世界各国のリアルタイムなデータ・インテリジェンスで皆様をお手伝い

アジア太平洋地域のプロセス計装市場規模・予測(2021年~2031年)、世界・地域シェア、動向、成長機会分析レポート収録範囲:技術別(流量計、圧力・温度計、分析機器、レベル計)、流量計(マスフロー、EMF、ボルテックス、超音波、その他)、レベル計(高周波レーダー、TDR、その他)、エンドユーザー産業別(石油・ガス、エネルギー・電力、上下水道、食品・飲料、海洋、石油化学、化学、その他)


Asia Pacific Process Instrumentation Market Size and Forecast (2021 - 2031), Global and Regional Share, Trend, and Growth Opportunity Analysis Report Coverage: By Technology (Flow Meter, Pressure and Temperature Instrument, Analytical Instrument, and Level Meter), Flow Meter (Mass Flow, EMF, Vortex, Ultrasonic, and Others), Level Meter (High Frequency Radar, TDR, and Others), and End-user Industry (Oil & Gas, Energy & Power, Water & Wastewater, Food & Beverages, Marine, Petrochemical, Chemical, and Others)

アジア太平洋地域のプロセス計装市場規模は、2023年の59.1億米ドルから2031年には93.5億米ドルに達すると予測されている。2023-2031年の年平均成長率は5.9%と予測されている。 インド、中国、ベトナムなどの国... もっと見る

 

 

出版社 出版年月 電子版価格 ページ数 言語
The Insight Partners
ザ・インサイトパートナーズ
2024年5月2日 US$3,550
シングルユーザライセンス
ライセンス・価格情報・注文方法はこちら
118 英語

※当ページの内容はウェブ更新時の情報です。
最新版の価格やページ数などの情報についてはお問合せください。

日本語のページは自動翻訳を利用し作成しています。
実際のレポートは英文のみでご納品いたします。


 

サマリー

アジア太平洋地域のプロセス計装市場規模は、2023年の59.1億米ドルから2031年には93.5億米ドルに達すると予測されている。2023-2031年の年平均成長率は5.9%と予測されている。

インド、中国、ベトナムなどの国々における急速な工業化は、プロセス計装の採用に大きく寄与している。化学、石油・ガス、発電などの産業は、引き続き大量のエネルギーを消費している。その結果、アジア太平洋諸国は、セクターを超えたエネルギー使用の具体的な変化を導く政策やプログラムによって、エネルギー効率化プログラムに対応している。例えば、中国経済は、膨大な数の製造業によりエネルギー集約的である。中国中央政府は、建築物のエネルギー効率を高めるための対策を策定し続けてきた。エネルギー機器の規制やラベリング、エネルギーサービス企業(ESCO)は、いずれも建物のエネルギー効率化において重要な役割を果たしてきた。中国の第14次5カ年計画(2021-2025年)には、2025年までにエネルギー強度を2020年比で13.5%低下させるという国家目標が義務付けられている。また、ジャオナの新戦略エネルギー計画では、6,200万KLOEの省エネを達成することを目指しており、2013年から2030年までにさらに40%の効率改善が必要となる。

アジア太平洋地域の各国政府は、エネルギー・電力部門への投資を進めている。例えば、2024年1月、ベトナム共産党の政府最高機関であるベトナム政治局中央委員会は、2020年2月11日、「ビジョン2045を伴う2030年までの戦略的エネルギーオリエンテーション」に関する決議No.55-NQ/TWを発表した。この文書では、2030年までの設備容量は125-130GWになると予測され、10年間で容量が倍増すると定義されている。ベトナムの第8次国家電力開発計画(PDP8)によると、2030年までに導入される総電力容量は〜146,000MWで、2045年までに416,000MW以上になる。2030年までに石炭が占める発電容量は約30,000MWである。発電における石炭の役割が減少するにつれ、太陽光、天然ガス、風力が主要なエネルギー源となる可能性が高い。

