世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

イギリス(英国)の飲料用ヨーグルト市場概観、2028年


United Kingdom (UK) Drinkable Yogurt Market Overview, 2028

英国は健康と福祉を重視する傾向が強く、これは飲むヨーグルト市場の文化にも反映されている。英国の消費者は栄養価の高い機能性食品を優先することが多く、飲むヨーグルトは便利で健康的な選択肢とみなされてい... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.
ボナファイドリサーチ
2023年5月31日 US$1,950
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
64 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。


 

サマリー

英国は健康と福祉を重視する傾向が強く、これは飲むヨーグルト市場の文化にも反映されている。英国の消費者は栄養価の高い機能性食品を優先することが多く、飲むヨーグルトは便利で健康的な選択肢とみなされている。この文化は、バランスの取れた食事の一部としてヨーグルトの消費を奨励し、消化器系の健康のためにプロバイオティクスの利点を促進する。英国では、ヨーグルトを朝食の一部として、あるいは一日中おやつとして食べる文化がある。ドリンクタイプのヨーグルトは、持ち運びが便利で簡単に飲める製品を好む忙しい人に、便利で外出先でも飲める選択肢を提供する。学校の給食やオフィスの昼休み、日中の手軽なリフレッシュとして、ドリンクタイプのヨーグルトをよく見かける。ヨーグルトは料理の伝統も豊かで、さまざまなレシピや料理に取り入れられている。ラッシーやスムージーのようなヨーグルトベースの飲み物は、爽やかで風味豊かな選択肢を求める人々に楽しまれている。味や食感を試す文化は飲むヨーグルト市場にも及んでおり、様々なフルーツのブレンド、エキゾチックなフレーバー、贅沢な組み合わせが用意されている。植物由来の食事や乳製品に代わるものを求める傾向が強まっている。この傾向はドリンクヨーグルト市場にも影響を与えており、大豆、アーモンド、オート麦、ココナッツミルクなどを原料とした植物由来のドリンクヨーグルトが登場している。このような選択肢を受け入れる文化は、特定の食生活の嗜好や倫理的な懸念を持つ消費者に対応している。

Bonafide Research社の調査レポート「英国の飲用ヨーグルト市場概観、2028年」によると、英国の飲用ヨーグルト市場は2028年までに28億2000万米ドル以上の市場規模に達すると予測されている。飲用ヨーグルト製品にプロバイオティクスや機能性成分を含めることは、英国市場の重要な傾向である。消費者はプロバイオティクスが腸の健康にもたらす潜在的な健康効果をますます認識するようになっており、こうした利点を提供する製品を求めるようになっている。各ブランドは、プロバイオティクスの特定の菌株や、プレバイオティクス、ビタミン、ミネラルなどの機能性成分を取り入れ、飲むヨーグルトの栄養価を高めている。英国市場では、プレミアムで贅沢な飲むヨーグルトを求める傾向が強まっている。各ブランドは、ワンランク上の味覚体験を求める消費者に応えるため、より高品質な原料、ユニークなフレーバーの組み合わせ、贅沢な食感を導入している。この傾向は、贅沢でありながら栄養価の高いおやつを求める消費者の欲求と一致している。英国の消費者のペースの速いライフスタイルは、便利で持ち運び可能な食品オプションの需要を促進している。飲むヨーグルトは、朝食であれ、おやつであれ、運動後のリフレッシュであれ、忙しい人々にとって便利ですぐに食べられる選択肢として役立つ。

英国食品基準庁(FSA)は、食品の安全性と衛生に責任を負う主な規制機関である。FSAは、飲むヨーグルトやその他の食品が、適切な取り扱い、保管、表示要件などの安全基準を満たしていることを保証するための規制を設定し、実施している。ブレグジットの移行期間終了(2020年12月31日)までは、EUの規制も英国に適用された。EUには、飲料用ヨーグルト市場に影響を与える食品安全、表示、栄養強調表示に関する様々な規制や指令があった。ブレグジット後、英国は独自の規制を設けており、EUの基準と一致する場合もあれば、異なる場合もある。ブリティッシュ・リテール・コンソーシアム(BRC)グローバル・スタンダードは、ドリンクヨーグルト製造業者を含む食品業界で広く認知されている認証制度である。BRC認証は、食品の安全性、品質、運営上の基準への準拠を保証するものである。ISO22000(食品安全マネジメントシステム)やISO9001(品質マネジメントシステム)などの他の認証も、品質と安全性へのコミットメントを証明するために、ドリンクヨーグルト製造業者が追求することができる。

