世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

トニックウォーター市場の世界産業規模、シェア、動向、機会、予測、タイプ別(レギュラートニックウォーター、低カロリートニックウォーター、スリムライントニックウォーター)、フレーバー別(プレーントニックウォーター、フレーバートニックウォーター)、パッケージ別(ボトル、缶)、流通チャネル別(ハイパーマーケット/スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他)、地域別、競合別、2018-2028年細分化


Tonic Water Market Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Type (Regular Tonic Water, Low-Calorie Toni Water, Slimline Tonic Water), By Flavor (Plain Tonic Water, Flavored Tonic Water), By Packaging (Bottles, Cans), By Distribution Channel (Hypermarkets/Supermarkets, Convenience Stores, Online, Others), By Region, By Competition, 2018-2028

世界のトニックウォーター市場は2022年に7億8,052万米ドルとなり、2028年までのCAGRは6.73%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。トニックウォーター市場は、プレミアムカクテルやクラフトカクテルへの嗜... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,900
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
183 英語

 

サマリー

世界のトニックウォーター市場は2022年に7億8,052万米ドルとなり、2028年までのCAGRは6.73%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。トニックウォーター市場は、プレミアムカクテルやクラフトカクテルへの嗜好の高まり、ノンアルコール飲料への需要の高まりなど、いくつかの要因によって着実な成長を遂げてきた。消費者は、スピリッツを引き立て、自宅でユニークなカクテルを作るために、高品質のミキサーを求めていた。トニックウォーター市場では、より健康的で自然な原料へのシフトが見られた。これには、糖分の低減、天然香料の使用、低カロリーやダイエット用のトニックウォーターの登場などが含まれる。健康志向の消費者は、人工添加物の少ない飲料を求めていた。トニックウォーター市場の各社は、消費者の嗜好に応えるため、ユニークでエキゾチックな様々なフレーバーを導入していた。伝統的なトニックやシトラスのような伝統的なフレーバーに、エルダーフラワー、ラベンダー、様々な植物注入などの商品が加わった。蒸留酒業界におけるプレミアム化のトレンドと並行して、トニックウォーター市場でもプレミアム・トニックウォーター・ブランドやクラフト・トニックウォーター・ブランドが台頭した。これらのブランドは、目の肥えた消費者をターゲットに、高品質の原料やユニークな風味を使用していることが多い。
ノンアルコール飲料や低アルコール飲料の需要は、健康志向の人々やアルコール摂取を控える人々によって増加傾向にあった。爽やかでほろ苦い味わいのトニックウォーターは、アルコールを含まないカクテルやモクテルによく使われるようになった。トニックウォーター市場は特定の地域に限定されることなく、世界的な存在感を示していた。大手メーカーやブランドは国際的に事業を展開し、地元のトニックウォーター・プロデューサーや職人的なトニックウォーター・プロデューサーも人気を集めていた。トニックウォーター・ブランドは、外出先での飲用やシングル・サーブ・オプションの増加傾向に対応するため、小型ボトルや缶などのパッケージ形式を試みていた。トニックウォーター・ブランドは、マーケティングや啓蒙活動に積極的に取り組み、バーテンダーやミクソロジストと共同でシグネチャー・カクテルのレシピを考案することも多かった。トニックウォーターの規制基準や表示要件は国や地域によって異なるため、市場参入や製品処方に影響を与える可能性がある。高品質で本格的な製品を求める消費者の嗜好が、プレミアム・トニックウォーター・ブランドを生み出した。こうしたブランドは、天然植物や職人による製造方法など、一流の原料を優先している。消費者はこうした優れた製品にプレミアムを支払うことを厭わず、市場のプレミアム化傾向を後押ししている。
主要市場要因
消費者の嗜好の変化
消費者の嗜好の変化は、世界のトニックウォーター市場の成長と変容を支える主要な原動力のひとつである。消費者の目が肥え、健康志向が高まるにつれて、飲料の選択肢も進化している。消費者の嗜好はトニックウォーター市場の進化の核心である。本セクションでは、消費者の嗜好の変化を促す主な要因と、それが市場に与える大きな影響について掘り下げる。今日の消費者は、高品質な製品にプレミアムを支払うことを厭わなくなっている。この嗜好はトニックウォーターを含む飲料にも及んでいる。最高品質の原材料とユニークな風味を強調するプレミアム・トニックウォーター・ブランドが人気を博している。クラフト・ムーブメントは飲料業界に大きな影響を与えており、トニックウォーターも例外ではない。消費者は、少量生産、手作り技術、独特の風味を重視するクラフト・トニックウォーター・ブランドに惹かれている。このような嗜好は、地元や独立系の生産者を支援しようという広範な傾向と一致している。
健康志向の選択
消費者の健康志向が高まるにつれて、糖分、カロリー、成分表が注目されるようになっている。トニックウォーター・ブランドは、過剰な糖分やカロリーを気にすることなくクラシックなカクテルを楽しみたい消費者に応えるため、ダイエット用や低カロリーの商品を提供することで対応している。ナチュラルでクリーンなラベルの製品への需要が高まっている。トニックウォーター・ブランドは、人工添加物、着色料、甘味料を避け、天然の植物やフレーバーを取り入れている。消費者は、透明性と天然成分の嗜好に沿った飲料を求めている。より健康的なライフスタイルやアルコール消費量の減少の傾向から、ノンアルコール飲料や低アルコール飲料の需要が高まっている。トニックウォーターは、その特徴的な苦味と多用途性から、洗練されたモクテルやアルコールフリーのカクテルを作るための人気商品となっている。
ノンアルコールと低アルコールの需要
ノンアルコール・低アルコール飲料への嗜好の高まりが、トニックウォーター市場を世界的に牽引していることは間違いない。この傾向は、いくつかの理由からトニックウォーターの消費と人気の増加に大きく貢献している。健康志向の消費者は、高アルコール飲料の代替品を求めるようになっている。健康、ウェルネス、節度など様々な理由からアルコール摂取を制限したいという願望が、ノンアルコールや低アルコールの選択肢の台頭につながっている。アルコール飲料はカロリーが高いことが多いため、消費者はより軽い代替品を選ぶようになっている。トニックウォーター、特に低カロリー飲料やダイエット飲料は、アルコールのカロリーを気にせずに飲料を楽しみたい人に適したベースとなる。苦味とほのかな甘味を特徴とするトニックウォーターのユニークで爽やかな風味は、ノンアルコールのモクテルやアルコールフリーのカクテルを作るのに最適なベースとなる。この汎用性は、アルコールなしの洗練された風味豊かな飲料を求める消費者にアピールする。トニックウォーターの複雑な風味は、ノンアルコール飲料をさらに美味しくする。トニックウォーターは、さまざまなフルーツ・ジュース、ハーブ、ボタニカルと相性がよく、ミクソロジストやホーム・バーテンダーは、さまざまなノンアルコール・カクテルを作ることができる。
プレミアム化と風味の革新
プレミアム化は多くの飲料業界で重要な推進力となっており、トニックウォーター市場も例外ではない。この傾向には、製品の品質と価格帯の向上が含まれ、多くの場合、本物志向、職人技、高級原料の使用が伴っている。プレミアムで高品質なノンアルコール飲料や低アルコール飲料の需要が急増している。トニックウォーター・ブランドは、最高級のノンアルコール飲料を求める消費者に対応するため、プレミアム、職人技、自然派飲料を開発することでこれに応えてきた。ノンアルコールや低アルコールのトレンドの高まりは、トニックウォーター・ブランドに、伝統的なトニックの味を超えた多様なフレーバーの導入を促している。こうした革新的なフレーバーは、ユニークで楽しいノンアルコール飲料を求める消費者にアピールしている。消費者はますます、本格的で高品質な体験を提供する製品を求めるようになっている。プレミアム・トニックウォーター・ブランドは、天然植物や職人による製造方法など、一流の原料の使用を強調している。これは、優れた製品にプレミアムを支払うことを厭わない消費者にアピールする。プレミアム・トニックウォーターは、複雑な風味を特徴とすることが多く、全体的な飲み心地を高めている。これらのブランドは、ユニークな植物、ハーブ、スパイスを取り入れ、より洗練された洗練された味を生み出している。プレミアム・トニックウォーターは、ミクソロジストやカクテル愛好家に好まれている。その独特の風味と品質は、卓越したカクテルを作る上で欠かせない要素となっている。カクテル文化が繁栄し続ける中、プレミアム・トニックウォーターは、プレミアムスピリッツを引き立てるために高い需要がある。フレーバーの革新は、トニックウォーター市場を牽引する重要な役割を担っている。消費者は今日、目新しさ、多様性、ユニークな味覚体験を切望しており、トニックウォーター・ブランドは幅広い革新的なフレーバーを発売することでこれに応えている。伝統的なトニックウォーターは依然として人気があるが、各ブランドはエルダーフラワー、ラベンダー、シトラスブレンド、エキゾチックなボタニカルインフュージョンなど、様々なフレーバーを取り入れることで商品ラインナップを拡大している。こうした多様な風味は、斬新でエキサイティングな味覚体験を求める消費者に応えている。
社会的・文化的シフト
