世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

世界の自動車用テレマティクスハードウェア市場 - 第2版


The Global Vehicle Telematics Hardware Market - 2nd Edition

概要 本レポートは、ブラックボックス、OBDドングル、TCUなどのデバイスフォームファクターを含むコネクテッドカーバリューチェーンのハードウェア部分に焦点を当てている。ベルグインサイトは、テレ... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
Berg Insight
ベルグインサイト社
2023年10月31日 Eur1,500
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
140 英語

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

概要

本レポートは、ブラックボックス、OBDドングル、TCUなどのデバイスフォームファクターを含むコネクテッドカーバリューチェーンのハードウェア部分に焦点を当てている。ベルグインサイトは、テレマティクス機器の総出荷台数が2022年に世界で1億560万台に達すると推定している。年平均成長率9.6%で成長し、2027年の出荷台数は1億6,690万台に達すると予測される。本レポートは、乗用車と商用車のアフターマーケットとOEMの両セグメントをカバーしています。ベルグインサイトが新たに発行した140ページの戦略レポートで、業界の最新動向をご覧ください。

 


 

この調査レポートは世界の自動車用テレマティクスハードウェア市場を分析・予測したBerg Insightの市場調査報告書です。Berg Insight社のこの戦略的調査レポートは、5年間の業界予測や専門家による解説など、140ページにわたる独自のビジネスインテリジェンスを提供し、ビジネス上の意思決定の基礎とします。

本レポートのハイライト

  • 市場をリードする企業30社への新規エグゼクティブ・インタビューからの洞察
  • 車両テレマティクスハードウェアのバリューチェーンと主要アプリケーションの包括的な概要
  • 市場動向と主要開発の詳細分析
  • アフターマーケットとOEMの車両テレマティクスハードウェアベンダー100社のプロファイルを掲載
  • 自動車OEMと移動体通信事業者の関与の概要
  • 世界の自動車保有台数と新車登録台数の新データ
  • 2027年までの地域別市場予測

アフターマーケットとOEMのテレマティクス・ハードウェアの出荷台数は2022年に1億600万台に達する

テレマティクスは、幅広い車両接続ソリューションに適用される用語である。本レポートにおけるベルグインサイトのテレマティクス・システムの定義は、何らかの形態のセルラー通信を組み込んだ乗用車および商用車向けに設計された自動システムである。コネクテッド・カーは、ここ何年も自動車業界の大きなトレンドとなっている。世界の大手自動車メーカーはすべて、主要地域で大衆向けのコネクティビティ・サービスを開始している。OEM の取り組みは、アフターマー ケット・ソリューションの競争相手とも言えるが、さまざまな形態のアフターマー ケット・テレマティクス・サービスに対する需要は依然として高まっている。アフターマーケット・テレマティクス・ソリューションの市場規模は大きい。2021年末には、世界中で推定15億台の自動車が登録されている。Berg Insightの調べによると、2022年中にアフターマーケット・テレマティクスのハードウェア・デバイスは世界で4,720万台販売され、その市場総額は約24億ユーロである。アジア太平洋地域が最大の市場であり、2022年の出荷台数は約1,660万台である。欧州と北米のアフターマーケット・テレマティクス・ハードウェアの出荷台数はそれぞれ1,260万台と1,090万台である。Berg Insightは、アフターマーケット・テレマティクス機器の世界出荷台数は今後5年間でCAGR 10.5%で成長し、2027年には7,760万台に達すると予測しています。

