023, Luker Chocolate, a Colombian chocolate manufacturer introduced its new Caramelo 33%, caramel chocolate couverture. The new product highlights flavour notes of Cacao Fino de Aroma with a balanced caramel flavour. The product is highly useful for manufacturers who are seeking new and exciting flavour combinations in confectionery, snacking, baking and hot chocolate.
High Calories of the Caramel Chocolate
Caramel chocolate has higher sugar and fat content that contribute to the more calorie addition into the body. For instance, Moody’s Confectionery’s Cream Caramel Chocolate has 52.91 Kcal/10 gr. The higher calories provided by caramel chocolate may contribute to various lifestyle disorders such as obesity and diabetes.
According to the World Health Organization 2022 statistics, more than 1 billion people globally are suffering from obesity, where 650 million people are adults and 340 million are adolescents. The severity of obesity is increasing in children too, accounting for up to 39 million according to 2022, WHO statistics.
According to IDF Diabetes Atlas 2021, 537 million adults are living with diabetes in the world. The organisation reports that the prevalence is increasing rapidly and is estimated to reach 643 million by 2030. The increasing prevalence of these diseases is reducing the consumer interest in consuming high-calorie confectionery products such as caramel confectionery restraining the market growth.
Segment Analysis
The global caramel chocolate market is segmented based on type, nature, function, distribution channel, application and region.
High Health Benefits of Dark Chocolate
The global caramel chocolate market is segmented based on type into dark, milk and white chocolates. The dark chocolate segment accounted for the largest share of the global market. The potential health benefits of dark chocolate such as antioxidants and improved cognitive function, drive demand for caramel chocolates with higher cocoa content, positively impacting the segment growth.
Manufacturers are offering products with various tastes and flavour options by the addition of sea salt and trying other flavours to introduce new tastes into the market. For instance, See's Candies, an American manufacturer and distributor of candy, introduced its first sea salt caramel chocolate in March 2023. The Dark Salted Caramel is the ultimate flavour combination of brown sugar caramel and dark chocolate, sprinkled with sea salt.
Geographical Penetration
High Chocolate Consumption In Europe
Europe dominated the global caramel chocolate market growth. The region has the highest chocolate consumption in the world. According to World Population Review estimation, Switzerland consumes the most chocolate per person with an average person consuming approximately 8.8 kg of chocolate every year. Austria consumes about 20 pounds of chocolate every year per person.
The high chocolate consumption positively drives the market within the region with the manufacturers involving various new flavors and types of chocolate in the industry. Switzerland has developed a powerful reputation across the world for its exceptional chocolate industry. The increasing industrial development in the chocolate industry and the high demand for caramel chocolate in various end-use applications by consumers is expanding the market in this region.
Competitive Landscape
The major global players in the market include Nestle India, Ferrero, Puratos Group, Mondelez International., Mars or Affiliates, Ghirardelli Chocolate Company, Barry Callebaut, Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG, Royce Chocolate and Moddy's Confectionery Pvt. Ltd.
COVID-19 Impact Analysis