英国の飲むヨーグルト市場には、革新的なパッケージで知られる様々な人気ブランドがある。英国の著名な有機乳製品ブランドであるYeo Valleyは、環境に優しいパッケージの飲むヨーグルトを提供している。再生可能な材料から作られ、簡単にリサイクルできるように設計されたテトラパックのカートンを使用しています。このカートンには再封可能なキャップが付いており、消費者は外出先でもヨーグルトを楽しむことができる。アクティビアは、革新的なパッケージの飲むヨーグルトを提供している。同社の製品は、こぼれるのを抑えて注ぐことができるユニークなキャップデザインのプラスチックボトルに入っています。また、ボトルはリシール可能で、鮮度と利便性を確保している。定評あるヨーグルトブランドであるミュラーは、様々な包装形態の飲むヨーグルトを提供しています。扱いやすく飲みやすい、人間工学に基づいたグリップを備えた革新的なボトルデザインを導入しています。ミュラーのパッケージには、消費者にアピールするため、人目を引くラベルやブランディングも施されている。アルプロは、飲むヨーグルトを含む植物性乳製品市場のトップブランドである。植物由来のヨーグルトを、リシーラブルキャップの付いたテトラパックのカートンで提供しています。Alproのパッケージは、再生可能な素材を使用し、リサイクル可能性を重視することで、持続可能性へのコミットメントを強調しています。

英国では、スーパーマーケットとハイパーマーケットがドリンクヨーグルトの流通に大きな役割を果たしています。Tesco、Sainsbury's、Asda、Morrisonsのような大手チェーンは、幅広いブランドとフレーバーの飲むヨーグルトを取り揃えている。これらの大規模小売店は、利便性、多様性、競争力のある価格を提供し、消費者に人気のある選択肢となっている。小規模の個人商店やSpar、Londis、Nisaのようなチェーンのコンビニエンスストアを含むコンビニエンスストアも、飲料用ヨーグルトの重要な流通チャネルである。これらの店舗は、特にスーパーマーケットに容易にアクセスできない都市部や近隣地域で、素早く簡単な購入を求める消費者に対応している。オーガニック、植物由来、プロバイオティクス・オプションなど、特定の属性を持つ飲むヨーグルトの流通チャネルとして人気があるのは、オーガニック、ナチュラル、健康志向の製品を扱う健康食品店や専門店である。ホーランド&バレット(Holland & Barrett)やホール・フーズ・マーケット(Whole Foods Market)のような店舗は、食生活の嗜好に合った製品を求める健康志向の消費者に対応している。これらの店舗では、飲料や軽食メニューの一部として、ブランド化されたドリンクタイプのヨーグルトを提供している場合もある。この流通チャネルは、衝動買いや外出先での消費の機会を提供している。

