世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

AmazonがNFLの木曜試合の独占権を得る

AmazonNFLの木曜試合の独占権を得る

National Football League(NFL)の試合の放送/配信契約は2022年シーズンで切れる。NFLは2023年シーズンからの11年間の契約を4大ネットワーク、それにAmazonと結んだ。契約総額は$1100億であり、1年では$100億となり、現在の契約額から倍増してる。現在の契約との大きな差はAmazonが加わったことと、各ネットワーク共にOTTサービスでの配信権も加えたことである。

 

Amazonは2017年からNFLの木曜日の試合を配信してきた。木曜の試合の放送権はFoxが持ち、Amazonが行っていたのはその中継の再配信であり、独占配信ではなかった。Amazonとの契約は2022年からで、木曜の試合の独占権を得る。試合はAmazon Prime Videoで配信される。NFL Networkが多チャンネルでも放送するが、地上波での放送は無くなる。

 

これまで、NFLとの放送契約をしてきたテレビネットワークもNFLとの契約を更新したが、テレビでの放送権だけでなく、OTTサービスでの配信権も加えている。ViacomCBSは地上波のCBSで日曜午後のAmerican Football Conference(AFC)の試合を放送するのに加え、SVODサービスのParamount+でも配信する。CBSはNFLの最も古い放送パートナーで、1956年から契約をしている。

 

FoxはNational Football Conferenceの日曜の午後の放送権を更新したのに加え、そのSVODサービスのTubiでライブ配信をする権利を得た。同様に、日曜の夜の試合の放送権を持つNBCUniversalはそのOTTサービスのPeacockで試合を同時配信する権利も加えた。

 

Walt Disneyはこれまで月曜日の試合をスポーツ専門の多チャンネル向けネットワークのESPNで放送してきた。Disneyは月曜の試合をESPNで放送するだけでなく、一部の試合は地上波のABCでも放送する権利、それにOTTサービスのESPN+でも配信する権利を得た。これにより、ESPN+に加入すれば、月曜のNFLの試合を見るために多チャンネルサービスに加入する必要はなくなる。ESPN+はまた、NFLの海外での試合(International Series)を年に1回、独占配信する。

 

スーパーボウルはこれまでCBS、Fox、NBCの3ネットワークが持ち回りで放送してきたが、2023年からの契約にはローテーションにABCも加わわる。各ネットワークは スーパーボウルもOTTサービスでも同時配信する。

 

今年のスーパーボウルの視聴者は9640万人で、前年からは5.5%の減少であった。スーパーボウルの視聴者は減っており、ピークの2015年の1.14億人からは16%も落ちている。OTTでの配信が加わることで、NFLの視聴者は増え始めるであろうか。

 

NFL試合の放送権利と金額

試合

既存放送者

年間額

新放送者

新契約額

月曜 ESPN $19億

ESPN、ABC、ESPN+

$27億

日曜午後NFC

Fox

$11億

Fox、Tubi

$23億

日曜午後AFC CBS $10億 CBS、Paramount+

$21億

日曜夜 NBC $9.5億 NBC、Peacock

$22億

木曜

Fox、NFL Network、Amazon

$7.6億

Amazon、NFL Network

$10億

 

DRIメルマガは無料にてご登録いただけます。

 

ページTOPに戻る