シンガポールの化学・エネルギー産業は、世界貿易統計レビュー2023によると、2022年には世界のトップ10に入り、第9位の化学品輸出国に浮上するなど、世界的に重要な地位を獲得している。シンガポールの化学・エネルギー産業がこのように成長した背景には、プロセス機器に対する需要の増加と、同国におけるエネルギー効率とコスト最適化の重要性の高まりがある。同産業がグローバルな事業展開をさらに拡大し続ける中、同国の急速な経済成長と、業務効率と持続可能性の向上に対する同産業のコミットメントを反映し、高度なプロセス計装ソリューションの需要が高まると予想される。プロセス計装には、シンガポール全土の多様な産業でプロセス制御と効率を高めるために設計されたさまざまな技術とソリューションが含まれる。この市場を牽引しているのは、技術の進歩、プロセス制御システムに対する要求の高まり、エネルギー効率と費用対効果の重視の高まりである。プロセス計装機器を導入することで、製品の品質向上、排出量の削減、ヒューマンエラーの減少、コスト効率の向上などのメリットが得られる。

ABB Ltd.、Emerson Electric Co.、Honeywell International Inc.、Brooks Instrument、Schneider Electric、Siemens、横河電機株式会社、Endress+Hauser Group Services AG、Metso Corporation、および富士電機株式会社は、アジア太平洋プロセス計装市場でプロファイルされている著名なプレーヤーの一つです。アジア太平洋地域のプロセス計装市場レポートでは、市場を牽引する主要な要因と著名なプレイヤーの動向を強調しています。

アジア太平洋地域のプロセス計装市場全体の規模は、一次資料と二次資料の両方を使用して導き出されています。徹底的な二次調査は、市場に関する質的・量的情報を得るために、社内外の情報源を用いて実施されました。また、このプロセスは、すべての市場セグメントに関してアジア太平洋地域のプロセス計装市場の概観を得るのに役立ちます。また、データを検証し、分析的洞察を得るために、業界関係者に複数の一次インタビューを実施しました。このプロセスには、副社長、事業開発マネージャー、マーケットインテリジェンスマネージャー、国内営業マネージャーなどの業界専門家と、アジア太平洋地域のプロセス計装市場を専門とする評価専門家、調査アナリスト、主要オピニオンリーダーなどの外部コンサルタントが参加しています。アジア太平洋地域のプロセス計装市場予測は、この市場の関係者が成長戦略を計画するのに役立ちます。