The COVID-19 pandemic has had a mixed impact on the global caramel chocolate market. The pandemic affected various global markets due to the disrupted supply chain activities affecting whole food processing. Manufacturers faced challenges in various stages of product development from raw material procurement to distribution of finished products.
The temporary shutdown of the processing units due to strict government regulations had a negative impact on the caramel chocolate industry. Various supermarkets and hypermarkets were also closed down, making it harder for the consumer to reach out for the products. Further use of e-commerce platforms in the later stage of the pandemic for the easy and convenient product reach to consumers helped in recovering sales.
The pandemic period positively impacted the demand for convenient and healthy food products. The high demand for snacking options among global consumers has increased due to the increased availability of free time. Consumers had a high demand for tasty and healthy snacks that satisfy thier cravings and promote instant gratification of the product's taste.
Russia- Ukraine War Impact
The Russia-Ukraine war greatly impacted several industrial sectors, including multiple food and beverage sectors. The war created import and export trade disruptions, resulting in economic disturbances. The supply chain activities were badly impacted, disrupting demand-supply chain activities. The scarcity of raw materials and other essential resources paused the global market for various products, including caramel chocolate market.
By Type
• Dark Chocolate
• Milk Chocolate
• White Chocolate
By Nature
• Organic
• Conventional
By Function
• Sauce
• Fillings
• Toppings
• Flavoring and Coloring
By Distribution Channel
• Hypermarket/Supermarket
• Convenience Store
• Specialty Store
• Online Stores
• Others
By Application
• Bakery
• Confectionery
• Beverages
• Dairy & Frozen Desserts
• Other
By Region
• North America
o U.S.
o Canada
o Mexico
• Europe
o Germany
o UK
o France
o Italy
o Russia
o Rest of Europe
• South America
o Brazil
o Argentina
o Rest of South America
• Asia-Pacific
o China
o India
o Japan
o Australia
o Rest of Asia-Pacific
• Middle East and Africa
Key Developments
• In August 2023, Quality Street announced the launch of the New Quality Street Collisions Hazelnut and Caramel chocolate sharing bar, a new product combining caramel, hazelnut, and chocolate.
• In February 2023, Dunkin' announced the launch of an all-new Caramel Chocolate Cold Brew that is crafted with Dunkin’s ultra-smooth cold brew, caramel, and rich milk chocolate flavor. The product is topped with Chocolate Cold Foam and Cocoa Caramel Sprinkles.
• In July 2023, Galaxy, a chocolate bar, made and marketed by Mars Inc., has launched a new salted caramel chocolate bar to its collection – and it’s completely vegan. The new product is highly popular among the vegan population who are looking for dairy-free chocolate products.
Why Purchase the Report?
• To visualize the global caramel chocolate market segmentation based on type, nature, function, distribution channel, application and region, as well as understand key commercial assets and players.
• Identify commercial opportunities by analyzing trends and co-development.
• Excel data sheet with numerous data points of caramel chocolate market-level with all segments.
• PDF report consists of a comprehensive analysis after exhaustive qualitative interviews and an in-depth study.
• Product mapping available as excel consisting of key products of all the major players.
The global caramel chocolate market report would provide approximately 78 tables, 76 figures and 187 Pages.
Target Audience 2023
• Manufacturers/ Buyers
• Industry Investors/Investment Bankers
• Research Professionals
• Emerging Companies