イギリスでは、飲むヨーグルトのプロモーションのためにイベントやキャンペーンが企画されている。The Great British Yogurt Festival、The Yogurt Council's "Love Yogurt "キャンペーン、ヨーグルトサンプリングキャンペーン、"Yogurt of the Day "プロモーションなどである。これらのイベントやキャンペーンは、英国市場におけるドリンクヨーグルトの認知度を高め、盛り上がりを創出し、消費者の関与を促すことを目的としている。飲むヨーグルトの健康上の利点、味、多用途性を強調することで、これらのイニシアチブはその消費を促進し、人気のある軽食の選択肢として定着させることを目的としている。一部の消費者は、飲むヨーグルトを含むヨーグルト製品に含まれる高い糖分に警戒心を抱いている。ブランドは、低糖または無添加の選択肢を提供したり、天然甘味料や砂糖代替品を使用することで、この懸念に対処する必要がある。無乳製品や代替乳製品の人気の高まりは、従来の乳製品ベースの飲むヨーグルト市場に課題を提示している。ビーガン、ラクトースフリー、植物ベースの食生活を実践している消費者は、豆乳、アーモンド、ココナッツミルクヨーグルトのような非乳製品の代替品を好むかもしれない。飲むヨーグルトブランドは、潜在顧客を失わないよう、適切な選択肢を提供することでこの層に対応する必要がある。消費者の嗜好やトレンドは常に進化しているため、ドリンクタイプのヨーグルトブランドは、変化する嗜好や需要を常に把握することが不可欠である。これには、風味の嗜好、栄養への期待、新たな健康・ウェルネス・トレンドの最新情報を常に把握し、製品が消費者にとって適切で魅力的であり続けるようにすることが含まれる。

本レポートの対象
- 地域イギリス
- 歴史的な年2017
- 基準年2022
- 推定年2023
- 予測年2028

本レポートでカバーされている側面
- イギリスの飲むヨーグルト市場:その価値とセグメント別予測
- 様々な促進要因と課題
- 進行中のトレンドと開発
- 注目企業
- 戦略的提言

カテゴリー別
- 乳製品ベース
- 非乳製品ベース

タイプ別
- フレーバー
- プレーン

流通チャネル別
- ハイパーマーケット・スーパーマーケット
- コンビニエンスストア
- 専門店
- オンライン
- その他

パッケージ別

- カップ
- ボトル
- テトラパック
- パウチ

レポートのアプローチ
本レポートは、一次調査と二次調査を組み合わせたアプローチで構成されている。まず二次調査は、市場を理解し、市場に存在する企業をリストアップするために行われた。二次調査は、プレスリリース、企業の年次報告書、政府が作成した報告書やデータベースの分析などの第三者情報源からなる。二次情報源からデータを収集した後、一次調査は、市場がどのように機能しているかについて主要プレーヤーと電話インタビューを行い、市場のディーラーや販売業者と取引コールを行うことによって実施された。その後、消費者を地域別、階層別、年齢層別、性別に均等にセグメンテーションし、一次調査を開始した。一次データを入手した後は、二次ソースから入手した詳細の検証を開始した。

対象読者
本レポートは、業界コンサルタント、メーカー、サプライヤー、ボトル入り飲料水市場関連団体・組織、政府機関、その他ステークホルダーが市場中心の戦略を調整する際に役立ちます。マーケティングやプレゼンテーションに加え、業界に関する競合知識を高めることもできます。


ページTOPに戻る


目次

Table of Contents
1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Africa Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Product Types
6.3. Market Size and Forecast By Distribution Channel
7. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Segmentations
7.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Product Types
7.1.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit Juice, 2017-2028
7.1.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Vegetable Juice, 2017-2028
7.1.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit and Vegetable Blend, 2017-2028
7.1.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Nectar, 2017-2028
7.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Distribution Channel
7.2.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Supermarkets/Hypermarkets, 2017-2028
7.2.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Convenience Stores, 2017-2028
7.2.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Online, 2017-2028
7.2.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.), 2017-2028
8. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Types, 2023 to 2028
8.2. By Distribution Channel, 2023 to 2028
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer

List of Figures
Figure 1: South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size By Value (2017, 2022 & 2028F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Types
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 4: Porter's Five Forces of South Africa Fruit & Vegetable Juice Market

List of Table
Table 1 : Influencing Factors for Global Fruit & Vegetable Juice Market, 2022
Table 2: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Product Types (2017, 2022 & 2028F)
Table 3: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Distribution Channel (2017, 2022 & 2028F)
Table 4: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 5: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Vegetable Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 6: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit and Vegetable Blend (2017 to 2028) in USD Million
Table 7: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Nectar (2017 to 2028) in USD Million
Table 8: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Supermarkets/Hypermarkets (2017 to 2028) in USD Million
Table 9: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Convenience Stores (2017 to 2028) in USD Million
Table 10: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Online (2017 to 2028) in USD Million
Table 11: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.) (2017 to 2028) in USD Million