ページTOPに戻る


目次

目次

1.はじめに
1.1 インサイト・パートナーズ調査レポートのガイダンス
1.2 市場セグメンテーション
2.エグゼクティブサマリー
2.1 主要インサイト
3.調査方法
3.1 調査範囲
3.2 二次調査
3.3 一次調査
4.アジア太平洋地域のプロセス計装市場の展望
4.1 概要
4.2 PEST分析
4.3 エコシステム分析
4.3.1 原材料プロバイダー
4.3.2 メーカー
4.3.3 ディストリビューター/サプライヤー
4.3.4 エンドユーザー
4.3.5 バリューチェーンのベンダー一覧
5.アジア太平洋地域のプロセス計装市場:主要市場動向
5.1 アジア太平洋地域のプロセス計装市場:主要市場動向
5.2 市場促進要因
5.2.1 産業オートメーションの台頭
5.2.2 効率的なエネルギーへのニーズの高まり
5.3 市場の抑制要因
5.3.1 プロセス機器の投資、設置、メンテナンスの高コスト
5.4 市場機会
5.4.1 エネルギー・電力分野への投資の増加
5.4.2 医薬品・化学産業の成長
5.5 今後の動向
5.5.1 スマート計装の普及
5.6 推進要因と抑制要因の影響:
6.アジア太平洋地域のプロセス計装市場分析
6.1 アジア太平洋地域のプロセス計装市場の売上高(百万米ドル)、2023-2031年
6.2 アジア太平洋地域のプロセス計装市場の予測と分析
7.アジア太平洋地域のプロセス計装市場の分析-技術別
7.1 フローメーター
7.1.1 概要
7.1.2 フローメーターアジア太平洋地域のプロセス計装市場-2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.2 マスフロー
7.2.1 概要
7.2.2 マスフロー:アジア太平洋地域のプロセス計装市場-2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.3 EMF
7.3.1 概要
7.3.2 EMF:アジア太平洋地域のプロセス計装市場-2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.4 ボルテックス
7.4.1 概要
7.4.2 Vortex:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.5 超音波
7.5.1 概要
7.5.2 超音波:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.6 その他
7.6.1 概要
7.6.2 その他:アジア太平洋地域のプロセス計装市場アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.7 圧力・温度計
7.7.1 概要
7.7.2 圧力・温度計:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.8 分析機器
7.8.1 概要
7.8.2 分析機器:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.9 レベルメーター
7.9.1 概要
7.9.2 レベルメーターアジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.10 高周波レーダー
7.10.1 概要
7.10.2 高周波レーダーアジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.11 TDR
7.11.1 概要
7.11.2 TDR:アジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 2031年までの収益と予測(百万米ドル)
7.12 その他
7.12.1 概要
7.12.2 その他:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.アジア太平洋地域のプロセス計装市場の分析:エンドユーザー産業別
8.1 石油・ガス
8.1.1 概要
8.1.2 石油・ガスアジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 2031年までの収益と予測 (百万米ドル)
8.2 エネルギーと電力
8.2.1 概要
8.2.2 エネルギーと電力:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.3 水と廃水
8.3.1 概要
8.3.2 水と廃水:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.4 食品と飲料
8.4.1 概要
8.4.2 食品と飲料:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.5 海洋
8.5.1 概要
8.5.2 海洋:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.6 石油化学
8.6.1 概要
8.6.2 石油化学:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.7 化学
8.7.1 概要
8.7.2 化学:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
8.8 その他
8.8.1 概要
8.8.2 その他:アジア太平洋地域のプロセス計装市場:2031年までの収益と予測(百万米ドル)
9.アジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 国別分析
9.1 アジア太平洋地域
9.1.1 アジア太平洋地域のプロセス計装市場の国別内訳
9.1.2 アジア太平洋地域のプロセス計装市場の国別売上高と予測・分析
9.1.2.1 アジア太平洋地域のプロセス計装市場の収益と予測・分析-国別
9.1.2.2 シンガポールアジア太平洋地域のプロセス計装市場の収益と2031年までの予測 (百万米ドル)
9.1.2.2.1 シンガポールアジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳
9.1.2.2.2 シンガポール:アジア太平洋地域のプロセス計装市場アジア太平洋地域のプロセス計装市場の流量計別内訳
9.1.2.2.3 シンガポール:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のレベルメーター別内訳
9.1.2.2.4 シンガポールアジア太平洋地域のプロセス計装市場のエンドユーザー産業別内訳
9.1.2.3 タイアジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 2031年までの収益予測 (百万米ドル)
9.1.2.3.1 タイアジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳
9.1.2.3.2 タイ:アジア太平洋地域のプロセス計装市場アジア太平洋地域のプロセス計装市場の流量計別内訳
9.1.2.3.3 タイ:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のレベルメーター別内訳
9.1.2.3.4 タイ:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のエンドユーザー産業別内訳
9.1.2.4 フィリピンアジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 2031年までの収益と予測 (百万米ドル)
9.1.2.4.1 フィリピンアジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳
9.1.2.4.2 フィリピン:アジア太平洋地域のプロセス計装市場アジア太平洋地域のプロセス計装市場の流量計別内訳
9.1.2.4.3 フィリピン:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のレベルメーター別内訳
9.1.2.4.4 フィリピンアジア太平洋地域のプロセス計装市場のエンドユーザー産業別内訳
9.1.2.5 ベトナムアジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 2031年までの収益と予測 (百万米ドル)
9.1.2.5.1 ベトナムアジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳
9.1.2.5.2 ベトナム:アジア太平洋地域のプロセス計装市場アジア太平洋地域のプロセス計装市場の流量計別内訳
9.1.2.5.3 ベトナム:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のレベルメーター別内訳
9.1.2.5.4 ベトナム:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のエンドユーザー産業別内訳
9.1.2.6 その他のアジア太平洋地域アジア太平洋地域のプロセス計装市場 - 2031年までの収益と予測 (百万米ドル)
9.1.2.6.1 その他のアジア太平洋地域:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳
9.1.2.6.2 アジア太平洋地域のその他:プロセス計装市場の技術別内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場の流量計別内訳
9.1.2.6.3 その他の地域:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の技術別内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のレベルメーター別内訳
9.1.2.6.4 APACのその他地域:アジア太平洋地域のプロセス計装市場の内訳アジア太平洋地域のプロセス計装市場のエンドユーザー産業別内訳
10.競争環境
10.1 企業のポジショニングと集中度
10.2 主要企業によるヒートマップ分析
11.業界概況
11.1 概要
11.2 市場イニシアティブ
11.3 製品開発
12.企業プロフィール
12.1 ABB社
12.1.1 主要事実
12.1.2 事業内容
12.1.3 製品とサービス
12.1.4 財務概要
12.1.5 SWOT分析
12.1.6 主要な開発
12.2 エマソン・エレクトリック
12.2.1 主要事実
12.2.2 事業内容
12.2.3 製品とサービス
12.2.4 財務概要
12.2.5 SWOT分析
12.2.6 主要開発
12.3 エンドレス・ハウザー・グループ・サービスAG
12.3.1 主要事実
12.3.2 事業内容
12.3.3 製品とサービス
12.3.4 財務概要
12.3.5 SWOT分析
12.3.6 主要開発
12.4 ハネウェル・インターナショナル
12.4.1 主要事実
12.4.2 事業内容
12.4.3 製品とサービス
12.4.4 財務概要
12.4.5 SWOT分析
12.4.6 主要な開発
12.5 メッツォアウトテック株式会社
12.5.1 主要データ
12.5.2 事業内容
12.5.3 製品とサービス
12.5.4 財務概要
12.5.5 SWOT分析
12.5.6 主要開発
12.6 ブルックス・インスツルメント
12.6.1 主要事実
12.6.2 事業内容
12.6.3 製品とサービス
12.6.4 財務概要
12.6.5 SWOT分析
12.6.6 主要な開発
12.7 シュナイダーエレクトリックSE
12.7.1 主要事実
12.7.2 事業内容
12.7.3 製品とサービス
12.7.4 財務概要
12.7.5 SWOT分析
12.7.6 主要開発
12.8 シーメンス
12.8.1 主要事実
12.8.2 事業内容
12.8.3 製品とサービス
12.8.4 財務概要
12.8.5 SWOT分析
12.8.6 主要な開発
12.9 横河電機
12.9.1 主要事実
12.9.2 事業内容
12.9.3 製品とサービス
12.9.4 財務概要
12.9.5 SWOT分析
12.9.6 主要な開発
12.10 富士電機株式会社
12.10.1 主要事実
12.10.2 事業内容
12.10.3 製品とサービス
12.10.4 財務概要
12.10.5 SWOT分析
12.10.6 主要開発
13.付録
13.1 単語索引
13.2 インサイト・パートナーズについて

