世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

北米エアコン市場:製品タイプ別(スプリット、VRF、チラー、窓、その他(ポータブル、フロアスタンディングなど))、エンドユース別(住宅、商業/産業)、地域別、競合予測&機会:2018-2028F


North America Air Conditioners Market By Product Type (Splits, VRFs, Chillers, Windows, and Others (Portable, Floor Standing, etc.)), By End Use (Residential, Commercial/Industrial), By Region, By Competition Forecast & Opportunities, 2018-2028F

北米のエアコン市場は2022年に246億米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は6.07%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。北米のエアコン市場は、住宅用から商業用、工業用まで、多様な用途に気候制... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
TechSci Research
テックサイリサーチ
2023年11月7日 US$4,400
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
133 英語

 

サマリー

北米のエアコン市場は2022年に246億米ドルと評価され、2028年までの年平均成長率は6.07%で、予測期間中に力強い成長が予測されている。北米のエアコン市場は、住宅用から商業用、工業用まで、多様な用途に気候制御ソリューションを提供する上で極めて重要な役割を果たす、堅調でダイナミックなセクターである。
北米のエアコン市場は、気温の上昇、都市化の進展、エネルギー効率に対する意識の高まりなどの要因によって、長年にわたって着実な成長を遂げている。同市場は、スプリットエアコン、窓用ユニット、ポータブルエアコン、セントラルエアコンシステム、ダクトレス・ミニスプリットシステムなど、さまざまな冷房ソリューションで構成されている。こうした製品の多様性は、この地域の消費者の多様な冷房ニーズに対応している。
北米は、米国南部の灼熱の夏からカナダのような北部地域の極寒まで、幅広い気候に見舞われる。そのため、エアコンは暑い夏に快適な室内環境を維持するために不可欠なものと考えられている。
急速な都市化により、近代的な冷房を必要とする住宅や商業ビルの建設が増加している。都市生活者は暑さと湿度対策にエアコンを利用することが多く、需要を牽引している。
北米の厳しいエネルギー効率基準や規制は、消費者やメーカーがエネルギー効率の高い空調システムを優先するよう影響を及ぼしている。エネルギースター認証やその他のイニシアチブは、環境に優しい省エネ技術の採用に貢献している。
旧式で効率の悪い冷房システムを、より新しくエネルギー効率の良いモデルに置き換える必要性が、市場の原動力となっている。消費者は、性能の向上とエネルギー消費の削減を実現するシステムを求めるようになっている。
エアコンの多用は、エネルギー資源に負担をかけ、温室効果ガス排出の一因となる。冷房による快適性の要求と環境の持続可能性のバランスをとることは、依然として課題である。さらに、空調システムの購入と設置にかかる初期費用が高額であるため、消費者の中には敬遠する人もいる。しかし、長期的なエネルギー節約の可能性は、初期投資を正当化することが多い。さらに、北米のエアコン需要は季節変動が大きく、夏季にピークを迎える。この季節変動は、メーカーや小売業者にとって在庫管理上の課題となる。
スマートテクノロジーの統合が顕著なトレンドとなっており、スマートフォンで遠隔操作できるWi-Fi対応エアコンが開発されている。これらのシステムは、利便性とエネルギー管理機能を強化している。さらに、ダクトレス・ミニスプリット・エアコンは、そのエネルギー効率、ゾーニング機能、設置の容易さから人気を博している。古い住宅や商業スペースの改修に適している。さらに、ヒートポンプエアコンは、1つのシステムで冷房と暖房の両方の機能を提供するため、増加傾向にある。この多用途性は、年間を通じた空調ソリューションを求める消費者にとって魅力的である。
主要市場要因
気候変動と異常気象
北米エアコン市場の最も重要な推進要因の1つは、この地域の気候変動と異常気象の発生である。北米は、北部の極寒の地から南部の灼熱の夏まで、さまざまな気候に見舞われる。この気候の多様性により、暖房と冷房の両方のソリューションを提供できる空調システムに対する需要が大きくなっている。
近年、気候変動により北米全域で熱波の頻度と強度が増加している。このような暑い時期が長く続くことで、消費者は快適さと安全のために空調システムに投資するようになった。さらに、特定の地域では厳しい寒波が襲い、暖房ソリューションの必要性が高まっているため、冷房と暖房の両方の機能を備えたヒートポンプシステムの人気が高まっている。
異常気象が頻発するようになるにつれ、住宅所有者や企業は、年間を通じて空調をコントロールできるエネルギー効率が高く、信頼性の高い空調システムを求めるようになっている。この傾向は、インバーター駆動コンプレッサー、スマート・サーモスタット、エネルギー効率の高いHVACシステムなどの先進技術の採用につながっており、快適さを提供するだけでなく、エネルギー消費と温室効果ガス排出の削減にも役立っている。
エネルギー効率と環境の持続可能性
エネルギー効率と環境の持続可能性は、北米エアコン市場の主要な推進力となっている。気候変動やエネルギー消費が環境に与える影響に対する懸念が高まる中、消費者や規制機関はエネルギー効率の高い冷暖房ソリューションを優先している。
例えば米国環境保護庁(EPA)は、エアコンを含むエネルギー効率の高い製品を認証する ENERGY STAR プログラムを導入した。北米の消費者は、エネル ギー料金を削減し二酸化炭素排出量を最小限に抑えるために、ENERGY STAR認定の空調システムを求めるようになって いる。
エネルギー効率の高い HVAC システムに対する政府の優遇措置やリベートは、消費者や企業が環境に優しい冷房ソリュー ションに投資することをさらに促す。このようなインセンティブは、長期的な運用コストを削減したいという願望と相まって、電力使用量と温室効果ガス排出量を削減する高効率空調機器の採用を促進している。
さらに、可変冷媒フロー(VRF)システムや、地球温暖化係数(GWP)の低い冷媒の使用といった技術革新が、北米のエアコン市場で人気を集めている。これらの技術はエネルギー効率を高めるだけでなく、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)やハイドロフルオロカーボン(HFC)などの高GWP冷媒の段階的廃止を目指す環境規制にも合致している。
スマートテクノロジーとコネクティビティ
空調システムにおけるスマート技術と接続機能の統合は、北米のエアコン市場を再構築するもう一つの主要な推進要因である。消費者は、利便性、制御、省エネを提供するコネクテッドHVACソリューションをますます求めるようになっている。
スマートサーモスタットや空調システムにより、ユーザーはスマートフォンのアプリやAmazon AlexaやGoogle Assistantのような音声アシスタントを介して、温度設定の遠隔操作、エネルギー使用量の監視、パーソナライズされた冷房スケジュールの作成が可能になる。このレベルのコントロールは、消費者にエネルギー消費を最適化し、光熱費を削減し、より快適な室内環境を作り出す力を与える。
さらに、モノのインターネット(IoT)の台頭は、エアコンが照明、ブラインド、セキュリティシステムなど、家庭内の他のスマートデバイスと通信できるコネクテッドHVACエコシステムの開発を可能にした。この相乗効果により、さまざまな機器の動作を調整してエネルギーの無駄を最小限に抑えることで、エネルギー効率が向上する。
スマートHVACソリューションは、リアルタイムのモニタリングと予知メンテナンス機能を提供するため、企業も採用している。スマート空調システムは、性能上の問題や故障を早期に検出できるため、コストのかかる故障を防ぎ、商業ビルのエネルギー使用を最適化することができる。
空調システムにおけるスマート技術の需要により、メーカーは、ユーザーの好みに適応する機械学習アルゴリズム、室内の空気質を改善する空気質センサー、エネルギー消費パターンに関する洞察を提供するエネルギー管理システムなどの高度な機能を組み込むようになった。