社会的・文化的シフトがトニックウォーター市場の重要な推進要因として浮上している。こうしたシフトは、消費者の態度、行動、価値観の進化を反映しており、飲料に関する嗜好や選択に影響を与えている。責任あるアルコール消費の重要性に対する認識が高まっている。その結果、多くの消費者がアルコール摂取量を控えめにするか、アルコール飲料を完全に控えることを選択している。トニックウォーターはミキサーとして汎用性があり、アルコールの影響を受けずに楽しめるノンアルコール飲料の代替品となる。社会的・文化的な変化により、大量飲酒や暴飲暴食は減少している。人々はより軽く、よりバランスの取れた飲み方を求めるようになっている。トニックウォーターは、アルコール度数の高くない洗練された飲料を楽しみたい人々に適したパートナーだ。トニックウォーターは様々なシーンに適応するため、社交の場での幅広い選択肢となっている。カジュアルな集まりでも、洗練されたカクテル・パーティーでも、自宅でくつろいだ夜でも、トニック・ウォーターは幅広い社交の場に合う。トニックウォーターは、指定運転者、妊婦、さまざまな理由でアルコールを摂取しないことを選択した人々の間で支持されている。トニックウォーターがあれば、仲間はずれにされたと感じることなく、社交の場に積極的に参加することができる。社会的・文化的シフトはトニックウォーター市場の大きな原動力であり、消費者の嗜好を変え、飲料の選択に影響を与えている。こうしたシフトは、消費者がより包括的で、より健康的で、より多用途な選択肢を求める環境の変化を反映している。トニックウォーターは、その順応性、ノンアルコールのバリエーション、進化する文化的規範に対応する能力により、消費者の価値観やライフスタイルに沿った洗練されたリフレッシュ飲料を求める消費者の間で、好まれる選択肢として位置づけられている。社会的・文化的トレンドが進化を続ける中、トニックウォーター市場はさらなる成長と適応の態勢を整えている。
主な市場課題
市場の飽和
世界のトニックウォーター市場では、いくつかの理由により市場の飽和が大きな課題となる可能性がある。市場が飽和状態になるということは、すでに確立されたブランドや製品が数多く存在し、市場シェアを争っていることを意味する。このような激しい競争は、新規参入者が足掛かりを得ることを困難にする。既存ブランドは、流通網、ブランド認知度、顧客ロイヤルティが確立している可能性があり、新規参入企業が効果的に競争するのは困難である。飽和市場では、価格競争が激しくなる可能性がある。ブランドは顧客を引きつけるために価格を下げるかもしれず、すべてのプレーヤーの利益率が薄くなる。このため、企業は収益性を維持し、製品革新やマーケティングに投資することが難しくなる。市場が飽和状態になると、流通チャネルや棚スペース の確保がより競争的になる。小売企業は有名ブランドを優先し、新し いブランドや小規模なブランドが店頭の一等地を確保すること は難しくなる。飽和市場で効果的に競争するには、企業はマーケティングや広告に多大なリソースを割く必要があるかもしれない。これは、特に中小企業にとっては予算を圧迫する可能性があり、市場シェア獲得の成功を保証するものではないかもしれない。
原料調達と価格設定
キニンはトニックウォーターの主要成分で、その特徴的な苦味の原因となっている。キニーネは伝統的にキナノキの樹皮から調達される。しかし、キナ樹皮の入手可能性は、天候、病気の発生、環境規制などの要因に影響されることがある。これらの要因は、キニーネの供給と価格の変動につながる可能性がある。キニーネの品質を確保することは、安定した製品を生産する上で極めて重要である。異なる供給源から得られるキニーネの品質のばらつきは、トニックウォーターの風味や全体的な品質に影響を与える可能性がある。トニックウォーターにはキニーネ以外にも、柑橘類、ハーブ、スパイスなど様々な植物や香料が含まれていることが多い。これらの原料の調達は、特に特定の地域で栽培されていたり、季節によって入手できない場合、困難な場合がある。グローバル・サプライチェーンは、自然災害、政情不安、貿易紛争などの影響を受けやすい。
サプライチェーンに混乱が生じると、生産の遅れやコスト増につながる可能性がある。為替レートの変動は原料の輸入コストに影響を与える可能性がある。原料を調達する国の通貨が製造者の通貨に比べて弱くなれば、製造コストが上昇する可能性がある。消費者は原料の持続可能性と倫理的調達にますます関心を寄せている。ブランドは原料調達が環境に与える影響を考慮する必要があり、持続可能で責任ある調達慣行に投資する必要があるかもしれない。柑橘類やハーブなど、トニックウォーター製造に使用される農産物の価格は、天候や世界的な需要などの要因により変動しやすい。この変動により、メーカーがコストを予測・管理することが困難になる可能性がある。
主な市場動向
低糖で自然な風味のトニックウォーターへの需要の高まり
消費者はプレミアムスピリッツに対する強い嗜好を持つようになり、個性的で革新的な製品にお金を使いたがるようになっている。その結果、トニックウォーターを含むプレミアム価格のミキサーへの嗜好が高まっている。新興国におけるカクテル・トレンドの復活は、超高級トニックウォーター・カテゴリーの成長を後押しした。肥満や糖尿病の増加により、消費者は飲料に低糖またはゼロ糖でおいしいものを求めている。
若年層は健康志向が高まり、炭水化物を多く含む製品を避けるようになった。加えて、ダイエット・トニック・ウォーターは、カロリーや炭水化物の少ない通常のダイエット飲料よりも糖分が少ないため、消費者に受け入れられつつある。各社はまた、この製品セグメントに新しい自然な風味の水を投入し、消費者のダイエット意識と味覚要素に対する特定のニーズに応えようとしている。例えば、2022年5月、グロスターシャーの有名企業であるデイルズフォード・オーガニック社は、英国製のオーガニック・トニック・ウォーターを発売した。この新しいオーガニック・トニック・ウォーターは、ライト、キュウリ、ワイルド・エルダーフラワー、ダマスクローズの4種類のフレーバーがあり、キニーネの代わりにタンポポを使用している。
持続可能性と環境に優しいパッケージ
持続可能性は飲料業界の中心的な関心事となっている。トニックウォーター・ブランドは、責任ある原料調達から包装廃棄物の最小化まで、環境フットプリントの削減に努めている。各ブランドは、環境への影響を最小限に抑えた原材料の調達にますます力を入れている。これには、持続可能なキニーネの調達、倫理的な植物調達、原料生産に関わるコミュニティの支援などが含まれる。多くのトニックウォーター・ブランドは、環境に優しいパッケージ・オプションを採用することで、プラスチックの使用量を積極的に削減している。これには、リサイクル可能、生分解性、再利用可能な包装材料が含まれる。
セグメント別インサイト
フレーバーの洞察
トニックウォーター市場は、タイプ別にプレーンとフレーバーに区分される。プレーントニックウォーターは最もポピュラーなトニックウォーターのタイプであり、市場シェアの大半を占めている。フレーバードトニックウォーターは、消費者が斬新なフレーバーを求めていることから、ますます人気が高まっている。プレーン・トニック・ウォーターはクラシックな苦味があり、ジン、ウォッカ、テキーラなど様々なアルコール飲料によく合う。プレーン・トニック・ウォーターは、ジン・トニック、ウォッカ・トニック、テキーラ・トニックなど、さまざまなカクテルに使用できる。また、そのままでも、ノンアルコール飲料のミキサーとしても楽しめる。プレーン・トニック・ウォーターは、ジン・トニック、ウォッカ・トニック、テキーラ・トニックなど、さまざまなカクテルに使用できる。また、そのままでも、ノンアルコール飲料のミキサーとしても楽しめる。プレーン・トニック・ウォーターは、ジン・トニック、ウォッカ・トニック、テキーラ・トニックなど、さまざまなカクテルに使用できる。また、そのままでも、ノンアルコール飲料のミキサーとしても楽しめる。
フレーバード・トニックウォーターは、風味のバリエーションが豊富で、一味違うものを求める消費者にアピールできる。しかし、プレーン・トニック・ウォーターは、そのクラシックな風味、汎用性、入手しやすさ、手頃な価格から、依然として最も人気のあるトニック・ウォーターのタイプである。
地域別インサイト
欧州はジンの消費で有名である。ジントニックは欧州で最も有名なカクテルのひとつである。トニックウォーターは、その風味とさまざまな飲料への多様な用途で、この地域では有名である。トニックウォーター市場は、市場各社による新しく革新的な製品の発売により、欧州で成長している。トニックウォーターはさまざまなフレーバー、価格、パッケージで販売されている。消費者が健康を重視しているため、カロリーゼロや砂糖ゼロのトニックウォーターも販売されている。
主要市場プレイヤー
コカ・コーラ社
エル・グアポ・ビターズ
フェンティマンズ
フィーバーツリードリンクス
キューリグ・ドクターペッパー社
ロンドンエッセンス社
フランクリン&サンズ社
ブラッドリーズ・トニック社
イースト・インペリアル・ビバレッジ・コーポレーション
QトニックLLC
レポートの範囲
本レポートでは、トニックウォーターの世界市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- トニックウォーター市場、タイプ別
o 通常のトニックウォーター
o 低カロリートニックウォーター
o スリムトニックウォーター
- トニックウォーター市場:フレーバー別
o プレーン・トニックウォーター
o フレーバートニックウォーター
- トニックウォーター市場:包装別
o ボトル
o 缶
- トニックウォーターの市場:流通チャネル別
o ハイパーマーケット/スーパーマーケット
o コンビニエンスストア
o オンライン
o その他
- トニックウォーター市場:地域別
o 北米
 米国
 カナダ
 メキシコ
o ヨーロッパ
 フランス
 イギリス
 イタリア
 ドイツ
 スペイン
o アジア太平洋
 中国
 インド
 日本
 オーストラリア
 韓国
南米
 ブラジル
 アルゼンチン
 コロンビア
o 中東・アフリカ
 南アフリカ
 サウジアラビア
 UAE
 トルコ
 エジプト
競争状況
企業プロフィール:トニックウォーターの世界市場における主要企業の詳細分析。
利用可能なカスタマイズ:
Tech Sci Research社は、与えられた市場データをもとに、トニックウォーターの世界市場レポートを作成し、企業の特定のニーズに応じてカスタマイズを提供しています。本レポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要地域