Teltonikaは、アフターマーケットハードウェアの売上高で市場シェア約6%のリーダーであり、2022年の年間売上高は1億3,900万ユーロに達する。次点はCalAmpで、市場シェアは約4%、2022年のテレマティクス・ユニットの出荷台数は約150万台である。その他の上位プレーヤーは、QueclinkとJimi/Concoxである。Queclinkは第3位で、2022年に自動車業界向けに約240万台のテレマティクス・ユニットを販売する。Jimi/Concoxは売上高で4位、出荷台数で首位となり、2022年には410万台に達した。注目すべきベンダーとしては、イスラエルのERM Advanced Telematics、北米のSensata Insights、Positioning Universal、Danlaw、アジア太平洋のSuntech International、Gosuncn RichLink、Neoway Technology、Gosafe、Kingwo、ATrack、iTriangle、欧州のMeta System、Ruptela、Municなどが挙げられます。

自動車メーカーは、コネクテッド・カー・サービスを構築する際、組み込み型とハンドセット・ベースといった接続オプションを選択することができるが、これらは相互に排他的なものではない。組み込み型ソリューションは、車両内のセルラー通信ハードウェアを使用するのに対し、ハンドセットベースのソリューションは、ドライバーのスマートフォンなどのテザリングデバイスを接続に使用する。本レポートでは、主に組み込み型テレマティクス・ソリューションに焦点を当てる。現在、テレマティクス・アプリケーションのいくつかのカテゴリーが、ほとんどの大手自動車メーカーによって提供されている。例えば、eCall やロードサイドアシスタンス、盗難車追跡(SVT)、車両診断、Over-the-Air アップデート、コネクテッドナビゲーションやインフォテインメント、車両管理、Wi-Fi ホットスポット、コンシェルジュサービスや利便性アプリケーションなどである。OEM テレマティクスの採用の背景には、商業的なものと規制的なものの両方がある。また、商用車メーカーが独自に、あるいは大手アフターマーケット・テレマティクス・プロバイダーを含むサードパーティと協力して提供するOEMテレマティクスも数多く存在する。これらの OEM ソリューションは、今後ますます採用が進み、標準として提供されるようになると予想されます。

ベルグインサイトは、乗用車と商用車のOEMテレマティクス・ハードウェアの世界出荷台数は2022年に5,840万台近くに達し、市場総額は84億ユーロに達すると推定している。ベルグインサイトは、2022年に世界で販売される乗用車と商用車の新車の約72%にOEM組み込みテレマティクス・システムが搭載され、2021年の66%から増加すると予測しています。

OEMテレマティクス・システムの設計と開発は、車両システムとの統合、厳しい品質基準の遵守、車種の長いライフサイクルにおける性能の確保が求められるため、複雑である。このため、OEMテレマティクス機器サプライヤーは、自動車メーカーと協力してソリューションを開発する、一般的に定評のある自動車サプライヤーである。Berg Insightは、OEMテレマティクスの出荷台数においてLGエレクトロニクスが市場シェア約27%のリーダーであることを明らかにした。同社はゼネラル・モーターズやフォルクスワーゲンといった大手自動車ブランドと契約を結んでいる。次点はコンチネンタルとハーマンで、市場シェアはそれぞれ約20%と10%だった。その他の主要OEMテレマティクス・ハードウェア・ベンダーには、マレリ、デンソー、ヴァレオ、アクティア、リア、ボッシュ、ヒュンダイ・モービス、ビステオン、アプティブが含まれます。

本レポートは以下の質問に答えます

  • アフターマーケット向けテレマティクス機器の主要ベンダーは?
  • OEMテレマティクス機器の主要ベンダーは?
  • 世界の車両テレマティクス・ハードウェア市場の促進要因と障壁は何か?
  • 支配的な技術フォームファクターはどれか?
  • 車両テレマティクス・ハードウェアの世界市場は今後5年間でどのように進化するか?
  • 欧州、北米、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域、MEAの市場はどのように発展するか?
  • OEMのテレマティクスソリューションは長期的にアフターマーケットの車両テレマティクスに勝るのか?
  • この業界の今後の主要トレンドは?