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The U.K. has a strong emphasis on health and well-being, and this reflects in the culture of the drinkable yogurt market. Consumers in the U.K. often prioritize nutritious and functional foods, and drinkable yogurt is seen as a convenient and healthy option. The culture encourages the consumption of yogurt as part of a balanced diet and promotes the benefits of probiotics for digestive health. In the U.K., there is a culture of consuming yogurt as part of breakfast or as a snack throughout the day. Drinkable yogurts provide a convenient and on-the-go option for busy individuals who prefer portable and easily consumable products. It is common to find drinkable yogurts in school lunchboxes, office lunch breaks, and as a quick refresher during the day. It has a rich culinary tradition, and yogurt is often incorporated into various recipes and dishes. Yogurt-based drinks like lassi and smoothies are enjoyed by people looking for refreshing and flavorful options. The culture of experimentation with flavors and textures extends to the drinkable yogurt market, with a variety of fruit blends, exotic flavors, and indulgent combinations available. It has witnessed a growing trend towards plant-based diets and dairy alternatives. This trend has influenced the drinkable yogurt market, with the introduction of plant-based drinkable yogurts made from ingredients like soy, almond, oat, or coconut milk. The culture embraces these options, catering to consumers with specific dietary preferences and ethical concerns.

According to the research report “The United Kingdom Drinkable Yogurt Market Overview, 2028," published by Bonafide Research, The U.K. drinkable yogurt market is projected to reach a market size of more than USD 2.82 Billion by 2028. The inclusion of probiotics and functional ingredients in drinkable yogurt products is a significant trend in the U.K. market. Consumers are increasingly aware of the potential health benefits of probiotics for gut health and are seeking products that offer these advantages. Brands are incorporating specific strains of probiotics and other functional ingredients, such as prebiotics, vitamins, and minerals, to enhance the nutritional value of their drinkable yogurts. There is a growing trend towards premium and indulgent drinkable yogurt options in the U.K. market. Brands are introducing higher-quality ingredients, unique flavor combinations, and luxurious textures to cater to consumers looking for elevated taste experiences. This trend aligns with the consumer desire for indulgent yet nutritious treats. The fast-paced lifestyles of consumers in the U.K. drive the demand for convenient and portable food options. Drinkable yogurt serves as a convenient and ready-to-consume option for busy individuals, whether it's for breakfast, as a snack, or as a post-workout refresher.

In the U.K. Food Standards Agency (FSA) is the main regulatory body responsible for food safety and hygiene. The FSA sets and enforces regulations to ensure that drinkable yogurts and other food products meet safety standards, including proper handling, storage, and labeling requirements. Until the end of the Brexit transition period (December 31, 2020), EU regulations also applied to the U.K. The EU had various regulations and directives related to food safety, labeling, and nutritional claims that impacted the drinkable yogurt market. After Brexit, the U.K. has established its own regulations, which may align with or differ from EU standards. The British Retail Consortium (BRC) Global Standards is a widely recognized certification scheme in the food industry, including drinkable yogurt producers. BRC certification ensures compliance with food safety, quality, and operational criteria. Other certifications, such as ISO 22000 (Food Safety Management Systems) and ISO 9001 (Quality Management Systems), may also be pursued by drinkable yogurt manufacturers to demonstrate their commitment to quality and safety.

The drinkable yogurt market in the U.K. features a range of popular brands known for their innovative packaging. Yeo Valley, a prominent organic dairy brand in the U.K., offers drinkable yogurts in eco-friendly packaging. They use Tetra Pak cartons made from renewable materials and designed for easy recycling. The cartons have a resealable cap, allowing consumers to enjoy the yogurt on the go. Activia offers drinkable yogurts with innovative packaging. Their products come in plastic bottles with a unique cap design that allows for controlled pouring, reducing spillage. The bottles are also resealable, ensuring freshness and convenience. Müller, a well-established yogurt brand, offers a range of drinkable yogurts in various packaging formats. They have introduced innovative bottle designs with ergonomic grips for easy handling and drinking. Müller's packaging also includes eye-catching labels and branding to appeal to consumers. Alpro is a leading brand in the plant-based dairy market, including drinkable yogurts. They offer their plant-based yogurts in Tetra Pak cartons with resealable caps. Alpro's packaging emphasizes its commitment to sustainability, with the use of renewable materials and a focus on recyclability.