 

ページTOPに戻る


 

Summary

The Asia Pacific process Instrumentation market size is projected to reach US$ 9.35 billion by 2031 from US$ 5.91 billion in 2023. The market is expected to register a CAGR of 5.9% in 2023–2031.

Rapid industrialization in countries such as India, China, and Vietnam are a significant contributor to the adoption of process instrumentation. Industries such as chemicals, oil & gas, and power generation continue to be large energy consumers. As a result, countries in Asia Pacific are responding to energy efficiency programs with policies and programs to guide specific changes in energy use across sectors. For example, China’s economy is energy-intensive due to a huge number of manufacturing industries. The Central Government of China has continued to develop measures to increase building energy efficiency. Energy appliance regulations and labeling, as well as energy service corporations (ESCOs), have all played crucial roles in building energy efficiency. China’s 14th Five-Year Plan (2021–2025) contains a mandatory national target to lower energy intensity by 13.5% below 2020 levels by 2025. Also, Jaona’s New Strategic Energy Plan aims to achieve 62 million KLOE energy savings, which requires a further 40% efficiency improvement from 2013 to 2030.

Governments of various countries across Asia Pacific are investing in the energy & power sector. For example, in January 2024, the Central Committee of the Politburo of Vietnam, the top government body of the Communist Party of Vietnam, issued resolution no. 55-NQ/TW on February 11, 2020, on Strategic Energy Orientation until 2030 with Vision 2045. This document defined that installed capacity by 2030 is projected to be 125–130GW, which will double its capacity in 10 years. According to Vietnam’s Eight National Power Development Plan (PDP8), the total power capacity installed by 2030 will be ~146,000 MW and account for more than 416,000 MW by 2045. The proposed capacity that coal accounts for approximately 30,000 MW of power generation by 2030. As coal’s role in power generation diminishes, solar, natural gas, and wind are likely to account for major sources of energy.