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Methodology and Scope
1.1. Research Methodology
1.2. Research Objective and Scope of the Report
2. Definition and Overview
3. Executive Summary
3.1. Snippet by Type
3.2. Snippet by Nature
3.3. Snippet by Function
3.4. Snippet by Distribution Channel
3.5. Snippet by Application
3.6. Snippet by Region
4. Dynamics
4.1. Impacting Factors
4.1.1. Drivers
4.1.1.1. New and Innovative Product Introductions
4.1.1.2. Multiple Applications of Caramel Chocolate
4.1.2. Restraints
4.1.2.1. High Calories of the Caramel Chocolate
4.1.3. Opportunity
4.1.4. Impact Analysis
5. Industry Analysis
5.1. Porter's Five Force Analysis
5.2. Supply Chain Analysis
5.3. Pricing Analysis
5.4. Regulatory Analysis
5.5. DMI Opinion
6. COVID-19 Analysis
6.1. Analysis of COVID-19
6.1.1. Scenario Before COVID
6.1.2. Scenario During COVID
6.1.3. Scenario Post COVID
6.2. Pricing Dynamics Amid COVID-19
6.3. Demand-Supply Spectrum
6.4. Government Initiatives Related to the Market During Pandemic
6.5. Manufacturers Strategic Initiatives
6.6. Conclusion
7. By Type
7.1. Introduction
7.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
7.1.2. Market Attractiveness Index, By Type
7.2. Dark Chocolate
7.2.1. Introduction
7.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
7.3. Milk Chocolate
7.4. White Chocolate
8. By Nature
8.1. Introduction
8.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Nature
8.1.2. Market Attractiveness Index, By Nature
8.2. Organic
8.2.1. Introduction
8.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
8.3. Conventional
9. By Function
9.1. Introduction
9.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Function
9.1.2. Market Attractiveness Index, By Function
9.2. Sauce
9.2.1. Introduction
9.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
9.3. Fillings
9.4. Toppings
9.5. Flavoring and Coloring
10. By Distribution Channel
10.1. Introduction
10.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
10.1.2. Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
10.2. Supermarkets & Hypermarket
10.2.1. Introduction
10.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
10.3. Convenience Stores
10.4. Speciality Stores
10.5. Online Stores
10.6. Others
11. By Application
11.1. Introduction
11.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
11.1.2. Market Attractiveness Index, By Application
11.2. Bakery
11.2.1. Introduction
11.2.2. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%)
11.3. Confectionery
11.4. Beverages
11.5. Dairy & Frozen Desserts
11.6. Other
12. By Region
12.1. Introduction
12.1.1. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Region
12.1.2. Market Attractiveness Index, By Region
12.2. North America
12.2.1. Introduction
12.2.2. Key Region-Specific Dynamics
12.2.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
12.2.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Nature
12.2.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Function
12.2.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
12.2.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
12.2.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
12.2.8.1. U.S.
12.2.8.2. Canada
12.2.8.3. Mexico
12.3. Europe
12.3.1. Introduction
12.3.2. Key Region-Specific Dynamics
12.3.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
12.3.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Nature
12.3.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Function
12.3.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
12.3.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
12.3.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
12.3.8.1. Germany
12.3.8.2. U.K.
12.3.8.3. France
12.3.8.4. Italy
12.3.8.5. Spain
12.3.8.6. Rest of Europe
12.4. South America
12.4.1. Introduction
12.4.2. Key Region-Specific Dynamics
12.4.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
12.4.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Nature
12.4.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Function
12.4.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
12.4.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
12.4.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
12.4.8.1. Brazil
12.4.8.2. Argentina
12.4.8.3. Rest of South America
12.5. Asia-Pacific
12.5.1. Introduction
12.5.2. Key Region-Specific Dynamics
12.5.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
12.5.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Nature
12.5.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Function
12.5.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
12.5.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
12.5.8. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Country
12.5.8.1. China
12.5.8.2. India
12.5.8.3. Japan
12.5.8.4. Australia
12.5.8.5. Rest of Asia-Pacific
12.6. Middle East and Africa
12.6.1. Introduction
12.6.2. Key Region-Specific Dynamics
12.6.3. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Type
12.6.4. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Nature
12.6.5. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Function
12.6.6. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Distribution Channel
12.6.7. Market Size Analysis and Y-o-Y Growth Analysis (%), By Application
13. Competitive Landscape
13.1. Competitive Scenario
13.2. Market Positioning/Share Analysis
13.3. Mergers and Acquisitions Analysis
14. Company Profiles
14.1. Nestle India
14.1.1. Company Overview
14.1.2. Product Portfolio and Description
14.1.3. Financial Overview
14.1.4. Key Developments
14.2. Ferrero
14.3. Puratos Group
14.4. Mondelez International.
14.5. Mars or Affiliates
14.6. Ghirardelli Chocolate Company
14.7. Barry Callebaut
14.8. Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG
14.9. Royce Chocolate
14.10. Moddy's Confectionery Pvt. Ltd.
LIST NOT EXHAUSTIVE
15. Appendix
15.1. About Us and Services
15.2. Contact Us

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

本レポートと同分野の最新刊レポート

  • 本レポートと同分野の最新刊レポートはありません。

本レポートと同じKEY WORD()の最新刊レポート

  • 本レポートと同じKEY WORDの最新刊レポートはありません。

よくあるご質問


DataM Intelligence社はどのような調査会社ですか?


DataM Intelligenceは世界および主要地域の広範な市場に関する調査レポートを出版しています。 もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/16 10:26

159.45 円

174.07 円

209.46 円

ページTOPに戻る