主な市場課題
エネルギー効率と環境規制
北米エアコン市場が直面する最大の課題の1つは、エネルギー効率と環境規制の重視の高まりである。気候変動と環境の持続可能性に対する意識が高まるにつれて、エネルギー効率が高く二酸化炭素排出量を削減できる空調システムを製造するよう、メーカーに対する圧力が高まっている。
米国とカナダは、エアコンを含む家電製品に対する厳しいエネルギー効率基準と規制を導入している。これらの規制は、エネルギー消費と温室効果ガスの排出を制限することを目的としている。これらの基準は環境保全に不可欠である一方、これらの要件を満たすために研究開発に投資しなければならないメーカーにとっては難題となっている。
これらのエネルギー効率基準を満たすには、可変速コンプレッサー、断熱性の向上、スマート制御などの先進技術を取り入れる必要がある場合が多く、製造コストが上昇する可能性がある。製造業者は、適合の必要性と、手頃な価格に対する消費者の期待のバランスを取らなければならず、市場に大きな課題を投げかけている。
消費者の嗜好の変化と技術の進歩
北米の消費者の嗜好は、気候変動への懸念、スマートホームの統合、健康関連への配慮といった要因によって急速に進化している。現代の消費者は、効率的に冷やすだけでなく、空気清浄、湿度コントロール、スマートホームシステムとの互換性などの機能を備えたエアコンを求めている。
競争力を維持するために、メーカーは継続的な技術革新を行い、最先端技術を製品に取り入れる必要がある。これには、遠隔監視・制御のためのIoT(モノのインターネット)機能の統合や、環境規制に沿った環境に優しい冷媒の使用などが含まれる。しかし、技術の進歩の最前線に立ち続けることは、研究開発に多額の投資を必要とするため、かなりの難題となりうる。
さらに、こうした先進的な空調システムには割高な費用がかかることが多いため、その利点や機能性について消費者を教育することも不可欠である。ハイテクでエネルギー効率の高いエアコンへの投資を消費者に納得させることは、特に初期購入価格が従来のシステムより高い場合には、ハードルとなりうる。
市場競争と価格感度
北米のエアコン市場は競争が激しく、国内外の多数のメーカーが市場シェアを争っている。この熾烈な競争は価格に下落圧力をかけ、メーカーが高品質でエネルギー効率の高いユニットを生産しながら、健全な利益率を維持することを困難にしている。
価格への敏感さは、メーカーと消費者の双方にとって重要な懸念事項である。消費者は低価格の選択肢に惹かれることが多いが、メーカーは、材料費、人件費、エネルギー効率基準への適合コストの上昇に制約されている。この課題には、効率的なサプライチェーン管理、コスト効率の高い生産プロセス、エネルギー効率の高い空調システムに関連する長期的なコスト削減を強調する効果的なマーケティング戦略が必要である。
さらに、市場は景気変動や貿易政策・関税などの外部要因の影響を受けやすく、価格設定やサプライチェーンの力学に影響を与える可能性がある。メーカーは、消費者の需要を満たす競争力のある価格の製品を提供しながら、こうした不確実性を乗り越えていかなければならない。
主な市場動向
エネルギー効率と持続可能性
北米エアコン市場における最も重要かつ永続的なトレンドのひとつは、エネルギー効率と持続可能性の重視の高まりである。この傾向はいくつかの要因によってもたらされる:
環境への関心:環境問題への関心:気候変動や環境問題に対する意識の高まりにより、消費者も政府も環境に優しいソリューションを優先するようになった。これを受けて、メーカーは、地球温暖化係数(GWP)が低く、温室効果ガスの排出を抑えた、環境にやさしい冷媒を使用する空調システムを開発している。
エネルギー規制:北米では、SEER(季節エネルギー効率比)やEER(エネルギー効率比)基準など、厳しいエネルギー効率規制が実施されている。これらの規制は、空調システムが特定のエネルギー性能基準を満たすことを義務付けており、よりエネルギー効率の高いモデルの開発を促進している。メーカー各社は、これらの基準を満たすだけでなく、それを上回るシステムを生み出すために研究開発に投資しており、消費者にエネルギー料金の削減に役立つ高効率の選択肢を提供している。
スマート&コネクテッド・テクノロジー:空調システムにおけるスマート&コネクテッド・テクノロジーの統合がトレンドとなっている。最新のエアコンは、スマートフォンやスマート・ホーム・システムを通じて遠隔操作することができ、ユーザーはエネルギー消費を最小限に抑えながら、冷房の好みを最適化することができる。さらに、これらのシステムはユーザーの好みを「学習」し、最適な効率になるように設定を自動的に調整することができる。
健康と空気の質に関する懸念
COVID-19の大流行により、室内空気品質と健康への配慮の重要性が高まり、北米エアコン市場の特定のトレンドにつながっている:
空気浄化:空気浄化:多くの消費者は、室内空気から粒子、アレルゲン、汚染物質を除去できる高度な空気浄化システムを搭載したエアコンを求めている。HEPAフィルターやUV-C光技術は、室内空気の質を向上させるため、空調システムへの搭載が進んでいる。
湿度管理:室内の湿度を最適なレベルに保つことは、快適性と健康にとって極めて重要です。現在、一部のエアコンには除湿機能が搭載されており、快適性を高めるだけでなく、カビやバクテリアの繁殖を抑制します。
HVACの統合:暖房・換気・空調(HVAC)システムの統合が進んでいる。消費者は、エアコン単体ではなく、家全体の温度と空気質を効率的にコントロールできる総合的なソリューションを求めている。
インバーター技術の採用
インバーター技術は、そのエネルギー効率と性能の利点により、北米のエアコン市場で支持を集めている:
エネルギーの節約:エネルギー節約:インバーターベースのエアコンは、部屋の温度に基づいてコンプレッサーの回転数と冷却能力を調整し、システムが最適なレベルで作動するようにする。その結果、常にオンとオフを繰り返す従来の固定速度システムと比較して、大幅な省エネを実現します。
快適性の向上:インバーター技術により、正確な温度制御が可能になり、温度変動が減少するため、ユーザーの快適性が向上します。また、冷却と加熱のプロセスが緩やかなため、騒音やシステムの消耗も少なくなります。
環境への影響:インバーター式エアコンは、消費エネルギーが少なく、効率的に動作するため、二酸化炭素排出量が少なく、持続可能性の目標や環境への配慮に沿う。
セグメント別インサイト
製品タイプ別インサイト
ダクトレスまたはミニスプリット空調システムとしても知られるスプリットが、北米エアコン市場で大きなシェアを確保している。この優位性は、同地域の住宅および商業用冷房ニーズにおいて、スプリットシステムが魅力的な選択肢となっているいくつかの要因によるものである。
エネルギー効率:スプリットエアコンはエネルギー効率が高く、省エネルギーと持続可能性が最重要視される市場において、この特徴は特に魅力的である。これらのシステムは、冷房需要に応じてコンプレッサーの回転数を調整するインバーター技術を採用しているため、エネルギー消費量が少なく、電気代が削減される。北米では環境への配慮が重要視されており、スプリットシステムのエネルギー効率に優れた特性は、これらの優先事項と完全に一致しています。
ゾーン冷却:スプリットエアコンの主な利点の1つは、ゾーン冷却を提供する能力です。これは、建物内の異なる部屋やゾーンを個別に制御できることを意味し、パーソナライズされた快適レベルを可能にします。多様な気候条件とさまざまな温度嗜好が存在する北米では、ゾーン冷房が非常に望まれており、スプリットシステムは人気の高い選択肢となっています。
設置が簡単スプリットシステムは、従来のダクト付きHVACシステムに比べて設置が比較的簡単です。ダクトがないため、設置が簡単なだけでなく、関連コストも削減できます。この利便性により、特にダクトの設置が現実的でない古い建物の改修において、スプリットシステムが好まれるようになっています。