The chemicals & energy industry in Singapore has achieved significant global standing, ranking among the top 10 worldwide and emerging as the 9th largest exporter of chemicals in 2022, as per the World Trade Statistical Review 2023. This growth in the chemicals & energy sector in Singapore is attributed to the increasing demand for process instrumentation and the growing importance of energy efficiency and cost optimization in the country. As the industry continues to further expand its global footprint, the demand for advanced process instrumentation solutions is expected to rise, reflecting the country's rapid economic growth and the industry's commitment to enhancing operational efficiency and sustainability. Process instrumentation involves a variety of technologies and solutions designed to enhance process control and efficiency in diverse industries across Singapore. This market is driven by advancements in technology, rising requirements for process control systems, and the increasing emphasis on energy efficiency and cost-effectiveness. The implementation of process instrumentation equipment offers advantages such as enhanced product quality, reduced emissions, decreased human errors, and cost efficiencies.

ABB Ltd.; Emerson Electric Co.; Honeywell International Inc.; Brooks Instrument; Schneider Electric; Siemens; Yokogawa Electric Corporation; Endress+Hauser Group Services AG; Metso Corporation; and Fuji Electric Co, Ltd are among the prominent players profiled in the Asia Pacific process instrumentation market. The Asia Pacific process instrumentation market report emphasizes the key factors driving the market and prominent players' developments.

The overall Asia Pacific process instrumentation market size has been derived using both primary and secondary sources. Exhaustive secondary research has been conducted using internal and external sources to obtain qualitative and quantitative information related to the. The process also helps obtain an overview of Asia Pacific process instrumentation market with respect to all the market segments. Also, multiple primary interviews have been conducted with industry participants to validate the data and gain analytical insights. This process includes industry experts such as VPs, business development managers, market intelligence managers, and national sales managers, along with external consultants such as valuation experts, research analysts, and key opinion leaders, specializing in the Asia Pacific process instrumentation market. The Asia Pacific process instrumentation market forecast can help stakeholders in this marketplace plan their growth strategies.