3.4.主要セグメント
4.お客様の声
4.1.ブランド認知度
4.2.購買決定に影響を与える要因
4.3.直面する課題
5.トニックウォーターの世界市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額ベース
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.タイプ別市場シェア分析(レギュラートニックウォーター、低カロリートニックウォーター、スリムライントニックウォーター)
5.2.2.フレーバー別市場シェア分析(プレーントニックウォーター、フレーバートニックウォーター)
5.2.3.パッケージ別市場シェア分析(ボトル、缶)
5.2.4.流通チャネル別市場シェア分析(ハイパーマーケット・スーパーマーケット、コンビニエンスストア、オンライン、その他)
5.2.5.地域別市場シェア分析
5.2.5.1.北米市場シェア分析
5.2.5.2.南米市場シェア分析
5.2.5.3.中東・アフリカ市場シェア分析
5.2.5.4.ヨーロッパ市場シェア分析
5.2.5.5.アジア太平洋市場シェア分析
5.2.6.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.トニックウォーターの世界市場マッピングと機会評価
5.3.1.タイプ別市場マッピングと機会評価
5.3.2.フレーバー別市場マッピングと機会評価
5.3.3.パッケージ別市場マッピングと機会評価
5.3.4.流通チャネル別市場マッピングと機会評価
5.3.5.地域チャネル別市場マッピングと機会評価
6.北米トニックウォーター市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額ベース
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.2.2.フレーバー別市場シェア分析
6.2.3.パッケージ別市場シェア分析
6.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
6.3.北米国別分析
6.3.1.米国のトニックウォーター市場展望
6.3.1.1.市場規模と予測
6.3.1.1.1.金額ベース
6.3.1.2.市場シェアと予測
6.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.3.1.2.2.フレーバー別市場シェア分析
6.3.1.2.3.パッケージ別市場シェア分析
6.3.1.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
6.3.2.カナダのトニックウォーター市場展望
6.3.2.1.市場規模・予測
6.3.2.1.1.金額ベース
6.3.2.2.市場シェアと予測
6.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.3.2.2.2.フレーバー別市場シェア分析
6.3.2.2.3.パッケージ別市場シェア分析
6.3.2.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
6.3.3.メキシコのトニックウォーター市場展望
6.3.3.1.市場規模・予測
6.3.3.1.1.金額ベース
6.3.3.2.市場シェアと予測
6.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
6.3.3.2.2.フレーバー別市場シェア分析
6.3.3.2.3.パッケージ別市場シェア分析
6.3.3.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
7.欧州トニックウォーター市場展望
7.1.市場規模・予測
7.1.1.金額ベース
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.2.2.フレーバー別市場シェア分析
7.2.3.パッケージ別市場シェア分析
7.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.ヨーロッパ国別分析
7.3.1.ドイツのトニックウォーター市場展望
7.3.1.1.市場規模と予測
7.3.1.1.1.金額ベース
7.3.1.2.市場シェアと予測
7.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.1.2.2.フレーバー別市場シェア分析
7.3.1.2.3.パッケージ別市場シェア分析
7.3.1.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.2.イギリスのトニックウォーター市場展望
7.3.2.1.市場規模・予測
7.3.2.1.1.金額ベース
7.3.2.2.市場シェアと予測
7.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.2.2.2.フレーバー別市場シェア分析
7.3.2.2.3.パッケージ別市場シェア分析
7.3.2.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.3.イタリアのトニックウォーター市場展望
7.3.3.1.市場規模・予測
7.3.3.1.1.金額ベース
7.3.3.2.市場シェアと予測
7.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.3.2.2.フレーバー別市場シェア分析
7.3.3.2.3.パッケージ別市場シェア分析
7.3.3.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.4.フランスのトニックウォーター市場展望
7.3.4.1.市場規模・予測
7.3.4.1.1.金額ベース
7.3.4.2.市場シェアと予測
7.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.4.2.2.フレーバー別市場シェア分析
7.3.4.2.3.パッケージ別市場シェア分析
7.3.4.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
7.3.5.スペインのトニックウォーター市場展望
7.3.5.1.市場規模・予測
7.3.5.1.1.金額ベース
7.3.5.2.市場シェアと予測
7.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
7.3.5.2.2.フレーバー別市場シェア分析
7.3.5.2.3.パッケージ別市場シェア分析
7.3.5.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
8.アジア太平洋地域のトニックウォーター市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額ベース
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.2.2.フレーバー別市場シェア分析
8.2.3.パッケージ別市場シェア分析
8.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.アジア太平洋地域国別分析
8.3.1.中国トニックウォーター市場の展望
8.3.1.1.市場規模と予測
8.3.1.1.1.金額ベース
8.3.1.2.市場シェアと予測
8.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.1.2.2.フレーバー別市場シェア分析
8.3.1.2.3.パッケージ別市場シェア分析
8.3.1.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.2.インドのトニックウォーター市場展望
8.3.2.1.市場規模・予測
8.3.2.1.1.金額ベース
8.3.2.2.市場シェアと予測
8.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.2.2.2.フレーバー別市場シェア分析
8.3.2.2.3.パッケージ別市場シェア分析
8.3.2.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.3.日本のトニックウォーター市場展望
8.3.3.1.市場規模・予測
8.3.3.1.1.金額ベース
8.3.3.2.市場シェアと予測
8.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.3.2.2.フレーバー別市場シェア分析
8.3.3.2.3.パッケージ別市場シェア分析
8.3.3.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.4.韓国のトニックウォーター市場展望
8.3.4.1.市場規模と予測
8.3.4.1.1.金額ベース
8.3.4.2.市場シェアと予測
8.3.4.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.4.2.2.フレーバー別市場シェア分析
8.3.4.2.3.パッケージ別市場シェア分析
8.3.4.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
8.3.5.オーストラリアのトニックウォーター市場展望
8.3.5.1.市場規模・予測
8.3.5.1.1.金額ベース
8.3.5.2.市場シェアと予測
8.3.5.2.1.タイプ別市場シェア分析
8.3.5.2.2.フレーバー別市場シェア分析
8.3.5.2.3.パッケージ別市場シェア分析
8.3.5.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
9.南米トニックウォーターの市場展望
9.1.市場規模・予測
9.1.1.金額ベース
9.2.市場シェアと予測
9.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.2.2.フレーバー別市場シェア分析