設計の柔軟性:スプリットエアコンは、デザインや設置場所に柔軟性があります。室内ユニットは、壁や天井に取り付けたり、さまざまな方法で隠したりすることができ、室内の装飾とシームレスに調和します。この設計の柔軟性は、美観とスペースの最適化を重視する北米の住宅所有者や企業オーナーにとって魅力的です。
静かな運転音:スプリットシステムは、その静かな運転で知られています。室内機の騒音レベルは、従来の窓用エアコンやセントラルエアコンよりも大幅に低くなっています。この特長は、安らぎと静けさが最優先される住宅用途だけでなく、快適で気を散らすことのない環境が不可欠な商業スペースにも非常に適しています。
多様な製品群:メーカーは、さまざまなニーズに応えるため、多様なスプリット空調システムを提供しています。これには、小規模スペース向けのシングルゾーンシステムや、大規模な住宅や商業施設向けのマルチゾーンシステムが含まれます。選択肢が豊富なため、北米の消費者は特定の要件に合ったスプリットシステムを見つけることができる。
消費者の意識の向上:省エネ、室内空気環境の改善、カスタマイズされた快適性など、スプリットエアコンの利点に関する消費者の意識は北米で着実に高まっている。消費者がより効率的で環境に優しい冷房ソリューションを求めるにつれて、スプリットシステムの需要が大幅に増加している。
結論として、スプリットエアコンシステムは、そのエネルギー効率、ゾーン冷却機能、設置の容易さ、設計の柔軟性、静かな動作、多様な製品提供により、北米エアコン市場で大きなシェアを獲得している。同地域が引き続き省エネルギーと環境持続可能性を優先していることから、スプリットシステムの人気は持続し、さらに拡大することが予想され、市場での地位をさらに強固なものにしている。
最終用途に関する洞察
北米のエアコン市場は、様々な部門に対応するダイナミックで競争の激しい産業であり、中でも住宅部門はその成長と安定に大きく貢献している。北米エアコン市場における住宅部門の大きなシェアは、いくつかの重要な要因によるものである。
夏は高温多湿、冬は極寒となる北米では、エアコンは現代生活に欠かせない要素となっている。住民は、年間を通じて快適で望ましい室内気候を維持することを優先している。エアコンは、高い生活の質を確保するために、単なる贅沢品ではなく、必需品とみなされている。
北米は、米国南部の灼熱の夏からカナダの厳寒の冬まで、幅広い気候条件に見舞われる。このような気候の変動が、冷房と暖房の両方が可能な汎用性の高い空調ソリューションの需要を高めています。例えば、ダクトレス・ミニスプリット・システムは、一年中快適さを提供できることで人気を博しています。
エネルギー効率と持続可能性が重視されるようになり、北米の住宅所有者や建築業者は、エネルギー効率の高い空調システムを選択するようになっている。この傾向は、エネルギー効率の高い機器の設置を奨励する政府の取り組みやリベートと一致している。エネルギー効率の高いエアコンは光熱費を削減するだけでなく、環境保全にも貢献する。
北米では新築住宅の建設や改築プロジェクトが続いており、空調システムの需要をさらに押し上げている。新築住宅の多くはセントラル・エアコンを装備しているが、古い住宅では近代的な冷房ソリューションに対応するために改修工事が行われている。
技術の進歩により、スマートフォンやその他の機器から遠隔操作できるスマート空調システムが開発されている。こうした革新的な機能は利便性と制御性を高め、技術に詳しい住宅所有者にアピールしている。
空気の質と室内の快適性は、居住者の健康と幸福に極めて重要な役割を果たしている。室内空気の質に対する意識が高まるにつれて、より清潔で健康的な室内環境を確保する空気浄化・ろ過システムを備えたエアコンの需要も高まっている。
COVID-19の流行は、家庭用空調分野にも影響を与えている。多くの住宅所有者は、空気中の汚染物質の拡散を緩和するために、空気清浄機や濾過機能を強化したシステムに投資しており、住宅空間における空気品質の重要性を強めている。
エアコンは北米全域で不可欠であるが、好まれるシステムには地域差がある。米国南部ではセントラル空調方式が主流であるが、より温暖な気候の地域ではダクトレスシステムや窓用ユニットが好まれる場合もある。
地域別の洞察
北米のエアコン市場では米国が極めて重要な役割を果たしており、このダイナミックな業界で大きなシェアを占めている。アメリカのエアコン市場は、その広大な地理的多様性、気候変動、経済的繁栄、技術的進歩など、さまざまな要因によって特徴付けられ、北米市場での大きな存在感を示している。
地理的多様性と気候変動:米国は、極寒のアラスカから灼熱のアリゾナまで、幅広い気候帯にまたがっている。このような気候条件の多様性により、全米で空調ソリューションに対する需要が絶え間なく高まっている。アメリカ人は快適さだけでなく、熱波や極寒の冬といった極端な気象条件下での健康と安全のためにもエアコンを頼りにしている。
経済的繁栄:米国は強力で豊かな消費者基盤を誇っている。一人当たりGDPが高く、経済全体が豊かなため、国民のかなりの部分が空調システムに投資できる。さらに、企業、産業、商業施設は、快適な作業環境を維持し、貴重な設備を保護するために空調に依存している。
技術の進歩:米国は技術革新と研究の中心地である。米国のメーカーは、エネルギー効率の高いシステム、スマートサーモスタット、環境に優しい冷媒など、最先端の空調技術を開発している。こうした技術革新は国内需要に応えるだけでなく、世界の空調市場にも影響を与えている。
エネルギー効率規制:米国政府は、エネルギー効率と環境持続可能性の促進に積極的である。SEER(季節エネルギー効率比)基準などの厳しい規制が、エネルギー効率の高い空調システムの採用を後押ししている。消費者の二酸化炭素排出量に対する意識が高まるにつれ、エネルギー効率の高いオプションが人気を集めている。
HVAC業界:米国の暖房・換気・空調(HVAC)業界は、定評があり、競争が激しい。幅広いメーカー、サプライヤー、サービス・プロバイダーで構成され、空調製品とサービスの強固なエコシステムを形成している。この競争力が技術革新を促進し、消費者に多様な選択肢を提供している。
商業部門と住宅部門:米国の空調市場は、住宅用と商業用の両方に対応している。住宅、アパート、マンションでは快適な生活のために冷房ソリューションが必要であり、オフィス、ホテル、病院、小売スペースなどの商業施設では、顧客の快適性と業務効率のために空調に大きく依存している。
リプレース市場:新規設置に加え、米国ではエアコンの買い替え市場も大きい。多くの古いシステムがよりエネルギー効率の高いモデルにアップグレードされ、市場成長をさらに促進している。
主要市場プレイヤー
ダイキン工業株式会社
三菱電機
日立ジョンソンコントロールズ空調
キャリア・グローバル・コーポレーション
ワールプール株式会社
ハイアール スマートホーム株式会社ハイアール
LGエレクトロニクス
パナソニック株式会社
パナソニック株式会社
サムスン電子
レポートの範囲
本レポートでは、北米のエアコン市場を以下のカテゴリーに分類し、さらに業界動向についても詳述しています:
- 北米のエアコン市場:製品タイプ別
o スプリット
o VRFs
o チラー
o 窓
o その他
- 北米エアコン市場、最終用途別
o 住宅用
o 商業/産業用
- 北米エアコン市場:国別
o 米国
カナダ
o メキシコ
競争状況
企業プロフィール:北米エアコン市場に参入している主要企業の詳細分析
利用可能なカスタマイズ
Tech Sci Research社の北米エアコン市場レポートは、与えられた市場データをもとに、企業の特定のニーズに合わせたカスタマイズを提供します。このレポートでは以下のカスタマイズが可能です:
企業情報
- 追加市場参入企業(最大5社)の詳細分析とプロファイリング