ページTOPに戻る


Table of Contents

TABLE OF CONTENTS

1. Introduction
1.1 The Insight Partners Research Report Guidance
1.2 Market Segmentation
2. Executive Summary
2.1 Key Insights
3. Research Methodology
3.1 Coverage
3.2 Secondary Research
3.3 Primary Research
4. Asia Pacific Process Instrumentation Market Landscape
4.1 Overview
4.2 PEST Analysis
4.3 Ecosystem Analysis
4.3.1 Raw Material Providers
4.3.2 Manufacturers
4.3.3 Distributors/Suppliers
4.3.4 End Users
4.3.5 List of Vendors in the Value Chain
5. Asia Pacific Process Instrumentation Market – Key Market Dynamics
5.1 Asia Pacific Process Instrumentation Market – Key Market Dynamics
5.2 Market Drivers
5.2.1 Rising Industrial Automation
5.2.2 Growing Need for Efficient Energy
5.3 Market Restraint
5.3.1 High Cost of Investment, Installation, and Maintenance of Process Instruments
5.4 Market Opportunities
5.4.1 Increasing Investments in Energy & Power Sector
5.4.2 Growth in Pharmaceuticals and Chemical Industries
5.5 Future Trends
5.5.1 Popularity of Smart Instrumentation
5.6 Impact of Drivers and Restraints:
6. Asia Pacific Process Instrumentation Market Analysis
6.1 Asia Pacific Process Instrumentation Market Revenue (US$ Million), 2023–2031
6.2 Asia Pacific Process Instrumentation Market Forecast and Analysis
7. Asia Pacific Process Instrumentation Market Analysis – by Technology
7.1 Flow Meter
7.1.1 Overview
7.1.2 Flow Meter: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.2 Mass Flow
7.2.1 Overview
7.2.2 Mass Flow: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.3 EMF
7.3.1 Overview
7.3.2 EMF: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.4 Vortex
7.4.1 Overview
7.4.2 Vortex: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.5 Ultrasonic
7.5.1 Overview
7.5.2 Ultrasonic: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.6 Others
7.6.1 Overview
7.6.2 Others: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.7 Pressure and Temperature Instrument
7.7.1 Overview
7.7.2 Pressure and Temperature Instrument: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.8 Analytical Instrument
7.8.1 Overview
7.8.2 Analytical Instrument: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.9 Level Meter
7.9.1 Overview
7.9.2 Level Meter: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.10 High frequency Radar
7.10.1 Overview
7.10.2 High frequency Radar: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.11 TDR
7.11.1 Overview
7.11.2 TDR: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
7.12 Others
7.12.1 Overview
7.12.2 Others: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8. Asia Pacific Process Instrumentation Market Analysis – by End-user Industry
8.1 Oil and Gas
8.1.1 Overview
8.1.2 Oil and Gas: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.2 Energy and Power
8.2.1 Overview
8.2.2 Energy and Power: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.3 Water and Waste water
8.3.1 Overview
8.3.2 Water and Waste water: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.4 Food and Beverage
8.4.1 Overview
8.4.2 Food and Beverage: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.5 Marine
8.5.1 Overview
8.5.2 Marine: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.6 Petrochemical
8.6.1 Overview
8.6.2 Petrochemical: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.7 Chemical
8.7.1 Overview
8.7.2 Chemical: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
8.8 Others
8.8.1 Overview
8.8.2 Others: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9. Asia Pacific Process Instrumentation Market – Country Analysis
9.1 Asia Pacific
9.1.1 Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Countries
9.1.2 Asia Pacific Process Instrumentation Market Revenue and Forecast and Analysis – by Country
9.1.2.1 Asia Pacific Process Instrumentation Market Revenue and Forecast and Analysis – by Country
9.1.2.2 Singapore: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.1.2.2.1 Singapore: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Technology
9.1.2.2.2 Singapore: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Flow Meter
9.1.2.2.3 Singapore: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Level Meter
9.1.2.2.4 Singapore: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by End-user Industry
9.1.2.3 Thailand: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.1.2.3.1 Thailand: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Technology
9.1.2.3.2 Thailand: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Flow Meter
9.1.2.3.3 Thailand: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Level Meter
9.1.2.3.4 Thailand: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by End-user Industry
9.1.2.4 Philippines: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.1.2.4.1 Philippines: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Technology
9.1.2.4.2 Philippines: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Flow Meter
9.1.2.4.3 Philippines: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Level Meter
9.1.2.4.4 Philippines: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by End-user Industry
9.1.2.5 Vietnam: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.1.2.5.1 Vietnam: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Technology
9.1.2.5.2 Vietnam: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Flow Meter
9.1.2.5.3 Vietnam: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Level Meter
9.1.2.5.4 Vietnam: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by End-user Industry
9.1.2.6 Rest of APAC: Asia Pacific Process Instrumentation Market – Revenue and Forecast to 2031 (US$ Million)
9.1.2.6.1 Rest of APAC: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Technology
9.1.2.6.2 Rest of APAC: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Flow Meter
9.1.2.6.3 Rest of APAC: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by Level Meter
9.1.2.6.4 Rest of APAC: Asia Pacific Process Instrumentation Market Breakdown by End-user Industry
10. Competitive Landscape
10.1 Company Positioning & Concentration
10.2 Heat Map Analysis by Key Players
11. Industry Landscape
11.1 Overview
11.2 Market Initiative
11.3 Product Development
12. Company Profiles
12.1 ABB Ltd
12.1.1 Key Facts
12.1.2 Business Description
12.1.3 Products and Services
12.1.4 Financial Overview
12.1.5 SWOT Analysis
12.1.6 Key Developments
12.2 Emerson Electric Co
12.2.1 Key Facts
12.2.2 Business Description
12.2.3 Products and Services
12.2.4 Financial Overview
12.2.5 SWOT Analysis
12.2.6 Key Developments
12.3 ENDRESS + HAUSER GROUP SERVICES AG
12.3.1 Key Facts
12.3.2 Business Description
12.3.3 Products and Services
12.3.4 Financial Overview
12.3.5 SWOT Analysis
12.3.6 Key Developments
12.4 Honeywell International Inc
12.4.1 Key Facts
12.4.2 Business Description
12.4.3 Products and Services
12.4.4 Financial Overview
12.4.5 SWOT Analysis
12.4.6 Key Developments
12.5 Metso Outotec Corp
12.5.1 Key Facts
12.5.2 Business Description
12.5.3 Products and Services
12.5.4 Financial Overview
12.5.5 SWOT Analysis
12.5.6 Key Developments
12.6 Brooks Instrument
12.6.1 Key Facts
12.6.2 Business Description
12.6.3 Products and Services
12.6.4 Financial Overview
12.6.5 SWOT Analysis
12.6.6 Key Developments
12.7 Schneider Electric SE
12.7.1 Key Facts
12.7.2 Business Description
12.7.3 Products and Services
12.7.4 Financial Overview
12.7.5 SWOT Analysis
12.7.6 Key Developments
12.8 Siemens AG
12.8.1 Key Facts
12.8.2 Business Description
12.8.3 Products and Services
12.8.4 Financial Overview
12.8.5 SWOT Analysis
12.8.6 Key Developments
12.9 Yokogawa Electric Corp
12.9.1 Key Facts
12.9.2 Business Description
12.9.3 Products and Services
12.9.4 Financial Overview
12.9.5 SWOT Analysis
12.9.6 Key Developments
12.10 Fuji Electric Co Ltd
12.10.1 Key Facts
12.10.2 Business Description
12.10.3 Products and Services
12.10.4 Financial Overview
12.10.5 SWOT Analysis
12.10.6 Key Developments
13. Appendix
13.1 Word Index
13.2 About The Insight Partners