9.2.3.パッケージ別市場シェア分析
9.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
9.3.南米国別分析
9.3.1.ブラジルのトニックウォーター市場展望
9.3.1.1.市場規模と予測
9.3.1.1.1.金額ベース
9.3.1.2.市場シェアと予測
9.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.3.1.2.2.フレーバー別市場シェア分析
9.3.1.2.3.パッケージ別市場シェア分析
9.3.1.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
9.3.2.アルゼンチンのトニックウォーター市場展望
9.3.2.1.市場規模・予測
9.3.2.1.1.金額ベース
9.3.2.2.市場シェアと予測
9.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.3.2.2.2.フレーバー別市場シェア分析
9.3.2.2.3.パッケージ別市場シェア分析
9.3.2.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
9.3.3.コロンビアのトニックウォーター市場展望
9.3.3.1.市場規模・予測
9.3.3.1.1.金額ベース
9.3.3.2.市場シェアと予測
9.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
9.3.3.2.2.フレーバー別市場シェア分析
9.3.3.2.3.パッケージ別市場シェア分析
9.3.3.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
10.中東・アフリカトニックウォーター市場展望
10.1.市場規模・予測
10.1.1.金額ベース
10.2.市場シェアと予測
10.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.2.2.フレーバー別市場シェア分析
10.2.3.パッケージ別市場シェア分析
10.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
10.3.MEA:国別分析
10.3.1.南アフリカのトニックウォーター市場展望
10.3.1.1.市場規模と予測
10.3.1.1.1.金額ベース
10.3.1.2.市場シェアと予測
10.3.1.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.3.1.2.2.フレーバー別市場シェア分析
10.3.1.2.3.パッケージ別市場シェア分析
10.3.1.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
10.3.2.サウジアラビアのトニックウォーター市場展望
10.3.2.1.市場規模・予測
10.3.2.1.1.金額ベース
10.3.2.2.市場シェアと予測
10.3.2.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.3.2.2.2.フレーバー別市場シェア分析
10.3.2.2.3.パッケージ別市場シェア分析
10.3.2.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
10.3.3.UAEトニックウォーターの市場展望
10.3.3.1.市場規模・予測
10.3.3.1.1.金額ベース
10.3.3.2.市場シェアと予測
10.3.3.2.1.タイプ別市場シェア分析
10.3.3.2.2.フレーバー別市場シェア分析
10.3.3.2.3.パッケージ別市場シェア分析
10.3.3.2.4.流通チャネル別市場シェア分析
11.市場ダイナミクス
11.1.促進要因
11.2.課題
12.市場動向
13.SWOT分析
13.1.強み
13.2.弱み
13.3.機会
13.4.脅威
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.コカ・コーラ社
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品とサービス
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.エル・グアポ・ビターズ
14.1.2.1.会社概要
14.1.2.2.製品とサービス
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.フェンティマンズ社
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品とサービス
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.フィーバーツリードリンクス社
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.製品とサービス
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.キューリグ・ドクター・ペッパー社
14.1.5.1.会社詳細
14.1.5.2.製品とサービス
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.ロンドンエッセンス社
14.1.6.1.会社の詳細
14.1.6.2.製品とサービス
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.フランクリン&サンズ社
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品とサービス
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.ブラッドリートニック社
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品とサービス
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.東御飲料株式会社
14.1.9.1.会社詳細
14.1.9.2.製品とサービス
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.QトニックLLC
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品とサービス
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言
15.1.重点分野
15.2.ターゲット・タイプ
15.3.ターゲット流通チャネル
16.会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

Global Tonic Water Market was valued at USD 780.52 Million in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 6.73% through 2028. The tonic water market had been experiencing steady growth due to several factors, including an increasing preference for premium and craft cocktails, as well as a rising demand for non-alcoholic beverages. Consumers were seeking high-quality mixers to complement their spirits and create unique cocktails at home. The tonic water market saw a shift towards healthier and more natural ingredients. This included a focus on reduced sugar content, the use of natural flavorings, and the introduction of low-calorie and diet tonic water options. Health-conscious consumers were looking for beverages with fewer artificial additives. Companies in the tonic water market were introducing a variety of unique and exotic flavors to cater to consumer preferences. Traditional flavors like classic tonic and citrus were joined by offerings such as elderflower, lavender, and various botanical infusions. Alongside the premiumization trend in the spirits industry, the tonic water market saw the emergence of premium and craft tonic water brands. These brands often used high-quality ingredients and unique flavor profiles to target discerning consumers.