ページTOPに戻る


目次

1.はじめに
1.1.製品概要
1.2.レポートの主なハイライト
1.3.市場範囲
1.4.対象市場セグメント
1.5.調査対象期間
2.調査方法
2.1.研究の目的
2.2.ベースラインの方法
2.3.主要産業パートナー
2.4.主な協会と二次情報源
2.5.予測方法
2.6.データの三角測量と検証
2.7.仮定と限界
3.要旨
3.1.市場概要
3.2.市場予測
3.3.主要国
3.4.主要セグメント
4.顧客の声分析(B2Cモデル分析)
4.1.ブランド認知度
4.2.購買決定要因
4.3.購入後に直面した課題
5.北米エアコン市場展望
5.1.市場規模と予測
5.1.1.金額・数量別
5.2.市場シェアと予測
5.2.1.製品タイプ別市場シェア:スプリット、VRF、チラー、窓、その他(ポータブル、フロアスタンディングなど)
5.2.2.エンドユース別市場シェア分析(住宅用、商業・産業用)
5.2.3.国別市場シェア分析
5.2.3.1.米国市場シェア分析
5.2.3.2.カナダ市場シェア分析
5.2.3.3.メキシコ市場シェア分析
5.2.4.上位5社別市場シェア分析、その他(2022年)
5.3.北米エアコン市場のマッピングと機会評価
5.3.1.製品タイプ別市場マッピングと機会評価
5.3.2.最終用途別市場マッピングと機会評価
5.3.3.国別市場マッピングと機会評価
6.米国エアコン市場展望
6.1.市場規模と予測
6.1.1.金額・数量別
6.2.市場シェアと予測
6.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
6.2.2.最終用途別市場シェア分析
7.カナダエアコン市場展望
7.1.市場規模・予測
7.1.1.金額・数量別
7.2.市場シェアと予測
7.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
7.2.2.最終用途別市場シェア分析
8.メキシコエアコン市場展望
8.1.市場規模と予測
8.1.1.金額・数量別
8.2.市場シェアと予測
8.2.1.製品タイプ別市場シェア分析
8.2.2.最終用途別市場シェア分析
9.市場ダイナミクス
9.1.促進要因
9.2.課題
10.COVID-19の北米エアコン市場への影響
10.1.影響評価モデル
10.1.1.影響を受ける主要セグメント
10.1.2.影響を受ける主要国
11.市場動向
12.ポーターの5つの力モデル
12.1.競争力
12.2.買い手の交渉力
12.3.供給者の交渉力
12.4.新規参入の脅威
12.5.代替品の脅威
13.SWOT分析
13.1.強み
13.2.弱み
13.3.機会
13.4.脅威
14.競争環境
14.1.企業プロフィール
14.1.1.ダイキン工業
14.1.1.1.会社概要
14.1.1.2.製品とサービス
14.1.1.3.財務(入手可能な限り)
14.1.1.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.1.5.最近の動向
14.1.1.6.主要経営陣
14.1.2.三菱電機株式会社
14.1.2.1.会社概要
14.1.2.2.製品・サービス
14.1.2.3.財務(入手可能な限り)
14.1.2.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.2.5.最近の動向
14.1.2.6.主要経営陣
14.1.3.日立ジョンソンコントロールズ空調
14.1.3.1.会社概要
14.1.3.2.製品とサービス
14.1.3.3.財務(入手可能な限り)
14.1.3.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.3.5.最近の動向
14.1.3.6.主要経営陣
14.1.4.キャリアグローバルコーポレーション
14.1.4.1.会社概要
14.1.4.2.製品とサービス
14.1.4.3.財務(入手可能な限り)
14.1.4.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.4.5.最近の動向
14.1.4.6.主要経営陣
14.1.5.ワールプール・コーポレーション
14.1.5.1.会社概要
14.1.5.2.製品とサービス
14.1.5.3.財務(入手可能な限り)
14.1.5.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.5.5.最近の動向
14.1.5.6.主要経営陣
14.1.6.Haier Smart Home Co.Ltd.
14.1.6.1.会社概要
14.1.6.2.製品とサービス
14.1.6.3.財務(入手可能な限り)
14.1.6.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.6.5.最近の動向
14.1.6.6.主要経営陣
14.1.7.LGエレクトロニクス
14.1.7.1.会社概要
14.1.7.2.製品とサービス
14.1.7.3.財務(入手可能な限り)
14.1.7.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.7.5.最近の動向
14.1.7.6.主要経営陣
14.1.8.パナソニック株式会社
14.1.8.1.会社概要
14.1.8.2.製品とサービス
14.1.8.3.財務(入手可能な限り)
14.1.8.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.8.5.最近の動向
14.1.8.6.主要経営陣
14.1.9.ロバート・ボッシュ GmbH
14.1.9.1.会社概要
14.1.9.2.製品とサービス
14.1.9.3.財務(入手可能な限り)
14.1.9.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.9.5.最近の動向
14.1.9.6.主要経営陣
14.1.10.サムスン電子
14.1.10.1.会社概要
14.1.10.2.製品とサービス
14.1.10.3.財務(入手可能な限り)
14.1.10.4.主要市場の焦点と地理的プレゼンス
14.1.10.5.最近の動向
14.1.10.6.主要経営陣
15.戦略的提言
15.1.重点分野
15.2.ターゲット製品タイプ
15.3.対象最終用途
会社概要・免責事項