 



ページTOPに戻る


目次

目次

目次
図表の一覧

エグゼクティブサマリー

1 乗用車・商用車市場

1.1 紹介
1.1.1 地域別使用車両台数
1.1.2 新車登録動向
1.2 自動車・商用車テレマティクス
1.2.1 車両管理
1.2.2 車両診断とメンテナンス計画
1.2.3 セキュリティ追跡
1.3 アフターマーケットとOEMのテレマティクスインフラ
1.3.1 車両セグメント
1.3.2 トラッキングセグメント
1.3.3 ネットワークセグメント

2 市場予測と動向

2.1 アフターマーケットテレマティクスハードウェア予測
2.1.1 アフターマーケットテレマティクスハードウェアベンダーの市場シェア
2.1.2 アフターマーケットテレマティクスハードウェア市場の分析と予測
2.2 OEMテレマティクスの予測
2.2.1 主要OEMテレマティクスハードウェアベンダー
2.2.2 OEMテレマティクスハードウェア市場の分析と予測
2.3 バリューチェーン分析
2.3.1 自動車産業プレイヤー
2.3.2 テレマティクス業界プレイヤー
2.3.3 通信業界企業
2.4 市場動向
2.4.1 多くの国でOEMのSVTサービスとアフターマーケットのサービスが競合している
2.4.2 遠隔操作機能は標準化され、進化を続けている
2.4.3 テレマティクスハードウェアベンダーがソフトウェア分野に進出
2.4.4 電動化のトレンドがOEMテレマティクス・ハードウェアの採用を後押し
2.4.5 V2X技術がOEMテレマティクスハードウェアに統合される
2.4.6 規制環境が OEM テレマティクスの採用を促進
2.4.7 迫り来る4G LTEネットワークの日没が自動車業界における5G採用を促進

3 企業プロフィールと戦略

3.1 アフターマーケット専門のハードウェアベンダー
3.1.1 666GPS (Guangzhou Xingwei Information Technology)
3.1.2 Aplicom
3.1.3 ArusNavi
3.1.4 Arya Omnitalk
3.1.5 Ascent Solutions
3.1.6 Atlanta Systems
3.1.7 ATrack
3.1.8 Auto Leaders (Sinotrack)
3.1.9 Bitrek
3.1.10 Bofan Information Technology
3.1.11 CalAmp
3.1.12 Cargo-UFC
3.1.13 Coban Electronics
3.1.14 Danlaw
3.1.15 Digital Communications Technologies (DCT)
3.1.16 Eelink Communication Technology
3.1.17 ERM Advanced Telematics
3.1.18 FleetGuide
3.1.19 Galileosky
3.1.20 Geometris
3.1.21 GLONASSSoft
3.1.22 GoSafe
3.1.23 Gosuncn RichLink
3.1.24  Huabao Electronics Technology
3.1.25 Hua Sheng
3.1.26 IAV
3.1.27 Intangles
3.1.28 iTriangle
3.1.29 iWave Systems Technologies
3.1.30 Jimi (Concox)
3.1.31 Jointech
3.1.32 Kingwo
3.1.33 Lantronix
3.1.34 Level Systems
3.1.35 LK-GPS (LHYK Communication Technology)
3.1.36 Maxtrack
3.1.37 Meitrack
3.1.38 Meta system
3.1.39 Micronet
3.1.40 Munic
3.1.41 Navtelecom
3.1.42 Neomatica
3.1.43 Neoway Technology
3.1.44 Omnicomm
3.1.45 PCL Technology
3.1.46 Positioning Universal
3.1.47 Quake Global
3.1.48 Quartix
3.1.49 Quasar Electronics
3.1.50 Queclink Wireless Solutions
3.1.51 Redtail Telematics
3.1.52 Ruptela
3.1.53 Sensata Insights
3.1.54 Sinocastel
3.1.55 Squarell Technology
3.1.56 Suntech International
3.1.57 TechnoKom
3.1.58 Teltonika
3.1.59 ThinkRace
3.1.60 TOPFLYtech
3.1.61 TotemTech
3.1.62 Trakm8
3.1.63 Tramigo
3.1.64 Ulbotech
3.1.65 Vem Solutions
3.1.66 Volty
3.1.67 Voyomotive
3.2 垂直統合型テレマティクスと車両管理ベンダー
3.2.1 AFAQY
3.2.2 Connected Cars
3.2.3 Cox Automotive and Cox2M
3.2.4 Digital Matter
3.2.5 Directed Electronics Australia
3.2.6 Fleet Complete
3.2.7 G7 Connect
3.2.8 Geotab
3.2.9 Guidepoint Systems
3.2.10 IMS
3.2.11 Ituran
3.2.12 Kuantic
3.2.13 Motive Technologies
3.2.14 PassTime GPS
3.2.15 Powerfleet
3.2.16 Procon Analytics
3.2.17 Samsara
3.2.18 SareKon
3.2.19 Spireon
3.2.20 Questar Auto Technologies
3.2.21 Webfleet
3.3 OEM のテレマティクスハードウェア・サプライヤー
3.3.1 Actia
3.3.2 Aptiv
3.3.3 Bosch
3.3.4 Continental
3.3.5 Denso
3.3.6 Harman
3.3.7 Hyundai Mobis
3.3.8 Lear
3.3.9 LG Electronics
3.3.10 Marelli
3.3.11 Valeo
3.3.12 Visteon
3.3.13 その他のOEMテレマティクスハードウェアベンダー