 

ページTOPに戻る

ご注文は、お電話またはWEBから承ります。お見積もりの作成もお気軽にご相談ください。

webからのご注文・お問合せはこちらのフォームから承ります

The Insight Partners 社の最新刊レポート

本レポートと同じKEY WORD(chemical)の最新刊レポート


よくあるご質問


The Insight Partners社はどのような調査会社ですか?


The Insight Partnersはインドに本社を置く調査会社です。経験豊富な専門家チームを通じて、お客様に最適な調査と分析を提供することに専念しています。幅広い分野をカバーしていますがヘルスケ... もっと見る


調査レポートの納品までの日数はどの程度ですか?


在庫のあるものは速納となりますが、平均的には 3-4日と見て下さい。
但し、一部の調査レポートでは、発注を受けた段階で内容更新をして納品をする場合もあります。
発注をする前のお問合せをお願いします。


注文の手続きはどのようになっていますか?


1)お客様からの御問い合わせをいただきます。
2)見積書やサンプルの提示をいたします。
3)お客様指定、もしくは弊社の発注書をメール添付にて発送してください。
4)データリソース社からレポート発行元の調査会社へ納品手配します。
5) 調査会社からお客様へ納品されます。最近は、pdfにてのメール納品が大半です。


お支払方法の方法はどのようになっていますか?


納品と同時にデータリソース社よりお客様へ請求書(必要に応じて納品書も)を発送いたします。
お客様よりデータリソース社へ(通常は円払い)の御振り込みをお願いします。
請求書は、納品日の日付で発行しますので、翌月最終営業日までの当社指定口座への振込みをお願いします。振込み手数料は御社負担にてお願いします。
お客様の御支払い条件が60日以上の場合は御相談ください。
尚、初めてのお取引先や個人の場合、前払いをお願いすることもあります。ご了承のほど、お願いします。


データリソース社はどのような会社ですか?


当社は、世界各国の主要調査会社・レポート出版社と提携し、世界各国の市場調査レポートや技術動向レポートなどを日本国内の企業・公官庁及び教育研究機関に提供しております。
世界各国の「市場・技術・法規制などの」実情を調査・収集される時には、データリソース社にご相談ください。
お客様の御要望にあったデータや情報を抽出する為のレポート紹介や調査のアドバイスも致します。



詳細検索

このレポートへのお問合せ

03-3582-2531

電話お問合せもお気軽に

 

2024/06/21 10:26

160.10 円

171.83 円

205.37 円

ページTOPに戻る