 

ページTOPに戻る


 

Summary

North America Air Conditioners Market has valued at USD 24.6 billion in 2022 and is anticipated to project robust growth in the forecast period with a CAGR of 6.07% through 2028. The North America air conditioners market is a robust and dynamic sector that plays a pivotal role in providing climate control solutions to a diverse range of applications, from residential to commercial and industrial.
The North America air conditioners market has witnessed steady growth over the years, driven by factors such as rising temperatures, increased urbanization, and a growing awareness of energy efficiency. The market comprises a variety of cooling solutions, including split ACs, window units, portable air conditioners, central air conditioning systems, and ductless mini-split systems. This diversity of products caters to the varied cooling needs of consumers across the region.
North America experiences a wide range of climates, from scorching summers in the southern United States to extreme cold in northern regions like Canada. As a result, air conditioners are considered essential for maintaining comfortable indoor environments during hot summers.
Rapid urbanization has led to increased construction of residential and commercial buildings with modern cooling requirements. Urban dwellers often rely on air conditioning to combat heat and humidity, driving demand.
Stringent energy efficiency standards and regulations in North America have influenced consumers and manufacturers to prioritize energy-efficient air conditioning systems. Energy Star certification and other initiatives have contributed to the adoption of eco-friendly and energy-saving technologies.
The need to replace older, less efficient cooling systems with newer, more energy-efficient models has been a driving force in the market. Consumers are increasingly seeking systems that offer improved performance and reduced energy consumption.
The extensive use of air conditioners can strain energy resources and contribute to greenhouse gas emissions. Balancing the demand for cooling comfort with environmental sustainability remains a challenge. Additionally, high upfront costs for purchasing and installing air conditioning systems can deter some consumers. However, the potential long-term energy savings often justify the initial investment. Furtehrmore, the demand for air conditioners in North America experiences significant seasonal fluctuations, with peak demand during the summer months. This seasonality can pose challenges for manufacturers and retailers in terms of inventory management.
Smart technology integration has become a prominent trend, with the development of Wi-Fi-enabled air conditioners that can be controlled remotely via smartphones. These systems offer enhanced convenience and energy management features. Additionally, ductless mini-split air conditioners have gained popularity due to their energy efficiency, zoning capabilities, and ease of installation. They are well-suited for retrofitting older homes and commercial spaces. Furthermore, heat pump air conditioners are on the rise as they offer both cooling and heating functions in a single system. This versatility makes them attractive to consumers seeking year-round climate control solutions.
Key Market Drivers
Climate Variability and Extreme Weather Conditions
One of the most significant drivers of the North America air conditioners market is the region's climate variability and the occurrence of extreme weather conditions. North America experiences a wide range of climates, from arctic conditions in northern regions to scorching summers in the south. This climate diversity has led to a substantial demand for air conditioning systems that can provide both heating and cooling solutions.
In recent years, the frequency and intensity of heatwaves have increased across North America due to climate change. These prolonged periods of hot weather have driven consumers to invest in air conditioning systems for comfort and safety. Additionally, severe cold snaps in certain regions have heightened the need for heating solutions, making heat pump systems that offer both cooling and heating capabilities increasingly popular.
As extreme weather events become more frequent, homeowners and businesses are looking for energy-efficient and reliable air conditioning systems that can provide climate control throughout the year. This trend has led to the adoption of advanced technologies such as inverter-driven compressors, smart thermostats, and energy-efficient HVAC systems, which not only provide comfort but also help reduce energy consumption and greenhouse gas emissions.
Energy Efficiency and Environmental Sustainability
Energy efficiency and environmental sustainability have become major drivers of the North America air conditioners market. With growing concerns about climate change and the environmental impact of energy consumption, consumers and regulatory bodies are prioritizing energy-efficient cooling and heating solutions.
The U.S. Environmental Protection Agency (EPA), for instance, introduced the ENERGY STAR program, which certifies energy-efficient products, including air conditioners. Consumers in North America are increasingly seeking ENERGY STAR-certified air conditioning systems to reduce their energy bills and minimize their carbon footprint.
Government incentives and rebates for energy-efficient HVAC systems further encourage consumers and businesses to invest in environmentally friendly cooling solutions. These incentives, combined with the desire to reduce long-term operational costs, are driving the adoption of high-efficiency air conditioning units that use less electricity and lower greenhouse gas emissions.
Furthermore, innovations such as variable refrigerant flow (VRF) systems and the use of low global warming potential (GWP) refrigerants are gaining traction in the North America air conditioners market. These technologies not only enhance energy efficiency but also align with environmental regulations aimed at phasing out high-GWP refrigerants, such as hydrochlorofluorocarbons (HCFCs) and hydrofluorocarbons (HFCs).
Smart Technology and Connectivity
The integration of smart technology and connectivity features in air conditioning systems is another major driver reshaping the North America air conditioners market. Consumers increasingly seek connected HVAC solutions that offer convenience, control, and energy savings.
Smart thermostats and air conditioning systems allow users to remotely control temperature settings, monitor energy usage, and create personalized cooling schedules through smartphone apps and voice-activated assistants like Amazon Alexa and Google Assistant. This level of control empowers consumers to optimize their energy consumption, reduce utility bills, and create a more comfortable indoor environment.
Moreover, the rise of the Internet of Things (IoT) has enabled the development of connected HVAC ecosystems, where air conditioners can communicate with other smart devices in the home, such as lighting, blinds, and security systems. This synergy enhances energy efficiency by coordinating the operation of various devices to minimize energy waste.
Businesses are also embracing smart HVAC solutions, as they offer real-time monitoring and predictive maintenance capabilities. Smart air conditioning systems can detect performance issues or faults early, preventing costly breakdowns and optimizing energy usage in commercial buildings.
The demand for smart technology in air conditioning systems has led manufacturers to incorporate advanced features, such as machine learning algorithms that adapt to users' preferences, air quality sensors that improve indoor air quality, and energy management systems that provide insights into energy consumption patterns.