ページTOPに戻る


プレスリリース

2023-10-31 プレスリリース
車両テレマティクスハードウェア市場は2022年に世界で108億ユーロに到達

世界有数のIoT市場調査会社であるBerg Insight社はこの度、自動車テレマティクスハードウェア市場に関する新たな調査結果を発表した。2022年には世界で4,720万台以上のアフターマーケットテレマティクス機器が販売され、市場価値は24億ユーロに相当する。市場の業績は、COVID-19の流行とそれに続くサプライチェーン危機の影響を依然として受けていたが、2023年には回復の兆しを見せている。2027年まで、アフターマーケット・テレマティクス機器の年間出荷台数は年平均成長率(CAGR)10.5%で成長し、予測期間終了時には7,760万台に達すると予測される。Berg Insightは同時に、乗用車、小型トラック、商用車向けOEMテレマティクスハードウェアの世界出荷台数は2022年に5,840万台近くに達し、市場価値は84億ユーロに達すると予測している。現在では、商業的および規制的な要因が相まって、自動車メーカー各社が地域や市場セグメントを超えてコネクテッドカーサービスの利用可能性を拡大することを後押ししている。商用車メーカーが提供するOEMテレマティクスも数多くある。乗用車、小型トラック、商用車における組み込み型テレマティクス機器の装着率は、2022年の約72%から2027年には93%に上昇すると予測される。

「Berg Insightは、Teltonikaをアフターマーケットテレマティクスハードウェア分野のマーケットリーダーに位置づけ、テレマティクス・ハードウェアの売上高は1億3,900万ユーロに達している」とBerg InsightのIoTアナリストであるMartin Cederqvistは述べた。このほか、CalAmp、Queclink、Jimi(Concox)、ERM Advanced Telematicsが大きなシェアを占めている。これら5社のアフターマーケットテレマティクス機器販売による年間売上高は、合わせて約4億8300万ユーロである。CalAmpは、純粋なハードウェアプロバイダーからEnd-to-Endのソリューションテレマティクスプロバイダーへと変貌を遂げた。しかし、同社は依然としてハードウェア・テレマティクスの主要サプライヤーであり、2022年中に150万ユニットを出荷し、1億500万ユーロの売上高に相当する。「その他の主要なアフターマーケット・テレマティクス・ハードウェア・ベンダーには、北米のSensata Insights、Positioning Universal、Danlaw、アジア太平洋のSuntech International、Gosuncn RichLink、Neoway Technology、Gosafe、Kingwo、ATrack、iTriangle、欧州のMeta System、Ruptela、Municが含まれます」とCederqvist氏は続けた。