The demand for non-alcoholic and low-alcohol beverages was on the rise, driven by health-conscious individuals and those who prefer not to consume alcohol. Tonic water, with its refreshing and bitter-sweet taste, became a popular choice for alcohol-free cocktails or mocktails. The tonic water market was not limited to a specific region; it had a global presence. Major manufacturers and brands were operating internationally, and local and artisanal tonic water producers were also gaining popularity. Tonic water brands were experimenting with packaging formats, such as small bottles and cans, to cater to the growing trend of on-the-go consumption and single-serve options. Tonic water brands were actively engaging in marketing and educational initiatives to promote their products, often collaborating with bartenders and mixologists to create signature cocktail recipes. Regulatory standards and labeling requirements for tonic water varied by country and region, which could impact market access and product formulation. Consumer preferences for high-quality, authentic products have given rise to premium tonic water brands. These brands prioritize top-notch ingredients, including natural botanicals and artisanal production methods. Consumers are willing to pay a premium for these superior offerings, driving the premiumization trend in the market.
Key Market Drivers
Changing Consumer Preferences
Changing consumer preferences are one of the primary driving factors behind the growth and transformation of the global tonic water market. As consumers become more discerning and health-conscious, their choices in beverages are evolving. Consumer preferences are at the heart of the tonic water market's evolution. This section delves into the key factors driving changing consumer preferences and their profound impact on the market. Consumers today are more willing to pay a premium for high-quality products. This preference extends to beverages, including tonic water. Premium tonic water brands that emphasize top-quality ingredients and unique flavor profiles have gained traction. The craft movement has made a significant impact on the beverage industry, and tonic water is no exception. Consumers are drawn to craft tonic water brands that focus on small-batch production, handcrafted techniques, and distinctive flavors. This preference aligns with the broader trend toward supporting local and independent producers.
Health-Conscious Choices
As consumers become more health-conscious, they are paying closer attention to sugar content, calorie counts, and ingredient lists. Tonic water brands have responded by offering diet and low-calorie variants, catering to consumers who want to enjoy a classic cocktail without the guilt of excess sugar or calories. The demand for natural and clean label products has increased. Tonic water brands are incorporating natural botanicals and flavors, avoiding artificial additives, colors, and sweeteners. Consumers seek beverages that align with their preference for transparency and natural ingredients. The trend toward healthier lifestyles and reduced alcohol consumption has led to an increased demand for non-alcoholic and low-alcohol beverages. Tonic water, with its characteristic bitterness and versatility, has become a popular choice for crafting sophisticated mocktails and alcohol-free cocktails.
Demand for Non-Alcoholic and Low-Alcohol
The growing preference for non-alcoholic and low-alcohol beverages is undeniably a major driver of the tonic water market globally. This trend has significantly contributed to the increased consumption and popularity of tonic water for several reasons. Health-conscious consumers are increasingly seeking alternatives to high-alcohol content beverages. The desire to limit alcohol intake for various reasons, including health, wellness, and moderation, has led to the rise of non-alcoholic and low-alcohol options. Alcoholic drinks are often calorie-dense, leading consumers to opt for lighter alternatives. Tonic water, particularly the low-calorie and diet variants, provides a suitable base for those looking to enjoy a beverage without the calorie burden associated with alcohol. Tonic water's unique and refreshing flavor, characterized by its bitterness and subtle sweetness, makes it an excellent base for crafting non-alcoholic mocktails and alcohol-free cocktails. This versatility appeals to consumers who seek sophisticated and flavorful beverages without alcohol. Tonic water's complex flavor profile can elevate non-alcoholic drinks. It pairs well with a wide range of fruit juices, herbs, and botanicals, allowing mixologists and home bartenders to create a diverse array of non-alcoholic concoctions.