Key Market Challenges
Energy Efficiency and Environmental Regulations
One of the foremost challenges facing the North America air conditioners market is the growing emphasis on energy efficiency and environmental regulations. As the awareness of climate change and environmental sustainability increases, there is mounting pressure on manufacturers to produce air conditioning systems that are more energy-efficient and have a reduced carbon footprint.
The U.S. and Canada have introduced stringent energy efficiency standards and regulations for appliances, including air conditioners. These regulations aim to limit energy consumption and greenhouse gas emissions. While these standards are critical for environmental conservation, they pose a challenge for manufacturers who must invest in research and development to meet these requirements.
Meeting these energy efficiency standards often necessitates the incorporation of advanced technologies like variable-speed compressors, improved insulation, and smart controls, which can increase production costs. Manufacturers must balance the need for compliance with consumer expectations for affordability, posing a significant challenge in the market.
Changing Consumer Preferences and Technological Advancements
Consumer preferences in North America are evolving rapidly, driven by factors such as climate change concerns, smart home integration, and health-related considerations. Modern consumers are looking for air conditioners that not only cool efficiently but also offer features like air purification, humidity control, and compatibility with smart home systems.
To stay competitive, manufacturers need to continuously innovate and incorporate cutting-edge technologies into their products. This includes the integration of IoT (Internet of Things) capabilities for remote monitoring and control, as well as the use of eco-friendly refrigerants to align with environmental regulations. However, staying at the forefront of technological advancements can be a considerable challenge, as it requires substantial investments in research and development.
Moreover, educating consumers about the benefits and functionalities of these advanced air conditioning systems is essential, as they often come at a premium cost. Convincing consumers to invest in high-tech, energy-efficient air conditioners can be a hurdle, especially when the initial purchase price is higher than traditional systems.
Market Competition and Price Sensitivity
The North America air conditioners market is fiercely competitive, with numerous manufacturers, both domestic and international, vying for market share. This intense competition exerts downward pressure on prices, making it challenging for manufacturers to maintain healthy profit margins while producing high-quality, energy-efficient units.
Price sensitivity is a significant concern for both manufacturers and consumers. While consumers are often drawn to lower-priced options, manufacturers are constrained by the rising costs of materials, labor, and compliance with energy efficiency standards. This challenge necessitates efficient supply chain management, cost-effective production processes, and effective marketing strategies to highlight the long-term cost savings associated with energy-efficient air conditioning systems.
Furthermore, the market is susceptible to economic fluctuations and external factors, such as trade policies and tariffs, which can impact pricing and supply chain dynamics. Manufacturers must navigate these uncertainties while delivering competitively priced products that meet consumer demands.
Key Market Trends
Energy Efficiency and Sustainability
One of the most significant and enduring trends in the North America air conditioners market is the increasing emphasis on energy efficiency and sustainability. This trend is driven by several factors:
Environmental Concerns: Growing awareness of climate change and environmental issues has led consumers and governments alike to prioritize eco-friendly solutions. In response, manufacturers are developing air conditioning systems that use environmentally friendly refrigerants with lower global warming potential (GWP) and reduced greenhouse gas emissions.
Energy Regulations: Stringent energy efficiency regulations, such as the SEER (Seasonal Energy Efficiency Ratio) and EER (Energy Efficiency Ratio) standards, have been implemented in North America. These regulations mandate that air conditioning systems must meet specific energy performance criteria, promoting the development of more energy-efficient models. Manufacturers are investing in research and development to create systems that not only meet these standards but also exceed them, providing consumers with highly efficient options that help reduce energy bills.
Smart and Connected Technologies: The integration of smart and connected technologies in air conditioning systems has become a trend. Modern air conditioners can be controlled remotely through smartphones and smart home systems, allowing users to optimize their cooling preferences while minimizing energy consumption. Moreover, these systems can "learn" user preferences and adjust settings automatically for optimal efficiency.
Health and Air Quality Concerns
The COVID-19 pandemic has elevated the importance of indoor air quality and health considerations, leading to specific trends in the North America air conditioners market:
Air Purification: Many consumers are seeking air conditioners equipped with advanced air purification systems that can remove particles, allergens, and contaminants from the indoor air. HEPA filters and UV-C light technology are increasingly integrated into air conditioning systems to improve indoor air quality.
Humidity Control: Maintaining optimal indoor humidity levels is crucial for comfort and health. Some air conditioners now include dehumidification features, which not only enhance comfort but also inhibit mold and bacteria growth.
HVAC Integration: The integration of heating, ventilation, and air conditioning (HVAC) systems is on the rise. Consumers are looking for comprehensive solutions that can efficiently control temperature and air quality throughout their homes, rather than standalone air conditioners.
Adoption of Inverter Technology
Inverter technology is gaining traction in the North America air conditioners market due to its energy efficiency and performance benefits:
Energy Savings: Inverter-based air conditioners adjust compressor speed and cooling capacity based on the room's temperature, ensuring that the system operates at the optimal level. This results in significant energy savings compared to traditional fixed-speed systems that constantly cycle on and off.
Enhanced Comfort: Inverter technology provides precise temperature control and reduces temperature fluctuations, resulting in improved comfort for users. The gradual cooling and heating process also lead to less noise and wear and tear on the system.
Environmental Impact: By consuming less energy and operating more efficiently, inverter-based air conditioners have a lower carbon footprint, aligning with sustainability goals and environmental concerns.
Segmental Insights
Product Type Insights
Splits, also known as ductless or mini-split air conditioning systems, have secured a substantial share in the North America air conditioners market. This dominance can be attributed to several factors that make split systems an appealing choice for both residential and commercial cooling needs in the region.
Energy Efficiency: Split air conditioners are highly energy-efficient, and in a market where energy conservation and sustainability are paramount, this feature is particularly appealing. These systems use inverter technology, which adjusts compressor speed based on cooling demands, resulting in lower energy consumption and reduced electricity bills. As North America continues to focus on environmental concerns, the energy-efficient nature of split systems aligns perfectly with these priorities.
Zonal Cooling: One of the key advantages of split air conditioners is their ability to provide zonal cooling. This means different rooms or zones within a building can be individually controlled, allowing for personalized comfort levels. In North America, where there are diverse climate conditions and varying temperature preferences, zonal cooling has become highly desirable, making split systems a popular choice.
Easy Installation: Split systems are relatively easy to install compared to traditional ducted HVAC systems. The absence of ductwork not only simplifies installation but also reduces the associated costs. This convenience has led to a growing preference for split systems, especially in retrofitting older buildings where installing ducts may be impractical.