OEMテレマティクス・システムの設計と開発は、車両システムとの統合、厳しい品質基準への適合、車種の長いライフサイクルにおける性能の確保が求められるため、複雑なものとなっている。OEMテレマティクス機器のサプライヤーは一般的に、自動車メーカーと協力してソリューションを開発する、実績のある自動車サプライヤーである。「乗用車と小型トラック向けのOEMテレマティクス・ハードウェアの出荷台数は、2022年には約5,030万台となり、OEMテレマティクス・ハードウェアの総出荷台数の86%以上を占める」と、Cederqvist氏は述べた。そのため、OEMテレマティクス・ハードウェアの出荷台数で業界をリードしているのは、乗用車と小型トラックのセグメントである。OEMテレマティクス・ハードウェアの主要自動車部品メーカーの例としては、LG Electronics、Continental、Harman Marelli、Denso、Valeo、Actia、Lear、Bosch、Hyundai Mobis、Visteon、Aptivなどが挙げられる。

 

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Description

This report focuses on the hardware part of the connected vehicle value chain, including device form factors such as blackboxes, OBD dongles and TCUs. Berg Insight estimates that total shipments of telematics devices reached 105.6 million units worldwide in 2022. Growing at a compound annual growth rate of 9.6 percent, shipments are expected to reach 166.9 million units in 2027. The report covers both the aftermarket and OEM segments for passenger cars and commercial vehicles. Get up to date with the latest industry trends in this new 140-page strategy report from Berg Insight.

 


 

The Global Vehicle Telematics Hardware Market is a strategy report from Berg Insight covering both the aftermarket and OEM segments for passenger cars and commercial vehicles. This strategic research report from Berg Insight provides you with 140 pages of unique business intelligence including 5-year industry forecasts and expert commentary on which to base your business decisions.

Highlights from this report:

  • Insights from 30 new executive interviews with market leading companies.
  • Comprehensive overview of the vehicle telematics hardware value chain and key applications.
  • In-depth analysis of market trends and key developments.
  • New profiles of 100 aftermarket and OEM vehicle telematics hardware vendors.
  • Summary of the involvement of vehicle OEMs and mobile operators.
  • New data on vehicle populations and new vehicle registrations worldwide.
  • Market forecasts by region lasying until 2027.

Shipments of aftermarket and OEM telematics hardware reached 106 million units in 2022

Telematics is a broad term that may be applied to a wide range of vehicle connectivity solutions. Berg Insight’s definition of a telematics system in this report is an automatic system designed for passenger cars and commercial vehicles that incorporates some form of cellular communications. The connected car has been a major trend in the automotive industry for many years now. All of the world’s leading carmakers have now launched mass-market connectivity services in key regions. The OEM initiatives can be seen as competition for the aftermarket solutions, but there is still a growing demand for different forms of aftermarket telematics services. The addressable market for aftermarket telematics solutions is significant. At the end of 2021, there were an estimated 1.5 billion vehicles registered worldwide. Berg Insight has found that 47.2 million aftermarket telematics hardware devices were sold globally during 2022 at a total market value of approximately € 2.4 billion. Asia-Pacific is the largest geographical market, achieving shipments of about 16.6 million in 2022. The shipments of aftermarket telematics hardware in Europe and North America accounted for 12.6 million and 10.9 million respectively. Berg Insight forecasts that global shipments of aftermarket telematics devices will grow at a CAGR of 10.5 percent in the next five years to reach 77.6 million in 2027.