In the U.K. supermarkets and hypermarkets play a significant role in the distribution of drinkable yogurts. Major chains like Tesco, Sainsbury's, Asda, and Morrisons stock a wide range of drinkable yogurt brands and flavors. These large retail stores offer convenience, variety, and competitive pricing, making them a popular choice for consumers. Convenience stores, including small independent shops and chain convenience stores like Spar, Londis, and Nisa, are another important distribution channel for drinkable yogurts. These stores cater to consumers looking for quick and easy purchases, especially in urban areas and neighborhoods where supermarkets may not be readily accessible. Health food stores and specialty stores focusing on organic, natural, and health-oriented products are popular distribution channels for drinkable yogurts with specific attributes, such as organic, plant-based, or probiotic options. Stores like Holland & Barrett and Whole Foods Market cater to health-conscious consumers seeking products aligned with their dietary preferences. Drinkable yogurts can also be found in cafés, coffee shops, and food service outlets across the U.K. These establishments may offer branded drinkable yogurts as part of their beverage or snack menu. This distribution channel provides opportunities for impulse purchases and on-the-go consumption.

In the United Kingdom events and campaigns are organized for the promotion of drinkable yogurt. The events are The Great British Yogurt Festival, The Yogurt Council's "Love Yogurt" Campaign, yogurt Sampling Campaigns, and "Yogurt of the Day" Promotions. These events and campaigns are aimed at creating awareness, generating excitement, and encouraging consumer engagement with drinkable yogurt in the U.K. market. By highlighting the health benefits, taste, and versatility of drinkable yogurt, these initiatives aim to promote its consumption and establish it as a popular snack option.The U.K. has seen increasing concerns about sugar consumption and its impact on health. Some consumers are wary of the high sugar content in yogurt products, including drinkable yogurts. Brands need to address this concern by offering low-sugar or no-added-sugar options, or by using natural sweeteners or sugar substitutes. The rise in the popularity of dairy-free and alternative milk products presents a challenge for the traditional dairy-based drinkable yogurt market. Consumers who follow a vegan, lactose-free, or plant-based diet may prefer non-dairy alternatives like soy, almond, or coconut milk yogurt. Drinkable yogurt brands need to cater to this segment by offering suitable options to avoid losing potential customers. Consumer preferences and trends are constantly evolving, making it essential for drinkable yogurt brands to stay abreast of changing tastes and demands. This includes staying updated on flavor preferences, nutritional expectations, and emerging health and wellness trends to ensure products remain relevant and appealing to consumers.

Considered in this report
• Geography: United Kingdom
• Historic year: 2017
• Base year: 2022
• Estimated year: 2023
• Forecast year: 2028

Aspects covered in this report
• United Kingdom drinkable yogurt market with its value and forecast along with its segments
• Various drivers and challenges
• On-going trends and developments
• Top profiled companies
• Strategic recommendation

By Category
• Dairy-based
• Non-dairy based

By Type
• Flavored
• Plain

BY Distribution Channel
• Hypermarket and supermarket
• Convenience store
• Speciality store
• Online
• other

By Packaging

• Cup
• Bottles
• Tetra pack
• Pouch

The approach of the report:
This report consists of a combined approach of primary as well as secondary research. Initially, secondary research was used to get an understanding of the market and listing out the companies that are present in the market. The secondary research consists of third-party sources such as press releases, annual reports of companies, and analysing government-generated reports and databases. After gathering the data from secondary sources primary research was conducted by making telephonic interviews with the leading players about how the market is functioning and then conducting trade calls with dealers and distributors of the market. Post this we have started doing primary calls to consumers by equally segmenting consumers in regional aspects, tier aspects, age groups, and gender. Once we have primary data with us. we have started verifying the details obtained from secondary sources.