Premiumization and Flavor Innovation
Premiumization is a key driver in many beverage industries, and the tonic water market is no exception. This trend involves the elevation of products to a higher quality and price point, often accompanied by a focus on authenticity, craftsmanship, and the use of premium ingredients. The demand for premium, high-quality non-alcoholic and low-alcohol beverages has surged. Tonic water brands have responded by developing premium, artisanal, and natural variants that cater to consumers seeking top-tier non-alcoholic options. The rise of non-alcoholic and low-alcohol trends has encouraged tonic water brands to introduce a diverse range of flavors beyond the classic tonic taste. These innovative flavors appeal to consumers looking for unique and enjoyable non-alcoholic beverages. Consumers increasingly seek products that offer an authentic and high-quality experience. Premium tonic water brands emphasize the use of top-notch ingredients, such as natural botanicals and artisanal production methods. This appeals to consumers who are willing to pay a premium for superior products. Premium tonic water often features complex flavor profiles that elevate the overall drinking experience. These brands may incorporate unique botanicals, herbs, and spices, resulting in a more sophisticated and refined taste. Premium tonic water is a preferred choice for mixologists and cocktail enthusiasts. Its distinct flavor and quality serve as an essential component in crafting exceptional cocktails. As cocktail culture continues to thrive, premium tonic water is in high demand to complement premium spirits. Flavor innovation plays a crucial role in driving the tonic water market. Consumers today crave novelty, diversity, and unique taste experiences, and tonic water brands have responded by introducing a wide range of innovative flavors. While classic tonic water remains popular, brands have expanded their offerings to include a variety of flavors such as elderflower, lavender, citrus blends, and exotic botanical infusions. These diverse flavor profiles cater to consumers looking for novel and exciting taste experiences.
Social and Cultural Shifts
Social and cultural shifts have emerged as significant drivers of the tonic water market. These shifts reflect evolving consumer attitudes, behaviors, and values, influencing their preferences and choices related to beverages. There is a growing awareness of the importance of responsible alcohol consumption. As a result, many consumers are choosing to moderate their alcohol intake or abstain from alcoholic beverages altogether. Tonic water, with its versatility as a mixer, provides a non-alcoholic alternative that can be enjoyed without the effects of alcohol. Social and cultural shifts have led to a decline in heavy drinking and binge drinking. People are increasingly seeking lighter, more balanced drinking options. Tonic water is a suitable companion for those looking to enjoy a refined beverage without the high alcohol content. Tonic water's adaptability and suitability for various occasions have made it a versatile choice in social settings. Whether enjoyed at a casual get-together, a sophisticated cocktail party, or a relaxed evening at home, tonic water fits a wide range of social occasions. Tonic water has found favor among designated drivers, pregnant women, and individuals who choose not to consume alcohol for various reasons. It allows them to actively participate in social gatherings without feeling left out. Social and cultural shifts are major drivers of the tonic water market, reshaping consumer preferences and influencing beverage choices. These shifts reflect a changing landscape where consumers seek more inclusive, healthier, and versatile options. Tonic water, with its adaptability, non-alcoholic variants, and ability to cater to evolving cultural norms, has positioned itself as a favored choice among consumers seeking a sophisticated and refreshing beverage that aligns with their values and lifestyles. As social and cultural trends continue to evolve, the tonic water market is poised for further growth and adaptation.
Key Market Challenges
Market Saturation
Market saturation can be a significant challenge in the global tonic water market due to several reasons. When a market becomes saturated, it means there are numerous established brands and products already competing for market share. This intense competition can make it difficult for new entrants to gain a foothold. Established brands may have well-established distribution networks, brand recognition, and customer loyalty, making it challenging for newcomers to compete effectively. In a saturated market, price competition can become fierce. Brands may lower prices to attract customers, leading to thinner profit margins for all players. This can make it challenging for companies to maintain profitability and invest in product innovation or marketing. As the market saturates, securing distribution channels and shelf space becomes more competitive. Retailers may prioritize well-known brands, making it difficult for newer or smaller brands to secure prime placement in stores. To compete effectively in a saturated market, companies may need to allocate significant resources to marketing and advertising. This can strain budgets, especially for smaller players, and may not guarantee success in gaining market share.
Ingredient Sourcing and Pricing
Quinine is a key ingredient in tonic water, responsible for its characteristic bitter taste. Quinine is traditionally sourced from the bark of the cinchona tree. However, the availability of cinchona bark can be influenced by factors such as weather conditions, disease outbreaks, and environmental regulations. These factors can lead to fluctuations in quinine supply and pricing. Ensuring the quality of quinine is crucial for producing a consistent product. Variations in the quality of quinine obtained from different sources can impact the flavor and overall quality of tonic water. Besides quinine, tonic water often contains various botanicals and flavorings, such as citrus, herbs, and spices. Sourcing these ingredients can be challenging, especially if they are grown in specific regions or have seasonal availability. Global supply chains are susceptible to disruptions, including natural disasters, political instability, and trade disputes.
Any disruption in the supply chain can lead to delays in production and increased costs. Fluctuations in currency exchange rates can affect the cost of importing ingredients. If the currency of the country where ingredients are sourced weakens relative to the currency of the manufacturer, it can increase production costs. Consumers are increasingly concerned about the sustainability and ethical sourcing of ingredients. Brands must consider the environmental impact of ingredient sourcing and may need to invest in sustainable and responsible sourcing practices. Prices of agricultural commodities used in tonic water production, such as citrus fruits and herbs, can be volatile due to factors like weather conditions and global demand. This volatility can make it challenging for manufacturers to predict and manage costs.
Key Market Trends
Increasing Demand for Low-Sugar and Naturally Flavored Tonic Water
Consumers have developed a strong preference for premium spirits and are willing to spend money on innovative products with a distinct characters. As a result, there is a growing preference for premium-priced mixers, including tonic water. The cocktail trend resurgence in emerging economies boosted growth for the super-premium tonic water category. Due to the rise in obesity and diabetes problems, consumers want their drinks to be low or zero sugar with good taste.