Flexibility in Design: Split air conditioners offer flexibility in terms of design and placement. The indoor units can be mounted on walls, ceilings, or concealed in various ways, ensuring they blend seamlessly with the interior decor. This design flexibility is appealing to homeowners and business owners in North America who value aesthetics and space optimization.
Quiet Operation: Split systems are known for their quiet operation. The indoor unit's noise level is significantly lower than that of traditional window or central air conditioning units. This feature is highly desirable for residential applications, where peace and quiet are paramount, as well as for commercial spaces where a comfortable and distraction-free environment is essential.
Diverse Product Range: Manufacturers offer a diverse range of split air conditioning systems to cater to various needs. This includes single-zone systems for small spaces and multi-zone systems for larger homes or commercial properties. The availability of options ensures that consumers in North America can find a split system that suits their specific requirements.
Increasing Consumer Awareness: Consumer awareness regarding the benefits of split air conditioners, such as energy savings, better indoor air quality, and customized comfort, has been steadily rising in North America. As consumers seek more efficient and eco-friendly cooling solutions, the demand for split systems has grown significantly.
In conclusion, split air conditioning systems have gained a substantial share in the North America air conditioners market due to their energy efficiency, zonal cooling capabilities, ease of installation, design flexibility, quiet operation, and diverse product offerings. As the region continues to prioritize energy conservation and environmental sustainability, the popularity of split systems is expected to persist and even expand, further solidifying their position in the market.
End Use Insights
The North American air conditioners market is a dynamic and competitive industry that caters to various sectors, with the residential sector standing out as a significant contributor to its growth and stability. The residential sector's substantial share in the North America air conditioners market can be attributed to several key factors.
Air conditioning has become an essential component of modern living in North America, where summers can be hot and humid, and winters extremely cold. Residents prioritize comfort and maintaining a desirable indoor climate throughout the year. Air conditioners are seen as a necessity, not just a luxury, to ensure a high quality of life.
North America experiences a wide range of climatic conditions, from scorching summers in the southern United States to frigid winters in Canada. This climate variability drives the demand for versatile air conditioning solutions that can provide both cooling and heating capabilities. Ductless mini-split systems, for example, have gained popularity for their ability to offer year-round comfort.
With a growing emphasis on energy efficiency and sustainability, homeowners and builders in North America are increasingly choosing energy-efficient air conditioning systems. This trend aligns with government initiatives and rebates that incentivize the installation of energy-efficient appliances. Energy-efficient air conditioners not only reduce utility bills but also contribute to environmental conservation.
The ongoing construction of new residential properties and renovation projects in North America further drives the demand for air conditioning systems. Many newly constructed homes are equipped with central air conditioning, while older homes undergo retrofits to accommodate modern cooling solutions.
Technological advancements have led to the development of smart air conditioning systems that can be controlled remotely through smartphones and other devices. These innovative features enhance convenience and control, appealing to tech-savvy homeowners.
Air quality and indoor comfort play a crucial role in the health and well-being of residents. As awareness of indoor air quality grows, so does the demand for air conditioners equipped with air purification and filtration systems, ensuring cleaner and healthier indoor environments.
The COVID-19 pandemic has also influenced the residential air conditioning sector. Many homeowners have invested in air purifiers and systems with enhanced filtration to mitigate the spread of airborne contaminants, reinforcing the importance of air quality in residential spaces.
While air conditioning is essential across North America, regional variations exist in terms of preferred systems. In the southern United States, central air conditioning is prevalent, while in more temperate climates, ductless systems or window units may be favored.
Regional Insights
The United States plays a pivotal role in the North America air conditioners market, commanding a significant share of this dynamic industry. The American air conditioning market is characterized by various factors, including the country's vast geographic diversity, climate variations, economic prosperity, and technological advancements, all contributing to its substantial presence in the North American market.
Geographic Diversity and Climate Variations: The United States spans a wide range of climate zones, from the arctic chill of Alaska to the scorching heat of Arizona. This diversity in climate conditions creates a constant demand for air conditioning solutions across the country. Americans rely on air conditioners not only for comfort but also for health and safety during extreme weather conditions, such as heatwaves and frigid winters.
Economic Prosperity: The United States boasts a strong and affluent consumer base. The country's high GDP per capita and overall economic prosperity enable a significant portion of the population to invest in air conditioning systems. Furthermore, businesses, industries, and commercial establishments depend on air conditioning to maintain comfortable working conditions and protect valuable equipment.
Technological Advancements: The U.S. is a hub for technological innovation and research. American manufacturers are at the forefront of developing advanced air conditioning technologies, including energy-efficient systems, smart thermostats, and eco-friendly refrigerants. These innovations not only cater to domestic demand but also influence the global air conditioning market.
Energy Efficiency Regulations: The U.S. government has been proactive in promoting energy efficiency and environmental sustainability. Stringent regulations, such as SEER (Seasonal Energy Efficiency Ratio) standards, have driven the adoption of energy-efficient air conditioning systems. As consumers become increasingly conscious of their carbon footprint, energy-efficient options have gained popularity.
HVAC Industry: The Heating, Ventilation, and Air Conditioning (HVAC) industry in the United States is well-established and highly competitive. It comprises a wide range of manufacturers, suppliers, and service providers, creating a robust ecosystem for air conditioning products and services. This competitiveness drives innovation and ensures a diverse array of choices for consumers.
Commercial and Residential Sectors: The United States' air conditioning market caters to both residential and commercial sectors. Residential homes, apartments, and condominiums require cooling solutions for comfortable living, while commercial establishments, including offices, hotels, hospitals, and retail spaces, rely heavily on air conditioning for customer comfort and operational efficiency.
Replacement Market: In addition to new installations, the replacement market for air conditioners is substantial in the United States. Many older systems are being upgraded to more energy-efficient models, further driving market growth.
Key Market Players
Daikin Industries, Ltd.
Mitsubishi Electric Corporation
Hitachi-Johnson Controls Air Conditioning
Carrier Global Corporation
Whirlpool Corporation
Haier Smart Home Co. Ltd.
LG Electronics
Panasonic Corporation
Robert Bosch GmbH
Samsung Electronics Co., Ltd.
Report Scope:
In this report, the North America air conditioners market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:
• North America Air Conditioners Market, By Product Type:
o Splits
o VRFs
o Chillers
o Windows
o Others
• North America Air Conditioners Market, By End Use:
o Residential
o Commercial/Industrial
• North America Air Conditioners Market, By Country:
o United States
o Canada
o Mexico
Competitive Landscape
Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the North America air conditioners market.
Available Customizations:
North America Air Conditioners Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:
Company Information
• Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).