Teltonika was the market leader in terms of aftermarket hardware sales with a market share of about 6 percent reaching annual sales of € 139 million in 2022. CalAmp was the runner up with a market share of about 4 percent in terms of sales and shipments of about 1.5 million telematics units in 2022. Additional top players include Queclink and Jimi/Concox. Queclink ranked third and sold about 2.4 million telematics unit to the vehicle industry in 2022. Jimi/Concox ranked fourth in terms of revenues and was the leading company in terms of shipments, reaching a volume of 4.1 million units in 2022. Notable vendors further include ERM Advanced Telematics from Israel; Sensata Insights, Positioning Universal and Danlaw from North America; Suntech International, Gosuncn RichLink, Neoway Technology, Gosafe, Kingwo, ATrack and iTriangle from Asia-Pacific; and Meta System, Ruptela and Munic from Europe.

Automotive manufacturers can choose between connectivity options such as embedded and handset-based when creating connected car services, which are not mutually exclusive. Embedded solutions use cellular communications hardware inside the vehicle, whereas handset-based solutions use a tethered device such as the driver’s smartphone for connectivity. This report mainly focuses on embedded telematics solutions. Several categories of telematics applications are now offered by most leading vehicle manufacturers. Examples include eCall and roadside assistance, stolen vehicle tracking (SVT), vehicle diagnostics, over-the-air updates, connected navigation and infotainment, fleet management, Wi-Fi hotspots as well as concierge services and convenience applications. The drivers behind the adoption of OEM telematics are both commercial and regulatory. There are also numerous OEM telematics offerings from commercial vehicle manufacturers, provided either independently or in collaboration with third parties including leading aftermarket telematics providers. These OEM solutions are expected to achieve increased adoption and to an increasing extent be delivered as standard.

Berg Insight estimates that global shipments of OEM telematics hardware for both passenger cars and commercial vehicles reached close to 58.4 million units in 2022 at a total market value of € 8.4 billion. Berg Insight estimates that nearly 72 percent of all new passenger cars and commercial vehicles sold worldwide in 2022 were equipped with an OEM embedded telematics system, up from 66 percent in 2021.

The design and development of OEM telematics systems is complex as these have to integrate with vehicle systems, fulfil strict quality standards and ensure performance during the long lifecycle of a vehicle model. For this reason, the OEM telematics equipment suppliers are generally established automotive suppliers that develop their solutions in cooperation with car manufacturers. Berg Insight has identified LG Electronics as the market leader in terms of OEM telematics shipments at a market share of about 27 percent. The company has contracts with leading automotive brands such as General Motors and Volkswagen. Continental and Harman were the runners up with market shares of about 20 and 10 percent respectively. Other leading OEM telematics hardware vendors include Marelli, Denso, Valeo, Actia, Lear, Bosch, Hyundai Mobis, Visteon and Aptiv.

This report answers the following questions:

  • Which are the leading providers of aftermarket telematics devices?
  • Which are the leading vendors of OEM telematics devices?
  • Which are the drivers and barriers on the global vehicle telematics hardware market?
  • Which are the dominant technology form factors?
  • How will the global vehicle telematics hardware market evolve over the next five years?
  • How will the market evolve in Europe, North America, Latin America, Asia-Pacific and MEA?
  • Will OEM telematics solutions outcompete aftermarket vehicle telematics in the long term?
  • Which are the key future trends in this industry?

 



ページTOPに戻る


Table of Contents

Table of Contents

Table of Contents
List of Figures

Executive summary

1    The Passenger Car and Commercial Vehicle Market

1.1    Introduction
1.1.1    Vehicles in use by region
1.1.2    New vehicle registration trends
1.2    Automotive and commercial vehicle telematics
1.2.1    Vehicle management
1.2.2    Vehicle diagnostics and maintenance planning
1.2.3    Security tracking
1.3    Aftermarket and OEM telematics infrastructure
1.3.1    Vehicle segment
1.3.2    Tracking Segment
1.3.3    Network segment