The young population became more health conscious and avoided having products with high carbohydrate content. In addition, diet tonic water is gaining increasing acceptance among consumers owing to its lesser sugar content than regular diet variants that possess fewer calories or carbohydrates. Companies are also bringing in new naturally flavored water in this product segment, intending to cater to the consumers’ specific needs for diet consciousness and taste factors. For instance, in May 2022, the Famous Gloucestershire arm, Daylesford Organic, launched organic tonic water manufactured in the United Kingdom. The new organic tonic waters come in four flavors – light, cucumber, wild elderflower, and Damascena rose – and are made with dandelion instead of quinine.
Sustainability and Eco-Friendly Packaging
Sustainability has become a central concern in the beverage industry. Tonic water brands are making efforts to reduce their environmental footprint, from sourcing ingredients responsibly to minimizing packaging waste. Brands are increasingly focused on sourcing ingredients with a minimal environmental impact. This includes sustainable quinine procurement, ethical botanical sourcing, and supporting communities involved in ingredient production. Many tonic water brands are actively reducing plastic use by adopting eco-friendly packaging options. This includes recyclable, biodegradable, and reusable packaging materials.
Segmental Insights
Flavor Insights
By type, the market is segmented into plain and flavored tonic water. Plain tonic water is the most popular type of tonic water, accounting for the majority of the market share. Flavored tonic water is becoming increasingly popular, with consumers demanding new and innovative flavors. Plain tonic water has a classic, bitter flavor that pairs well with a variety of alcoholic beverages, such as gin, vodka, and tequila. Plain tonic water can be used in a variety of cocktails, including the gin and tonic, vodka tonic, and tequila tonic. It can also be enjoyed on its own or as a mixer for non-alcoholic drinks. Plain tonic water can be used in a variety of cocktails, including the gin and tonic, vodka tonic, and tequila tonic. It can also be enjoyed on its own or as a mixer for non-alcoholic drinks. Plain tonic water can be used in a variety of cocktails, including the gin and tonic, vodka tonic, and tequila tonic. It can also be enjoyed on its own or as a mixer for non-alcoholic drinks.
Flavored tonic waters offer a wider variety of flavor profiles, which can appeal to consumers who are looking for something different. However, plain tonic water remains the most popular type of tonic water due to its classic flavor, versatility, availability, and affordability.
Regional Insights
Based on region, Europe dominated the market in 2022.Europe is famous for its Gin consumption. Gin and tonic are one of the most famous cocktails in Europe. Tonic water is renowned in the region for its flavors and multiple uses in different beverages. The market for tonic water is growing in Europe owing to the new and innovative product launches by market players. It is available in different flavors, prices, and packaging. As consumers are focused on health, different calorie-free and sugar-free tonic waters are also available in the market.
Key Market Players
Coca-Cola Company
El Guapo Bitters
Fentimans Ltd.
Fever Tree Drinks Plc
Keurig Dr. Pepper Inc.
London Essence Company
Franklin & Sons Ltd
Bradley's Tonic Co.
East Imperial Beverage Corporation
Q Tonic LLC
Report Scope:
In this report, the Global Tonic Water Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• Tonic Water Market, By Type:
o Regular Tonic Water
o Low-Calorie Tonic Water
o Slimline Tonic Water
• Tonic Water Market, By Flavor:
o Plain Tonic Water
o Flavored Tonic Water
• Tonic Water Market, By Packaging:
o Bottles
o Cans
• Tonic Water Market, By Distribution Channel:
o Hypermarkets/Supermarkets
o Convenience Stores
o Online
o Others
• Tonic Water Market, By Region:
o North America
 United States
 Canada
 Mexico
o Europe
 France
 United Kingdom
 Italy
 Germany
 Spain
o Asia-Pacific
 China
 India
 Japan
 Australia
 South Korea
o South America
 Brazil
 Argentina
 Colombia
o Middle East & Africa
 South Africa
 Saudi Arabia
 UAE
 Turkey
 Egypt
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Tonic Water Market.
Available Customizations:
Global Tonic Water market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Regions
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer
4.1. Brand Awareness
4.2. Factors Influencing Purchase Decisions
4.3. Challenges Faced
5. Global Tonic Water Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Type Market Share Analysis (Regular Tonic Water, Low-Calorie Tonic Water, Slimline Tonic Water)
5.2.2. By Flavor Market Share Analysis (Plain Tonic Water, Flavored Tonic Water)
5.2.3. By Packaging Market Share Analysis (Bottles, Cans)
5.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis (Hypermarkets/Supermarkets, Convenience Stores, Online, Others)
5.2.5. By Regional Market Share Analysis
5.2.5.1. North America Market Share Analysis
5.2.5.2. South America Market Share Analysis
5.2.5.3. Middle East & Africa Market Share Analysis
5.2.5.4. Europe Market Share Analysis
5.2.5.5. Asia-Pacific Market Share Analysis
5.2.6. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. Global Tonic Water Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By Flavor Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Packaging Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.4. By Distribution Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.5. By Region Channel Market Mapping & Opportunity Assessment
6. North America Tonic Water Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Type Market Share Analysis
6.2.2. By Flavor Market Share Analysis
6.2.3. By Packaging Market Share Analysis
6.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.3. North America: Country Analysis
6.3.1. United States Tonic Water Market Outlook
6.3.1.1. Market Size & Forecast
6.3.1.1.1. By Value
6.3.1.2. Market Share & Forecast
6.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
6.3.1.2.2. By Flavor Market Share Analysis
6.3.1.2.3. By Packaging Market Share Analysis
6.3.1.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.3.2. Canada Tonic Water Market Outlook
6.3.2.1. Market Size & Forecast
6.3.2.1.1. By Value
6.3.2.2. Market Share & Forecast
6.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
6.3.2.2.2. By Flavor Market Share Analysis
6.3.2.2.3. By Packaging Market Share Analysis
6.3.2.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
6.3.3. Mexico Tonic Water Market Outlook
6.3.3.1. Market Size & Forecast
6.3.3.1.1. By Value
6.3.3.2. Market Share & Forecast
6.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
6.3.3.2.2. By Flavor Market Share Analysis
6.3.3.2.3. By Packaging Market Share Analysis
6.3.3.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
7. Europe Tonic Water Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Type Market Share Analysis
7.2.2. By Flavor Market Share Analysis
7.2.3. By Packaging Market Share Analysis
7.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3. Europe: Country Analysis
7.3.1. Germany Tonic Water Market Outlook
7.3.1.1. Market Size & Forecast
7.3.1.1.1. By Value
7.3.1.2. Market Share & Forecast
7.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.1.2.2. By Flavor Market Share Analysis
7.3.1.2.3. By Packaging Market Share Analysis
7.3.1.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.2. United Kingdom Tonic Water Market Outlook
7.3.2.1. Market Size & Forecast
7.3.2.1.1. By Value