ページTOPに戻る


Table of Contents

1. Introduction
1.1. Product Overview
1.2. Key Highlights of the Report
1.3. Market Coverage
1.4. Market Segments Covered
1.5. Research Tenure Considered
2. Research Methodology
2.1. Objective of the Study
2.2. Baseline Methodology
2.3. Key Industry Partners
2.4. Major Association and Secondary Sources
2.5. Forecasting Methodology
2.6. Data Triangulation & Validation
2.7. Assumptions and Limitations
3. Executive Summary
3.1. Market Overview
3.2. Market Forecast
3.3. Key Countries
3.4. Key Segments
4. Voice of Customer Analysis (B2C Model Analysis)
4.1. Brand Awareness
4.2. Factors Influencing Purchase Decision
4.3. Challenges Faced Post Purchase
5. North America Air Conditioners Market Outlook
5.1. Market Size & Forecast
5.1.1. By Value & Volume
5.2. Market Share & Forecast
5.2.1. By Product Type Market Share Analysis Splits, VRFs, Chillers, Windows, and Others (Portable, Floor Standing, etc.))
5.2.2. By End Use Market Share Analysis (Residential, Commercial/Industrial)
5.2.3. By Country Market Share Analysis
5.2.3.1. United States Market Share Analysis
5.2.3.2. Canada Market Share Analysis
5.2.3.3. Mexico Market Share Analysis
5.2.4. By Top 5 Companies Market Share Analysis, Others (2022)
5.3. North America Air Conditioners Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.1. By Product Type Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.2. By End Use Market Mapping & Opportunity Assessment
5.3.3. By Country Market Mapping & Opportunity Assessment
6. United States Air Conditioners Market Outlook
6.1. Market Size & Forecast
6.1.1. By Value & Volume
6.2. Market Share & Forecast
6.2.1. By Product Type Market Share Analysis
6.2.2. By End Use Market Share Analysis
7. Canada Air Conditioners Market Outlook
7.1. Market Size & Forecast
7.1.1. By Value & Volume
7.2. Market Share & Forecast
7.2.1. By Product Type Market Share Analysis
7.2.2. By End Use Market Share Analysis
8. Mexico Air Conditioners Market Outlook
8.1. Market Size & Forecast
8.1.1. By Value & Volume
8.2. Market Share & Forecast
8.2.1. By Product Type Market Share Analysis
8.2.2. By End Use Market Share Analysis
9. Market Dynamics
9.1. Drivers
9.2. Challenges
10. Impact of COVID-19 on North America Air Conditioners Market
10.1. Impact Assessment Model
10.1.1. Key Segments Impacted
10.1.2. Key Countries Impacted
11. Market Trends & Developments
12. Porter’s Five Forces Model
12.1. Competitive Rivalry
12.2. Bargaining Power of Buyers
12.3. Bargaining Power of Suppliers
12.4. Threat of New Entrants
12.5. Threat of Substitutes
13. SWOT Analysis
13.1. Strengths
13.2. Weaknesses
13.3. Opportunities
13.4. Threats
14. Competitive Landscape
14.1. Company Profiles
14.1.1. Daikin Industries, Ltd.
14.1.1.1. Company Details
14.1.1.2. Product & Services
14.1.1.3. Financials (As Per Availability)
14.1.1.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.1.5. Recent Developments
14.1.1.6. Key Management Personnel
14.1.2. Mitsubishi Electric Corporation
14.1.2.1. Company Details
14.1.2.2. Product & Services
14.1.2.3. Financials (As Per Availability)
14.1.2.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.2.5. Recent Developments
14.1.2.6. Key Management Personnel
14.1.3. Hitachi-Johnson Controls Air Conditioning
14.1.3.1. Company Details
14.1.3.2. Product & Services
14.1.3.3. Financials (As Per Availability)
14.1.3.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.3.5. Recent Developments
14.1.3.6. Key Management Personnel
14.1.4. Carrier Global Corporation
14.1.4.1. Company Details
14.1.4.2. Product & Services
14.1.4.3. Financials (As Per Availability)
14.1.4.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.4.5. Recent Developments
14.1.4.6. Key Management Personnel
14.1.5. Whirlpool Corporation
14.1.5.1. Company Details
14.1.5.2. Product & Services
14.1.5.3. Financials (As Per Availability)
14.1.5.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.5.5. Recent Developments
14.1.5.6. Key Management Personnel
14.1.6. Haier Smart Home Co. Ltd.
14.1.6.1. Company Details
14.1.6.2. Product & Services
14.1.6.3. Financials (As Per Availability)
14.1.6.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.6.5. Recent Developments
14.1.6.6. Key Management Personnel
14.1.7. LG Electronics
14.1.7.1. Company Details
14.1.7.2. Product & Services
14.1.7.3. Financials (As Per Availability)
14.1.7.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.7.5. Recent Developments
14.1.7.6. Key Management Personnel
14.1.8. Panasonic Corporation
14.1.8.1. Company Details
14.1.8.2. Product & Services
14.1.8.3. Financials (As Per Availability)
14.1.8.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.8.5. Recent Developments
14.1.8.6. Key Management Personnel
14.1.9. Robert Bosch GmbH
14.1.9.1. Company Details
14.1.9.2. Product & Services
14.1.9.3. Financials (As Per Availability)
14.1.9.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.9.5. Recent Developments
14.1.9.6. Key Management Personnel
14.1.10. Samsung Electronics Co., Ltd.
14.1.10.1. Company Details
14.1.10.2. Product & Services
14.1.10.3. Financials (As Per Availability)
14.1.10.4. Key market Focus & Geographical Presence
14.1.10.5. Recent Developments
14.1.10.6. Key Management Personnel
15. Strategic Recommendations
15.1. Key Focus Areas
15.2. Target Product Type
15.3. Target End Use
About Us & Disclaimer

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

TechSci Research 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(chillers)の最新刊レポート


よくあるご質問


TechSci Research社はどのような調査会社ですか?


テックサイリサーチ(TechSci Research)は、カナダ、英国、インドに拠点を持ち、化学、IT、環境、消費財と小売、自動車、エネルギーと発電の市場など、多様な産業や地域を対象とした調査・出版活... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/07/19 10:26

158.49 円

173.02 円

207.86 円

ページTOPに戻る