Intended audience
This report can be useful to industry consultants, manufacturers, suppliers, associations & organizations related to the Bottled water Market, government bodies, and other stakeholders to align their market-centric strategies. In addition to marketing & presentations, it will also increase competitive knowledge about the industry.



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents
1. Executive Summary
2. Market Structure
2.1. Market Considerate
2.2. Assumptions
2.3. Limitations
2.4. Abbreviations
2.5. Sources
2.6. Definitions
2.7. Geography
3. Research Methodology
3.1. Secondary Research
3.2. Primary Data Collection
3.3. Market Formation & Validation
3.4. Report Writing, Quality Check & Delivery
4. South Africa Macro Economic Indicators
5. Market Dynamics
5.1. Key Findings
5.2. Key Developments - 2021
5.3. Market Drivers & Opportunities
5.4. Market Restraints & Challenges
5.5. Market Trends
5.6. Covid-19 Effect
5.7. Supply chain Analysis
5.8. Policy & Regulatory Framework
5.9. Industry Experts Views
6. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Overview
6.1. Market Size By Value
6.2. Market Size and Forecast By Product Types
6.3. Market Size and Forecast By Distribution Channel
7. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Segmentations
7.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Product Types
7.1.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit Juice, 2017-2028
7.1.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Vegetable Juice, 2017-2028
7.1.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Fruit and Vegetable Blend, 2017-2028
7.1.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Nectar, 2017-2028
7.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market, By Distribution Channel
7.2.1. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Supermarkets/Hypermarkets, 2017-2028
7.2.2. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Convenience Stores, 2017-2028
7.2.3. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Online, 2017-2028
7.2.4. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size, By Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.), 2017-2028
8. South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Opportunity Assessment
8.1. By Product Types, 2023 to 2028
8.2. By Distribution Channel, 2023 to 2028
9. Competitive Landscape
9.1. Porter's Five Forces
9.2. Company Profile
9.2.1. Company 1
9.2.1.1. Company Snapshot
9.2.1.2. Company Overview
9.2.1.3. Financial Highlights
9.2.1.4. Geographic Insights
9.2.1.5. Business Segment & Performance
9.2.1.6. Product Portfolio
9.2.1.7. Key Executives
9.2.1.8. Strategic Moves & Developments
9.2.2. Company 2
9.2.3. Company 3
9.2.4. Company 4
9.2.5. Company 5
9.2.6. Company 6
9.2.7. Company 7
9.2.8. Company 8
10. Strategic Recommendations
11. Disclaimer

List of Figures
Figure 1: South Africa Fruit & Vegetable Juice Market Size By Value (2017, 2022 & 2028F) (in USD Million)
Figure 2: Market Attractiveness Index, By Product Types
Figure 3: Market Attractiveness Index, By Distribution Channel
Figure 4: Porter's Five Forces of South Africa Fruit & Vegetable Juice Market

List of Table
Table 1 : Influencing Factors for Global Fruit & Vegetable Juice Market, 2022
Table 2: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Product Types (2017, 2022 & 2028F)
Table 3: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size and Forecast By Distribution Channel (2017, 2022 & 2028F)
Table 4: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 5: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Vegetable Juice (2017 to 2028) in USD Million
Table 6: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Fruit and Vegetable Blend (2017 to 2028) in USD Million
Table 7: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Nectar (2017 to 2028) in USD Million
Table 8: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Supermarkets/Hypermarkets (2017 to 2028) in USD Million
Table 9: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Convenience Stores (2017 to 2028) in USD Million
Table 10: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Online (2017 to 2028) in USD Million
Table 11: Colombia Fruit & Vegetable Juice Market Size of Others (Cafes, Clubs, Restaurants, Etc.) (2017 to 2028) in USD Million

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.社はどのような調査会社ですか?


Bonafide Research & Marketing Pvt. Ltd.は、最新の経済、人口統計、貿易、市場データを提供する市場調査・コンサルティング会社です。調査レポート、カスタムレポート、コ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る