7.3.2.2. Market Share & Forecast
7.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.2.2.2. By Flavor Market Share Analysis
7.3.2.2.3. By Packaging Market Share Analysis
7.3.2.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.3. Italy Tonic Water Market Outlook
7.3.3.1. Market Size & Forecast
7.3.3.1.1. By Value
7.3.3.2. Market Share & Forecasty
7.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.3.2.2. By Flavor Market Share Analysis
7.3.3.2.3. By Packaging Market Share Analysis
7.3.3.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.4. France Tonic Water Market Outlook
7.3.4.1. Market Size & Forecast
7.3.4.1.1. By Value
7.3.4.2. Market Share & Forecast
7.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.4.2.2. By Flavor Market Share Analysis
7.3.4.2.3. By Packaging Market Share Analysis
7.3.4.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
7.3.5. Spain Tonic Water Market Outlook
7.3.5.1. Market Size & Forecast
7.3.5.1.1. By Value
7.3.5.2. Market Share & Forecast
7.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
7.3.5.2.2. By Flavor Market Share Analysis
7.3.5.2.3. By Packaging Market Share Analysis
7.3.5.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
8. Asia-Pacific Tonic Water Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Type Market Share Analysis
8.2.2. By Flavor Market Share Analysis
8.2.3. By Packaging Market Share Analysis
8.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3. Asia-Pacific: Country Analysis
8.3.1. China Tonic Water Market Outlook
8.3.1.1. Market Size & Forecast
8.3.1.1.1. By Value
8.3.1.2. Market Share & Forecast
8.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.1.2.2. By Flavor Market Share Analysis
8.3.1.2.3. By Packaging Market Share Analysis
8.3.1.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.2. India Tonic Water Market Outlook
8.3.2.1. Market Size & Forecast
8.3.2.1.1. By Value
8.3.2.2. Market Share & Forecast
8.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.2.2.2. By Flavor Market Share Analysis
8.3.2.2.3. By Packaging Market Share Analysis
8.3.2.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.3. Japan Tonic Water Market Outlook
8.3.3.1. Market Size & Forecast
8.3.3.1.1. By Value
8.3.3.2. Market Share & Forecast
8.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.3.2.2. By Flavor Market Share Analysis
8.3.3.2.3. By Packaging Market Share Analysis
8.3.3.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.4. South Korea Tonic Water Market Outlook
8.3.4.1. Market Size & Forecast
8.3.4.1.1. By Value
8.3.4.2. Market Share & Forecast
8.3.4.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.4.2.2. By Flavor Market Share Analysis
8.3.4.2.3. By Packaging Market Share Analysis
8.3.4.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
8.3.5. Australia Tonic Water Market Outlook
8.3.5.1. Market Size & Forecast
8.3.5.1.1. By Value
8.3.5.2. Market Share & Forecast
8.3.5.2.1. By Type Market Share Analysis
8.3.5.2.2. By Flavor Market Share Analysis
8.3.5.2.3. By Packaging Market Share Analysis
8.3.5.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
9. South America Tonic Water Market Outlook
9.1. Market Size & Forecast
9.1.1. By Value
9.2. Market Share & Forecast
9.2.1. By Type Market Share Analysis
9.2.2. By Flavor Market Share Analysis
9.2.3. By Packaging Market Share Analysis
9.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.3. South America: Country Analysis
9.3.1. Brazil Tonic Water Market Outlook
9.3.1.1. Market Size & Forecast
9.3.1.1.1. By Value
9.3.1.2. Market Share & Forecast
9.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
9.3.1.2.2. By Flavor Market Share Analysis
9.3.1.2.3. By Packaging Market Share Analysis
9.3.1.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.3.2. Argentina Tonic Water Market Outlook
9.3.2.1. Market Size & Forecast
9.3.2.1.1. By Value
9.3.2.2. Market Share & Forecast
9.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
9.3.2.2.2. By Flavor Market Share Analysis
9.3.2.2.3. By Packaging Market Share Analysis
9.3.2.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
9.3.3. Colombia Tonic Water Market Outlook
9.3.3.1. Market Size & Forecast
9.3.3.1.1. By Value
9.3.3.2. Market Share & Forecast
9.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
9.3.3.2.2. By Flavor Market Share Analysis
9.3.3.2.3. By Packaging Market Share Analysis
9.3.3.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
10. Middle East and Africa Tonic Water Market Outlook
10.1. Market Size & Forecast
10.1.1. By Value
10.2. Market Share & Forecast
10.2.1. By Type Market Share Analysis
10.2.2. By Flavor Market Share Analysis
10.2.3. By Packaging Market Share Analysis
10.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.3. MEA: Country Analysis
10.3.1. South Africa Tonic Water Market Outlook
10.3.1.1. Market Size & Forecast
10.3.1.1.1. By Value
10.3.1.2. Market Share & Forecast
10.3.1.2.1. By Type Market Share Analysis
10.3.1.2.2. By Flavor Market Share Analysis
10.3.1.2.3. By Packaging Market Share Analysis
10.3.1.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.3.2. Saudi Arabia Tonic Water Market Outlook
10.3.2.1. Market Size & Forecast
10.3.2.1.1. By Value
10.3.2.2. Market Share & Forecast
10.3.2.2.1. By Type Market Share Analysis
10.3.2.2.2. By Flavor Market Share Analysis
10.3.2.2.3. By Packaging Market Share Analysis
10.3.2.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
10.3.3. UAE Tonic Water Market Outlook
10.3.3.1. Market Size & Forecast
10.3.3.1.1. By Value
10.3.3.2. Market Share & Forecast
10.3.3.2.1. By Type Market Share Analysis
10.3.3.2.2. By Flavor Market Share Analysis
10.3.3.2.3. By Packaging Market Share Analysis
10.3.3.2.4. By Distribution Channel Market Share Analysis
11. Market Dynamics
11.1. Drivers
11.2. Challenges
12. Market Trends & Developments
13. SWOT Analysis
13.1. Strength
13.2. Weakness
13.3. Opportunity
13.4. Threat
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. Coca-Cola Company
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Products & Services
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. El Guapo Bitters
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Products & Services
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. Fentimans Ltd.
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Products & Services
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. Fever Tree Drinks Plc
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Products & Services
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Keurig Dr. Pepper Inc.
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Products & Services
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. London Essence Company
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Products & Services
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. Franklin & Sons Ltd
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Products & Services
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Bradley's Tonic Co.
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Products & Services
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. East Imperial Beverage Corporation
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Products & Services
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Q Tonic LLC
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Products & Services
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key Market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Type
15.3. Target Distribution Channel
16. About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(flavored)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/12 10:27

160.11 円

174.44 円

209.47 円

ページTOPに戻る