2    Market Forecasts and Trends

2.1    Aftermarket telematics hardware forecast
2.1.1    The aftermarket telematics hardware vendor market shares
2.1.2    Aftermarket telematics hardware market analysis and forecasts
2.2    OEM telematics forecast
2.2.1    Leading OEM telematics hardware vendors
2.2.2    OEM telematics hardware market analysis and forecasts
2.3    Value chain analysis
2.3.1    Automotive industry players
2.3.2    Telematics industry players
2.3.3    Telecom industry companies
2.4    Market trends
2.4.1    OEM SVT services compete with aftermarket services in many countries
2.4.2    Remote control features have become standard and continue to evolve
2.4.3    Telematics hardware vendors expand into the software space
2.4.4    The electrification trend boosts adoption of OEM telematics hardware
2.4.5    V2X technology becomes integrated in OEM telematics hardware
2.4.6    The regulatory environment has driven the adoption of OEM telematics
2.4.7    Looming 4G LTE network sunsets drive 5G adoption in the automotive industry

3    Company Profiles and Strategies

3.1    Specialised aftermarket hardware vendors
3.1.1    666GPS (Guangzhou Xingwei Information Technology)
3.1.2    Aplicom
3.1.3    ArusNavi
3.1.4    Arya Omnitalk
3.1.5    Ascent Solutions
3.1.6    Atlanta Systems
3.1.7    ATrack
3.1.8    Auto Leaders (Sinotrack)
3.1.9    Bitrek
3.1.10    Bofan Information Technology
3.1.11    CalAmp
3.1.12    Cargo-UFC
3.1.13    Coban Electronics
3.1.14    Danlaw
3.1.15    Digital Communications Technologies (DCT)
3.1.16    Eelink Communication Technology
3.1.17    ERM Advanced Telematics
3.1.18    FleetGuide
3.1.19    Galileosky
3.1.20    Geometris
3.1.21    GLONASSSoft
3.1.22    GoSafe
3.1.23    Gosuncn RichLink
3.1.24    Huabao Electronics Technology
3.1.25    Hua Sheng
3.1.26    IAV
3.1.27    Intangles
3.1.28    iTriangle
3.1.29    iWave Systems Technologies
3.1.30    Jimi (Concox)
3.1.31    Jointech
3.1.32    Kingwo
3.1.33    Lantronix
3.1.34    Level Systems
3.1.35    LK-GPS (LHYK Communication Technology)
3.1.36    Maxtrack
3.1.37    Meitrack
3.1.38    Meta system
3.1.39    Micronet
3.1.40    Munic
3.1.41    Navtelecom
3.1.42    Neomatica
3.1.43    Neoway Technology
3.1.44    Omnicomm
3.1.45    PCL Technology
3.1.46    Positioning Universal
3.1.47    Quake Global
3.1.48    Quartix
3.1.49    Quasar Electronics
3.1.50    Queclink Wireless Solutions
3.1.51    Redtail Telematics
3.1.52    Ruptela
3.1.53    Sensata Insights
3.1.54    Sinocastel
3.1.55    Squarell Technology
3.1.56    Suntech International
3.1.57    TechnoKom
3.1.58    Teltonika
3.1.59    ThinkRace
3.1.60    TOPFLYtech
3.1.61    TotemTech
3.1.62    Trakm8
3.1.63    Tramigo
3.1.64    Ulbotech
3.1.65    Vem Solutions
3.1.66    Volty
3.1.67    Voyomotive
3.2    Vertically integrated telematics and fleet management vendors
3.2.1    AFAQY
3.2.2    Connected Cars
3.2.3    Cox Automotive and Cox2M
3.2.4    Digital Matter
3.2.5    Directed Electronics Australia
3.2.6    Fleet Complete
3.2.7    G7 Connect
3.2.8    Geotab
3.2.9    Guidepoint Systems
3.2.10    IMS
3.2.11    Ituran
3.2.12    Kuantic
3.2.13    Motive Technologies
3.2.14    PassTime GPS
3.2.15    Powerfleet
3.2.16    Procon Analytics
3.2.17    Samsara
3.2.18    SareKon
3.2.19    Spireon
3.2.20    Questar Auto Technologies
3.2.21    Webfleet
3.3    OEM telematics hardware suppliers
3.3.1    Actia
3.3.2    Aptiv
3.3.3    Bosch
3.3.4    Continental
3.3.5    Denso
3.3.6    Harman
3.3.7    Hyundai Mobis
3.3.8    Lear
3.3.9    LG Electronics
3.3.10    Marelli
3.3.11    Valeo
3.3.12    Visteon
3.3.13    Other OEM telematics hardware vendors

Glossary

ページTOPに戻る


Press Release

2023-10-31 Press releases
The vehicle telematics hardware market reached € 10.8 billion worldwide in 2022

Berg Insight, the world’s leading IoT market research provider, today released new findings about the vehicle telematics hardware market. More than 47.2 million aftermarket telematics devices were sold worldwide during 2022, corresponding to a market value of € 2.4 billion. The performance of the market was still affected by the COVID-19 pandemic and the following supply chain crisis, but the market has shown recovering signs in 2023. Until 2027, annual shipments of aftermarket telematics devices are forecasted to grow at a compound annual growth rate (CAGR) of 10.5 percent to reach 77.6 million at the end of the forecast period. Berg Insight estimates at the same time that global shipments of OEM telematics hardware for passenger cars, light trucks and commercial vehicles reached close to 58.4 million units in 2022 corresponding to a market value of € 8.4 billion. A combination of commercial and regulatory drivers now encourages a broader set of carmakers to expand availability of connected car services across geographies and market segments. There are also numerous OEM telematics offerings from commercial vehicle manufacturers. The attach rate of embedded telematics devices among passenger cars, light trucks and commercial vehicles is forecasted to increase from about 72 percent in 2022 to 93 percent in 2027.

“Berg Insight ranks Teltonika as the market leader in the aftermarket telematics hardware segment reaching telematics hardware sales of € 139 million”, said Martin Cederqvist, IoT Analyst at Berg Insight. Other vendors that hold significant market shares are CalAmp, Queclink, Jimi (Concox) and ERM Advanced Telematics. These five vendors generated together approximately € 483 million in annual revenues from the sales of aftermarket telematics devices. CalAmp has transformed from a pure hardware provider to an end-to-end solution telematics provider. The company is however still a major supplier of hardware telematics and shipped 1.5 million units during 2022, corresponding to sales of € 105 million. “Other significant aftermarket telematics hardware vendors include Sensata Insights, Positioning Universal and Danlaw from North America; Suntech International, Gosuncn RichLink, Neoway Technology, Gosafe, Kingwo, ATrack and iTriangle from Asia-Pacific; and the European vendors Meta System, Ruptela and Munic”, continued Mr. Cederqvist.

The design and development of OEM telematics systems is complex as these have to integrate with vehicle systems, fulfil strict quality standards and ensure performance during the long lifecycle of a vehicle model. The suppliers of OEM telematics equipment are generally established automotive suppliers that develop their solutions in cooperation with car manufacturers. “Shipments of OEM telematics hardware for passenger cars and light trucks amounted to about 50.3 million in 2022, representing more than 86 percent of the total OEM telematics hardware shipments.”, said Mr. Cederqvist. The leading OEM telematics hardware vendors in terms of unit shipments are therefore found in the passenger car and light truck segment. Examples of leading automotive suppliers of OEM telematics hardware include LG Electronics, Continental, Harman Marelli, Denso, Valeo, Actia, Lear, Bosch, Hyundai Mobis, Visteon and Aptiv.

 

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります


よくあるご質問


Berg Insight社はどのような調査会社ですか?


スウェーデンの調査会社ベルグインサイト社(Berg Insight)は、モバイルM2Mや位置情報サービス(LBS)、モバイルVAS、次世代技術など、通信関連市場を専門に調査しています。特に、M2Mと位... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/23 10:28

157.74 円

172.13 円

206.60 円

ページTOPに戻る